アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


協同する

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」
ラジオでのねず本のお話です。下のURLで聞くことができます。私も出演しています。
http://www.sinkan.jp/radio/radio_1674.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

堤防に咲くコスモス
堤防に咲くコスモス


すこし前に「結い(ゆい)」のお話をしましたので、今日は、それにちなんだお話をしてみたいと思います。
ちなみに「結」は、「いとへん」に大吉の「吉」と書きます。
人と人とが糸で結ばれると、良いことがあるから、「吉」です。
最近では「結」より「絆」が一般に広がっていますが、糸が半分ずつより、結ばれて「吉」な方が、私は個人的には好きかもしれません

さて、九州は久留米の東側に筑後川(ちくごがわ)があります。
かつてこの流域の地方は、水は近くにあるのですが、川が低くて、流れが急なために田になかなか水が引けず、そのために作物が十分に採れず、住民たちがたいそう貧しい生活をしていたのです。


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


江戸時代の初めごろ、この地方に栗林次兵衛、本松平右衛門、山下助左衛門、重富平左衛門、猪山作之丞という五人の荘屋さんがいました。
五人は、村の困難をどうにかして救おうと相談しました。
そしてついに、筑後川に大きな堰を設けて、掘割を造って水を引こうと決めました。

測量も行い、成功の見込は立ちました。
けれど、これまで誰も計画したことのない大工事です。
人夫もたくさんいるし、費用もかかる。

けれど藩政は苦しい台所事情です。
藩の許可を得るのは、現実の問題として、なかなか容易なことではありません。
そこで五人は、
「ワシらがいったん思い立った以上は、たとえどんなことがあってもきっとこれを成就しよう。それまでは、五人の者は一心同体であるぞ」と、堅く誓いあいました。

五人はそれぞれに村人たちを集め、みんなに計画を話しました。
みんなも協同して働くと誓いあってくれました。

他の村の荘屋さんたちも、計画を聞いて仲間に加りたいと申し込んでくれました。
けれど五人は、
「この大工事がもし不成功に終わったら、ワシら五人は、命を捨ててお詫びしなければならない。むやみに人様を仲間に入れ、万一の迷惑をかけてはならない」からと、これを断りました。
それでも他の村の荘屋さんたちは、五人の志が堅いことを知って、いっしょになって藩への願い出に連署してくれました。

藩も、工事には理解を示してくれました。
けれど、あまりに費用が大きい。
許可はなかなかでません。

一方、この計画の水路にあたる一部の村の荘屋さんたちは、
「そのような堰を設られたら、洪水の際に我々の村に被害が出る」と、工事に反対をしてきました。

五人の荘屋は度々藩の役所に出て、計画の確であることを熱心に説明しました。
役人は五人に向かい、「もし計画通りに行かなかったら、お前方はどうするつもりか。」とききました。
「そのときは、私ども五人、責任を負って、どんな重い刑罰でも、快くお受け致します」と申しました。
役人は、五人の志を受け、藩にもかけあい、ついに五人の願いを許したのです。

五人の荘屋は、仲間の荘屋たちと一しょになって、村人たちを指図して、いよいよ工事にとりかかりました。
監督に来た藩の役人は、「もし失敗したら、ふびんながら、五人を重く罰するぞ。」と、改めて申し渡しました。
村人たちは口々に、「荘屋を罪におとしてはすまない」と言って、夜昼なく、一生懸命に働いてくれました。
女子供までも手伝って木や石を運んでくれましたから、さしもの大工事が意外にはかどりました。

いよいよ大きな堰が出来上りました。
水を通しました。
計画通り、筑後川の水がとうとうと掘割に流れ込みました。
そのときの村人たちの喜びはたとえようもないものでした。

その成功を見て、他の村々でも、水を引きたいと願い出てきました。
そして堰と掘割をひろげることになりました。
始めのうち工事に反対していた荘屋さんたちも、水の分前にあずかりたいと願い出てきました。

一部の人たちからは、
「あの人々は、当初工事に反対したから、俺たちの村に水が来るまでは、後回しにすべきだ」という声もあがりましたが、五人の荘屋は、
「この工事は、もともとこの地方のために起したことですから、その水利は出来るだけ広く受けさせとうございます。どうか皆様に同時にお許し下さい」と、反対する人たちに頭をさげました。
役人も同意してくれました。

こうして筑後川の流域は、この地方を代表する、大穀倉地帯に生まれ変わりました。
それは、五人の荘屋さんたちを始め、村人たちが心をあわせ必死になって尽くしてくれたおかげです。

・・・・・・

と、このお話は、実は戦前の尋常小学校6年生の修身の教科書にあったお話です。
文章は、ねずさん流の現代文にだいぶ手を加えさせていただいて、掲示させていただきました。

そして、この物語を、次のように締めくくられています。
=========
我等の住む市や町や村は、昔から人々が協同一致して郷土のために力を尽くしたおかげで、今日のように開けて来たのです。
協同の精神は、人々が市町村を成し、全体を反映させる基であります。
=========

考えてみれば、いまわたしたちが住んでいる町も、道路も、公園も、川に架かる橋も、電車も、電線も、全部わたしたちの先人達が、何代にもわたって築いてきてくれた大きな遺産です。

そしてその遺産は、同時にわたしたちの先輩達が、先輩達の生活のためでもあり、また同時に、後世に生きるわたしたちのためであり、そのまたわたしたちの子や孫、それに続く未来の世代のためにと、先輩達が力を合わせ、協同して築いてくれた遺産です。
上にご紹介した筑後川の流域の庄屋さんと村人たちの物語は、全国津々浦々で行われた物語でもある。

わたしたちの先輩たちまでは、そういうことを学校で学んでいました。
その前の先輩たちも、おなじことを、寺子屋で学んでいました。
ですから、それらは、わたしたち日本人にとっての常識でした。

けれど戦後のわたしたちや、その後の世代はどうでしょう。
「1192(いいくに)つくろう鎌倉幕府」は学んでも、そういう「協同」することの大切さや、父祖の恩、国や国土を愛する心を、果たして学んで育ってきたのでしょうか。

そして「学ばない」ことが、昨今ではまるで「学ばせないこと」が正義であるかのような論調さえもあるという体たらくです。

協同するといういうことを、昔の人は「結い」と呼びました。
みんなが結ばれるから、良いことが起こる。
だから「吉」です。

いまからでも遅くない。
わたしたちは、わたしたちの国の「結い」の心を、あらゆる場で取り戻して行くべきときがきたのではないでしょうか。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


コスモス街道





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
No title
偉大なる先人皆様方から託された我が国の正しき道を歩んでゆきたいもの・・と思いますが・・ぼちぼち年末年始をみこし、年賀状をお断りする訃報通知が入りはじめました、去年までは知人の父母が亡くなった旨のハガキでしたが・・何と今年からは還暦を過ぎたばかりの旧知の方の訃報!、誠にいやなものです。人生、こうした思いもしながら老境に入るものでしょうか・・。私もあと何年?この世におさらばするまでに一人でも多くの後継者を育ててゆきたいものです。
2013/11/15(金) 16:16 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
No title
コスモスは英語で「宇宙」の意味ですが、植物でいうコスモスはギリシア語の「kosmos」に由来し「美しい」という意味です。美しい花の姿に由来します。
そして日本名「秋桜」ともいいますね。
「秋桜」何と言う美しい響きでしょう。

春の桜が受難を受け、多くの命が散っていきました。
その後の土手には、セイタカアワダチソウなるやっかいな外来種が蔓延り、土手を占拠するありさまです。

土手は私達日本のものです、私達が「秋桜」となり、春の桜に恩返しをしなければならない時が来ている、そのように思います。

来週、友人達と会う機会があります、ねずさんの本を貸してあげようと思っています。
読む読まないはその人が決める事です。
貸す前から悩んでいたら事は動きません。
誰からどう思われようと、そんな事はどうでもいいんです。まずは事実を知ってもらう、今日本にとって一番大切な事だと思います。

先の戦いであらゆる矛盾も全て解かった上で、それを飲み込み、散華された英霊の皆様の事を思えば、こんなもの小さすぎて取るに足りません。

でも、今はその取るに足らない一人一人の声が一番必要とされている、そう思います。
春の桜、そして秋桜で日本中を埋め尽したいですね。
がんばりましょう!
2013/11/15(金) 13:23 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
ねずさんの本があの中日新聞の広告欄に!!
嫁が購読している中日新聞という超左翼新聞があるのですが、本日の一面広告欄にねずさんの本の広告が載っておりました。私はこの中日新聞が大嫌いで嫁に何度も解約するように言っているのですが広告が届かなくなるとか地域の情報が見れなくなるなどの理由で取りつづけています。ネットで見れば両方とも情報を得られるのですが、いかんせん、嫁はまったくの機械音痴でPCの操作がまったく出来ません。なので情報源は未だに新聞、テレビのみです。ですから考え方も左翼そのもの。私とは意見のぶつかり合いがしょっちゅうです。特に支那や朝鮮に対し厳しく私がつぶやくと怒り出します。そんな悪い人達じゃない、そんな偏見の目で見てはダメだと言うのです。まさに新聞、テレビの洗脳をまともに受けていますよね。しかし、ひとつ希望が持てるのはこのような左翼思想のお馬鹿さんにねずさんの本を読んでもらうきっかけに中日新聞の広告欄が一役買ってくれたこと。ねずさんの本を読めばきっと新聞やテレビが言っている事がいかに嘘だらけだって理解できるはずです。無論、私もねずさんの本を買ったので嫁に読ませます。どうか左翼に染まった嫁の洗脳が解けますように。
2013/11/15(金) 10:52 | URL | 日本人に生まれて良かった。 #mQop/nM.[ 編集]
No title
河川に堰を作って掘り割りをするのは、本来は半の仕事だと思います。しかし、財政上の問題から庄屋さんがこれを計画され、実行されたのは凄いと思いました。
今の世の中は何事かを計画するとき、昔より規模の大きいことが影響しますが、常に市町村や国に対して請願することで処理しようと考えます。何事につけ、自分や近隣の力で共同して、もう少し頑張れないものかと思います。



少し日が経ちましたが、在特会の会長が在日らしき、噂を耳にしました。
もしそうだとすると、在日が在日に対してヘイトスピーチを仕掛けていたことになり、意味が分からないのです。
しかし、在特会が極めて先鋭的なスピーチをすることで、一般の支持者が付いていけなくなって自己破壊を起こしたり、マスコミはスピーチ内容だけを捉えて明白な封殺行動を起こします。また、在日団体から訴訟を起こされて大きく敗訴することがありますと、現実的には在日団体に対しての抗議活動を封じ込められることで、実質的に在日団体は思うままの行動を誰にも止められなくなることになります。
在特会の行動について、すべて間違っているという気はありませんが、行動方法は修正しなければならないと思います。
しかしながら、レイシストしばき隊は公権力で規制し、処罰しなければならないと思います。今のままでは、在日団体の圧力で警察自体が規制しないことで彼らを優遇している。これが、彼らをますます増長させ、ひいては日本を貶めることになります。
このような行動を、日本人が韓国で実行すればどのような結果を導くかは、考えるまでもなく想像できることです。
日本は民主国家ですが、ものごと公平に処理しない場合、不公平さについては暴動が起こるとは言いませんが、選挙で大きく揺らぐことになります。



憲法の本質を知らない参議院議員の山本太郎に何者かが刃物を送りつけた件で、天皇陛下が心配されているそうです。
天皇陛下の優しさを山本太郎は、どう受け取るのでしょう。
2013/11/15(金) 10:45 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
 この話は、福岡市や筑後地方では、小学生の道徳か社会の授業で教えられたりすることはあります。北九州市でも同様の猿喰新田の話があります。もっとこのような郷土の誇りとなる人物の話をすべきだと思います。自虐教育では間違いなく健全な精神の子供は育ちませんので。
2013/11/15(金) 10:39 | URL | gattan #-[ 編集]
No title
ねずさんおはようございます。

日本にとって本当の敵は特亜でもなければ
国内の売国奴や左勢力でもなく
日本人一人一人の中にあるかもしれませんね。

邪魔する者は敵だ
わからぬ者は敵だ
反対する者は敵だ
支持しない者は敵だと

このような対立思考も戦後世代の特徴なのでしょうか
「和を以て結と成す」日本人が日本人としての
誇りと責任を取り戻すことで「日本を取り戻す」べきですね

今はまだ受け入れられない人たちや
判ってもらえない人たちにも
いつか判ってもらえるように努力し
根気で負けないように頑張ります。
2013/11/15(金) 10:30 | URL | コージ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク