アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


昭和天皇、闇夜の答礼

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」
ねず本、ネットで立ち読みができるようになりました。スマホでも読めます。
http://homepage2.nifty.com/sai/e_book/t_n56_nezu_01/
ラジオでのねず本のお話です。下のURLで聞くことができます。私も出演しています。
http://www.sinkan.jp/radio/radio_1674.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

桜島-1


昭和6(1931)年11月のことです。
熊本の帯山陸軍練兵場で、昭和天皇御統監のもと、陸軍の特別大演習が開かれました。
このとき、師団の勇姿をひとめ見ようと10万人もの観衆が詰めかけています。

演習のあと、昭和天皇は、熊本から汽車で鹿児島に出られ、そから御召艦(おめしかん)である「榛名(はるな)」にお乗りになり、横須賀へと向かわれました。
日没と同時に天皇旗をひるがえした榛名は、お供の駆逐艦4隻を従えて、桜島を背に、鹿児島湾を出港しました。

御召艦は、天皇陛下がお乗りになる軍艦です。
陛下が自分たちの船に乗ってくださる。
それはとても名誉なことです。


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


当時の乗員たちは、その日のために、艦を磨き上げました。
いよいよ当日、艦に天皇旗がひるがえったとき、それを見上げる水兵たちの気持ちやいかばかりだったでしょう。

その水兵たちが、天皇旗を見上げて感慨にふけっているとき、そこに昭和天皇がお越しになりました。
慌てて不動の姿勢をとり、挙手敬礼をする水兵さんたちに、陛下は、
「君たちのおかげで、艦はどこもかしこもピカピカだね。ありがとう」と親しくお声をかけられました。

水兵さんたちは、びっくりしたそうです。
けれど、このように陛下が兵隊さんたちに親しくお声をかけられるということは、当時、決してめずらしいことではありません。
陛下もご自由に艦内を歩き回られましたし、そこで作業中の水兵さんたちに親しくお声をかけられ、はじめ緊張していた水兵さんたちもすぐに打解けて、艦内には笑いがたえなかったそうです。

国を護るために懸命に働く水兵さんたちと、ひたすら国民の安寧を願われる陛下です。
畏れ多くも、陛下と国民の心はひとつです。
日本的君民という、どこぞの国の上下や支配の関係などとはまったく異なる、日本的姿がそこにあります。

榛名の中で陛下の居室兼食堂に充てられたのは、後甲板の真下の司令長官室でした。
そこは専用の階段をあがると後甲板に出れるところです。
後甲板は、夜は真ん中に電灯がひとつ灯るだけの薄暗いところです。

陛下は、水兵さんたちとのふれあいのあと、その長官室でおひとりでお食事をお召し上がりになられたのだそうです。
普通なら、艦の誰かが夕食にはお相伴するのですが、この日は、たままた夕刻の出発直後であったため、総員多忙だったのです。

このとき、同行していた木下道雄皇室侍従次長は、別室で食事をとっていたのですが、そのとき、ふと気がついたことがありました。
大正14年の夏、まだ陛下が皇太子であられたときのことを思い出したのです。

陛下はこのとき軍艦長門で樺太にご旅行になられたのですが、ある日の夜、樺太の南端にある大泊(おおどまり)港から、真岡方面に船を回航している途中、艦は夜の仮泊のために、海馬島という絶海の孤島のあたりに艦を停泊させようと、島の周りを徐行していました。

そのとき、木下侍従次長らは、殿下(のちの昭和天皇)とともに、あたりの景色を愉しまれていたのですが、そのとき、殿下が、
「この島の人たちの暮らしぶりはどうか?」とご下問になりました。

侍従次長が、
「はい。この島には100人ほどの日本漁民がいて、漁業を営んでおります」と答えますと、殿下は、
「そう。冬はたいへんだろうね」とお応えになりました。

夏の夕暮れ時とはいえ、あたりは風浪の激しいところです。
甲板には強い風が吹き付けていたのですが、そのとき、風浪の先から、なにやら人の声のようなものが聞こえたことに、殿下が気付かれました。

艦の者が確かめると、波の向こうから、手漕ぎの小船に乗った数名の島民たちが、「なにやら手を振り、万歳をし、大声で叫んでいるようです。
そのとき殿下は、
「私の歓迎のために(彼らは)わざわざ船をだしてくれたのだ。たとえ(声が)風にかき消されたとしても、彼らの声は、私の心に届く」とおっしゃられ、陛下は甲板の手すりに進まれると、
「ありがとう!」と声をあげられ、帽子をとって、力一杯振られたそうです。

陛下の御召艦が、海馬島のあたりに仮泊するということは、ニュースで刻々報道されていました。
おそらく、島民たちは総出で、沖まで船を出し、殿下をお迎えしようとしたのでしょう。
けれど、日没後のシケで荒れた海で、長門の艦影を発見できず、そのなかの一艘だけが、彼らだけが、やっと艦を見つけて、すこしでも艦に近づこうと、荒波のなかを一生懸命船を漕いできたのだと思われます。

周囲にいた者たちも、全員、殿下に倣って、帽子をとり、これを振りながら「ありがとう」と声をあげました。
けれど、徐行しているとはいえ、軍艦の速度に、人力の小船が追いつけるわけもなく、一瞬の後には、小船は見えなくなってしまいました。

そのときのことを、木下侍従次長は、鹿児島の艦の中で、ふと思い出したのです。
「もし、おなじようなことが、この鹿児島でも起こったとしたら・・・」
北海の孤島と違い、波の静かな鹿児島湾内のことです。
いつどこから船が来るかもしれない。
もし、あのときと同じように、お見送りの船があったとしたら・・・。
いま陛下はお食事中だし、お付きの人々も、乗員も業務の真っ最中で、誰もそれに気付かないではないか!?

木下侍従次長は、そう気付くと、矢もたてもたまらず、食事を早々に終わらせると、後ろ甲板に飛び出して行きました。

そこで、木下侍従次長は、生涯忘れられない光景を見ました。

侍従次長が甲板に駆け上がると、当日は月もなく、星明かりもない真っ暗闇でした。
南国鹿児島とはいえ、当時の11月中旬といえば、夜はたいそう冷え冷えとします。
あまりの寒さに、外套をとりに船室に戻ろうとしたとき、侍従次長は見たのです。

それは、真っ暗な後甲板で、たったひとりで直立不動の姿勢をとり、挙手敬礼をしたまま、じっと動かずにいる人影でした。
(そうか。もしかして鹿児島の人たちが見送りに来るかもしれないと気付いたのは、私だけではなかったんだ。けれど、あの人影は誰だろう)
そう思って、「やあ、ご苦労さん」と声をかけようとしたとき、木下侍従次長は、そのたったひとりで敬礼をしている人影が、陛下であることに気付きました。

(陛下をお見送りしようと、小船が来ているのだろうか)
慌てて木下侍従次長は海面を見渡したのだそうです。
けれど、小船はどこにも見当たりません。
薩摩半島の稜線が、ぼんやりと見えるだけです。

双眼鏡をのぞきこんだ木下侍従次長は、そのときふと気がつきました。
鹿児島の方向に、赤い紐のようなものが、海岸線に沿って水平に延々と果てしなく続いているのです。
それだけじゃない。
赤い紐のように見える上に、橙色の点々もあります。
それは海岸線から見て、おそらく山中の小高いところに点在しています。

「ああっ。わかった!」

赤い紐の正体は、この暗闇の中で、軍艦の姿は見えないまでも陛下をお見送りしようと、こぞって海岸に立ち並んでいる人々の提灯(ちょうちん)や、松明(たいまつ)の灯(あかり)だったのです。
そして、その上に見える橙色は、提灯だけでは足りずに、山に登って焚いた篝火だったのです。
「どうかご無事でお帰り下さい」
「またおいでください」
そんな声が、まるで聞こえて来るかのようです。

すでに距離は遠く、肉眼ではその灯りは見えません。
見えないけれど、陛下は海馬島のときのことを覚えておいでになり、たったひとり、後甲板に出て、寒い中外套もはおらず、誰かがお見送りされいたら申し訳ないからと、お食事もそっちのけで、ただおひとり、真っ暗闇の中で、沿岸の人たちに不動の姿勢で敬礼をなさっておいでだったのです。

「ああ、これこそ日本の本当の姿だ。なんとかして、見送りに来ているあの人たちに、陛下のお気持ちをお伝えせねば」
木下侍従次長は、急いで艦橋に駆け上がると、艦長にそのことを伝えました。

大隅半島の沿岸には、たくさんの人たちが出ていました。
けれど、真っ暗闇の中です。
灯りは陛下の艦には届かないかもしれない。
けれど、灯りが見える見えないは、どうでんよか。見えちょらんでも、心は通じっちょど。

そんな思いで沖合を眺める人々の前に、突然、ボッ!という大きな音が聞こえました。
榛名以下5艘の艦の探照灯が、一斉に点灯されたのです。

沿岸で見送る人々に、陛下がご挨拶くだされた。
そのお気持ちがはっきり伝わったのでしょう。
岸に沿って長い紐のようになっている灯りが、遥か遠目にも、揺れているのが見て取れたそうです。

それは、民の真心が陛下の御心に届き、陛下の真心が無事に民に届いた瞬間でした。
たとえ遠く離れていても、たとえそれが闇の中であろうと、必ず通じ合う心、それが君と民の「結(ゆ)い」の心です。

※このお話は、特定非営利法人ふるさと日本プロジェクト発行「マンガ/昭和天皇にあいたい1」をもとに編集させていただきました。
内容は実話です。
このシリーズは現在11冊出ていますが、とても読みやすく、また感動的に描かれていて、おススメです。
http://biken-guide.co.jp/doc/furusato.php


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
No title
いつも日本が大好きになれるようなエピソードを紹介してくださってありがとうございます。

自分自身、つい数年前までは日本人であることに罪悪感を覚え皇室に否定的でしたが、今では昭和天皇、今上の陛下と類まれな名君の御世に生きることができてこの上ない幸せだと思っています。
2013/12/14(土) 17:56 | URL | #-[ 編集]
No title
どなたかのコメントにもありましたが、
私も会社のPCで読んでおり、
涙をこらえました。

かつての日本を取り戻すには教育しかないですね。
家庭教育から頑張ります。
2013/12/12(木) 14:10 | URL | #tICeUUe.[ 編集]
No title
。。。。。なんて素晴らしいお話、エピソードなのだ。。。。
 思わず涙が溢れ出て来た。。。
 嗚呼、皇国日本に生まれて、本当によかった!!!
2013/12/12(木) 12:08 | URL | 吉法師 #-[ 編集]
天皇皇后両陛下の熊本行幸啓
10月に14年ぶりにご来熊されました。
14年前には1歳と4歳の息子を連れて沿道奉迎しました。
そして再び15歳と18歳になった息子と一緒に沿道奉迎することができました。
その際、両陛下のオーラの神々しさは無私であるがゆえのものだと感じました。本当にありがたいことです。

2013/12/12(木) 00:11 | URL | 熊本県民 #-[ 編集]
No title
昭和天皇のお話にはいつも涙が出てきます。
日本人で幸せです。
2013/12/11(水) 23:10 | URL | #-[ 編集]
No title
50年位前になるでしょうか、学校で授業中、教室の窓から昭和天皇の御料車が横の道を通って行かれました。同級生一同、窓から手を振って見送ったことがあります。
30年位前には、今上天皇が皇太子のときに御料車を見ました。
いずれも一瞬のことですが、記憶に焼き付いています。



総務省は11月15日に、「外国人が通名を記載する際には要件を厳格にした上で、原則として変更を許さない」という内容の通知を外国人住民基本台帳室長名で出したとのことです。
在日外国人は、これまで本名と通り名の二つがある上に、通り名は継ごうによって変えることができましたから、場合によっては六つの名前を持っておりこれを詐欺に使ったこともありましたが、ようやく通り名は一つになることになります。
しかし、一人の名前は、一つで十分です。
次は、通り名をなくすように、通知しなければならないと思います。



北九州市で開催された北東アジア地域の環境問題について話し合う日中韓3カ国の環境相会合は6日、微小粒子状物質(PM2.5)など大気汚染対策に関する新たな枠組みを盛り込んだ共同声明を採択し、2日間の日程を終えたとのことです。
大気汚染対策で実務者レベルの会議を新たに設け、関連する政策や観測態勢、研究などの分野で協力関係を強化することで合意したそうですが、日本は偏西風で風下にあることから、一方的に大気汚染の被害を受けているのです。

中国には、環境被害に抗議し、これの改善を命じればよく、そのための施設や機械は日本から輸出することで解決すれば良く、それで十分な強力になると思います。
中国はGDPは日本より大きく、さらに、日本の数倍の軍事予算を持っているのですから、これを充てれば資金は十分にあります。ただし、機械のサンプルを輸出するのでは、コピー商品でにほんの技術を奪われるだけです。
今の日本は、原子力発電を停止しているため、燃料費が高騰しており国家の収支にも悪影響があります。民間企業には正当な商売は必要ですから、後で企業に損の出る方法を協力ということを、やってはいけないと思います。



秘密保護法が制定されましたが、政権の大臣が他国の大使館員と気軽に食事して、世間話で国の情報を筒抜けにするようでは、この法律に抵触することもあると考えます。

国土交通大臣は、在日中国大使が創価大学の第一期中国留学生であることから、親しくしているとの記事を読みましたが、一等書記官がスパイをしていた国(スパイが一等書記官?)の場合、その一等書記官以外は信用できるとは言えません。
今までは秘密保護法がなかったのですが、今は、これが成立したのです。
もし、大臣から情報が漏れた場合、政府がどのような責任を取ることになるのか、考えて行動しなければならないと思います。
2013/12/11(水) 16:43 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
外国の方に、日本・日本国民にとっての天皇陛下がどんな存在かを説明するのは難しいですね。
エンペラーは便宜上、英語を当てたもので、「天皇」をそのまま言い当てるものではないように思います。

日本国民の心の拠り所で、(不敬かもしれませんが)父のような存在で、不可侵なもの、
なんと表現してよいかわかりませんが、大切なものであることは確かです。

はだしのゲンだったでしょうか。昭和天皇を「世界最悪の殺人者」との表現には、心底怒りを覚えたものです。
昭和天皇のこういうお優しいお姿や、お心遣いを何も知らないのでしょうね。

こういう戦後左翼はまさに「老害」としか思えません。
天皇陛下や皇室を蔑み、保守体制を批判し、中韓に媚びる
こうして日本の心を壊してきた人々が、
今年金受給世代となり、若い世代の生活を圧迫する。。。
本当に許せません。
2013/12/11(水) 13:58 | URL | 軍人の娘 #-[ 編集]
ねずさん、私も齡50、戦後の捏造教育のせいでバリバリの自虐史観だった者です。社会党の石橋の非武装中立論にも賛成は出来ないけれど、その理念には共感していた馬鹿者でした。目覚めた今、なんとか日本を正常化したいと燃えております。
しかし昭和天皇は既にお隠れになってしまい、今では尊敬の言葉も届かず後悔の念にとらわれています。
もう将来こんな思いを抱く人間が無くなるよう、遅きに失した感はありますがねずさん本やブログをクチコミで拡散させていただきます。
ただ情報統制でもあるのでしょうか、未だに田舎の本屋さんにはねずさん本が配本されておりません。大増刷をよろしくお願いいたします!
2013/12/11(水) 13:30 | URL | 下水油 #-[ 編集]
更新ありがとうございます。
ねずさんのプログで一番胸に修まっていることは、日本には天皇がおられるから、その神聖な権威の加護のなかで社会的な身分の差は
あっても人間の尊厳として対等でいられると言う事です。 この意味することは大変深いものだと想います。 昭和天皇ほど、無私に徹せられた方は、おられないです。今上天皇陛下、皇太子殿下も無私で素晴らしいお方です。 けれど無私は真空のお立場です。国民の想念をおかぶりになるのも天皇陛下です。 天皇陛下のみ心を安んじる為には 、天皇がおられる国体と日本の八百万の神々様に、生かされている感謝を捧げて、私心を少なく日本人らしく生きる事が大切だと想います。
2013/12/11(水) 11:20 | URL | ひろし #-[ 編集]
日本人でよかった
会社のPCで読んでいたのですが、もうだめ。。。。
喉が奥が痛くなって、もう、泣きそうです。。。

こんな素敵なお話は、次のねずさんの本でも載せて下さるようお願いします。
2013/12/11(水) 09:33 | URL | 人生甘党 #-[ 編集]
No title
ありがとうございました。皇民であることを幸せに存じます。
2013/12/11(水) 09:24 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
図書館にも
特定非営利法人ふるさと日本プロジェクト発行
「マンガ/昭和天皇にあいたい1」
こんなすばらしいお話の拡散に取り組んでいる方々を知りました。

しかし、「はだしのゲン」という亡国図書が蔓延しています。
有害図書を図書館に置かないように運動している方をご紹介します。
「マーキュリー通信」no.2277
【奇人変人の異見-217「子供にとってポルノ漫画より有害な漫画「はだしのゲン」】
http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/no2277-217-2aea.html
【教育荒廃を促進させる豊島区の区民からかけ離れた考え方】
http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/no2290-6de8.html
>はだしのゲンの内容はほとんど事実と相違しています。
そして、「表現の自由」の基に天皇に対する罵詈雑言の限りを尽くすことが果たして許されるのでしょうか。

2013/12/11(水) 08:57 | URL | はっちょもん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク