アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


暦と太政官札

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

太政官札


江戸時代までの日本の暦は「陰暦」です。
これはお月様の満ち欠けを1ヶ月としたもので、一年が354日です。

ところが実際の一年は365.2422日です。陰暦だと11日ちょっと足りません。
ということはほっておくと、暦がだんだんズレてきて、夏であるはずの7〜8月が春や冬になったりしてしまいます。

暦は、季節毎の農作業の日程でもあります。
これがズレたら農産物の収穫に影響が出てしまう。
そんなことでみんなが食えなくなったら大変です。

そこでこのような暦のズレを防ぐために、陰暦にも「うるう年」がありました。
太陽暦の「うるう年」は、4年に一回、2月が一日増えるだけですが、陰暦は、1年で11日と誤差が大きいため「うるう年」は、月が増えます。
つまり、「うるう年」は、1年が13ヶ月になります。

実は、このことが明治のはじめに「大問題」になりました。



明治5(1872)年は、まさにこの、1年が13ヶ月ある「うるう年」だったのですが、できたばかりの明治政府は、お金がない。
お金がないのに、この年は、公務員の給料も13ヶ月分払わなくちゃなりません。

一方で、税収は翌年にならないと入って来ません。
それまで、予算をどうやってつなぐか。

そこで起死回生の秘策として出されたのが、暦自体を変えてしまうという荒技でした。
陰暦の明治5年12月3日を期して、太陽暦の明治6年1月1日にしてしまったのです。

おかげで、明治5年は、12月と13月の二ヶ月が吹き飛び、しかも悠々と翌年の予算執行をはじめることができるようになったわけです。

太陽暦の採用は、もちろん欧米列強に追いつき追い越せという中で採用されたものであるとともに、この「政府にお金がなかった」というところからの苦肉の産物でもあったわけです。

けれど、ここまでしても、まだ明治新政府の台所は苦しかったのです。
いまでこそ日本は経済大国だなんていっていますが、この時代、一年間の月数を変更しなければならないほど、国家財政は厳しかった。
一国の経済の繁栄も、豊富な国家予算も、「あるのがあたりまえ」ではなく、先人達の血の滲む努力の結果、いまの余裕が生まれているのだということを、やはり、私たち国民は理解しなければならないと思うし、子や孫の時代に、もっと大きな繁栄を手に入れる事ができるようにしていくのが、私たち、いまを生きる大人たちの役割だと思います。

ともあれ、明治のはじめ、なにせ何から何まで江戸時代の風習を変え、日本を一国として近代化するわけです。
それには大変な費用がかかります。

ちなみに、おなじ政権交替でも、江戸時代のはじまりは、様子がまるで異なりました。
当時の徳川家康は、外国人アビラ・ヒロンの「日本王国記」によれば「世界一の大富豪」だったわけであり、当時の日本の軍事力も、鉄砲の数、大砲の数ともに、まさに世界最強でもありました。
江戸時代のはじまりというのは、まさに、経済、軍事両面において、世界に冠たる日本であり、その状態で家康は日本を鎖国したわけです。
江戸時代は、国の内圧が高まり、まさに日本文化が凝縮され、高い次元に昇華した時代と言われますけれど、その理由が、世界最高の経済力、世界最強の軍事力、世界最善の道徳力を保持した状態で鎖国したことによっていたわけです。

ところが明治政府は違いました。
極貧政権からの出発です。
とにかく、やたらと支払が多いのに、カネがない。

で、すこし時がさかのぼるのですが、慶応4年(明治元年)、事務掛の三岡八郎(のちの由利公正)の建議によって採用されたのが、「太政官札(だじょうかんさつ)」です。
これは何かというと、いまでいうお札です。

江戸時代の通貨は、ご存知の通り、お札ではなくて金(gold)でできた小判です。
これは考えてみると実にすごいことで、江戸時代には、日本全国、武士や町人や農民たち、つまり普通の国民全員のポケットの中に、普通に小判という名の「金貨」が入っていたわけです。

こう聞いて、「いやあ、そんなお金を持っていたのは商人くらいだよ。国民の8割以上を占めていた農民たちは、搾取され、極貧生活にあえいでいたんだから」などと思う人がいたら、残念ながら戦後の左翼史観に汚染されています。

全国的に、お伊勢参りとか、金比羅参り、あるいは温泉旅館での湯治など、江戸時代にはたくさんの観光ツアーが行われていたことは、みなさまご存知の通りですが、その主役は農家のみなさんです。
ちなみにツアーも、この時代に存在したのは世界中で日本だけです。

全国で開催されるお祭りの屋台や山車、御神輿などの制作費・・・これだってものすごく費用がかかるものですが・・・やはり資金集めの主役はやはり農家のみなさんです。
武家は、こうしたお祭りなどに行くこと自体、贅沢だと禁じられいます。
というか、最初に、神輿をつくるためのお金とかを出していないから、正直なところは、やはり行きづらいです。

そんなわけで、実は、鎖国をしていた江戸日本は、支配層である武家よりも、庶民がお金をたくさんもって、豊かな生活をしていた国であり、しかも、世界の富(金)の3分の1を保有し、平民の誰もが、普通に金貨を手にすることができるという、世界一の黄金の国であったわけです。
黄金の国ジパングは、ダテじゃない。

ところがその黄金の国ジパングが、幕末の動乱の中で、短期間に銃や弾薬、大砲などの西洋式装備、あるいは次々と軍艦を買ったこと、武家だけではなくて、百姓町人からも民兵をいきなり雇ったこと、さらには金銀の両替相場のカラクリによって、金が国外に大量流出したことなどが重なって、超貧乏になってしまった。
あたりまえのことですが、お金は使えば無くなるのです。

そこで、金(gold)がないなら、かつての藩札のように、紙をお金にしてしまえ!というわけで、太政官札が発行されたわけです。
ちなみに、この発案をした由利公正は、坂本龍馬の船中八策の実際の起草者だといわれています。

ところが、この太政官札、まことにもって信用がありませんでした。
太政官札には、「一枚が小判1両にあたる」と、ちゃんと印刷されています。
裏に書いてある「通用13年」というのは、13年経ったら、ちゃんと小判1両と交換するよ、というような意味です。
つまり、本来的には、小判1両=太政官札1枚が等価のはずなのです。

にもかかわらず、実際の流通上は、太政官札100枚で、ようやく小判40両が交換相場となりました。
100両分の太政官札を持って行っても、40両分の買い物しかできないのです。
つまりそれだけ太政官札は、市場における信用がなかった、ということです。
その太政官札を発行しているのは、明治新政府です。
ということは、できたばかりの当時の明治新政府の信用は、徳川幕府を100点とすれば、明治新政府は40点だということです。

徳川政権が倒れて、明治新政府が誕生したわけですが、その初期の頃は、それだけ世間は、明治新政府を信用していなかったということですし、逆にいえば、明治新政府が、日本の政権として世間の信用を得るために、相当、襟を正して、国民が納得する良い政治をしていかなければならなかったのです。

このことは、あまり語られませんが、実に日本のスゴイところです。
世界では、王朝の交代や革命の後、前王朝や前政権の発行していた通貨は、価値を失って紙切れになります。
そして新たな王朝が、武力にものを言わせて、自分たちが発行する新通貨を無理矢理強制して流通させる。
これが世界の常識です。

ところが日本では、明治新政権が誕生した時点で通貨の信用は、徳川小判価値が無価値になるどころか、徳川小判方が値打ちが高かった。
そして明治新政権に対しては、40点の採点しかしていないのです。

ちなみに通貨の信用は、鎌倉政権、足利政権から、織豊政権、徳川政権、薩長政権と、ずっと続いています。
つまりこれが何を意味しているかというと、ふたつあります。

ひとつは、日本では古来、政治は王侯貴族のものではなく、民間のためにこそ政治があるのだという基本的意識が、国民の身分の上下を問わず、あたりまえの意識として、存在していた、ということです。そんな国は、世界中探しても、なかなかありません。

もうひとつは、ではなぜ幕府が足利→織豊→徳川→薩長と代わっても通貨が維持されたかといえば、それはこれらが支那風の易姓革命ではなく、あくまでもミカド(天皇)を中心とした日本という国の中における「政権交替」でしかなかったからです。

つまり、足利→織豊→徳川→薩長と代わる交代劇は、自民→民主→自民と続く政権交替、あるいは内閣総理大臣の交代劇でしかなく、日本と言う国は、基底のところでちゃんと維持され続けているということです。
そして日本における民は、すべて天皇の民であり、政権はその民のための政治をする存在であるとうことが、ごくあたりまえの常識として、古来日本に根付いていることを示しています。

これまた、日本だけです。
なぜなら、諸外国では古来、政治はあくまで政治権力者のものでしかなかったからです。


まあ、そんなわけで、明治新政府の発行する太政官札は、日本の政府の発行する政府でしたが、発行当初は、そうはいっても、信用の低いものでした。
けれど、その時代の変化を、ものの見事に読み切ったすごい人がいました。

それが、安田善次郎(やすだぜんじろう)です。
富山県の出身で、丁稚奉公から身を起こし、おもちゃ屋をはじめ、儲けたお金で26歳で日本橋に小さな両替商(金貸し)を始めました。
そして出来たばかりの明治新政府の太政官札の両替を始めたのです。

額面割れした太政官札を、手数料を受け取って買い取り、これを徳川小判に両替してあげる商売です。
これによって安田善次郎の手元には、安く仕入れた大量の太政官札が残りました。
そのままでは、安田善次郎は手持ち資金がつきて、破産です。

ところが、明治2年に、新政府が太政官札を額面でひきとると布告するのです。
おかげで4000円で仕入れたお札が、1万円に大化けしました。
坊主丸儲けとはこのことです。

善次郎は、巨万の富を得、明治13年にはそのお金をもとに、安田銀行を創立します。
これが後の安田財閥であり、富士銀行であり、いまのみずほフィナンシャルグループです。

安田善次郎は、東京大学の安田講堂、日比谷公会堂、千代田区立麹町中学校校地などの寄贈をしていますが、当時はそれが安田善次郎の寄贈とは、誰も知りませんでした。
それが知れるようになったのは、善次郎が死んでからあとのことです。

「名声を得るために寄付をするのではなく、陰徳でなくてはならない」
善次郎の言葉です。
ちなみに、
「五十、六十は鼻たれ小僧 男盛りは八、九十」という言葉も、安田善次郎の言葉なのだそうです。

時代の端境期には、価値観が変わり、そのなかでかつて繁栄を誇った様々なものが崩壊する一方で、新たに時代を担う人や組織が登場します。
明治維新の際の、三菱財閥、安田財閥などは、まさに明治新政府とともに、巨大な財をなしました。

戦後、こうした財閥が解体される中で、新たに台頭したのが、日教組(別称:朝鮮教組)であり、在日パチンコ利権であり、ソン・テジャクのソウカ学会であり、孫正義財閥(ソン・テジャクと何か関係?)なのかもしれません。
売国憲法のもとで、売国勢力が羽根を伸ばす事ができたという、日本の歴史始まって以来、初の異常事態が起こったわけです。

けれど、今月の参院選後、日本は大きく変わります。
というか、変えなければなりません。
その変える力は、みなさんのおひとりおひとりが持っています。

私は、中山恭子先生を応援します。
(21日は、護衛艦に乗せていただくことになっていますので、昨日、投票を済ませてきました。)


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【愛国者・中山恭子先生】後輩・黒田総裁にエール 平成25年3月28日


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
最近は大分送信の調子も良くなってる様なので久々に投稿しま~すφ(.. )ポチッ♪

兄が安田の部長さんやってる割には安田善次郎について殆んど知らなかった愚かな愚弟ですが、
幕末百話だったか明治百話だったか女百話だったかは忘れたものの、
その中に出てくる思い出話で、丁稚時代の善次郎少年を身近で見てた近所のオバさんだかが当時の事を語ってたのを思い出しました。
そのオバさん曰く「あの子は細かい仕事が苦手であんまり役に立たなかった。
ある日姿を消し、ヨソでなにやら始めたとは聞いてたがマサカあんなに大成功するとは…
今思えばもっと大掛かりな事がしたかったんだねぇ」←ッテ、確かこんな感じの事言ってた記憶ガガ(うろ覚え)
生涯役立たずな自分にとっちゃ勇気が湧く逸話ですな(*^□^*)ξ
安田さんやら岩崎さんやら益田孝やら岩谷松平やらetc‥とにかく明治の実業家は人物のスケールが段違いで、孫だか損だかワタミなんぞとは月とスッポン!
日本が日に日に軽薄化してる証拠でしょう、軽薄丸出しな自分が言うのもナンですが。

(°0°)アッ‥そうだ、先日自宅事務所の目の前を恭子さんの選挙カーが通って行きました♪
通りを外れた車一台入るのやっとな脇道なのにw(^o^;
これも何かの縁かしら(・・?) 
‥何はともあれイヨイヨ選挙戦に入ったんで後れ馳せながら元名に戻しときますかな(・∀・)ノ カツゾ!!
2013/07/09(火) 01:02 | URL | 宮崎一区民 #-[ 編集]
日本は開いてましたよ。貿易もしていました。
鎖国はあくまで白人の視点です。
しかし家康は凄いですよね~調べれば調べるほど家康の凄さがわかります。
明治以降の徳川批判は鵜呑みにするべきではないでしょうね。
2013/07/08(月) 19:07 | URL | アジア #-[ 編集]
初コメント致します
 確かに、この日本は時代の変わり目で、例えそれが明治維新の如く¨大変革¨であったとしても、極めて粛々と物事が進んでいきますが、やはりそれは¨スメラギ¨こと天皇陛下の存在があったからなんですね。
その余りのスムーズさから、明治維新を見た欧米人の中には…もはや人の力では無い…と記した方もいたらしいですが、やはりそれも天皇陛下がいらっしゃったからなんですよね^^
 大東亜戦争の折、日本国民皆が¨国体の護持¨(天皇制の維持の為に全身全霊で戦い、努力された理由も十二分に頷けます…!
 …その子孫である我々現代日本人は、それら諸先輩の皆々様に心から感謝をせねばなりませんよね^^!
2013/07/08(月) 16:40 | URL | 次郎左衛門 #-[ 編集]
「五十、六十は鼻たれ小僧 男盛りは八、九十」

葛飾北斎を思わせますね。

2013/07/08(月) 15:53 | URL | あ太郎 #-[ 編集]
岡潔博士の「自然科学観」、「自然科学は間違っている」
今回は、日本の世紀の天才数学者岡潔のことをメモしておこう。

数学者でありながら、自然科学にも独特の思想や観点を持っていたからである。それも、実に挑戦的かつ批判的かつ破壊的観点を持っていた。ここがすばらしい。何事も新規なものはいったんすべてを破壊しない限り生まれない。そこを十二分に理解していたということである。

もちろん、岡潔博士は数学以外のほとんどすべてにも精通していた。特に、仏教思想にも西洋思想にも詳しかった。そんなものは、以下のサイトに詳しい。

http://quasimoto.exblog.jp/20768152/
2013/07/08(月) 13:58 | URL | 貼り付け #7fXQEt/A[ 編集]
昨日の平沼赳夫先生の本、拡散させて頂きました。

きのうの読者さんのコメントに同感です。
宗教の息のかかった党など日本国にあってはならない、私もそう思っています。

また、TPP問題ですが、10年前の郵政民営化で残した課題、つまり、何もかも一度に取り上げたら、いくらお人好しの日本人でも気がつく、ここはまず郵政民営化だけにしておき、外堀を埋め、時間をかけて本丸(日本の財産全て)を頂こう。
そしてここに来て(TPPで)全てを頂きにかかっただけの話だと思います。

私は普通の主婦で最近覚醒し、今も猛勉強中で、今一、よく解からない部分がありますので、何事も我が家に置き換えて物事考える事にしています。
そうする事によって見えない物も見えてきました。
これも偏に愛国ブロガーの皆さんのおかげだと感謝しております。

TPP、何も日本は参入しないといけないほど困っていません。
普通に考えても解かります、例えばお金に困った人が、つまり国が飽和状態で、どうしようもない国々が
{何が何でも日本の財産を取るぞ!}なんてあからさまな行動は出来ません。
それで口先三寸、「仲間もいっぱいいますよ、一緒にお仕事しませんか?儲かりますよ」と耳触りの言い事を並べているだけ。

で、その耳触りの言い言葉に騙され、結果、郵政民営化でどうなりました?
よってTPPはもっと悲惨でしょうね。

TPP問題ですが、平たく言えば、大きなテーブル(日本)にご馳走が沢山並んでいるとしましょう、いえ、実際に並んでいます。
郵貯、保険、農業、漁業、etc、、、。
まあ、他の国から見れば、どれも大国日本の財産ですもの、喉から手が出るほど欲しいでしょうね。

並べられている全てのご馳走は我々日本人が汗水流し、こつこつと貯めた国民の財産です。
そう考えれば、というより考えなくても何としても守らなければならないのでは?普通にそう思います。

日本の金が丸ごと持って行かれた幕末の再来ですね、すでに歴史が教えてくれているのにも関わらず、同じ事を繰り返すのでしょうか?

郵政民営化において一番損をしたのは?そして一番美味しい思いをしたのは?
そしてTPPにおいても同じ事が言えます。
考えれば考えるほど「世界は腹黒い」その言葉に尽きますね。

それに昔から、「人間よしは馬鹿の内」と言います。
TPPでほくそ笑んでる輩(国)はきっとそう考えてると思います。
もう、いい加減お人好しは返上しないとですね。

今回の選挙、いろんな意味において総仕上げだと思います。
昨日の読者さんのコメントにもありましたが、「クリックと拍手だけでは足りません!」私もそう思います。
一人一人の行動が求められています。

頑張りましょう!

2013/07/08(月) 11:39 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
期日前投票私も行きました!
中山恭子先生に勿論投票致しました!
2013/07/08(月) 11:37 | URL | #-[ 編集]
軍犬利根の物語
ねずさん
軍犬利根の物語
偕行七月号で
再度熟読せていただきましたよ、
いや~
日本人はやっぱり凄いですなっ!
ねずさん、常連の皆様
暑い日が続きますが、
お体大切になさって下さいません。
2013/07/08(月) 11:36 | URL | 稲おやじ #0MXaS1o.[ 編集]
明治新政府が成立したとき、金がないから暦を変えたり、公務員の給与削減したりと、苦肉の策を取ったのは小学校又は中学校で習った覚えがありました。
今なら、公務員給与8パーセント削減と言ったところでしょう。

近年、台頭してきた孫正義氏ですが、管政権の末期に無理矢理に通した原発廃止を意図した法律による太陽光発電の電力高価買い入れが、韓国企業製造による太陽光発電装置とともに財力を,
高めたことは、間違いないと思います。


2013年7月6日、中国新聞網は香港メディアの報道として、香港において、香港保釣(尖閣防衛)行動委員会の20数名のメンバーが在香港日本領事館前までデモを行い、日本国民に対し参院選で自民党に投票しないように求めたと伝えたとのことです。
デモは尖閣諸島の主権を訴えるとともに、安倍首相による憲法改正と国防軍創設を危惧。参加者は「打倒日本軍国主義」「自民党への投票反対」といったスローガンを叫び、領事館前で旭日旗を燃やすなどのパフォーマンスを行いました。同委員会は8月に尖閣諸島への上陸を計画しており、他団体へも参加を呼びかけています。
中国は、安倍首相が選挙で勝った場合を、最も嫌がっているようです。
逆に見るなら、安倍政権が選挙で勝つことが日本にとって有利なのです。
中国に、参議院選挙では自民党を支持することが、日本のためと教えられました。・・・・・・もっとも、全国区は中山恭子氏を支持します。

外国が日本の国旗を燃やして憂さ晴らしするのに、日本は外国の国旗を燃やすことができないことに、忸怩たる思いがあります。
2013/07/08(月) 11:26 | URL | ポッポ #-[ 編集]
取り戻そう日本そして在外資産。
排除しよう 反日
取り敢えず 自民党
絶対 中山恭子さん

選挙後の政界再編を望む。

違法憲法の規定手続きで行われる憲法改正って・・一寸頭が混乱する。
2013/07/08(月) 08:21 | URL | 古希のネトウヨ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク