アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


ヘレンケラーと中村久子

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ヘレン・ケラー
ヘレンケラー


ヘレン・ケラーは、みなさんよくご存知のことと思います。
米国の女性で、目が見えず、耳が聞こえず、口がきけずという三重苦にも負けず、昭和43(1968)年に87歳でこの世を去るまで、世界各地で身体障害者の教育や福祉に尽くした人です。

そのヘレンケラーが、「私より不幸な人、そして、私より偉大な人」と激賞した女性がいます。
日本人女性です。
名前を中村久子(なかむらひさこ)さんといいます。



ヘレンケラーは、昭和12(1937)年に57歳で来日して、昭和天皇にも拝謁しているのですが、その二日後、東京・日比谷公会堂にやってきた中村久子さん(当時41歳)から、日本人形をプレゼントされたのです。
そのときの写真が、下の写真です。

中村久子


写真を見ると、とても大きくて美しい日本人形が移っています。
みるからに、しっかりと作ってあることがわかります。
一緒に写っているのが中村久子さんです。

写真を見て、なにか気付きませんか?
この中村久子さんは、実は、両手両足がありません。
一緒に写っている人形は、彼女が、クチを使って、器用に縫った人形です。

中村久子さんは、明治30(1897)年に、岐阜県北部の高山で生まれました。
「飛騨の高山」として有名なところです。
冬は、深い雪に埋もれます。

その寒さで、彼女は2歳のときに、凍傷に罹ってしまうのです。
最初は、左足の甲だけだったそうです。
けれど凍傷は、次第に左手、右手、右足へと広がり、脱疽(だっそ)をひき起こします。

脱疽というのは、体の組織が壊死(えし)していくことです。
そして壊死した部位は、こんどは腐敗菌に感染します。
すると人の体は、肌色ではなくて、まるで墨を塗ったみたいな真っ黒になります。
炭みたくなるのです。これが脱疽です。
そうなっていく過程は、激痛を伴うそうです。

こうなると、そこの部位を切り取る、つまり手足を斬り落すか、さもなければ感染部位が体全体に広がり、命を失います。
切れば、命は保たれるけれど、両手両足がなくなる。
切らなければ死んでしまう。

ご家族は、親戚まで集まって、たいへんに悩まれたそうです。
そして幾度となく親族会議が行われ、決断がでないうちに、左手が手首からポロリと崩れて落ちてしまったのだそうです。

結局、右手は手首から、左足は膝とかかとの中間から、右足はかかとから切断しました。
中村久子さんが、まだ3歳になったばかりのときのことです。

7歳の時に、父が世を去りました。
10歳のときには、弟が亡くなりました。
そんななかにあって、祖母と母は、久子さんを、ただ甘やかす育て方はしなかったそうです。
おかげで、久子さんは、口をつかって器用に文字を書き、さらには編み物まで、自分でできるように育っていきました。

大正5(1916)年、20歳になった久子さんは、地元高山を離れて上京し、横浜市などで一人暮らしを始めました。
けれど、母と再婚した継父に、見世物小屋に「だるま娘」の名で身売りさせられてしまいます。

見世物小屋での久子さんは、文字通り手足のないダルマ女として、見せ物になりながら、手足のない体で、裁縫や編み物を見せる芸を披露しました。
後年久子さんは、当時を振り返って、次のように語っています。
「(障害者だからといって)恩恵にすがって生きれば、甘えから抜け出せません。一人で生きていく。そう固く決意しておりました。」

実際、久子さんは、生涯を通じて国による障害者保障を受けることをしませんでした。
そして彼女は、見せ物となって全国行脚して生計を立てながら、結婚し、二女をもうけています。

そして昭和12(1937)年には、来日したヘレンケラーと会い、口を使って作った日本人形をヘレンケラーに贈りました。久子さん41歳のときのことでした。

そして久子さんは、50歳頃から執筆や講演などの活動をはじめました。
彼女は講演で、自身の奇異な生い立ちを語るとともに、自分の体について恨まず、むしろ障害のおかげで強く生きる機会を貰ったと語りました。

「『無手無足』は、私が仏様から賜った身体です。この身体があることで、私は生かされている喜びと尊さを感じています」
「人は肉体のみで生きているのはありません。人は心で生きています。」

「人の命は、つくづく不思議なものです。
確かなことは自分で生きているのではない、
生かされているのだということです。
どんなところにも必ず生かされていく道がある。
すなわち人生に絶望なし。
いかなる人生にも決して絶望はありません。」
中村久子さんの言葉です。

昭和43(1968)年3月19日、中村久子さんは、脳溢血のため、高山市天満町の自宅でお亡くなりになりました。享年72歳でした。


二つのことを申上げたいと思います。

ひとつは、障害者でありながら、自立した女性として強く生き抜いた中村久子さんという女性の強さと輝き、そして強い心です。
辛いこと、苦しいこと、どうしようもないことを、他人のせいにし、恨み、ねたみ、そねみ、他人の足を引っ張ったり、不幸を売り物にしてお上に頼る。
かように、いかにも「私は弱者です」と言って、甘えるということを、昔の人は良しとしなかった。
どんなに辛くても、苦しても、自立し、周囲と対等に付き合える自分になる。
男女を問わず、それが人としてあたりまえのことだという認識が、みんなにあった、ということです。
そしてそれが日本人、というより、人としての誇りだということです。

二つめは、来日したヘレンケラーが、中村久子さんに、「私より不幸な人、そして、私より偉大な人」と言ったのは、単にヘレンと比較して、久子さんの傷害が重くて不幸だと言っているのではない、ということです。
ヘレンケラーは、自分以上にたいへんな傷害を抱えながら、挫けることなく、明るく強く生きている中村久子さんを、「偉大だ」と言っているのです。


最後にひとつ書きます。
見世物小屋のことです。
昔は、すこし大きな縁日といえば、屋台の露天だけでなく、化け物屋敷(幽霊屋敷)と見世物小屋が、ある意味定番でした。

その見世物小屋での出し物といえば、へび女やタコ女、おっぱいが4つ(6つ)ある女性、三つ目小僧にだるま女など。
要するに「普通じゃない」ものや人が見せ物になりました。

それでもさすがに見世物小屋で人間を見せ物にすることについては、昭和50年以降、特に身障者を舞台に出すことは日本では禁じられました。
ただ、社会福祉が発達していなかった時代に、身障者が金銭を得る為の仕事として、こうした社会的仕組みがありました。

注意しなければならないのは、見世物小屋のお客さんは、もちろん恐いもの見たさに入るのだけれど、ただ「こわいもの」がそこにあるだけでは、お客さんは、二度と来てくれない、ということです。

たとえば今日のテーマの中村久子さんのようなケースでは、手足のない「だるま女」として見せ物になります。
けれど、そう言われて恐いもの見たさに入場したお客さんも、その興行を許可するお上も、ただ手足のない女性を見るというだけなら、お客さんも二度とその興行に入らないし、お上もそんな見世物小屋は絶対に許可などしません。

どういうことかというと、なるほど入場した時は、恐いもの見たさかもしれない。
けれど、小屋に入ったとき、そこで見るのは、手足がなくても、和裁をしたり、きれいな書を書いたり、けっしてくじけず芸事を磨いて必死に生きている姿を、お客さんたちは見る。
そこに感動する。
そこのところが、日本における興行の、ちょっと違うところです。
綺麗ごとを言っているのではありません。
感動がなければ、お客さんははいってくれない。
あたりまえのことです。

ハンデを背負いながらも、そこでしっかりと社会の中で生きていく。
すごいねえ。がんばってるねえ。私たちも負けずにがんばらなくちゃ。
そういう浪花節的なものがなければ、ただ奇妙だというだけでは、日本においては興行は商売にもならなかったのです。
これがひとつ。

それどもうひとつ、見世物小屋にあきらかなように、興行というものは、基本的に普段の常識とはかけ離れているから、商売になります。
見世物小屋の見せ物として、普通にどこにでもいる背広を着たサラリーマンが舞台にひとりいたとしても、そんなものは誰も見に来ません。
要するに、日常生活にはあり得ないような、奇抜なものが「ウケル」わけです。

テレビも同じです。
テレビも興行のうちですから、奇抜さが売りです。
ですから当然にテレビでは、誰も思いもつかないような、異常な考えや行動が、個性だといってもてはらされます。
そしてそういう異常性を持った人が、テレビという、デフォルメされた特殊な世界のなかでは、普通の日本人にはない感覚や感性をもっているとされ、こうした人たちがクリエーターなどといってもてはやされました。

要するに、日本人の社会常識とはまったく異なる異常な人たちが、その異常さ故にヒットを生みやすいというのが、テレビなどの興行の世界であるわけです。
ですからそういう世界では、私たち普通の日本人とは感覚のまったく違う人たちが、どうしても力を持ちやすくなります。

そして朝鮮人というのは、あきらかに日本人とは思考回路が異なります。
あたりまえです。
ケモノ的な思考を持つ人が多いからです。

奇抜さが売り物の芸能という世界と、私たちが普通に暮らす社会とでは、実はまるでその根幹にある常識が異なります。
その違いが、渾然としてしまい、むしろ現実世界の常識が、テレビという箱の中の常識に引きずられてしまっている、というのが、昨今の状況といえるかもしれません。

いずれにせよ、「おもしろければいい」「うれればいい」といったまさに仁義のない興行の世界と、まっとうな日本社会の構築は、ぜんぜん別なものであると思います。

その違いを、認識し直すことが、世直しの一歩なのかもしれません。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

中村久子 4-3


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

関連記事

コメント
売るのも本人のためで決して悪いことではない。見世物小屋自体も悪いものではない。
2013/06/16(日) 12:00 | URL | センター #-[ 編集]
体の不自由な方が、それにひるむことなく努力されることには、誠に頭が下がります。また、そんな方が見世物に出られることに、気の毒と言うことが真っ先に出てきますが、生活のためと言われると、誰もその方の生活を保障できるわけでもないので、何を言うこともなく下がってしまうでしょう。
大石順教尼も同様の不自由を抱えていましたが、やはり、素晴らしい方でした。体が不自由なことは、乙武洋匡氏もそうですが、皆さん、努力は障害のない人に比べると、較べることもできないくらいだったと思います。
それに比べると、五体に不自由のない自分のなまくらぶりには、恥じ入るしかありません。
2013/06/15(土) 22:51 | URL | ポッポ #-[ 編集]
見世物小屋と聞いて私は以前見たこの映画を思い出しました。
フリークス(1932)
http://www.youtube.com/watch?v=vJVXTKkjsxA

この映画を見て気絶する人が続出し、イギリスでは上映禁止になったそうです。アメリカでは障害者は文字通り見世物のようですね。今でも見世物小屋があると聞いたことがあります。
2013/06/15(土) 20:57 | URL | yosinaripon #rYZKQwYE[ 編集]
軍事情勢レポート6 皇国の興廃この一戦にあり 1
軍事情勢レポート6 皇国の興廃この一戦にあり 1
http://ochimusya.at.webry.info/201306/article_4.html

結びの部分だけを転載しましたが、内容は日本人に自信を持たせる話です。 反日売国テレビ局・マスコミ
の捏造報道や偽装報道を行い日本人社会の破壊者創価学会公明党など反日売国政党が日本国民を騙し
て自虐史観を刷り込む教育をしてきた日教組の犯罪行為が暴露されています。  
しかし公明党のマイナンバー法案の成立で反日売国朝鮮人や支那人による日本人社会の支配される事に
なりました。  今こそ、愛国系日本人は立ち上がり反日売国勢力を壊滅し排除しないと日本社会は崩壊し
てしまいます。  創価学会公明党、民主党、みんなの等、社民党、共産党、その他もろもの党の売国政党と
自民党の中に潜む売国政治家達との戦いは急を告げています。 日本にはもう残された時間はありません。 
今こそが、在日朝鮮人や在日支那人の反日売国勢力と愛国系日本人との決戦の時です。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2013/06/15(土) 19:58 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
韓国産汚染乳が日本に
韓国原産汚染乳を使用したフレンチカフェがイオンで販売され始めました。

予防のため拡散願います。
2013/06/15(土) 18:58 | URL | イオンでフレンチカフェ販売始めました #-[ 編集]
昔、小人プロレスというのがあって、テレビでも放送され、結構人気があったのを覚えている。

電信柱には、「小人プロレス来たる」のポスターが貼ってあった。

小人対女子プロレスラーの試合もあった。それがいつのまにか、影も形もなくなってしまった。もちろん、縁日の見世物小屋にもない。

どこからか、横槍が入ったのだろうか?
人権団体?

それにしてもだ、人気があって興業が成立しているということは、小人たちに収入が確保されるということではないか?

もし、平和人権団体の横槍であれば、かれらは小人たちの収入を奪ってしまったのではないだろうか?

いま小人たちが何を思っているかは知らない。ただ、興業がなくなってせいせいしたと思うよりも、俺たちから仕事を取り上げやがってと思う方が普通であろう。

2013/06/15(土) 18:55 | URL | あ太郎 #-[ 編集]
再確認、させて頂きました。
ヘレンケラー、中村久子さんの、お話はたしか中学生時代に聞いた話で、凄い人物だと言う位で詳しい内容は殆ど忘れていましたので改めて、ウィキペディアで詳細を確認させて頂きました。

最初の写真は、ヘレンケラーが24歳の頃の写真ですね。32歳のころの写真も見付けましたがいずれも美しい顔立ちでした。

ヘレンケラーは見えず、聞こえず、話せずの三重苦の女性でしたが指文字を習い抑揚は無いが、話せるまでになって大学を出て社会活動で活躍した女性です。

一方の、中村久子さんはヘレンよりもっと厳しい手足が無い状態で、口を使って書を書き、針仕事をして見世物となって生計を立て、結婚して50歳からは執筆や講演などの活動をして72歳まで精一杯、生きた方であること。

顔も日本女性らしい優しい顔付きで、何処にそのような強い心を持って生きられたのか、そして書も達筆ですし、ヘレンケラーが「私より偉大な人」と言ったのは納得できます。

いずれにしてもこのお二人の女性は、男にも勝る強い信念の持ち主であり、生きると言うことはどういうことか現代の小中学生たちに、最も学ばせたい感動的な、お話であると痛感して居ります。
2013/06/15(土) 17:14 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
いつも素晴らしいお話をありがとうございます。

カナダ トロント 南京記念日宣言 撤回署名
よろしければ、御協力お願いします。
ttp://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=3428&cpage=2#comment-47403
2013/06/15(土) 16:08 | URL | #DWEm5enA[ 編集]
こういうお話を聞いて、自分とはいろんな面で違う人の気持ちを考えるということはとても素晴らしいことですね。
そして、いろんな人の気持ちを察する力を身につけて人の為に純粋な気持ちで頑張れることができることはとても豊かで尊いことだと思います。
日本の先人たちは私たちにとても良いものを遺してくれました。
2013/06/15(土) 12:56 | URL | 名無し #-[ 編集]
ありがとうございます。
今日も涙なしでは読めませんでした。
中村久子さんのことを哀れんでとか、そういう気持ちではありません。
反対に、何と素晴らしく偉大な女性なのでしょう、中村久子さんの心に感動し、涙しました。

人間、親を選んで生まれ出る事はできません。
そこにしか生まれなかった自分に、そしていかなる状況に置かれても、自分に対しこうも強くなれるのか、そして、相手に対してこうも優しくなれるのか、真の心の強さ、優しさを感じ、同じ女性として頭をガツンと殴られたようで、自分の不甲斐なさを思い切り知らされました。

ねずさんが何時も言われてますが、こういう心が持てる、つまり、これこそが日本人が持つDNAなんですね。
それは、生まれ持った物、そして教育により脈々と受け継がれてきたもので、真の歴史を受け継いできていたという証ですね。
ある時期、間違っていたとしても、それに気づき修正ができる、それが日本人です。

反して、「何でも自国が一番」「自分の物は自分の物、人の物も自分の物」「何か悪いことがあったら他人のせい」「相手が弱いとみると何処までも虐め、付け込む」「恥の文化の欠片も無い」それが、特亜の思考回路です。

このような持って生まれたDNAプラス反日教育をされた民族に、そして真の歴史認識を持たない民族に、いくら言って聞かせて諭しても理解できるはずがありません。
なぜなら彼等、特亜の歴史は、自国のご都合主義の歴史です、その時、その時によって変わるのです。
歴史が繫がって無い、つまりは一貫性が無いという事です。
これでは、修正しようにも、理解しようにも、しようが無いという事です。

理解出来るのであれば、何の問題も起こってないでしょうね。
そんな民族が今の日本のメデァを牛耳っています、まことに持っておかしな話です。
ここは日本です。
日本人が毅然とした態度で臨む、当たり前のことです。

しかし、昔の人はよく言ったものです、「氏より育ち」つまり教育がいかに大切かということです。
ここで一番危惧するのは、今の日本です、日本という素晴らしい「氏」に生まれてるのにも関わらず、育ち(日教組教育)のせいで日本人としての本来あるべき姿を失ってしまっているのが現状です。

通名禁止、教育の再生、肝要です。

2013/06/15(土) 12:30 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
日本人のいう神は結局、英語でいうところの「Spirit」とが一番近いのかもしれませんね。
正教会 の明治時代に訳された聖書では、 spirit は「神(しん)」と訳されて居ます。現代日本語での類似の用例:精神、神経、神髄。漢和辞典で「神」を調べると、成程と思えます。

2013/06/15(土) 11:43 | URL | k.o #7fXQEt/A[ 編集]
拡散希望
http://www.youtube.com/watch?v=HDS2w74itGk
 
拡散希望御願いします。
2013/06/15(土) 10:05 | URL | #-[ 編集]
知らなかった
ねずさんのブログでは、埋もれてしまった”本来の日本人とはこう有るべき”という思いを度々再確認します。

戦前の日本の教育にその手がかりがあるのでしょうか。現代の日本人は、間違えた教育や躾によりどれ程の精神力を失わされているのかを思うと残念至極です。

これからも、日本人の生き様を我々に伝えて下さいませ。
2013/06/15(土) 08:50 | URL | kenken #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

素晴らしい旧日本軍・・・

☆「人の命は、つくづく不思議なものです。 確かなことは自分で生きているのではな い、生かされているのだということです。 どんなところにも必ず生かされていく道が ある。 す
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク