アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


はじまったばかりの戦い

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

砲撃で蜂の巣のようになった沖縄-1


今日は、昨日配信した「ねずブロメールマガジン」でご紹介したお話を転載させていただきます。
ちなみに、いま私が発行しているメルマガは、有料版と無料版の2つがあります。

有料版は、「ねずさんのメールマガジン」です。
発行は毎週月曜日で、都度オリジナルの記事が配信されます。

無料版は、「日心会メールマガジン」です。
発行は不定期で、おおむねねずブロの記事が半年遅れで配信されています。

自分で見に行かなければならないブログと違って、メルマガは携帯などに「メール」として直接配信されますので、メールの転送機能を使っての拡散が容易です。
ねずブロは、ブログ本体、Twitter、Facebook、メルマガ、メール転送等によって、記事が拡散されています。



毎日のことなので、記事を書くのがやっとで、ろくに文章の推敲もできず、日々書き殴りで配信していますから、あとで自分で文を読み返すと、ほんとうにお恥ずかしい限りです。
本来であれば、練りに練ったしっかりとした文を発表するというのが、あるべき姿なのかと思います。

けれど、失われた日本の常識はあまりにも多すぎるし、日本を取り戻すという活動の中で、何をどう取り戻すのかという思考の原点となるべき国家観や日本人観、あるいは日本の歴史として知っておくべき、あるいは知らなければならないことは、たくさんあります。

一騎当千という言葉がありますが、そうした「たくさんあること」を、ひとりで拡散にチャレンジするということになれば、「数出す」か「丁寧に出す」か二つにひとつしか方法はありません。

けれど、実にすごいことなのですが、戦後の68年間の間に出版された「保守系の本」というのは、実は、小さな図書館が一杯になるほど、たくさんの本が書かれ、出版されているのです。
本ですから、内容は丁寧に分析され、資料や出典も明記され、何度も推敲を重ねて書籍化されています。
出版までには、それぞれたいへんな時間をかけながら、日本を愛する優秀な方々が、そうしてたくさんの書籍を出版されてこられました。
ところが、それでも日本は左傾化が止まりませんでした。

なぜかといえば、左翼の豊富な物量作戦の前に、日本型の丁寧で精緻な解析本です。
命を削るようにして、丁寧に精緻に書かれた保守系の本。
内容の精度など関係なく、日々垂れ流される左翼の本。
悲しいことに、戦後の流れという軍配は、後者にあがっていたように思います。

産み、増やす。
そのための方法は、自然界には2つの戦略しかありません。
ひとつは「下手な鉄砲数打ちゃ当たる戦略」です。
もうひとつは、「選びぬき戦略」です。

前者は、オスの戦略です。
後者は、メスの戦略です。

そして大切なことは、前者のオス形戦略というのは、一回の放出のためにおよそ3億匹がチャレンジするという点です。
後者のメスは、これに対して、たった1個の卵です。

要するに、「産み、増やす」、つまり「普及し拡散する」という動きをつくるために、戦後行われ続けた保守の「選びぬき戦略」にプラスアルファするならば、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる戦略」をするしかない。
もっともひとりで毎日3億の記事は不可能だけれど、一日一話を20年続けたら、7000話です。
ひとりでできるのは、そんなところが限界かもしれないけれど、続けて行けばきっと何かが得られる。
そんな思いで、日々、記事を書き続けています。

おかげさまで、天皇と皇民、インパールにおける日本兵の勇気、満州大豆、半島の猿人、日本の黄金と南北戦争、通州事件など、さまざまなものが、いま、日本の常識として定着しつつあります。

まだまた戦いははじまったばかり。
暑い日が続いていますが、頑張ろうと思います^^


【昨日配信したねずさんメルマガ】
=========
参議院選挙が終わりました。
なにはともあれ、中山恭子先生が維新の会が逆風となる中で、今回当選にいたりましたことを、なによりも喜びたいと思います。

沖縄戦で大田実少将が、海軍次官宛にこの訣別電報を打たれたのが、昭和20年6月6日のことです。
そしてその7日後の6月13日に、太田少将は豊見城の海軍司令部壕内で自決されました。

このときの電文を口語訳してみます。
========
沖縄県民の実情に関しては、県知事より報告があったものと思います。
沖縄県には既に通信力がありません。
三二軍司令部もまた通信の余力なしと認められますので、私は県知事の依頼を受けたのではありませんが、現状をみすごすことができず、これに代わって、緊急で御通知申しあげます。

沖縄島に敵攻略が開始されて以来、陸海軍は防衛戦闘に専念し、県民についてほとんど顧みる余裕がありませんでした。
けれど、私の知る範囲において、沖縄県民は、青壮年の全部を防衛行動にささげました。

残る老幼婦女子たちは、相継ぐ米軍の砲爆撃のために、家屋と財産の全部を焼却され、わずかに体だけを軍の作戦に差支えのない小さな防空壕に避難させていました。
そして砲爆や空爆や風雨に曝されながら、乏しい生活に甘んじたのです。

そんな苦しい情況のなかで、沖縄県の若いご婦人たちは、率先して軍に身を捧げてくれました。
けが人の看護や炊事はもとより、砲弾運びなどの重労働さえも行なってくださったのです。
なかには、挺身斬込隊すら申し出るものありました。

敵が来れば、老人子供は殺されてしまいます。
婦女子は後方に運び去られ、敵兵の毒牙に供せられてしまう。
親子が生別れ、娘を軍衛門に捨てる親もありました。

看護婦に至っては、軍の移動に際して、衛生兵が既に出発して身寄りがなくなった重症者を助けてくれました。
その行動は、生真面目な心からのものであり、決して一時の感情に駆られたものではありません。

さらに軍が作戦の大転換をしたときも、自給自足のために、敵弾の落ち着く深夜に、遠く遠隔地方の住民地区へ、輸送力がまるでないなか、徒歩で黙々として雨の中を移動してくれました。

沖縄県民のみなさんは、我が陸海軍が沖縄に進駐してきて以来、終始一貫して勤労奉仕をしてくれ、物資が乏しく、節約し続けなければならない苦しい情況のなかにあってさえ、ひたすら彼らは日本人としての御奉公の誇りを胸に抱きつつ、我々と行動をともにしてくれたのです。

本戦闘の末期、沖縄島は地形が変わってしまうほどの酷い状態となりました。
一木一草さえも、燃えて焦土と化してしまいました。
もはや、食べ物も、6月一杯を支えるのがギリギリという状況です。

沖縄県民は、ここまで戦ってくれました。
なにとぞ沖縄県民に対し、我々が死んだあとも、後世、特別な御高配を賜らんことを。
========

今回の参院選前、テレビなどで政党討論のようなものは、ほとんど行われませんでした。
あっても、討論すれば、まるで大人と子供の議論でしたから、他の野党がまるで太刀打ちできない。
その結果何が起こったかといえば、新聞やテレビなどでは、参院選そのものを、まるで「なかったこと」にされてしまいました。
その結果が、過去最低の投票率です。

選挙が終わったら、こんどはメディアは開票期間中は、まるでお通夜、その後は、コメンテーターに暗い顔をさせて、「しかし」のオンパレードです。
何が目的なのでしょうか。

天下の公器としての報道なら、客観的に右派、左派両方の意見や主張を報道し、判断は視聴者に委ねるのが責務のはずです。
いまどき誰も、
そして大事なことは、そうした自民の組織票さえない維新の中山恭子先生が、維新そのものが橋下発言で沈没するなかにあって、早々に当確を決められたことです。
これは、実は、たいへんなことといえます。
なぜなら、中山恭子票は、中共、韓国、北朝鮮がもっとも警戒し、もっとも怖れる票だからです。

選挙結果は、組織票をもたない中山恭子先生を再選させました。
今回の選挙を、このことはもっとも大きく象徴するできごとであったと思います。
なぜならそれは、日本人が目覚めつつあるということを象徴しているからです。

みなさんには、是非思い出していただきたいことがあります。
それは、日本の航空基地を飛び立った特攻隊員たちが、いったいどこの戦場に向かったのかということです。

彼らは、沖縄の海に群がる米艦隊をめがけて、特攻を行ないました。
当時、米艦隊が沖縄に向けて行なった艦砲射撃は、砲弾のなかに数多くの鉄片をしのばせた爆弾でした。
その爆弾は、地上に激突すると同時に、内部に仕込んだ鉄片を四散させました。
赤ちゃんを背負って砲撃から逃げる若いご婦人が、気がつくと、背中におぶった子供の頭がちぎれていた、そんな悲劇もたくさん生まれました。
沖縄では、そんな酷い艦砲射撃が、毎日毎日、絶え間なく続けられていました。

けれど、その砲撃が、一斉に止むときがありました。
それは、日本の特攻機が、遠くの空から米粒のような小さな姿で表れたときです。
米艦隊は、特攻機めがけた対空射撃一本になり、その間、沖縄本島等の地上への艦砲射撃が止みました。

特攻機に乗っているのは、まだ10代の若者です。
そんな若者が、命を捨てて、沖縄県民を守ってくれる。
機体に日の丸を描いた、その友軍機が現れる都度、沖縄の人たちは、心の中で手を合わせたといいます。
そしてそのわずかな時間に、みんなで逃げたのです。
重症のけが人を背負い、仲間を助け、ご近所のお年寄りを背負って、より奥地の防空壕へと逃れたのです。

沖縄は、激戦の地となりました。
戦争は悲惨です。
けれどその激戦は、沖縄をあくまで守りきろうという、若き日の私達の父祖や、沖縄の人々の願いの中に行なわれたものです。

中共や北朝鮮にとって、歴史は、プロパガンタです。
韓国にとっては、歴史はファンタジーです。
けれど、日本人にとっての歴史は、事実でありヒストリーであり、私達日本民族の価値観の源泉です。

「おきなわ」は、漢字で「沖縄」ですが、語感からすれば「おっきな和」です。
大きな和、すなわち沖縄は「大和」です。

沖縄は、日本です。
絶対に支那などに渡してはならない。

拉致された被害者は、北朝鮮だけではありません。
もちろんこれも解決しなければならない大きな問題です。

けれど日本には、他にも拉致された場所や人たちがあります。
それが竹島であり、公明に拉致された自民であり、占領憲法によって拉致された日本です。

日本を取り戻す。
その戦いは、いま、ようやく端緒についたところです。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

沖縄県民よ、これを見ろ!


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

関連記事

コメント
一日遅れで読ませて頂きました
本日、23日エントリーの「はじまったばかりの戦い」を読ませて頂き、コメントさせて頂きます。

先般、神風特攻作戦のことを「必ず死ぬと分かっていて、自ら進んで手を上げられない。こんなものは作戦では無い」と、当時の兵隊が批判していたと聞きましたが、私はその考え方は視野が狭いとコメントしました。

このたびのお話で、実際の沖縄の実情が良く分かりました。沖縄めがけて米軍艦隊は、雨あられのような艦砲射撃を行っていて県民たちは逃げようにも逃げられない状況の中で、唯一、その艦砲射撃が中断する時が有る。

それが神風特攻隊の攻撃が襲ってきた時だ。米艦隊は神風特攻隊への攻撃に集中するため、沖縄への艦砲射撃が中断され、その間に県民たちは特攻機に心の中で手を合わせながら、避難して行ったそうです。

これぞ立派な作戦と言わずに何と言うです。当時の国民も兵隊も十人十色、多様な価値観を持っていたでしょうが、国民の大多数は鬼畜米英に対する並々ならぬ闘争心で固まっていたのは事実です。

それが戦後は、軍隊=悪という自虐史観に洗脳され、大江某なる反日日本人が「沖縄ノート」なる捏造したフィクションを、それが真実のように書いて発表したため、しかも彼がノーベル賞作家と言うこともあり、サヨクメディアがこれを利用して現在の沖縄県民の殆どが反米、反基地に固執しているかのような印象を与えようとしています。

しかしその実態は違うのです。真の沖縄県民は天皇陛下を心から敬い、かつ本土の人間を尊敬していて本土の人間が加害者などとは思っていないと沖縄県民である先輩から聞きました。

沖縄のサヨクメディアの宣伝に惑わされてはいけません。

自虐史観や「戦争を美化するな」という、プロパガンダを排除して我らの父祖たちが身命を賭して戦った大東亜戦争の実態をしっかり見つめ直し、英霊へ感謝の誠を捧げたいと思います。
2013/07/24(水) 12:36 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
黄・石・呉共著の件
【日本人は中国人韓国人と根本的に違う】

↑この本知りませんでした。 
貼り付けさん、良さげな本紹介して下さり有り難うございますm(__)m←必ず買います♪
呉女史は、現存する韓国人(今では日本人ですが)の中で最も尊敬してる方です。
渡部さんが「清少名言の様な人だ」と言って感嘆してましたが、
確かに彼女の本を読めば読むほど絶世の才女であると感じざるを得ません。
石平さんには集会でよく遭遇してましたが、いつも吠えてましたww
そしていつも会場の拍手が一番大きかった。
お人好しな生粋の日本人は彼の闘志を見習うべきでしょう、少なくとも対中韓に限っては。
黄文雄さんの講演には以前行って書き起こしもしましたっけ。
前にもコチラで紹介したよーな気もするが‥
【台湾研究フォーラム:イザ!】でググれば頭に愚拙のバカ手記が出て来るかとww
イイ本ご紹介頂いたお返しって訳じゃないけど、黄さんの支那観日本観が良く分かる講演だったんで、良ければ御覧下さいませ♪
2013/07/24(水) 02:48 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
★首相の靖国参拝「すべきだ」46%…読売調査
★首相の靖国参拝「すべきだ」46%…読売調査

読売新聞社が22~23日に実施した緊急全国世論調査で、安倍首相が靖国神社に参拝すべきかどうかを聞くと、
「参拝すべきだ」は46%で、「参拝すべきでない」の36%を上回った。
1993年に河野洋平官房長官(当時)が出した、いわゆる従軍慰安婦問題に関する「河野談話」については、
「見直すべきだ」が42%で、「見直す必要はない」は35%だった。
(2013年7月23日22時34分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130723-OYT1T01203.htm


首相の靖国参拝「すべきだ」46%…読売調査
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1374586686/
2013/07/24(水) 00:23 | URL | ブサヨ涙目 #amXlFcx2[ 編集]
遅ればせながら中山先生おめでとうございます!
不覚にも昨日風邪を引いてしまってました。
 さて「保守の本と左翼の本」のお話は本当に「やりきれない事実」ですよね。
 反日極左作家の辺見庸がサンデー毎日で正直に書いてました。
「出版社からは、反戦・反原発の本を書いてくれという依頼ばかりだ。なんでも反戦・反原発ものは出せば必ず一定数が売れるからだと言う。さすがに辟易している」と。
 これも戦後レジームであり「リベラル詐称特権」「エセ平和利権」には違いありません。
 私が強い関心を持っている死刑の問題でもそうです。三省堂という大書店の法学コーナーで「死刑制度」の棚を見ると、何と100冊近い全てが「死刑廃止」を説く極左学者・弁護士の本です。国民の殆どが死刑制度存続を望んでいるのに、出版の世界では逆転しているのですね。
 一冊だけ「死刑絶対肯定論」(新潮新書・美達大和著)がありましたが新書コーナーでした。著者は皮肉にも在日3世の元組員で死刑囚です。拘置所内で「更生不可能な者は一定の割合で居る。それには死刑以外に無い。俺もそうだ。執行を待つ」と悟ったとの事です。
 話が少々ずれてしまいましたが、
今後は保守も「ペンの暴力(ペテンの暴力)」に対し連中と同じ執念深さを以って猛反撃せねばなりませんね。本当に「はじまったばかりの戦い」です。
 まずは自民党に「破壊活動防止法の適用条件を大幅緩和する事。及び、破防法がオウム・中核派・総連に適用できなかった大失態の検証」を求めます。
 そして何より在日特権を聖域にした元凶たる創価学会・公明党との絶縁も求めます。こちらの問題は喫緊です。参考ブログは20日と22日の記事をご一読頂ければ幸いです。
 取り急ぎ陣中見舞いまで。ねず様、皆様、一層のご健勝を。
2013/07/23(火) 22:17 | URL | 読者 #MAcqijD.[ 編集]
日本人は中国人・韓国人と根本的に違う
2013年7月22日

日本人は中国人・韓国人と根本的に違う

 「黄文雄(台湾)が呉善花(韓国)、石平(中国)に直撃、3人で自由にしゃべりまくった本」で、題名は、きょうのこのHPの標題と同じ(『日本人は中国人・韓国人と根本的に違う』)です。
 発行元は李白社(TEL:03-3513-8571)で、発売元は徳間書店です。 今年の4月30日に初版が出ました。
 約230ページ、定価は1000円+税ですから、ぜひ買ってみてください。値打ちはあると思います。
 戦後のこれらの各国の教育や、世相を知る上でも非常に参考になります。よい本です。
 3人ともいまは日本へ帰化していますから立派な日本人で、しかも知識人なのですから、いうことはありません。客観的でもあります。



新版 まえがき 二人を直撃して分かったこと………黄 文雄

 大学で教えている友人から「台湾、韓国、中国人留学生の見分け方」についての話を聞いた。教室内でなくても、遠いところからもすぐ分かり、しかも外れたことがないと自慢気に話す。それは服装、ことに靴を見ればすぐに分かるという。
 確かに学生時代はそうだろう。しかし、卒業後も帰国せず、日本で就職する残留組も少なくない。「馬子にも衣装」という諺が日本にある。中国人や韓国人は案外と見栄っ張りなので、社会人になると服装から振る舞いに至るまでかなり変わるので、見分けられなくなるのではとも考えられる。ことに韓国では整形が流行っていて、大統領まで二重瞼にしたぐらいだから、「かたち」だけでは何人かは分からない。
 私は日中韓の違いをしゃべり言葉の音声や語感から見分けることが多い。台詩語は泉州語と彰州語の複合語で外来語の含有率も高い。中国語と語順や文法も違う。トーンも中国語が四声なのに対し、台湾語は八声もある。韓国人にとっては「濁音」が難しい。中国人は「字」(じ)の発音ができないので、「十」は「ちゅう」と発音する。「数詞」を聞けばすぐ「この人は中国人」だと分かる。
 中国語(漢語)はもっとも原始的な単語音からなるもので、口語の語彙(ボキャブラリー)が漢語以外の言語に比べ、不足している。そのため大きな声と大げさな手ぶり身ぶりで言語の不足を補わなければならない。漢語は構造的論理性が欠如しているので、中国人の主張はたいてい矛盾だらけでしどろもどろである。相手に「道理」を説くよりも問答無用の「恫喝」しかないのは、主にこの漢語の言語構造からくるもので、「話せば分かる」人間ではない。

続きは以下で
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/
2013/07/23(火) 19:48 | URL | 貼り付け #AM.tNSG2[ 編集]
鋼鉄の意思を持った流星です。
米粒などではありません。卑下するのはやめましょう。
2013/07/23(火) 19:13 | URL | アジア #-[ 編集]
選挙が終わってまだ2日なのですが、例によって一票の格差が提訴されました。
やれやれです。
自民党には、国会議員の選挙方法について、これからの3年間で抜本的な改革を行っていただきたいと思います。

衆議院の選挙改革については、立法機関として選挙前に自民党が提案していた小選挙区は0増5減で、比例区は大幅に減少させたうえで少数政党に配慮というのでは、改革としては受け入れられないと思います。
決まったら20年以上は、いじらなくても運用できる方法にすべきだと思います。
私は、全国1区の非拘束名簿式比例選挙を支持します。ただし、比例選挙は少数乱立になりやすいので、最少人数を5名にするか、11名にすることも必要だと思います。5名だと政党助成金の対象で、11名だと議案の提出権(?)があったと思います(現実的に政党の所属が一人では、法律の提案も難しいでしょう。)。議員の合計数は、人口30万人当たり1名として、425名位ですが、人口減少に併せて減らせば良いと思います。
また、中選挙区の場合は、一つの選挙区を3~4名として、申し訳ありませんが、人口の少ない県は隣接県と合区することも考えるべきです。3~4名ならば、人口が増減した場合にも増減1名には対応できます。

参議院は良識の府としての存在から、衆議院と似た選挙方法はとらない方が良いと思います。
アメリカの上院のように1州2名もありますが、憲法14条の関係が分かりません。また、参議院を一斉に改選することも、衆議院と参議院の同日選挙を考えるとできないでしょう。結局、半数の改選に対応することになります。
参議院の選挙方法は、衆議院が全数で比例選挙の場合には、全数を中選挙区とする。また、衆議院が中選挙区の場合には、全国1区又は8程度に分割した個人選挙としても良いと思います。
参議院の目的に対応するには、今の参議院は衆議院のコピーのようで存在意義が問われます。政治を大所高所から見るために、派閥や政治グループへの参加を禁止しても良いし、政府の役職や政党の役職への規制も検討しても良いと思います。党や派閥にこだわらずに、賢人としての能力を発揮して欲しいと思うのです。
2013/07/23(火) 17:51 | URL | ポッポ #-[ 編集]
朝鮮人は嘘つきだとテキサス親父が激怒!
朝鮮人は嘘つきだとテキサス親父が激怒!

【テキサス親父】●慰安婦は売春婦!証拠はコレだ!と親父ブチギレ
公開日: 2013/07/22
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

>朝鮮人慰安婦は日本人から見ても白人から見てもブサイクばっかりと米軍によって報告されてました!w

>朝鮮人慰安婦は日本人から見ても白人から見てもブサイクばっかりと米軍によって報告されてました!w

>朝鮮人慰安婦は日本人から見ても白人から見てもブサイクばっかりと米軍によって報告されてました!w

2013/07/23(火) 17:40 | URL | 拡散しましょう #amXlFcx2[ 編集]
「勝って兜の緒を締めよ!」もう失敗は許されません、我が国の永遠の平安を保つため、各々が辛抱強く頑張りましょう!今言えるのはそれだけです。
2013/07/23(火) 15:25 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/23(火) 11:23 | | #[ 編集]
戦後生まれですがねずさんや他の有志の方々のブログのお陰で、真実の歴史がわかってきた人は多いと思います、そして社会の理不尽さの原因やマスゴミの意図的な偏向報道に対しても気づく事ができるようになったのです(有り難うございます)

一人々の力は小さいかもしれませんがそれが心有る人の目に止まり有志達がどんどん増えてきていると思います(継続は力なり)

我々が国を守らないでどうする、戦争で多くの先人達が国を守る為命がけで戦い逝かれた、その死を無駄にはできません。
その子孫である我々はその恩恵を最も享受できています、物質に恵まれ何不自由なく暮らせています、その国を守るのは誰でもない私達一人一人の力、そしてそれを次の世代にバトンタッチしていくことも大切な役目です

社会の左翼化はマスゴミの影響大です、週刊誌や雑誌の類も意図的に日本人を陥れる記事が多いので、社会の流行をしかけるのもこの類で知らずに洗脳されてしまい社会自体のモラルの低下にも繋がっていると思います、しかもテレビは○国の工作員の影響下にありマスゴミ界のほとんど言っても過言でないくらい浸食されています
今のテレビ番組も低次元ばりのものも多く見る気さえ失せます

追伸、沖縄は選挙で負けてしまいましたが今後どうなっていくのか心配です
2013/07/23(火) 11:20 | URL | 多くの日本人の目覚め #-[ 編集]
字幕【テキサス親父】慰安婦は売春婦!証拠はコレだ!と親父ブチギレ

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ggQaYD37Jm4
2013/07/23(火) 09:06 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク