アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


デフレギャップとインフレギャップ

■第三期日本史検定講座申込受付中
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


デフレギャップ


先日、たまたまテレビを見ていたら、なにやら暗い顔をした経済評論家なる人が出てきて、アベノミクスは必ず失敗するという。
なぜ失敗するかというと、意味のない公共工事などの財政出動をしても、国の借金が膨らむばかりで、国の経済はちっとも良くならず、むしろ通貨がダボついてインフレとなり、物価が上昇する。
庶民の暮らしはますます厳しくなり、政府の財政赤字も膨らむ。
だからいま必要なのは、むしろ消費税の増税なのだと言います。

ところがこの評論家さん、東京オリンピックについては、これは良いことだ。
7年後のオリンピック招致によって、新しい施設や都市インフラが進み、そのために政府は財政出動するから、国の景気は良くなり、人々の暮らしには明るさが戻るという。

番組をみていて、おもわず吹き出してしまいました。
アベノミクスによる財政出動は景気回復には何の役にも立たず、オリンピックのための公共事業の財政出動は国の経済を活性化させ、景気を良くするというのです。

言ってることが矛盾しています。



オリンピックもアベノミクスも、どちらも財政出動です。
それなのに、オリンピックは景気回復効果があり、アベノミクスは景気を悪化させるという。
どっちなんだと、おもわず突っ込みをいれたくなります。

こんな矛盾したことを、平気で言ってのけていて、それでよく経済評論家が勤まるものだとかえって感心してしまいましたが、その後にこの評論家さん、「私は生活がたいへんなので、生活のためにこうした仕事をやっている」と述べたところで、ああ、なるほどと納得しました。
おそらくは、この評論家さん、経済の専門家だけに、実はちゃんとわかっている。
わかっているけれど、番組のプロデューサーの意向に添って、自分の意見とは異なることを言っているから、矛盾が出る。
けれど、それでギャラが稼げるのだからと、番組に出演しているのでしょう。
情けない話です。

国の借金、財政出動、アベノミクス、オリンピック招致、いったい何が正しくて何が間違っているのか、経済はむつかしくてよくわからないという人も多いです。
ねずブロでは、歴史を多く扱っていますが、実はもともとは私は経済が専門です。
そこで、わかりやすい経済について、ちょっと書いてみようと思います。

国の経済というと、なにやら難しいカタカナ用語やアルファベットがいっぱい出て来るので、それでどうしても、暗号の解読みたいな雰囲気になってしまうのですが、実は、根っこにあるのは、たいへんにシンプルなものです。

まずいまの経済の現状ですが、これはお店に例えると、わかりやすいです。
みなさんが、何かお店を経営していると想像してみてください。
そのお店は、飲み屋さんでも、ラーメン屋さんでも、プディックでも何でもいいです。

お店の営業時間が1日12時間、休日が月に6日で、月の営業日数が25日。
ということは、月300時間の営業時間ですが、それだけ店を開けて仕事をすると、月に300万円の売上があがっていたとします。

ところが世の中の景気が悪くなり、同じ時間営業しているのに、売上が200万円に下がってしまいました。
さあ大変です。
同じ時間、製品やサービスの提供をしているのに、所得(売上)が100万円も下がってしまったのです。

実は、このマイナス100万円の失われた所得(売上)のことを、「デフレギャップ」といいます。
同じだけ(300時間)製品やサービスの提供をしているのに、デフレギャップによって、売上が下がってしまったのです。

では、どうしたらよいのでしょうか。
売上が200万円に下がったから、では、月の営業時間を200時間に短縮したら良いのでしょうか。
つまり、製品やサービスの提供量そのものを減らすのです。
けれど、そんなことをしたら、余計に売上が下がり、ますますたいへんな事態になることは、子供でもわかる簡単な理屈です。

ところが、これをやってきたのが、バブル崩壊後の20年の政府の政策です。
公共投資を削り、歳費を削減し、公務員をリストラし、銀行は中小企業から課し剥がしをする。
談合を廃止して、価格入札一本にし、企業の利益を減らす。
景気がますます悪化する。
景気が悪化して税収が減るから、ますます歳費を削減する。
すると、世の中にますますお金がまわらなくなり、景気がさらに悪化する。
完全な悪循環です。
これを、デフレスパイラルと呼びます。

そんな状態で、さらに消費税を上げたらどうなるのでしょう。
もともと売上が300万あったのに、いまや売上が200万円。
そこから消費税として10%がさらに持って行かれる。
手元に残るのは180万円です。
どうやってお店のやりくりをするのでしょうか。

お客様に来ていただきたくても、そもそも景気が悪くて、世の中にお金がまわっていないのです。
いままでなら300万円の所得(売上)から、仕入れ代や従業員の給料、自分の給料が払われていたのに、そもそもの売上が200万円しかないのです。
仕入費や、従業員の給料を差し引いたら、もはや赤字です。
それなのに、さらに消費税を引き上げるという。
これでは日本経済は、完全に死んでしまいます。

そこで登場したのが、アベノミクスです。
民間にお金を使ってもらいたくても、もはやどうにもならないところまで景気が落ち込んでいて、民間には使えるお金がない。
ならば、政府が民間に変わってお金を使おうというわけです。

お店の売上が100万円も減ってしまったのです。
だったら、政府のお役人がお店に毎日来て、100万円分、お店で買い物や飲食をしてあげよう!というわけです。

売上がもとにもどれば、お金が回るようになります。
お店が混んできて、ついには、お店に行列までできてしまうようになるかもしれない。
そこで、こんなにお客様がたくさん来るならと、やむを得ず、お店の商品の値上げをします。
すると、これまでと同じ、月300時間の労働で、売上高が400万円に増える。
同じ製品やサービスの提供をしているだけなのに、今度は、売上高がぐーんと増えてしまうわけです。
これがインフレーションです。

そして、製品やサービスの提供以上に売上が増えすぎた分が、インフレギャップです。

いまの日本は、誰がどうみてもデフレなのです。
デフレでお金が回っていないなら、政府が積極的な財政出動をして、お金を世間にまわさなければなりません。
それが財政出動であり、デフレ対策というのは、これしか他に対策の打ちようがないのです。

これを上手にやったのが、実は、ヒットラーです。
ヒットラーといえば、誰もが悪の帝国主義者、悪の軍国主義者を思い浮かべます。
けれど、そういう「悪の〜」とか形容詞を付けることで思考停止になるのは、いかがなものかと思います。
なぜヒットラーは、ドイツで政権をとるほどにまで、民衆から「ハイル、ヒットラー!」と諸手を挙げて称賛されたのか。
歴史は、先入観や決めつけではいるのではなく、謙虚に学ぶという気持ちを持つことで、さまざまな教えを得ることができます。

実は、ヒットラーがナチス党を結党した頃のドイツは、1929年にはじまる世界大恐慌の影響を受けて、ものすごいデフレ不況に悩まされていました。
その頃のドイツは、第一次世界大戦の敗戦国として、政府は毎年莫大な額の賠償金を、周辺各国に支払続けていたのです。

世界大恐慌で、国際的な大不況が襲い、ドイツ国内が不況のどん底に沈む中で、ドイツ政府は、賠償金を払い続けなければならない。
不況ですから、当然政府の税収は減ります。
国の赤字も膨らんでしまう。
そこで当時のドイツ政府は、思い切った財政削減を実施しました。

その結果何が起こったか。
なんと、ドイツ国民の失業率は、43%にまで増大してしまったのです。
43%です。
国民の二人に一人は失業者という、酷い状態になってしまったのです。

これは当然のことです。
デフレなのに、歳費を削ったのです。
月に300時間営業してるのに、売上が200万円に下がってしまったからと、営業時間を半分に短縮してしまったようなものです。
ますます国内にお金が回らなくなり、企業が次々と倒産、人々はお金を使わなくなり、その結果、ますます景気は悪化。
それでも政府は他国に賠償金を払い続けなければならない。
国内のインフラ整備や公共事業に使える政府のお金もなくなり、政府自体が倒産状態にまで至ってしまいました。

そんなときにヒットラーは、ナチス党を結党し、「優秀なドイツ国民がここまで不況にあえいでいるのは、政府が無能だからに他ならない。私に任せてくれれば、3年でドイツ国民の失業率を0%にしてみせる。私は誇りあるドイツ民族のために戦う。みなさんも一緒に私と立ち上がろう!!」と辻説法をはじめたわけです。

なにせ二人に一人が失業者です。
国民に仕事がないのです。収入もない。
そんなときに、全国民に仕事を!!と派手に打ち上げたヒットラーのナチス党は、国民的人気を集めました。
そして、ヒットラーは、なんと、政権をとるやいなや、公約通り、たった3年で、ドイツ国民の失業率をゼロにしてしまったのです。

何をして失業率をゼロにしたのかというと、有名な、制限速度ゼロの高速道路のアウトバーンを建設し、Uボートや、航空機を開発し、鉄道を敷設し、軍隊に大量雇用するなど、国のお金を使いまくったのです。

このためドイツは、不況にあえぐヨーロッパにあって、いちはやく不況から脱出し、ものすごい好景気を満喫しはじめました。
周辺国にしてみれば、自分の国がいつまで経っても不況を抜け出せず、ますます人々の生活が苦しくなる中で、ドイツだけが猛烈な好景気に見舞われ出したのです。

こうなると、ドイツにあやかりたい、むしろドイツのナチス党に、自分の国の経済をみてもらいたいと考える民間人が圧倒的に増えてきました。
ナチスドイツは、ポーランドやフランスに侵攻したといわれていますが、実際には、それぞれの周辺国の民衆が、むしろナチス党に来てもらいたいと願った。
その願いと行動が、周辺国の国王や政府にとっては、脅威に映ったというのが、実際の流れです。

では、どうしてヒットラーは、短期間で景気を回復させ、ドイツ経済を復活させることができたのでしょうか。
そしてなぜ、ヒットラーは、それを「やってもいないうちから」公約することができたのでしょうか。

実は、ヒットラーには、お手本があったのです。
そのお手本が、日本です。
日本の高橋是清財政が、世界大恐慌からまたたく間に景気を回復させた、その実績のある手法を、実はヒットラーは、まるごといただいただけだったのです。

先ほども述べました。
月300時間働いて、300万円の所得があったものが、200万円に下がってしまった。
だからといって、政府が月の営業時間を200時間に短縮したら、売上がもっと減って、財政が破綻するのは、当然すぎるくらい当然のことです。
だから、高橋是清も、ヒットラーも、その足らなくなった売上を、政府のお金で使いまくったのです。
売上がもどれば、民間に活力が出ます。
活力が出れば、税収もあがります。
税収が上がれば、政府はもっと公共投資を拡大できます。
つまり善循環が始まるわけです。

実は、米国のルーズベルトが行ったニューディール政策も、これと同じです。
ルーズベルトも、日本の高橋是清財政に倣い、政府の積極的な財政投資を行って、米国の景気を一期に回復に向かわせています。

要するに、世界の誰もできなかったデフレスパイラルからの脱出方法を、日本の高橋是清が開発し、それを実行し、またたく間に景気を回復させ、その成功の経験が、ヒットラーやルーズベルトによって、応用されていたわけです。

いまの日本も、実は、デフレスパイラルです。
バブル崩壊後、日本経済は、出口の見えない暗いトンネルをさまよいました。
その間、政府は規制緩和を行い、財政を緊縮させ、消費税を導入しました。
要するにデフレなのに、景気を悪化させる手だてばかりをやってきたのです。

だからこそ、そんなことしかできない自公政権は世間に見放され、国民の怒りが政権交替、民主党政権樹立という事態を迎えたのが4年前です。
ところがその結果生まれた民主党政権は、景気を回復させるどころか、国そのものを破壊する行動に出たために、こんどは国民どころか八百万の神々の怒りをかって、大震災を迎え、さらに選挙での大敗を喫しました。

いま、安倍内閣のもとで行われつつあるアベノミクスは、実は、高橋是清財政の再来です。
国民経済が疲弊しているからこそ、政府が積極的に財政投資を行い、国民の経済活力を回復させる。
これは実際に成功例のある、実に理にかなった方法なのです。

ところがこれに対し、「そんなことをしたら、政府の財政赤字が膨らみ、政府の借金がますます増えてしまう」という人がいます。
なるほど日本政府の借金は、いまや1000兆円です。
たいへんな額です。

けれど、借金というものは、必ず貸し手がいるものです。
貸し手がいるから、借りることができるのです。
貸す人がいなければ、借金はできません。
あたりまえのことです。

日本政府の借金は、1000兆円と申し上げました。
では、世界の年間のGDP(国内総生産)がどのくらいあるかというと、主要187カ国の合計で約7千兆円です。
世界最大の米国でさえ、年間1570兆円しかありません。
以下、支那、日本と続き、4位のドイツで340兆円、5位フランスが260兆円です。20位のスイスになると63兆円しかありません。
現実の問題として、日本に1000兆円ものお金を貸せる国など、世界に存在しないのです。
そしてそれができるのは、実は、日本人だけなのです。

ですから、日本国政府の借金というのは、実は日本国民が貸しているお金です。
日本国政府が日本国民に発行したお金を、日本国民が日本国政府に貸しているのです。

つまり日本国政府の借金というのは、実はそのまま日本国民の債権なのです。
ということは、日本国政府の借金というのは、日本国民の定期預金です。
簡単にいえば、1000兆円というのは、国債という名の、日本国民の預金です。

預金残高が多すぎるからといって潰れる銀行はありません。
同様に、日本国政府が発行した通貨を、日本国政府がどれだけ貯金として国民から預かっても、日本国政府が潰れることはありません。
なぜならその預かり金をそもそも発行しているのが、日本国政府だからです。

さらに、政府がアベノミクスで公共投資にお金を遣ったら、インフレになるという人もいます。
何をか言わんやです。
いまはデフレなのです。
デフレギャップが、拡大しているから、経済が沈滞化しているのです。

デフレのときは通貨を発行してデフレギャップを埋める。
そしてインフレになったら、引き締めを行ってインフレギャップを埋める。
あたりまえのことです。
インフレににもなっていないのに、デフレを脱却するために通貨発行をしようということについて、インフレ懸念があるから、などとのたまうのは、明らかな「まやかし」」にすぎません。

本来、働いてモノやサービスを提供した総量(上でいう300時間の営業時間)と、そこから発生する売上高(300万円)、遣った額(300万円)の3つは、必ず一致します。
ところが、同じだけ働いても、売上高が200万円に下がったら、使える額もまた200万円に下がります。
だからといって、働く時間を100時間削ったら、もっと所得は減ってしまう。

だからこそ、アベノミクスやオリンピックで、財政出動するわけです。
つまり、政府のお金で、売上高を100万円上積みする。
そうすれば経済は回復する。
あたりまえのことです。
それだけの話です。

その簡単なことがわからず、リストラして営業時間を減らし、モノやサービスの提供そのものを削減し、さらに減った所得から消費税の大増税をして、さらに一層、国民の所得を減らそうとする人たちがいます。
これは、国民経済にとって、悪い効果しか及ぼさないのは自明の理です。

にもかかわらず、それを「国民経済活性化のために」などと、おためごかしを並べて、国の経済を悪い方に誘導しようとする。
そういう人たちは、国民の暮らしや生活、若者達の就職など、何も考えていない、ということです。
では、誰のために彼らがそのようなデタラメを並べているかといえば、日本経済が沈滞化することが自国の利益と思っている、特定の外国の利益を図ろうとしているといえるわけです。
要するに、金をもらって日本破壊の工作活動に乗った人たちだということです。

日本国民は、もうそろそろ目を覚ますべきだし、他国の利益のために日本を破壊しようとするような連中は、テレビへの出演も、大学などで教鞭をとることも、今後は一切認めない方向にするべきだと思います。

※この記事は、先般行われた日本史検定講座における三橋貴明先生の講義をもとに、私なりにまとめさせていただいたものです。
日本史検定講座は、ほんとうにためになります。
通信講座で、好きな時間に自由にご受講いただけ、金額も格安です。
みなさまも是非ご受講下さい。
→申込み
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

字幕【テキサス親父】日本が世界に教えた事「日本人の様に振る舞え」


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/12/16(月) 09:27 | | #[ 編集]
金欲しさに
アベノミクスにケチをつけるとは終わっていますね。俗物バカサヨは(笑)
2013/09/16(月) 11:29 | URL | アジア #-[ 編集]
>金をもらって日本破壊の工作活動に乗った人達

↑(°0°)へー 日本にはそんな輩が居るのかー
つまりそれはサッカーのWCに例えると、日本チームの中に敵チームからカネ貰ってワザとオウンゴール狙う選手が居たり、
調理スタッフの中に選手用食事に下剤入れる輩が居たり、チームお抱えの医師やマッサージ師が選手の持病や古傷悪化させたり、
監督自身(←例えばミンス政権)が自軍の機密情報を敵チームに流したりしてるよーなもんだよなー それじゃあ勝てる試合も勝てんよなー
んなもん発覚次第チームから追放されて当然なのに、なんで日本国の話となるとその手の輩が白昼堂々何の問題も無く存在して居られるのかしら(・・?) 
とっとと氏ねばいいのに(´∀`)♪ 


PS:流石ねず流! 経済話も分かり易くてヨカですな(^ε^)-☆
2013/09/15(日) 21:53 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
No title
日本の不況を回復させたくない、日本をこのままつぶしたいという勢力が、米国や支那朝鮮のほか、日本国内にもかなり浸透いるように思います。日本国内の反日工作員を一掃できれば、アベノミクスなどなくても、すぐに日本の経済や道徳は復活できるように思えてなりません。アジアは支那と朝鮮だけであらず、もう日中、日韓への無駄な援助と交流をやめ、まともな国とつきあっていけば良いだけの話だと思います。
2013/09/15(日) 11:52 | URL | バンビ #-[ 編集]
【五輪】「日韓で全面的に協力」報道について、竹田恒泰が語る|竹田恒泰チャンネル
【五輪】「日韓で全面的に協力」報道について、竹田恒泰が語る|竹田恒泰チャンネル

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5196.html

竹田恒泰チャンネル運営)【五輪】「日韓で全面的に協力」報道について、竹田恒泰が語る|竹田恒泰チャンネル
http://www.nicovideo.jp/watch/1379068816
(動画)

 民主党政権では日本の血税を大量に支那朝鮮に投入していた、所謂、公共事業
予算の仕分けでは日本の研究開発費用の大幅削減で日本の機密情報を扱う仕事を
朝鮮に法外な予算を付けて外注した、朝鮮がろくな仕事もしないで、機密情報を外国
へ販売して巨額の利益を上げている。 財政破綻の朝鮮に5兆円の追加貸付などを
行い、支那朝鮮に日本はどのように扱う事も出来ると思わせた。 それが李明博
大統領の竹島上陸や天皇陛下への土下座謝罪の要求、支那の尖閣や沖縄侵略を
招いている。 先の総選挙で反日売国民主党政権の崩壊して支那朝鮮の目論見が
狂ってしまったのである。 支那朝鮮は現在、財政破綻、世情の混乱で政権崩壊
直前まで来ている。 安倍内閣はこれ等の支那朝鮮と関ることなく、支那朝鮮の自滅
をじっくり待つべきである。 支那朝鮮には公民を管理する資質が無い、その訳は息を
吐くように嘘を吐き、嘘も100回言えば本当になると信じているからである。 数10年
も経てば嘘の化けの皮が剥がれて正体が露呈する。 日本では創価学会公明党の
総体革命や共産党の共産主義革命、最近駆け出しの日本維新の会の在日朝鮮人
革命もしかり、みんなの党の訳の判らない改革も同様。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2013/09/15(日) 01:26 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
経済評論家が私にも分かる位の矛盾を喋っていたら、その人は小金稼ぎだと思っています。


経済のことは、基礎的な素養がないため分かりません。
ですから、愛国的な政治家が正しいと信じて実行することに、ついて行くだけです。
ただ、日本がバブルで景気の良かったとき、国家予算の使い道がなかったのか、1自治体に1億円をばらまいたこともありました。そのときでさえ、国債は減らずに、増えていたことが不思議でした。それが当時の、首相以下の政治家の感覚だったのでしょう。(当然、無駄な支出があったと思います。)
同じことは、して欲しくないです。

今回の、安倍首相による財政出動を支持します。これには、景気浮揚もさることながら、高度成長期の公共工事について、建築がしっかりできていても、耐用年数の問題が発生していると思うからです。しかし、何でも作り直すのではなく、今後、不用になると考えられる場合は、廃止することも必要です。
長期的に考えると、人口減少が避けられない場合、後のメンテナンス費用はその地方自治体が負担できる範囲での、公共工事にしなければならないことも、検討する必要があると思うからです。



今年の5月、韓国・ソウルにある宗廟市民公園で世間話をしていた95歳の男性が「日本の植民地統治は、良いことだったとワシは思うよ」と言ったところ、38歳の男が怒って95歳の男性を蹴り飛ばして、その杖を奪い、頭などを殴りまくったため、95歳の男性は死亡しました。
判決は懲役5年だそうですが、ネット上では愛国青年だとして、「そもそも日帝を称賛した時点でジジイは犯罪者だろ、殺されて当然」、「懲役刑? むしろ勲章モノじゃねえか」、「正義の審判だ!」、「裁判官は売国奴!」などと殺人を正当化するコメントが記事に多数付けられているそうです。

95歳の男性は、終戦時に27歳です。ですから、戦前の併合時代の生活から終戦時の混乱、李承晩の登場と朝鮮戦争時代、日韓条約後の発展を経験してきた方です。それを、その後に生まれてきた世代の者が、捏造した独善的な歴史観で、判断する。救いがたい民族です。

こんな民族の国と、考えや行動を共にすることは、日本人にできないと思います。
2013/09/14(土) 23:13 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
 本エントリーの冒頭の図は経済評論家の三橋貴明さんが作成したもの引用されたと思われます。であればせめて引用元を明示し、その方の主張を注釈しなければ礼を失すると思います。
 と同時にこの図の下にねずさんの仰るトンデモ経済評論家の批評が書かれているので、ややもすれば三橋さんが消費増税を推す経済評論家との誤解を招く恐れがあります。少なくとも三橋さんはねずさんと同じくデフレ経済下での増税には明確に反対されています。感情的批判は名誉棄損となり得ますが、論理的批判をされるのなら堂々とそのトンデモ経済学を説く対象者名を明示しても何ら問題はないと思います。
 こちらの読者さんであれば三橋氏の存在も主張も理解されているでしょうから余計なお世話とは思いますが気になったので書き込ませてもらいました。ねずさんの益々のご活躍を祈念いたしております。
2013/09/14(土) 17:31 | URL | chibio3 #t50BOgd.[ 編集]
No title
伊勢神宮の20年に一度の再建築ややピラミッド建設なども民の為のインフラ整備の一環と言えるかもしれません。
勿論、伊勢神宮には技術の継承という目的もある訳ですが。

私が中学生の頃、ヒトラーの上記記載のような別な側面を意見として発表したら・・・クラス中から総スカンを食らいました。
勿論先生からも卒業するまで白い目で見られたことは言うまでもありません。
物事を一面的にしか捉えられないのは今の日本人の底の浅さに通じます。

安倍首相が最終的にやりたいことは何かを考えれば、それを邪魔したい人たちもいる訳ですから、めんどくさいと思いつつ、なるべく長期政権になるように応援していかなくてはいけないと思います。勿論最終目的のために支持率を下げないような対策が必要ですから、違うと思うことは自民党にメールを送るなど、自分たちも積極的に政治に参加していくことが必要です。
2013/09/14(土) 16:43 | URL | cocoa #-[ 編集]
No title
赤旗が参考になる記事を書いていました。

>欧米主要国では、大株主の配当や譲渡所得の税率は
>30~40%です。10%などという低税率が適用されている
>日本は、異常な「株主天国」です。

富裕層の税金は高いか
エイベックス・松浦社長の主張 検証すると…
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-09-13/2013091308_01_1.html
2013/09/14(土) 15:59 | URL | hehehe #-[ 編集]
No title
今回のお話はかっておごった自民党長期政権が自滅し、漁夫の利を得た民主党政権がど素人集団で有ることも分からずはしゃぎすぎ、さらに我が国を亡国に追いやろうとした大失敗の間逆のテーマであろうかと思います。それにしても尖閣の衝突事件で明らかに民主は売国政権であることが白日の下にさらされたのに、それを引きずりおろすのに三年余りの歳月を費やし、その間に東日本大震災、・・合法的にまともな状態にもどすのになんと時間のかかることか・・最後のドジョウ総理が余分なオマケだったかな・・日本人とは誠に忍耐強いものです。その強さを反日勢力に結集し叩きつぶしましょう!!!
2013/09/14(土) 15:19 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
消費税のウラ側
アベノミクスが成功しないのならば、消費税増税はありえません。もちろん成功しても、増税は景気を冷やすのでやってはいけません。

現在、マスコミは消費税を確定事項として報道していますが、彼らの狙いは新聞やTVは課税対象から外してもらうことにありますので、ズルイこと、この上もありません。

【落合博実(元朝日新聞編集委員)「消費税増税を煽りながら自分たちは『軽減税率』を求める新聞が読者から見捨てられる日」】
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34691


経団連が消費税に好意的なのは法人税減税が狙いです。

大企業は本来、税金をまけてもらっていたのですが、そのさらなる上乗せを考えています。
【法人税の逆進性の解明】
http://www.zsk.ne.jp/zeikei603/ronbun.html
(リンク先のグラフを見ていただければ分かります)

輸出企業は消費税分は後で戻ってくるので、スルーしても良い結果にもなりますので、痛みを感じないのです。

しかし、一般国民にとっては激しい痛みを感じることになり、日本の景気は失速しかねませんので阻止する必要があります。
2013/09/14(土) 12:31 | URL | bou #C/K3BcCM[ 編集]
更新ありがとうございます。 ねずさんのプログは歴史も経済も日本的霊性の観点から教えて頂けるので、とても為になります。
地域におわす氏神を大切にし、皇室を尊崇する本当の日本を復活するために様々な事を改善しなければならないと想いますが、やはり教育です。 昔の師範学校の先生方は能力も勿論ですが人格も優れておられた方が多かったと聞きます。 日本の国体の素晴らしさと霊性に基づく道徳を教える事は急務だと想います。 何とかしなければ!
2013/09/14(土) 11:16 | URL | ひろし #-[ 編集]
これからは、経済の勉強をします。
ヒトラーは、ナチス党を結党していません!入党しただけです。党員番号7番。スパイとして国家社会主義ドイツ労働者党に潜入していました。「7番」というのも、西洋では7を神聖視しますから、入党後、役員として認められた時に改めて割り振られた番号だったのでしょう。1920年に、実質的に党首となりました。
それと、デフレではなく、インフレだったのです!
それと、ナチスの経済政策が日本の真似だったとは、私は思っていません。
その点、ねずさんとは認識が異なりますが、私は経済は門外漢です。これから、経済を真剣に学びたいと思います。
私は、「20世紀の人類は、ナチスの洗礼を受けた」と思っています。善悪の判断は置くとして。
しかし、21世紀の人類は、日本人がリードしないといけないと思っています。「日本人は、君たちの星の中で一番進化した種族である」とは、『コスミック・トリガー』という本の中の言葉です。著者は、アメリカ人のロバート・アントン・ウィルソン。知的生命体(宇宙人?)からの交信内容らしいです。
荒唐無稽ではありますが、これは本当だと思います。
日本人の民度は群を抜いている!
これはひとえに、人類史の精華たるご皇室をいただき、オオミタカラの名に恥じない生き方を貫いてきた伝統の賜物です!
しかし、日本人といえども、万能ではありません!諸国、諸地方、諸地域の実情をよく知り、それに応じた手段、方策を講じなければなりません。地道な努力が必要です。
ある人の話の受け売りですが、人の立場に立って考えるとは、靴を履くことに喩えると分かり易い。人の靴を履くために、先ずやらなければならないことは、自分の靴を脱ぐことです。自分の靴を脱いで初めて、人の靴を履くことが出来ます。自分の靴を履いたままでは、人の靴を履くことは出来ません。
大変難しいことですが、やらなければなりません。
皆さん、お互いに頑張ろうではありませんか!
2013/09/14(土) 08:37 | URL | 越智富雄 #hRorm7e.[ 編集]
新聞社の談合
勉強になりました。

ねずさんは経済が専門分野だったのですね。

報道は表現次第で全く逆の意味に捉えてしまう危険性があります。

政府の「借金」=国民の「預金」(これで国民の不安が無くなる)

消費税=売上税(商売をしている人が負担している)

今の日本は歴史上、偉大なる功績を残した人に謙虚に学ぶ姿勢が求められます。
人気に担がれ、おだてに乗って判断を狂わすようでは日本のトップとしての資質がないと言えます。
与党政権の議員の中でもしっかりと自分の意見を発言し舵取りができる聡明な議員が増えることを祈る。

(新聞社は談合して消費税緩和の裏交渉をしようとしている。どこまでもコソクな集団である。)
2013/09/14(土) 08:00 | URL | はっちょもん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク