アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


東京オリンピックと日本の説得

■第三期日本史検定講座申込受付中
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

■13/9/15誇りある日本の会ご主催の「従軍慰安婦の嘘?」「南京大虐殺の嘘?」の私の講演を碧庵さんが撮影してくださいました。
下のURLから動画をご覧いただくことができます。

No.1 http://youtu.be/6mrRZ3Ymn2E
No.2 http://youtu.be/6sEegcHVVvA
No.3 http://youtu.be/TKkv8wSbdAA
No.4 http://youtu.be/K7HyYqdIsmk
No.5 http://youtu.be/FcxVnxqa5Pg

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


東京オリンピック総理演説-1


こんかいの東京オリンピック、パラリンピックの招致決定は、たいへんおめでたいできごとでした。
と同時に、ひとつの大きな変化を感じるできごとでもありました。

その変化というのは、オリンピックの開催に向けて、各種公共投資や開発が行われることによる経済効果とかそういう意味のことではありません。
もっと根源的な変化を感じるのです。
と申しますのは、こんかいのオリンピック招致は、日本が日本の意思として世界を説得した、もしかすると本邦初の出来事かもしれないと思うのです。


明治の開国以降もさりながら、有史以来、日本が積極的に外国を説得して何かことにあたるということは、これまで一度もありません。
帝国主義、共産主義、新自由主義、TPP、あるいはかつての三国干渉や、日本開国、古くは遣唐使、遣隋使などの国際交易に至るまで、従来の日本は、常に外国が決定したルールや決定に乗るか乗らないかを選択してきただけでした。
自ら進んで新しいルールや意見を提出することも、提示されたルールや決定を積極的に粉砕することもしてきていません。
外国との戦いもありましたが、これまた挑発を受けての自衛戦争です。

前回の昭和39(1964)年の東京オリンピック招致のときは、もともとは昭和4年に日本学生競技連盟会長の山本忠興が運動し、昭和6(1966)年になって東京市議会で招致を決定、以後、東京市が単独で交渉をすすめ、ようやく昭和15(1940)開催決定を勝ち取るのだけれど、国会も政府も、これを拒否、結果開催返上に到っています。

それを戦後、有色人種国での史上初のオリンピックを実現しよう、それを国土復興の柱にしようという気運が高まって、あらために昭和39年のオリンピック招致運動をするのだけれど、実はこのときも、オリンピック招致には莫大な経費がかかるからと、政府や国会は交渉参加にあまり良い顔をせず、招致が決まってから、ようやく、重い腰をあげて、積極的なインフラ整備への投資活動を行っています。

ところが今回のオリンピック招致に際しては、安倍内閣総理大臣をはじめ、閣僚の多くも協議会場に参集し、また、ご皇室からもスピーチをいただくなど、まさに国をあげて、世界を説得したオリンピック招致活動となったわけです。

オリンピックそのものは、日本国内で行われるものではありますけれど、こうして日本が日本的価値観を高く掲げ、国をあげて迫力をもって世界を説得し、積極的な意思を世界に示したのは、実は、日本の歴史始まって以来、はじめてのことです。

これまでの日本は、どちらかというと、来るもの拒まず去るもの追わずで、決まったルールには唯々として従うけれど、自分から明確に国家意思を示すということは、歴史上、ただの一度もしていません。
明治の不平等条約改正にしても、定められたルールが不適切なものだから、これを適正なものにしようと努力しただけで、日本から率先して日本的価値観をもって世界を説得するという行動は、実は、一度もしていない。

その日本が、このたびのオリンピック招致では、史上初めて、国家意思として行動し、オリンピック招致を決定づけたのです。
ということは、これは実は日本の「新しい変化」であったということができようかと思います。
そしてこのことは、日本にとってだけでなく、実は、世界にとっても、良い変化をもたらすものです。

世界の多くの民衆が、欧米列強の植民地支配によって蹂躙された中にあって、世界で最初に人種の平等を国是とした国でもあります。

=======
嗚呼、大地球は元混然たる一大塊のみ。なんぞ欧亜の別あるべき。
しかもこれを画して二となし、三となし、さらに千区万画、もって雄大なる自然を自ら狭め、隘然(あいぜん)たる区画に立て篭り、相対峙して蝸牛(かぎゅう)角上の争闘に没頭す。
いずくんぞ是れ自然の道ならんや。

この世に生を托(たく)するもの、いずれも是れ、等しく人。しこうして心性の霊、なんら欧亜の別にしたがって軒輊(けんち)(*1)あるなし。
ただ気候風土の影響によって面色の差あり、また言語の差あるも、これらは少しも人間の本質に関するなし。
人はいずれに生まれ、いずれに住するも等しくこれ人。

しかるに自由と唱え、平等と称(とな)え、等しく神の子たるを高調しながら、面色言語の差によりて待遇を異別にす。
なんたる矛盾撞着(どうちゃく)ぞ。
(*1) 軒輊=上下の区別がないこと。
=======

実はこの文は、戦前にシベリアを単騎横断した元陸軍情報将校の福島安正が、明治25(1892)年に、ウラルのある山頂で欧亜境界の石標を観て、思わず筆をとったときの文です。
藤原正彦先生の「日本人の誇り」から転載させていただきました。

「気候や風土の違いで、顔立ちや肌の色、あるいは言葉が違っていても、人間としての本質にはなんら違いなんてないじゃないか。人間であることに、白人であること、有色人種の違いなんて関係ないじゃないか」という、この福島安正の言葉は、実は当時の日本の知識人に共通する思考です。

ところが日本は国家としては、欧米列強で構成する帝国主義の一国として参加しました。
「欧亜の区別なし」といいながら、欧米列強が作ったルールの中に、国を置くという選択をしたのです。

これは藤原先生も指摘されていることですが、「仕方なかったとはいえ、日本には他にすべきことがあった。
帝国主義に参加するかしないかという選択をする前に、欧米列強に対して堂々と帝国主義や植民地主義そのものが誤りであり、恥ずべきものであることをしっかりと説得し、説教するべきであった」、その通りであったろうと私も、思います。

日本の建国は紀元前660年で、今年で2673年という、とほうもない長い歴史を持つ国です。
このことはギネス認定、米国のCIA公式サイトにもそのように掲載されていることです。
世界にはいま195の国がありますが、二番目に古いのデンマークでさえ建国は936年で、まだ建国後1077年です。日本の半分以下です。
三番目に古い英国も、建国は1066年、建国以来947年の歴史です。
その他の国となると、建国から200年以下がほとんどを占めます。

世界史の年表を見れば、過去2000年間に様々な国が興っては消えて行きました。
なぜ国がなくなるかといえば、他国に蹂躙されてというケースもありますが、それ以上に、ほとんどの国は、その国の体制自体が持つ歪みが長い年月の間にどうしようもないほど拡大して、リセットするしか回復の余地がなくなって、自滅してしまっているからです。

逆にいえば、日本が2700年もの長きにわたって国家として存続できてきたのは、日本という国のカタチの基本が、理にかない、誰の目にも納得のできる素晴らしいものであったからです。
それが日本の天皇の存在であり、民衆こそを「おおみたから」とする我が国のカタチです。
まさにこれこそが究極の民主主義といえるものです。

日本人にとって、政治も政府も権力者も、すべては民衆のためにこそ存在するという理念は、よほどおかしな共産主義かぶれの人でもない限り、およそ普遍的なあたりまえのことと思われていることです。
そしてそれを信頼する気持ちが人々の間にあり、その信頼に応えようとする政府や行政があるからこそ、日本人は、誰もが安心して暮らしています。

そして日本は、先進国の中で唯一の多神教国でもあります。
他はすべて一神教です。
多神教と一神教は、何が違うかといえば、根本において多様な価値観を認めるか、単一の価値観しか認めないかの違いです。

どの宗教が良いという議論はするつもりがありません。
ただ、様々な価値観をまるごと認めながら、みんなで協力して住み良い国づくりを行ってきた。それが日本だし、日本人があたりまえに持っている感覚であるといえようかと思うのです。

オリンピックには様々な種目があります。
どの種目も素晴らしく、そしてどの種目であっても、種目ごとの優劣などというものはありません。
どの種目も対等であり、それぞれにその種目ごとのルールの中で、アスリートたちが競争します。
そしてそれぞれの種目のアスリートたちが一同に介し、笑顔でそれを迎え、また笑顔で賞賛し、笑顔で送る。
そんな笑顔の連鎖こそ、現代のオリンピックだと思うのです。
多様な価値観をともに認めあうからこそ、そんなオリンピックが価値あるものとされている。

2020年の東京オリンピックは、我が国が我が国の素晴らしさを再認識するオリンピックであり、また日本のもつ世界最古の国としての素晴らしさとその文化が、あらために世界に向けて発信される。
そういうひとつのきっかけとなるのではないかと、思います。

昭和の東京オリンピックは、日本のハードの復興と、世界の人種平等の祭典でした。
そして次の平成のオリンピック、パラリンピックは、日本のソフト、日本の心の復興と、世界の人種が対等な民として集う、あらたな未来を拓く祭典となるであろうと思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

映像制作会社が作った世界一長く続いている国 日本


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

関連記事

コメント
『「世界最速の男」をとらえろ!』知られざるスポーツ計時の世界
作者:織田 一朗
出版社:草思社
発売日: 2013-07-24


8月18日、世界陸上が閉幕した。TBSが中継した午後9時の平均視聴率は13%。前週同時間に放送された人気ドラマ「半沢直樹」の平均視聴率が29%だったから「半返し」である。それもそのはず日本が獲得したメダルは女子マラソンの福士加代子の銅メダル1個だけ。どのスポーツでも日本選手の活躍と視聴率は相関関係にあるのだ。

ところが国際陸上競技で常に日本が首位を争う分野が一つある。

スポーツ計時だ


ライバルはスイス時計連合。互いに企業ブランドと国の威信をかけて闘っている。

本書はこれまであまり知られることのなかったスポーツ計時の世界について書かれた読み物だ。

著者は元セイコー社員で社内では「運動会屋さん」と呼ばれていた、この分野の専門家である。

現在は山口大学の時間学研究所で客員教授を務めているという。時間学とは興味深い。

本書は丁寧に編集されているため、専門家にありがちな一般人には理解しがたい自慢話や、ランダムな薀蓄に終始していない。

まずは計時の歴史について解説がある。

http://honz.jp/31804
2013/09/22(日) 22:26 | URL | honz #vicmBoqw[ 編集]
No title
前回の1964年東京オリンピックの後、大阪で1970年日本万国博覧会があり、その後1988年のオリンピックに名古屋市が名乗りを上げましたが失敗。次に、2008年のオリンピックに大阪市が名乗りを上げましたが失敗しました。

失敗の理由は、名古屋市のときは自然環境の破壊を防止する運動で、大阪市のときも自然環境の破壊を防止する運動が大きかったと思います。もちろん、オリンピック誘致のための運動が、いずれも開催自治体だけが熱心で、国は消極的でしたし、他の自治体も熱心に協力とは言えなかったと思います。
しかし、今回の東京オリンピックの際は、国全体の招致に協力しましたし、ライバル都市は国内に大きな問題を抱えていましたし、
やはり、オリンピックのような国内だけではなく、国際的な開催となる行事の場合には、当たり前のことですが都の主催行事であっても、国全体がバックアップして協力しなければならないと思います。

もちろん、何か大きな行事を開催する場合には、自然環境を破壊しないように注意しなければならないことは理解しています。もっとも当時、反対している運動家は、オリンピックの開催について反対することが目的のように思えました。・・・・・マスコミは反対運動を大げさに取り上げていたと思います。
今回もオリンピック開催が決まった後にも、まだ反対している放送局がありました。
そのような放送局は、オリンピックが開催されたときに、オリンピックの放送をしなければ、それはそれで、放送局の姿勢に納得できる気がします。
2013/09/21(土) 19:47 | URL | ポッポ #-[ 編集]
五色人と五輪
日本の古代の神話に、世界は五色人によって構成されているというというものがある。
五色人の創造の地である日本では、神社やお寺の五色の幕や鯉のぼりの五色の吹き流しが 五色人にちなんで残されているという。

ところで1897年にクーベルタン男爵の提唱で、世界平和を願って近代オリンピックが始まったが、五輪のマークは、オリンピックの父クーベルタン男爵が考案したという。

これは五色人の面を祭る神社の祭典の理念に通じるものがあるが、単なる偶然なのだろうか?
2013/09/21(土) 18:23 | URL | お笑いお花畑 #-[ 編集]
満州事変
9月18日は屈辱の日として中国は日本を非難します。例年であれば反日デモが起こります。が、何故か今年は起きませんでした。これは、中国のデモは「官制デモ」だからです。

戦前も国民党政府?は排日デモを扇動していました。デモ参加者には日当も出たようです。満州事変の発端となった柳条湖事件は確かに関東軍の石原莞爾の作戦でした。

当時の満州は「張学良」が支配する「私的な支配地域」であり中国の領土ではありませんでした。その満州で蒋介石の国民党政府は反日活動を繰り返していたのです。

当時、上海の米国副領事だったラルフ・タウンゼント氏が1932年に出版した「WAYS THAT ARE DARK:The Truth About China]で満州事変に関して次のように書いています。

満州は無法地帯であるがゆえに減益となるばかりか、鉄道付属施設が破壊等の反日政策の脅威に晒されていた。日本側の報告によれば、1929年と30年の損失は以下のとおりである。

鉄道運行妨害:171件、鉄道運行中の強盗:189件、鉄道施設の略奪:92件、電線の略奪26件

(中略)
1931年9月18日、事件が起きた。・・・・・・一方、在中米英の官民の大勢はこうである。「中国人は今回相手を間違えた。この数年米英人に対してはやりたい放題だったが、同じ手を日本に使ったのが間違いだった。・・・自らまいた種だ。我々が何年もやるべきだと言っていたことを日本がやってくれた。

(中略)
しかし日本は満州事変でも上海事変でも大きなミスを犯した。武力行使に至るまでの経過を世界に向かって説明すべきだったのにしなかったミスである。・・・・国際連盟に繰り返し提訴し、中国に対し勧告を下すよう努力したら国際世論を味方につけられたかもしれない。

知ったら驚くような苦悩を日本は背負っていたからである。日本が被った被害は膨大であったのである。被害とは何であったか。軍閥の略奪である。

と満州事変を肯定的にみています。国際連盟は侵略としたが、リットン報告書でも「日本の侵略」とは書いていません。

満州事変は「自衛のための武力行使」だったと言えます。満州を侵略したのは中国です。
2013/09/21(土) 16:36 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
消費税
今朝のA新聞の一面に、消費税来春8%とドーンと掲載されていましたが、3kニュースでもヤフーでも載ってません。
2013/09/21(土) 16:25 | URL | もっち #-[ 編集]
とりもどせ日本
パチンコ産業の壊滅と通名制度の廃止が、日本を取り戻す最低限の手段だと仰ってらっしゃいましたが、そのとおりだと思ってきました。猪瀬都知事はまたカジノ法案のことを力説してましたが、はなはだ疑問です。
2013/09/21(土) 13:22 | URL | dotti #kXU9bFFI[ 編集]
反カリキュラム
2013年9月21日

反カリキュラム


これまでの教育過程で使用されてきた
カリキュラム(curriculum)は
ともに争って<走る currere>というギリシア語から
派生した概念を利用している。

同じ場所に集合して同時に同じカリキュラムで学ぶ
20世紀型の教科課程という形式は
第2次世界大戦後のアメリカの産業社会を反映している。

明らかに産業システムが教育システムを生み出してきたのである。

それらの共通点は、生産コストである。

http://two-pictures.net/mtstatic/
2013/09/21(土) 12:15 | URL | blog #wpmRH4EQ[ 編集]
春名幹男 ‏@mikioharuna
FBIによるマフィアの電話盗聴で、親分達が大統領をやっつけろと言ったことが探知された。

ケネディ暗殺で一時マフィアが疑われたのはそんなことからだが、彼らは犯人ではなかった。

今年は暗殺から50年で、話題が沸騰するのではないか。

その時、長女は駐日大使に赴任しているだろう


2013/09/21(土) 12:00 | URL | twitter #TL9DnwNw[ 編集]
No title
そうだったらいいですね。そして本当の日本を取り戻したいですね。私たち一人一人が強い思いを持って何ものにも影響されることなく進んでいきたいです。
2013/09/21(土) 11:33 | URL | 谷内口博 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク