アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


安倍総理の靖国参拝

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
↓ご注文は書店さんで↓
■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
■ISBN-13: 978-4434184727

■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版
ねず本、ネットで立ち読みができるようになりました。スマホでも読めます。
http://homepage2.nifty.com/sai/e_book/t_n56_nezu_01/
ラジオでのねず本のお話です。下のURLで聞くことができます。私も出演しています。
http://www.sinkan.jp/radio/radio_1674.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

靖国神社0101


安倍総理の靖国参拝を心から感謝申し上げたいと思います。
これに関連して、以下の文を掲載したいと思います。


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


========
素子は私の顔をよく見て笑いましたよ。
私の腕の中で眠りもしたし、またお風呂に入ったこともありました。
素子が大きくなって私のことが知りたい時は、お前のお母さん、佳代叔母様に私のことをよくお聞きなさい。
私の写真帳もお前のために家に残してあります。

素子という名前は私がつけたのです。
素直な、心の優しい、思いやりの深い人になるようにと思って、お父様が考えたのです。
私はお前が大きくなって、立派なお嫁さんになって、幸せになったのを見届けたいのですが、若しお前が私を見知らぬまま死んでしまっても、決して悲しんではなりません。

お前が大きくなって、父に会いたいときは九段にいらっしゃい。
そして心に深く念ずれば、必ずお父様のお顔がお前の心の中に浮かびますよ。

父はお前が幸福者と思います。
生まれながらにして父に生き写しだし、他の人々も素子ちゃんをみると真久さんにあっている様な気がするとよく申されていた。
またお前の伯父様、叔母様は、お前を唯一の希望にしてお前を可愛がって下さるし、お母さんも亦、御自分の全生涯をかけて只々素子の幸福をのみ念じて生き抜いて下さるのです。

必ず私に万一のことがあっても親無し児などと思ってはなりません。
父は常に素子の身辺を護っております。
優しくて人に可愛がられる人になって下さい。

お前が大きくなって私のことを考え始めたときに、この便りを読んで貰いなさい。

昭和十九年○月某日 父
植村素子へ

追伸
素子が生まれた時おもちゃにしていた人形は、お父さんが頂いて自分の飛行機にお守りにして居ります。
だから素子はお父さんと一緒にいたわけです。
素子が知らずにいると困りますから教えて上げます。
=======

この遺書を書いたのは、植村眞久(うえむらなおひさ)海軍少尉です。

植村大尉は、立教大学に在学中、サッカー部の主将をされていました。
昭和18年の学徒出陣で、卒業を繰上げて海軍に入隊。第十三期飛行科を出られたあと、三重航空隊に所属、昭和19年9月に、休暇を許されて帰郷し、このとき生後3ヶ月になるひとり娘の素子さんと面会しました。

そして上の手紙を残し、昭和19年10月26日、第一神風特別攻撃隊大和隊隊長として零戦に搭乗し、フィリピンセブ基地を出撃、スリガオ海峡周辺洋上で特攻、戦死されました。
戦死後、特進して大尉に昇進されています。
享年25歳です。

特攻の目標は米国海軍T・L・スプレイグ艦隊でした。
米艦隊は他の艦隊からの補充を合わせ、全戦闘機60機を上空に配置して、日本機の攻撃を待ち受けていました。

植村隊3機は、60機の米軍戦闘隊と遭遇し、重たい爆弾を機体に吊り下げたまま激闘しています。
そして敵機の猛攻と、海上からのさかんな対空砲火をかいくぐり、米機動部隊に特攻を敢行、見事に敵艦を大破炎上させ、特攻を成功させています。

手紙にある素子さんは、父の母校である立教大学を昭和42年に卒業されました。
そしてその年の4月12日、父の手紙にあった、
「お前が大きくなって、父に会いたいときは九段にいらっしゃい」という約束を果たすために、
そして靖国神社で鎮まる父の御霊に、自分の成長を報告するために、
母親や家族、友人、父の戦友達が見守るなか、髪を文金高島田に結い、美しい振袖姿で、6歳のころから習った日本舞踊を奉納されました。
曲は「桜変奏曲」でした。

そのときの写真です。
素子さんの奉納


素子さんはこのとき、「お父様との約束を果たせたような気持ちで嬉しい」と言葉少なに語られたそうです。

父から子へ、子から孫へ。
決して忘れたり風化させたりしてはならない歴史が、私たちの国にはあります。
そのことに深く思いをいたし、英霊への感謝を捧げたいと思います。

靖國神社に祀られる英霊、246万6,495柱です。
そして靖國神社には、さらにもうひとつ鎮霊社が境内に建立されています。
この鎮霊社は、昭和40(1965)年に、靖國神社本殿に祀られていない古今東西の戦争犠牲者を祀るために建立されたものお社です。

靖国神社を、あたかも軍国主義のシンボルのように誹謗する人や国があります。
けれど、世界中の戦争犠牲者の御霊さえも安らかにと祭祀を続けている靖国神社の良心は、わたしたち日本人の誇りです。

世界中どこの国でも、自国の武人たちのことを誇らしく顕彰します。
「自由の国」アメリカでも、戦地で亡くなった軍人さんたちを、アーリントン墓地に祀っています。
戦って生きても、戦って死んでも、その栄誉を守り語り継ぐのが世界の常識です。

日本だけがそれを止めていました。
その結果、子どもたちは自分の国を誇ることを知らず、その子どもたちが長じて、国軍の長であることを知らず世界に恥をさらす政治家に育ちました。

靖國神社への安倍総理参拝は、まさに「日本を取り戻す」行為そのものの行動であると思います。
なぜなら、「日本を取り戻す」とは、究極的には「日本人としての価値観を取り戻す」ことだからです。

もうひとつ、書いておきます。

総理の靖国参拝に関し、在日米国大使館が、批判的声明を出したということ、並びにニューヨークタイムズ紙が批判記事を書いたということが、たいへん声高に宣伝されています。
けれど、これには注意が必要です。

まず、「在日米国大使館の声明」です。
声明の全文を見てみます。
=======
《靖国参拝、在日米国大使館の声明全文》

(日本語訳)
日本は大切な同盟国であり、友好国である。
しかしながら日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。

米国は、日本と近隣諸国が過去からの微妙な問題に対応する建設的な方策を見いだし、関係を改善させ、地域の平和と安定という共通の目標を発展させるための協力を推進することを希望する。

米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する。

(原文)
■Statement on Prime Minister Abe's December 26 Visit to Yasukuni Shrine

Japan is a valued ally and friend.Nevertheless,the United States is disappointed that Japan's leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan's neighbors.

The United States hopes that both Japan and its neighbors will find constructive ways to deal with sensitive issues from the past, to improve their relations, and to promote cooperation in advancing our shared goals of regional peace and stability.

We take note of the Prime Minister's expression of remorse for the past and his reaffirmation of Japan's commitment to peace.

=======

一読したらわかりますが、米大使館は
1 緊張悪化を懸念
2 安倍総理の平和への決意に注目
と書いています。

これは、ひとことでいえば、どっちつかずだし、むしろメッセージとしては「支那韓国に配慮しながらも、首相を応援するよ」という意味の込められた言葉といえます。
中立的立場であり、しかも日韓に基地を置く米国としては、あたりまえすぎるくらいあたりまえの表現にすぎません。

もっといえば、米国は「平和維持を最優先するぞ」と、強大な軍事力を背景に言っている、それだけのことです。
したがって、この声明をもって、総理の靖国参拝に反対の立場をとったという報道は、事実を歪めるものにすぎません。


次に、ニューヨークタイムスです。
共同通信の報道によれば、以下の通りです。

========
NYタイムズ紙「危険なナショナリズム」

米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝は中国、韓国との緊張をさらに高める「危険なナショナリズム」だと批判する社説を掲載した。社説は「アジアに必要なのは各国間の相互信頼であり、安倍氏の行動はその信頼をむしばむ」と厳しく批判した。

一方、沖縄県尖閣諸島の領有権や慰安婦問題をめぐる中韓両国の対応が日本国民に軍事的脅威を感じさせたり、不信感を抱かせたりしているとも指摘。問題解決のため、中韓首脳は安倍氏と会談すべきだとした。

また、「安倍氏の究極の目標は日本の平和主義的な憲法を書き換えることだ」とした上で、「日本の軍事的冒険は、米国の支持があって初めて可能となる。米国は安倍氏のアジェンダ(政策課題)は地域の利益にならないことを明確にすべきだ」と米政府に注文を付けた。(共同)
=======

ところがニューヨークタイムズのこの記事、『青い目をした外人さん』が書いた記事ではありません。
実際には『黒い目をした在日朝鮮人さん』のニューヨークタイムズ記者の「田淵広子」が書いた記事です。
写真の下に名前があります。
 ↓
http://www.nytimes.com/2013/12/26/world/asia/japanese-premier-visits-contentious-war-shrine.html?_r=0</span></u>">http://www.nytimes.com/2013/12/26/world/asia/japanese-premier-visits-contentious-war-shrine.html?_r=0

要するに、またまた在日不逞朝鮮人のおバカな策謀ということです。
むしろいまの日本では、こうした不逞朝鮮人の国籍剥奪、外患誘致罪適用の方が、はるかに優先する課題であろうと思います。
また、こうした外患者・・・つまり日米関係に摩擦を招くような不逞者に関しては、日米で協力して国際指名手配の上、死刑(外患誘致罪は日本の刑法でも死刑のみ適用)にしていくことも、視野にいれるべきと思います。


※この記事は、13/07/15の記事をリニューアルしたものです。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

神風特別攻撃隊大和隊 海軍少尉 植村真久遺書朗読


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!
関連記事

コメント
今年のねずさんはますます切れ味が鋭いですね。

さて、今年も
靖国が問題視されてますが別の視点から切り崩し、
下記の拡散をしていただけたらと思いお願いにまいりました。

『靖国焼き払い計画とローマ教皇庁』
について取り上げて下さい。

よろしくお願いします。
2014/01/08(水) 15:25 | URL | ティッシュ王子 #-[ 編集]
No title
アメリカ国民の意見は、政府と若干違う様に思います。
私の主人はアメリカ人ですが、今回の阿部総理の
靖国参拝に対して、アメリカ政府が意見をするのは、
内政干渉に当たり、するべきではないと申しております。
中国・韓国に対しても、いつまで、第二次世界大戦の事を
引きずるのか、理解出来ないと言うのが
普通のアメリカ市民の感想に思います。
阿部総理の靖国参拝に関しても、周りを見ても、
反対意見なんて聞こえてきません。
日本のマスコミも騒ぎ過ぎなのかとも思えます。
2013/12/31(火) 14:31 | URL | GREEN☆ICE #3kaJXPQE[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/12/30(月) 09:23 | | #[ 編集]
No title
フランス人の中には、靖国神社がなんなのかを理解した上で、EUは日本の靖国問題に干渉するなと発言している意見があるようです。分かってくれている方は旧連合国の人でもいるんだなと思いました。
2013/12/30(月) 01:03 | URL | #-[ 編集]
こんばんは
いつも日記ありがとうございます。読む度に勉強になると同時に、日本人で良かったと強く思えてきます。

この記事の、アメリカ大使館やニューヨークタイムズの記事を書いた人間について…

知人に教えたいので、日記URLと共に紹介させて頂きます。
2013/12/29(日) 23:52 | URL | 平 #-[ 編集]
私の靖国への思い
私の家内の叔父は予科練出身の飛行機乗りでミッドウエーにて戦死しています。しかし、遺書などはなく、叔父の生き様を伝えるものも居なくなってしまっています。私ども夫妻は今年この叔父の足跡をめぐる調査を行いました。予科練のあった阿見に行ったり、同期で生き残って「海軍下駄ばき空戦記」という本を書いた方の実家を訪ね墓参りしたり、同期の方の遺族にお話を伺ったりしました。そして徐々に叔父の生き様が分かってきました。音楽が趣味で訓練の合い間合い間に阿見の写真館で世話になったりしていたようです。お世話になった写真館の息子さんにも伺いましたが、なんとその日は叔父が世話になった家長の命日だったのです。そんな調査を続けているうち「永遠の0」という本に出会いました。私達が行っていることが本に描かれていると思い驚きました。調査の結果をまとめ、靖国神社に叔父の写真を掲げていただき、靖国から頂いた「祭神の記」などを本家の従妹のところに送ったら、何も言わないのに「永遠の0」のミッドウエーのところを読んでいたところでビックリしたと電話がかかりました。本当に不思議な導きでいした。私の叔父のように名もない英霊が今もなお日本を守ってくれているのだと思います。そんな靖国に総理が参拝していただいて感謝しています。ねずさんの昔も今もすごい日本人を買って読みましたが、先祖先人に感謝し、日本の文化伝統を大切にし日本人の心を引き継いでいかなくてはいけないと思いますし、他国にそのことを批判されることはないと思います。
2013/12/29(日) 18:21 | URL | ogawa #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/12/29(日) 11:50 | | #[ 編集]
靖国にて
かつて私を学生時代に御指導してくださり靖国に御奉仕されておられた先輩を三十年ぶりに訪ねた折、覚悟ができました。偶然にも英霊たる祖父も先輩と同じ瀬戸の小島の出身と知り、四十万人に一人の難病に職も家庭も失った私には九段の御霊の御縁に応えるべき生き方を先輩とともにできればと願っています。
かなり厳しい日常ですが国難に殉じられた御霊を思えばなんてことはないです。
先輩は壮絶な特攻や地上戦に散った英霊が眠る沖縄を西の靖国としてそちらに参られましたが私も私にできることを最期まで諦めません。
人生五十年生きてきて今更他の生き方の選択肢などありませんので…今後とも御指導宜しくお願い致します。
2013/12/29(日) 04:11 | URL | 廣瀬 敏則 #v15UA0kk[ 編集]
安倍総理はじめ、政府閣僚の皆様の頑張りを見ていると麻生さんが言った、「死せる中川、生ける保守を走らす」という言葉に思い馳せます。
2013/12/29(日) 02:33 | URL | ミノル #-[ 編集]
偏向メディア、ニューヨーク・タイムズと朝日新聞との濃密な関係
2020年オリンピック招致に関する猪瀬東京都知事の「失言」とニューヨークタイムズで活躍する謎の「日本人」記者・田淵広子さん

http://japa.la/?p=15470
2013/12/29(日) 01:53 | URL | Pin #-[ 編集]
No title
ニューヨーク・タイムズ社は、リーマン・ショックで
破綻の危機に見まわれた際に
韓国政府系ファンドが筆頭株主となっています。

米国は、日本の親でも神様でもありません。
単なるトモダチです。
相手に求めすぎず、自分のすべきことをしていれば
失望することも怒ることもなく
付き合って(利用させてもらって^^)いけます。

日本人には、国際社会で生き残っていくための
精神的な自立が必要ではないかと思うこの頃です。
2013/12/29(日) 00:02 | URL | 小妹 #mQop/nM.[ 編集]
No title
本当に涙が出ます。こんなに心のこもったお手紙を読んで。

昨日、東大大学院教授の藤原帰一がNHKBSに出てきて、「戦争になど行きたくなかった若者を戦争に行かせた指導者が祀られている所になど参拝してはいけない」「あの戦争が侵略でないと言えるのか?それは修正主義だろう」「韓国との関係が本当に心配だ」などと「は?????」と驚愕するような事を平気で述べていましたので、改めて何故NHKがこの人物を重用するのか良くわかった次第です。

彼はこの手紙を読んだことがあるのでしょうか。英霊のことのはを読んだことがあるのでしょうか。いえないでしょう。戦前の日本のことも英霊の事も最後まで命を賭して戦った人達のことも全く知ろうともしないのです。

こんな人間がゴマンとメディア学界政財界にいるのです。

皆さん、本当に気を引き締めて一歩一歩これからも歩んでいきましょう。素晴らしい記事有難うございます。
2013/12/28(土) 22:36 | URL | おれんじ #-[ 編集]
ねずさん、今晩は。ブログ新しくなったのですか?
永遠の0のコマーシャルを見た時、私もねずさんのブログで見た記事を思いました。
お身体に気をつけて、これからも頑張って下さい。m(__)m
2013/12/28(土) 22:04 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/12/28(土) 15:54 | | #[ 編集]
No title
>また、「安倍氏の究極の目標は日本の平和主義的な憲法を書き換えることだ」とした上で・・・・・・
ニューヨークタイムスには、もう少しましな記者はいなかったのでしょうか、日本は、現行憲法のおかげでアメリカが望む自衛隊の国際連合平和維持活動もできないのです。だから、そのためにも現行憲法の改正が必要なのです。
また、日本の安全保障のためには日米安全保障条約があり、これを前提とした日本の国防政策が考えられているのです。
何を考えているのでしょう。ニューヨークタイムスは有名ですから、まともな思考をさせると思っていましたが、こんな程度かと思いました。


次に、安倍首相は初めての靖国神社参拝でしたから、中韓が騒ぐのです。
毎月参拝されたら、こんなに騒ぐこともないでしょう。
それから、来年は竹島の日の記念行事にも、臨席をお願いしたいところです。


ところで、安倍首相の靖国神社参拝の際に、上空に報道各社のものだと思いますが、ヘリコプターが多数飛んでいたと聞きます。
航空事故を予防するため首相のおられる上空には、立ち入りの制限が必要だと思います。事故が発生した場合、それによる被害もさることながら、その事故に何の予防対策も取らなかったことを非難するのは、マスコミなのです。
2013/12/28(土) 14:27 | URL | ポッポ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/12/28(土) 14:15 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/12/28(土) 14:07 | | #[ 編集]
No title
先だっての「特定秘密保護法案」成立の時もヒステリックに、何処の国の顔色をうかがってるのか醜いまでもの偏見報道、今回もまた同じパターン。

事あるごとにマスゴミっぷりがレベルアップ、こんな媒体を抱えている日本、不幸としか言いようがありません。
それもこれも、元凶は教育にあります。
来年こそ教育の大改革期待しています。

総理就任1年ですが、先の大戦後の負の遺産が(歴史問題、教育問題、領土問題などなど数え挙げたら切がありません)安倍総理の肩にかかっています。
これらの全ては、安倍総理の責任でも何でもありません。
今まで色々な問題をおざなりにしてきた我々国民、そして今までの政府の責任でもあります。

決定的なのが、民主党政権、あの悪夢の3年で日本は存亡の危機にまで追い込まれて行きました。
その後、日本を取り戻すべく、国、国民の為に立ち上がってくれたのが安倍総理です。
その全ての負を背負い、全身全霊、奮闘努力されておられる総理を見ると、頼もしくもあり、また、心無い批判の矢面に立たされる総理を見ると心が痛みます。

日本の分岐点です。
英霊の皆様は命に代え日本国を我々に繋げてくださいました。
その日本国を守り、子々孫々に日本国を繋ぐ、今を生きる我々の責務だと思います。

頑張りましょう。

2013/12/28(土) 13:55 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
家族を、日本を守りたかった先人
ニューヨークタイムズにも朝鮮人が関っていたのですね。日本名は金輪際使わせたくない。日本名を剥奪して、「日米で協力して国際指名手配の上、死刑」もできるように変えたい。

映画の永遠の0を観ました。宮部と植村少尉が重なって感じる箇所がありました。一時帰省で赤ちゃんの娘と会いお風呂に入ったこと。娘はお父さんを覚えていないけれど、深く愛されていたことを後に知ること。
当時戦った人達の、妻子や家族だけでなく、後世の日本人への深い愛を感じました。「日本はどんな国になっているだろう?日本が続いていてほしい」と思い願って亡くなった人達の犠牲の上に、今の平和が成り立っていることを意識して、先人への感謝と追悼の念を決して忘れず、私たちも後世の日本人に平和で安全な日本を引き継いでいく義務と責任があると感じました。

原作では、戦争を煽った大手新聞社への批判がありましたが、映画化ではモデルと思しき新聞社が製作委員になを連ねており、案の定、新聞社批判から今時の若者批判へと変更されていました。時間の都合上の理由だけとは思えません。
そんな今時の若者を育てたのは、その反日大手新聞社にも大いに責任があるというのに、すり替えで若者が安易に悪者にされていた点が映画での不満です。

アメリカ人がアーリントン墓地に礼拝しても、そんな当然の事に文句をつける外国人はいない。「普通の感覚なら」文句をつけようなど、思いもよらない。ギャアギャア騒ぐのは異常な感覚の持ち主だけ。

ところで、決して戦争賛美ではありませんが、零戦(ほか戦闘機)は本当にかっこいいです。実物の展示や動画を見て、何十年も前に日本人の正確性や勤勉さで高性能の飛行機を作り出し、それをビュンビュン駆って戦ったのが驚異です。一時は世界一の強さを誇ったほどの航空隊は、国民の絶対的な憧れの存在だったと思います。搭乗員に志願する少年がいたのも分かるし、映画トラトラトラでは、若い女性達が窓から戦闘機に黄色い声をあげて手を振る場面があり、さもありなんと感じました。恐らく不謹慎ゆえに伝えられていませんが、実はパイロットは女性にも相当人気があったのではないでしょうか?

風立ちぬや永遠の0の影響で、ゼロ戦が注目されているそうです。現代の軍事的弱者の日本人にとって、零戦の栄光は日本人であることを誇らしく思うことに通じ、今でもその気になれば栄光を取り戻せるのではないか?という淡い希望を感じたくて(左翼が反発しそう)、注目されている面があるのではないでしょうか。

左翼のきれいごと「戦闘機・零戦は人殺しの道具」には矛盾を感じます。敵が武器で迫ってくる以上、日本の戦闘機は国民の命を守り助ける役目だって十二分に果しました。上辺の理想論で、日本人は一切の武力放棄の無抵抗であるべきだとは、日本人だけは丸腰で殺されるのが正義で平和のためだというのか。左翼自身が批判する「玉砕と自決を強いた軍部」と結果的に一緒じゃないかと思うのです。
2013/12/28(土) 13:51 | URL | 葉桜 #-[ 編集]
この逸話、何度読んでも心が震え感動します
現代日本のサヨク連中は、このような逸話に「戦争を美化するな」と吠えるのでしょうが、日本の神風特攻隊は世界の国々から称賛され感謝されていることを知らないのでしょうか?

いや、知っていたとしても馬耳東風で、自分たちの思想信条に反する事柄として無視しているのかも知れません。

戦後、平和と民主主義が前面に出されて、それにプラスして多様なる価値観という言葉も出てきました。そして思想信条の自由、言論の自由、これに少しでも支障がありそうな気配を察するや、左翼脳で考えた憶測を交えて朝日を筆頭にNHK、その他、メディアのいわゆる進歩的文化人たちが民主主義という言葉を振りかざして大騒ぎをしています。

多様なる価値観も結構ですが、ねずさんが仰っているように、>なぜなら、「日本を取り戻す」とは、究極的には「日本人としての価値観を取り戻す」ことだからです・・・・これに尽きると思います。

日本の戦前、戦中を悪とする、アカに染まった連中には2千7百数十年の、連綿たる日本の国風、伝統文化を守ろうとする価値観は無いのでしょうか?

多様なる価値観も結構ですが、この日本人としての価値観だけは日本国民全員がしっかりと身につけておいて欲しいものです。

そのためには安倍総理が主張する「脱・戦後レジーム」戦後の政治体制からの全面的脱局を図っていくことしか無いと思っています。
2013/12/28(土) 13:25 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
今日のお話しありがとうございました。
私も草野さんと同じく、植村さんと宮部さんは、よく似ていると感じました。

日本には、「永遠のゼロ」と同じようなお話しが、たくさんあったのでしょうか。
安倍総理は、そういう英霊の方々の慰霊のために堂々と参拝されました。

戦勝国による戦後の、たくさんの捏造された嘘を明るみにしていく時ですね。

ねずさん、たくさん本当の事を教えて下さい。
そして、広めて下さい。

よろしくお願い致します(^_^)
2013/12/28(土) 12:34 | URL | みやび #MMIYU.WA[ 編集]
朝日・毎日をボイコットせよ
未だに朝日・毎日新聞は敵性外国人の支配下にあって、有害ニュースを垂れ流している。彼等が現在生きて、商売していられるのは誰のお蔭か。もし日本がルーズベルトの脅迫に負けて、開戦に踏み切っていなかったら、今頃の日本はシナの植民地になって、それこそ搾取され放題になっていたであろう。確かに大東亜戦争での犠牲者の数は大きい。併し彼等のお蔭で現在迄日本は生き続ける事が出来た。其を忘れて、声高に大東亜戦争を
悪しざまに貶し、首相の靖国神社参拝を非難する輩は日本人じゃ無い。直ぐに日本から出て行け。
この文章を朝日・毎日に届けたいのですが、方法が判らないので教えて下さい。
2013/12/28(土) 12:00 | URL | ボケ老人 #ekzqB.Rs[ 編集]
なんか 永遠の0 と似た話
ミズーリにある神風アタック跡の逸話と
植村海軍少尉の話はリンクしますね。
宮下久蔵も生後数ヶ月の一人娘に会ってるし。
ミズーリへ特攻した19歳のパイロット
(水葬されてます。ご遺体は
上半身と下半身にちぎれていたらしい)
最後は機体を斜行させながら弾幕を回避
海面スレスレから急上昇し特攻した。
これも宮下久蔵とおなじですから。
2013/12/28(土) 11:07 | URL | 河童工房('◇')こと草野 #-[ 編集]
失望
支那、朝鮮の毎回の戯れ言は気になりませんが、今回の米政府の失望というコメントに、此方が大失望してしまいました。英霊の方々に感謝です。
2013/12/28(土) 09:26 | URL | 樅村矢馬児 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク