アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


世界は国家でできている

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
↓ご注文は書店さんで↓
■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
■ISBN-13: 978-4434184727

■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

世界地図0216


齋藤武夫先生は、長い間小学校の教員をされ、最後の2年は中学校でも歴史を教えておいでだった先生です。
現在も定年後の再就職で教えています。
その斎藤先生が、ご自身のブログ「小6・中学社会 学校でまなびたい歴史」を書いておられます。
今日は、そのブログから一文を引用させていただきます。

=========
http://aokihumu.blog69.fc2.com

さて、世界は国家でできているという話から始めました。

国家と国家のトラブルが起きる。
 ↓
A 交渉(話し合い)で解決する。
 ↓
B 戦争(武力)で解決する。勝ったほうが有利に解決して、講和条約が結ばれ、トラブルは終わる。

となります。ほかに方法はありません。

例を挙げます。


=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


1 いま尖閣を中国がとろうとしています。でもこれは日本領土で実際日本が支配しているのでトラブルになりません。でも中国が本気で取りに来ればBに行くでしょう。覚悟しましょう。

2 いま竹島は日本領土ですが、韓国に武力で支配されてしまっています(侵略です)。日本は国際司法裁判所で話し合おうとよびかけていますが無視されています。日本がどうしても取り返さなければならないと思ったら、戦争しかありません。日本は戦争がいやなのでそのままにしています。

3 いま、多くの日本人が北朝鮮に強制連行(拉致)されています。話し合いで5人帰ってきましたが、まだ100人以上残っています。日本がどうしても取り返そうと思ったら、最後はやはり戦争しかありません。日本は戦争がいやなので、拉致された日本人は政府と日本国民にそのままにされています。

もしアメリカだったら、自国の領土をとられっぱなしにはしませんし、国民がひどいめにあっているのをほったらかしたりしません。
すぐ戦争で解決します。
こういうところは、いまも世界は弱肉強食で動いています。
========

実に本質をついておられると思います。

尖閣を支那が盗ろうとしているけれど、戦争にならないのは、日本がガマンしているからです。
竹島を韓国が武力占領していますが戦争にならないのは、日本がガマンしているからです。
北朝鮮による拉致被害があっても戦争にならないのは、日本がガマンしているからです。

実は、戦前も同じでした。
戦前の日本の大陸への軍の派遣は、そもそも義和団事件後の条約に基づいて世界11カ国が支那に軍を派遣し、その中の派遣国家ひとつとして、日本も軍を派遣したというものです。

これはいまで言ったら、無政府状態となっているソマリアへの国連軍の派遣や、内戦状態にあったカンボジアへの国連からの兵の派遣、あるいはイラクでの戦後処理のための派兵と同じ種類のものです。

ところが、欧米の諸外国と日本では、一点、大きな違いがありました。
何かというと、当時の支那には、大量の朝鮮人労働者がいた、という事実です。

当時の朝鮮半島は、日本統治領です。
ですから朝鮮人も、「@日本人」です。
その日本人である朝鮮人が、大陸に、うようよといたのです。

もともと大陸は、国境を越えて陸続きです。
いまでも、たとえば東京や大阪には、地方の出身の方が数多く移住してきていますが、これと同様に、支那や満洲内部に、朝鮮人たちが職を求めて、大量に入り込んでいたわけです。

もちろん日本人労働者や日本人の農民などもいましたが、数の上では、ごく少数です。
人数構成からしたら、日本人1に対し、朝鮮人は10以上の割合でした。
そしてこの朝鮮人たちが、日本語の話せない日本人となって、支那、満洲に大量にいたのです。

問題は、彼らの行状です。
都合の良いときは、朝鮮人となり、都合によっては「@日本人」となる。
もともと清王朝時代には、朝鮮族は支那社会的において、漢族や満州族よりも、はるか下位に置かれていた人々でした。

ところが日韓併合がおこって、彼らが「@日本人」となり、当時の日本はロシアを破った世界の最強国のひとつですから、いきなり彼らの立場は、漢族や満州族の上位となったわけです。

もともと日本人というのは、上に立って驕らず、下にいて恥じずというくらいで、秩序維持の上からの上下関係は大切にしますが、人としては対等だという意識の強い民族です。
ところが、朝鮮族の場合、そうした対等観がなく、もっぱら上下関係しか理解しません。
そして、上に立てば、下の者に対しては、いかなる暴虐も許され、下の者たちの財産も名誉も、女たちも、すべて自分の物と考えるのが、彼らのアイデンティティです。

そういう連中が、実は、支那や朝鮮のあちこちで問題を起こしました。
よその家の作物や家畜を勝手に泥棒してきて食べてしまうのはあたりまえ。
それどころか、他人の家に入り込んで、その家の娘や女房を強姦する、殺人する。

支那人や満洲人たちが、いわば被害者同盟の自警団をつくって朝鮮人狩りをすると、その朝鮮人たちは、支那人や満洲人たちにイジメられたと、日本軍の施設に保護を求めて逃げ込むわけです。
日本軍は強いから、そこに逃げ込まれたら、もはや民間では手も足も出ない。

保護した日本軍の日本人たちは、支那語も満州語もわからない。
その一方で、朝鮮語については、軍属や慰安婦に朝鮮人がいましたから、保護した朝鮮人の言い分だけは、通訳でちゃんとわかる。

朝鮮人にとって、嘘を言うことは生きる智慧だし、通訳を頼まれた朝鮮人にしても、朝鮮人社会のなかにおける報復が怖いから、本当は保護を求めて飛び込んで来た朝鮮人の方が悪いと知っていても、嘘の通訳をして、朝鮮人の側に立つ。

こういうことが、支那でも満洲でも、頻繁に繰り返されていたわけです。

こうしたことは、支那人社会や満洲人社会の中における大きなストレスとなります。
そこへ事態をさらに厄介にしていたのが、支那国民党と、支那共産党の対立です。
そして対立をあおり、紛争をあおりたてるのは、まさに共産党の得意とするところです。

結果として、支那、満洲における支那人、満洲人たちの怨嗟の声は、同じように大陸に派兵している欧米列強ではなく、日本に向けられることになりました。
このことは、実は、ベトナム戦争における韓国人兵士による強姦や殺戮行為によって、ベトナムの怨嗟の声が米国に向けられたことと、非常によく似ています。

ベトナム戦争では、小国の北ベトナムが、大国アメリカを破りました。
正義は、明らかに米国にあったものと思います。
なにせ北ベトナムは共産主義国なのです。
民衆のための戦いというのなら、南ベトナムや米国に正義はある。

加えて、経済力、軍事力は、南ベトナムと米国の連合軍の方が、格段に強かったのです。
良くて南ベトナムの勝利、悪くても引き分けで、朝鮮半島のように、南北に別れて休戦となるのが普通です。

ところが戦いの帰趨は、貧国である北ベトナムの圧倒的勝利となりました。
なぜなら、北ベトナムの兵士たちは、殺しても殺しても向かってきたからです。
なぜ北が強かったのか。
答えは、ナポレオンの強さにあります。
ナポレオンの兵士たちは、ひとりひとりが国家を背負って戦いました。

ベトナム戦争においては、兵士たちは、ひとりひとりが自分の家族の安全を護るため、あるいは家族の復讐のため、命を的にして戦わざるを得なかったのです。
当然です。
たった5万の朝鮮人兵士たちによって、10万人のライダハンが生まれるほど、強姦がなされたのです。

医学的なことはよくわかりませんが、強姦というのは、一度に多くの精子を胎内に受け入れるため、人体の防衛本能が働き、普通は妊娠しにくいものなのだそうです。
しかも、朝鮮人兵士たちは、強姦後の殺戮まで行っています。
それでいて10万人ものライダハンが産まれたということは、いったいどれほどの非道がそこで行われたのか、想像を絶します。

民族の傾向というものは、千年二千年経っても、そうそう変わるものではありません。
結局、東亜における様々な諸問題は、多くの場合、朝鮮人による非道が、そのきっかけとなっているといっても、決して過言ではないと思います。

戦前の日本は、五族共和を目指し、人種の差別をなくし、すべての民族が安定し安心して共存し、暮らせる社会を希求しました。
これはまさに大御心でもあったものです。

けれどそれが結果として通用しなかった背景には、朝鮮族の我儘が多大な影響を及ぼしたものといえます。

わたしたち日本は、いま、支那や朝鮮から、軍事的な圧力を受けています。
けれども、それが戦争になっていないのは、日本がひたすらにガマンし続けているからです。

しかし、戦前の日本は、そのガマンをしたばかりに、最後は戦争に突入するしかありませんでした。
もし戦前の日本に何か問題があったとするならば、それは実は、情報公開の不足にあったといえるかもしれません。

事実関係を、世界に晒し、日本民族の考え方、朝鮮族の非道、支那人の野蛮性などを、広く世界に向けて、普通に情報発信しているだけで、世界の世論は逆転し、状況は大きく変化した可能性があったのではないかと思うのです。

先日、建国記念日の記事で書きましたが、お隣の韓国の建国記念日は、年に2回もあります。
8月15日の「光復節」と、10月3日の「開天節」です。

「光復節」は、昭和20年(1945)年の終戦の日が、日本から解放された日です。
この日を境に、韓国は、て「光が回復した日」なのだそうです。

実際には、この日を境に、韓国は終戦時に日本から寄贈された21兆円もの半島内資産をなんら民生に活かすことなく、世界に類例のない暴力国、極貧国に陥りました。
そして半島内で北と南に別れて内戦をはじめ、国民の10人に1人が死傷するという、世界に類例のない悲惨なたいへんな戦い(朝鮮戦争)へと突入しました。
せっかくの日本から寄贈資産を、なんら活かすことができなかったどころか、そのお金をつかって半島内で人殺しをはじめてしまったのです。
そのそのどこがどう「光が回復した日」なのか「理由をあげて具体的に説明せよ」と試験問題に出したいくらいです。

「開天節」に至っては、物語そのものが捏造した建国伝説であるだけでなく、その内容が、白頭山に住む夫婦に対し、旦那を暴力で追い出し、その女房を人前の壇上で強姦したのが建国の英雄だという恥ずかしいものです。
しかもその女房というのが、熊のような女性だったというのですから、相手構わずです。
要するに、女性の人権をまるで無視するようなお話で、これが建国神話であって、国の祝いの日であり、天が開かれた日、すなわち「開天節」だというわけです。

そういうお話のどこがどう素晴らしいのか、これまた「理由をあげて具体的に説明せよ」と試験問題に出してみたいくらいですが、こうした「光復節」や「開天節」が、彼らの国にとって、彼ら民族にとっては、まさに国を愛し、民族の紐帯を築くアイデンティティなのです。

世界は民族を基本とする国家でできています。
そして民族ごとに、その持っているアイデンティティは、まるで異なります。
どんな人でも、民族でも、国家でも、良いときは良いのです。
良いときは、誰もが「いい人」であり、「良い国」です。

けれど、問題は、いざというときに、どういう態度をとるかです。
そして、その「いざというとき」の姿は、国や民族によって、実はまるで違います。

そういう違いがあることを、情報としてきちんと発信していく。
そういう情報発信に、「国として、ちゃんとお金を使う」。
そういう努力を、実は、何もしてこなかったのが、戦後の日本です。

情報発信は民間任せだと、なぜいけないのかは簡単です。
民間というのは、生きるためにカネが必要だからです。
そのカネのために、スポンサーの意向に従うことになります。
そしてスポンサーは、自己の欲得のためにのみ、お金を使います。
つまり、あらゆる情報は、特定少数の欲得のためにのみ、発信されるという結果を招いてしまうのです。

「利益ではなく、正しいことのためにお金をつかう。」
日本は、それをしないと、世界に飲み込まれてしまうのです。

世界は国家でできています。
世界国家などというのは、現実のいまの世界においては、タワゴトです。
世界国家、世界連邦などというのなら、その首都はどこにあるのでしょうか。
世界連邦の総裁は誰でしょうか。

わたしたちがわたしたちの国を護るための予算は、何も防衛予算だけではありません。
教育、文化、啓蒙、外交のすべての分野に及ぶものです。
いま、日本は、まさにその情報発信力が問われていると、思います。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
惨めな歴史を隠したい
韓国の歴史歪曲は、自国の建国の歴史まで、平気で捏造、変造している。韓国の独立は昭和23(1948)年8月15日で、米国の承認を得て李承晩が韓国の独立を宣言したとされているが、これは嘘である。李承晩が韓国の独立を宣言したのは昭和23年8月13日である。ところがあとになってから、李承晩はこれを8月15日に「変更」した。なぜかというと、8月15日だと、日本の終戦記念日と重なり、あたかも日本から韓国が独立したかのように「見える」からである。偽の独立記念日の名前を「光復節」としている。 この独立すら、米国の承認をほんとうにうけていたのかも怪しい。昭和23年9月7日には米国進駐軍がソウルに侵攻。このとき、米軍は統一朝鮮の象徴である太極旗をすべて降ろさせ、日の丸を掲揚している。米国、朝鮮人による朝鮮半島の独立を認めず、あえて日の丸を掲げさせることで、朝鮮半島を「日本の一部」として取り扱い、進駐を正当化したのである。
2014/03/07(金) 20:46 | URL | ほいほい #-[ 編集]
日本に必要なのは「除染」ではなく「除鮮」
「事実」を国の内外に情報発信しようとすれば、それを「差別」という言葉にすり替えて言論弾圧を行い、情報発信を阻止するのが「反日サヨク」の常套手段!
そしてこの「反日サヨク」の思想の源泉が日本の「政官財教報芸」の全てを支配している「在日朝鮮人」なのであるからして、がんじがらめでどうにもならない!
広島原爆の放射線率は福島原発の1,800万倍である!
福島の放射能汚染など何の問題も無いレベルであることは、広島、長崎の“その後”が証明している!
従って、先ずこの国に必要なのは「除染」などでは無く、徹底的に「除鮮」することである!
それ以外、他に道は無い!
2014/02/17(月) 17:46 | URL | 渡部“小”一 #-[ 編集]
No title
国内最古の貝器出土 南城サキタリ洞、旧石器初

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-219549-storytopic-1.html
2014/02/16(日) 21:34 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
太陽光発電の落とし穴
今日の新聞情報によると、平成24年7月から25年10月間の非住宅用太陽光発電設備の設備認定は2249万kwだそうです。そのうち、運転を始めたのは382万7千kwで残りはこれからです。

雪の多い北国は少ないと思われるので主に関東から西に多いと思われます。2249万kwと言えば、100万kwの原発22基分に相当します。今後更に増えていきます。これだけの太陽光発電が昼間電力を発生し、夜発電がゼロになれば対応が難しくなります。

昼間は原発22基分の電力を太陽光発電以外の発電を減らし、夜には同じ量の電力を供給しなければなりません。誰かが電力の供給システムをきちんと管理していないととんでもないことになります。

政府は分かっているのでしょうか。

2014/02/16(日) 20:12 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
アメリカのオバマ政権は、日米安全保障条約により尖閣諸島は守るとしていますが、そうするためには、日本の自衛隊が先ず前面に出ることが必要です。
覚悟が必要です。
もっともその前に、中国は日中の中間線に沿ってガス田を建設しますから、その東側に日本のガス田を建設して、日本の領土主権を主張する必要があると思います。ガス田は、日本単独資本が望ましいけれど、必要に応じてアメリカ資本との合同資本にすることも検討する余地があります。


竹島は、日本が非武装のあいだに韓国大統領が、どこの国も認めていなかった李承晩ラインを一方的に宣言し、武力占領されたのです。
日本の憲法は、被占領憲法でしかなく、自国の領土ですら守れなかったのです。
朝鮮戦争の停戦後、李承晩は日本に密入国した韓国人の送還を認めませんでした。その後、吉田首相によるアメリカへの韓国人送還の嘆願書も要望もかなえられませんでした。また、1965年の「在日韓国人の法的地位協定」と1991年の「日韓法的地位協定に基づく協議の結果に関する覚書」は、韓国人を帰国させるどころか日本への負担を大きくしたものです。この時代の自民党は何を考えていたのでしょうか、疑問です。
これらはすべて、戦後の自虐史観に基づく誤った歴史観による影響だとしか考えられません。
韓国は反日のための法律を、何本も通しています。日本が逆の要素を持つ法律を立案しても、差別だと思う人はいないと思います。


北朝鮮に、100人以上の日本人が拉致されています。言い換えますと、北朝鮮軍の正規軍が日本に上陸し、日本人を捕虜として拉致したのです。
これは、明確な侵略です。
許してはならないし、不幸にも拉致された日本人の方は、日本に送還させなければならないと思います
2014/02/16(日) 19:28 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
韓国とは国交断絶するべきでしょう。これ日本人としての総意として日本政府省庁にやらせねばなりません。

シナ、朝鮮との関係が無い時の日本はいかに安定していて平和であるのか。歴史を勉強していけば理解できると思います。

関係のない話に飛んでしまいますが、すでにお気付きの方たちもおられると思いますが外国資本による日本の水資源争奪の為の山林等の土地取得が目立ち始めているとの事。多くはシナ資本であるとのことです。

早急に外国資本による土地取得に制限を掛けなければなりませんが、安倍政権がこの法案を提出し審議したいと考えていたところあの馬鹿の集まり民主党が秘密情報保護法案との天秤にかけて結局提出と審議が出来なかったと産経記事にありました。
このような案件は日本国と日本国民の危機に対するものですから本来であれば超党派で即決して協力していくべきもの。
それをしないというのは民主党のような連中には政治を任せてはならないという事です。これは早急に法案審議と成立を図るべきものです。日本の敵は国内にもいます。
2014/02/16(日) 16:51 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
No title
韓国の「言いつけ外交」は民族的習性のせい?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140215-00000578-san-kr
2014/02/16(日) 16:20 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
歴史は繰り返す
私たちは、私たちと同じような姿をしていると、人だと思って接してしまいます。
人であれば、学習し 進化発展するものです。
しかし、500年かかっても水車も作れないなんてものを人と思えというほうが無理。
猿山の猿は餌付けをすれば、それなりにいうことを聞きますが、隙があれば悪さもする。盗む。すばしっこく。
恥とか、感謝とかは絶対にない。まして、恩なんて言葉を知らない。
やってもやっても、もっともっと。やらないと火病。

このブログも、日本の素晴らしさを説くブログではあるが、あまりの燐家の騒がしさを看過できず、汚穢な話もしなくてはならなくなった。
今や、連合国を巻き込んで、あるいは利用されて我が首相が歴史修正主義者呼ばわりされて、危険な状態になっている。
日本と中朝のいざこざ。ちょっかいを出すアメリカ。バカな米大統領。狡猾なソ連(スターリン)。シナの物凄いプロパガンダ。
何だか、今とそっくりな、先の大戦前。違うのは、日本に十分な武力がないこと。
しかし、今始まっている戦争は、プロパガンダ戦である。しかも、中身はすべて 嘘、捏造の爆薬。どこまで行っても嘘はウソ。必ず破綻する。
安倍首相を歴史修正主義者と言って罵るのも、正に嘘の歴史がバレルのが困るからである。
キリスト教も、嘘はだめなのです。最後の審判の時には、過去のすべての罪が白日の下にさらされ、罪人は地獄に落ちるのです。
審判を下すのは、神の国日本。世界国家の首都は日本の首都。元首は勿論我らが天皇陛下。
だから、日本神道に過敏な反応をするのでしょう。怖いのです。彼らの黒船以来日本に働いてきた、欺瞞に満ちた悪行の数々に、罰を与えられるのが。

日本が強くなれば、世界は平和になります。
そう信じて強くなりましょう。
中朝には、大きい声で倍返し。これしかないです。ちょっと苦手ですが。言わなくても解るのは日本だけ。
何しろ世界は夫婦が毎日「アイラブユウ」と言わねばならない奴らなんですから。


2014/02/16(日) 16:17 | URL | 古希のネトウヨ #-[ 編集]
No title
1991 年の日韓覚書問題-在日韓国人の”犯罪特権”

http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/69066521.html


在特会の活動が注目の集めたことで、在日韓国人の特権を否定する意見も聞かれますが、昨日の記事で述べたように、在日韓国人には、様々な法的な特権が認められています。

 1965年の日韓法的基地位協定では、在日1世と2世に限定して、強制退去について特権を与えています。退去強制事由は、内乱・外患の罪、国交・外交上の利益に係る罪及びこれに準ずる重大な犯罪に限定されており、この特権は、1991年の日韓覚書でも在日3世以下の子孫にも継承されました。この特権は、韓国籍の在日のみならず、法改正により、朝鮮籍の特別永住者にまで拡大されています。在日韓国・朝鮮人の犯罪率の高さや暴力団員に占める割合を考慮しますと、この特権付与は、日本国の治安悪化の主要因とも指摘されており、韓国人への配慮の結果、日本人が犠牲となる悪しき事例となっています。加えて、当覚書に基づいて、指紋押捺も免除されることになったのですから、在日韓国人犯罪を増長させる結果をも招いたのです。

 在日韓国人の大半は、韓国側が主張するような”強制連行”ではなく、自発的に日本国に職を求めて渡航した人、あるいは、密入国した人及びその子孫です。何れも自発性によるものなのですから、”償い”とばかりに特権を与える必要はありません(併合期間は35年に過ぎない…)。今日、在日韓国人特権は、マイナス面ばかりが表面化しておりますので、法改正により、”犯罪特権”を伴う特別永住の制度は廃止してもよいのではないかと思うのです。
2014/02/16(日) 16:02 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/16(日) 15:49 | | #[ 編集]
No title
実に今の日本の置かれる立場を、難しい事は抜きにして、しかも解かり易く鮮明に教授して頂き、ありがとうございました。

これが政治嫌い、いえ、政治=難しいと考えている多くのお花畑さん
(過去の私もそうでしたので、大きな事は言えません)に拡散できれば、これほど解かり易く読み解いて下さってるのですから、日本人であるならきっと解かるはずだと思います。

当時の日本の軍隊は「軍紀風紀の風が吹く」と言われたくらい世界に類を見ない厳しい物でした。
そこには日本建国以来の理念、八紘一宇、そして人間としていかにあるべきか、そして国家、国民を護る軍人とはを如実に現しています。

比べ、支那、韓国は国家が持つ理念、人間性が根本から違うのですから軍隊においても、日本と違うのは当たり前の事と思います。
これは百年経とうが千年経とうが変わり様がありません。

生活保護をポルシェに乗り受け取りに来る韓国人、生活保護で韓国に家を買った韓国女性、などなど・・・・。
記事の中にもありましたが、当時でも>都合のよいときは韓国人、都合が悪くなれば日本人< これを現在日本でも上手く使い分けているのが通名です。

もともと日本人には差別意識などありません、しかし区別はしないと物事が見えなくなってしまいます。
この区別をしない事で苦境に追い込まれているのが日本です、昔も今も変わりありませんね。

>情報発信に、「国として、ちゃんとお金を使う」。
そういう努力を、実は、何もしてこなかったのが、戦後の日本です。
いま、日本は、まさにその情報発信力が問われていると、思います。<

おっしゃる通りです、私達は無駄な税金を払う為に働いているのではありません。
私達の血税は日本国、日本国民の為に、ひいては八紘一宇の理念に基づき、世界平和の為に使われるべきだと思います。

2014/02/16(日) 13:54 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
優しさと甘さの違い
現状の日本が戦争に突入していないのは、諸外国と違い、良く言えば我慢強く、悪く言えば引っ込み思案、それに加えて、政府が対策しなくとも、我国の特性として国民が自分を捨ててでも国の為に何かをやらなければいけない、という想いを持っているからであり、その想いは今現在一時的に増えているとは言え、年々薄れていっており、このままではいずれ戦争、もしくは内戦などといった争いに発展することは少し考えれば推察できます。

上記は、良く言えば、良く見れば、です。いずれ決断しなければならない日が来るのは言うまでもない訳で、先送りにしているだけです。力を蓄える為であるならば解りますが、力が絶好調だった時期は過去に在った筈です。国民の意識も然り、年々衰退しており、今多少盛り返している様な感じです。

つまりは、今日本がやっている事は後手後手だという事が言えます。少なくとも我々保守層は気付いています。私は気付いて一年弱しか立っていませんが、どうすることが正しいのか、過去から色々と学べる筈です。

現在の燦々たる状況は、正しい情報が在ればどの国よりも正しい選択が出来るのに、情報不足と過度なやさしさ・甘さによってもたらされています。

そして上記の情報不足と過度なやさしさ・甘さを招いている要因は、いわゆる鎖国による長い平和下で、平和を維持する為に必要な厳しさを蔑ろにし、楽(欲)を優先させたからに他なりません。平和故に、これ位は良いだろう、この程度なら大丈夫だろう、という怠慢が生まれ、一部の武家の傲慢さと成り、それに対する反発が増し、それが堰を切ったのが明治維新であろうかと思います。

私達はこの事実から学ぶべきです。

平和下だからこそ、より一層厳しく、そして上に立つ者程こそ其れに従う必要が在るという事を。そうすれば上の者を支える下の者も、それに習い従い反発などしないし、意図的に反発すれば皆が「それはおかしい!間違ってる!」と叩く筈です。

現に天皇を叩いているのは洗脳された左翼や反日・売国の輩だけです。なぜなら天皇こそ、真の平和を解し上に立つ者、その者だからではないでしょうか。

当時の綻びが、怠慢からくるものだったのか、何かしらの意図が働いたのか、そこまでは解りませんが、世界は腹黒いのだから、より一層我国の道徳は改善する必要が在る筈です。いや、道徳だけではなく、それを維持できる仕組みも必要な筈です。手本は長らく続いた江戸の平和時以前ではないでしょうか。

これらを知ってか知らずか、ネットの工作等では、保守は頑固だとか、怖いだとか、言われます。こういう世迷言に惑わされてはいけません。例えそれで嫌われるなどしても、いずれは気付いてくれます。それが本当の優しさであり思いやりです。嫌われたくないからと中途半端に気を使っていたら、その人は一生気付かず、何らかの間違いを起こし、それを繰り返すでしょう。ここで解る事、それは一つ前の記事のスサノオとアマテラスオオミカミの話でも解る様に、やさしさではない、甘さは、人の為に成らない、ということではないでしょうか。

優しさと甘さは違うという事、それだけではなく、ありとあらゆる全てはそういう見方をしなくてはいけないのではないでしょうか。

もちろん現状の道徳観が損なわれた日本人に対する配慮は必要かと思います。その為にやれるだけの事はやるべきだと思います。

ですが、古来より我国では、同じ民族で在ろうが、ならぬものはならぬ、だった筈です。これはスサノオとアマテラスオオミカミの話からも学べる筈です。これを念頭に入れておかなければ、ここぞというときを見逃し、取り返しのつかない事態、もしくはイザという最良の時を逃し、余計に被害を被ることになる筈です。

甘さは(善)人の為に成らず、甘さは(悪)人の為に成る、念頭に入れておくべきです。
2014/02/16(日) 13:51 | URL | 愛国日本!反日撲滅! #-[ 編集]
朝鮮民族の常識は日本人には理解できない
思うに、朝鮮人にとって光復節は本来の姿になったという意味において、日本からの膨大な資産を効果的に利用することが出来ずに、統治前の汚らしい、惨めな国土になったというお祝いなんでしょうね。

彼らは地道に積み重ねて築くというよりは、一攫千金みたいな方を良い事と勘違いしているようですから。
だから意識が低いし、民度も高くなれない。

嘘を言うにしても、いかに自分が正しいかと嘘を他人に言いふらかすことによって他人を自分の見方にして、正しい人を断罪する方法をよく採ります。
決して自分が正しいからではない。
嘘を言って自分に利益があればそれが正し事と考えている民族のようである。

そう考えると、朴大統領の外交姿勢は民族の当たり前の態度を実行しているに過ぎないので、「何で文句言われることがあるの?いつもやってることでしょ?」って感じで非難しても朴大統領には理解できないのですね。

結論からすると、朝鮮民族とは関わると酷い目にあうということでしょうか。
2014/02/16(日) 13:30 | URL | shengxin #KtHUfmmA[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/16(日) 12:11 | | #[ 編集]
宣伝戦の大事さ
アメリカも、第二次大戦以前であれば圧倒的な武力で小国を踏み潰し、あとは戦勝国史観で我正義也とホルホルしてりゃ済んでたんでしょうが、
ベトナム戦争時は既にテレビの時代となっており、そう単純にはいきませんでした。
ヤラれてる弱い方が世界の同情を買い、逆に強ければ強いほど現地民間人の悲惨な様子が世界中のテレビで流れて悪者視され、
自由の国であればあるほど国内で反戦運動が高まり撤退せざるを得なくなる。(なのでベトナムで懲りたアメリカは、以降の戦争では報道規制する様になった)
同様に、第二次大戦時にアメリカ兵が日本軍捕虜を粗大ゴミの様に惨殺したり、空襲で日本の民間人が無差別大量虐殺されてる様子が
テレビで世界中、とりわけアメリカ人家庭のお茶の間にリアルタイムで流れてれば単純に我正義也とはなってなかった訳で。
上陸して内陸戦にでもなってたら尚更です。 
ベトナム戦争はまさに内陸戦で、しかも真珠湾みたく直接自分が殴られた復讐心がある訳でもなく、しかも相手はゲリラ(便衣兵)です。
タイトルは忘れましたが、昔渡部昇一さんが「日本は支那事変で既に経験したが、アメリカもベトナム戦を経験して初めて便衣兵の厄介さを痛感した事だろう」とか、
「日本も通州事件などのムゴたらしい被害者の死体写真を世界中にバラ撒いてれば、世界中が『チャイナけしからん!日本戦ってよし!』という風潮になって悪者扱いされずに済んだのに、
『死者の恥を晒すのは忍びない』とか言って伏せてしまったのが失敗だった」
みたいな事言ってましたが、まさにそう。 
昨日だったか愛国日本さんのコメに「日本人の長所である優しさ配慮が欠点になる事もある」みたいな話がありましたが、
支那事変時の日本が蒋介石を見習って、自己正当化に奔走し、敵の悪を世界中に触れ回ってれば、未だに日本軍=悪状態にならずに済んだ。 
針小棒大・大嘘捏造ばかりの蒋の宣伝ですら世界中が信じた。コチラはホントの事言えばいいだけなんだから尚更効果があったはず。 

・・って、こういう事こそが歴史の教訓であり、まさに今活かすべき教科書なのに、
戦後の教科書は戦勝国史観に則り日帝=絶対悪で思考停止してるので、上記の如き教訓を全く活かせません。
このままじゃまた同じ失敗繰り返しちゃうんで、とりあえず中山さん下村さん等の教育改革に期待するとしますかな(^ε^)
2014/02/16(日) 11:28 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
世界は平和を願っていない
先の大戦後、戦勝国クラブで発足した国連だが共産大国ソ連と西側欧米各国の対立で、両陣営の描く世界秩序完遂の為に世界中の、あらゆる地域で軍事衝突を起こし、ソ連崩壊まで24時間1日として銃声の鳴り止まない日はなかった。冷戦終了後も現状は変わらず(ますます、より悪くなっている)、世界の何処かで戦争状態が毎日続いている。結局は国連を動かす大国の国益のエゴで、世界平和の為に最優先で動くつもりは初めからないという事です。 日本の左翼の馬鹿の一つ覚えである、「戦争反対」は左翼陣営だけではなく、日本人なら誰でも持つ当然の決意であって左翼の連中だけの売りものではないです。しかし、日本の願う世界平和の理念とは裏腹に、「世界は平和を願っていない」現実を直視して万が一の有事の為に、日本は日本としての防衛力を整備しておく意識を持つことが大切だと考えています。国連や世界が戦争のない平和な世界を希求する理念で動いていると信じているのは、平和ボケしている日本人だけであり、決して世界は平和を願って動いていないのです。
2014/02/16(日) 11:07 | URL | ひげ親父 #-[ 編集]
自己愛
2014年2月16日



自己愛は自分の一部であるから、
自己を冷静に外から見つめるということは難しい。

人間に深く根づいた自己愛は
<分断して征服される>最初の要因である。

自己愛に基づいた個性との融合は
さらに分離の要因である。
2014/02/16(日) 10:53 | URL | juki #4DOcPobI[ 編集]
No title
沖縄で国内最古の貝製道具 2万年前、旧石器時代では初

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140216/art14021600440000-n1.htm


後期旧石器時代の貝器、沖縄・サキタリ洞遺跡で出土
h
ttp://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/history/20140215-OYS8T00536.htm
2014/02/16(日) 10:36 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
韓国人を拷問していたのは韓国人でした。


「醜い韓国人 <歴史検証編>」 朴泰赫 加瀬英明 1995年 光文社
<加瀬>
(第二次大戦後の)南朝鮮過渡政府のときから、警察が恐怖政治を行なっていた。
混乱期だったということから、理解することもできますが、日本統治時代よりも、 ひどいものでした。ヘンダーソンは先の著書(『韓国渦巻きの政治』)のなかで、 1947年なかばに南朝鮮で7000人の政治犯を含む、2万2000人が投獄されていたが、 「日本時代の2倍近くに当たる」といい、また、1950年の韓国財務部の発表を引用して、 全国21ヵ所にある刑務所に、5万8000人が収監されているが、「国会の調査によれば、 このうち50~80%が国家保安法違反によって捕らえれた者である」と、述べています。
そして、「拷問――腎臓を殴打する、水漬け、電気ショック(「電話」と呼ばれる)、 親指を縛って、身体を天井から吊るす(「飛行機」)、唐辛子を無理やりに大量に 食べさせる」ことが、ひろく行なわれていた、と書いている。また、警察の腐敗が 目にあまり、1948年には警察官の賄賂収入が、給料の「50倍から80倍に当たった」と、 述べています。
<朴>
私は拷問を受けた人々を取材したことがありますが,唐辛子を無理やりに食べさせる なんてことはできませんよ。これは、まず、人の顔を濡れた布で覆ってから、唐辛子を 溶いた真っ赤な湯を、ヤカンから目や、鼻腔に、流し込むんです。コチュゴモンという 拷問です。「電話」は、昔の手動式電話がありますね。陰陽の電流を流した線を、 被疑者の指につないで、電話器の取っ手をまわすんですよ。これも、効きますよ。

2014/02/16(日) 10:31 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
朝鮮民衆は日本統治時代になって、日本警察による両班取り締まりを大いに感謝したほどだったという。ただし、朝鮮人の補助憲兵や巡査が日本の権力を借りて今度は 宿怨を晴らす恐ろしいシーンを展開し、「後の日本に対する悪感情を生んだ。如何に 横暴だったか、驚くべき事例をたくさん知っており、一冊の本ができる」
(今村靹『歴史民俗朝鮮漫談』昭和三年)。

                   西尾幹二/著「国民の歴史」


私たちは類例のない悲劇の国に、うかつにも手をつっこんでしまったのである。
朝鮮半島に巣くっていたさまざまな悩み、とぐろを巻く恨み、怒りと絶望。
あえていえば、手を触れないですめばいちばんよかった。へたに手を触れたために、 内部のドロドロとした情念までもが、われわれに火傷になって降りかかってきたのだ。

                   西尾幹二/著「国民の歴史」
2014/02/16(日) 10:28 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
「京城の町なかでさえも、家という家はみんな額のつかえそうな低い屋根に 泥ぬりの荒壁 というありさま。それに道路がせまい上に、石塊出没して凸凹状をなし、そのそばの土溝(どぶ) には、たれ流しの糞尿が縦横にあふれ、汚臭紛々として鼻をつき、息もつけない。この穢路(わいろ) の奥にあった 一軒の日本家が著者の借住居であった。そこへ統監府から時々書類をもって往復する 小使でさえ、通るたびに命がちぢまるといっていたくらいだから、その非衛生的穢状が察せられるであろう」
そこで、何かの折りに、小松は伊藤博文にそのことを話したが、
「やせてもかれてもここは王城の地だ。そんなことがあるものか」
といって信じなかった。だが、たまたま小松の家で催された囲碁の会に博文が 出席して、小松の話がウソではないことを知り、さっそくツルの一声で、統監官邸のある南山のふもとに、日系官吏のために官舎が建てられることに なったという。

またきくところによると、朝鮮人は皮膚をなめらかにするため、毎朝小便で顔やからだを洗い、 歯を丈夫にするため、小便でうがいをするとも書いている。
銭湯の湯槽は、日本人と朝鮮人とは 別々につくられていたが、朝鮮の女が入浴にきた例はないという。 もっとも驚くべきことは、首都京城に新聞が一つも 出ていないことである。 前に『漢城旬報』という旬刊紙が出ていたが、 明治十七年十二月、“開国党”の朴泳孝、金玉均らが 暴動を起こしたときにつぶされてしまって、それからは『朝報』という官報が出ているだけである。
しかもこれは一枚ずつ筆写したもので、そのため韓国の宮廷では数百人の筆耕を雇っていた。 以上は、当時の新聞特派員の通信に出ていたもので、かれらの観察や報道にまちがいがなかったとは いえない。とくに朝鮮人が小便で顔を洗ったりしたことについて、わたくしが調べたところによると、 とくに乳児の小便は清潔だというので、いろいろのことにつかったらしい。
(大宅壮一『炎は流れる』より)
2014/02/16(日) 10:00 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
これこそ日本人の「正しい歴史認識」!!

        -日本女性から指紋押捺拒否の韓国人への手紙-

 自らなす事もなくえんえん、四十年もたつのに今だに日本国にすがりつき、一世の差別を種に恫喝に明けくれ、元日本人だから日本並に等と訳のわからぬ朝鮮人の世迷言と、自国にもどれないのも日本人のせいにする。皆日本人のせいにするこの愚かな民族には、ほとほと、日本人はあきれるのである。植民地の日本同化より独立国になった年月のほうがはるかに長いのです。独立して四十年間、何をしていたのか。反省するべきである。如何にどんな民族であるかが、これだけでもわかる。
向上自立ができないのである。かっての差別の国屈辱の国とののしった国日本国に勝手に来て居座り続ける無神経さ。其の上外国日本国に事々に挑戦的な在日朝鮮人。
それに本国の韓国の政府の上層部の生意気な態度。日本国の援助なしでは何一つできないくせに、後進国のくせに先進国に無礼である。コンプレックスのかたまりの挙句の果ての韓国民族のあがきと日本国民は十分承知して居るが、我々はあまりの態度に腹が立つ。しかし、日本人の大半は国際社会、人間社会の中の倫理無視のあまりの行動を苦々しく思い、あきれ果て低級民族のコンプレックスのあがきと冷たい目で相手にするなと始めから馬鹿にして、どうせ亡国民族のしみ付いた国民性は折角独立国になっても、四十年たとうが、百年たつとしてもこれのくり返しで、絶対に我々日本国と肩を並べて対等に付き合える国ではないと断言して居るのです。

             「民族差別と闘う関東交流集会連絡実行委員会」
2014/02/16(日) 09:56 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
救いがたき韓国、朝鮮人。
救いかたきかな韓国、朝鮮人。ベトナム戦争での殺戮、強姦に蓋をして良くも日本人を悪く言えるもんだ。 ベトナムの方達は日本人に似て働き者で温厚だから声を出さないのかも知れませんが、自国民を守る為に韓国、朝鮮人の野蛮性、残虐性をしっかり世界に発信するべきです。
韓国、朝鮮人がベトナムや戦後まもない頃日本で犯した残虐行為になんの謝罪もせず、自国民の正当性を口にして日本をかたきのように言うのは、まさしく言語を理解しない野蛮人です。
恥の意識があるのなら、自国民の浄化につとめてよ!まあ、無理か。
2014/02/16(日) 09:18 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/16(日) 09:15 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク