アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


和と結(ゆい)

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

神棚


二日前の記事で「和の精神」について触れましたので、今日は、その日本における「和」について、もうすこし深く掘り下げてみたいと思います。

昨日の記事で、「個人主義」のもとでは「和」は成立しえないと書きました。
なぜなら、個人主義では、常に誰もが対立し、闘争してしまうという側面を持つからです。

一方、わたしたちの国の「和」は、まずは国や組織の全体を思い、その中で、互いが互いの存在を対等な人として認め合い、そのうえで、各自の持つ分に応じて精一杯互いのために努力していくというものです。
ですから、日本に古来からある「和」の心というものは、実は、個人主義とは、まるでその内容を異にするものです。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


簡単にいえば、個人が学校で良い成績を取ろうと、互いに競争するのが、個人主義の世界です。
ひとりひとりが、独立した個体であり、その個体の中で競争が起こるわけですから、個体同士は対立的です。
ひらたくいえば、お互いがライバルであり、競争相手です。
ですから、何が何でも競争に勝ち残ろうとすれば、カンニングするとか、他の生徒が良い成績にならないように足をひっぱるとか(ロンドン五輪でどこかの国がさかんにやっていました)するという行動が、自然に起きてしまうし、たとえそういう不正があっても、勝った者勝ちというのが、個人主義の典型になります。

共産主義や左翼も、結果からみれば、自分勝手なご都合主義です。
共産党の幹部だけが、大邸宅に住んで、まるで王侯貴族のような生活をし、一般の多くの民衆は貧困のどん底に置かれるだけでなく、殺害されたり、ウイグルのように若い女性が拉致されて、強制的に人民解放軍の子を孕ませられたりする。
そこにあるのは、どこまでも「自分さえ良ければ」の集合体でしかありません。

西欧においては、この個人主義が、宗教による道徳心によって、過度に露骨に現れるのを防いでいるわけですが、その宗教をも否定する共産主義や社会主義になりますと、まさに権力を獲った者勝ちで、そうでない一般の民衆は、それそこ何百万人と殺されてしまうわけです。
実に身勝手な話です。

一方、日本における「和」の精神は、ただ互いが仲良くするというものではありません。
さきほどの学校にたとえれば、自分の所属する学校の名誉のため、あるいは家族のため、同級生たちの未来の名誉のため、母校をみんなで支えて行こうとします。
ですから、勉強も、それを一生懸命することによって、東大に何人、京大に何人という合格者が出たり、あるいは甲子園で母校が優勝したりするために、みんなが一丸となって頑張ろうと考えます。

そしてその中にあって、
「俺は理数系が得意だから大学の工学部を目指して頑張る」
「私は英語が好きだから、大学の英文科に行く」
「おらっちは勉強は嫌いだけど、野球が大好きだから、甲子園目指して頑張る」等々、ひとりひとりが自分にできる最良の道を試行錯誤しながら見いだし、その中で必死に努力していこうとします。
そしてそのことによって、良い大学に受かったり、あるいは部活で全国大会に出場でもすれば、それをみんなで讃え、また後輩が甲子園に出れば、卒業生たちまでもが、母校のために寄付をしたり、甲子園球場まで応援に駆けつけたりする。

そういう心は、まずは「全体」を大事にしようという心から芽生え、そしてその中で互いが互いの存在や個性を認め合って、互いに自己の分を見いだし、そこで努力するという姿勢から生まれます。
ですから互いは、対立的でもなければ、闘争的でもない。
あくまで、全体のなかの個として、自分を鍛え、努力を怠らないという姿勢が自然と生まれてくるわけです。

こうした日本的「和の精神」は、実は、わたしたちの国の「武の精神」にも、明らかにあらわれています。
日本全国、どこの柔道場でも剣道場でも、それが日本人の道場であるなら、そこには必ず神棚があります。
これを「宗教の自由なのに怪しからん」などという人がいますが、それこそ個人主義に染まってしまった、哀れな人ではないかと思います。

なぜ哀れなのか。
理由があります。

日本における武道というのは、あくまでも「和」のための武道なのです。
これを「神武」といいます。
ですから日本の武道は、諸外国のマーシャルアーツ(軍用格闘技)のように殺人を目的としていません。
あくまでも「人を活かす」ことを目的とします。

簡単な話、柔道の投げ技では、すべて投げ終わったときに相手の頭部をもちあげて、保護するように投げます。
寝技も、相手を殺すためのものではなくて、痛みを与え、降参させる仕様になっています。
剣道においても、闘って相手を斬り殺す殺人剣は、古来邪道とされてきました。
わたしたちの国の武術は、命のやりとりという極限の情況を学びながら、その葛藤を通じて相手を活かすことを学ぶものとされてきました。
ですから日本の武道は、武のため、殺しのためにあるのではなく、自らを鍛え、和をなすための武であって、破壞や殺人のための武ではありません。

日本における古代や中世の戦(いくさ)においても、また、明治から昭和における戦争においてさえ、それは相手を破壞し、壊滅させ、征服するために武が用いられたことはありません。
あくまで大きな和、すなわち平和を目的とした戦いでした。

ですからわたしたちの国では、戦(いくさ)も、武術の戦いも、すべて「結(ゆい、むすび)」のためのものと理解されてきました。

「結い」というのは、田植え、屋根葺きなど一時に多大な労力を要する際におこなう共同労働のことをいいます。
昔の家は、茅葺き屋根(ススキのお話参照)などですが、この屋根の葺き替えは、たいへんな労力を必要とします。これを村のみんなでやる。
雪国では、屋根に積もった雪を近所のみんなで共同して行う。
田植えのときには、村中総出でこれを行う。
現代においても、町内会でみんなで行う盆踊り大会なども、「結い」のうちです。

こうした「結い」を行うに際し、反抗的な者がいれば懲らしめる。
その懲らしめのために開発され、工夫され、進化したのが、あるいは武道ともいえます。
「結い」は、和の力による創造です。
そして、男女が出合い、生涯を共にするのが「結い」の婚礼、すなわち「結婚」です。

この結いをとりもつのが、神です。
婚礼では、神主が祝詞(のりと)をあげてくれます。

人と自然の関係にも「和」の精神は活かされます。
わたしたちの国では、自然は、征服し、蹂躙(じゅうりん)するものではなく、共存するものと理解されてきました。
これは当然で、自然は神そのものと考えられたからです。

ですからわたしたちの国では、神と人は共存しています。
そのための儀式が「結い」です。
武道も、結いを学ぶ神聖な行事ですから、当然そこに神棚があるわけです。

結婚したら、家族が生まれます。
祖父母、親、子、それぞれが家庭を大事に、そのために互いを大事にします。
それが家族の「結い」であり、家族の「和」です。

その「和」は、それぞれが所属する組織の「和」となり、その所属する組織が集合した「国」の「和」となります。
ですから「国」は、わたしたちにとっての最大の「和」の共存の場です。
残念なことに、世界には、この「和」は、いまだ確立されていませんから、国家が「結い」の最大の単位です。
したがって、わたしたちにとっては、わたしたちの国が、最大の「和」の共同体です。

ですから、わたしたちの国にとっては、仕事上の対立や、家庭内の対立、あるいは受験などの競争など、さまざまな対立はありますけれど、その究極の目的は、「和」にあります。
対立と闘争があっても、その究極の目的が、常に「和」におかれるわけです。
これは、対立と闘争の目的が「勝利」に置かれる諸外国とは、根本的に異なる精神といえます。

いろいろ書いてきましたが、日本における「和」の精神が、実は「結い」の心であり、その日本的「和の精神」は、実は個人主義の対立と闘争を根本におく諸外国には、実はなし得なかった、大きな特徴となっているということについて、「ははん。なるほどなあ」と感じていただければ、幸いに思います。

ねずブロでは、日々いろいろな題材のお話をしていますが、実は根っこにあるのは、常にこの「和」です。

そして「和」によって形成されている日本という国のカタチを理解し、その一員となることが、すなわち「日本人になる」ということなのだと、私は理解しています。
従って、日本にいながら、日本的「和」を理解せず、あくまで個人の利得に執着する者や、他国の利を図り、日本の「和」を乱す者は、日本人ではない。
日本人でない者にまで、日本人としての資格をあたえ、あろうことか税金を使って生活保護や学費その他の面倒など、一切、見る必要などない。

なぜなら「和」は、「結い」あっての「和」だからです。

最後にもうひとつ。
わたしたちの国土は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)から産まれました。
たくさんの神々も、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)から産まれました。
そしてわたしたちの国の最高神である天照大神様も、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)から産まれました。
代々の陛下は、その天照大神様の直系のご子孫であらせられます。
そしてわたしたち日本人は、その代々の陛下と、長い歴史の中で、どこかで血のつながりを持つ親戚です。

ということは、わたしたちは、わたしたちの住む国土とも、遠い血縁関係で結ばれた民であると、そのようにわたしたちの国では、理解されてきました。
だからこそ、国土を大切にする。大切に育むという自然な気持ちが、わたしたち日本人には自然な感情として備わっています。

木も、土も、大気も、暦も、火も、水も、金属も、すべてはわたしたちと同じ祖先を持つ、親戚です。
その親戚と、深く、長く付き合って行く。
これもまた「和の精神」です。

わたしたちは、すごい国に生まれた国民のひとりです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


こんな道徳教育がある【特攻隊】 改正版





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
戦前、戦中の日本を知らない人たちへ
仕事の都合で、一日遅れのコメントで失礼いたします。

ねずさんの日頃の活動について戦後生まれの人の中には、戦前の日本への回帰を願っている、そして自分にとって都合のよい所だけ云々・・・戦後の日本を全否定云々・・・という意見が書かれていましたが、戦後教育は、戦前、戦中の日本を全否定してます。

戦後の日本だけが正しいものだと信じているようです。このたびの、ねずさんのひとりごとの記事で、何を感じ、戦前の日本の良いところは何だったか、そして、それをどのように認識されたか、とても気になっているところです。

このたびの私のコメントが支障あるようでしたら非公開にして下さい。
2013/11/09(土) 10:06 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
No title
昔、祖母は、我が家の宗教は○○宗ですけれど、神さんは別だと言っていたことを思い出しました。
日本においては神さんは、宗教ではないような気もします。
そして、天皇家は天照大神の血を引く世界最古の家柄です。

日本では信教の自由が認められており、他国から見ると宗教に対する感覚は、極めて緩やかだと思います。そして日本人の宗教は、仏教が中心ですが、キリスト教も宗教に含まれています。キリストは神様ですけれど宗教です。

神道は神様ですけれど生活に密着しているから、宗教という感覚は余りないのです。これは一神教ではなく、多神教のためかも知れません。

天照大神を先祖に戴く天皇家と神道に尊崇の念を抱くのは、日本人の自然な心情であり、宗教とは別物だと思います。
2013/11/08(金) 22:35 | URL | ポッポ #-[ 編集]
海外「一生スバルに乗る」 雪にハマるトラックを牽引する日本車に海外驚愕
スバルの「インプレッサ」

海外「一生スバルに乗る」 雪にハマるトラックを牽引する日本車に海外驚愕

戦前の航空機メーカーである中島飛行機を源流に持つ、
富士重工業の自動車製造部門のブランド、スバル




スバルの米国法人が今年7月に発表した6月の新車販売の統計によると、総販売台数は6月としては過去最高の3万9235台を記録。
前年同月比では41.6%増で、19か月連続で前年実績を上回るなど、現在スバルは、アメリカを中心に、海外で快進撃を続けております。

さて、動画ではそのスバルを代表する車種の1つであるインプレッサが、雪にハマってしまった大型トレーラーを牽引する様子が収められています。

何倍もの重量を有する大型トレーラーを牽引するインプレッサの姿に、外国人からは感動と驚愕の声が沢山寄せられていました。

A Subaru WRX STi pulls a semi stuck in the snow
http://www.youtube.com/watch?v=U9bhus_1Oos
2013/11/08(金) 17:41 | URL | japan #TL9DnwNw[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/11/08(金) 14:44 | | #[ 編集]
No title
残念ながら私が武道クラブのために定期的に借りている市営施設の武道場は“武道場”と銘打っているのに“神棚”がありません・・で、神棚が本来安置している方を上座とし稽古前と稽古後に黙想をし座礼を行います。・・何故、神棚がないか?市議会議員に共産党一派がいて事あるごとに武道にイチャモンをつけるからです。かれらにとって武道は“軍国主義復活”の元であり、“日本の理想的共産主義”を達成するために邪魔な存在なんでしょうな・・、負けるものか!彼らこそ我が国をシナに売り渡そうとする売国奴なのだ!!かくして老骨にムチ打つ日々が続くのです・・倒れるなら前のめりに!!できれば道着姿で・・
2013/11/08(金) 12:05 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
No title
【朴正煕政府が慰安婦を直接管理した証拠】「朴正煕直筆署名文書公開」基地村慰安婦女性(洋公主)の政府直接管理が明らかに

http://www.hoshusokuhou.com/archives/33859158.html
2013/11/08(金) 11:00 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
いー
私達の方言で「いー」というのは「結い」だったのですね。
一時的に大勢の人出がいる時に「い」仲間が寄り集まってきてその日一日で済ませてしまう。
今度は仲間関係の人の用事を「い」で協力する。
手間賃やお礼のやり取りはしないのが原則です。
貨幣施度がなかった時代の素晴らしい制度ですね。

私も高齢になり就業先はなかなか見つかりませんが、年金受給者になっても「い」はできます。

そういえば、アボリジニの人と暮している友人が話していました。
食糧なども猟で捕れた物は皆で分け与えられて食べる習慣です。
お金が優先ではなく協力させていただく「和の心」が優先なんですね。

私も「庸」で税金を代替えしてもらえないかなあ。
2013/11/08(金) 07:20 | URL | はっちょもん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

個人的な人生目的は近世以降

そうであれば、個人的な人生の目的という概念は、はじめから矛盾を含んでいる。人工的
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク