アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


マレーの戦いと御神輿

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■ねずさんの本の新刊案内はココをクリック

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

マレー半島内の橋梁を破壊する英国軍工兵
マレー半島内の橋梁を破壊するイギリス軍工兵


大東亜戦争の緒戦で、山下奉文(やましたともゆき)陸軍大将率いる日本陸軍第25軍は、昭和16年12月8日のマレー半島上陸から、わずか55日でマレー半島のイギリス軍を降伏させました。
このときの日本陸軍の第25軍の進撃ほど、すごい進撃はありません。

第25軍は、開戦と同時に英国軍が「手ぐすね引いて待ち構えている」ところに上陸しながら、次々と待ち構える英国軍を撃破し、猛烈な進撃戦を展開したのです。
なにせ、ひとつの国をわずか2ヶ月弱で、完全撃破したのです。
しかも相手の虚をついたのではない。
完全装備で待ち構えたところに進撃し、これをやっつけたのです。たいへんな出来事です。

追撃もすさまじいものでした。
マレー半島を支配していた英国は、橋を爆破しながら撤退したのです。


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


英国軍が破壊した橋は、250本にのぼります。
橋の修理をしていたら、進撃に間に合いません。
けれど橋がなければ、大きな大砲は運べないし、トラックや戦車も、川を渡れません。
食料を含む軍事物資だって運ぶのに困難を極めます。
橋がなければ追撃できないのです。
橋の爆破は、撤退する英国軍にとって、日本軍の進撃を遅らせる究極の方法でもあったのです。

ところが山下大将以下の第25軍は、難なくその問題を解決してしまいました。
どうやったのでしょうか。

それがなんと、日本古来の「御神輿担ぎ」です。
工兵隊が、材木を担いで川に浸かり、御神輿を担ぐ要領で人が担いで橋を架け、その上を兵士や自転車、戦トラックや戦車までが通ったのです。

ご存知の方も多いと思いますが、マレーの川は日本の川のような澄んだ水ではありません。濁流です。
そこに工兵隊員が材木を担いで飛び込み、御神輿方式で人力橋を架けたわけです。

日本側の兵力3万5千、英国側の兵力は、その三倍近い8万8,600人です。
マレーでの戦闘は、95回に及びました。
ほぼ一日に2回の戦いです。
どれだけ素早い追撃だったかわかります。

移動距離は55日でなんと1,100kmに及んでいます。
平均したら、一日20kmの行軍です。
ジャングルの徒歩なのです。日数的には、移動するだけで、手一杯というスピードです。
それを、戦いながら、橋を架けながら、実施したのです。
しかも敵は、世界でも一二を争う、大英帝国陸軍です。
現代の世界の軍隊でも、この追撃作戦は、「あり得ない戦い」だったということがわかります。

戦いの結果は、日本側の損害が戦死1,793柱、戦傷者が2,772名です。
ところが英国側の損害は、戦死が約2万5千です。
圧倒的勝利というほかありません。

それだけではありません。
英国は、約5000の英国兵の遺体を遺棄したまま逃げたのですが、山下奉文大将は、その遺棄された遺体を丁寧に埋葬し、丁重な弔いもしています。
この埋葬というのは、米軍が日本兵の遺体を、シャベルカーで掘った大きな穴に放り込んで埋めた、といった乱暴なやり方ではありません。
手作業で、あくまでも一体ごとに穴を掘り、丁寧に埋葬して、手を合わせたのです。
およそ穴掘り人夫ほど、つらい土方仕事はありません。
それを、平均一日20kmの行軍と戦闘を繰り返しながら、キチンとやってのけているのです。
すさまじいのひとことです。

マレーの戦いの最後の総仕上げが、シンガポールの戦いです。
25軍は昭和17年2月8日、ジョホール海峡を渡河してシンガポール島へ上陸しました。
主要陣地を次々と打破し、11日にはブキッ・ティマ高地に突入しています。

ところが、英国軍の集中砲火がものすごくて動けない。
なにせ英国にしてみれば、最後の砦なのです。
捨てるわけにいかない。
むこうだって必死だったのです。

25軍は、ありったけの火力で戦うのだけれど、15日には、日本側の砲弾が底をついてしまいます。
そして弾のなくなった25軍が、次にどうしようかと攻めあぐねていると、連合国側から、白旗があがって降伏の使者が到着したわけです。
水源が破壊され、給水が停止したことが、降参の最大の理由だったそうです。
ほんとうに限界ギリギリの戦いであったことがわかります。

ここでひとつのことがわかります。
何がわかるかというと、英国側は、将校、つまり英国貴族たち(その貴族たちは、まさに植民地を支配する人たちのわけですが)、その人たちを守るために、兵が動員されて戦っていたわけです。

ところが日本側は、ひとりひとりの兵たちが、山下奉文(やましたともゆき)大将率いる第25軍を、まるで御神輿のように担いで戦っていたということです。
なぜ戦ったかといえば、マレーの独立、東亜の植民地支配からの脱却です。
そういう固い信念を持った兵たちが、山下奉文大将を担いで戦っていました。
ですから、実は、主役が違うのです。

輿(こし)に乗った偉い人に、ただ命令されて戦っていることと、みんなが主体的に御神輿を担ぐことでは、そこにおおきな隔たりがあります。
みんなが担ぐなら、重たい御神輿も苦にならないけれど、強制されて担がされてるなら、これは苦痛です。

そしてシンガポールの戦いは、その輿に乗った上の人が、水がないから、降参したわけです。

降伏交渉を行う山下奉文大将と
シンガポール駐留イギリス軍のアーサー中将
降伏交渉を行う山下奉文大将と


この戦いのあと、キッティマ高地にあるフォード自動車工場で、山下閣下が目をむいてパーシヴァル中将に「イエスかノーか!」と迫ったという有名な話があります。
これも、マスコミの創作です。

実際には、この言葉の相手は、パーシヴァル中将ではなく、台湾人の通訳です。
山下大将は通訳に、「まず降伏する意思があるか聞いてほしい」と述べたのです。
ところが通訳の日本語自体が怪しい。
そこで、ちょっといらだった大将が、「降伏する意思があるかどうか、イエスか、ノーか、聞いてほしい」と、言った、そのシーンが、上手に脚色されて、あのシーンになったのだそうです(下動画参照)。
しかもその動画、すこし早送りすることで、いかにも高圧的に見えるように編集さえしてありました。

話が一人歩きしていることに対し山下閣下たいへん気にされていて、
「敗戦の将を恫喝するようなことができるか」と、明確に否定されていす。
その場に居合わせた全員が、この出来事を否定しています。

マレー作戦は、日本側の大勝利の戦いで、山下大将はメディアによって国民的英雄にされました。
けれど、山下大将は、その勝利より、戦いで亡くした多くの部下たちのことを涙した。
その思いの方がはるかに強かった。
そういう大将だったからこそ、みんなも山下閣下と尊敬し、信頼し、ついて行ったのです。
それが帝国陸軍士官という存在です。

昨今のメディアの偏向も眼を覆わんばかりですが、そもそも新聞にせよテレビにせよ、売上第一の売文屋です。
要するに売れてくれればいいわけで、金をくれるなら、どんな馬鹿な文や番組でも引き受ける。
挙げ句の果てが、金持ちが人生の勝ち組みたいな、おかしなことまで言い出す。
私にいわせていただけれ、たとえどんなに金を持っていたとしても、売国奴になった時点で、何の価値も値打ちもない。
すくなくとも、日本人的価値観を共有する日本人ではない、と思います。

山下閣下は、大東亜戦争終結時、かつてシンガポール攻防戦で降伏調印させた英国のパーシバル中将のもとで、降伏文書に調印をしました。
敗戦を知って自刃しようとした山下閣下を思いとどまらせたのは、玉砕突撃を敢行しようとする部下たちを無益な死から守るためです。

山下大将は、戦後、戦犯としてフィリピンのマニラにて軍事裁判にかけられ、死刑になりました。
山下大将への求刑は、彼の部隊がフィリピンのマニラで、現地のフィリピン人10万人を虐殺したというものです。
これは大嘘です。

昭和20年1月に、フィリピン、ルソン島のマニラに、米英連合軍が上陸しました。
2月3日には、米軍第1騎兵師団と第37師団がマニラへ突入しました。

山下大将はマニラの市街戦を避けようとしました。
ところが米英軍は、いきなり市街地に襲いかかりました。
市街地を空爆し、艦砲射撃を加えてきたのです。

当時、マニラ市内には約70万人の市民が残っていたのです。
その市街を灰燼にするまで、徹底した砲撃を、海と空から加えたのです。
その結果、10万人のフィリピン市民が巻き添えになりました。
なんのことはない、マニラの戦いを通じてのフィリピンの一般市民の犠牲者10万人というのは、米英の爆撃によるものだったのです。
つまりこの裁判は、米英が行ったマニラ市街の完全破壊による一般市民の犠牲者への責任を、まるごと山下大将に転化しただけのことです。とんだ茶番です。

けれど山下閣下は、マニラ軍事裁判の席上で、
「私に責任がないとは言わない」と、従容として死刑を受け入られました。
守ることが軍の仕事なのに、市民に犠牲者が出たのは、自分の責任だ、というわけです。
将のあり方として、ほんとうに涙が出ます。

だからこの判決に、米陸軍の法務将校らだって猛然と反発しました。
裁判が嘘をついていいものか、というのです。
米国民にだって、正義感はあるのです。
ですから、反発は当然のことです。

彼らはフィリピン最高裁、アメリカ連邦最高裁判所にまで、山下閣下の死刑の差止めと人身保護令の発出を求める請願をしました。

権力を持った者、かつて植民地支配者であった貴族や金持ちたちは、自分たちの利権を損ねたものに対して、たとえその植民地の民衆が何万人死のうと、関係なしに報復します。
民衆は、そういう金持ちにや権力によって利用され、翻弄され、使い捨てられます。

日本は、民こそ大事とします。
人類史上、そんな、まるで神様のような軍隊は、日本だけです。
そしてその将は、陸軍士官学校で鍛え上げられた勇士です。
軍人として鍛え上げられ、あらゆる苦難が襲っても、堂々と誠意を尽くし動じない、まさにほんものの武士たちです。
兵士たちは、そんな将校を担ぎ、自らの意思で戦いました。
だから、日本軍は、御神輿とおなじ。みんなで共同して担いだ軍でした。

御神輿は、神様を、庶民みんなで担ぐものです。
おもしろいもので、武家は、お祭りでも御神輿は担ぎません。
古来、見ているだけです。
御神輿は、庶民が担ぎました。
祭りは、権力者のものでなく、民衆のものでした。

諸外国では違います。
輿に乗った人が命令し、輿を担がせます。

日本では、御神輿に乗っているのは神様であり、神様は何もお語りになりません。
みんなの総意で、御神輿を担ぎます。

共同体としての日本の姿がここにあります。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


『マレー戦記』


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/01/10(金) 23:40 | | #[ 編集]
No title
【緊急拡散】10月19日18時15分まで!「高度人材と称する外国人への安易な優遇制度に反対します」だけでもOK!◆意見書文例&送信先紹介:パブコメ用「高度人材外国人に対するポイント制に係る出入国管理上の優遇制度に関する関係告示の改正」への反対意見書×3 *利用・改変可* http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-437.html
2013/10/19(土) 17:23 | URL | KEN #nn2s4Z0M[ 編集]
特定秘密保護法について
特定秘密保護法について
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi

 反日売国民主党政権を倒して新しい日本を立て直すために自民党政権が衆議院、参議院共に多数
の議席を獲得することとなりました。 しかし、最初に作られた法案が
公明党のマイナンバー法案
http://matome.naver.jp/odai/2136976119340577901
や消費税の増税などであり、選挙前には参加しないと説明していた
PPへ無条件加入を表明しています。 ここで要請された特定秘密保護
法への心配など国民の表現の自由を拘束する内容の法案が
提出され
ています。 日本の国柄を守るために有権者一人一人の要請を国政に
届けるましょう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2013/10/18(金) 22:22 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
山下大将
マレー大作戦のドキュメンタリーフイルムを見ました。日記に『出来るだけ英国人を殺さずして如何に我が軍が勝利するか』と言うくだりを聞いた時、この裏には勝つのが前提にある。それにしてもなんと高尚な方なのかこの方のお名前は!!心に刻んでおきたいと、強く思ったもんです。

そしてその方の名は、マレーの虎と呼ばれた山下大将。

残念ながら戦争で負けてしまった為、多くの立派な先人たちが理不尽な罪で亡くなられてしまいましたが。

日本人って凄い!素晴らしいの一言に過ぎます。世界広しといえど珍しい民族ですよ。人間として人間らしい要素を持った民族は日本人だけでしょう!!

日本人は選ばれた民族です。若い人たちに伝えてあげてください。
2013/10/18(金) 20:05 | URL | マレーの虎 #-[ 編集]
No title
このような 歴史が広く一般に語られるような世の中になれば 首相が国事行為として 靖国神社に参拝できるようになると思います。 首相の靖国参拝は 喧噪の中で 何かに対抗するためにするのではなく 当たり前のように春秋の例大祭に参拝できるようにするのが 今の安倍総理の公約であろうと思います。 それが正に戦後レジーム 東京裁判史観からの解放ではないでしょうか。
 今回の 安倍総理の行動に対して 中共は反応せず 南鮮は 配慮されたとは思わないと訳のわからないことを言っています。
 相手に つけいる隙を与えないと言うことで 今回の安倍さんの判断を諒とするものです。
 天皇御親拝まで 慌てず騒がず 着々と手を打って行きましょう。
 昔 黄禍論 なるものがあった。 白人の中には今でも潜在意識の中に絶対無いとは言い切れない。
御輿を担いで 神懸かり的な戦闘力を持つ日本は 深く自虐史観の中に沈んでいて欲しいと言うのが 彼らの本音なのではないか。
 だからこそ 麻生さんの言うように静かな議論の中で 気がついたら そうなっていたと言う手法がよいと思う。
 蛇足だが 靖国神社をアーリントン墓地に準えるのは 一寸違和感がある。 アーリントン墓地は正に墓地であるが 靖国神社は墓地ではない。 もっと 精神性の高い所であると思う
。 神(Godではない)になられた方の 霊を祀るところなのだから。 
2013/10/18(金) 16:33 | URL | 古希のネトウヨ #-[ 編集]
「税金収入を粉飾したら借金額が1000兆を超えて返済不能になった」
「税金収入を粉飾したら借金額が1000兆を超えて返済不能になった」
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50411836.html

アメリカのデフォルト一時回避で浮き上がる支那朝鮮のデフォルト。  支那
朝鮮の財政が数年前から破綻している事を日本のテレビ局・マスコミが
隠蔽しているために日本国民が支那朝鮮の実態を知らない。 朝鮮など
は財政破綻しているのに日本の銀行のみずほ銀から 5億ドル借り入れ
たりしている。 支那では連日連夜輪転機を回して人民元を印刷している。 
経済観念を持たない朝鮮や共産主義を標榜する支那には国体を維持管
理する人材や教育がないので、嘘を嘘で塗り固め嘘を100回言えば本当
に成ると信じている、息を吐くように嘘を吐く朝鮮資質の結末は斯くの如し。 
わずか60年の歴史を持たない支那に15年の歴史を持たない朝鮮はす
でに崩壊している。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

PS:
光合成細菌成分による最新放射能除去技術!3日間で最大90%除去!その他の重金属も吸着!

http://blog.goo.ne.jp/skrnhnsk/e/d6fa7ca8b6a2d25b5219e23467b59ae4
2013/10/18(金) 13:00 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
大東亜戦争の当初、日本軍の戦闘はまさに完璧と言っても良いものですが、工兵の活躍がこれを支えていたのですね。
子供の頃、亡くなった祖母は身体が大きくなれば工兵になれると言っていたことを思い出しました。
これに通常装備の歩兵を中心に銀輪部隊や島田戦車隊が連携して、素晴らしい進撃をしたと思いますが、まさに精強の軍隊であっただろうと想像します。



靖国神社の秋季例大祭に国会議員約160名が参拝されたとのことで、結構なことと思います。民主党の羽田雄一郎氏も参加されたとのことですが、昨年は参拝されなかったと思います。もし、大臣をしていたから見送ったとのことなら、大臣の椅子の大切さを認識されていたのでしょう。
しかしながら、安倍首相の参拝が見送られたことは、誠に残念です。
中国・韓国の関係を気にして見送られたのならば、この2国とは現在もつかのことで日本への反日行動を取っていますから、参拝したところでこれ以上の悪化はないと思っていたのですが、首相は政治家の感覚で参拝を見送られたのでしょう。しかし、国民は選挙公約として、参拝のことは忘れていません。
このままですと、首相の話された前回の痛恨の極みでは、済まなくなると思います。
天皇の御親拝もできれば素晴らしいと思いますが、1975年を最後に行われていません。その理由について、天皇が御親拝をされることは憲法上の問題があると、当時の社会党が国会で追求したためと聞いたことがあります。
国のために闘い、亡くなられた方をお祭りすることは国家として当然のことだと思いますので、与野党関係なくお祭りしていただきたいと考えます。



国会の代表質問を見ていましたら、公明党のときですが、太陽光発電の認可量の内85パーセントは、まだ完成していないとのことでした。
再生エネルギーは軽視できませんが、高値買い取りの権利だけを手にして実行しない契約は、期限を切って廃棄すべきだと思います。
2013/10/18(金) 12:48 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
今日もねずさんの文章に泣かされました。
どうもありがとうございました。
2013/10/18(金) 12:02 | URL | 日本人に生まれて良かった。 #mQop/nM.[ 編集]
No title
漢王朝以前の古代中国には、白人の国が存在していた?!

http://ameblo.jp/yukikaze99j/entry-10386696166.html
2013/10/18(金) 11:33 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
大事なのは“精神”、“信念”だと思います
昨日のお話「パラオの恋/芸者久松の玉砕」に寄せられたコメントの中に、篠原直人様と言われる、パラオで戦跡戦史の調査をなされている方のご指摘がありました。新井恵美さんのご本はあくまでもフィクションであり、小説として扱うなら構わないと。
事実として調べ上げるには限界があり、しかしどうしてもその人の「事実」を後世に伝えたい、という場合、どうしてもフィクションの要素が必要になります。しかたないことです。
フィクションが許されないのであれば、大河ドラマなどは放映できません。まさか、ドラマの内容が全て事実だと思う日本人は、いないと思いますが。
宮崎あおい主演の『篤姫』は大好評を博しましたが、歴史家に言わせれば事実とは違うと。(十五代将軍)『慶喜』では、その最終回で、大政奉還後、慶喜とその生母の母子対面のシーンがありました。生母役の若尾文子さんが、「よく頑張りましたね。あなたでなければ、できませんでしたよ。」と語りかけた途端、主役の本木雅弘君は大号泣し、若尾文子さんが優しく背中をさすってあげていました。
実は、このセリフは台本に無い、若尾さんが考えに考えた上の、心のこもったセリフだったのです!おかげで、テレビの前で見ていた私も大号泣。まるで、全能の神が若尾文子さんに姿を借りて、私に投げかけてくれた言葉のように受け取ってしまいました!大袈裟ですね~、私は。
『新選組!』(SMAPの香取慎吾君が主演)も、気に入って見ていた作品ですが、私はそのまま受け取らず、「幕末の人間が全て生まれ変わって、もう一度幕末を生き直しているのだ」という感覚で見ていました。その上で「面白い」と思っていたのです。ひねくれてますね~。
歌舞伎、芝居、落語に浪曲など、多分に脚色され、誇張もされています。でも、客である日本人は、それを承知で受け入れて来ました。観る目も肥えています。
大事なのは、その時代を生きた人々の“精神”を感じ取り、“信念”を受け継ぐことだと思います。
しかし、今日のお話のように、立派な生き方をした方を、濡れ衣を着せたまま歴史の闇の彼方へ消し去るような真似は、日本人は断じてしてはならない!「声なき声」を聞き取って、代わりに発信して行くのが、後世の人間、我々の務めです!
ねずさんは、それをやっておられます。誠に尊いことです。
それにひきかえ、私は何もやっていない!口先だけの、どうしようもないやつ。
少しはねずさんを見習って、何かをやってみたい。
何かとは何なんだ!少しずつ考えてみたいと思います。
2013/10/18(金) 11:25 | URL | 越智富雄 #5fY02qfU[ 編集]
No title
戦争は勝ち続けなければいくら正義をかざしても“勝てば官軍、負ければ賊軍”です。偉大なる父祖世代の無念を肝に銘じ、強い日本を支える国民(皇民)であり続けたいものです。それしかありません!!
2013/10/18(金) 10:46 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク