アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


戦艦大和からのメッセージ

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」
ねず本、ネットで立ち読みができるようになりました。iPhonでも読めます。
http://homepage2.nifty.com/sai/e_book/t_n56_nezu_01/
ラジオ出演のねず本のお話です。下のURLで聞くことができます。私も出演しています。
http://www.sinkan.jp/radio/radio_1674.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

戦艦大和-1


戦艦大和は、美しい船です。
全長263メートル。
全幅38.9メートル。
15万馬力のタービンエンジンを搭載し、口径46センチの巨大な大砲を備えていました。
単に、強力な装備が施された世界最強の大戦艦というだけでなく、荒々しい中にも優美さと気品のある船です。
だから、日本そのものを意味する「大和」と命名されていました。

軍人であれ、民間人であれ、戦前であれ戦後であれ、日本人で戦争が好きな人などいません。
ただ国を護りたい。私たちの大切なものを護りたい。ただそれだけの想いが日本人の思いです。

戦後70年近く経ったいまでも、日本人なら誰もが「戦艦大和」と聞けば、その優美で力強い姿を瞼(まぶた)に思い浮かべることができます。
それは、日本人として不思議と備わった気品や美的感覚、そして大切なものを護りたいという本能によるものかもしれません。
その象徴が「戦艦大和」でした。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


その大和は、昭和20(1945)年4月7日14時23分坊ノ岬(ぼうのみさき)の沖約90海里の沖合に沈みました。
沈没時の大和の乗員は、3,332名でした。
そのうち、3,056名の方が、生きて祖国の土を踏むことができませんでした。

普通、あえて普通と書きますが、戦艦の戦いというものは、あまり死亡者は出ないものです。
もちろん、戦闘中に敵弾が当たったり、艦内の爆発や、船とともに命運を共にする人など、ある程度の戦死者は出ます。
けれど船が反撃力を失えば、戦いに生き残った乗員は、海上に避難します。避難用の小船もちゃんと搭載しています。
海に逃れた乗員たちは、救助を待ちます。ですから普通は、あまり死ぬことはありません。
加えて、戦時中であれ平時であれ、世界の先進国の海軍軍人さんたちというのは、たいていは仲良しです。
それは海の男たちというある種の共感意識によるものかもしれません。

けれど、大和の乗組員たちは、乗員の9割の命が失われました。
なぜでしょう。
そこで何が起こったのでしょうか。

そのとき大和は、沖縄に向けて航行中でした。
沖縄は南北に細長い島です。
当時の沖縄では、上陸した米軍と、沖縄を守ろうとする守備隊が激しい戦いを繰り広げていました。
その戦いは、沖縄の中央部から始まり、日本側守備隊は戦線を南へ南へと戦場を移していました。
それは、沖縄での戦いが始まる前に日本本土や台湾などに疎開できなかった沖縄県民の多くが、沖縄本島の北側に集まり、疎開していたからです。

その沖縄県民のために大和は、補給物資を満載して、沖縄に向けて最後の航海に出ました。
びっしりと海上を埋め尽くした米艦隊が囲む沖縄への出撃です。
大和は、帰れる見込みのない、片道切符の航海でしたが、その大和の艦内には、沖縄県民に届けるための食料や衣服、あるいは10万人分の女性用生理帯などが、びっしりと積まれていました。

この時代、すでに海上の戦いは、戦艦同士の砲撃戦から、航空機による空爆戦へと完全にシフトしていました。
海で最強の猛者とされるバトルシップ(戦艦)も、空からの飛行機による攻撃の前には、ただのネタにしかならない。
そのことは、すでに軍の関係者なら誰もが知る常識となっていた時代です。

けれど「大和」は、航空機の支援もなく、出撃しています。
なぜそんなことをしたのでしょうか。

最近、日本古来の武道である剣道や柔道、空手、合気道などについて、「わが国が発祥の地である」などと、おかしなことを言い出している他国があります。
なるほど、試合などでは、彼らが勝つこともあります。
けれど、試合に勝つということは、本来、武道を学ぶ目的ではありません。
武道が求めるのは、試合に勝つことではなく、おのれに克(か)ち、世の中で勝つことです。

戦争も同じです。
大砲や銃を撃ち合って敵を殲滅する、あるいは敵の抵抗力を奪う(英語ではこれをクリアというそうです)ことが、戦争に勝つということではありません。
このことについて、ドイツ、プロイセンの軍事学者のクラウゼウィッツ(Carl Philipp Gottlieb von Clausewitz)は、その著書で、「戦争とは国家が政治目的を達成するための究極の手段である」と述べていて、これが現代の世界の戦争論の常識となっています。

これは、すこし考えてみれば、明らかなことです。
戦争は「個人対個人の決闘の拡大版」という見方もあるけれど、その「決闘」にしても、たとえば彼女を奪い合うためとか、名誉を守るためとか、なんらかの目的を達成するために行われるものです。
まして多くの人が関与する国家対国家の戦争ともなれば、そこには必ず何らかの明確な政治目的があります。
ならば、戦争に勝利するということは、その目的を達成したか否かにすべてがかかっているといえます。

その意味で、戦艦大和の出撃の目的は、日本にしてみれば沖縄県民への支援物資を届けるため、米軍からしてみれば、強力戦艦である大和を沖縄に近づけないことは、沖縄での戦闘を有利に進めるためのものであったということができます。
そして、そうであれば、大和はその目的を達成できなかったし、米軍は目的を達成したのですから、坊ノ岬海戦では、明らかに米軍の勝利となります。

ただ、そこに不思議なことがあるのです。
日本は、どうして大和の出撃に際して、航空機による支援を行わなかったのでしょうか、ということです。

大東亜戦争の後半の時代になりますと、すでに時代は艦隊決戦の時代から、航空機の前に、戦艦はまるで「紙」だというのが、戦いの常識となっていました。
そして実は、そのことを一番知るのが、日本でした。
なぜ日本かというと、戦闘態勢で動いている戦艦は、航空機では絶対に沈めることができないと言われていた大東亜戦争開戦当時の時代に、世界で最初に、当時世界最強戦艦であった船を、日本がわずなか飛行機で沈めているからです。

つまり飛行機の前では、たとえ世界最強戦艦といえ、ただの「紙」にしかならないということを、どの国よりも一番知っていた日本が、日本最強の戦艦を、飛行機の支援なしで、船だけで、沖縄に向けて出撃させているのです。

万一、米軍に察知されずに沖縄にたどり着くことができれば、もちろん食料その他の支援物資を沖縄県民に届けることができます。
しかし、この時代、それが可能となる確立は、ほとんど皆無に近い。
つまり、大和は、出撃後、すぐに敵に発見され、空を覆い尽くさんばかりの敵航空機によって、空爆され、魚雷を投下され、あっという間に沈められてしまう可能性の方が、高いのです。

ならば、あたりまえのことですが、大和には飛行機の護衛をつけるべきだし、それくらいのことは当時の海軍だって作戦指揮を執る誰もがわかっていたことだし、またそれだけのことができる飛行機は、当時の日本には、まだちゃんとあったのです。(なぜなら大和出撃後も特攻攻撃は継続しています)。

こうなると、ますます不思議です。
飛行機による支援の必要性もわかっていながら、そして手持ちの飛行機もありながら、大和は単身で出撃しているわけです。
大和出撃の目的は、ほんとうに「ただ、支援物資を届ける」というだけの意図だったのでしょうか。

戦艦の出撃というものは、ねず一等兵が、銃剣振りかざして敵陣に単身で突きかかって撃たれて死ぬ、というだけのものと意味が違います。
戦艦は、それが出撃するということだけでも、政治的なメッセージです。
まして戦艦大和という、世界最大最強のバトルシップが、片道切符で突撃するということは、そこに込められたメッセージ性は、天地ほどの開きがあります。
しかも実はこのときの艦長は、航空機による戦艦攻撃のプロでもあったのです。

よく「戦艦大和は、航空機によって沈められた。時代は航空機主体の時代に変わっていたのに、日本は空母を作らず大艦巨砲主義で、ために巨大戦艦である大和を作り、結局、米航空隊によって大和は沈められた」などという人がいます。
かくいう私自身、学生時代、学校の先生から、そう教わりました。
そしてこのお話には、だから「要するに大本営がアホだったのだ」というオチが必ずついたものです。

けれど本当にそうなのでしょうか。
そんなに簡単なことなのでしょうか。
そもそも当時の士官学校卒の人たちの優秀さといったら、現代社会では比類できる人がいない。
まさに、おそろしく、計り知れない能力を持った人たちです。

いまでも、陸軍士官学校や海軍兵学校卒業の方々とお会いできる機会があります。
みなさん、とてももの静かで、明るい方々ばかりです。
けれど、たとえば空手の大山倍達も言っていますが、本当に怖い人というのは、虚勢などはっていない。
もの静かで自然体でいて、それでいて怖い存在です。
剣術でも、本当の達人は「無形の位(むぎょうのくらい)」といって、構えさえないといわれています。

すこし脱線しますが、私は若い頃柔道をやっていましたけれど、柔道では、試合で負けまいとするなら、腰を引いて、相手から技をかけられないようにするのが、ある意味、有利です。
けれど、私の先生は、絶対に腰を後ろにひくことを許してくれませんでした。
試合でも練習でも、常に上体をまっすぐに立てるように言われました。

体がまっすぐなら、相手選手と体の距離が近いですから、投げられやすいです。
ですから、先輩などと練習すると、立っているヒマがないほど、ポンポン投げられました。
試合でも、いつも負けてばかりいました。
それでも、絶対に腰をひくなと教わりました。

何年か経ったとき、気がついたら、私は後輩を、立っているヒマがないほど、ポンポンと投げていました。
遊んでばかりいたので、決して強い選手にはなれませんでしたが、ある日街でヤクザ者に絡まれたとき、気がついたら相手がアスファルトの上に倒れていました。
いま思えば若気の至りですが、当時、結構高齢だったその先生は、そもそも試合に勝つことなどまるで問題視していませんでした。
先生が腰をひくなと言っていた意味が、そのときわかりました。

まして、日本国がその威信をかけて育成した軍事の超人集団が、当時の日本の将校たちです。
名人の碁や将棋に、素人のわたしたちが束になっても敵わないのと同じです。
彼らは、先の先を読んで行動します。

では、大和の出撃には、どのような意図があったのでしょう。
ただ生理用ナプキンを届けるためだけではなかったことだけはたしかです。

このことを考えるにあたり、先にまず、航空機の前に戦艦がただの「紙」になっていたという時代の変化について考えてみたいと思います。
先ほど、「世界で最初に航空機で戦艦を沈めたのは、日本です」と書きました。
真珠湾のことを言っているのではありません。
それは、大東亜戦争開戦の2日後の昭和16(1941)年12月10日に行われた「マレー沖海戦」のときのことです。

この戦闘で、日本軍は航空兵力をもって、英国海軍が東南アジアの制海権確保の為に派遣した戦艦2隻を撃沈しました。
飛行機が戦艦を沈めた先例としては、他にタラント空襲、真珠湾空襲などがあります。
けれど、それらはいずれも「停泊中の艦船を飛行機で沈めた」ものです。
いってみれば、スイッチを切った状態の戦艦を航空機で叩いたわけで、スイッチが入った状態、つまり作戦行動中の戦艦を航空機で沈めたのは、実は、マレー沖海戦が世界初のできごとでした。

現代までの世界の戦史において、航空部隊が作戦行動中の戦艦を沈めた事例は、このマレー沖海戦と、終戦間際に圧倒的な航空機をもって沈められた戦艦大和(昭和20年4月7日)、同様に大多数の航空機をもって沈められた武蔵(昭和19年10月24日)の3例しかありません。
戦艦(バトル・シップ)というものは、それだけ強力かつ圧倒的な存在なのです。

マレー沖海戦は、日本がシンガポール上陸作戦を実施する上で、必要な海上での補給路を確保するために、どうしても勝たなければならない戦いでした。
勝って制海権を確保しなければ、マレー半島に進出した日本陸軍への補給ができないのです。
それは何万という陸軍兵を孤立させてしまうことを意味します。
だから、なにがなんでも勝たなければならない。

一方、守る英国軍にしてみれば、日本を意図的に追いつめて開戦に踏み切らせているわけですから、すでに何ヶ月も前から日本がやってくることを見越しています。
マレーの海域でも100%確実に勝利できるだけの体制をひいて待ち受けています。

開戦の6日前の12月2日には、英国の誇る最新鋭の巨大不沈戦艦プリンス・オブ・ウェールズ、巡洋戦艦レパルス、その他駆逐艦4隻からなる「G艦隊」がシンガポールのセレター軍港に入港しています。
「G艦隊」は、その時点で、七つの海を征する大英帝国の誇る世界最強艦隊です。

なかでも旗艦であるプリンス・オブ・ウェールズは、14インチ(35.56cm)砲を10門装備した巨大戦艦です。
搭載する対空砲はポムポム砲といって、1分間に6000発もの弾丸を発射するというすさまじい対空砲です。
この対空砲は、英国が2年前のヨーロッパ戦線で、ドイツ・イタリアの航空機に空襲された際の経験から装備されたものです。
いかなる航空機であれ、すべて撃ち落とすことができる能力を誇り、そのための訓練も十分に積まれていました。

そしてこの巨大不沈戦艦は、当時の国王ジョージ6世の兄王である、エドワード8世の即位前の王太子ウェールズ公の名前を冠しています。
いかな国といえども、簡単に沈む船に皇太子殿下の御名を付すことはしません。
逆にいえば当時の英国が、どれだけこの戦艦を、信頼し、不沈艦としての自信をもっていたかが、この船名からもわかります。

英国艦隊のもうひとつの戦艦レパルスも、建造年月はウエールズより古いものの、装備はウエールズと同じで、やはりボムボム砲を搭載し、それまで何度も航空機による爆撃を完全に撃破してきている経験豊富な戦艦です。
そして英国東洋艦隊司令長官は、実戦経験の豊富な英国の誇る最強の士官、トーマス・フィリップス海軍大将でした。

こうして対空戦にも、絶対の自信を持った世界最強の英国艦隊が、日本艦隊を迎撃するために、12月8日17時過ぎに、シンガポールを出港したのです。

一方、日本側の艦隊の陣容はというと、武力も防備も乏しい輸送船団に、護衛艦として金剛と榛名の二艦がついていただけです。
金剛も榛名も、多少の近代化のための改装は受けていましたが、なにせ艦齢は27年、兵装も装甲の厚さも、巡洋艦程度の力しかありません。
要するに陸(おか)でたとえてみれば、爆走する大型ダンプカーの軍団の前に、リヤカー群を引率した、たった二台の原チャリが立ち向かうようなものだったのです。

普通に考えたら、英国艦隊は、日本側艦隊を、ただ踏みつぶせばよいというだけという戦力差です。
けれど、日本軍は侮れない。
なぜなら、日本軍は、常に乏しい装備、乏しい戦力で戦いながら、どの戦闘でも勝利してきているのです。
だからこそ英艦隊は、完全に踏みつぶせるだけの、必勝の布陣を敷いて日本艦隊を待ち受けたのです。

一方日本は、事前の情報によって英艦隊が世界最強戦艦ウエールズまで投入していることを掌握しています。
それでも勝たなきゃならない。
勝たなければ、マレーの山下奉文隊は、全滅の危機に瀕します。

「英国艦隊出撃」
この報をもとに、日本はサイゴン(いまのホーチミン)にある航空基地から、航空機85機(九六式陸攻59機、一式陸攻26機)を出撃させました。

後の坊ノ岬海戦(大和)、レイテ沖海戦(武蔵)のときのような何百という航空機部隊ではありません。
数の上でもごく少数です。
しかも航空期部隊は、それぞれ、数機ごとに散開しますから、全機が敵艦隊に殺到できるわけではありません。

プリンス・オブ・ウエールズを含む英国最強艦隊を発見したのは、前田孝成大佐率いる元山海軍航空隊所属の第一中隊(石原薫大尉)9機と第二中隊(高井貞夫大尉)の6機、あわせてもたったの15機でした。
猛烈な英国艦隊の対空砲火の中、日本の航空隊は、果敢に英艦隊に挑みました。
ボムボム砲が炸裂する中、その戦いがいかに激しいものだったかは、想像に難くありません。

ところが、そのたった15機の攻撃からはじまったマレー沖海戦で、まず戦艦レパルスが沈み、次いで戦艦ウエールズも沈み、世界の海を支配する海洋大国、大英帝国英国が誇る世界最強艦隊が、またたくまに壊滅してしまったのです。

日本軍機の攻撃を受け回避行動を行う
プリンス・オブ・ウェールズとレパルス
プリンス・オブ・ウェールズ


この報告を聞いた英国首相チャーチルは、「あの艦が!」と絶句しました。
後にチャーチルは「第二次世界大戦回顧録」で次のように述べています。
「第二次世界大戦における戦い全体のなかで、その報告以外に、私に直接的な衝撃を与えた報告はなかった」
最強戦艦ウェールズと、レパルスの沈没は、それだけ衝撃的な、「ありえない」出来事だったのです。

マレー沖海戦では、まず戦艦レパルスが沈み、次いで戦艦ウエールズが被弾し、沈没やむなしとなりました。
このときウエールズの艦長のトーマス・フィリップス司令長官は、日本の航空隊に向け、乗員を退官させるので、30分時間をほしい、と信号を送りました。

ウエールズの乗員たちは、巡視船エクスプレスに乗り移りました。
エレクトラとヴァンパイアは、さらに沈没したレパルスの乗組員を捜索し、エレクトラが571名、ヴァンパイアがレパルスの艦長と従軍記者を含む225名を救助、乗船させています。

その間、日本の攻撃部隊は、空で待機しました。
英国軍の救助活動の間、いっさいの攻撃行動をせず、空で待機したのです。
これまた、世界の戦史に残る出来事です。

当時の飛行機は、いまの時代にあるようなハイブリットでも省エネでもありません。
燃費がよくないのです。
30分の上空待機というのは、帰還するのに必要なギリギリの燃料しか残らないということです。
もしその間に英国の航空隊が急襲してきたら、日本の航空隊は帰還するための燃料を使い果たし、全機、墜落のリスクを負っています。
それでも日本の攻撃隊長は、戦闘を休止し空で待機を指示しました。

ウエールズの乗員が全員退艦しました。
そのウエールズのデッキには、ひとり、トーマス司令長官が残りました。
船と命をともにするためです。

このとき日本の航空隊は、全機整列し、一機ずつデッキ前を通過して、トーマス長官に最敬礼を送ったと伝えられています。
トーマス長官は、その間、ブリッジから挙手敬礼をもって答えた。
そして日本の航空機との挨拶の交換後、トーマス司令はデッキに体を縛りつけ、艦とともに沈んでいます。

ちなみに、マレー沖海戦におけるプリンスオブウェールズの戦死者は、艦が轟沈していながら、総員の20%です。
戦闘中の死亡者以外、全員が助かっています。

そしてさらにマレー沖海戦の翌日には、日本軍機が、再度戦闘海域に飛来し、機上から沈没現場の海面に花束を投下して英海軍将兵の敢闘に対する敬意と、鎮魂を行っています。

 *

では、この戦いの三年半後に行われた「戦艦大和」のときはどうだったでしょうか。
この海戦では、戦艦大和が沈み、乗員3,332名のうち、90%以上にあたる3,063名が死亡しました。
なぜそんなに多くの将兵が死んでしまったのかというと、米軍が、残存艦隊に対して、日没近くまで攻撃をかけ、さらに大和が沈没後に海上に避難した大和の乗組員たちに対して、上空から機銃掃射を浴びせて、殺戮を行ったのです。

海上に救命艇で逃れた兵士というのは、武装がありません。
つまり「非武装の避難兵」です。
これに対する無差別攻撃は、戦争行為ではなく、ただの暴力であり、明らかな国際法違反行為です。

世界の海軍は、ごく一部の極悪非道な海軍を除いて「海軍精神」を共有しています。
これは万国共通の「海の男」の誇りと矜持です。
艦隊の力を駆使して戦うのです。
戦いが済んだら、兵士たちにまで罪はない。
だから、戦いが済めば、たがいに仲良く裸になって酒を酌み交わす。
それが世界の海の男たちです。
普通ならそうです。
ところが、日米戦争の後期には、まるで様子が違っていたのです。

日本は、明治の開闢以降、世界のどこの国の民族よりも、勇敢で高潔で誰からも好かれる民族となろうと努力してきました。
その精神は国民のひとりひとりにまで深く浸透しています。
ですから日本軍は、支那の戦線においても、米国その他の国々との戦闘においても、ハーグ陸戦条約を守り、無法な振る舞いは厳に慎んできました。

あのB29でさえ、日本本土を空襲するに際して、墜落したら日本の捕虜になれ、日本人は乱暴な真似はしないから、と訓示がされています。
(米軍兵士で処刑された者もいましたが、これは戦うことのできない庶民に対する国際法で禁止された無差別殺戮を行ったからであり、むしろ処刑が当然の世界の常識です)

ところが、大東亜戦争の後期になると、サイパン戦、沖縄戦等において、米軍は度重なる日本人への蛮行を働いています。
なぜでしょう。

もともと白人社会において、有色人種は「人」ではありません。
吸血鬼のバンパイヤや、狼男(リカント)のように、人でなく、白人という名の人類に敵対する生き物です。
ですから日本人も、もともとは「人以外の生き物」とされてきました。

けれど日本は、白人以上に努力し、勇敢で高潔な民族になろうと努力しました。
だからこそ、人種差別、すなわち白人以外は人でないとみなされた世界にあって、日本人だけが「例外的に」人として処遇を受けるようになっていました。

ところが日米が戦争となり、米国政府が「ジャップを倒せ!」という世論操作をしなければならなくなったとき、「実は日本人は、世界に名だたる残虐な民族なのだ」と宣伝しまくった者があらわれました。
こういう意見は、日本との戦いに「勝たなければならない」、そのために全米から「兵と戦費を集めなければならない」、しかも、戦争が長引き、戦費の調達に苦心していた大東亜戦争後期の米国(財政はほとんど破産状態)にとって、こうした「日本人悪玉説」は、たいへん便利なものとなります。

では、誰がその「日本人悪玉説」を全米に広めたのかというと、実は、当時米国にいた韓国人の李承晩です。
李承晩は、米国の新聞に「日本に統治される前の李氏朝鮮こそ東洋の理想国家であった」と書き連ね、日本人はその理想国家を破壊し、占領し、文化を破壊した極悪非道の悪の化身、悪魔の使いだとする、おもしろおかしい投稿記事をさかんに書き送ったのです。

戦時下にあって、こうした日本人悪玉論は、対日感情を貶め、戦意を煽るにはちょうど良く「使える」ものでした。
しかも、もともと「人種差別」の下地があるところに加えて、戦時中なのですから、そうした悪玉論はたいへんに高い伝播力を持ちました。

こうして全米の新聞を通じて「日本人悪玉論」の世論が形成され、なにも知らない米国の若者たちが、「日本人=極悪非道な悪猿ジャップ」と考えるようになっていきました。
まさにメディアの恐ろしさです。

異論もあろうかと思いますが、私は、大和の乗組員が落さなくても良い命を落とした、その背景には(大和だけでなくニューギニア沖海戦なども同様)、あるいはサイパンで、あるいは沖縄で、あるいは広島、長崎、その他全国の大都市で、多くの日本人民間人が殺害されたということの背景には、李承晩というキチガイによる情報の捏造操作が、ひとつの原因をなしていたと思っています。

悪は、ほっておけば、その被害は巨大な被害を、まっとうな多くの人にもたらします。
李承晩という気違いによって命を奪われた人の数は、日本人だけでなく、その後に行われた朝鮮戦争だけで500万人に達します。

 *

さて、話は前後しますが、実は、戦艦大和の有賀幸作艦長(中将)の甥が、ウエールズを沈めたマレー沖海戦のときの日本航空隊の隊長です。
つまり戦艦は航空兵力による爆撃攻撃に勝てない、ということを最もよく知る人物が、大和の艦長でもあった。
そのことは、ひとつ押さえておかなければならないポイントです。

その有賀艦長は、航空機の援護なく、沖縄までの片道の燃料しか積まない大和を出撃させています。
そして坊ノ岬沖合で、米軍航空隊386機による波状攻撃を受けて艦と命をともにされました。

なぜ、防空兵力、制空権を持たない戦艦は、敵航空機の前に歯がたたないという事実をよく知る人物が、大和の出撃を図ったのでしょうか。
なぜ大本営は、その作戦を実施したのでしょうか。

それは日本がバカだったからでも、大本営がキチガイだったからでもありません。
戦争というものは、そんな軽々しいものではありません。
そもそも大本営は、日本の産んだエリート中のエリートが集うところです。決してアホではありません。
有賀艦長も、実に優秀な軍人です。
そして大切なことは、冒頭に述べました通り、「戦争は政治目的を達成するための手段」である、ということです。

敗色濃厚となった大東亜戦争末期における日本軍の最大の目的は、なんとしても皇国日本の国体を護持することにありました。
そのためにどうするか。

「どこまでも玉砕覚悟で戦いぬく。
 本土決戦してでも戦い抜く。
 そうなると、米軍側の被害も果てしなく大きなものとなる。
 それでも戦争を続ける。」
これもひとつの選択です。

特攻も、玉砕も、まさに捨て身で軍人さんが死を賭して戦うことで、日本恐るべしという、これは戦争政治における最も効果的かつ政治的メッセージなるからです。

では、大和の出撃は、どういう意味があったのでしょうか。

日本は、出撃わずか85機、実戦ではたった15機で、大英帝国の誇る完璧な対空防衛機能を持つ戦艦を沈めています。
これに対し、大和が出撃してくれば、米軍は数百機近い航空機で大和を叩きに来る。
これは当然予想される事態です。

たった15機でも、戦艦は沈むのです。
それが数百機となれば、間違いなく大和沈みます。
その大和の艦長は、航空機は作戦行動中の戦艦を沈めることができるということを身を以て証明したパイロットの岳父です。
その事実は、米国側も把握していたことでしょう。
そして実際米軍は、386機というとてつもない兵力で大和を空爆しています。

そこで何が起こるか。
どのような事態が想定されるか。
日本はすでにニューギニア海戦などで、抵抗できない輸送船を沈められ、海上に避難した兵士達を航空機によって大量に虐殺されています。

では大和ではどうなのか。
同じことが起こるであろうこと、それは当然に想定される事態です。

このことを考えますと、ひとつの事柄が浮かび上がります。
それは、「正義とは何か」を厳しく問いかける、いわば「神の声」のようなものです。

マレー沖海戦で、英国王太子の名を冠した戦艦に対し、明確な武士道精神を示した日本、
その日本が坊ノ岬沖海戦で、日本の国号である「大和」の名を冠した戦艦を、沈められる。
そして乗員を虐殺される。

世界は、決して馬鹿ばかりではありません。
世の中の様々な利害の衝突や野望が風化し、世界の人々が、ウエールズの沈没のときと、大和の沈没のときを較べ、人として本当に大切なことは何か、人道とは何か、勇気とは、愛とは、戦いとは何かについて、冷静に思いを馳せるようになる時代というものは、必ずやってきます。
それは500年後のことかもしれない。千年後のことかもしれない。
世界に冷静さが戻ったとき、必ず何を感じ、何を学びとる時代がやってくる。
なぜなら人類には良心があるからです。
そして軍事は、必ず専門家によって何度もトレースされ研究されるものだからです。

昭和20年といえば、すでに大東亜戦争末期です。
日本本土の一部である沖縄にまで戦火が及び、日本本土にも王手がかかったときです。
そんななかで、大和は出撃しました。

大爆発して沈没する大和
戦艦大和の最後


そして大和は沈みました。
一時的には、もちろん米軍は、勝った勝ったと大喜びすることでしょう。
世界最大級の戦艦を沈めたとなれば、沈めた側は、そりゃ嬉しかったことでしょう。

けれど、倒した者の熱に浮かされたような狂喜が過ぎ去り、
破れた者の悲しみにも、ある一定の時が経ち、
両当事者が、互いに事実を冷静にみたり考えたりできるようになり、
世界が冷静な思考を取り戻したとき、
果たして、勝者はどちらだったと、人々は考えるでしょうか。

大和を沈めた側でしょうか。
沈めたあとの虐殺は、どのように捉えるのでしょうか。

一方において、英国最大の旗艦を葬りながら、乗員の命を守った日本。
一方において、大和を沈めならが、海上にいる無抵抗の日本人を虐殺した米国。
そして、
そうなることを十分にわかって出撃した大和。

大和は、そうなるとわかって出撃し、その通りに沈みました。
問題は、そのあとの行為です。

正義とは何なのか。
人道とは何なのか。
戦争とは何なのか。

その意味を、大和は身を以て、未来に生きる人たちに投げかけています。

すべてが風化して、人々に冷静さが戻ったとき、大和出撃の意味や意図を必ず考える人が出て来ます。
大和は、その日のために出撃しました。

それ以外に大和出撃の意味はありません。
そして意味がないなら、あれだけの戦艦は動かしません。
まして当時の日本には、大和のための片道の燃料しかなかったのです。

日本は太平洋の戦いに破れました。
けれど日本は、戦後もある程度の純血種と、戦前からの文化を保つことができました。
そして、いつの日か、かならず真実は明らかとなる。

「俺たちの死を、けっして犬死にしないでくれ」
そういうメッセージが、大和出撃に込められていたといえるのではないでしょうか。

 *

昭和20(1945)年8月15日、日本はポツタム宣言を受け入れ、連合国に降伏しました。
これを「無条件降伏」という人がいますが、それは違います。
ポツタム宣言の第13条には、次のように書かれているからです。
「第十三条、全日本軍の無条件降伏」

つまり、無条件降伏したのは、「日本軍」であり、国家としての「無条件降伏」は、日本はしていません。
だからこそ、日本は「国家としての戦費賠償」責任も負っていないし、していません。
つまり、皇国日本という国家は保たれたのです。

「さざれ石」というのは、長い年月の間に、小石がたくさん固まって、岩となったものです。
亡くなられた日本の将兵は、「さざれ石の巌となりて」大切な命をささげられました。

大東亜戦争における日本の軍人の死亡者 1,740,955人
民間人の死亡者 393,000人(うち広島原爆による者12万人)です。

忘れてはならないのは、亡くなられたひとりひとりの英霊が、ひとりひとりそれぞれ人生を持ち、生活や夢や希望を抱えた、心ある生きた人間であった、ということです。
そのひとりひとりが、命を捧げて戦い、護り抜いたのが、皇国日本です。

明治維新当時の日本の人口、3330万人。
大東亜戦争開戦当時の日本の人口、8390万人。
いま、日本の人口は1億2700万人です。

大和出撃に込められたメッセージ。
そのことを、いま私達は、もう一度、深く考えてみるべきときにきたといえるのではないでしょうか。


※この記事は、09/06/15の記事を、リニューアルしたものです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

大東亜戦争の真実


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======







【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
No title
初めまして、ハイボールと申します。
戦艦大和の真意、ねずさんの仰る意味も無論あったのでしょう。
しかし、私はそれ以上の意味も持っていたのだと思います。
それは勤め先の介護施設に入所されていた元陸軍中尉のお爺様が仰られていた事のです。
お爺様は言われました。「戦艦大和は日本の誇りで、日本そのものだった。陸で戦う我々ですらあの当時『日本にはまだ大和がいる。大和が健在なのならまだ日本は戦う力があるのだ』と思っていた。だからこそ大和は沖縄水上特攻という無謀極まりない戦いに身を投じたのだ」と仰られました。
どういう事かと問うと、お爺様は「大和が健在である限り民間人も、軍人も、所謂継戦派という派閥みたいなものかなぁ、そういったものが納得しないだろう? 陸で地獄を見た私達でさえ『大和がいれば・・・』という漠然とした『世界最強最大の戦艦』に希望を持って縋り付いてしまうのだから他の国民もきっと大和に無謀で楽観的でしかない希望を抱いていただろう。その希望を大和は断ってくれたのだ。無謀な希望に縋り付き、『大和』という日の本そのものを残したまま日本が敗戦を迎えていればきっと我々の中には『まだ日本は戦えた』『まだ日本には最強の戦艦が残っていたのだ』『一億玉砕してでも戦い続け、日本恐るべしを鬼畜米英どもに叩き込んでやるべきだった』と思う者達が出て来た事だろう。大和が残っていればあれほど穏やかに、静かに日本は敗戦を受け入れ、次の未来を見据えて一念発起、奮闘努力出来なかったはずだよ。きっとほら、中東の・・・何処かみたいに未来ある若者が特攻を繰り返すような恐ろしい国になっていたはずだ」「それに大和が生き残っていればきっと彼等(連合国)は嬉々として長門に対して行った事をしただろう。そうなれば日本人の心はきっと二度と立ち直れない程に打ち砕かれただろう。ここまでは上も読んではいなかっただろうけど、きっと上の方々は戦争の先にある再興に目を向けていたんじゃないかなぁ」と。
つまり、大和という最強の戦力を保持したまま戦後を迎えると継戦派が納得せず自爆テロめいた事を行い続け、戦後復興の妨げになっていただろう。故に大和はその尊い約3300名もの命、そしてこの特攻に付き従った他9隻の駆逐艦、軽巡洋艦含める多くの命を捧げてまで日本の戦後を救ってくれたのだと仰られたのです。
私はこれを聞いて本当にその通りだと思いました。
日本は航空機の戦力を嫌というほど知っています。自分達が航空戦の先駆けとなったのですから。
それでも航空支援も無いのに沖縄目掛けて特攻して行かれたのには未来の世代、子供・孫・曾孫の世代の『日本』の在り方を想い、悔いや心残りとなる禍根を断つ為にその尊い命を散華させてまで『日本』という社稷を救ってくれたのだと思います。
ですので私達若い世代の者はその想いを真摯に汲み取り、頭空っぽの新韓マスゴミや反日教育を叩き込んでくる何処かの某組合の戯言に耳を貸さず、真実の歴史を悟り、再びGHQの政策により抜かれた牙を今一度取戻し、特亜によって穢された自身の国への誇りを取り戻すべきなのだと思います。
2015/01/30(金) 00:09 | URL | ハイボール #VdSBzpIw[ 編集]
No title
掲載していただけるとは思っていませんでした。2005年、脳出血により、障害を負いました。奇しくも、前日に大和ミュージアムの
模型は完成していますし、妙子、スエ、そして日立造船。美智子皇后は敬愛していますし、天皇陛下はボロの車に乗られています。時々、拝見させていただきます。内田 守は本名です。
2013/12/24(火) 20:56 | URL | 内田 守 #-[ 編集]
No title
ありがとうございます。単なる憧れではなく、あるがままに書いてくださり、感謝しています。大和
2013/12/20(金) 20:42 | URL | 内田 守 #-[ 編集]
天一号作戦
大日本帝國陸海軍は、大和艦隊に護衛機を付ける代わりに、
天航空部隊という史上空前の特攻隊を出撃させて間接的支援をしています。
これにより米軍は、艦艇7隻喪失をはじめ大小30隻の損害を受けており、
約千名の乗組員が死傷しております。
どうしても、大和艦隊の損害を思うと日本軍が負けた印象が強くなりますが、
その裏では、米軍も真珠湾攻撃以来の損害を受けていた事実を
忘れてはなりません。
2013/11/15(金) 23:51 | URL | 沖縄決戦 #-[ 編集]
No title
シナ、朝鮮には一切の支援、援助をする無かれ。

最大限の距離を保ち私達日本国と日本国民は最小限の付き合いに留めるべき。できるならば国交断絶もやむなし。

恥知らずの韓国は私達日本人、日本国を起源とする文化習慣等を自国起源と捏造してはばからず、最近騒いでいた旭日旗さえ自国起源と主張する馬鹿教授が現れた。

日韓基本条約さえ無視し今なお日本にたかりゆすりを行おうとする韓国とは付き合うべからず潰れるがまま放置するべきです。

我が国は密入国者が増えぬように徹底し冷徹に韓国に制裁を加えるべきです。
2013/11/13(水) 22:04 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
No title
お疲れ様です。

多くの犠牲を出した先の戦いですが、平和の世になり当時の事を「ああでもない、こうでもない」批判するのは簡単です。
それは歴史になってしまったからこそ言える事です。

大和特攻、航空機特攻、回天、桜花、など軍令部は、特攻がいかに愚策か解かりすぎるほど解かっていました。
それでも事にあたらなければいけなかったか、軍令部の苦悩、、、そしてその真意が何処にあったかという事を学ばなければ先が読めないと思います。

特攻についも大西瀧次郎中将の特攻の真意があります。
大西長官は特攻は「統率の外道」とまでおっしゃり、自嘲しておられます、解かりに解かっておいででした。
お心いかばかりだったか、、、、。
終戦直後に責任をとって割腹自殺されました。
そして大西瀧次郎中将の遺書に込められた日本人へのメッセージ、お心を思うと涙なしには読めません。

あの当時の若者の、「何としても国を護る」この心からの発露を誰が止められたでしょう。
そして、そこにあった矛盾は全て捨て、あったのはただ一つ、「祖国日本を護る」この一念でした。
真に国を護るという事はそういうことではないでしょうか。

その戦中の海陸合せて七千人にもおよぶ若人の献身を無視するような自己中心主義者ばかりでは、この国の将来は無い、そのように思います。

2013/11/13(水) 21:53 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
本、読みました!
あっという間に読み終わりました。ねずさんの読者に伝えたい事が各時代に散りばめられていて、読み終わった後に日本ってこうやって長く長く今まで続いて来たんだなと思うと、秀吉も道真も登場人物すべてが愛おしくてたまらなくて自然と熱い物が込み上げて来ました。たびたびブログで感動して泣いてしまう私ですがこうやって時系列で一気に読み終えると先人が守ってきた物がはっきりと見えて来て、感心ばかりじゃなく私も1人の日本人として恥ずかしくない生き方をしようと生まれ変わった気持ちになりました。ねずさん、本当に有難うございます。この大和のお話も是非いつか本の中に入れて欲しいひとつです。まずは目指せ100万部!学校などの図書館に置いて子供達が読めるといいなあ…。

2013/11/13(水) 21:42 | URL | さくら #-[ 編集]
ひよこさまへ
ひよこ様のコメントを読ませていただきました。
私も、同じような気持ちてす。
母として、妻として、愛する友や家族を失えば、絶対に許すことなどできません。
心が鬼になろうとも、大本営を恨み呪うこと間違いなしです。

だけど、もう70年近く立ちました。

その許せない悲しみを、もうそろそろ癒していってもいい時期にきているのではないでしょうか。

ひよこさんや、私が抱えている絶対に許せないと感じていることは、もしかしたら前世の魂の傷かもしれません。

是非、ねずさんの本をお読み下さい。

魂の傷が不思議と癒えて、今日のお話も受け入れることができるようになっているはずです(⌒▽⌒)

そして、二度とこんな悲しい戦争が起こることのないように、しっかりとした外交をしていただくように、声を出していきましょう^_−☆
2013/11/13(水) 18:51 | URL | ラベンダー #MMIYU.WA[ 編集]
やっぱりしばき隊ってただの朝鮮人集団だったんだねw

【サヨク速報】しばき隊の方、今度は「韓国が背負う『嘘の代償』」特集のSAPIO誌に対する制裁を思案中
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1384271922/

【サヨク速報】しばき隊の方、今度は「韓国が背負う『嘘の代償』」特集のSAPIO誌に対する制裁を思案中
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1384271922/

【サヨク速報】しばき隊の方、今度は「韓国が背負う『嘘の代償』」特集のSAPIO誌に対する制裁を思案中
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1384271922/
2013/11/13(水) 17:40 | URL | 嫌韓証明 #amXlFcx2[ 編集]
No title
戦艦大和と武蔵は、帝国海軍が建艦した最高の軍艦だと思います。
設計も建造に当たっての作業員の練度も最高でしたし、竣工後の乗組員は海軍の最優秀の兵員をそろえ、これを訓練で鍛え上げていました。
魚雷が命中しても、気がつかない位の丈夫さもあった話も聞いたことがあります。

沖縄への菊水作戦のときは、大和を旗艦とする10隻で出動していますが、残っていた長門を連れて行ってもよかったと思いますが、当時の日本には重油が長門の分までない、物資不足の中の作戦でした。
当時の戦況は、日本に極めて不利な状況であり、日本は沖縄を見捨てたように思われています。しかし、この作戦は、日本帝国海軍の水上部隊の最後の戦いでしたが、日本は沖縄を見捨てていないとのメッセージには、なったと思います。

プリンス・オブ・ウェルズは、当時のイギリスの最新鋭の戦艦でした。
この名前は、現在建造中の航空母艦(クイーン・エリザベス級)の2番艦にも、使われるそうです。


李承晩は両班の出身ですから、日本に併合されることにより、様々な特権を取り上げられました。その結果、日本に対しては恨んでいたと思いますが、李承晩は朝鮮戦争の際に、保導連盟事件を起こして20万人を虐殺していますし、朝鮮戦争の際には韓国軍慰安婦を性奴隷としています。とどめは非武装の日本に李承晩ラインを宣言するなど、凡そ一国の大統領と言えるような資質を持った者ではありませんでした。
大統領だけでなく、韓国人全体が似たような者です。洪思翊中将が生きて韓国に帰っていたならば、少しは違ったかも知れません。



先日、韓国で大東亜戦争中に三菱重工業の名古屋市内の軍需工場などで、強制労働させられたと称する元朝鮮女子挺身隊の裁判があり、韓国の光州地裁は原告の訴えを認めました。
本来は、日韓基本条約でこのような訴訟は認められないのですが、韓国は最近、条約に反してこれを認めています。(おかげで、韓国内では訴訟が増加しているでしょう。)
こんなとき、現代自動車の欠陥が明らかになりました。
そして、これに対する訴訟があり、原告は車を新車に替えるよう求めています。
韓国民は、これまで国家ぐるみで日本を罵倒し、言いがかりで訴訟を起こしてきました。
しかし、日本に訴訟で勝利を得られなくなったとき、韓国人は自己の利益のためには相手は何でも構わないとして、韓国企業を相手に訴訟を起こすと思います。その結果、企業は・・・・・・
2013/11/13(水) 15:27 | URL | ポッポ #-[ 編集]
戦後教育で育った人々には皇民が理解できないでしょう
戦後の現代人たちによる大東亜戦争を戦った日本軍の、神風特攻隊を指揮した指導部への批判、そしてまた戦艦大和の沖縄特攻に対する批判などがありますが現代の人々には、その意義を理解できないだろうと思います。

ねずさんが仰るように「軍人は死を賭して戦うことで、日本恐るべしという効果的、政治的メッセージを与えることになる」・・・正にその通りです。

特攻隊員には、妻子がいて、父母兄弟がいて友人がいる、ひとりの人間ですが、もうひとつ大事なことは、天皇陛下と言う曾祖父がいると言うことです。

日本人は皇民(皇国の民であり、天子の人民)なのです。ほとんどの日本人は天皇家に血筋が繋がっていると言われています。

つまり、個人的には山田某、田中某であっても、元を辿れば天皇家に繋がっている、すなわち我らの曾祖父を守るため、そして自分たちの家族を守るために自分の身を犠牲にすることも厭わず自ら志願して特攻隊員になったのです。これが日本人なのです。

はじめ上層部はこれに反対していたのですが、戦況悪化でやむを得ずこれを許したのですが、その責任者は戦後、自ら自決して特攻隊員の後を追いました。
志願する方も、それを許可する方も必死だったのです。大本営は決して志願兵の心に甘えたのではありません。

何しろ神風特別攻撃と言うのは当時、ミサイルの無い時に自分の目で目標を捉えて爆弾を抱えて体当たりするということと、もうひとつはその攻撃を受けた敵にとって、これほど怖いものは無かったでしょう。
これこそ先のねずさんの言われた「日本恐るべしという効果的で強烈な政治的メッセージを与える」ことになったのです。

そして「世界が年月が経って、冷静な思考を取り戻したとき、当事者の両者が互いに、この事実をどう考えるか、正義とは、人道とは、戦争とは何なのかを問いかけるでしょう」と結ばれていますが全くその通りだと思います。

戦艦大和の沖縄特攻の意義、神風特攻隊の意義とは何だったのかを、もう一度冷静に感傷的にならずにしっかりと考えてほしいものです。
2013/11/13(水) 13:42 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
大和型戦艦を沈めるのに必要な航空戦力を整備するコストは、結局大和型戦艦を造るのに必要なコスト相当額必要です。冷酷に金銭のみで量るなら、戦艦は実はまだまだ戦えました。
しかるに、大和の最期は、中型戦艦数隻に囲まれたようなもので、仮に相手が戦艦部隊でも、大和といえども勝ち目などまるで無い戦いでした。
2013/11/13(水) 12:59 | URL | #-[ 編集]
更新ありがとうございます。
ねずさんのご本、産経新聞に載ってました。
私も手元に届きましたので、じっくり読ませて頂きます。 ご本が心ある多くの日本人に読まれる事を願っています。
2013/11/13(水) 10:59 | URL | ひろし #-[ 編集]
No title
ねずさん、今日も更新ありがとうございます。

毎日、当ブログを拝見させていただきまして
「胸が熱くなる」「目頭が熱くなる」という思いを重ね
「いつまでも、ありがたがるだけでいいのか」と思い至りました。

ねずさんは先人たちから受け取ったメッセージを
次の世代、次の次、千年先の日本人に残したいという
お気持ちだと察します。

私たちは私たちにできることを、全身全霊をかけて
やらなければなりません。

先人の残した大きな遺産である今の平和を
その恩恵を最も傍受している私たちが
穀潰しのドラ息子であってはなりません。

これからも多くの日本人が
さざれ石の巌となれますように。
2013/11/13(水) 10:27 | URL | コージ #-[ 編集]
No title
はじめまして。いつもこちらで勉強させていただいている者です。

ねずさんの優しいお人柄や、勇壮なだけではない考え方に共感して参りましたが、今日の記事は賛成しかねました。

戦艦大和の片道切符の出撃は、お話として聞くには美しいかもしれませんが、ねずさんもおっしゃっている通り、乗員の一人ひとりに、妻がいて、子供がいて、父親、母親、兄弟、友達がいる人間です。
彼ら一人ひとりは、ここで護国の鬼とならなければ、故郷の家族を、国を蹂躙されてしまうと、文字通りの必死の決意だったと思います。
それをわかった上で、私は大本営には、彼らの必死の心に甘えてほしくはなかった。
神風特攻を禁じてほしかった。
桜花や回天など、若者の人体をコントローラー扱いにするような特攻兵器など、開発してほしくはなかった。

もしかしたら、私が女で母親だからかもしれませんが、こういうお話は辛くてつらくて、軍部許し難しと駄文を連ねてしまったことをお許しください。
2013/11/13(水) 09:22 | URL | ひよこ #-[ 編集]
No title
以前にも述べましたが私は幽霊、怨念が生きている悪人に祟るとは考えておりません。それが実在するならば、何故スターリン、毛沢東、ヒトラーなどが存在し、彼らのために多くの人々の尊い命が無残に奪われたのか・・人の皮を被った悪魔は生きている人によってのみ倒すことが出来るのです。もっと卑怯卑劣なキチガイ:李承晩!他人のフンドシで相撲をとったふりをし、日本人を含む多くの人々の命を奪いました。その事実に背を向ける現在の韓国なぞ自業自得でシナに呑み込まれてしまえばよいのです!!!
2013/11/13(水) 09:13 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
私は宇宙戦艦大和を観て育った世代ですので、戦艦大和と言えば親しみがあります。
9割以上の優秀な海軍兵が戦死されたとは知りませんでした。 黄色人種を奴隷の様に扱う
当時の欧米列強に断固戦いを挑んだのは、日本人しかいません。 この気概は忘れてはなりません。
2013/11/13(水) 07:46 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク