アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


今日は大東亜共同宣言の日

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■本日発売!
ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」

ねず本は、今日、書店さんに一斉に配下です。
店頭には、明日からのディスプレイになるようです。
こちら↓のサイトでは、書店さんに早々と置かれた様子が写真におさまっていました^^
http://lavender-cat.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/_v-0206.html
ありがたいことです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

富士山0217


今日11月6日は、今からちょうど70年前に「大東亜共同宣言」が出された日です。
「大東亜共同宣言」は、昭和18(1943)年11月6日、つまり大東亜戦争のまっただなかにおいて、日本、支那、タイ、満州、フィリピン、ビルマに、自由インド仮政府を加えた7カ国の共同声明として出されたものです。
その「大東亜共同宣言」は、世界の近代史を語る上で、とても重要な意義をもっています。

どういうことかというと、実はこの「大東亜共同宣言」がきっかけになって、翌月、対抗的に米英支の三か国(中心的役割は米)が「カイロ宣言」を出し、これを受けて「ポツタム宣言」が発せられ、わが国の降伏文書調印へと続いたのです。
そこには、どのような意味があったのでしょうか。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


その降伏文書は本来ならば、欧米の植民地支配の構図に、日本をはじめとした東亜諸国がついに屈服したという意味を本来なら持っているはずのものでした。

ところが歴史という目でみてみれば、戦争に負けたはずの「大東亜共同宣言」が、その後の「カイロ宣言、ポツタム宣言」に、歴史の上では明らかに勝利してしまったわけです。
なぜなら逆に500年続いた欧米による植民地支配の構図が、その後の歴史において、完膚なきまでに叩き潰されてしまったからです。

そういう意味において、「大東亜共同宣言」は、世界の歴史上も、また、わたしたちの国の歴史上も、実はたいへんに意義のある、重要な位置を占めています。

ところがおかしなことに、この「大東亜共同宣言」、その全文を紹介している本は、いま、ほとんどありません。
「大東亜共同宣言」は、意思をもって歴史から抹殺されています。

一般に、歴史というものは、戦争の勝利者によって塗り替えられるものです。
なぜなら歴史に正邪はないからです。
歴史にあるのは、勝者と敗者です。
それが、世界の歴史の常識です。

ところが大東亜戦争は、その世界の常識がひっくりかえってしまいました。
人類史の不思議としか言いようがないのですが、戦争の敗者が、その後の歴史において、実は戦争に勝ってしまいました。
これはきわめて異例なことです。

勘違いしてはいけないのですが、戦争というのは、集団で斬り合いをしたり、大砲や銃で撃ち合うことが戦争ではありません。
それは戦争行為であって、戦争自体は国家と国家が対立した政治目的を解決すべき最終手段のことをいいます。

戦争は、あくまで「政治目的決着のための手段」であって、勝敗そのものが「目的」ではありません。
つまり戦争の勝者とは「戦争の目的を達成した者」のことをいいます。
これが世界の戦争に関する定義だし、常識です。
戦闘という「手段」に勝利したからといって、政治目的が達成できなければ、実は、戦争に勝ったことにはならないのです。

おもしろいことに、「大東亜共同宣言」は、日本を含む7カ国で出されましたが、この宣言に、むしろ参加した日本以外の国が興奮し、大歓喜をしています。
「大東亜共同宣言」は、当時の東亜諸国の思いそのものであったからです。

ところが、対抗的に出された「カイロ宣言」に対しては、世界各国は、何のステートメントも発表していないどころか、あったことさえも、どこの国でも教科書から消し去っています。
これまた不思議なことといえます。

ちなみに、「大東亜共同宣言」を発した7カ国の中で、大東亜戦争開戦前の時点で独立国であったのは、日本、支那、タイ、満州の4カ国だけです。
そしてもっと驚くべきことには、この時期の世界で、有色人種で独立国を営んでいたのは、実はこの4カ国だけです。

では、その他の国はどうだったのかといえば、すべて白人たちの植民地、もしくは傀儡政権です。
国とさえなっていません。
ベトナムは「フランス領インドシナ」でしたし、インドネシアは「オランダ領東インド」、エチオピアは「イタリア領東アフリカ」でした。

国の定義はいろいろあろうかと思いますが、すくなくとも近代国家においては、国民が税を納め、その税を納める国民を、国がちゃんと把握している。それが近代国家とするなら、たとえば支那国民党政権は、なるほど政権を名乗っていたし、英米はその後ろ押しをしていたし、一定の軍事力を持っていたけれど、では蒋介石の国民党が、支那人民の戸籍や住民登録、納税者名簿をしっかりと掌握管理していたかというと、まったくしていません。

国民から税をとり、その「税で国民のための国政を担う」のが国の政府と定義するならば、他国からの援助資金や援助物資で武装し、国民を殺しまくるのは、政府とはいえません。
それは、政府や政権などではなく、単なるテロ組織です。
ということは、蒋介石政権は、現代の感覚でいえば、ただのテロ組織であったということです。

世界の有色人種の中で、たった4つ残された独立国と、これに日本が大東亜戦争開戦直後に独立させたフィリピン、ビルマが加わり、またこれから独立しようとするインドを加えた7カ国で、共同声明を発表したのが、「大東亜会議共同宣言」です。

そこで「大東亜会議共同宣言」の全文をみてみたいと思います。
ご一読いただくとわかりますが、ここで宣言しているのは、互いを尊重し、それぞれの民族が民族の歴史、文化、伝統を活かしながら互いに文化交流を深め、互いに経済関係を強化することで、相互に発展し、世界各国とも進んで仲良くしていこうということです。

要するに東亜諸国は、それぞれの国や民族毎に、相手が欧米列強であれ、同じ東亜諸国であれ、アフリカや南米や、太平洋の諸国等であれ、すべての諸国が、互いの存在や文化を認めあいながら、「対等」に交際していこうということを明確に宣言しています。

このことは、ものすごくたとえは悪いかもしれませんが、今の若い人たちにものすごくわかりやすく言えば、日本アニメのワンピースやドラゴンボール、あるいはNARUTOの主人公の仲間たちが、支配と隷属を強要しようとする悪の一味に対して、自由と公正のためにたちあがっている姿と、実はまったくおなじ姿なのです。

いつものように読みやすく、ねずさん流に現代語に訳しています。
もちろん原文は末尾に示します。
アニメ好きの方なら、北斗の拳の、対立と闘争、殺人や暴力があたりまえのように繰り返される世の中で、ラオウの圧政にケンシロウとともに立ち上がった民衆の宣言、とでも思いながら読んでいただいたら、ものすごくわかりやくなるかもしれません。

=======
【大東亜会議共同宣言】
昭和18(1943)年11月6日

(現代語)
世界各国が、民族毎に自分たちの土地を持ち、お互いにたすけあって、ともに国家として発展し、みんなで明るく楽しみをともにするためには、まず世界平和の確立がその根本です。

けれど米英は、自分たちの繁栄のためにだけ他国や他の民族を無理矢理押さえつけ、とくに東亜諸国に対しては飽くなき侵略と搾取を行い、東亜諸国の人々を奴隷にするという野望をむきだしにし、ついには東亜諸国の安定そのものを覆(くつがえ)しています。
つまり東亜諸国の戦争の原因は、そこにこそ問題の本質があります。

そこでわたしたち東亜の各国は、手を取り合って大東亜戦争を戦い、東亜諸国を米英の押さえつけから解放し、その自存自衞をまっとうするために、次の綱領にもとづいて、大東亜を建設して世界の平和の確立に寄与することを宣言します。

1 東亜諸国は、協同して東亜の安定を確保し、同義に基づく共存共栄の秩序を建設します。
2 東亜諸国は、相互に自主独立を尊重し、互いに助け合い、東亜諸国の親睦を確立します。
3 東亜諸国は、相互にその伝統を尊重し、各民族の創造性を伸ばし、東亜諸国それぞれの文化を高めあいます。
4 東亜諸国は、互いに緊密に連携することで、それぞれの国家の経済の発展を遂げるとともに、東亜諸国の繁栄を推進します。
5 東亜諸国は、世界各国との交流を深め、人種差別を撤廃し、互いによく文化を交流し、すすんで資源を解放して、世界の発展に貢献していきます。

(原文)
抑々世界各國ガ各其ノ所ヲ得相扶ケテ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ世界平和確立ノ根本要義ナリ
然ルニ米英ハ自國ノ繁榮ノ爲ニハ他國家他民族ヲ抑壓シ特ニ大東亞ニ對シテハ飽クナキ侵略搾取ヲ行ヒ大東亞隷屬化ノ野望ヲ逞ウシ遂ニハ大東亞ノ安定ヲ根柢ヨリ覆サントセリ大東亞戰爭ノ原因茲ニ存ス
大東亞各國ハ相提携シテ大東亞戰爭ヲ完遂シ大東亞ヲ米英ノ桎梏ヨリ解放シテ其ノ自存自衞ヲ全ウシ左ノ綱領ニ基キ大東亞ヲ建設シ以テ世界平和ノ確立ニ寄與センコトヲ期ス

一、大東亞各國ハ協同シテ大東亞ノ安定ヲ確保シ道義ニ基ク共存共榮ノ秩序ヲ建設ス
一、大東亞各國ハ相互ニ自主獨立ヲ尊重シ互助敦睦ノ實ヲ擧ゲ大東亞ノ親和ヲ確立ス
一、大東亞各國ハ相互ニ其ノ傳統ヲ尊重シ各民族ノ創造性ヲ伸暢シ大東亞ノ文化ヲ昂揚ス
一、大東亞各國ハ互惠ノ下緊密ニ提携シ其ノ經濟發展ヲ圖リ大東亞ノ繁榮ヲ増進ス
一、大東亞各國ハ萬邦トノ交誼ヲ篤ウシ人種的差別ヲ撤廢シ普ク文化ヲ交流シ進ンデ資源ヲ開放シ以テ世界ノ進運ニ貢獻ス

=========

冒頭に書きましたが、この大東亜会議共同宣言が出たのが11月6日で、そのすぐ1ヶ月あとの昭和18年12月1日に、米英が支那の国民党の蒋介石をひっぱりこんで、3カ国で共同宣言を行っています。
これが「カイロ宣言」です。
ですから、「カイロ宣言」が、上に述べた「大東亜共同宣言」の強力な影響力をおそれた米英が、大綱的にこれを出したことは、明白です。

ところがその「カイロ宣言」は、いまでは原文まったく「わからない」ものになっています。
そんなバカなと思われるかもしれませんが、すくなくとも日本では、まったくわからないものとなっています。
いまわかるのは、当時の「報道が伝えている内容」だけです。

おそらくは、内容の中に「都合の悪い部分」があり、そこを意図的に改ざんしているために、宣言の原文を隠しているのだろうと思います(*1)が、それでも、この「カイロ宣言」の言い分をみると、たいへんに面白いことがわかります。

(*1) おそらくその「都合の悪い部分」というのは、カイロ宣言が日本に無条件降伏を求めるとしているという点だろうと、私は思っています。連合国がポツタム宣言において日本に求めた無条件降伏は、あくまで日本軍の無条件降伏であって、日本国政府の無条件降伏ではありません。けれど降伏後の占領統治は、日本国政府が無条件降伏をしたかのごとき占領政策となっています。
そしてその根拠を「カイロ宣言において、連合国は日本軍ではなく、日本国に無条件降伏を求めている」という点におかれたわけです。けれども実はカイロ宣言には、日本国の無条件降伏などうたわれていなかった。であれば、カイロ宣言の宣言文が、戦後故意に隠蔽された理由も、ありえるものとなります。


報道による限り、「カイロ宣言」は、日本が軍国主義の侵略国家であり、その野蛮な日本に仮借なき弾圧を加えると宣言したものとされています。
さきほどの日本アニメのたとえでいえば、ワンピースや、NARUTO、ドラゴンボール、北斗の拳、なんでも良いのですが、暴政に立ち上がった主人公たちに対して、支配者である悪の支配者の側が、逆に主人公たちのグループを「暴力的侵略者」と決めつけています。

欧米による植民地支配というのは、約500年もの長い期間、続いたものです。
ごく一部の白人支配層が、数の上では圧倒的に多い有色人種たちを差別し、収奪し、その有色人種たちを使役することで、自分たちは「働かずに贅沢な暮らしができる」という夢を実現した「歴史ある制度」です。

白人諸国にしてみれば、日本の行ったふるまいは、彼らの財産や生活の基盤そのものを破壊する行為であったわけです。
それまで、王侯貴族のような生活ができたのに、日本という、たった一国の跳ね返り者によって、すべて破壊され、自分たちも働かなければ食べられなくなった。

いってみれば、いま、これをお読みのあなたの家に、いきなり武装した黄色い猿がやってきて、あなたの家も土地もパソコンも衣類もみんな奪っちゃった、みたいなもので、まさに怒り心頭であろうことは、それはそれで容易に想像ができようかと思います。

けれど、人類というのは、町内会長さん、たったひとりの贅沢な暮らしのために、他の町民が生きているわけではありません。みんなが等しく生を受け、みんなが等しくしあわせな暮らしを希求できるように生まれてきています。
人は、一部の人の贅沢のために生まれてきているのではありません。
そして、それこそが、まさに日本の常識であり、世界の民衆の常識です。

これは世界の人類史上の、まさにエポックだと思うのですが、日本という不思議な国は、いまから1300年もの昔に、民衆こそが大事という国の形を築きあげました。
日本には神の血筋としての天皇がいて、民はその天皇の民です。そして権力者は天皇によって任命され、民のために働く。それが日本という国のカタチです。

ですから日本では、民は権力者とは人として対等な民です。
「なるほどあいつはたしかに東大出のエリートで、政治権力者かもしれねえ。俺は学歴もなんにもない一介のしがねえ職人でしかないかもしれねえ。でもな、寿司を握らせたら俺の腕は天下一だぜ」というのが、対等の概念です。

「あいつは勉強は学年で一番だ。だけど駆けっこだったら俺が一番だ」
「俺は勉強も駆けっこも苦手だけど、マンガを書いたら俺が一番だ」
「俺は勉強も駆けっこも絵もかけねえけど、ドラムを叩いたら学年一だ」等々、こういう概念は、相手のすごさをきちんと認めた上で、自分も向上して行こうという「対等」意識です。

「大東亜会議共同宣言文」も、この「日本的対等意識」が根幹となっています。
すなわち、
肌の色が違っていても、俺たちは人として、民族として対等だ。
欧米と対等になれるよう、自分たちも互いに協力して成長し、発展していこう。
東亜諸国の民族も国もみんな対等に付き合おう。
そういう考え方に基づいているわけです。

これに対し、対抗的に出された「カイロ宣言」は、差別され、迫害され続けた者たちが「対等」になろうとすることを拒否し、対等な関係を求めて立ち上がった者を、軍国主義の侵略者とレッテルを貼って決めつけています。
そして戦後の日本も、そのレッテルにいまだにずっとひきずられています。

=======
【カイロ宣言】
昭和18(1943)年12月1日

(現代語訳)
(1) 各軍事使節は日本国に対する将来の軍事行動を協定した。
(2) 三大同盟国は、海路陸路及空路により、その野蛮な敵国に対し、仮借なき弾圧を加える決意を表明した。右弾圧は既に増大しつつある。

(3) 三大同盟国は、日本国の侵略を制止し、かつこれを罰するため、このたびの戦争をなしつつあるものである。右同盟国は、自国の為に何等の利得をも欲求するものではない。また、領土拡張の何等の念をももっているものではない。

(4) 右同盟国の目的は、日本国より1914年の第一次世界戦争の開始以後に日本が奪取し、また占領した太平洋における一切の島嶼を剥奪すること、ならびに満洲、台湾および澎湖島の如き日本が清国人から盗取した一切の地域を中華民国に返還することにある。

(5) 日本国は、暴力および貧慾によって日本の略取した他の一切の地域から駆逐されるべし。
(6) 前記三大国は、朝鮮の人民の奴隷状態に留意し、朝鮮を自由かつ独立のものとする決意を有している。

(7) 右の目的をもって、右三同盟国は、同盟諸国中日本国と交戦中の諸国と協調し、日本に無条件降伏させるに必要な重大かつ長期的行動を続行する。

(原文)
PLEASE SAFEGUARD AGAINST PREMATURE RELEASE OR PUBLICATION.
http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/01/002_46/002_46tx.html

The following communique is for automatic release at 7:30 P.M., E.W.T., on Wednesday, December 1, 1943.
Extraordinary precautions must be taken to hold this communication absolutely confidential and secret until the hour set for automatic release.

No intimation can be given its contents nor shall its contents be the subject of speculation or discussion on the part of anybody receiving it, prior to the hour of release.

Radio commentators and news broadcasters are particularly cautioned not to make the communication the subject of speculation before the hour of release for publication.

STEPHEN EARLY
Secretary to the President

President Roosevelt, Generalissimo Chiang Kai-shek and Prime Minister Mr. Churchill, together with their respective military and diplomatic advisers, have completed a conference in North Africa.

The following general statement was issued:

"The several military missions have agreed upon future military operations against Japan. The Three Great Allies expressed their resolve to bring unrelenting pressure against their brutal enemies by sea, land, and air. This pressure is already rising.

"The Three Great Allies are fighting this war to restrain and punish the aggression of Japan. They covet no gain for themselves and have no thought of territorial expansion. It is their purpose that Japan shall be stripped of all the islands in the Pacific which she has seized or occupied since the beginning of the first World War in 1914, and that all the territories Japan has stolen from the Chinese, such as Manchuria, Formosa, and The Pescadores, shall be restored to the Republic of China. Japan will also be expelled from all other territories which she has taken by violence and greed. The aforesaid three great powers, mindful of the enslavement of the people of Korea, are determined that in due course Korea shall become free and independent.

"With these objects in view the three Allies, in harmony with those of the United Nations at war with Japan, will continue to persevere in the serious and prolonged operations necessary to procure the unconditional surrender of Japan."

========

もうひとつ書いておかなければならないことがあります。

欧米において、とくにそのエスタブリッシュメントというか、古くから、その支配層にいた伝統的家柄のエリートさんたちの間には、いまだに「日本によって自分たちの植民地における財産と利権を奪われた」という恨みを激しく抱いている人たちが多い、ということです。
まことに残念なことではありますが、それが事実です。

いえるのは、私達日本が、未来においても世界の中の対等な民、対等な民族であり続けるためには、そうした恨みをもった人たちとも、ちゃんと仲良く付き合って行かなければならないということです。

さらに古くからの植民地支配以上に、いまだに不当な支配と隷属を国のカタチとしている有色人種国家が、日本のすぐ隣にあるという事実もあります。

ポツタム宣言と、降伏文書の詳細に関する記事を書きましたが、そこには日本に対する占領統治は、占領が終結した時点で、すべて終わりにする、と明記されています。

日本の占領統治が終わり、日本が独立したのが、昭和27(1952)年です。
それからもう61年が経過しました。
日本が真実に目覚めるときが、ようやくやってきたのだと、私は思います。

新しい日本のために、
新しい世界のために、です。

<ご参考>
悠久の正義と力の正義
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1798.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

人種の平等と世界平和,公正な世界を目指した日本 YouTube





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!
関連記事

コメント
左翼の敗戦史観から目覚めよ
皆さん今日は、日本はアジアを開放した戦勝国です。

当時植民地であった多くのアジアを開放した大東亜戦争によって500年の長きに渡る白人国家から植民地解放を成し遂げたのが我が民族である日本です。

戦争は政治、外交の一部であり、アジア開放を目的として戦争に踏み込みざろう得なくしたのは白人国家です。
結果は皆さんご存知のように植民地解放されました。

この時白人の犬になったのが支那、蒋介石で、戦争中は日本軍
として戦っていた朝鮮人が戦後に寝返って悪さをはじめました。
 
アジア民族から見れば、とんでもない民族です。
慰安婦、南京虐殺等、みんな捏造に過ぎず、GHQや左翼史観から覚めて、誇りある国作りをし後世に残して行きましょう。

大東亜共同宣言も、昭和16年12月8日発表の帝国政府声明文の一連の流れに基づいて開かれていました。

支那、南北朝鮮の言いがかり、尖閣泥棒行為なぞ屁みたいなものではないでしょうか。

靖国の英霊を尊崇すれば、白人、特亜の所業がバレバレになり
彼らにとってはとっても都合が悪くなります。

我々日本人は戦勝国であり誇りを持ってアジアを牽引していくべきです。

木を見て森を見ず、重箱の隅をつついていたら台所から火が出て家が燃えてしまったことのないよう気をつけましょう。

2013/12/01(日) 11:26 | URL | 虎さん #52438jAI[ 編集]
No title
中国とはどんな国だろうー中国共産党要人(資産、家族)の国外逃避

http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11670861021.html
2013/11/06(水) 17:30 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
マスコミ日教組はゴミ!
ねずさん、お久しぶりです。
いつも、超勉強になり、パワーを頂いております。
大東亜・人類の理想を掲げて、戦って下さった御先祖様方を誇りに思います。
私の祖父は、帝国陸軍軍人でありました。最近は、好きだった羊羹とタバコを持って、毎月墓参りに行ってます。
神の軍隊、日本陸軍の兵隊さんだっただけあって、もの凄いパワーが貰えます。

大東亜会議共同宣言の
米英→マスコミ
大東亜→日本国
諸国→皇民(日本国民)
に変えると、現在の日本の報道の問題点と同じ、マスコミは、米英と同じような大罪を行っていると思いました。
沖縄米軍基地問題やオスプレイを平気で叩きまくる日本のマスコミは、『GHQの30項目の検閲』があるため、本当の歴史を伝えられない訳ではなく、自分たち左翼の思想信条のためや自分たちの利権獲得のために嘘捏造を垂れ流し続け、知らせない自由を行使し、情報操作して、日本国民を騙し続けている。
日教組と連動して、嘘捏造を、まるで本当であるかのように子供達騙し続けるのは、もういい加減止めて貰いたいです。
嘘捏造・報道しない自由を行使するマスコミは、一度潰すべきだと思います。
では。

追伸、ねずさんの昭和天皇の終戦の詔勅のお話は、感動しました。
先帝陛下の教えを私は、知りませんでした。
マスコミは、耐え難きを耐え、忍び難きを忍びばかりを報道し、先帝陛下の真の教えを知らない(最後の数行に日本を元気にし、取り戻す大切なお言葉があると思いました)。最後のお言葉を繰り返し放送し、皇民はそれを繰り返し学び、実践すべきです。
私は、これを実践したら、日本はあっと言う間に元気で活力のある未来や自分に自信のある倫理道徳の高い神の国日本に復活すると思います。
ぜひ、定期的に掲載して(ぜひ、若い人・学生さんに知って)頂いきたいお話として、リクエストしたいと思います。
日本を取り戻す!
2013/11/06(水) 17:08 | URL | あ. #mQop/nM.[ 編集]
No title
カイロ宣言は、その文中にも宣言という単語はなく、協定になっていますけど・・・・・・・米英中の三国が日本に対する軍事協定であって、それ以上のものでもない。
ついでにいえば、中国に至っては国家でもない単なる軍事勢力です。
それに、大満州帝国は日本が支援して建国した国家ではありますが、その皇帝は愛新覚羅溥儀であり、インドのように大英帝国の国王を戴く植民地ではありません。
また、満州は清国建国以前、中国に含まれる地域でもなかったのですが、日本の終戦後に中国が侵略したうえ、その地域の名前までも消し去り、今は東北地方とされました。
満州の女真族は、少数民族として残っているのでしょうか、消されてしまったのかも知れません。
これが、本当の侵略だと思います。




韓国の朴槿恵大統領が、今度はフランスで日本の歴史認識を言っています。
また、敗戦後のドイツが周辺国と和解したことに触れて、日本の戦後処理に文句を言っていますが、朴槿恵の知識の無さを露呈しています。
先ず、日本は韓国と正式な条約を締結して、韓国とは和解しています。
また、おそらくはドイツのユダヤ人に対する個人補償を評価し、韓国人にも個人補償を欲しいのでしょうけれど、朴正煕大統領がこれを拒否して国家補償として受領していますから、韓国人は個人補償が欲しいのならば、韓国に対して請求すれば良いのです。
余分なことですけれど、国が他国に対して補償する場合、個人に対して補償することを考えますと、どうしても漏れる人が出てきます。ですから、この漏れを防止するには、国に対して補償して、その国が自国民に分配することがもっとも公平だと思います。
しかし、ドイツはユダヤ人に対して国家補償せずに、個人補償にしました。
その理由には、ドイツ国内のユダヤ人の把握が不十分であったことと、当時、ユダヤ人の国家がなかったためだと思います。



皇族の竹田恒泰氏が、テレビ番組(たかじんの何でも言って委員会)で韓国人の通り名について話したところ、テレビ局に韓国人からの苦情があったため、番組で謝罪がありました。
しかしながら、在特会の活動によって朝鮮人に対する優遇策が、社会的に取り上げられたことは事実です。通り名を含む韓国人への各種の優遇策は、戦後既にもう70年にもなろうとするのですから、止めても良い時期だと思います。
また、今回のテレビ番組に対する苦情から、韓国に対する事柄をテレビ番組で取り上げることが消極的になるのならば、残念に思います。日本は、言論の自由を保障しています。ヘイトスピーチの内容には、一部不適切なものがありますから、それは是正しなければなりませんが、それを以て、韓国人の不正や無法を見逃すことは許されないと思います。
2013/11/06(水) 16:12 | URL | ポッポ #-[ 編集]
迷惑な韓国さん
ねずさん、いつもブログ拝読してます。
ねずさんのブログでは何度も熱い涙を流しました。素晴らしい記事をありがとうございます。

ところで、以前ねずさんがご紹介されていた「迷惑な韓国」というブログ。最近全然更新されていないようで、何だかとても心配なのです。
ねずさんも個人的なお知り合いではないでしょうからご存じないとは思いますが、相手が相手だけに何らかの圧力がかかってしまったのではないかと、ブログ主様の身が心配です。
2013/11/06(水) 14:56 | URL | 花 #X.Av9vec[ 編集]
No title
ねずさん、いつも為になるお話しを、ありがとうございます。

日本人で、良かった!
と、心から、感じる事ができ、私は幸せです。


ねずさん、ご存知でしょうか?

ユーチューブに、
朝鮮戦争時の、アメリカ兵によって過酷な朝鮮売春婦の実態が、当時の朝鮮の新聞記事を元にして、編集した画像がアップされてます。

前々から、日本に謝罪を求める方の話は、
朝鮮戦争時だと、話の辻褄が合うと言われていましたが、
やはり、事実はそうでした。

http://www.youtube.com/watch?v=KZ2d1bqycmw


英語版もございますが、アクセスがあまり無い様です。
英語版も、皆様にみて戴きたく、図々しいのですが、ご紹介させてください。

英語版は、こちらからです。
http://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_432572&feature=iv&src_vid=KZ2d1bqycmw&v=7jlfAqR8uBc

皆様、宜しくお願いします。
2013/11/06(水) 14:52 | URL | 失礼します #x06YB2Ag[ 編集]
No title
戦争に負けた・・負けたから偉大なる先人の方々が命がけで成し遂げようとしてきたものが全て悪のレッテルを貼られ、火事場泥棒のシナ、コリアどもにいいように脅迫され、金や技術を脅し取られ、今日に至りました。もはやそれは断固として許してはならない!!日本をなめるな!!そして粛々と時代を担う子供たちに武道を教え、強い日本人集団をつくりあげる・・無骨者爺さんにはその道しかありません。頑張りましょう!!
2013/11/06(水) 14:32 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
No title
「日本の教科書の検閲はやめなさい――歴史の見方は国によって違うものだ」米バンダービルト大学教授ジェームス・アワー、(産経新聞、2001年8月14日、「正論」)。

≪≪≪      ≫≫≫

最悪の「戦争」は南北戦争

日本が歴史上の出来事についてきちんと反省しないと批判する外国人は、往々にしてその証拠として日本の歴史の教科書問題を持ち出す。だが、こんな批判をする人は、言う前によく考えるべきだ。

地理上近くにあり、文化的にも似ている2つの国は、めったに歴史を同じように見ることはないだろう。特に問題のある場合には、その傾向は強いであろう。

例えば、伊藤博文の暗殺者は朝鮮半島では英雄であるが、日本では暗殺犯である。私は今年、日本の還暦に当たる。この年になるまでの様々な経験の積み重ねから、私は、人の見方というのは、その人がどこに住むかによって違ってくる、ということを知った。

特に、生涯で初めて米国南部の町に住んだ13年ほどでそのことを知り、とても衝撃を受けた。

1988年にテネシー州に移る前、私はミネソタ州に生まれ住み、ウィスコンシン州で学校時代を過ごした。その後、米海軍士官になり、日本、マサチューセッツ、ワシントンDCでほぼ20年を過ごした。

学校に行っていた時代を含む47年間。私にとって、最悪の「戦争」はいつでもおのずと、第二次世界大戦を意味した。しかし、2001年の今日でもテネシー州の大半や元南部連合国であった州では、最悪の「戦争」とは米国の南北戦争のことだ。

過去の戦争による死傷者数を比べれば、南部の人の言うことは正しい。
第二次世界大戦を含め、米国人が参戦した戦争では南北戦争による死者が1番多いのだ。

それに加えて、米国南部と北部の人では、南北戦争が起こった原因への見方がそれぞれ違う。北部では奴隷制度がもっとも大きな要因であったと思う人が多いし、南部ではユニオン(連邦)から脱退して1776年に自発的に連合することを選んだ州の権利をめぐって戦争が起こった、と思う人が多い。

≪≪≪      ≫≫≫

類似した教科書のほうが驚き

この点からすると、中国や韓国は何を目的として日本の教科書を批判するのかと考えざるを得ない。戦争という歴史的事実の大きさを考えると、中国、韓国、日本の教科書がそれぞれに異なった内容をもつより、類似した内容である方がより大きな驚きではないだろうか。

この3国がお互いに合意して共通の歴史をもつべきというなら、結果としてできる教科書は内容があいまい過ぎて、ほとんど意味をなさないであろう。

批評家の中でもこうした共通の歴史観を持つことを薦める人がいるが、この考えは少し単純すぎないだろうか。

当然、人はそれぞれ自国の歴史を振り返り、それについて勉強すべきだ。
私がとても大切だと思っているのは、日本、英国、米国のような民主主義が発展した国では、歴史を学ぼうとする国民は、自国はもちろん、他国の歴史について様々な考え方を書いた本をいつでも手に入れることができるということだ。

英国人がジョージ・ワシントンやその後継者が何を成し遂げたかを知り、米国北部出身の私が南北戦争時代のもっとも偉大な将軍はユリシーズ・S・グラントではなくてロバート・E・リーであるということを知る。

同じように、日本人は、南京で起こったことについて中国人が何を考えているかまた、1910年から1945年の日本による統治を朝鮮半島の人がどう見ているかを簡単に調べることができる。

≪≪≪      ≫≫≫

多様な考え認める自由な国

しかし、中国ではそうではない。中国の学生や国民は、台湾の民主主義的発展を知らせる本やニュースは入手しにくい。同じことは、北朝鮮についても言える。

過去の間違いを再び繰り返さないために、それぞれの国が歴史を学ぶべきだ。民主主義国家では子供たちの学校の選択や、様々な考え方についてどの教科書を読んで学びたいかの選択が可能だ。

日本の教科書を検閲しようとする前に、それを非難する人たちは事実を調べるべきだ。

自由の国では様々な見方が容認されている。南部人である私の妻と北部人の私は「戦争」がどれを意味するかについては意見を異にするかもしれないが、私たちは今日メーソン・ディクソン・ライン(南北戦争以前、奴隷を許す州とそうでな州を分ける線)の両側の人々が信じていることをよくわかっている。

妻や南部人の多くは、私が「南北戦争」と呼ぶ戦争を半ば冗談ながらいまだに「北軍侵略戦争」と呼ぶのだが、彼女はヤンキー(北部人)の私と結婚してくれ、私たちはとても幸せに暮らしており、子供たちには米国、ヨーロッパ、アジアの歴史を幅広く教えている。
2013/11/06(水) 10:02 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
ねずさんの本が今日、書店さんに一斉に配下。
おめでとうございます。

そして今日は>70年前に「大東亜共同宣言」が出された日です<
世の中に偶然は無いといいますので、ねず本が今日、配下されるのも時代が求めた物であって、必然的な事だったと思います。
何か力強いものを感じます。

話は変わりますが、先日ある所で衆議院の地元国会議員の方とお会いする機会があり、短い時間でしたがお話させて頂きました。
議員も日本の現状を心から憂いておられました。
安倍首相の話になり、私が「テレビをとうして見る首相、自信に満ち心強く感じます」と言うと、議員の方が、「自分達が側にいても首相から近寄り難いオーラを感じ、思わず自分達も日本国の為に頑張らねばと気合が入ります」と話されていました。
また、議員は「貴重なご意見ありがとうございました、日本国の為に全力で頑張ります、自分達も元気を頂きました、何かありましたらご意見、どしどしお聞かせ下さい」と言われました。
この様な方こそ日本国のバッジを付ける資格がある真の日本国の国会議員です。

今日のスレの文中にもありました>日本では、民は権力者とは人として対等な民です。
「なるほどあいつはたしかに東大出のエリートで、政治権力者かもしれねえ。俺は学歴もなんにもない一介のしがねえ職人でしかないかもしれねえ。でもな、寿司を握らせたら俺の腕は天下一だぜ」というのが、対等の概念です。
「あいつは勉強は学年で一番だ。だけど駆けっこだったら俺が一番だ」
「俺は勉強も駆けっこも苦手だけど、マンガを書いたら俺が一番だ」
「俺は勉強も駆けっこも絵もかけねえけど、ドラムを叩いたら学年一だ」等々、こういう概念は、相手のすごさをきちんと認めた上で、自分も向上して行こうという「対等」意識です<

仰る通りです。
どちらも驕り高ぶらず、理念を同じくし、お互いを認合った時にこそ物事が動き始めます。
先日、議員にお会いした時そのように感じました。

余談ですが、先日ねずさんが「郷土史」をUPされた日、たまたま地元公民館で、あるイベントのお手伝いがあり行ったのですが、そこで館長から「実は地元の郷土史、例えば村にしても町にしてもその名前の由来があるはずです、それを作成したいと思っているのですが、よければ〇〇さん、お手伝い下さいませんか」とのお誘いを受けました。
思わず「えーっ」と思いました。
と言うのは、ねずさんが「郷土史」をUPされた日に館長からそのようなお話があるとは思ってもみませんでしたから、、、。
偶然というのは無いというので、これも必然的な物だったのかなと思っています。
時間が許す限り小さな一歩ですがお手伝いをさせていただこうと思います。
2013/11/06(水) 09:50 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
婚外子格差規定の撤廃了承=民法改正案、今国会成立確実に-自民
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013110500922

自民党法務部会は5日、結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子)の遺産相続に関する格差規定を削除する民法改正案を了承した。これにより、同改正案の今国会での成立は確実となり、最高裁が違憲と判断した規定は撤廃されることになった。公明党法務部会は既に了承しており、政府は来週にも改正案を閣議決定する。
一方、自民党法務部会は、出生届に結婚している夫婦の子(嫡出子)か婚外子かを記載するよう義務付けた規定を削る戸籍法改正案に関しては、違憲判断の対象になっていないとして了承しなかった。この結果、今国会への戸籍法改正案の提出は見送られることになった。
部会では、伝統的な家族観を重視する出席者から「最高裁の暴走だ。そこまで(法律を)変える権限は与えられていない」「堂々と不倫して子どもをつくってしまう」などと異論が続出した。
ただ、最終的には、戸籍法の改正を見送り、相続法制の在り方を検討する組織を法務省と自民党にそれぞれ設置し、連携して1年を目途に「家族の絆を守るための諸施策」を取りまとめることで折り合った。自民党は法務省に対し、法律婚尊重の観点から配偶者を財産的に保護する方策を検討するよう求めた。 
部会後、民法改正に慎重だった赤池誠章参院議員は「最高裁の決定だから形式的には従わざるを得ない。悪法も法なりという言葉があるが、悪決定も決定だ」と述べ、不満をにじませた。
2013/11/06(水) 07:24 | URL | hehehe #-[ 編集]
No title
米側資料の慰安婦は「大金稼ぎ欲しいもの買えた」 韓国主張の性奴隷とは異なる風景
2013.11.5 09:20 (1/2ページ)[歴史認識]
 根拠なく慰安婦募集の強制性を認めた河野談話が出されて以降、世界で慰安婦イコール性奴隷と流布されているが、現実はどうだったか。過去の米国の資料からは、それとは全く別の慰安婦像が浮かび上がる。

 米国戦争情報局資料「心理戦チーム報告書」(1944年10月1日)は、米軍がビルマ(現ミャンマー)・ミートキーナ(同ミチナ)で捕らえた朝鮮人慰安婦20人らから尋問した内容をまとめている。それによると慰安所における慰安婦の生活の実態は、次のように記されている。

 「食事や生活用品はそれほど切り詰められていたわけではなく、彼女らは金を多く持っていたので、欲しいものを買うことができた。兵士からの贈り物に加えて、衣服、靴、たばこ、化粧品を買うことができた」「ビルマにいる間、彼女らは将兵とともにスポーツを楽しんだりピクニックや娯楽、夕食会に参加した。彼女らは蓄音機を持っており、町に買い物に出ることを許されていた」

 報告書はまた、「慰安婦は客を断る特権を与えられていた」「(日本人兵士が)結婚を申し込むケースが多くあり、現実に結婚に至ったケースもあった」と書いている。雇用契約に関しては、慰安所経営者と慰安婦の配分率は50%ずつだが、平均月収は1500円だった(当時の下士官の月収は15円前後)。


米側資料の慰安婦は「大金稼ぎ欲しいもの買えた」 韓国主張の性奴隷とは異なる風景
2013.11.5 09:20 (2/2ページ)[歴史認識]
 国連人権委員会に96年、慰安婦を性奴隷と位置づける報告書を提出したクマラスワミ特別報告官と会い、慰安婦問題について説明したことがある現代史家の秦郁彦氏は次のように語る。

 「クマラスワミ氏は、河野談話は『強制連行』とは書いていないが、それを否定していないと解したのだろう。河野談話は日本政府の談話であり、国連などの場で他者を説得するには一番便利だ。また、外国人の感覚では『悪いことをしたから謝るのだろう。やはり強制連行をしたのだ』と受け止めるのも無理はない」


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131105/plc13110509210006-n1.htm


2013/11/06(水) 07:03 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク