アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


世界秩序のお話

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
↓ご注文は書店さんで↓
■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
■ISBN-13: 978-4434184727

■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版

本日、宮崎日々新聞にねず本の広告が掲載されています。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

人民解放軍


Facebookで友人にさせていただいているS先生が、貴重な論考を書いておいででした。
今日は、まずその論考をご紹介し、そのうえで私なりの考えを述べてみたいと思います。

========
おはようございます。
1月も最後の日を迎えましたが、いつもいつも心暖まる「いいね」と気持ちの込められたコメントを頂戴しありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ところで、今朝の産経新聞の「『靖国』後、事なかれでは済まない」と題する記事によると、習政権は日本が第二次大戦後の秩序をいまだ受け入れず、軍国主義に戻りつつあるようだと、悪い国のイメージ化を図ろうとして世界各国に駐在する外交官を総動員し、安倍首相個人を批判する大キャンペーンを展開中であるとのこと。

韓国、ベトナム、マレーシア、アジア各国を始めマダガスカルやコンゴ、エチオピアなど地理的にも日本と殆ど関係のない国々の大使らもこの宣伝活動に参加しているようで、このような大々的な日本批判に対して、戸惑いをみせる欧米の外交官は少なくないようであり、北京に駐在するある欧州主要国の大使館員は「中国は、日本とも良い関係を維持したい私たちを無理やりトラブルに巻き込もうとしている」といぶかっているようである。

中国は、日本が中国の言い分や方針に従わないことに我慢出来ないようであるが、一時的な騒ぎだと思ってその勢いの去るのを待つ姿勢ではもう駄目なようだ。
戦争をするわけではないが、我が国もイランやパキスタン、北朝鮮戦略学び、他国から言われのない事や侮辱など国際間の紛争を未然に防ぐ役割として、核武装をする必要性の議論を行う時機到来かなと思わざるを得なかった。
========


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


この論考に関して、まず申し上げたいのは「中国は、日本が中国の言い分や方針に従わないことに我慢出来ないようであるが、一時的な騒ぎだと思ってその勢いの去るのを待つ姿勢ではもう駄目なようだ」という部分です。

支那という国は、そもそも「中華思想」を根本に持つ国です。
「中華思想」というのは、ご存知の通り「支那が世界の中心である」という思想です。
世界の中心なのだから、それは支那人にとってさぞかし立派な誇りなのだろうとみんな思っていますが、実は誤解です。
ほんとうは異常な体制がひき起こした異常思想とみるべきものなのです。

そして中華思想は、支那に古代から存在する一般的思想と思われがちですが、これまた違います。
古代や近世における支那皇帝の存在の正統化のための歴史観(史記など)によって生まれた王朝正統観としての中華思想と、華夷秩序体制としての中華思想は、混同されがちだけれど、実はまったく別なものなのです。
途中で言葉が混同され、ねじ曲げられ、都合の良いように張り合わされて、あたかも昔からあったもののように偽装されています。

支那という国は、ご存知の通りとても国土の広い国です。
そこに一番多くいるのが漢族で、これが私たちが一般に「中国人」と呼ばれる人たちです。
この漢族がどういう人たちかといえば、ひらたくいえば、農耕を基礎として飯を食い、漢字文化圏をなしている人たちです。
漢字圏、農耕圏といっても、言語も多数にわかれ、統一的文化があるかというとこれまた疑問ですが、とりあえずここでは漢族と呼びます。

この漢族が自分たちで支那王朝を築いたのは、実は紀元前202年から紀元前25年までの前漢の時代だけです。
前漢というのは、みなさまがご存知の「項羽と劉邦」の物語で、強者である項羽を、弱者である漢族の劉邦が艱難辛苦の上ようやく破って建国した国です。
国名の「漢」が示す通り、まさに漢族の建てた国です。

ところがその漢は、王莽(おうもう)によって国を奪われてしまいます。
そしてたいへんな内乱を経て、軍閥が割拠する後漢となりますが、その後漢も西暦220年には滅びてしまいます。
そして後漢が滅びた後に生まれた三国が、互いに覇を競った時代が、ご存知の三国志の時代です。

この後、支那にようやく統一王朝ができるのは、西暦589年の隋の時代です。
隋王朝以降、支那の王朝は、唐、宋、元、明、清と続いて近代に至っています。

問題は、この隋以降の王朝です。
いずれも、実は漢族の王朝ではないのです。

隋(ずい)は、鮮卑(せんぴ)系の遊牧騎馬民族が建てた王朝です。
そもそも隋という国号の文字は「祭りの肉の余り」という意味の漢字です。
いかにも肉食の遊牧民らしい国名です。

次の唐(とう)は、「大きな口」という意味の漢字です。
これまた鮮卑系です。

宋(そう)も皇帝は趙氏の一族で、これまた遊牧民族系と言われています。
次の元(げん)は、まさにモンゴルの遊牧民王朝です。

続く明(みん)は、漢族である安徽省の貧農の末子、朱元璋(しゅげんしょう、漢族)が建国した国ではあります。
けれどもこの時代、国の北は北元(モンゴル族)と後金(ツングース)によって征圧され、度重なる遊牧民族の侵入で常に国が危機状態に置かれていたわけで、これは統一支那王朝と言い難いくらい、国土のほとんどを遊牧民族に奪われています。
そしてご存知清(しん)は、まさに女真族(満州族)が建国した王朝です。

つまり支那は、すくなくとも前漢以降約2000年の長きにわたって、ずっと外来王朝によって征圧され続けてきたエリアです。
そうした中にあって、外来王朝である皇帝一族や王朝の高官たちの漢族に対する対応は凄まじくて、まさにただの奴隷扱いです。
とりわけ元代においては、まさに漢族は、ただの奴隷もしくは食料としての肉という位置づけでしかありません。

そしてここが大事なのですが、隋から元までの王朝は、外来王朝であって、周辺国と征圧している漢族の扱いは、同じであったという点です。
外来王朝にとって、周辺の夷族も、近隣の漢族も、同じく等しく敵であり征圧の対象であったわけです。
明にはその征圧の力がなく、結果、周辺エリアを、ことごとく他部族たちに切り取られていったわけです。

ところがこれら古い王朝に対して、実に上手な統治を行ったのが、実は、清朝でした。
清朝は、もちろん女真族(満州族)王朝です。
その満州族が、漢族の侵略にたまりかねて、満洲を統一して漢族の住むエリアに殴り込みをかけて築いたのが清王朝です。

清朝も、一番上はもちろん皇帝ですが、その皇帝の一族および女真族を、民族の最上位に位置づけました。
そして一族が「敵地」の中に統治のために築いた北京の紫禁城の中には、一切の漢族の侵入を許さず、その城の中では、話す言語も満州語、書く文字も漢字ではなく満洲文字を用いました。
そして科挙に合格した漢族の英才の中のごく一部の英才のみに、女真語を使うことを認め、この者たちに皇帝の命令を漢族の言葉に翻訳させて、支那全土を支配しました。

この時代の女真族による漢族差別ははなはだしくて、漢族が紫禁城内に一歩でも踏み込んだだけで、その者は捕らえられ、公衆の面前で陵遅刑と呼ばれる残酷な処刑がなされました。
この処刑は、男女とも素裸にして柱に縛り付け、生きたまま乳や二の腕や腿の肉を何日もかけて削いで行くという想像を絶する残酷なものです。
これをすると人間の体は出血を防ごうと胴体に血がまとまるのですが、そのために最後に胴体を突くと、体から血がビューっと派手に吹き出る。
だから、血の出るのを遅らせるという意味で、陵遅刑という名前が付いています。
このような残酷な処刑が、単に紫禁城に侵入した、というだけで漢族に科せられていたのです。

ただ、清朝の巧みなところは、支那に昔から伝わる朝貢の制度を用いて、外国からの使者には、三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)を強要したことです。
これは、清国皇帝の前に出た外国の朝貢使節や国王は、ことごとく清国皇帝の前で、床にうつぶせにはいつくばり、両手を前に伸ばした姿勢で、額を三回床に打ち据え、それを三回繰り返すという、たいへんに屈辱的なものです。

これをなぜ行なったかといえば、そこが清朝の上手なところで、周辺部族(諸国)を、つまり、漢族の下においたわけです。
実際には、女真族の下ということなのですが、序列として、
最上位 皇帝
上位族 女真族(満州族)
中位族 漢族
下位族 周辺諸民族
という体制をひいたわけです。
これが清朝的「華夷秩序体制」です。

このことは元の支配構造と比べると、非常に鮮明に違いが明らかになります。
元は、世界最強の軍事帝国として、蒙古族が世界の支配者として君臨するという体制を築きましたが、蒙古族以外の世界の諸部族は、漢族も含めて、ある意味すべて平等に下位という扱いでした。
つまり、下位という意味においては、漢族も、他の諸部族や王も、すべて平等な体制を築いたわけです。

ところが元ほどの軍事的実力を持たなかった清朝は、漢族を世界の諸部族よりも上位の存在と規定することで、漢族のプライドをくすぐり、政権と秩序の安定を図ったわけです。

このことは漢族の側からすると、「オラたちの上には、偉〜い皇帝様がいなさるが、世界の諸民族は国王も含めて、ぜ〜んぶオラたちの下に位置づけられるんだ」という秩序構造になります。

これは、戦後にGHQが、日本語のわかる朝鮮族を利用して、特権階級としての地位を与え、日本人に対する収奪を思いのままにさせたのと似た構造です。
これが清朝的華夷秩序体制であったわけです。

この華夷秩序体制は、世界は4つの階層によって成り立っていました。
一番上が、女真族(満州族)です。
二番目が、漢族です。
三番目が、朝貢国です。
これは、世界の諸国は清朝皇帝に朝貢することで当該国の国王として認可されるという昔ながらの様式に加えて、「漢族の下に位置した」という点が、清朝の特徴であったわけです。
この位置には、朝貢国として朝鮮やベトナム、チベット、ウイグルなど、周辺国の民族がいました。

そして四番目が、互市国(ごしこく)です。
この互市国というのは、支那(女真族および漢族)と交易はするけれど、朝貢はしないという国です。
当時、この位置にいたのは、支那と国境を接する諸国の中では、日本とロシアだけです。

こうした清王朝の敷いた体制は、漢族の意識に大きな影響を与えました。
自分たちは皇帝の一族(女真族)の前では、まさに人としてさえも扱われない奴隷以下の虫けらですが、周辺夷族に対しては、自分たちははるかに上位にあるのだというアイデンティティ(共同体意識)が熟成されたわけです。

そして、自分たち漢族に対しては、女真族はありとあらゆる我儘や収奪や暴力が許されるのと同様に、自分たち漢族は、周辺諸民族に対しては、女真族が漢族に対してするのと同様にありとあらゆる我儘や収奪が許される、と考えるようになったわけです。
きわめて、卑屈な劣等意識が、民族的上下意識として熟成されたわけです。

清朝末期に、英国などの西欧列強が清王朝との交易を求めますが、清朝は、当然の如く彼ら西洋人に対して三跪九叩頭の礼を要求しました。
つまり朝貢交易を認める代わりに、臣下としての礼をとれ、とやったわけです。
英国もその他の西欧諸国も、当然のことながらこれを拒否しました。
あたりまえです。
皇帝の前で、四つん這いになって額を三回床に打ち据え、それを三回繰り返す(都合9回)なんて、お馬鹿な真似は、西洋人には、いくらそれが慣習なのだからといっても、納得できるものではありません。

ですから西欧諸国は、互市国(ごしこく)の位置に身を置いて清朝との交易をするのですが、これが清朝にしても、漢族にしても気に入らない。
とりわけ漢族にしてみれば、俺たちが上位階層のはずなのに、西洋人たちは臣下としての礼をとらないどころか、オラたちのまえで威張っている、というわけです。

そこで懲らしめてやれとばかり、阿片戦争や義和団事件などを起こして反抗するのですが、西欧諸国は武力が違う。歯がたたない。
民衆の反乱に、清朝もこっそり加担したりもするのだけれど、結果は同じ。力でねじ伏せられてしまう。
とりわけ西欧諸国に手を出すと、その報復は清朝の比ではなく、まさに皆殺しにされてしまうし、領土もぶんどられてしまうわけです。
これは恐怖です。

そういう時期に、漢族からみて最下層の互市国であった日本が、近代化を遂げ、日清戦争を起こしました。
日清戦争前の清朝や漢族にしてみれば、俺たちと同じ顔をした日本が、頭を下げて来ないどころか、怖い西洋諸国と一緒になって、オラたちに歯向かうのは許せねえ、という意識が働いています。
ですから、とりわけ日本に対しては、彼らは長崎事件を起こしたりして、日本に対して露骨な挑発行為を行っています。

しかしそれらの挑発行為は、彼らが日本と国家間戦争を起こそうという意図に基づくものではなくて、彼らにしてみれば、女真族に次いで偉いのはオラたち漢族だと思っていたのに、「西洋人たちは女真族でも漢族でもないのに」オラたちよりも威張っていて気に入らない。
その西洋人と一緒になって近代国家とか言って、西洋諸国の片割れになっている日本人は、もっと気に入らねえ、というきわめて感情的なものにすぎません。

さらにそこへもってきて、日頃から女真族に奴隷のようにこき使われているストレスがある。
女真族には逆らえない、西洋人には敵わない。
俺たち漢族が上で、日本人など最下位国のはずなのに生意気だ、そもそも俺たちは日本人より上位なのだから、日本人に対しては、女真族が俺たちにしていることをそのまましても当然だ、という歪んだ卑屈なストレスが、結果として侮日という行動に彼らを駆り立てたわけです。

そもそも「中華思想」は、支那皇帝が世界の頂点に立つ世界皇帝という思想です。
あくまでもそれは支那皇帝が世界の中心(これもどうかしていると思うけれど)という思想であって、漢族が世界の中心というわけではありません。
清朝は、この思想を利用し、漢族に他の緒族よりもやや優位な地位を偽装することで、国内統治を実現していただけのことで、これが「華夷秩序体制」なのですが、長年の間に、この秩序観が、漢族にとっても歴史的な秩序観、価値観となっていたわけです。

ですから、華夷秩序も、中華思想も、わたしたちの国、日本とは、国の基礎となる思考がまるで異なるもの(日本は対等観の国です)違うものだし、ヨーロッパ諸国やアメリカとも、まったく違う、きわめて卑屈で傲慢な思想であり価値観なのです。

この中華思想や華夷秩序を、まるごとぶち壊したのが日本です。
日本は日清戦争で勝利することで、朝鮮を独立させ、さらには他の冊封国の独立性までをも確保してしまいました。
冊封国たちは、晴れて中華の支配を離れて独立し、一時的に西欧諸国の傘下に入った国もあるけれど、それも短期間のことで、日本が続いて大東亜の戦いを果たすことで、結果として、かつての中華冊封国たちが、民族ごとの独立を手に入れ、中華冊封体制、華夷秩序から逃れていったのです。

ところが、漢族にしてみれば、これが気に入らない。
かつての清朝の版図は、俺たち漢族のものだと言い出したわけです。
これが中共政府です。
そもそも清朝の版図は、女真族の版図であり、であればかつての満州国の版図です。

ところが漢族は、その満州国さえも認めず、さらにはチベットやウイグルやトルキスタン、南モンゴルまでも、一方的に軍事侵攻し、さらにはベトナムへも攻撃を加え(これはベトナムの抵抗で潰えましたが)、さらには隙あらば日本もその傘下におさめ用としているわけです。

そして同じく華夷秩序にどっぷりと浸かっていた朝鮮族も、民族解放と民族独立が日本の血と努力によって実現されていながら、これに対する感謝の気持ちなどまったく持ち合わせずに、中華が親、朝鮮族が兄、日本は弟であり、弟は兄の言うことを聞かなければならないなどと、見当違いな発想をしています。

これらは、彼らにとっては(彼らを民族と呼ぶならばですが)、彼らにとっっての民族のアイデンティティです。
彼らの世界観や秩序観は、実は、法や制度以前の価値観であり秩序観なのです。

社長や部長は、会社の権限規程による取決め以前の問題として、平社員よりも上、課長や係長や主任さんたちよりも上の人であり、部下に命令できる地位にあるものだと、誰もが思っていますが、これが価値観、秩序観です。
別に法律で、社長が上位と決まっているわけではありません。
そういうもの、という共通の秩序観が先にあるわけです。
同様に、支那も朝鮮も、歪んだ中華思想、華夷秩序という価値観、秩序観で、日本は下位の国と思い込んでいるわけです。

そしてこのことは、支那人や朝鮮人にとっては、ほぼ絶対的といっても良い価値観・秩序観です。
米国や欧州もその恐ろしさにいまだ気付いていないようですが、中華思想、華夷秩序の上からは、日本のみならず、本来ならば米国も、西欧諸国も、すべて現代版支那皇帝である中共政府や朝鮮王に対して、三跪九叩頭の礼をとり、朝貢をし、大統領の地位も、彼らによって任じてもらわなければならないものだという価値観・秩序観だからです。

問題はここからです。
こうした、一度は日本が叩き壊したはずの中華思想、華夷秩序が、ここにきてまた復活の兆しを見せている理由は、叩き壊した日本にその理由と責任があります。

どういうことかというと、中華思想や華夷秩序を叩き壊した頃の日本、つまりそれは戦前の日本ですが、日本は世界を代表する強国だったのです。
戦前の日本は、華夷秩序という無礼な収奪秩序をぶっ壊し、西欧列強による植民地支配という、人が人を民族や国家ごと奴隷として支配するという非道までもぶっ壊しました。
それだけの実力が日本にはあったし、同時にそれは世界の諸民族、虐げられた多くの民衆が本当に求めるものでもあったののです。
これは当時、市民権さえも与えられず、ただの売買の対象物、ただの動産とされ、殴っても斬りつけても痛みさえも感じることがないと本気で信じられていた米国黒人たちも同じです。

「俺たちだって人間なんだ」
このことは、わたしたち日本人にしてみれば、人種や民族にかかわらず、人間は人間です。
古来すべての日本人は天皇によって「おおみたから」の地位、天皇の民としての地位を与えられてきたわけですから、日本人にとっては、それはごくあたりまえの常識でしかありません。
けれど、これもまた、ひとつの思想なのです。
世界では、ごくひとにぎりの支配層以外は、人間はただの動産であって、人として認識されなかったからです。

そういう人が人を一方的にモノとして支配するという何百年も続いた支配体制、秩序体制を、日本は企図した企図していないに関わらず、結果としてまさに「ぶっ壊し」ました。
世界中で、支配されていた多くの民衆と国家を、まるごと解放したわけです。

どうして日本にそんなことができたのかといえば、日本には、天皇の御存在と武士道があったからです。
そして経済的にはともかく、軍事的、国際社会的に、戦前の日本は、超大国でもあったからです。
すくなくとも軍事的には日本と戦って勝てた国は、米国だけです。
他は全部日本に負けています。
英国もフランスも、ドイツも第一次大戦で日本に負けています。

ところがその超大国であった日本が、第二次世界大戦末期に設立された新たな国連秩序の中においては、最下層の敵国と看做されるようになりました。
日本は、軍事力を奪われ、日本人自身が日本を否定するように仕向けられ、国連(これは英語で書いたら第二次世界大戦の連合国と同じ「United Nations」です。日本語訳では国連と連合国は別々な漢字が当てられていますが、概念はまったく同じものです)において、悪の枢軸国であり敵国とされ、最下層国とされています。

よく、日本が国連に莫大な献金を行っているから、日本の地位はもっとあがってしかるべきだという人がいますが、これはあまりにも、浅い戦後的日本人のご都合主義的思考です。

これは、国連憲章に、敵国条項があるなしの問題ではありません。そもそも論です。
国連の存在そのものが、善の国と悪の国を明確に区別し、悪の国を押さえつけるために、各国が連合しようという思想から、第二次世界大戦中に生まれた組織なのです。
そして国連によって、いまだに悪の国、敵国、恐怖の魔敵とされているのが、日本、ドイツ、フィンランド、ハンガリー、ルーマニアの6カ国です。

なかでも日本は、悪の中でも最悪玉という扱いです。
国連において、いまの日本は、捕らえられた悪魔です。
悪魔はいくらいくらかつての悪行を反省し、天使に献金を捧げたとしても、悪魔は悪魔です。
ですから、剣を持った天使の集まりである国連は、日本に対してなら、不審な点が見られたというだけで、いつでも日本に軍事的刃を向け、攻撃することができるし、たとえどれだけ日本の悪口雑言を述べ立てようが、日本がこれに抵抗する姿勢をみせただけで、国連加盟国は、どの国であれ、一方的に軍を組織して日本を火の海にできるという、これまた「きまり」です。
それが、国連の実像なのです。

日本の国連への毎年の負担金は、米国に次いで、世界第二位です。
米国が年間6兆円、日本が2兆5千億円、支那は日本の半分もありません。
しかし、どれだけ献金したとしても、それは悪魔がこれまでに行った非道に対して、当然の報いでしかなく、誰もそのようなものに感謝などする必要がない。なぜなら日本は悪魔だからというのが善悪論に基づく国連的価値観であるわけです。
ですから、国連で、北朝鮮や韓国や中共が、どれだけ日本を口汚く非難しても、それに対して、異を唱える国はありません。
なぜなら、異を唱えれば、その国は、北朝鮮や韓国や中共のみならず、国連全加盟国と戦争をも決意しなければならなくなるからです。
世の中、甘くないのです。

私はここで国連を否定しているわけではありません。
世界政府としての国連の機能と役割は、今後ますます重要なものとなっていくと思うし、日本はその中で一定の地位を占めるべきであろうと思っています。
ただ、現実には、いまの日本の国連における地位は、たとえどれだけお金を積み上げたとしても、悪魔でしかないという、これもまた事実なのです。

そしてさらにこの事態を複雑にしているのが、中共の存在です。
もともと、国連を組織した連合国というのは、米、英、ソ、仏の四カ国に、中華民国を加えた五カ国だったのです。
中華民国というのは、蒋介石が率いた支那国民党政権です。いまは台湾にある亡命政権です。

この国民党政府は、第二次世界大戦中から、すくなくとも昭和46年(1971)までは、支那を代表する中華民国政府として、国連の代表権と安全保障理事国としてのポジションにありました。
けれどもご承知おきのとおり、国民党は支那共産党との内戦に破れ、すくなくとも昭和24年(1924)の時点では、支那本土から完全に追われ、当時連合国の一員として占領統治していた台湾に「亡命政権」となって逃れていました。
つまり国家の実体がなかったわけです。

これはいまも同じです。
ですから台湾には、正当な政府機関がありません。
このため、日本もアメリカも欧米諸国も、台湾を正式な国とさえみていません。
国連においても、あの北朝鮮ですら国とみなされているのに、台湾は、国とさえみなされていないというのが、実は現実です。

一方、支那大陸を征圧した中共政府は、巧妙に立ち回って、それまで中華民国(国民党政府)が担っていた国連における地位を、昭和46年(1971)10月の国際連合総会で上手に簒奪しました。
このとき国連は、中華人民共和国を中国の唯一の正統な政府とし、「蒋介石の代表(中華民国)」を追放するとした2758号決議が採択したのです。

これによって中華民国政府は国連と国連機関から脱退しました。
そしてこれに代わって、中華人民共和国が、安全保障理事会の常任理事国をも含む国連での地位を獲得したわけです。
実に巧妙です。

ちなみに台湾にある中華民国政権は、「中国」としてではなく、「台湾」として国連に加盟しようと努力しているけれど、まったく無視され続けています。
現在台湾の国民党政権を、台湾政府として認めているのは、バチカンやパナマ,ドミニカ共和国など、中小の23カ国だけです。
日本国政府も、現在は台湾の国民党政権を国家として認めていません。

認められないのです。
台湾に対して国民党中華民国は、あくまでも一時的な占領軍であって、連合軍(国連)によって、正当に領土の割譲を受けた政府ではないからです。

一方、中共政府は、実際には、支那事変から大東亜戦争にかけて、日本と一矢も交えていないにも関わらず、要領よく立ち回って中華民国国民党政権の座を奪い取り、なんと国連五大国の一員として、安全保障理事国の地位まで奪い取りました。

そしてこの安全保障理事国というのは、歴史や伝統、事実関係の正邪等の一切を無視して、「危険を感じた」と思っただけで、敵国に対して武力行使ができるという地位を持ちます。
つまり、中共は、実は日本に靖国がどうとか難癖をつけるだけでなく、国連憲章上は、日本に対して、かつてチベットやウイグルにしたように、一方的に軍事侵攻できる権限を持っているのです。

ここが非常に大切なところです。
国連は、安全保障理事国の五大国と、それ以外の参加国、敵国という三階層によって構成された組織です。
五大国も、それ以外の参加国も、世界のいずれかの地で何か軍事的な問題が起きたときは、他の諸国に声をかけて、仮想的に国連軍を編成して、軍事力を行使することができます(例:イラク戦争)。

ところが「敵国」と国連非加盟国に対しては、他の諸国に声をかける必要もなく、勝手に当該国に軍事侵攻して構わないし、むしろ他の諸国はその軍事侵攻に連合国として味方しなければならないことになっているのです。
このことは、国連と国連憲章が、第二次世界大戦の最中に、連合国軍として組成されたものであることを考えれば、すぐにご理解いただけようかと思います。
そもそも国連とは、敵国と戦うために組成された連合軍機構がその大元になっています。

ですからチベットやウイグルは、国連加盟国ではありませんから、中共は五大国の特権として、勝手に軍事侵攻しましたし、そしてそこでいかに非道なことを行ったとしても、それは現在の国連秩序上からは、すべて「正当な行為」となります。
同様に、中共が日本に刃を向けたとしても、たとえば尖閣を勝手に領有したとしても、それは国連にとっての「敵国」からの侵略に備えた行為として、これまた国連憲章上は、正当化されてしまうわけです。
(もっとも日中平和条約がありますので、中共の尖閣は正当化し得ないというのが、日本の立場ですが。)

こうした国連秩序を、さらに厄介にしているのが、支那における華夷秩序思想の復活です。
もともと「日帝が支那皇帝の前で三跪九叩頭の礼をとらないのは怪しからん」と思っているところに、日本を敵国とする国連秩序が加わったわけです。
物事を上下関係だけでしか把握できない彼らにとって、これほど好都合なことはない。

歴史的な筋道から言えば、いまの中共政府をなしている漢族そのものが、彼らの上位にいた女真族(満州族)や、その皇帝を滅ぼしている、つまり彼ら自身が華夷秩序を否定しているのです。
国連にしても、彼らが大戦中に連合国として戦った事実はまったくありません。
全部デタラメ、全部見栄とハッタリです。
けれどいくら歴史的経緯に彼らに正当性がなくても、現実は、彼らは五大国、国連安全保障理事国です。

その五大国、安全保障理事国という地位と、敵国という地位には、まさに天と地との開きがあります。
どういうことかというと、安全保障理事国が敵国にミサイルを撃ち込んでも、世界はそれに味方しますが、逆に敵国が安全保障理事国にミサイルを打ち込んだら、世界を敵にまわして戦争せざるを得なくなるのです。
それが悲しいかな、いまの国連秩序です。

けれども、それで良いのでしょうか。
いまは第二次世界大戦の時代ではありません。
また、平和をのぞむ仏教国チベットが、一方的に人口の4分の1を虐殺されるような非道が、許されていて良いはずもありません。
はっきりいって、中共の覇権主義は世界の迷惑ですし、韓国の侮日も、悪意だけを世界に広げようとする、これまた世界中の誰がどうみても、悪魔の所業でしかありません。

こうしたことを、正常化する、きちんとする。
そういう責任が、日本にも、アメリカにも、またイギリスやフランスなどにも、いま、明確に課せられていると思います。
そしてその解決のためには、日本は軍事力の復活だけでなく、本格的な日本としての情報の発進力、世界を巻き込んで、新しい世界秩序を、みんなのために打ち立てるだけの強い情報発信力が、これからますます日本には求められてくると思います。

そしてそのためには、日本そのものの立て直しも不可欠です。
これについては、また稿をあらためて書きたいと思います。

(参考記事)
南シナ海はどこの国の海?
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2143.html
小山常実先生「日本史検定講座・講義」

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!
関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/04(火) 13:30 | | #[ 編集]
更新お疲れ様です
日本が新たな世界秩序構築のために世界と戦うか、人類の理想を唱え続けて世界を変えるか
どちらかの選択が必要ってことですね。
大東亜戦争では残念ながら謀略のために前者になってしまいましたが、後者のために発信力を強化しなければなりませんね。
あと牽制力(最大の攻撃力:現時点では核武装)強化も。
2014/02/04(火) 09:20 | URL | パパ #-[ 編集]
実証…韓国従軍慰安婦
戦後の自虐教育受け 自信なくした人々へ…(日本人は秩序礼儀重んじます幾度の大戦や大震災にもそれは明らか すでに証明されています…もっと堂々と 誇りを持ちましょう …中山先生の動画もあります NEVERさんブログより     http://matome.naver.jp/odai/2136849619026662901?guid=on
2014/02/04(火) 04:43 | URL | なでしこ #Ff.RaWMs[ 編集]
No title
お話の流れぶった斬りですみませんが、拡散、願います

外務省に対し【韓国に対するビザ免除廃止】要求署名
http://www.hoshusokuhou.com/archives/36055970.html
2014/02/04(火) 01:45 | URL | #-[ 編集]
No title
中華思想が清国から始まったとは、知りませんでした。
植民地を支配する方法としては、極めて合理的な手法だとも思います。
そして、朝鮮は属国(朝貢国)として、清国から支配されたことも分かります。
ただ、琉球はこの場合、朝貢国になるのか、互市国になるのか、分かりにくかったです。朝鮮は銅印の国であり、琉球は銀印の国です(これは、ねずさんが記述されていたことです。)。この二カ国が同一の待遇とは思えないので、
>一番上が、女真族(満州族)です。
二番目が、漢族です。
三番目が、朝貢国です。
三番目は、琉球が朝貢国で、韓国は属国の二つに分かれていると、考えないと理解できません。


日本人には、国連をある意味で全世界を一つにまとめる組織との、理想的に考える風潮があるような気がします。
しかし、考えてみれば第2次世界大戦で最後まで残った敵国と、なるのも事実です。
ただ、世界は、日本が国際連盟で人種差別撤廃を提案したことを、忘れています。そして、大東亜戦争において五族共和を唱えたことも忘れています。
まして、大東亜戦争に勝利してもいない中共が、国連に突如として参加し、常任理事国になるようでは、国連にどれだけの意味があるかとも考えます。
国連を否定はしませんが、後生大事に世界平和のための存在と、考える事でもないと考えます。
2014/02/03(月) 22:49 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
二重国籍の在日韓国籍韓国人、犯罪者の在日韓国籍韓国人、生活保護受給者の在日韓国籍韓国人の特別永住資格は取り消されるべきです。
2014/02/03(月) 22:31 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
支那と日帝
習政権「日本は第二次大戦後の秩序を未だ受け入れず、軍国主義に戻りつつあるようだ」

↑「未だ受け入れず」って何言ってんだエセ戦勝国。 
日本は敗戦国だから戦勝国のプロパガンダをずっと受け入れ続けて来た。
しかしながら七十年経てばもう歴史上の出来事であるし、色々バレて来てんだから
そろそろホントの事言っちゃってもいいべ?と言ってんだ、分かったか現役軍国主義政権。
てかそもそも日本の軍国主義時代って、いつの事言ってんだ? 
戦争中は何よりも軍事優先になるの当たり前だし、戦争前は都市文化全盛のノンキなモボモガ時代だバカタレが。
 

>この漢族がどういう人達かといえば

↑それについて黄文雄さんが講演で仰ってた定義を一部書いときます↓ 

黄「支那には古来、漢族と非漢族との対立があるが、そもそもその漢族の定義が難しい。(略)
・・その後色々混ざりあって出来たのが漢であり、要するに人種関係無く
“漢字・中国語を使ってる人々”と大まかにくくる以外にない。
漢族の定義はそれほど曖昧なものである。
つまり多勢が無勢を吸収し、いつの間にかまるで同族かの様に化してしまうのである」(終)

↑最近では満州族などまさにそうですな( ̄~ ̄;)
 
最後に、
なにやら近頃九条教の信者達が「九条を護持してきた日本人にノーベル賞を!!」などと吠えてるそうですが、
今日の記事を読んで、
虐げられてきた諸民族を解放した大日本帝国にこそノーベル賞がふさわしいと、心の底から思いました。 


ps.宮日新聞のねず本広告、しかと見ましたぞ♪(^.^)b
2014/02/03(月) 22:19 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
日本は危険と紙一重です
桜子様がリンクを貼ってくださった、三橋さんのブログを見てきました。
選挙妨害、ひどいですね。呆れました。日頃の行いの端々にも、人間性が表れるものですね。三橋さんが見事に切り返してくださって痛快でした。
あちらの方には、絶対に東京を任せられません。いざとなったら、東京を見捨てて責任放棄して遁走しそうです。
田母神さんは何があっても、都民を絶対に見捨てない真っ直ぐな強い意思を感じます。今回の選挙ばかりは、「誰がなっても大して変わらない」と言っていられない危険を感じます。
内閣府の職員の事件は、その背景に大きな戦略を感じます。日本人に対する見せしめ、暗示のつもりなのでしょうか。行き当たりばったりの犯行ではなく、ある計画の実行が開始された、まだ序章に思えます。
猪瀬氏は保守だから、反日親中韓の人間を首都に据えるために引き摺り下ろされたのではないでしょうか。
2014/02/03(月) 21:19 | URL | 葉桜 #-[ 編集]
尖閣諸島日中軍事衝突
今中国は外交部発表なりで盛んに「日本が軍国主義化している」とか「日本の軍事的脅威」だとまったく自分たちのやっていることを逆転させた言い方をしていますが、秩序を壊し、方の支配から力の支配を身をもって行っているのは中国自身でしょう。

そして、その地域が尖閣諸島です。
そしてそれは日本の領土への中国の侵略行為のことですが、今日の「TVタックル」でも関連した放送をするらしいようです。

そもそも朝日や毎日などが「日本は中国との摩擦に注意して会話を求めなければならない」と日本側に責任を求めるが、それは中国がよく言う「問題があったらそれはお前の責任だ」に近いものを感じます。
まったくの本質は空母建造や防空識別圏を日本側設定に被せて来たりと中国の軍事的膨張であり、中国の威嚇を含めた侵略的行為が一番の問題点ではないでしょうか。
そこを飛ばして特定マスコミは論を展開する。
故に中国、韓国の代弁者、エージェントと呼ばれる所以なのだと思います。

今でも毎日のように尖閣諸島の領海、また接続水域で挑発活動を続ける中国公船の海警。
自体をエスカレートさせているのは中国の側であるのは明白です。

この数年間で軍事衝突が起こる可能性は考えておいた方がよいのではないか。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140203/plc14020308020004-n1.htm

何しろ制空権が重要なのだ。
制空権が確保されなければ地上部隊は有効に使えない。

2014/02/03(月) 21:13 | URL | Pin #-[ 編集]
こんにちは
西尾幹二先生のGHQ焚書図書開封で「米國の世界侵略(昭和19年)」が紹介されていました。

戦中に発行された同本の巻頭論文を書いておられた「三宅哲一郎(元チリ日本公使)」という御仁が、戦後の世界秩序をズバリ言い当てておられました。

もちろん、米国の「戦略」として分析し書かれたわけで、日本が負けるとかそういう前提ではありませんが、「新国際連盟(現・国連)」を作り、連合国のうち強国が独裁的な権力を持ち(=常任理事国)、英国やソ連が戦争で国力を落としたのをいいことに、米国が主導して世界秩序を形勢し、同時に米国の傀儡的な同盟を利用して(日米安保・NATO)、地域覇権国の登場を阻止するというのですから、これは全くその通りであり、昭和19年時点で70年後の世界を予見し、見事に的中させてしまう日本人の洞察力には、ただただ脱帽するだけでした。

同書をGHQが真っ先に焚書にしたのは、まさに図星を突かれたからでしょう。

となれば、ソ連が米国にとって邪魔者になった理由もなるほど納得できます。米国の世界戦略に反旗を翻したからですね。


西尾先生もおっしゃってましたが、日本は米国の目論みを分かっててやられたんだと。確かに、悔しいですね。

どなたかがおっしゃってましたが、インドネシアだけを押さえれば石油は確保できたのだから、フィリピンを素通りしてインドネシアだけ解放すれば、せいぜい青息吐息の英国が参戦してくるくらいで、米国は日本に手を出せなかったんだと。従って、対米開戦やむなしという「空気」が日本を敗戦に導いたのだと。

私もなるほど一利あるなと思いましたけど、同書と西尾先生のお陰でちょいと考え方が変わりました。

やはり、チャーチルとルーズベルトが会談した「大西洋憲章」において、米国の世界戦略はほぼ決まっていたのだし、中立法を改正し中立義務違反を犯してまで英ソ支を支援したルーズベルト政権のことだし、よしんば米国世論が対日参戦を許さなかったとしても、何か他の方法を考えたことでしょう。例えば、真珠湾攻撃の「偽装」とか。

そういったことを考慮した場合、対米開戦やむなしというのは「正論」だったのではないか。当然ながら、日米開戦を熱望するコミンテルン側の意見と、自存自衛をかけた日本側の意見では意味合いが違いますが、先手必勝を狙った日本の戦略は間違っていなかったと、私はそう思うようになりました。

2014/02/03(月) 18:38 | URL | 硫黄島 #-[ 編集]
ご覧下さいませ
以下は事実……言わずもがな…か?…中韓に美意識を求めても無理?…なのですね~………http://honnede5.blog62.fc2.com/?m
2014/02/03(月) 16:56 | URL | 博多のおばぁ #Ff.RaWMs[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/03(月) 16:55 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/03(月) 16:54 | | #[ 編集]
No title
フランス漫画祭事件が示すように、河野の談話の見直しは急務でありながら、中韓はもとより、国際社会からの反発を恐れる声もあります。逆に、日本国は、歴史的事実を否定し、卑怯にも責任逃れをはかろうとしているのではないか、と…。

 河野談話の見直しのネックとなっているのは、一般的な戦争法や軍規違反としての戦争犯罪の問題が、”慰安婦問題”において一緒くたにされていることです。特に、「白馬事件」と呼ばれたオランダ女性を”慰安婦”とした事件は、真相はどうであれ、責任者は、戦後の軍事法廷で有罪判決を受けています。この事件については、既に昭和31年に「私的請求権解決に関す日蘭議定書」において解決していますが、それでも「アジア女性基金」の設立によって被害者とされるオランダ人女性を救済しております。この措置には、法的には疑問があるのですが、河野談話を否定すると、欧州諸国からは、”軍事法廷で有罪を受けた占領地での通常の戦争犯罪まで否定するのか”とする批判が起きることが予測されるのです。一方、実のところ、朝鮮半島は占領地でもなく、当時の”慰安婦”の国籍は日本であり、応募制でもありました(新聞上の求人広告も残されている…)。また、軍事法廷で判決を受けてもいないのです。日本軍による”朝鮮女性強制連行説”は、戦後に至って捏造されたものであり、前者とは性質が全く違います。

 にも拘らず、韓国は、オランダの背に陰に隠れて日本国を糾弾し、両国を同一視することで、してもいない罪を日本国に被せようとしています。河野談話の見直しの手順として、オランダ、並びに、占領地のおける一般的な戦争犯罪と、韓国の主張する”日本軍強制連行説”を切り離し、両者の区別を含めて国際社会に対して丁寧に説明する必要があると思うのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/69016840.html
2014/02/03(月) 16:13 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
社会科教師のおかしな話
田母神さんに頑張って欲しいです
残念ですが東京に知り合いおりません
(横浜にはいるんですが)

昨日子供が「先生がね沖縄は中国で北海道がロシアだって言うんだよ。日本人が先住民を殺して日本の領土にしたと言うんだよ」
先生の教科って社会科?
「そうだよ」
茨城の場合社会科の教師がいつも左翼丸出しなんです
「受験に関係ないからそれは忘れなさい
沖縄も北海道も元々日本です
中国でもロシアでもありません。沖縄は琉球王国と言って中国と交流はあっても属国ではないんですよ」
と、言っておきました。
本当に日教組解体すべきです
2014/02/03(月) 15:46 | URL | みるる #xN7Za8Hk[ 編集]
街頭演説行ってきました。
今朝、子供を幼稚園に預けた後、走って走って電車に飛び乗り新宿まで田母神さんの街頭演説に行ってきました。
心強い百田さんの応援演説も聞けました。百田さんのお話し下さった先の大戦の歴史観、選挙に興味ないと言っている人たちにぜひ聞いてほしい。今朝も田母神さん、百田さんは外国人参政権の危険性を語っておりました。
田母神さんは、最後に、「組織票を持たない私は、皆さんがたよりです。皆さん、ネットの皆さんも、ありがとうございます。ぜひ、同窓会名簿を出してきて、100人、電話をしてください!」とお話しされていました。地方の皆さんも、ぜひ。よろしくお願いします!
2014/02/03(月) 15:38 | URL | 都内に住む主婦 #8kSX63fM[ 編集]
前漢と後漢
私が昔に聞いた話によると、漢民族でも前漢と後漢では民族が全く異なるというものです。前漢は、様々な創造的文化を好む農耕民族で、基本的に平和を愛し、漢字の発明や哲学的な思索に傾倒した人たちであねり、後漢は漢民族と名乗ってはいるものの、元々は遊牧民で、活動的で争い好きの民族とのことです。日本人が一般に中国文化と言っている多くの発明や文化遺産は、今の中国人とは性質の違う前漢民族が生み出したものだと聞いています。詳しく検証はしていませんが、偉大な哲学者や発明家がいたという昔の大陸文化と今の中国とは、大分ギャップを私も感じるのです。
2014/02/03(月) 15:20 | URL | hiroyuki #-[ 編集]
No title
連投で申し訳ございません。
もう、すでにご存知でしょうが、聞き捨てならぬ、いえ、見捨てならぬ記事を拝見しましたので貼らせて頂きます。
舛添陣営の選挙妨害です。

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/

自民党公認というだけで安易に信じ、票を入れる方もおいでになると思います。
しかし、自民党の中にもいろいろいます。

一番大切なのは、自分の、そして東京都、ひいては日本の将来を任せられる人か、つまりはその人の人間性の見極めが求められている、そのように思います。

こんなに胃が痛くなるような選挙は、日本の将来がかかった選挙(安倍政権誕生)以来です。


2014/02/03(月) 13:19 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
世界平和を完遂出来るのは日本精神だけ
東洋においては、歴代支那王朝の強大な武力によって、弱い近隣属国に朝貢させていたのが清国滅亡まで続いた。一方欧米列強は、地球上の未開の地(先住民の意思にはお構い無く)を所有したいが為に、我先に強盗のように荒らしまくって所有権を主張した。どちらの思想も覇道で支配しようとする国家哲学である。近代に入り、共産思想が跋扈してきて、世界に災厄を招いてきた。天皇を頂く我が日本と日本民族は真に世界平和を願う王道政治で政を治めてきたもので、大雑把にいえばその他の国家観とは真逆の国だと思います。世界からみると特異な国家の日本ではあるが、「日本精神」が世界を救う唯一の思想だと信じています。
2014/02/03(月) 12:58 | URL | ひげ親父 #-[ 編集]
No title
恐ろしいことです。

しかし、戦後骨抜きにされてしまったことを嘆いているヒマはありません。とにかく国内に敵が多すぎます。
今回の都知事選ではどれだけ権力の中枢が中韓の支配を受けているのか、誰が反日なのかがくっきりと表れた選挙となりました。

でも今回の選挙演説、応援演説で捏造自虐史を暴き堂々と正しい歴史を声高く言う人が現れようとは夢にも思っていませんでした。やっと声に出せる時期が来たのかと思うと応援せずにはいられません。

この選挙の構図を見れば見るほど、日本はここまで重病だったのかと再認識させられました。
ならば、どうすれば良いのか?を考える毎日です。

もう1mmでも反日に対して譲歩はしたくないのです。
中韓によって反日侮日輸出が加速して行く中、また日本国内の反日勢力の抵抗に対して、どのようにしていかねばならないのか?   
都知事選で田母神氏勝利がこの突破口を開いてくれることを祈ります。
2014/02/03(月) 12:19 | URL | なびさん #gxunOSLE[ 編集]
No title
>本格的な日本そのものの立て直しが不可欠だと思います<

日本立て直しの為にも今回の都知事選は何としても田母神氏に当選していただかないと、日本立て直しどころか、日本崩壊に繫がりかねません。

老若男女を問わず、ねずさんのブログにおいでになられる皆さん多くいらっしゃいます。
コメント欄拝見していてこの頃思うのですが、お若い女性の方々の投稿が目につくようになりました、例えば大和君のお母さん、そして~ママとかです。

嬉しく思うのは、若いお母さん達が政治に興味をお持ちになり、国を憂い、真剣に考えておられる大和撫子が増えているということです。
同じ女性として心強く感じます。

今回の都知事選、女性陣のパワーをもって、田母神東京都知事誕生を目指しましょう。
残された日数は限られています、最後まで頑張りましょうね!

2014/02/03(月) 11:23 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子

http://tanakataisyou.seesaa.net/article/140952880.html
2014/02/03(月) 10:24 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
2014/02/03(月) 09:32 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
日本やドイツが「常任理事国」になりたい理由がよくわかりました。アメリカですら敵に回りそうな昨今、支那と戦うことはイラクのように「多国籍軍」を相手に戦うことになるのですね。「日本精神復活」はいまでも間に合いますかね。
2014/02/03(月) 08:58 | URL | ひーちゃん #-[ 編集]
ありがとうございました。
いままで同様の話を聞いたことはありましたが、日本人の感覚では理解できませんでした。
しかし支那人の考え方や歴史を踏まえて教えて頂くと、いま日本が置かれる危険な状況が飲み込めました。
大変分かり易いご説明ありがとうございました。
これからもいろいろ大切な事を教えてください。よろしくお願い致します。
2014/02/03(月) 08:12 | URL | じょあ #-[ 編集]
No title
田母神俊雄さん千載一遇のチャンスです
http://tanakasizuichi.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-7431.html

田母神俊雄さん外国人参政権という土俵に敵を引きずりだしてください
http://tanakasizuichi.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-3021.html
2014/02/03(月) 08:02 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク