アクセスランキング

敷嶌のやまと心の道とへば朝日にてらす山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


源平合戦から見えてくるもの

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

源平合戦729


昨日は通州事件のことを書いたので、今日は、源頼朝のことを書いてみようと思います。

通州事件から頼朝って、ずいぶんと飛躍しているとお感じになるかもしれませんが、実は共通項があるのです。
それが支那人、朝鮮人のもつ、日本人にはない残虐性です。

すでに通州事件をお知りになった皆様は、通州で現実に行われた、信じられないような非道の数々を、すでにご存知になっておいでです。
生きたまま眼球をえぐり出す、妊婦を強姦し、生きたまま妊婦のお腹を斬り割いて胎児を取り出して放り投げる等々、およそ、日本人には想像もつかない出来事です。

想像もつかないということは、日本にはそのようなことをする文化が、そもそも「ない」ということです。
ここが大事なところです。


日本人は、たとえどんなに酷い悪党であったとしても、その命を奪う時は、痛みさえも感じさせないほど、瞬時に殺します。復習の意図をもって痛ぶるような酷い真似はしません。

このことは、昔の時代劇などを思い出していただいたら、すぐにわかろうかと思います。
およそ鬼畜と思われるようなひどいことをする悪党がいて、この上もないほどの復讐心に駆られることがあっても、相手を殺すときは瞬時に殺す。
そこで正義の味方の主役さんが、相手の悪人の眼球をえぐり出したりするような非道を働けば、その瞬間、正義の味方は、たとえどんなに正当化できるだけの理屈があっても、ただの悪人になりさがります。
なぜなら、それだけ日本人は、残酷な加害行為を嫌うからです。

切腹というのは、自分で腹を斬るのですが、これは痛いです。
しかも、切腹というのは、実はそうそう簡単に死にません。
出血多量になって、切腹だけなら、死ぬまでに6時間以上かかります。
そして、腹を十字、もしくは三字に斬ったら、もはや当時の医学では絶対に助かりません。

にもかかわらず、なぜ腹を斬ったかといえば、人の痛みを自分の身に受けるためです。
何かことがあり、その責任をとらなければならなくなったときに腹を斬る。
数時間以上、痛みに苦しむ。
「人の痛みを、そうやって俺の身に受けるから、だから勘弁してやってくれ」
そんな意思が切腹にはあります。

その切腹者に、哀れを感じる人の心があるから、切腹には、介錯がつきます。
介錯は首を斬り落しますが、そうすると人は一瞬のことなので、痛みも感じずにあの世に行けるのだそうです。
痛みを感じるときも、常に自分よりも他人の痛みを優先して考える。
それが日本人の、ごく普通の日本人的心であるといえようかと思います。

さて、頼朝の時代です。
源頼朝は、父親の源義朝(よしとも)が平治の乱(へいじのらん)で敗れたために、伊豆に流罪人として流されていました。

その頼朝が決起して、平家と戦い出したとき、東国の坂東武者たちが頼朝のもとに参集しました。
そして平家が滅び、頼朝が征夷大将軍に任ぜられて、鎌倉に幕府を開きます。
ここまでは、誰もが常識として知っていることです。

ちなみに、昨今、ゲーム機のソフトに「鬼武者」という名前のゲーム(アニメ?)があるそうですが、その「鬼武者」を名乗っていたのが、実は、源頼朝です。

さて、そこでみなさまに質問です。
質問は、
「どうして坂東武者たちは、頼朝のもとに参集したのでしょうか」
というものです。

鎌倉幕府といえば、鎌倉武士団と幕府の間には「御恩と奉公」という関係があった、というのは有名な話です。
鎌倉武士団(これを御家人といいます)は、もともとは新興領主たちです。
要するに、今風にいえば、新田を切り拓いた地主さんたちです。
広大な田んぼを切り拓き、そこで大規模な農場を経営していた農園主、と言った方がわかりやすいかもしれません。

その農園主にとっての最大の財産は田んぼ、すなわち領地です。
その領地を、「あなたのものとして認めます」と、武家の棟梁である幕府によって安堵、つまり認めてもらう。
その御恩があるから、棟梁になにかあったとき、いざってときには、おっとり刀で鎌倉に駆けつける。これが奉公です。

鎌倉幕府と御家人たちの関係は、そのような関係になっていたのですよ、とは、おそらく多くの方が学校で教わったのではないかと思います。

けれど・・・・

頼朝が平氏追討のために決起したときというのは、頼朝は、元の源氏の棟梁の長男坊だとはいえ、ただの流罪人です。
しかも、草庵での幽閉生活の面倒をみてくれていた北条家(ということは、源家と北条家はいわば敵対関係なのに)、そのひとり娘の政子といい仲になって、ラブラブしているという呑気さです。

このことは、いってみれば「幽閉の責任者が、逆に娘を人質にとられた」ようなもので、責任(職責)をまっとうできていないわけですから、そのままいけば、北条家は平家によってお取り潰し、もしくは財産没収です。

そうなってはかなわないから、逆に兵を挙げて朝廷に歯向かおうとしたわけです。
女に手をつけて、それが原因で、飛ばされそうになった刑務官と一緒に、兵を挙げた。
これって、どうみても、ブの悪い争いです。
そもそも兵を挙げる理由になっていません。

みなさんが、仮に大勢の兵を養っている地方豪族の長だったとして、女に手をつけて抵抗しようなんていう不届きな流罪人に手を貸すために、挙兵までしますか?
挙兵するということは、自分だけじゃなく、かわいい部下まで死なせなきゃならなくなる場合だってあるのです。

しかも、大昔のことです。移動するのだって金がかかる。
そもそも、兵を興して戦いに赴く時というのは、たいへんな費用がかかりますから、たいていどこの武家でも、私財を全部売り払ってお金に変えて、戦(いくさ)の場に赴いたのです。
鳩山追討、菅追討のために、さて、みなさんは私財を売り払って兵を挙げるでしょうか。

なかには、頭にきてて、そうする人もあるかもしれません。
けれどたいていの人は、そんなツマラナイ争いごとに関与するよりも、自分のところの田畑を守ること、あるいは新規に田畑を開墾して財産を増やすこと、みんながもっと楽に暮らせるようにすることを優先して考えるのが普通といえるのではないでしょうか。

まして総大将はただの流罪人です。なんの財産もない。
ということは、仮に戦(いくさ)に勝ったとしても、報酬をもらえる可能性も低いのです。

もちろん家柄や、お家再興といった大義名分も必要です。
けれど、それだけでは「食えない」。それが昔も今も変わらぬ現実です。

ところが、こうした状況に、渡来人という香味料を入れてみます。
すると、すべてのナゾが、目からウロコが落ちるように、するすると解けてしまいます。

平家一門というのは、(これは源氏も同じですが)、もともとは殿上にもあがらせてもらなかった、ただの新興地主です。
ところが、平清盛の爺さんである平正盛(まさもり)の時代に、対馬で反乱を起こした源義親(よしちか)の討伐を命ぜられた際に、対馬が遠島であるがために、瀬戸内の村上水軍などと懇意となりました。

当時の水軍というのは、倭冦をしていた連中です。
倭冦というと、何やら大陸や朝鮮半島を荒しまわった海賊というイメージで語られますが、実際には海賊行為を働いていたのは、支那人や朝鮮人の海賊で、彼らが日本人のフリをして、海辺の村や町を荒し回っています。

では、日本人の水軍は何をしていたかというと、たんなる民間交易です。
当時の交易というのは、海を渡る、つまり遭難してすべてを失うというリスクがある代わりに、成功すればめちゃくちゃに儲かるというものでした。

これには時代は下るけれど記録があって、少し時代はあとになりますが、宝徳年間に明に渡った商人の楠葉西忍(くすばさいにん)の記録があります。
これを読むと、明で250文で買った絹糸が、日本に持って来ると5貫文(5000文)20倍になり、日本で10貫文で仕入れた銅が、明で40〜50貫文で4〜5倍、そして日本の刀剣類や漆器などは、20〜30倍の値段で売れた、と書かれています。

簡単にいうと、日本で100万円で商品を仕入れ、これを中国に持っていく。
すると30倍の値段で売れ、儲かったカネで中国で商品を仕入れて日本に持ち帰ると、またまた30倍になったというのです。
つまり、30倍×30倍=900倍です。
一回の交易で100万円が9億円に大化けする。

そりゃあ、儲かるわけです。
ただし、遭難すれば、全部がパアです。
まさにハイリスク、ハイリターンそのものの商いだったわけです。

平正盛は、そうした民間私貿易を行っていた瀬戸内水軍と懇意になり、その結果、巨額の利権を手に入れます。
この交易利権を最大限活用したのが、清盛の父の平忠盛(ただもり)です。

平忠盛は、巨額の経済力をもって飛躍的に勢力を拡大して朝廷に食い込み、ついには朝廷の貴族たちに金をバラまいて、ついには平家を殿上人にまで、身分を格上げしてしまいます。

そしてこの交易による利権を、政権中枢にいてさらに拡大したのが、平清盛でした。
清盛の時代、世の栄華は、まさに平家のためにあるといわんばかりの、名聞名利と贅沢三昧を、まさに平家一門で享受したわけです。

ところが、交易というのは、儲かるというプラスの面ばかりではありません。
ものごとは、作用があれば反作用があるように、かならずマイナスの面も生まれて来ます。

そのひとつが、支那人や朝鮮人が、交易物産品に混じって、大量に渡来したという事実です。
学者や高僧や技術者などがやってくる分には、良いのです。
ところがそういう、ちゃんとした人に交じって、使用人としなっている奴婢みたいな連中が、大量にやってくる。
そして支那船や朝鮮船から逃げ出して、日本の国内に侵入します。

侵入者たちは、まず日本語がわかりません。
着の身着のままで逃げ出して来たわけですから、カネもありません。
もちろん、食い物も持っていない。

そういう連中が何をするかというと、村人を襲い、皆殺しにするだけでなく、食料を奪い、女たちを強姦し、さらには、村人たちを食ってしまうわけです。
食人は、支那、朝鮮におけるごく日常の習慣です。

地頭などの役人が、事件を知って駆けつけたときには、すでに犯人たちは逃げてしまう。
そして彼らは、土地に縛られていませんから、日本全国を放浪して、あちこちでそうした殺人事件や強姦致傷事件を引き起こすわけです。
そしてそれらの事件は支那、朝鮮人の食人文化に基づきますから、まさにミニ通州事件のようなものが、全国あちこちで起きるわけです。

はじめのうちは、交易の中心となっていた西日本で、そうした事件が、Ⅰ〜2名の不逞渡来人によってひき起こされます。
最近でも福岡一家4人斬殺事件が起こったのは、平成15(2003)年のことでした。

ところが、事態が西から東に伝播していく過程と、平家一門の興隆幅が広がる、つまり交易が積極的となり、大量の支那人や朝鮮人が日本にやってくるようになると、次第に彼らは徒党を組むようになり、犯罪も大がかりな虐殺事件のようなものに発展していきます。

そうして10年ほどの月日が流れると、日本社会では考えられないような、ミニ通州事件と呼べるような事態が、毎日のように起こるようになるわけです。
昨今、連日殺人事件報道が行われているのとよく似ています。

しかも土地を持たない犯人グループは、犯罪場所を転々とさせる。
そうなると、ひとりの領主の治安維持力だけでは、どうにもならなくなるわけです。
誰か棟梁を押し立てて、地域ぐるみ、あるいは全国的な治安維持活動が必要になります。

そんなときに、頼朝が平家追討の旗印で立ち上がるわけです。
酷い、ミニ通州事件のような犯罪は、もともとそれ以前の日本社会にはなかったものです。
そうした事態を招いたのは、平家一門が贅沢と引き換えに、渡来人を招き入れたせいだ、ならば平家を追討するしかない。

というわけで、棟梁は、少々女癖が悪い(昔はこれを「尻癖が悪い」と言いました)男であっても、もともとは大恩ある八幡太郎義家の血統だし、天子様のお血筋でもあられる。
ならば、頼朝の挙兵をたすけて、昔のような安全と安心を手に入れようとなって、鎌倉に集結したのが、実は坂東武者たちであったわけです。

日本人は、みんなが貧しいとき、まさにいまの日本がそれに似ているし、東日本大震災直後の日本が、まさにその状態だったけれど、そんなときに日本人は、みんなで助け合って、なんとか努力して事態を改善しようとします。

ところが物事を上下関係だけでしかみない支那朝鮮人は、逆に自分だけが良い思いをするために、どんなことをやっても良い、どんな非道をしでかしても、捕まらなければ良いと考える。
根本的な指向が真逆です。

これについて、福沢諭吉は脱亜論の中で次のように書いています。

=========
人種の違いなのか、教育の差なのか、支那朝鮮と、日本との文化的な隔たりは、あまりにも大きいものです。

情報がこれほど速く行き来する時代なのです。
西欧的近代文明や、国際法についての知識は、彼らにだって当然もたらされているはずです。
にもかかわらず支那朝鮮の二国は、まったく変わろうという気がありません。
変わろうとしないだけでなく、まるっきり百千年の昔のままの姿で居続けようとしています。

文明が、まさに日進月歩で進化している現代にありながら、この両国は教育といえば二千年も昔の儒教を言い、学校教育では仁義礼智といい、一から十まで外見を飾りたてることだけを大事にして、中味は、まるで空っぽの脳みそしかもちあわせていません。

アホにはアホの可愛らしさというものが、普通ならあるけれど、この二国に関しては道徳心などかけらほどもなく、その残酷さは破廉恥をきわめています。
それでいながら、態度だけは傲慢そのもので、いかに他国や他人に迷惑をかけても、自省の色なんて毛ほどもありません。
私に言わせれば、この西欧文明の東進という脅威に対し、この二国が独立を維持し続けるなどというのは、およそ不可能なことです。

もし支那朝鮮の二国に、幸いにも救国の志士が現れて、わが国の明治維新のような政治改革を実現し、政治をあらためて人心の一新ができれば、話は別ですが、そうでなければ支那朝鮮の二国は、いまから数年を経ずして亡国の道をたどり、その国土は世界の文明諸国によって分割、分断されてしまうことは、火を見るよりあきらかなことです。

なぜなら、伝染病にも等しい西洋文明の侵攻にあいながら、支那韓国の両国は、その伝染するという自然の摂理にそむいて、無理にこれを避けようとして、旧来の陋習(ろうしゅう)という一室にひきこもっているだけだからです。
そんなことをして、部屋の空気を遮断すれば、そのうち窒息して死んでしまうのはあたりまえのことです。

「春秋左氏伝」に「唇歯輔車(しんしほしゃ)」という言葉があります。この言葉は、「輔車」が頬骨ほおぼねと下あごの骨、「唇歯」がくちびると歯で、隣国同志が互いに助け合うことをいいます。
けれど、いまの支那朝鮮は、日本のために毛筋一本の値打ちもありません(一毫の援助と為らざる)。

そればかりか、ややこしいことに、この日支朝の三国が地理的に近いがゆえに、欧米人から同一視されかねません。
つまり、支那や朝鮮の不出来な振る舞いをもって、あたかも日本も同じだと思われてしまいかねない危険性さえも持っているのです。

たとえば、支那朝鮮が古い専制君主独裁体制で、法治の観念を持たない国であれば、西洋人は、日本もまた、ああ無法律の国かとみなしてしまいます。
支那人や朝鮮人が理屈にならない手前勝手な屁理屈ばかり並べ立てれば、ああ日本人も屁理屈をこねくりまわしている、訳のわからない国だと思われます。
あるいは支那朝鮮人が、西欧の武力に恥かしげもなく屈して卑屈な態度をとっていれば、ああ日本も同じ卑屈な習俗の国だとしか思われません。
また、朝鮮の刑罰に、およそ人に行うには酷すぎる残虐な刑罰があれば、日本も同様に残虐非道な国だと疑われてしまう。

こんな例をあげれば、それこそ枚挙にいとまがありません
ようするにひとつの村の住人のほとんどが、愚かで無法で残忍で無情ならば、たとえその村の中にまっとうな一家があったとしても、村の外の人々からみれば、どっちもどっちにしか見えないというのと同じことなのです。

そしてその影響はすでに随所にあらわれていて、わが国の外交に少なからぬ影響を与えています。
これこそ、我が日本の一大不幸というべきことです。

もはや日本に、支那や朝鮮が開明して国際常識を身につける日を待っているような余裕はありません。
むしろ、支那や朝鮮とは早々に縁を切って、西欧諸国と進退を共にすべきです。

そして、支那朝鮮と接するときには、いちいち「隣国だから」といって格別の配慮など、もやはする必要などさらさらありません。
支那朝鮮に対しては、西欧諸国が両国に接するのとまったく同様に、相手を人の住む国とさえ思わず、厳しく対処すればよろしい。

悪友と仲良くする者は、共に悪名をまぬがれないものです。
私は、心において、もはやアジア東方の悪友である支那朝鮮とは、絶交を宣言するものです。
=======

頼朝は、鎌倉政権を打ち立てるにあたって、平家一門のような国際交易に依って冨を得るという考え方を捨てました。
むしろ質実剛健をもって、自国内でみんなが食えることを優先する社会を築きました。
そしてそのことが、以後700年におよぶ、日本における武家社会を築く礎を築いています。

私たち日本は、明治以降の開闢以来国を開き、特に昨今では民主党政権のもとで、大量の支那人や朝鮮人を国内に受け入れるという選択をしました。

その結果、いまの日本は治安が乱れ、先だっての隅田川花火大会では、突然の雨天で花火大会が中止になったあと、雨を避けて駅に向かう人々のあとには、大量のゴミが散乱しているという、かつての日本社会では考えられないような、みっともない醜態をさらすようにまでなっています。
そして、毎日のように、残酷な殺人事件が報道されています。

このまま第二の通州事件を招くのか、それとも治安の良い日本を復活させるのか。
選択は私たち国民の意思に委ねられています。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

支那 通州事件の記録写真を南京大虐殺と捏造.


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

関連記事

コメント
本文中のザンは斬るのザンでなく凄惨のザンでは?
2013/08/27(火) 19:11 | URL | 特亜消尽 #Y03l/kxM[ 編集]
左翼と韓国人が隠す歴史です。
【歴史】日本人虐殺事件を引き起こした朝鮮人大尉http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=5078

伊是名島の虐殺/目撃者の仲田さん出版http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-95297-storytopic-86.html

日本の朝鮮統治http://resistance333.web.fc2.com/html/japan_korea_merger2.htm
2013/07/31(水) 11:26 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
遠野物語の鬼
遠野物語で、鬼が女性をさらってそのまま妻にしてしまう話があるが、怖いところはできた子供を夫の鬼が食ってしまうことである。
中国では食人の文化があるで、個人的な解釈では大陸からやってきた連中が悪さを働いたのが昔話になったと考えている。
2013/07/31(水) 01:56 | URL | 粕谷真人 #t8bYzZps[ 編集]
この茨城県の高校の先生を名乗る太田竜一って?

非常にわかりやすい簡潔な世界史をまとめてるんだがね。


-
このページでは,初心者からベテランの人まで楽しんでもらえるような,世界史の話題を生み出していきたいと思います。


Purple Chamber(緋室)http://homepage3.nifty.com/ryuota/index.html
2013/07/30(火) 23:35 | URL | 貼り付け #nlInLFEA[ 編集]
「地獄」というかなりショッキングな絵本(絵は千葉県の延命寺所蔵の絵巻)があります。通州事件はそれよりも凄惨で、支那人は地獄の鬼よりも残虐非道です。地獄の鬼は罪人相手ですが、通州事件の支那人は普通の日本人相手でした。

昨日の記事にありました鎖国は、私は江戸時代の鎖国の一度しか知りませんでした。歴史のほんの一部しか学んでいなかったのですね。
2013/07/30(火) 21:13 | URL | お猪口 #-[ 編集]
ねずさんのお話を読んでいて、ふと思いついたのですが・・・。、
9世紀末から10世紀前半の宇多・醍醐天皇の時代は、道真の遣唐使の廃止に続き、唐、渤海、新羅が次々と滅びて行った時代にあたり、日本では、すでに9世紀前半あたりから、地方、中央共乱れ、将門・純友の乱に連なっています。この時期、陰陽師安倍清明がいて、今昔物語によると、羅城門のあたりは盗賊がはびこり、人食いなんかもあったように見えます。たしかに外国人もでてきています。
今までは大陸と日本を別に考えていましたが、もしかして、道真は大陸が戦乱で学べないというだけでなく、大陸からの流民たちの流入も憂慮して遣唐使を廃止したかなと・・・。
2013/07/30(火) 20:27 | URL | 名無しさん@ニュース2ch #-[ 編集]
ミニ通州事件を、日本の中で決して起こさせてはなりません。
そのためには、先ず通州事件の実態を日本の国民がしっかりと知っている必要があるのです。
教科書には、捏造した南京事件よりも真実の通州事件を掲載して、教員が正確に教えることです。


和歌山検察庁は7月29日、インターネット上の掲示板に「痴漢してくれる人はいませんか」などと女性になりすまして書き込み、男に痴漢をさせたとして書き込んだ男を略式起訴しました。
この書き込んだ男は当然として、痴漢を担当した男が不起訴と言うことが釈然としません。別の例えですが、この店の品物を盗んでくださいと書き込まれていたから、盗んだら捕まった。これは不起訴だと言うことと、同じだと思うのです。
日本人なら、やって良いことと、悪いことの見分けは、つくと思うのですが・・・・極端な話、嘱託殺人は合法だと言っているのと、同じだと思います。


韓国から日本に帰化した呉善花氏が訪韓しようとした際に、韓国はその入国を認めなかったため、彼女は日本へ引き返しました。
呉善花氏は、日本と韓国に関係する事柄を真摯に研究している方だと思いますので、そのためには十分な行動の自由が必要だと思います。
このような状態であるならば、日本のマスメディアも韓国の主張を日本で放送する必要がないと思います。
それに比べると、元東大教授で聖学院大学の学長(?)の姜尚中氏は、朝鮮人が最も元気だったのは終戦直後などと、朝鮮進駐軍が活動していた頃のことを懐かしがっているようですし、韓国へ行ったときなどは天皇のことを日王などと呼んでいます。彼を教授という公務員に準じた職に採用した、東大のセンスを疑いたくなりました。
2013/07/30(火) 19:06 | URL | ポッポ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/30(火) 18:46 | | #[ 編集]
岡崎市民のつぶやき
バ韓国のヒトモドキ・ケダモノに鉄槌を降ろす必要があります。
シナの尖閣に対する妄動、妄言にも同じくです。
米を始めとする欧米社会に間違いを理解して貰い、
日本の今後の行動を指示して貰う様に理解を得るべきだと思います。
両国(国とは呼べないが)とも日本だけではなく世界に害を及ぼしており
認識や価値観は共有出来るものだと思います。

さて、9条は廃止にすべきと思います。
これでは国、社会を守ることが出来ません。
拉致された人も取り戻せません。
前段階たる96条を早く改正して欲しいと思います。
2013/07/30(火) 17:59 | URL | おかざき #SFo5/nok[ 編集]
自由と我儘
自由は人権の一つであり、なんびとも犯す事が出来ません。しかし、自由と言えども法を超える自由はありません。自由は法の下での自由です。ある会社の教科書を見ると、人権は法を超えるようなことを書いています。

これは明らかな間違いです。法が人権を守るのであって人権といっても法を超えることは出来ません。福沢諭吉が自由と我儘について書いています。

自由といえど、他人に迷惑をかける行為は我儘だと。法を超える人権を教えるから我儘な子供が増えるのではないでしょうか。

中朝と日本の根本的な違いは子供の教育にあると思っています。「嘘をついてはいけない」と教える日本と「騙されてはいけない」と教える中朝では人間性が正反対になるのは当然です。

中朝のような教育をしている「日教組」を追放しない限り日本は良くなりません。安倍内閣に期待するものです。

朱に染まれば赤くなると言います。中朝という悪友とは手を切るべきではないでしょうか。日本からすり寄っていく必要は全くありません。
2013/07/30(火) 16:55 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
桃太郎について
侵略戦争を肯定する昔話として桃太郎がよく非難されます。
しかし今回のねずさんのお話しに出てくる不逞外国人こそが桃太郎の鬼だったという確信ができました。
桃太郎は戦争を仕掛けておとなしく暮らしていた鬼の財宝を略奪したのではありません。
鬼こそが日本の地で略奪の限りを尽くした不逞外国人で桃太郎は財宝を取り戻したにすぎません。
鬼が出てくる童話の多くは平安末期にできたように思います。
2013/07/30(火) 15:24 | URL | 斉藤一 #-[ 編集]
サッカー日韓戦の旭日旗を掲げたのはしばき隊
■日韓戦の旭日旗を掲げたのはしばき隊の友人どころか有田芳生先生応援のしばき隊だった2
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1375156834/

■有田芳生先生も応援するレイシストをしばき隊の華麗なる活動記録
http://www.youtube.com/watch?v=7Yfl9Ioux_Q#t=2m0s
サングラスに青いポロシャツの人

・清義明氏のツイート
https://twitter.com/masterlow
(分かりにくいので時系列でソート)
清義明 ?@masterlow 13時間前
今日、旭日旗を出した国際問題バカ http://moby.to/9iv39t
清義明 ?@masterlow 13時間前
たぶん、しなりのせいで今日の韓国のダンマクはチャラになるの確実 ←☆ねらい
清義明 ?@masterlow 12時間前
しなり、旭日旗問題で呑み会で総バッシング。ガチで半泣きでソウルの街に消えて行きました。
清義明 ?@masterlow 12時間前
今日は試合前、何人もの韓国サポから旭日旗のダメ出しをくらい、 ←☆止められてもやっていて確信犯的
そのたびに『もう出ないと思うよ』と答えてきましたが、完全にやられました(笑)
清義明 ?@masterlow 10時間前
刻々としなりの旭日旗がガチ国際問題化している情報が現地でビビットに伝わってきておりますので、 ←☆ビビッドにビビっとる
これを機会になんとか未来につながる方向で協議中。てか、いい機会なのでなんとかします。むこうもいろいろあるみたいなので。

・「旭日旗を出したバカ」=しなり=清義明(しばき隊・逮捕歴あり?)の友人のマリサポ
ttp://i2.media.daumcdn.net/photo-media/201307/28/besteleven/20130728220204982.jpg
ttp://dimg.donga.com/wps/SPORTS/IMAGE/2013/07/28/56713621.2.jpg

・清に起こられるしなり
ttp://a3.img.mobypicture.com/b32509d06401224b9633e8337638e488_large.jpg
2013/07/30(火) 13:51 | URL | 反日親韓工作員 #amXlFcx2[ 編集]
日本人の生き方、美意識の問題だと思います。日本人として堂々と振る舞えばよろしいいのです。野蛮国人どもは死んでも日本人のようにはなれません、彼らは人間ではないのです、そう思って彼らが何か起こした場合に徹底的に叩き潰す力を平素より蓄えておく・・それが難行苦行を自らにかす“動機づけ”になります・・それしか有りませんね・・還暦をとっくに過ぎましたが、残念ながら私は成仏出来そうにありませんな・・
2013/07/30(火) 13:47 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
ねずさん、いつもありがとうございます。
中国人の蛮行は人間とは思えないですね。
朝鮮人の残虐性も日本人には理解できないです。 神話にはイザナギとイザナミの命様が創られた神の子人間と獣(サタン)が創った半獣半人が太古に存在したと書かれています。
獣の特性は道義心がなく、弱肉強食、ところかまわず性交を欲する、残虐性などです。 聖書にも神罰により滅ぼされたソドムに獣人種の事は書かれています。 中国、朝鮮を含む大陸には、獣人種の子孫が多くいるみたいですね。 獣人種に侵されない様、よくよく心しなければならないと想います。
2013/07/30(火) 10:57 | URL | ひろし #-[ 編集]
6月の完全失業率、4年8カ月ぶり3%台に改善 有効求人倍率も改善続く
6月の完全失業率、4年8カ月ぶり3%台に改善 有効求人倍率も改善続く
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130730/fnc13073008520002-n1.htm

 アベノ・ミックスの成功失敗の評価基準は失業率の低下である。 支那朝鮮に支配された反日売国
テレビ局・マスコミの評論などは信用できない、前政権の民主党を作り出した反日売国テレビ局・マス
コミが繰り広げる世論操作はけして日本のためにはならない事をしっかりと心に留めて置こう。 
日本経済の立て直しを応援することは、仕事の無い人がどんどん職安で求職活動をする事なのです。 
失業率が上がりますので、それにより第3の矢に続き第4の施策、第5の施策が実施されるのです。 
在日朝鮮人を排除し、移民を抑制して、パチンコの廃止と消費税増税を阻止する事が重要な点です。


【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2013/07/30(火) 10:11 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
昨日の通州事件の記事の補足です。再度コメントさせてください。
運命の銃声がした当日の事が書かれていますので紹介させて頂きます。

==================================================
盧溝橋は、北京西方を流れる永定河にかかる名橋である。橋のたもとに、清朝6代の乾隆帝の御筆になる「盧溝暁月」の石碑が立つ。盧溝橋の名前の由来とされている。
昭和12年7月7日の夜、盧溝橋北1キロの竜王廟付近で、日本軍の小部隊が夜間演習をしていた。
この日本軍は天津に司令部を置く、支那駐屯軍のうちの歩兵1個中隊(長・清水節朗大尉)の135名であった。
中隊は第二期の検閲が二日後に迫っていたので、気合が入っていた。
午後十時四十分、前段の演習が終了した。
そこで清水中隊長は、前方に配置してあった仮設敵に演習の終わりを知らせる為に伝令を出した。
仮設敵がこの伝令を斥候と思い違いしたことが、まず不運の始まりになった。
仮設敵は軽機を二、三十発撃った。むろん、空砲である。
するとこの銃声にこだまするように、どこから飛んできたのか数発津の銃声が起った。
後日、取調べを受けた、清水大尉はしゅ、しゅ、っという空気を裂く音がしたから、これは実弾であったと言っている。
さらに、付近の竜王廟に中国軍兵士が屯していたから、その方向から撃ってきたと思ったと証言している。
そこで、清水大尉はラッパ手を呼んで、[集まれ」の吹奏をさせた。
すると、今度はそのラッパ音めがけて十数発撃ってきた。
仮設敵はラッパを聞いて集まってきた。配置していた歩哨も集合した。
「負傷者はいないか」とまず聞き、点呼をとった。1名足りなかったから、「誰がいない?」「はい、伝令に出た志村(菊次郎)一等兵であります。「大声で呼んでみろ」が、応答が無い。
そこで、再びラッパを吹奏させた。とたんに銃声がほとばしった。
のちにこの時のは苑平県城の方向からであったと清水大尉は言っているが、暗夜でもあり、興奮していたであろうし、方向までわかったと思えないが、実弾であったと証言している。
清水大尉はともかく直属上官に報告しなければと思い、乗馬伝令を豊台の大体本部へ走らせた。大隊長は、一木少佐であった。
後にガナルカナルへ最初に上陸して玉砕した、あの一木清直である。
寝耳に水の事変に驚いて、一木は連隊本部へ電話した。
連隊長は後のインパール作戦の敗軍の将となる牟田口大佐であった。
戦後、牟田口中将はそのときの事をこう言っている。
「あの晩は暑くて寝苦しい夜だった、電話がかかってきたのは午後12時ちょっと前だったと思う、一木が、演習中の清水中隊が中国軍に撃たれ、兵が一名行方不明であると言うから、わしはこう指示した、お前は一個中隊を率いて現場に急行しろ、そして、ひとまず一文字山へ兵を集結し、中国軍の不法射撃の証拠をつかめ」
ところが、その少しあと、行方不明であった志村一等兵が中隊に帰ってきた、無償である。
心痛していた清水大尉は声をふるわせ怒鳴りつけた。
「バカモン。貴様何しておったのか、集合ラッパが聞こえなかったのか!」
志村はラッパを聞いたが、この時便意をもようして、草むらで用便していたという説と、そうでなく暗夜に方向を失いうろうろしていたという説とが流布された。
いずれも志村が帰ってきたのは、集合ラッパから三、四十分後であったらしい。
だとすれば、清水大尉は、そのことを直ちに一木少佐に報告するべきであったろう。
しかし、大尉はそれをしなかった。
事がそれほど重大で、波紋を大きく広げていく性質のものだと思われなかったという。
それに、やがて一木大隊が駆けつけてくると思っていたからでもあった。
しかし、これは清水大尉のミスであろう。当時の華北の情勢は、たとえば、マッチ一本で大火になる危機的状況にあったのである。
その意識が大尉には欠けていた。
この時点で、行方不明の日本兵は不法射撃によって殺されていると思われていたのであるから、そうでなく、無事だったことが判明すれば、その後の日中双方の交渉にしろ、部隊の動かし方にしろ、当然異なっていたに違いない。
不運がまた一つ重なったのである。
しかし、日中双方ともに大戦争の準備は整えておらず、前面戦争を避ける為に、現地交渉は粘り強くつづけられた。
が、テーブルの交渉がいつもデッド・ロックにぶっつかるのは、どちらが先に発砲したか、という点にあった。
双方、相手だと思い込んでいるのだから、お互いに不信感を強めるばかりである。
そして日中がともに好まない方向へと事態はエスカレートしていったのである。
そして、銃声が北京の空まで聞こえる状況に立ちいたっては、もはや、最初の発砲者が誰かなどの詮索は消し飛んでしまい、謎として残された。
==================================================

以上が盧溝橋事件当日の夜の出来事です。
ねずさんの記事とも、見事に符号しますね。
長文になりましたが、この事件の発端が、後に続く一連の事件と繫がるので書かせて頂きました。

終戦当時において、この事件は謎のままだったのですが、極東軍事裁判において、何の詮議もされず、結局はこの事件も日本軍の仕業だと決めつけられました。
この裁判において、先の戦いの全責任を日本が負うことになったのです。

極東軍事裁判は「文明の名において」裁いたなどと言っていますが、この裁判ほど非文明的な裁判があったでしょうか。
この裁判において、今までの西欧諸国の植民地支配の陰の部分を隠し、全てを日本に責任を押し付けただけの話。
そして、命に代えてまで祖国を護られた英霊の皆さんを愚弄する結果となっています。
そしてそれを傘に、特亜の対日本政策に利用される結果となってしまいました。
日本人として許されるものではありません。
が、悲しいかな負ければ賊軍、これが現実です。

この軍事裁判は世界に類を見ない、戦勝国による復讐の儀式、茶番劇、です。
これも勿論問題なのですが、もっと問題なのは、戦後、日教組により自虐意識を植え込まれ、それを信じ込まされてしまった日本人です。

そして、もっともっと問題なのが、その嘘を今の今まで放っておいた日本国です。
言い換えると我々国民の責任でもあるのです。
歴史、真実は一つです、捻じ曲げられた歴史、それを正すのが我々日本国民の義務でもあり、責任でもあると思います。

理解不能な相手にいくら言っても無駄、それよりも日本国民がまず真の歴史を知る、その事により全てが見え、
そして、その上で日本国民は何をするべきかが見えてくるのでは?

それをするのは今をおいて無いと思います。
それをしない限り、歴史の嘘を楯に取り、今だに日本に対して難癖を付けてくる特亜はとの問題は、尾を引き続き、世界もその嘘を信じ続けることになるでしょう。
唯識問題です。

つまり、日本人として正しい歴史知識を持つべきです。これが大切なのでは?

盧溝橋事件の謎は戦後になって謎がぞくぞく明かされるようになりました。
溝盧橋事件だけでは無く、全てにおいて嘘は正さなければなりません。

暑い中、ねずさん始め、愛国ブログをお書き下さる皆様に感謝します。

2013/07/30(火) 09:55 | URL | 桜子 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓大好評予約受付中↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク