アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


朝鮮の歴史と日本

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
↓ご注文は書店さんで↓
■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
■ISBN-13: 978-4434184727

■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版
ねず本、ネットで立ち読みができるようになりました。スマホでも読めます。
http://homepage2.nifty.com/sai/e_book/t_n56_nezu_01/
ラジオでのねず本のお話です。下のURLで聞くことができます。私も出演しています。
http://www.sinkan.jp/radio/radio_1674.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

楽浪郡帯方郡


韓国では、日本の伝統文化はすべて「韓国が教えてあげた」ことになっています。
古代の日本には、文化は何もない野蛮な状況であり、すべての文化は韓国が教えてあげたものなのだそうです。
実際、その通りに韓国の学校で使用する国定教科書にそのように書いてあります。

======
【韓国 国定中学用国史教科書(1985)】
三国(百済、高句麗、新羅)は、互いに対立し競争する中で活発に文化を交流させた。
中国とも交流しつつ独自の美術を発展させる一方で、海を渡って日本に文化を伝え、彼らの文化の基礎を固めた。
百済では阿直岐(あじつき)と王仁(わんいん)が日本に渡って儒学を教え、段楊爾(たんやんい)、高安茂(こうあんむ)らも学問を教えた。
聖王の時代には仏教を伝えてやり、百済と高句麗の僧侶も多数、日本の仏教界を指導した。
儒学や仏教以外にも、美術、音楽、歴史、医学や農業などさまざまな技術を教えた。
ことに雲徴(たむじん)は紙、筆、墨、硯(すずり)の作り方を初めて日本人に伝え、法隆寺の壁画も残した。
日本が飛鳥文化を興し、古代王朝へと発展することができたのは、三国の文化が伝えられたからである。
(別技篤彦著『理解されない国ニッポン』祥伝社)
=======

時代考証も記述も、よくもまあここまで嘘を書き立てれるなあと逆の意味で感心してしまう記述ですが、これが韓国の義務教育(義務教育ということは、全国民が受ける教育ということです)で実際に使われている教科書であり、こういうデタラメが子供のうちから刷り込まれるわけですから、彼の国の国民が、確信犯的におかしな国民になってしまうのも無理からぬことです。哀れなことです。


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


そもそも朝鮮半島に、書かれている三国(百済、高句麗、新羅)時代から、すでに「活発で高い文化があった」というなら、その遺跡(遺物や遺構)が韓国に残っていなければなりませんが、残念ながらひとつもありません。

偉そうに「仏教や漢字を教えてあげた」というけれど、仏教も漢字も韓国が発祥ではありません。つまり韓国オリジナルではありません。
「教えた」というのなら、そこに韓国そのもののテイストが入らなければならないのですが、そうしたテイストもありません。

仏教伝来は、538年(日本書紀では552年)で、百済の聖明王の使いで訪れた使者が、欽明天皇に金銅の釈迦如来像や経典、仏具などを献上したのが渡来のときとされています。
朝鮮半島の百済から献上され、渡来したのは事実です。

ところがこの頃の百済(くだら)は、日本の属国です。
国王の世継ぎの王子を日本に人質に出してもいました。
このことは、日本書紀だけでなく、朝鮮半島の史書である三国史記にも繰り返し出て来ます。

世継ぎを人質に出していたということは、どうみても、平等な関係ではありません。
なぜこのようなことになっていたかというと、百済は対立する新羅や高句麗から常に軍事的脅威にさらされていました。
ですから日本に常に、政治的、軍事的、経済的な庇護を求め、むしろ積極的に属国になっていたのです。

百済王は、そのための証に、我が子を人質として差し出していたわけです。
本来、庇護を受けるだけなら、謝礼として、自国の文物や特産品などを献上すれば良いのです。
ところが百済には、産業もなければ産物も特産品もない。
だから、そこで百済王が日本に差し出したのが、自分の息子だったし、支那で流行していた異国の仏教の教典や仏像だったわけです。

ということは、538年に百済が日本に「金銅の釈迦如来像や経典、仏具などを献上した」という事実が物語るのは、当時の百済には、異国の仏像や教典、仏具以外に、献上できるだけの物産が「なにもなかった」ということです。
それを、「俺たちが日本に教えてやった」とは、おこがましいにもほどがあります。

ちなみに日本は神道の国です。仏教国ではありません。
ところが日本は海洋国であり、多神教国ですから、遠い異国深い内陸部にあるネパールあたりで生まれという「ありがたい教え」の教典や仏像、仏具などは、興味津々です。
日本人の好奇心の高さというのは、昔も今も変わりません。

ちなみに好奇心が強い国民性というのは、知的水準の高さを示しています。
好奇心が旺盛ということは、異なる文化に対しても寛容で、吸収力が高いということを意味するからです。
ですから、欽明天皇をはじめ、当時の日本の高官たちが、たいへんに喜んだであろうことは、容易に想像ができます。
けれどだからといって、仏教も、仏具も仏像も、韓国で生まれたものではないのです。

漢字や紙、筆、墨、硯(すずり)にしても、韓国が日本に「教えてやった」というけれど、彼らが言う「教えてやった」という時代は6世紀です。
ところが日本には、「漢委奴國王」の金印があります。
この金印は、後漢書の「卷八五 列傳卷七五東夷傳」に記述があり、後漢の光武帝が西暦57年に奴国からの朝賀使へ金印を贈ったとされています。
西暦57年といえば1世紀です。

印鑑というものは、行政書類に押印するために使われるものです。
文字が使用されていなければ、印は不要です。
金印が証明していることは、すでにこの時代に日本では、文字も漢字も使われていたということです。

ちなみに、支那の歴代王朝は、日本には「金印」を贈っていますが、朝鮮半島の王朝に対しては「銅印」(泥印ともいいます)しか渡していません。
金銀銅の順番は、現代オリンピックの勝者の順番だけでなく、古代においてもまったく同じです。
それだけ支那は日本に重きをおき、逆に朝鮮に対しては露骨に見下していたわけです。
それだけの国力しかなかったからです。

また、片部遺跡から出土した墨書土器は、4世紀前半のものですが、そこにはくっきりと墨痕鮮やかに「虫」という文字が墨書されています。
土器に墨で筆で書かれているのです。
悪いけれど、百済が成立したのが西暦346年で4世紀の中頃ですから、百済成立よりも以前に、日本では墨で書いた文字が出土しているわけです。

さらにいえば、種子島の広田遺跡から出土した貝札は、これは2世紀頃のものとされているのだけれど、そこにも鮮やかに「山」という字が刻まれています。
つまり、346年という4世紀どころか、それよりもはるかに古い2世紀には、日本に漢字は入って来ていて、しかもそれが使われていたということです。

そしてそういう教養と文化の下地があったからこそ、支那でヒンズー語を漢字に翻訳した仏教教典の値打ちを日本人は理解したし、遠く離れた内陸部の異国の文化を、喜んで迎え入れたわけです。

つまり、何を言いたいかというと、冷静に考えれば、「日本が百済に漢字を教えてあげたことはあったとしても、その逆はあり得ない」ということです。

そもそも朝鮮から日本が教わったことって、何があるのでしょうか。
儒学も仏教も、朝鮮で生まれたものではありません。
最近になって儒学の始祖である孔子は、朝鮮人だったなどと韓国の学者が言い出して、支那から総スカンを食っているくらいのことでしかありません。
それ以外の美術、音楽、歴史、医学、農業などにしても、日本と支那との間での様々な文化交流は確認できるものの、朝鮮発の朝鮮オリジナルの文化として日本に渡来したものは、なにひとつありません。

朝鮮半島の歴史を振り返りますと、歴史上、最初に朝鮮半島に登場するのは、衛氏朝鮮(えいしちょうせん)です。
この「衛氏朝鮮」というのは、紀元前195年頃に建国された(いちおう)国とされているもので、山東半島のあたりに生息していた実は盗賊集団です。

支那では、それ以前(紀元前403~221)の時代がいわゆる戦国時代で、有名な魏、蜀、呉(楚)や趙、斉、燕、秦、韓、櫓、宋、周、などの諸国がまさに群雄割拠して争っていました。
これを最終的に統一したのが秦の始皇帝だったわけです。
ちなみに、ここに登場する韓という国は、支那の内陸部にあったチベット系の遊牧民族で、朝鮮半島とは何の関係もない国です。

秦が初めて支那を統一したとき、山東半島のあたりにいた燕(えん)の国王は、秦の始皇帝によって、遼東半島のあたりに封じられたのですが、ほどなく秦が滅び、前漢が統一王朝を建てるわけです。これが紀元前202年のことです。

このとき、燕の末裔たちは、漢に追われて朝鮮半島北部の遼東半島の根本あたりで盗賊団を形成し、朝鮮半島を経由して漢と交易しようとする旅人を襲って飯を食っていました。
それが「衛氏朝鮮」(紀元前195~108)です。

ここで問題になるのが、衛氏朝鮮が襲って食い物にしていた旅人というのが、いったいどういう人たちだったのだろうか、ということです。
当時の朝鮮半島に住んでいたのは、「濊族(わいぞく)」と呼ばれる人たちです。

支那という国は、古来周辺民族の名に、ろくな漢字を充てていません。
たとえば、日本人なら背が低いから「倭」です。これは背の低い人とい意味です。
ですからだいたい、あまり良い字ではないけれど、同時にその国の民をもっとも良く象徴できる字を、その地方の民の名称としてあてがっていたわけです。

では、支那が朝鮮半島にいた人々を「濊族(わいぞく)」と呼んだ、その「濊(わい)」というのがどういう意味の漢字かというと、これは汚穢(おわい)の「穢」です。
汚穢(おわい)というのは、糞尿のことです。
要するに「濊」というのは、糞尿まみれの不潔で汚い奴らという意味です。

しかも、ご丁寧に、支那人たちは朝鮮族について、本来、汚穢の穢なら禾偏(のぎへん)なのに、あえてサンズイで「濊」という字を充てています。
どれだけ汚い奴らと思われていたかということです。

そして濊族たちと前漢の間の国交を示す記録は、どこにもありません。
普通に考えても、汚穢族のような不潔な連中と交易など誰もしたいと思わないし、ということは、衛氏朝鮮も、襲う相手は、どう考えても汚穢族が対象ではなかったといえます。

では、衛氏朝鮮は、いったいどういう人々を襲っていたのでしょうか。
実は、当時の朝鮮半島の南部、いまの韓国の南半分のあたりは、倭国の一部でした。
倭国は、それよりもずっと古い昔から、勾玉(まがたま)を加工して支那に献上できるほどの高い技術力を持った国でした。

このことはとても重要なことで、魏志倭人伝に出てくる魏の国に、日本は勾玉(まがたま)を献上しているのだけれど、その勾玉は、主にヒスイでできています。
ヒスイは硬度が6.5もある硬い石で、鉄の5.5よりもはるかに硬い石です。
その鉄より硬いヒスイの原石を、まだ鉄器がなかった時代に、日本は丁寧に加工して、穴まであけて、勾玉にし、これを物産としていたわけです。
ですから、勾玉はたいへん貴重なもので、倭国が魏に献上した勾玉も3つくらいしかありません。
勾玉は、それほどまでの古代における精巧な加工宝玉だったのです。

そうした倭人たちは、当時のことですから、当然、陸路で、支那に向かいます。
彼らは、まさに宝玉財宝を持った旅人たちです。
衛氏朝鮮は、これを襲っていたわけです。

時代はこれよりもずっと後になりますが、遣隋使、遣唐使の時代、毎回大型船を4〜5艘仕立てて、日本の文物財宝、特に日本は古来、世界有数の金の産出国でしたから、大量の金などを積み込んで、支那へと派遣していたわけです。
そして記録によれば、その成功率は、3割程度で、あとはみんな途中で船が沈められています。

沈んだのは嵐のせいだとかいろいろな説がありますが、嵐のこないシーズンを選んで出国し、九州から、朝鮮半島の沿岸伝いに支那まで行くわけです。
縄文時代には、すでに遠洋航海の技術を発達させ、倭国の時代には朝鮮半島南部を倭国の一部としてさかんに海上での人の行き来があった日本です。
朝鮮半島の沿岸伝いの航海が、「危険な航海であった」ということの方が、実は異常です。

ではなぜ、朝鮮半島沿いの航海が危険なものだったかと言えば、記録にはないけれど、ひとことでいえば、朝鮮族に襲われたとみることがいちばんの正解です。
それ以外に、航海の成功率の低さを納得させることができだけの理由がないからです。

ちなみに、遣唐使、遣隋使の成功率の低さが、外洋船舶の造船技術が未達だったという説を唱える学者がいますが、馬鹿なことを言わないでいただきたいものです。
弥生時代の日本産の黒曜石の分布などをみても、日本は日本海を経由して満洲あたりと盛んに交易をしていますし、外洋ルートで、北は青森から南は沖縄まで、盛んに海上交易をしているのです。
時代をもっとさかのぼれば、縄文時代には南米のエクアドルまで交易の足を伸ばしていた形跡があります。

つまり、それだけの造船技術を持っていながら、遣唐使遣隋使が不成功だったという背景には、もはや人為的な不成功原因しか考えられないということです。
そして旅人を襲って利得を図るというのは、紀元前2世紀の衛氏朝鮮もさりながら、大東亜戦争終戦直後の朝鮮半島において、多くの日本人女性が酷い目に遭わされたり、財物を奪われたり、それこそ、着ているものをふんどしまで剥がして奪ってしまう濊族の行動に、そのまま現れています。

もうひとつ、衛氏朝鮮が、誇り高い燕の国の末裔たちであるにも関わらず、遼東半島あたりで、なぜ「旅人を襲う」盗賊団を営んでいたかという点についても触れて置きます。

どいうことかというと、旅人などを襲わなくても、本来なら自分たちで農業を営み、あるいは狩猟採取、放牧などを営み、あるいはもっというなら近隣の民家を襲って食物などを提供させればよかったはずなのです。
にも関わらず衛氏朝鮮が盗賊をしていたということは、2つの理由以外あり得ません。

その2つとは、ひとつは、近隣を含むそのエリアに、略奪に足るだけの集落が育っていなかった(汚濊族では
話になりません)、もうひとつは、燕の復権を望む衛氏にとって、盗賊する旅人たちは、お家の復興のために役立つだけの充分すぎるほど十分な財宝を所持していたということです。

では、その財宝を所持していた旅人たちというのは、どこの人たちでしょうか。
ひとつは、前漢の使者たちでしょう。
それなら、国交交易のために、豊富な財物を持っていたとしてもおかしくはありません。

しかし、その前漢の使者たちが、どこに行こうとしていたかが気になります。
少なくとも、その交易相手が汚穢以外に産物の何もない濊族であるとは、到底考えられません。
ということは、使者たちの交易相手は、濊族ではない、ということです。

しかも衛氏朝鮮があったのは紀元前2世紀です。
朝鮮半島に百済や新羅が誕生するのは、衛氏朝鮮よりもずっと後の4世紀です。
高句麗は、少し早い時代ですが、それでも成立したのは紀元前37年で、衛氏朝鮮が滅んだ、ずっと後の時代のことです。

結局言えることは、いまの韓国の南半分が倭国であったこと。
その倭国との交易には、常に高価で素晴らしい献上品が漢と倭国の相互に行われていたこと。
つまり、倭国との国交上の使者を、衛氏は襲っていたということ以外には、考えられないのです。

そして、その大切な倭国との交易に、邪魔な衛氏朝鮮は、ついに漢によって紀元前108年に討伐軍が差し向けられ、完全に滅んでいます。
要するに衛氏朝鮮は、滅ぼされても仕方ないほどの、悪行を重ねていたということです。

私がこうした説明をすると、
「いやそんなことはない。朝鮮半島には衛氏朝鮮よりも前に、箕子朝鮮(きしちょうせん)や、檀君朝鮮(だんくんちょうせん)があったではないか」という人がいましたが、これこそ大爆笑です。

「箕子朝鮮(きしちょうせん)」というのは、紀元前1122年から紀元前194年、つまり衛氏朝鮮が誕生するまで、約千年続いた朝鮮王朝だというのだけれど、そもそも「朝鮮」という名称は、明の洪武帝(こうぶてい)から李氏朝鮮が与えられた名前で、これは14世紀になってからの出来事です。

では、三国志魏志伝に書かれた「箕子朝鮮」は何かというと、これあ遼東半島にいた鮮卑(せんぴ)の一族のことを指します。つまり、朝鮮半島とは何の関係もない地域にあった王朝というわけです。
もっというなら、朝鮮半島のお隣に、たまたま古代に「朝鮮」と呼ばれていた種族がいたから、これをちゃっかり拝借しているだけの話でしかありません。

さらに檀君朝鮮(たんくんちょうせん)に至っては、建国されたのが5011年前とのことですが、これは、日本でいったら明治時代に朝鮮半島で捏造された神話にすぎません。

当時、明治維新による近代化を成し遂げ、日清戦争にも勝利した日本には、支那からたくさんの留学生がやってきました。
当時の日本は、神武天皇以来2500年を皇紀として使用していました。

これに影響を受けた支那人留学生たちが、じゃあ、自分たちの国にもそういう歴史を作ろうじゃないかということになって、突然、降って湧いたように言い出したのが「中国5千年の歴史」です。
日本が2500年だから、とりあえずその倍くらいにしとけ、といって言い出しただけのものです。

そしてこれに刺激を受けた朝鮮の学生たちが、中国が5000年なら、俺たちはそれよりも11年早く、5011年の歴史にしよう、と言い出して捏造したのが壇君神話です。
なぜそこで+11年にしたのかわかりませんが、同じ嘘でも、「日本の二倍にしとけ」という、ある意味雄大な(笑)支那に対し、たった+11年という”せこさ”は、いかにも朝鮮族らしいといえるかもしれません。

要するに、「箕子朝鮮(きしちょうせん)」も、「檀君朝鮮(たんくんちょうせん)」も、捏造でしかないのです。
そして歴史上、朝鮮半島に、最初に登場する国が、泥棒国家の「衛氏朝鮮」であり、これを漢が滅ぼしたというのが歴史の事実です。

そして、衛氏朝鮮を滅ぼした(紀元前108年)漢は、朝鮮半島内に、楽浪郡(らくろうぐん)、新番郡(しんばんぐん)、臨屯郡(りんとん)、玄菟郡(げんとぐん)という4つの郡庁を置いています。
ところが、楽浪郡以外の3郡は、またたくまに閉鎖され、遼東郡よりも南側には、楽浪郡だけになってしまいます。

この楽浪郡が、どこにあったかというと、いまは北朝鮮の首都となっている平壌で、どうやら郡庁ですから、城塞都市が、ここに形成されたようです。
この城塞には、年中、濊族が攻めて来たと記録されています。

戦というものは、戦えば、たいていは双方に捕虜ができたりして、そこに一定の文化交流がなされるものなのですが、不思議なのは、平壌の城塞内からは、たくさんの文化的遺物が発見されるのに、その城外からは、支那の遺物に相当するものが、まったく発見されていないことです。

これが何を意味しているかというと、汚穢族がたむろしている未開の野蛮地帯に前漢が城塞都市を築いた。
すると、その城塞には、年中汚穢族が攻めて来た。
けれど、その都度、楽浪郡庁は、汚穢族を完全に撃退していた、ということです。
もっというなら、それほどまでに大きな文化的ギャップが、楽浪郡庁と、周辺の汚穢族の間にあった、ということでもあります。

そして、しばらくすると、この楽浪郡庁の南側に、帯方郡庁が置かれました。
これがいまのソウルです。
ここでも、やはり、周辺との文化交流の痕跡はありません。

しかし、これまた不思議なことです。
盗賊をしようと襲撃を繰り返し、その都度撃退されているだけの汚穢族しかいないエリアに、どうして漢は、郡庁などをわざわざ設置したのか、という疑問です。

その答えが、冒頭の図にある馬韓、弁韓、辰韓です。

この馬韓、弁韓、辰韓のあったあたり一体を、古代においては伽羅(から)といいました。
そしてその伽羅は、倭国の領土で、倭人たちが入植するエリアだったのです。

倭国というのが九州一帯にあったことは、いまでは疑いのない事実です。
そしてその倭国の領土は、魏志倭人伝などの記述を正確に読むと、帯方郡の南にあるとされているわけです。
海は渡りません。
馬韓、弁韓、辰韓のあたり一体、つまり伽羅も倭国であり、その倭国は海を隔てた南側に四方を海に囲まれた大きな陸地にまたがると記述されているのです。
つまり、それは九州であり、つまり、伽羅から九州にかけての一帯が、倭国だったわけです。

おもしろいことに、現代においても、朝鮮族の人たちは、自分たちのことを「韓族」と呼びます。
その「韓」は、「漢」と同じ音です。
けれど、彼らは同時に、じぶんたち民族のことを「KARA」とも呼びます。
「KARA」は、漢字で書けば伽羅です。
これは韓とは音が違います。

後に馬韓の一部に百済ができ、辰韓の一部に新羅ができますが、百済は新羅に滅ぼされ、高句麗もまた、支那と結んだ新羅に滅ぼされています。
そして新羅は、支那の属国となり、その属国が高麗、李氏朝鮮と変化して、いまの南北朝鮮となっています。

つまり、支那(漢)族の武力によって、エリアの支配をし続けてきたから、自分たちのことを「韓族(漢族)」といまだに読んでいます。
けれど、同時に、6世紀には滅んでしまった伽羅を、いまだに民衆レベルでは懐かしんで、自分たちのことを「KARA(伽羅)」とも読んでいるわけです。

現代韓国では、前朴大統領のときに漢江の奇跡を実現し、朴大統領は暗殺被害にまで遭っているけれど、いまだに国民経済に富みをもたらした前朴大統領は、国民的人気を持っているわけです。
これと同じで、朝鮮族の人々にとって、豊かで平和だった伽羅の時代、いまから1500年も昔に滅んだ伽羅の国が、いまだに、どこか本能で懐かしむ気持ちがあるのかもしれません。
そしてその伽羅は、まちがいなく、倭国、つまり日本だったところなのです。

日本の領土なら、人々は「おおみたから」ですから、民衆こそ第一とする施政が行われます。
民は富み、産業も盛んになり、だからこそ、支那は、倭国、伽羅との交易の必要上、帯方郡、楽浪郡といった郡庁までおいて、倭国との交易の安全を期したのでしょう。
それ以外に、支那が帯方郡、楽浪郡をあえて置く理由がないのです。

しかし、倭国の影響を受けた濊族の一部が、百済を興し、新羅を興しました。
そしてこの両国は、日本に朝貢し、日本の技術を導入することで富を貯えました。
そして両国は、国力を養ったものの、結局新羅が裏切って支那と結び、百済を滅ぼしたうえで、高句麗も支那の軍事力を借りて滅ぼし、新羅王朝を形成しました。

その新羅も、やはり国を裏切って支那と結んだ高麗によって滅ぼされました。
その高麗も、支那と手を組んだ李氏朝鮮に滅ぼされました。
そしてずっと朝鮮半島は、支那の属国とされ続けてきました。

代々の支那の王朝は、李氏朝鮮王から収奪をするだけです。
その朝鮮王は、部下の両班から収奪するだけです。
その両班たちは、庶民から収奪するだけです。
ところが産業もなけば特産品もない。
献上できるのは、女たちだけです。
だから、朝鮮半島では女性はまさに性の道具としてしか扱われてきませんでした。

そんな哀れな状態に、明治にはいって、やっとのことで日本が支那と手を切らて独立させてあげたのに、今度はロシアと組もうとしたり、朝鮮の独立だといって関東大震災で火付け盗賊をはたらきました。
とにかく正義や人道が理解できない。
「いまさえ良ければいい」「自分さえ儲かればよい」というその場しのぎの御都合主義しかない。

どうしても日本から独立したいというから、戦後、日本は独立を認めてあげただけでなく、総額21兆円、国民ひとりあたり45万円という莫大な資産を朝鮮に寄贈してあげたのに、彼らはせっかく受け取ったその資産を、結局は朝鮮戦争に費消してしまいました。
世界のトップくらすの富のある国から、かれらはたった3年で世界一の最貧民国に堕ちてしまったのです。

やむなく日本が、あらためて国家予算の3倍のお金をつぎ込んであげて、彼らは漢江の奇跡と呼ばれる大発展を遂げますが、それも工業化とは名ばかりで、実は、日本から部品を供給してもらい、その組み立てと包装をしただけのことです。
ひらたくいえば、実際にはできあがった製品を袋詰めしかしていないのに、「ウリたちの国の生産物だ」「ウリたちは工業国だ」と見栄を張ったわけです。
そして儲けた金は、なんと世話になった日本に対する反日工作に、全部遣ってしまった。
本来なら、国家インフラの整備のために、その儲けた金は遣われるべきだったのに、使い道が世話になった日本への裏切り工作資金です。
あきれ果てます。
それでいま、三たび経済の破綻に瀕し、また日本に助けてほしいと言い出しかねない状況です。
これが個人なら、どうみても、ただの極道者です。

日本人は、へんにやさしくて、韓国の人たちも「同じ人間じゃないか」と、すぐに思いたがるし、困っている人がいれば、なんとかして助けてあげたいと同情してしまいがちです。

けれど、これだけはいえることですが、民族の精神構造というのもは、それぞれがそれぞれごとに、その国の自然環境や政治経済環境と決して無縁ではない。
古来、何の資源もなく、山々も植林をしないから禿げ山、自然環境を壊すだけ壊して、何も手当せず、政治というのは、庶民から財を巻き上げることだとしか考えない。
そういう環境の中で、彼らはすくなくとも二千年間生き残ってきたわけです。
お隣の朝鮮族というのは、顔かたちが仮に私たちとよく似ていたとしても、その内側にあるのは、厳しい言い方になるけれど、残念ながら、まるで映画「バイオハザード」に出てくるゾンビ(汚穢族)の大軍でしかないといえるかもしれません。

もちろん個体差はあります。
積極的に真人間になろうと努力しているまっとうな朝鮮人がいることも事実です。
しかし、そのまっとうな朝鮮人も、国に帰れば、その家族を汚穢族の人質にとられているわけです。

そして、その汚穢族が、実は、なにひとつ日本に教えてくれたことなどないのに、「俺たちが兄だ、俺たちが日本にすべてを教えてやったのだ」と言い張り、それをあろうことか、学校の教科書にまで仕立てて子供たちの教育に使っているという恥知らずなことを、平然とやってのけています。

日本は、そういう朝鮮族のいかがわしさに愛想をつかしたからこそ、9世紀(894年)には、国交を断絶し、国としては明治の開闢まで、ずっと長い鎖国政策をとってきたのです。
(民間交易や将軍クラスの交易はありましたが、天皇による国交は明治まで一切ありません)。

私たちは、そういう歴史を直視し、同時に、海外においても、そういう歴史を日本人なら誰もが堂々と展開できるだけの知識を、日本人の常識として、あるいは世界に向けて真実の常識として、定着させていかなければならないと、私は思います。

お薦め書籍




=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

関連記事

コメント
たのしみ
ねずさんの百人一首解説本が、一日も早く書店に並ぶことを楽しみに待っております。大変とは重々理解しております。お身体ご自愛の上、益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
2014/01/28(火) 14:20 | URL | 鶴の舞 #-[ 編集]
No title
なぜ、過去に何度も恩を仇で返されることを味わっているのに、現在に至るまで完全に縁を切らないでいたのでしょうか?
やはり、日本人の義侠心という名の自己満足が原因だと思うのです。
戦前も戦後も日本がさんざん「〜してあげた」、朝鮮人の中にも生まれ変わろうとして頑張っている人もいるから理解「してあげよう」。まるで出来の悪い子を育てようとするみたいですね。

この義侠心という名の「上から目線」が、彼らには見抜かれているような、彼らの潜在意識では「見下されている恨み」が積もっているような気がします。

もう、何もかも放っておきましょうよ。
すべての韓国朝鮮人の方々に関わらない、庇護しない、こっちから無理に理解しようとしない、擁護しない、冷酷に突き放す。
彼らは見下される存在ではない。自身ですべてを解決できる力、自分たちの誠実さを自ら証明する力を持っています。
日本人が余計な温情を寄せるのはむしろ失礼です。今日に至るまでの韓国朝鮮人の行いを正当に「批判するだけ」のほうが相手を対等に見ていて尊重していることになります。
そうすれば「日本人の誤解を解こう」と自ら積極的に善の方向に行動する人が大勢現われるのではないでしょうか?

地理的に他国の侵略を受けづらかったので、日本の方が先を行ってただけです。
本来ならば日本人と劣らないはずの彼らの能力を信じましょう。
2014/01/25(土) 00:17 | URL | #-[ 編集]
No title
日本に伝えられる朝鮮の歴史が信用できないことは、朝鮮通信使が江戸城に入城するときの門が裏口であることと、李氏朝鮮を通じて水車を作る能力がなかっただけで、十分理解できます。
物事を教える使節団なら正門から入るはずですし、水車程度は作る技術がなければ、日本人に様々なことを教えることが出来ない。(水車は、日本から朝鮮に教えた技術でした。)

朝鮮の歴史では消されてしまいましたが、任那の存在はどのようなことだったのかと、不思議に思っています。中学のときの教科書に挿入されていた任那の範囲はそれなりに大きかったので、その後に任那がなかったようなこととされたから、狐につままれたような気持ちでした。



日本の土木事業は東北大震災の復興事業、国土強靱化対策による土木事業、オリンピック開催に伴う事業により、土木作業員が大幅に不足しているそうです。
そして、この土木作業員を補充するために海外からの労働者移住を進める動きがあるとのことですが、本当でしょうか?
いかに大規模な土木事業で作業員が不足していると言っても、結局は10年程度の一時的なものです。工事が終了した後、それらの移住者はどうするのでしょう。
その頃には、日本人になっています。経済的に余裕があれば、一族を呼び寄せて生活を共にしますし、仕事がなければ生活保護を申請します。
いまでも近隣国出身の連中は、扶養控除に多数の親族を申請して税金を節約するとのことですから、日本に呼び寄せた場合には当然のごとく日本の富を食い散らかすでしょう。

そのとき、移住を推進した政治家は、どのような責任を取るのでしょう。

過去、日本に朝鮮戦争による難民として来日した外国人は、その戦争後にも帰国しなかったり、又は再度密入国したことから、当時の吉田内閣は非常な苦労をしました。今一度、一時的に労働者が足りないからと海外からの労働者に頼りますと、土木工事が終わったとき、その後の対応に苦慮することは明白だと思います。

従って、労働者の不足については移住によらず、日本国民で賄うことが必要だと思います。その労働者は、現在の遊休労働者を主眼とするべきで、例えばリストラに遭った各種サラリーマン、新卒でも就職できなかった方々、仕事がなかったため生活保護を受給せざるを得なかった方々にお願いした方が良いと思います。

なお、現在の農林水産省で行われている農業への就業希望者は、現在のところ家族が農業就業していると限られているので、これを農業に携わっていない方にも拡大するべきだと考えます。
さらに、耕作放棄地や休耕田のうち太陽光発電にする予定地については、現在計画のないものは、予定の期限を切らないと無意味に買い取り価格の無駄が生じると思います。
2014/01/24(金) 22:42 | URL | ポッポ #-[ 編集]
小学生の時、朝鮮人が日本人に強制的に働かされた、朝鮮人の差別をやめようなどの道徳の授業を受けましたが、これには何か違和感が長い間心に残ってましたが、これがとんだ嘘だと分かったのは恥ずかしながら三年くらい前です。
うちの父はいまだに日本は軍国主義だったなどと言ってますが今は私が少しずつ真実を教えています。
知り合いの人も南京大虐殺も信じてましたが捏造だと言うのも教えました。
今の私たちにできることはこういうふうに一人でも多くの身近にいる人に教えることですね。
興味を示さない人もいますが地道に根気よく教えていけば必ず支那朝鮮と縁を切れる日が必ず来ることを信じています。
2014/01/24(金) 21:39 | URL | キョウリュウジャー #-[ 編集]
No title
「チョーセン」というのは子供のころ、最大の侮蔑用語だった。バカと言われても、阿呆と言われても怒らなくても、チョウーセンと言われたら、どんな子供でも本気で怒った。
キタなくて、ニンニク臭くて、勉強ができない可哀想な子が、小学校の時は、いじめない私の隣の席にいた。
少し大きくなって、彼らが民族的誇りを持っていると知って、心底驚いた記憶がある。
今は、あの人の虚をつき、獰猛な物理的心理的攻撃を仕掛けてくる、正に獣的感性に 怖さを感じる。
関東大震災の二の舞にならないよう、田母神都知事に対処してもらわねばならない。 他の候補の方々のお顔を拝見すると、絶対にあちらのDNAを引き継いでおられると、私は決めつけています。こんな人が誰であっても都知事になるなんてことがあってはならない。
2014/01/24(金) 19:26 | URL | 古希のネトウヨ #-[ 編集]
No title
お人よしな日本人はもう卒業しようではありませんか。

いくら韓国が経済破綻を免れる為に一時的に日本へ擦り寄ってきても絶対に助けてはならないと思います。
いまだに政治家や役人あるいは財界幹部にはお人よし?な考えを持ち韓国が擦り寄ってきたら助けようなどと考えている人達もいるかもしれませんが、大多数の日本国民がNOを突きつけるべきでしょう。

政治家や役人の中にはもし半島が北朝鮮主導による統一になれば日本の安全保障に非常な脅威になると言う者もいることでしょう。
たしかにそうかも知れませんが五十歩百歩の違いでしかないと私は考えております。
韓国による統一は日本の安全保障にとっては必ずしも良くはないが北朝鮮による統一はさらに悪い。ただそれだけの事と思います。

今このときも南北朝鮮とシナは国際社会において私達日本国と日本国民を歴史捏造により悪者に仕立て上げているのですから、このような特亜3カ国になんらの支援援助を日本側が行う必要は全く有りません。

日本国が行うべき外交政策はこれら特亜3カ国への効果的な制裁と国際的包囲網を構築し真実を国際社会に知ってもらうことでしょう。
2014/01/24(金) 17:28 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
書き忘れ
あっ、また忘れたξ

彼等は明から「和寧か朝鮮かどちらかにせよ」と言われて朝鮮という国号を選んだそうですが、
そも「朝」と「鮮やか」という漢字は、数多ある漢字の中でも最も爽やかで好印象な文字なのに、
それら爽やか文字合体させた「朝鮮」という文字すら卑しいイメージにしてしまう彼等のマイナスパワーたるや、げに恐るべし(@゜▽゜@)!   

イヤ、いかんいかん・・ホントの事言うと悪口になってしまう(反省) 
心入れ替えて、未だ慣れぬ集計用紙に向かわねばφ(..;)
2014/01/24(金) 15:48 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
外国人に独島・韓国文化PR 「子ども大使」がソウルで発足
【韓国聯合ニュース】
外国人に独島・韓国文化PR 「子ども大使」がソウルで発足
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/01/23/0200000000AJP20140123003400882.HTML

文革時代の紅衛兵とかポルポト政権の少年兵を想起させ、ものすごく嫌な気分になった。
こどもは「国家」の従属物ではないとオイラは思っているから。
2014/01/24(金) 15:09 | URL | korea #guRgTqeo[ 編集]
(°0°)へー
つまり韓国の教科書によれば、古代半島は日本に対し、まるで日帝36年の如き所業を行ってたって事ですな(οдО;)
せっかく野蛮だった日本を文明化させるなんてケシカラン!!
彼等の論理では「文明化させる=侵略」だそーだから、これは彼等に対し謝罪と賠償を求めるべきでしょう。 

てな戯言はさておき・・
好太王や雄略帝によれば、四・五世紀の倭国は実際に半島を侵略しまくってたようなので、
それについて謝罪と賠償を請求されるんなら合点がゆくんですが、
なぜかそれについては請求するどころか、日本による侵略を認めようともしない不思議(・・?)
頭の構造がどうかしてるんでしょうな(呆) 
 
仮に日本が朝鮮から来たキムチ文化を我が物顔で外国に伝えたら、得意の起源説振りかざして火病るくせに、
自分達は中印から来た漢字や仏教を日本に伝えた事を我が物顔で自慢する。←その矛盾にも気が付かないんでしょう。 

加工すら出来ぬ半島は、単なる文物の通り道に過ぎんっつの!(´Д`)
2014/01/24(金) 14:21 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
No title
野蛮人は古代より野蛮人であり、そのDNAが変わらない限り現代に至っても同じです。そんな輩をなんとか更生させようとしても無駄!我が国内の犯罪誘発、海外の日本人に危害を加えるウソ八百のコリア教科書に洗脳された輩から身を守るには個々の日本人が質実剛健になるしかないと思います!!目には目を!!歯には歯を!!
2014/01/24(金) 13:16 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
日本の歴史と神道と武士道
この記事とは関係有りませんが、1月15日の記事「子どもの言葉に凍り付いて」のコメント欄にて、ホツマツタヱに関して意見させて頂きました。それから色々と考え、他所にて、神道について深く考えていらっしゃるであろう方と意見を交換しました。神道に詳しくなくとも、日本人で在れば誰もが参加出来る様な内容です。日本人でなくとも参加できるもので在るとも思います。

http://plaza.rakuten.co.jp/commander/diary/201401060000/

長いやり取りなので上にURLを張っておきます。興味を持たれた方は一度見て考えて頂ければと思います。

結果として、日本が日本で在り続けてきた所以、そして神道と武士道、これらを我欲の外から、つまりは客観的価値観のもと、深く深く考えていけば、全てが解ってくるのだと、私は感じました。

日本が神々の国と云われた所以、そして八百万の神々という表現の所以、そしてなぜ歴史は繰り返すのか、なぜ平和の後に戦争が起こるのか、それらが解るのではないでしょうか。

都知事選や、その他諸々と問題は山積みだとは思いますが、それらは重大な問題で在ると同時に、目先の問題でも在り、私がこの度、皆様に投げかけた問いを、深く考え、理解すれば、それら問題の根本を解決するものと信じます。

それを知り得れば、その他のありとあらゆる全てを正しく行える「入り口」に立てるものと信じます。

ねずさんのブログを訪れておられる方であれば、日本を良くしたいという想いは皆共通かと思われます。多少の意見の違いはあれど、そこは皆共通である筈です。そしてなぜ、共通の想いを持ちながらでさえ、意見の違いが在るのかを考えれば、それも私の問いを深く考えて頂ければ見えてくるかと思います。人生経験の違いや自分が置かれている状況の違いなど、は誰しもすぐに思い浮かぶかとは思いますが、それは目先の問題、表面的な問題であり、そこから更に深く考えることが肝要である筈です。

そしてこれらは、知ることを遅らせれば遅らせるほど、それを知り理解できたとしても、行動に移すことが困難になります。見せ掛けの平和であればあるほど困難になります。自分だけではなく、全てが困難な方向へ向かっていくと感じます。その先が戦争や内戦といった破壊行為に繋がるのだと言えるかと思います。そして人類の文明がその都度進化する故に、その先も在ると感じます。これを解決するには、私の問いに対する答えを、まずは知る事が必要だと感じました。

ねずさんを始め、ここを訪れる皆様、今回の記事とも、ブログの主旨とも関係がないように思われるかもしれませんが、私は全てに関係していると感じたからこそ、投稿させて頂きます。

皆様に考えて頂けると幸いです。これについての異論、反論も含め、議論は歓迎します。むしろそう在るべきかと思われます。まずは読んで頂きたく思います。宜しくお願い致します。

最後に、人様のブログで、この様な問いをすべきかどうかとも考えました。今現在、保守の団結は成りつつ在るかと思います。そして今回の問いは、その先の日本人としての団結を成す為にも必要と信じます。更にその先の人類としての団結にも繋がると信じます。

2014/01/24(金) 13:05 | URL | 愛国日本!反日撲滅! #-[ 編集]
No title
ためになるお話ですね。

しかし、汚濊族・・・・読めば読むほど、聞けば聞くほど、背筋が寒くなりますなぁ。

2014/01/24(金) 11:33 | URL | あ太郎 #-[ 編集]
No title
出自は政策と結びついています。元国会議員の都知事候補の出自を知る権利が都民にあります。


国会議員は三代の出自を公開せよ

http://ameblo.jp/kororin5556/entry-10512541522.html


2014/01/24(金) 09:51 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
脱亜こそが日本の進むべき道ー中国進出企業は全員中国からの撤退を始めよう

http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11754854776.html
2014/01/24(金) 09:47 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
◆田母神俊雄・中西輝政『日本国家再建論』を読み解く

http://archive.mag2.com/0000258752/index.html

2014/01/24(金) 09:46 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝鮮の歴史と日本

ねずさんの ひとりごと 朝鮮の歴史と日本
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク