アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


吉川潔艦長

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」
ねず本、ネットで立ち読みができるようになりました。スマホでも読めます。
http://homepage2.nifty.com/sai/e_book/t_n56_nezu_01/
ラジオでのねず本のお話です。下のURLで聞くことができます。私も出演しています。
http://www.sinkan.jp/radio/radio_1674.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

吉川潔海軍少将
吉川潔艦長


水雷艇は、またの名を魚雷艇といいます。
1870年代に開発された魚雷を積んだ水雷艇は、敵の大型戦艦の間を縫って走りまわり、近づいて巨大な破壊力を持つ魚雷を放ちます。
水雷艇は小さいので、敵戦艦の巨大な主砲もなかなか当たりません。
ですから、大型の戦艦戦隊にとって、水雷艇はたいへんな脅威です。


小型の高速艇が巨大戦艦を打ち破る。
これをまさに世界に向けて証明してみせたのが、日清、日露における日本海軍でした。
後に総理となる鈴木貫太郎は、この水雷艇を指揮して多大な戦果をあげています。

ただし、当時の魚雷は射程距離が100メートルです。
海上で100メートルといえば、まさに手を握り合えるほどのすぐそばです。
それを鈴木貫太郎は、なんと50メートルの距離まで近づいて、魚雷を発射しました。
もう、こうなると相手と抱き合って魚雷を撃ち込むようなものです。
砲弾どころか、銃弾まで飛んで来る。

そこまで近づくのですから、これはもう百発百中で、そのために貫太郎はものすごい訓練を施し、ついたあだ名が「鬼貫」でした。

さて、日本海軍のこうした大戦果を受けて、どうにかして水雷艇をやっつけなければならないという研究が、世界中で行われました。
そして、ちょこまかと走り回る水雷艇を捕捉し退治するためには、やはりちょこまかと走り回れる水雷艇が良いと考えられ、それまでの水雷艇から、砲力と走行性能を一段と強化した船考案されました。
それが「駆逐艦」です。

駆逐艦は、英語名がデストロイヤー(Destroyer)です。
プロレスラーのデストロイヤーと同じ名前です。
「破壊者」という意味です。

その駆逐艦に生涯を捧げた日本軍人がいます。
それが、吉川潔(きっかわきよし)海軍少将です。

明治33(1900)年1月のお生まれです。
出身は、広島県広島市段原町です。

吉川潔少将は、「不滅の駆逐艦長」といわれ、連合軍が恐れた五人の提督の中のひとりです。
五人の提督の中で、彼だけは、当時の階級が中佐でした。
戦死された後、二階級特進で少将の栄誉に輝いています。

生家は代々漢学者の家で、もともとは戦国時代の猛将、吉川元春の子孫にあたるそうです。
旧制広陵中学(現広陵高等学校)の出身です。
広陵高校といえば、広島商業と並んで、甲子園でも有名な学校です。
プロ野球選手も多数輩出しています。

広陵を卒業した吉川潔少将は、海軍兵学校を受験するのですが、身長が低かった彼は、身長と胸囲の不足で不合格になってしまいます。
彼は、口惜しさから器械体操と陸軍被服廠での積荷作業で体を鍛え上げ、翌年海軍兵学校に合格しています。

海軍兵学校時代の吉川少将は、同期生のなかで、もっとも背が低かったそうです。
後年彼は駆逐艦長を務めるけれど、戦闘の指揮を執るときは専用の台の上に立ちました。
部下を殴るときも、飛びあがって殴ったそうです。

兵学校での成績は、残念ながら下の方だったそうです。
けれど体力、気力にあふれ、相撲、柔道、剣道、水泳に長じ、分隊競技では、隊を優勝に導いています。

たまにいるんですね。そういうタイプ。
身長が低いのに、やたらに運動能力に優れ、どちらかというと大柄な選手が有利な柔道の試合で、相手選手をまるで丸太のようにポンポン投げ飛ばす。

最近の学校では、ハンデがあるからと甘やかしたり、競争そのものを否定したりするそうですが、昔の日本は違いました。
ハンデがあるなら、それを克服する。
強い自分になる。
誰にも負けない実力を身につける。

先日書いたハンセン病患者もそうですし、眼の見えない人、耳の聞こえない人(昔は多かった)であっても、それなりの技術を身に付け、立派にみなから尊敬を集める人材になった人はたくさんいます。

吉川少将は、大正11(1922)年6月に海軍兵学校卒業すると、「長月」の水雷長などを経験した後、「春風」「弥生」「山風」「江風」と4つの駆逐艦長を勤めています。
そして昭和15(1940)年、40歳で中佐に昇進し、駆逐艦「大潮」の艦長となりました。

艦長としての彼は、恐れを知らない豪胆さと、決して偉ぶらない人柄、部下に対する思いやりの深さで、みんなから尊敬され、慕われました。
艦の中で最年長だった彼は、どんなに苦しい戦いのときでも明るさを失わず、乗員のなかへ入って気軽にはいり、笑いの渦を巻き起こしました。

すこし脱線しますけれど、不思議なもので、昔から左翼系の人というのは、会って話していてもひとつもおもしろくない。
なんだか教条主義で権威主義でツマラナイ。
ところが保守系の人というのは、どなたとお話していても、めちゃくちゃ楽しいし、面白い。

そしてこれまた日本の特徴ですが、強い組織というのは、どこも笑いが絶えないようです。
その笑いも、いまどきのテレビに出て来る朝鮮系お笑い芸人のようなものではなくて、腹の底から笑う。
それでいて、締まるところはビシっと締まる。
それが日本の強い組織です。

映画やドラマなどでは、かつての日本軍を描くとき、妙に暴力的だったり、妙に真面目くさったような描き方をしますが、実際には、普段は楽しくて仕方ないほど笑いが絶えないし、その一方で訓練は厳しくて、みんなが真面目に一生懸命取り組んだ。
そういうものだったといいます。

吉川艦長の艦もそうでした。
笑いの渦があり、一本筋金の入った厳しさがあり、艦には「この艦長のためなら」という気風がみなぎっていました。

昭和17年2月、バリ島沖海戦が起こりました。
吉川艦長の指揮する駆逐艦「大潮」は、僚艦と協力して、巡洋艦3、駆逐艦7からなる米蘭の連合艦隊に4回にわたって戦いを挑みました。
そしてオランダの駆逐艦ピートハインを、砲と雷撃で撃沈し、さらに巡洋艦3隻を中破、駆逐艦3隻を小破という大金星をあげています。
要するに、圧倒的に強力な敵を、壊滅させてしまったのです。
ありえない、すごさです。

この年4月、吉川艦長は一時内地に帰還し、駆逐艦「夕立」の艦長に異動となります。
そして8月末、「夕立」に乗った吉川艦長は、ソロモン海北西の島を基地にして、陸軍一木支隊の兵員をガダルカナル島に上陸させる任務を負っています。

以来、第三次ソロモン海戦開始までの二か月半、「夕立」はガダルカナル島に、なんと18往復もしています。
すでに、敵がうじゃうじゃといる海域です。
うだる暑さ、絶え間ない空襲、まとめて2時間と寝ることのできない不眠という悪条件のなかで、一回に約150名の陸兵と、15~30トンの武器、弾薬、食糧を回送しています。
これまたすごいことです。

輸送任務のとき、軍医長だった永井友二郎中尉が吉川に聞いたそうです。
「輸送を何べんやっていても、急降下爆撃機に突っ込んでこられると、首をすくめてしまいます。艦長はこわくないのですか」

すると髭面の吉川艦長は答えました。
「俺だってこわいさ」
そして、ニヤリと白い歯をみせてこう言ったそうです。
「だがなぁ、永井、私は対空戦闘や操艦で頭がいっぱいで、こわいのを忘れてるんだ。軍医長のように、する仕事がなくて、ただどうなるか待っているのはこわいはずだ。自分の使命感で耐えるほかはないだろうなあ」

率直に「こわい」と語る吉川艦長の言葉に、永井軍医は心を和ませたそうです。
そしてその後は任務第一を心がけるように努めたそうです。

看護長の奥村忠義二等看護兵曹は、吉川艦長から、こんなことを言われた記憶があるそうです。
「なぁ奥村。俺は死んでも代わりがある。だがな、お前が死んだらだれが病気やけがの面倒をみてくれるんだ? 奥村、おまえは体に十分注意しろよ」
激しい戦乱の中でのことです。
奥村はこの言葉に涙したそうです。

バリ島沖海戦では、こんなエピソードがあります。
撃沈した「ピートハイン」からボートで脱出中の敵乗員10人を、吉川の「大潮」が救助しました。
そして彼らを捕虜収容所に送ったのです。
1ヵ月ほどして、捕虜の食糧が欠乏していると聞いた吉川艦長は、「そりや大変だ」と言って食糧、菓子、タバコを持って、捕虜たちの慰間をしたのです。
このとき吉川艦長が捕虜たちにみせた笑顔はとても暖かく、まるで自分の息子に語しかけているようだったそうです。

輸送作戦に従事していた9月4日、陸軍兵をガダルカナル島に揚陸したあと、敵飛行場を発見した「夕立」は、これを砲撃して大打撃を与え、さらに駆逐艦二隻を撃沈しています。

このときのことを連合艦隊参謀長宇垣少将は、9月5日の日記にこう書いています。
「吉川中佐の如き攻撃精神旺盛、体力気力抜群の者が武人としてよく勝ちを収める」

昭和17年11月12日の深夜、第三次ソロモン海戦が起こりました。
ルンガ岬沖に進出した日本艦隊を、カラハン少将率いる米艦隊が待ち伏せしていたのです。

「敵艦隊発見!」
このままでは、日本艦隊は包囲され、壊滅してします。
吉川艦長は、僚艦の「春雨」とともに、2隻で米艦隊に向けて猛突進を敢行しました。

米艦隊は、この2隻の駆逐艦との衝突を避けようとパニックに陥いります。
そのパニックに乗じて、後方にいた日本側戦艦が先制砲火を開始します。
これを確認した吉川は、艦を反転させると、日本の主隊と交戦を始めた敵艦隊の真っただ中に夕立を進めました。
そして軽巡洋艦「アトランタ」に魚雷2本を命中させて航行不能に陥らせ、次いで至近距離から旗艦「サンフランシスコ」に多数の命中弾を浴びせます。

敵のど真ん中に日本の駆逐艦「夕立」がいるのです。
真夜中の戦いで、戦いが終わったとき、「夕立」は、多数の砲撃を満身に浴びて航行不能となったけれど、この海戦における吉川艦長の働きは、その旺盛な攻撃精神といい、卓抜した戦闘技法といい、まさに駆逐戦隊の華と称えられています。

この戦いにおける駆逐艦の戦いぶりは、世界の海軍史を通観しても、これに匹敵する事例を他に見出せないものとされています。

吉川艦長の戦歴は、全海戦で8隻を撃沈、12隻撃破というすさまじいものです。
しかし彼は、功を誇ることは一切しない人でもありました。

第三次ソロモン海戦を振り返って中村悌次は、
「闇夜のなか、流れるように口をついて出る的確な号令は、まさに自己訓練の賜物だった」と、吉川の冷静で果断な指揮を語っています。

第三次ソロモン海戦から帰投した吉川は、海軍兵学校教官への転任を断り、駆逐艦「大波」の艦長を引き受けて、ふたたび激闘のソロモン海へ向かいました。
ガダルカナル島撤退の後、敵の北進を阻止するため、「大波」はブーゲンビル島北端にある、ブカ島への輸送、補給の任務につきました。

その目的を果たして帰投中のことです。
昭和18年11月24日、最新式レーダーを装備した米駆逐艦に雷撃され、「大波」は大爆発を起こし、数分で乗員もろとも海底に没しました。

吉川潔中佐は、戦死後、駆逐艦長としてただ一人、二階級特進の栄誉を担い、少将に任ぜられています。

私は、軍の経験がないですし、あくまで素人ですから軍事行動の詳細については、よくわかりませんし、言及できるほどの知識もありません。
ただ、吉川潔少将という、小兵ながらも自らを鍛えあげた立派な軍人がいて、部下たちからよく慕われ、たいへんな軍功を残し、そして海に散っていかれた。

男として、その凄味、その人生は、やはり学ぶべきたくさんのものがあるように思います。
わたしたち日本人にとって、戦争の記憶というのは、長くとても苦しいものでした。
けれど、それだけではなくて、その長く苦しい戦いの中で、堂々と潔く立派に生きた人たちがいたという記憶は、わたしたちは絶対に失ってはいけないことだと思います。

※この記事は2009年11月9日の記事をリニューアルしたものです。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


特攻隊員は底抜けに明るかった 《特攻 日本の誇りを取り戻す》


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!



関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/12/03(火) 02:00 | | #[ 編集]
日本人として生まれ育ち、日本人に生まれて良かったと思う感謝の気持ちが、自分なりに精一杯日本の為になる生き方をしよう!と考えていたのが戦前の大多数の人々だったと思います。吉川艦長も帝国海軍軍人で、職業軍人の将校だったから、それが当たり前の意識だったはずです。何故、吉川艦長のような豪胆でしかも心優しく、ユーモアを持ち合わせた人物が現在は少なくなったのか?、それは死を何時でも受け入れる覚悟を必要としない世の中が、長く続いた結果の現象だと思っています。日本の共産党を筆頭に左翼の連中は、外国での苛烈な民族差別や、政府の自国民への容赦ない弾圧などを経験していない中で、悪魔の共産理論に洗脳されて優しい物言いで、いかにも博愛主義者のように振舞い日本を亡国の道に引きずり込もうとする連中なのです。スターリンがソ連人民を無慈悲に1000万人以上殺戮したり、毛沢東が大躍進政策で4500万人以上、殺戮餓死させた事実は今日では世界中に知れわたっている事実です。戦後の人権尊重第一主義の中で、死を想定しなくても済む左翼の反日、売国政治活動が「職業としての左翼」であり、如何にいい加減な人間達の集団であるかを見抜く力を養わなければならない。日本が大好きな愛国者ならば…
2013/12/02(月) 22:02 | URL | ひげ親父 #-[ 編集]
No title
小柄でも活発で魅力的なリーダータイプの人、いますね。
ドラマなどでの日本軍の描かれ方は観るに耐えないひどさだと思うことが多いです。実際には誠実で、厳しい中にもユーモアや優しさがあった人が沢山いたと思います。昔の戦争映画を観ると、兵隊さんは快活で男気とユーモアがあり、とてもかっこいいです。戦争を美化している風でもなく、まだ戦争の記憶が新しかったので、人々の事実の姿に近かったのだと思います。現代に近づくほど物語は自虐的で言い訳がましいものが多く感じます。昔は俳優も製作者も戦争経験があったせいでしょうか、画面から伝わる気迫が違います。当時は映画を作るほうも観るほうも、みんな辛い戦争を乗り越えた同士、お互いの苦しみを労い励ましあう気持ちがあったのではないでしょうか。自分達はあの苦しみをよく頑張って耐えたものだ、だからこれからも何とかなる、と戦後の日本を建て直す気力と希望を持って前を向いていた人が多かったのだと感じます。時代が新しくなるごとに、日本軍の姿が捻じ曲げられて事実から遠ざかっていったと思います。
2013/12/02(月) 21:09 | URL | お猪口 #-[ 編集]
スパイ防止法を反対する議員が多い訳
スパイ防止法を反対する議員が多い訳

【国際】カナダ海軍技師を逮捕、中国に造船機密漏えい計画か 有罪なら終身刑の可能性も

カナダ連邦警察(Royal Canadian Mounted Police、RCMP)は1日、
同国海軍の造船調達戦略に関する機密情報を中国に漏えいしようとした疑いで、カナダ人海軍技師1人を逮捕したと発表した。

駐カナダ中国大使、中国企業のスパイ活動を否定

 逮捕されたのはトロント(Toronto)在住のクィン・クエンティン・フアン(Qing Quentin Huang)容疑者(53)。
カナダの造船資材の調達戦略に関する詳細情報を入手しており、その中には監視船やフリゲート艦、
補助艦艇、科学調査艦、砕氷艦などが含まれていたという。

 フアン容疑者は情報保全法に基づき11月30日に身柄を拘束され、
機密情報を国外に漏えいしようと試みた罪2件で1日に訴追された。
4日に保釈査問会が開かれる予定。裁判で有罪になれば終身刑となる可能性がある。

 連邦警察では、フアン容疑者は単独で犯行に及んだとみている。

 フアン容疑者は、カナダ造船最大手アービング造船(Irving Shipbuilding)の委託業者で英ロンドン(London)に
本拠を置く船舶審査企業ロイドレジスター(ロイド船級協会、Lloyd's Register)に監査員として登録されている。
一方、ビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「LinkedIn(リンクトイン)」のプロフィールでは
ロイドレジスターの海軍技師と記載されている。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事 12月2日(月)13時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131202-00000026-jij_afp-int

2013/12/02(月) 20:38 | URL | #-[ 編集]
No title
在特会や愛国系のデモに対する団体の行動は、他のブログで流されているビデオを見ると、京都における在特会の行動よりも悪質な発言と行動で、言論及び表現の自由を制限する行動である。

沖縄における左派系統の小規模なデモを、全島民の行動だと誤解するほど大きく報道するマスメディアが、その一方で東京での愛国系市民の大規模なデモを報道しないことは、マスメディアによる一般国民への情報操作だ。

一般国民は、マスメディアが報道することしか見えないことを、マスメディアは知っている。
そのようなマスメディアに対して、日本の秘密保護法を批判する資格があるのか疑問である。
2013/12/02(月) 20:06 | URL | #-[ 編集]
No title
帝国海軍の駆逐艦と潜水艦は、大東亜戦争が始まった頃は艦本来の持つ能力を生かした使われ方をしましたが、戦況が不利になるに従って、その用途を物資の輸送とされることが多くなりました。それに従って、損耗も多くなったと思います。
各艦長は、命令に従って任務を果たされましたが、艦本来の能力を生かせないことは、誠に辛かっただろうと察するに余りあります。



11月30日に開催された日韓議員連盟において、島根県の竹下亘衆議院議員は「竹島が含まれる島根県選出議員」と自己紹介したところ、韓国側が抗議したため謝罪したとのことです。

ジョークのつもりで言った場合でも、抗議されて引っ込めたら韓国の主張を認めたことになるでしょう。しかし、そのまま主張を引っ込めなかったら、日本の国民からはその発言が高く評価されたと思います。



民主党(細野)、維新(松野)、みんな(江田)が野党を合併して、新たな勢力を考えているそうです。
維新の党の松野氏は、元民主党ですから現民主党の細野氏とは話しやすいでしょうし、これにみんなの党の江田氏が加わって合併することが容易に考えられ得ます。
さらに、これに国民の生活が合流し、かって自由党と民主党が合併したときの状況を作り出し、再び政権を目指す可能性があります。(細野氏と小沢氏は関係が近いと思います。)

この場合、維新から旧太陽の党の方は、脱退するでしょう。
民主党と維新の合併には、絶対に反対します。
橋下大阪市長はいわゆる従軍慰安婦問題後に人気を落としましたが、彼の方法はともかくとして、韓国の主張する従軍慰安婦問題は無かったとの主張は今でも正しいと思っています。子孫にこんな捏造問題を、残すこともできません。
親韓国・親中国の民主党を支持することや、野戦隊長の元に日本の進路を預けることはできません。
2013/12/02(月) 19:27 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
そういえば自衛隊の方々も普段は非常に明るく笑い合える仲なんですよね。たまにテレビで自衛隊の特集などをやっているのをみると本当、冗談を言い合い、何かほんわかした空気が漂っていました。なんだが自分達と少しも変わらないなぁって感じたんです。あの山本太郎などは人を殺したいから自衛隊に入ったんかなぁなどと冗談にもならない暴言を吐いておりましたが、まったくの嘘ですね。自衛隊は人の命を奪った数より人の命を救った数が遥かに多い軍隊として世界中でも有名です。日本軍の頃と少しも変わらない日本国自衛隊。本当、頼りにしていますし感謝しております。あぁ、早く日本国防軍と名称が変わって欲しいものですね。
2013/12/02(月) 12:51 | URL | 名無し #q1XLqEA6[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク