アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


君ありて我れ幸せなりし

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
↓ご注文は書店さんで↓
■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
■ISBN-13: 978-4434184727

■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

チャンネル桜の防人の道に、昨日出演させていただきました。
建国の心を伝える[桜H26/2/10]


林少尉
林少尉


日心会中部ブロックのHPから、ひとつの記事をご紹介します。

=========
いよいよ今日出撃する。この期に及んで何も言うことなし。よく尽くしてくれたお前の心を大切に持って行く。君ありて我れ幸せなりし。
http://d.hatena.ne.jp/nissinnkaicyubu/touch/20140206

2月1日、とある老人ホームに行ってきた。自分と紹介者、そして岩井鉞男さんと3人だ。
岩井さんは前にもふれたが戦没者遺族の方で、長男はコロンバンガラ島で戦死、二男は特攻隊へ志願し知覧から飛び立った。その弟さんでもう80歳を超えている。まだまだお元気で車の運転やトラクターなど乗って野菜などを作っておられる。

今回は94歳の女性に会うために一緒に来ていただいた。女性の名は「小栗楓子(ふうこ)」さん、戦没者遺族ではない。遺族ではないということは妻ではない。実は第105振武隊隊長の林義則大尉(最終階級)の婚約者、つまり許嫁である。
しかし知る人ぞ知る方で、知覧の慰霊祭では
「亡き人の今はの際の足跡を 遺し給ひし知覧恋しく」
という有名な詩を詠んでいる。

行き先の老人ホームは小奇麗で、デイサービスの方たちがお年寄りを集め何やら運動を楽しくやっていた。その光景を尻目にとある部屋に向かった。
部屋は小さいが1人暮らしにはちょうど良さそうで、ちょこんとお年を召した女性が座っていた。彼女が小栗楓子さんである。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


昔は何度も岩井さんと共に知覧へ戦没者慰霊に行っていた。しかし高齢もありもう何年も知覧へは行ってない。老人ホームに入って4年だそうだ。最初は同行者の方のことも覚えていなかったし、岩井さんのことも忘れていた。しかし同行者の方が持ってきた写真を見て少しづつ記憶が戻っていった。

「ここに入って4年。お年寄りばかりですけど皆戦争の話はしないのです。私も自分からは致しません。そのうち少しづつ当時を忘れていきました。でも義則さんのことだけは忘れたことはありません。」
かすれるような声でそう語り始めた。
耳が遠く、か細い声の為、彼女の著書「愛は終わり無く~沖縄の空に消えた人の御霊に捧ぐ~」を参考に話を伺った。

林少尉と楓子さんは同じ村で生まれた同級生である。小学校は同じだったし2,3,4年は同じクラスだったそうだ。しかし5年生のある日、林少尉は引っ越していった。
その後彼女は県立高校を出て役場に勤めた。今は高校卒業は当たり前かもしれないが、当時高校を卒業するなんて大変なことだったそうだ。
一方林少尉は教師を目指していた。今の筑波大で農業を先行し、秋田県で教員になった。ところが直後に招集令状を受けた。

昭和19年3月、彼女が戸籍係りとして働いていた役場に林少尉がやってきた。戦闘機の訓練を受けるために満州へ行くことになり挨拶に来たそうだ。当時は出征が決まると役場に声をかけるのが慣わしだったそうだ。12~3年ぶりの再会である。
久しぶりに見る林少尉はすっかり軍人の威風を備えていた。助役との会話に聞き耳をたてていた彼女は「戦闘機」という言葉を何度か聞いたそうだ。そしてものの2~30分して帰るという。楓子さんは役場の玄関へ見送りにでた。すると、
「結婚はどうなの」
林少尉が囁くように訪ねた。
「まだです」
そう答え、思いついた短歌を書いた紙を渡した。

 大空を御楯と翔ける雄姿にも
 いとけなき日の面影残る

そう書かれた紙を受け取ると読まずにポケットにしまい「じゃあ」と言った瞬間、二人の目と目があった。ほんの一瞬だったそうだ。にっこりとした笑顔だった。そしてバス停に走って行った。
「ああ、もうこの人は帰ってこないんだ」
バス停に走る後姿を見送り楓子さんはそう感じたそうだ。

そしてその直感は的中する。

約2日後ぐらいに楓子さんに電報が届いた。
ワレトニツクキミサチアレヨシノリ(我 途につく 君 幸あれ 義則)
この電報をきっかけに2人の文通が始まる。期間は林少尉が出撃するまでの1年間である。

数日後には軍事郵便の絵葉書が届いた。内容は「郷土を立つ前に君に逢うとは思いがけぬことであった。」と書いていた。それから立て続けに3通の葉書が届き、軍人調な文面で日記のようだったそうだ。
その後手紙は毎日届くこともあり、また2,3日おきか1週間後とか、頻繁にやりとりを交わす間柄となった。

ある日、封筒の便りが届いた。中には戦友と一緒に神社前で撮った1枚の写真が同封されていた。楓子さんは無性に林少尉の居場所が知りたくなり写真を隅々まで眺めると、神社の鳥居に「白城子神社」の文字を見つけた。彼女は満州事変で陸軍大尉が殺された場所が白城子であることを思い出し、地図を広げ探した。場所を見つけるとほっと安堵したそうだ。
この郵便を機に手紙が来るたびに地図を広げ林少尉の居場所を確認するようになった。手紙が来るたびに地図とにらめっこし、彼の居場所を追いかけた。楓子さんは彼のそばにいつも居る感覚になり幸せだったそうだ。だがまだこの時は自分の恋心に気が付いていなかった。

しかし満州から帰国した林少尉の戦友からの手紙が気づかせてくれた。内容は近況の他に「戦場の男子とて烈しい恋に身を焼くこともありましょう。太く短く生きようとしている彼らに、願わくば優しき大和撫子の御心もて、その恋を全うさせてやって下さらんことを願います。」とあった。

楓子さんは心打たれた。そして同時に彼が少尉になっていたことを知ったという。

それ以来、楓子さんは彼の身を心配するばかりであった。
ある日、彼が着陸の際に霧が深くて電線に翼を引っ掛けて大破したという内容の手紙が届いた。眼帯をした写真を見て、失明すれば彼がどんなに落胆するだろう、そして同時に失明して帰ってきてほしいという気持ちが交差したそうだ。
楓子さんには彼に死が近づいているように感じた。すぐに返事を書きその身を心配した。手紙は便箋5枚ほど、余白と裏面びっしりと想いを書きつぶした。

「死なないでください。死んではいやです。」

悲痛の叫びを文字にした。現在のように交通の便が良いわけもなく電話ですぐ連絡できる時代ではない。飛んで行って抱きつきたい気持ちを抑え耐えるしかない。そんな時代だったのだ。

「君の悲願で塗りつぶされた手紙入手。只、暗涙を飲むばかり。然し任務は遂行せねばならぬ。許せ。」

との返事が来た。楓子さんは涙が止まらなかったそうだ。

2人は手紙だけでなく、すでに心も交わしていた。
今のように気持ちをそのまま言えることもなく、恥じらいがあった時代だ。しかし交わした数ある手紙の中には、
「落し者を拾い当てた気持ちである。」
「学校で逢いし時、君、姉の如く。今軍に入りて、君、妹の如く思ほゆるも我ながらおかし。」
と楓子さんを愛おしく思っている。そして、
「何通かの手紙をやりとりして、心打たれるものがあり、今は心に決めたので両親にも手紙を出しておいた。今は内地へ帰る余裕はないので、日時を定めてお互いに身を清め、神社に詣でることにしよう。」
と、楓子さんを妻に迎える決心をしている。楓子さんは嬉しい反面、どうして良いのか分からなかったらしい。なにせ手紙のやり取りだけで交際期間もないのだ。戸惑っていると次の手紙が届いた。
「遠く離れているために意思の疎通を欠き、早合点から迷惑をかけた。全便のこと全て取り消し。誠に恥じ入る。」

楓子さんは別れの手紙が来てしまったと感じた。
このままでは後悔すると思い、自分の胸の内を書いた手紙を出した。すると今度は返事が来ない。楓子さんは焦って仕事も手につかないほどだった。実は林少尉は転進しており届くのに時間がかかったのだ。
テガミハイケンバンジリョウカイ(手紙拝見 万事了解)
と電報が届き、続いて、
「廻り廻って届いたこの手紙、長い旅をしてやっと我が懐に君が飛び込んでくれた様なものだ。それにしても俺の気持ちを良く理解している。自分たちの心を大切にして無理をしないで、自然に従おう。」
という手紙が来た。このやり取りでお互いの気持ちを確認し合っているのだ。

さらにある手紙では、
「雛を連れて一回りするとさすがに疲れる。そんな時お前の便り見るといっぺんに疲れもどこへやら。そしてしみじみ思う。ワイフと言うものは有り難いものだなぁ、と」
雛とは未熟な訓練兵を指す。雛への指導で疲れても楓子さんが疲れを癒してくれている。そして「ワイフ」の意味するところは妻である。この時既に2人は一緒になっていたのだ。
楓子さんにとって林少尉は将来を誓った夫であり、また林少尉も楓子さんが生きる支え、戦う意義となっていた。

しかし戦局は日に日に悪くなっていった。
「戦局はいよいよ厳しくなっている。覚悟新たにされたし。」
と手紙が届く。さらに昭和20年2月、初めて手紙に「特攻隊」の文字が書かれていた。
楓子さんも覚悟はしていた。しかし気が動転したのは言うまでもない。いよいよという時が近づいたのだ。

昭和20年3月、林少尉は特攻隊隊長に抜擢される。兵を率いる部隊長である以上、生きては帰れまい。
同年4月、第105振武隊と名称を改称。
同月22日、97式戦闘機で少年飛行兵と計6名で知覧から出撃。沖縄西方洋上に立ちはだかる敵艦隊に向け猛特攻、その命を散らせた。

最後の葉書は4月に届いた。
「いよいよ今日出撃する。この期に及んで何も言うことなし。よく尽くしてくれたお前の心を大切に持って行く。君ありて我れ幸せなりし。体を大切にして平和に暮らしてくれることを祈る。では。」
楓子さんはもうこれで最後と覚悟した。

それでもどこかの島に不時着してないか、どこかで捕虜となっていないかと生きていることへの望みを捨てなかった。しかしほぼ毎日と言っていい程届いていた手紙は以後届くことはなかった。


半年後、職場にて悲しみを引きずる楓子さんは上司から仕事の書類を受け取った。楓子さんはその書類を見て全身が震えた。彼女の仕事は戸籍係である。その仕事内容は戸籍末梢の朱線を引くことであり、書類の名前欄に「林義則」とあった。

なんという運命だろう。残酷とも言うべきか。楓子さんは婚約者の戸籍を抹消することで死に水を取ったのだ。

昭和21年、遺骨が遺族の元に帰ってきた。といっても白い木箱の中には何も入ってはいない。林少尉の自宅に安置された木箱の前で楓子さんは「おかえりなさい。」と両手をついた。
思えば13年前、役場に顔を出した林少尉と一瞬目が合ったのを最後に写真以外に姿を見ていないし声も聞いてはいない。たった1年間の文通のみである。その間、お互いの気持ちは愛し合い、将来をも誓った。
楓子さんはこみ上げる気持ちを抑えつつも木箱の前で顔が上げられなかった。葬式では誘われたが遺族席には座らなかった。婚約はしたが籍を入れて無いために遠慮して近所の人達の参列の後ろに加わった。どんな心境だったのだろう。

楓子さんの部屋には幾つかの写真が飾られている。いずれも林大尉の写真だ。
子犬を抱いている写真がある。基地に迷いこんだ子犬を「コロ」と名付け出撃まで可愛がったそうだ。

直筆で書いたペスタロッチの言葉もある。「生活は陶冶する」である。陶冶とは人間形成を指す古い言葉である。その人の生活環境が人格を磨き自分自身を作るという意味だ。林大尉の生活の重きは軍にある。彼は軍人として生き、隊長となり国防に命を捧げたのだ。
しかし平和な世の中なら楓子さんの夫として生活し、よき家族を築けたに違いない。
またペスタロッチは小学校の基礎を築いた人物である。そう、林大尉は教師を目指していた。
彼は教育者になれなかったと思うだろうか?

とんでもない!彼は国防とはどういうものか、友人、家族、そして愛する人の為に未来を残そうとその身をもって我々に教えてくれたのだ。わざと故障といって不時着して帰国、結婚する道もあったかもしれない。しかしその選択肢は帝国軍人には無かったのだ。まさに大和魂、軍人魂が陶冶していたのだ。

しかし残された者には悲しみが積もる。楓子さんには林大尉が全てだった。
1年間の文通の手紙も伊勢湾台風によって風に飛ばされた。だが想いは日に日に強くなる。
あの日一瞬目と目が合った、あの一瞬が永遠になったのだ。

帰り際、足が悪いのに見送りに立ち上がろうとして手を貸したとき、
「私が死んだら巡霊となって義則さんを捜します。義則さんを捜します。」
と言って泣き出した。もう94歳、戦後1度結婚をしているがすぐに離婚。身寄りもない。
そして70年近く林大尉のことを想い続けている。自分も胸が熱くなり言葉が見つからなかった。

小栗楓子さんと
小栗楓子さんと


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
No title
荒れた成人式の正体!!!在日朝鮮人とマスコミはグルですよwwww

http://ameblo.jp/syouyuya8/entry-11770181764.html


なぜこのように在日朝鮮人らが日本の成人式に乱入したり、
爆竹を鳴らして怖がらせたり、妨害をするのか?
そしてマスコミもグルになってこの様子をおもしろおかしく報道をする、
それは「何もそこまでして成人式を開催する必要があるのか」
という風潮をつくり、伝統的な日本の成人の門出を祝う
「成人式」を無くしてしまおうという意図があるからです。
このような妨害行為に対して市の職員の方々や警察官は
体を張って式典の進行を守ってくれています。
一生に一度しかない大切な成人式。
他国の卑しい民族の妨害を許してはなりません。
2014/02/14(金) 16:59 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
久し振りに涙を堪えるのが大変でした。
こんな小さな女性が、とても優しくて大きく見えます。
2014/02/13(木) 23:21 | URL | 山田 #NCcnZXFM[ 編集]
感想を一言
胸が熱くなりました。
なかなかよい言葉が浮かびません。一句詠むこも出来ない自分が悲しいです。今年のカレンダーは、短歌の記載されている物にしてみましたが、まったくどうにも・・・
昔の方は、とっさに一句詠めるほどだった事が、羨ましいです。
特攻隊にまつわる話、遺書などは、世に出回るたくさんの書籍での現代人の適当な解釈を一蹴してくれるので、とても好きです。
2014/02/13(木) 23:15 | URL | かけだしの保守 #-[ 編集]
「影の銀行」デフォルトか、中国49億円分償還されず
「影の銀行」デフォルトか、中国49億円分償還されず
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140213/chn14021300250000-n1.htm

【関連情報】
中国のマネー流出加速 経済と政局に衝撃 
( http://jp.ntdtv.com/news/2894/中国のマネー流出加速+経済と政局に衝撃 )
(動画)
サブプライムローンの支那朝鮮版、リーマンショックで
は世界経済に激震が走ったが、今回の支那朝鮮版の
経済危機は関連情報でも判る様に当事者が共産党経
済を信用していないので自作自演の財政破綻である。
 日本では反日売国テレビ局・マスコミの支那朝鮮を
賞賛する騙しの手口に注意しよう。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2014/02/13(木) 22:00 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
特攻隊の話は、いつ読んでも涙が出そうになります。
出撃する飛行機の搭乗員、見送る整備士達、それを後に知らされる方、どの人も辛かっただろうと思います。
今の時代なら、特攻隊などしなければ良かったとか、無駄死にとか、言う人もいますが、あの時代でも他により良い作戦があるならば、そうしただろうと思います。でも、資源、工業力と兵員を考えるとき、それ以上の作戦はなかったのでしょう。
仕方はなかったけれど、みんな辛かったでしょうとしか言えません。



冬のオリンピックニュースを見ていますと、有力な選手には報道員が恒に付きまとっているように思えます。そして毎日、調子を聞いてメダルは何の色と聞いています。聞かれたら、金と答えるしかないでしょう。
選手は、そうでなくても日本の旗を背負っているのに、そこでますますプレッシャーをかけられます。
経験を積んだ大人ならともかく、未成年の選手にべったり張り付いての取材は、回数時間を制限できないのでしょうか?
高梨沙羅さんが可哀想で・・・・・見ていられない。まだ高校生なのに、うまく出来なかったと言っても、試合後に喋らされるのは酷だと思いました。
気持ちが落ち着いて、一息ついたら、次のオリンピック(今の調子で開催できるのか、疑問ですけれど)に向けて、頑張っていただきたいと思います。



村山元首相が乱心です。
韓国でいわゆる従軍慰安婦に謝罪し、安倍首相が侵略という定義は国際的に定まっていないと述べたことに関連して遺憾の意を表明し、さらに村山談話を否認する閣僚は辞めるべきだそうです。
元首相がここまで話されるのならば、十分な資料を基に結論を出されているのでしょう。
それならば、その十分な資料と共に国会の証人喚問で、日本維新の会の中山成彬議員の質問に答えていただきたいものです。
前例がないというのは通用しません。
証人喚問や参考人の制度があるのは、これを実施可能にするために設けられた制度なのです。
少し前例としては不適当ですが、隣の国では大統領を辞めた方が順番に裁判所で訴追され、有罪になっている方もいるのです。たかが、証人喚問位で前例がないなどと、細かいことは言いません。
村山元首相は、隣国で謝罪したところ、謝罪も補償も足りないと非難されました。
その汚名をそそぐためにも、日本で十分な資料に沿って説明されるべきだと思います。
2014/02/13(木) 21:47 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
海水からリチウムの抽出に成功、日本の原子力研究機関が世界初

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1402/12/news036.html
2014/02/13(木) 21:43 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
日本が特攻隊員の遺書を世界記憶遺産に登録しようとしているだと?
本当か、嘘だか分りませんが、以下のような情報を入手しました。とんでもないことです。どこのだれがそのようなバカげたことを発案しなのでしょうか?

>7日、英紙・タイムズによると、日本が特攻隊員の遺書などを世界記憶遺産に登録しようとしていることについて、中国は「申請を拒絶すべき」とユネスコに求めている。・・・・

そして更に、>中国の官製メディア・新華社は、日本のこの申請を拒否するようユネスコに求めている。新華社は「神風特攻隊は日本の軍国主義が生んだ人肉爆弾であり、敗色が濃くなった戦局下で行った最後のあがきだ」と指摘。同時に「神風特攻隊を美化することは、事実上侵略戦争を美化することだ」と主張している・・・・と言うのです。

この話が事実だとすれば私は大反対です。神風特攻隊に関しては相手国の米国も、特ア三国を除くアジア諸国の人々も、その崇高なる武士道精神に尊崇の念を抱いていることは事実です。それを日本が自分自身を、または我が子を自慢するかのように、世界記憶遺産に申請しようなどというのは馬鹿げています。

もっといえば、恥知らずな行為と言うべきだと思います。国内の似非文化人たちや、特ア三国の連中が反対するのは、目に見えていますし、そのような事をしなくても、真の日本人の心の奥深くその思いを抱き続けて、英霊たちに感謝と、慰霊の念を捧げていくことが大事だと思っています。

それが日本人本来の奥ゆかしい心情でしょう。戦後派の人々は特攻隊員の遺書に感動して世界に、この遺書を知らしめるべきだと考えたのかもしれませんが、そんなことをすれば逆に自分のことを自慢するのかと言って、世界の笑い物になると思っています。とにかく大反対です。
2014/02/13(木) 18:25 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
穴沢少尉の遺書とともに涙を抑えきれない実話ですね。彼ら二人の特攻隊員の人生は映画化されて欲しい。
2014/02/13(木) 17:59 | URL | 白神 美里 #-[ 編集]
昭和維新の歌
昭和維新の歌(青年日本の歌)
http://www.youtube.com/watch?v=3HI-Xelr4uU

作詞・作曲:三上 卓

一、
汨羅(べきら)の渕に波騒ぎ
巫山(ふざん)の雲は乱れ飛ぶ
混濁(こんだく)の世に我れ立てば
義憤に燃えて血潮湧く

二、
権門(けんもん)上(かみ)に傲(おご)れども
国を憂うる誠なし
財閥富を誇れども
社稷(しゃしょく)を思う心なし

三、
ああ人栄え国亡ぶ
盲(めしい)たる民世に踊る
治乱興亡夢に似て
世は一局の碁なりけり

四、
昭和維新の春の空
正義に結ぶ丈夫(ますらお)が
胸裡(きょうり)百万兵足りて
散るや万朶(ばんだ)の桜花

五、
古びし死骸(むくろ)乗り越えて
雲漂揺(ひょうよう)の身は一つ
国を憂いて立つからは
丈夫の歌なからめや

六、
天の怒りか地の声か
そもただならぬ響あり
民永劫(えいごう)の眠りより
醒めよ日本の朝ぼらけ

七、
見よ九天の雲は垂れ
四海の水は雄叫(おたけ)びて
革新の機(とき)到りぬと
吹くや日本の夕嵐

八、
ああうらぶれし天地(あめつち)の
迷いの道を人はゆく
栄華を誇る塵の世に
誰(た)が高楼の眺めぞや

九、
功名何ぞ夢の跡
消えざるものはただ誠
人生意気に感じては
成否を誰かあげつらう

十、
やめよ離騒(りそう)の一悲曲
悲歌慷慨(こうがい)の日は去りぬ
われらが剣(つるぎ)今こそは
廓清(かくせい)の血に躍るかな


 ……作詞者の三上卓は海軍少尉で、昭和5年5月 24才の時佐世保でこの歌を発表した。
以来、昭和7年の5.15事件、昭和11年の2.26事件に連座した青年将校などが歌い継いだ。
2014/02/13(木) 17:54 | URL | 通りがけ #yqjYY7po[ 編集]
No title
ありがとうございました。偉大なる先人の方々に感謝いたします。
2014/02/13(木) 15:02 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
No title
今月のニュースです。


中国人移民急増に懸念、カナダが移民受け入れ基準を厳格化へ―中国メディア

http://news.livedoor.com/article/detail/8526826/
2014/02/13(木) 10:17 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
ただご祖先に感謝を捧げる
何も言葉がありません。
ただただ、日本人に生まれてよかった。
それだけです。
全てのご先祖に  m(__)m
2014/02/13(木) 09:28 | URL | kuni #-[ 編集]
No title
コリアン(朝鮮民族)と距離を置くほど、日本の国運が良くなる。

・日清戦争、日露戦争と明治時代は国運隆昌。
・大韓帝国を併合した後に関東大震災、敗戦。
・朝鮮半島を切り離した戦後は高度経済成長。
・1991年11月1日から韓国籍・北朝鮮籍コリアンに特別永住資格を与えたが、平成不況に突入。(特別永住資格は他の外国籍外国人に対する差別でもある)
2014/02/13(木) 09:14 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
(マレーシア ガザリー・シャフェ外相)

「とくに私(ガザリー・シャフェ外相)が惜しいと思うのは、日本くらいアジアのために尽くした国はないのに、それを日本の政治家が否定することだ、責任感をもった政治家だったら、次のように言うだろう。

『その頃、アジア諸国はほとんど欧米の植民地になっていて、独立国はないに等しかった。

日本軍は、その欧米の勢力を追い払ったのだ。

それに対して、ゲリラやテロで歯向かってきたら、治安を守るために弾圧するのは当然でないか。

諸君らは何十年何百年にわたって彼らからどんなひどい仕打ちを受けたか忘れたのか?

日本軍が進撃した時にはあんなに歓呼して迎えながら、負けたら自分のことは棚に上げて責任をすべて日本にかぶせてしまう。

そのアジア人のことなかれ主義が、欧米の植民地から脱却できなかった原因ではないか。』」
 
 

(インドネシア サンバス長官)

「日本の戦争目的は植民地主義の打倒であった。
その目的の大半は達成したが、南アフリカ、アジアにまだ残っている。
そんな時に行った村山演説は、植民地主義打倒の悲願を放棄したことになる。

村山さんは日本の果たしてきた歴史を踏まえ、A・A(アジア・アフリカ)の悲願を代表して、まだ残る植民地主義を攻撃すべきであった。

かつての日本は、スカルノ、ハッタ、バー・モウ(アウンサン)、ラウレル、アキノ、汪兆銘、チャンドラ・ボース等を応援したのに、たった一度の敗戦で大切な目的を忘れてしまったのは遺憾である」
2014/02/13(木) 08:18 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク