アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


木炭バスと鬼塚道雄

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

木炭バス
木炭バス0711


昭和16年に、日本はABCD包囲網による経済封鎖を受けました。
このため当時でも年間2千万バレルの石油が必要だったのに、米国の輸出規制によって戦時中の昭和19(1944)年には164万バレル、昭和20(1945)年に至っては、ついに輸入量がゼロとなっています。
飛行機を飛ばすにも、船を走らせるにも、冬の暖房にも、輸送などにも、石油は近代国家に欠かせません。
ところが日本はその石油の輸入ができなくなってしまったのです。

日露戦争くらいまでは、世界の資源エネルギーの主役は石炭でした。
それが第一次世界大戦頃から、主役が石油に交替しはじめました。
日本は、石炭は自国内で産出できます。
けれど、日本に石油はありません。



これは、エネルギーの最先端にある軍にとって、きわめて重大な事態でした。
飛行機も戦艦も戦車も輸送船もトラックも、石油がなくては動かないからです。
しかも日本は、その石油の多くを米国から輸入していました。

昭和12年といえば、4月にはヘレン・ケラーが来日して、日本人女性中村久子に「私より不幸な人、そして、私より偉大な人」と激賞し、また同じ月には日本とヨーロッパを始めて結ぶ航空路の開発のために、97式飛行機が「神風号」という名で初の飛行を成功させています。
また10月にはパリ万博で日本館が設計賞を受賞しています。

こうして日本がまさに世界の一等国としての地歩を固めていった一方で、同じ昭和12年の7月には盧溝橋事件、廊坊事件、通州事件が相次いで起こりました。
8月には支那国民党の徴発による第二次上海事変が勃発、12月には南京城の攻略戦が行われています。

支那国民党の背後には、これを操ることで支那を最後には植民地化して利権を得ようとする米英の一部政治家たちによる企みがある。このことは当時の世界のまさに常識でした。
けれど日本は、石油を米国に依存しています。
ということは、万一の有事の際、日本は石油を輸入できなくなる。

すでに、自動車やバス、トラックなど国内の物流に大きな力を得つつあった時代です。
石油を断たれることは、日本の軍事活動が制限されてしまうということであるとともに、国内の様々な物流、つまり庶民生活にも多大な影響が生まれてしまう。

そこでこの年、農林水産省が中心となって「木炭ガス発生装置の普及奨励事業」が展開されました。
機関車、トラック、タクシー、バスから、なんとオートバイまで、民生用にはできるだけ、石油ではなく「木炭」を使おうというのです。

木炭を使って内燃機関(自動車のエンジンのような機械)を動かすという技術は、エンジンが誕生した頃までさかのぼる古い技術です。
簡単にいったら、焚き木を不完全燃焼させたときに出る煙から煤(スス)を取り除き、そのガスを燃焼室に送り込んで圧縮し、爆発させる。

いまでも天然ガスで走らせているタクシーなどが、この「ガスを使ったエンジン」を使用しているのですが、ただ、天然ガスと違って、木炭ガスは、とんでもなく手間のかかるエンジンでした。
焚き木を燃やして煙を出すのですが、必要な煙が出るまでには、釜が十分に暖まらなければなりません。
このためエンジンの始動に、ものすごく時間がかかりました。

一応、カタログ上は、「木炭への着火、ガス発生までに最良な状態なら5分程度、良好な状態なら10分以内にエンジンが始動する」と書いてあるのですが、実際には、焚き木の積み込み、着火、燃焼状態の確保等に時間がかかり、実際にエンジンを始動するまでには、熟練者で1時間、一般の人の場合だと、2時間近く時間がかかったようです。

定期バスはともかく、これで日常に使用するオートバイまで走らせていたわけですから、まさに先人の苦労やいかばかりか、といった感じがします。

そしてさらに、得られる出力は、性能はいちおうこれまたカタログ上は45馬力とされているのだけれど、釜の炊きが悪いと10馬力出るか出ないかでした。いまだと原チャリのエンジンが、性能の良いものだと同じくらいありますから、簡単に言ったら、原チャリの牽引で30人乗りのバスを走らせていたようなものだったわけです。
それで、薪をいっぱいに積んだときの航続距離が、だいたい50kmくらいです。

しかも木炭バスは、エンジンが温まるまで走れない。
走っても、釜の具合でよくエンジンが止まる。
そのたびに車掌さんがバスから飛び降りて、釜のなかの火を長い鉄の棒で突いて木炭をならしながら走っていました。

石油の輸入ができなくなってからのことではありません。
石油の輸入が、将来厳しくなるかもしれない。
そうなったとき、お国のために石油は、戦艦や戦車や飛行機などに使う大切なものだから、自分たちは、なんとかして石油を使わなくても良くなるように工夫しようとしたのです。

自分のいまの目先の利益だけを優先しがちな現代人と比べて、昔の日本人は、そういう意味でも凄かったと思います。

ちなみに、すこし脱線しますけれど、日本に鉄砲がもたらされたとき、日本が種子島という火縄銃を造ったとうのは誰でも知っている有名な話です。
これは日本刀を造る技術の蓄積があったからこそできたことなのですが、ところが問題は火薬です。
当時の火薬は、硝石75%、硫黄10%、木炭5%の配合割合だったのですが、その肝心の硝石が日本で産出しません。
ですから戦国大名たちは、当初は、ポルトガル人たちから火薬を買っていたのです。

その火薬一樽は、日本人の若くて美しい女性50人と等価で交換でした。
このため日本人女性が奴隷としてヨーロッパで盛んに売買されるようになり、この実情をヨーロッパで直接見た天正少年使節団などが、たいへんなショックを受けたという記述などが残っています。

ところが、しばらくすると、日本は火薬の輸入を辞めてしまいました。
なぜ辞めたのかというと、なんと、硝石を国産の自前で作ってしまったのです。

硝石というのは、もともとヨーロッパでは、家畜小屋の地面に浸透した家畜の排泄物が微生物の作用によって発酵し、硝酸カリウムとなったものです。
で、日本でどうしたかというと、農業用に下肥を発酵させた肥料を昔から使っていましたから、その技術を応用して、屎尿から硝石を自作してしまったのです。

ただし、ただ買って来るのと違い、出来上がるまでに6年くらいかかったそうです。
それでも作ってしまう。
おかげで日本は、他の植民地となった国々のように、奴隷を輸出するという必要性さえもなくなり、結果として庶民の安泰を保っています。

以前、船大工さんをしておいでの方のところに訪問した際、十数年ぶりに和船の注文を得たとき、和船を作るのに必要な「妻夫釘(めおとくぎ)」という名の特殊な形状をした釘が、和船製造には必要なのだけれど、いまではもう、作られていないし売ってもいない。
そこで、父親の船大工さんに、「入手できない」と言ったら、「だったら自分で作れ」とあっさり言われて、実に驚いたという話を聞いたことがあります。
必要なものがあれば、買って来るのではなくて、たとえ時間がかかっても、努力してなんでも自分で作ってしまう。

いま日本の中小の町工場が、職人技の凄さで世界に冠たる技術を誇っていますが、それも、もともと「必要なものがあれば、なんでも自分で作ってしまう」という日本人ならではの姿勢が、いまに生きているものなのだろうと思います。

先日、安倍総理が選挙の応援演説の中で、世界一細い注射針のことをお話されていました。
糖尿病患者さんなどは、日に何度もインシュリンの注射をしなければなりません。
その注射が、とにかく「痛くないように」との思いから、何度も金型を調整して、ついに、世界一細い注射針を作ってしまった。
なんと針の直径0.2ミリです。
(普通の予防接種などに使われる針は0.4ミリ)

話は脱線しましたが、石油が不足する。
それがわかったとき、それなら石油の代わりに焚き木を使って車を走らせてしまおう。
そのためにどんなに時間や労力がかかったとしても、お国のためにがんばろう。
そういう心が、当時の日本には、全国津々浦々までしっかりと根付いていたわけです。


さて終戦後、まだ間もない昭和22(1947)年9月1日のことです。
午前8時頃、長崎市の北側の山中にある打坂峠(うちさかとうげ)の急な坂道を、大瀬戸発、長崎行きのバスが満員の乗客を乗せて登っていました。

この頃の打坂峠は、もちろん舗装などされいていないデコボコ道です。
道は狭くてくねくね曲がり、道路勾配は20%もあったのだそうです。

いまの道路構造令では第20条で、道路勾配は最大12%以下と定められています。
勾配5%の坂が20メートルもあったら、もはや坂の向こうはみえないくらいの急な坂になるのです。
打坂峠の20%という坂道が、どれだけ急な怖い道だったかが伺われます。

バスが坂の半ばに差し掛かったとき、突然エンジンが停まってしまいました。
運転手は直ぐにブレーキを踏みました。
ところが、ブレーキが利かない。
サイドブレーキも利きません。
エンジンもかからない。

上り坂の途中です。
バスがバックで坂を転げ落ちないよう、運転手はギアを前進に入れようとしました。
ところが前進ギアも入らない。
あとでわかったことですが、ギアそのものが壊れてしまっていたのです。

上り坂でいったん停止したバスは、ズルズルと坂道を後退し始めました。
運転手はバスを止めようと必死に操作しますが、バスはドンドン下がって行きます。
急な坂道なのです。
しかも曲がりくねっている。
乗客は30人あまりです。

このままでは大惨事になると思った運転手は、車掌をしていた鬼塚道男(おにづかみちお、当時21歳)さんに向かって、
「鬼塚!直ぐに降りろ!石ころでん棒きれでん、なんでんよかけん車の下に敷け!」
と叫びました。

その声を聞くやいなや、鬼塚車掌はバスから飛び降りました。
そして近くにあるものを片っ端から車輪の後ろに置きました。
バスが後ろに転がり落ちるのを、なんとかして止めようとしたのです。

ところが急な下り坂で加速がついたバスの車輪は、木片を弾き飛ばし、乗り越え、石を粉々に砕(くだ)いて、後退してしまいます。

乗客たちには、なすすべもありません。
「こいは、もう、おしまいばい!」

乗客全員が、そう思ったとき、バスは崖っぷちギリギリのところで止まりました。
そこは高さ20メートルの険しい崖(がけ)でした。
あとすこしで、大事故になるところでした。
運転手も乗客も、みんなほっとしました。

運転手はバスから降りました。
そして、「鬼塚!どこに、おっとか!」と声をかけました。
返事がありません。

乗客たちも、降りてきました。
そしてひとりの乗客が、「バスん後ん車輪に、人のはさまっとる」と指差しました。

車輪の下に、鬼塚車掌が横たわっていました。
彼は自分の体を輪止めにしてバスを止め、崖からの転落を防いだのです。


朝の10時過ぎ、自転車に乗った人が「打坂峠でバスが落ちた。早く救助に!」と長崎バスの時津営業所に駆け込んできました。

時津営業所の高峰貞介さんは、すぐにトラックに飛び乗って、急いで現場に駆けつけました。
バスは、落ちてはいませんでした。
崖、ギリギリのところで止まっていました。
運転手いました。
真っ青な顔をしていました。
ジャッキで、バスの車体を持ち上げていました。


高峰貞介さんは後に事故の様子と鬼塚さんについて次のように語っています。

=======
たしか、朝の10時少し過ぎだったですたい。
自転車に乗った人が「打坂峠でバスが落ちとるばい、早よう行ってくれんか」って、駆け込んで来たとです。
木炭のトラックの火ばおこしてイリイリしてかけつけると、バスは崖のギリギリのところで止まっとったとです。

もうお客はだれもおらんで、運転手が一人、真っ青か顔ばしてジャッキで車体を持ち上げとったですたい。
「道男が飛び込んで輪止めになったばい。道男、道男」って涙流しとったです。

当時の打坂峠は胸をつくような坂がくねくねと曲がっとりましたけん、わしら地獄坂と呼んどったです。
自分で輪止めにならんばいかんと思うたとじゃなかでしょうか。
丸うなって飛び込んで。

道雄の体をバスの下から引きずり出して、木炭トラックの荷台に乗せました。
背中と足にはタイヤの跡が付いていましたが、腹はきれいでした。

十秒か二十秒おきに大きく息をしていたので、ノロノロ走る木炭トラックにイライラしながら、しっかりしろ、しっかりしろと声をかけて。
9月といっても一日ですから、陽がカンカン照って、何とかして陰をつくろうと鬼塚車掌に覆いかぶさるようにして時津の病院に運んで、先生早く来てくれ、早く早くって大声を出しました。

その晩遅くに、みかん箱でつくった祭壇(さいだん)と一緒に仏さんを時津営業所に運んで来たとです。
道男君は、おとなしかよか男じゃったですたい。
木炭ばおこして準備するのは、みんな車掌の仕事ですけん、きつか仕事です。
うまいことエンジンがかかればよかが、なかなかそげんコツは覚えられん。
よう怒られとりました。

それでもススだらけの顔で口ごたえひとつせんで、運転手の言うことばハイ、ハイって聞いとったです。
ばってん、そげん死に方ばしたって聞いた時には、おとなしか男が、まことに肝っ玉は太かって思ったもんですたい。
=======

鬼塚車掌は、炎天下のトラックの荷台で熱風のような空気を大きく吸い込んだのが最期でした。
この事故が起こった昭和22年のことです。
日本はまだ敗戦の虚脱状態にありましたし、長崎では、原爆被害のあとで、病院通いをする人もたくさんいました。

闇市への買い出し、市内の病院に被爆(ひばく)したお子さんを連れて行く母親、そういう30人あまり乗客でした。
その乗客たちの命と引き換えに、鬼塚さんは若い命を閉じました。

みんな生きるだけで精一杯の時代です。
原爆が落ちて日もない。
他人のことなんかかまってる余裕なんてなかった時代です。

それでも乗客たちはみんな、口々に身代わりになってくれた鬼塚車掌さんや、たすけてくれたバス会社の人たちにお礼を述べました。
けれど、物資が不自由な時代です。誰も何もしてあげることは出来ませんでした。

鬼塚道雄車掌(当時21歳)
鬼塚道雄車掌


それから26年が経ちました。
昭和48年のことです。
新聞の投書欄に、そのときの乗客だった方が、感謝の思いを綴った記事が載りました。
その記事を、たまたま長崎自動車(長崎バス)の社長が眼にします。

社長は、その日の内に緊急の役員会を招集しました。
「私が発起人になる。浄財を集めて、鬼塚さんを供養する記念碑を造ろう!」

こうして一年後、事故が起きた打坂に、記念碑とお地蔵さんが建てられました。

救命地蔵(長崎市打坂)
救命地蔵


以降毎年、鬼塚車掌の命日となった9月1日に、長崎自動車では社長以下、幹部社員が地蔵の前で供養を行っています。
また、近くにある時津幼稚園の年長組みの園児たちも、毎年地蔵尊にお参りして、花を手向けて小さな手を合わせています。

時津幼稚園の山口理事長は、「近年、子供の犯罪が問題化しており、園児達に小さい頃から命の尊さを感じとって貰いたい」と鬼塚車掌の話を子供たちにして園児達の地蔵尊へのお参りを実施しているそうです。

鬼塚道雄車掌さんは、バスを止めようとして、若い命を散らせました。
それは「自分の命を粗末にした」ということなのでしょうか。

命は、たったひとつしかない、たいせつな、かけがえのないものです。
けれどみんなのために役に立つこと。
そのために自分の命を使うこと。
それは、間違ったことなのでしょうか。

鬼塚さんの勇気のおかげで、30人の乗客乗員の命が救われました。
あと数メートルで、バスが崖から転落する。
鬼塚さんには、他に選択肢はなかったのだろうと思います。

そのときに、自分の命よりも、乗客の命を優先する。
そういうことこそ、人間として、もっとも勇気ある行動といえるのではないでしょうか。

99年に埼玉県の狭山市で自衛隊機が墜落しました。
そのときパイロットは、自分の命よりも、墜落したときに民家に被害がでないように配慮することを優先しました。

大東亜戦争における特攻隊戦死者は、海軍4156名、陸軍1689名、その他回天、震洋、会場挺身隊、空挺隊などを加えると、特攻作戦による日本人戦没者は1万4千名をこえます。
誰のためでもない。
みんなを守るために、命を散らせました。

足りないものがあれば、我慢して、自作してでも作ってきた日本。
人を守るために自分の命さえも惜しまなかった日本。
そして、そういう先人達の偉業を、歴史を忘れないでいる日本。

いま、私たちが取り戻すべき日本は、まさにそういう日本なのではないかと思います。

(鬼塚道雄さんのお話については、『伝えたいふるさとの100話』を参照させていただきました)

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

国旗の重みシリーズ 英雄編
~十三秒後のベイル・アウト~


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

関連記事

コメント
日本経済新聞6月9日
それでも外務省は、「強く発信したり反論したりすればするほど逆効果になりかねない。慰安婦碑が次々に建てられても黙っているしかない」


、、、、外務省は中韓のスパイ、中韓からの回し者で日本を見張っている。

こいつ等をあぶり出し追放しなければ取り返しのつかないことになる!!!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130709-00010001-willk-pol

2013/07/14(日) 06:05 | URL | 慰安婦碑 #-[ 編集]
[竹林はるか遠く] 昨日本屋さんから入荷の連絡があり取りに行き、早速読み始めています。注目棚にもう一冊あったので、どなたかもう一人予約されてた方がいらっしゃっていたようです。店内には置かれていない様だったので尋ねてみたら、今回は予約分だけの入荷だったそうです。
2013/07/13(土) 21:00 | URL | ゴルゴ31 #-[ 編集]
安倍首相は、朴槿恵韓国大統領が反日的であるにも関わらず、大統領の就任式に麻生副首相を派遣して礼を尽くしました。また、竹島の日にも大統領就任で浮かれている韓国を刺激しないとして、出席しなかったと思います。
これに対して、朴槿恵韓国大統領は何をしたのでしょうか。一つ一つを取り上げるのは面倒ですが、アメリカに行っても、ねつ造した過去の歴史を認識しろと要求したのです。
私は正しい歴史を認識するのが、政治家だと考えます。しかし、韓国の態度には嫌気がさしたので、もう付き合う必要がないと思います。また、大人の対応で穏やかにしていればよいという考え方もあるでしょうが、これは韓国に、黙って欲しければ金を寄越せと、言われるようなものです。
アメリカは、おそらくこんなことはどうでもよい。どちらかと言えば、韓国がうるさいから、日本に黙らせといて欲しい。2カ国がもめているときに北朝鮮と中国が暴れたらアメリカが困る、という感じでしょう。(朝鮮戦争の再発は困る。)
日本はどうするのか、韓国の500年、1000年忘れないにうんざりしながら、いつまでも付き合うのか。
もう、付き合うのは止めるべきです。800年前の元寇は国難でした(このとき、高麗は先陣を切って対馬で日本人を虐殺しました。)。1500年前、任那は日本(倭)の出先でしたが、韓国は任那がなかったかのようにふるまいます。
日本は、日本の誇りを忘れず、必要なことを主張しなければならないと思います。そうしないと、次の世代に対して申し訳ないです。
そして、日本にねつ造した歴史を認めろというでたらめな朴槿恵大統領とは話し合う余地がないので、日韓首脳会議を開催する必要もないと思います。


平成12年度(だったと思う)、民主党の細野幹事長は、パチンコ業者からの献金が5件、1件は70万円でしたから合計350万円でした。
業界団体として献金を受領せず、個人献金として受領する。以前、業界からの政治献金を廃止して、個人献金は可能にすると誰かが言いましたが、その方法を実践しています。もちろん、違法ではありません。
それから、個人献金にしますと誰が献金して、誰が献金しなかったのかが、はっきり分かることになります。


夫婦別姓である韓国には、まだ家制度と男女差別が強いと考えています。そして、嫁を婚家に入れない方法として、女性に男性の家の姓を名乗らせない方法をとっています。こうすると、女性は永遠に男性と平等に扱われず、婚家には入れないでしょう。
社民党の代表者は、これを男女平等の象徴のように唱えていますが、彼女の本音はどこにあるのか分かりません。
2013/07/13(土) 17:25 | URL | ポッポ #-[ 編集]
鬼塚氏は立派な方ですね。
何十人の命を救いましたし、粗末になどしていません。あの状況ではそうする以外どうすることもできません。終わった後ならどうとでも言えるんですよ。その園長は命の尊さを履き違えている。結局はサヨクの嫉妬。
立派な行為を簡単には叩けないから、命を盾にして遠回しに叩く。分別のない小さな子供をそうやって洗脳していく。サヨクは薄汚いですね。
2013/07/13(土) 10:51 | URL | アジア #-[ 編集]
竹林はるか遠く
竹林はるか遠く
http://www.amazon.co.jp/dp/4892959219

アメリカの教材としても使われていた11才少女の朝鮮からの引き上げ時の話の日本語訳初出版。韓国人が猛反発している部分もあるらしい。
早速読んでみることにします。
2013/07/13(土) 10:45 | URL | 斎藤一 #-[ 編集]
竹林はるか遠く
竹林はるか遠く
日本人少女ヨーコの戦争体験記
http://www.amazon.co.jp/dp/4892959219

アメリカの教材としても使われていた11才少女の朝鮮からの引き上げ時の話の日本語訳初出版。韓国人が猛反発している部分もあるらしい。
早速読んでみることにします。
2013/07/13(土) 10:43 | URL | 斎藤一 #-[ 編集]
塩狩峠の様な話が長崎にもあったんですね。
私にはとてもこんなことできる気がしません。
2013/07/12(金) 22:54 | URL | mimi #-[ 編集]
人が人を思いやり助け合う国日本を取り戻さなくてはならないと固く思います。かつての日本は夜就寝する時に鍵を掛けなくても良いほど安全だったのです。今はどうでしょうか。?



今回の参議院選挙はまさにその別け目ではないでしょうか。?過日福島第一原発の元所長がお亡くなりになられました。当時の首相菅氏は自分の無能無策を棚に挙げ全責任を東電に擦り付けブログにおいて安倍総理の批判をしているようですが、よくも恥知らずな意見を主張するものだと思います。

彼がするべきことはお遍路さんではなく議員辞職と政界引退そして自分の不手際により多大な犠牲を強いた福島はじめ被災地への謝罪行脚であろう。

さてポッポさんが仰っている韓国人による補償裁判では最初から裁決は下っていたようなものでしょう。反日なら何でもあり嘘も平気でつき遡って親日派と呼ばれた人の財産を搾取するような韓国ではどのみち正論を訴えようと日本側の主張は退けられるでしょう。

そこまでして日本と日本国民を嫌いなのは勝手だがそれならば昭和40年締結された日韓基本条約は無効にするのかと。誰のおかげで20世紀初頭当時の清国からの属国状態を脱し近代化できたのか。?独立に際して半島に投資した日本資産を譲り渡されながら朝鮮戦争において灰燼に帰したのは日本国の責任ではなく北と中共の責任であるしその後の極貧状態から抜け出し「漢江の奇跡」を演出できたのはまさに当時まだ貧乏だった日本国との条約締結による賠償によるものでしかも其の時北朝鮮と朝鮮人への個人分の補償も其の中に入っていたのだから個人への補償については日本にではなく韓国政府に補償を要求するのが筋なのであってそれを無視し事あるごとに日本国と日本国民に強請り集りを行う韓国とは国交断絶を視野に入れた冷徹な対応を日本国政府と日本国民は取るべきではないのか。

そのためにも中国や朝鮮に媚びる政治家を炙り出し当選させぬように私達有権者はしっかりと国勢においても地方選挙においても判断しなくてはならないのです。
2013/07/12(金) 19:47 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
日本には今でも石炭と木材はありますが、燃料とする場合に石炭は発電所ならともかく、移動用の動力には適した資源とは言いがたいです。まして、木材を動力源とするには、他に燃料のない場合しかないと思いますが、終戦前からの数年は、まさにその時代でした。
原子力発電所に事故があった現在も、同じような状況にあると思います。
原子力発電所の再稼働は当面の対応策だと考えますが、長期的にはいずれ他の発電方法が必要になります。当たり前のことです。
そして、太陽光を初めとして風力、地熱等が少しは実用化されていますが、時間、季節、設置場所の制約を考えると、石油や原子力以上のものになるとは思えません。
メタンハイドレートやオーランチキトリウムの実用化はまだしばらくかかると思いますが、いずれも自前のエネルギー源になるものです。研究開発の支援や助成は行われているのか、気になります。
それと、尖閣諸島付近の石油および天然ガスの採掘です。このままでは、中国は日本との合意を無視して勝手に採掘、日本領土の未採掘分は領土を侵奪してから、採掘することを考えていると思います。(中国は、満州、チベット、モンゴル、ブータン、南沙諸島で侵略の実績があります。)


民主党は参議院の議会進行がうまくできなかったのは、自民党の責任だとしていますが、その前に、衆議院選挙区の当面の対策である0増5減法案を、わざと参議院の議長が審議せずに放置したことを、どう考えているのでしょうか? 参議院が衆議院を通っているものを放置したことは、参議院の不要論に繫がると思います。参議院の議長は、不信任をしなければならなかったと思います。
選挙方法は、一党で決められるものではないから、十分な期間を使って決めるものだと思います。もっとも、選挙方法は国会議員が直接影響するものですから。国会議員よりも別の機関で審議し、決めた方がよいとも思います。


朝鮮半島の植民地時代に日本の製鉄所で強制労働させられたとして、韓国人4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し控訴審判決で、ソウル高裁は10日、同社に請求通り計3,500万円の支払いを命じる原告勝訴の判決を言い渡しました。戦後補償問題で韓国の裁判所が日本企業に賠償を命じたのは初で、韓高裁判断は他の訴訟にも大きく影響する見通しとのことです。
このことは、日韓基本条約で、既に解決済みで、日韓請求権並びに経済協力協定(財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定)の第2条第1項に記述されています。
国際条約を守ることができないこのような国とは、どのような条約も締結しないことが日本を守ることだと思います。
野田首相の時、政府は日韓図書協定を締結し、韓国に日本の朝鮮王室儀軌を初め1,200冊もの図書をプレゼントしましたが、韓国にある対馬宗家文書は見せてもらえるから、日本に返却する必要がないとしました。
2013/07/12(金) 13:36 | URL | ポッポ #-[ 編集]
感動
誇り高き、日本人の精神が、今失われようとしています。

涙無くしては、見れない動画を、ありがとうございます。

日本人の誇り高き精神は、根底には誰もが共感出来るものです。

再び日本の復活を信じています。
2013/07/12(金) 08:10 | URL | 四つ葉のクローバー #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク