アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


玉井浅一さん

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■大好評発売中!
↓ご注文は書店さんで↓
■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
■ISBN-13: 978-4434184727

■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

玉井浅一さん
玉井浅一


玉井浅一さんは、最初の特攻隊、敷島隊に出撃を命じたマニラ基地の副長さんです。
明治35(1902)年、愛媛県松山市のお生まれで、愛媛県の松山中学(現:愛媛県立松山東高等学校)の卒業生です。
松山東高は、甲子園でも有名ですが、愛媛県屈指の難関校でもあります。
夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台となった学校です。

昭和19(1044)年10月17日のことです。
マニラの海軍飛行隊基地に大西瀧治郎中将が着任しました。
基地の司令は、山本栄司令です。



=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


この日、たまたま他の基地に出張していた山本司令は、大西長官が着任されるということで、急きょマニラ基地に飛行機で帰還したのですが、この飛行機が着陸に失敗し、山本司令は足を骨折して緊急入院してしまったのです。
そこで副長の玉井浅一大佐が、基地の一切を任せられることになりました。

大西中将は、玉井副長以下、基地の幹部を集めました。
その会議の席で、「戦況を打開するためには、栗田艦隊のレイテ突入を成功させねばならない。そのためには零戦に250キロ爆弾を抱かせて体当たりをさせるほかに確実な攻撃法はない」と語りました。

戦艦や空母を撃沈させてしまえるほどの大量の爆薬を積んで、体当たりするのです。
成功すれば、敵に大ダメージを与えることができます。
しかし、それをやった者は、絶対に帰還することはできません。

会議室には重苦しい沈黙が流れました。
玉井副長は、大西に猶予を願い、先任飛行隊長を伴って室外へ出ました。
「司令からすべてを任された自分としては、長官に同意したいと考える」玉井の言葉に、指宿先任飛行隊長も、「副長のご意見どおりです」と従いました。

次に、では誰にその指揮官を命ずるか。
玉井副長は、最も優秀なパイロットである関行男大尉を指名しました。

10月25日、関行男大尉率いる敷島隊の5名は、特攻に成功しました。
米軍空母セント・ローに突入し、艦を撃沈させました。
作戦は成功です。
けれど、隊の全員は、還らぬ人となりました。

この成功のあと、特攻機は次々と出撃しました。
かれらを送りだした玉井中佐は、昭和20(1945)年2月、台湾の二〇五空司令に転じました。

ある日のことです。
特攻出撃した部下の杉田貞雄二等飛行兵曹が、敵に会えずに帰頭しました。
ところが抱えている爆弾の投棄の装置が空中で故障して、爆弾の投棄ができない。
爆弾は安全弁を外してあります。着陸のショックで自爆する危険がある。

玉井は、運を天に任せて着陸を命じました。
そうする他なかったのです。

着陸は成功しました。
玉井司令はすぐに飛び出しました。
まっすぐに飛行機に走ると、「爆装のまま指揮所の真上を飛ぶとは、この馬鹿もん」と、厳しい顔で杉田を一喝しました。

しかし玉井司令は、すぐに両手を広げて杉田を抱え、「よかった、よかった。無事でよかった」と、涙を流しました。

ある日、今中博一飛曹らが呼ばれ、玉井司令と一緒に、近くの丘に登りました。
玉井司令は周辺の小枝を集めるように命じました。
何をするのかと見ていると、玉井司令は、小枝に火をつけ、ポケットから白い紙包みを取り出して広げました。

包みには、一片の頭蓋骨がはいっていました。
一緒にいたみんなは、それが離陸に失敗して亡くなった部下のものとわかりました。

玉井は無言のまま、その骨を焼きました。
焼き終えると、玉井司令は、
「家族が待っておられるから、送ってあげたいと思ってね」と、誰にともなくポツンと語りました。
それは日頃厳しい玉井司令の、優しい姿でした。

戦争が終わった昭和22年の猛暑の日、玉井元司令は、愛媛県の関行男大尉の実家に、大尉の母のサカエさんを訪ねました。

玉井司元司令は、関大尉の母に両手をついて深く頭を下げると、次のように言いました。
=======
自己弁護になりますが、簡単に死ねない定めになっている人間もいます。
私は若いころ、空母の艦首に激突しました。
ですから散華された部下たちの、張りつめた恐ろしさは、少しはわかるような気がします。
せめてお経をあげて部下たちの冥福を祈らせてください。
祈っても罪が軽くなるわけじゃありませんが。
=======

玉井さんは、戦後、日蓮宗の僧侶になりました。
そして海岸で平たい小石を集め、そこに亡き特攻隊員ひとりひとりの名前を書いて、仏壇に供えました。
そしてお亡くなりになるその日まで、彼らの供養を続けました。

玉井僧侶は、また貧しかった当時の地域住民のためにと、無料で戒名を書き与えました。
また、真冬でも氷の張った冷たい水で、水垢離(みずごり)を取りました。
長女の敏恵さんご夫妻は、そんな玉井さんの姿を見て、あえて命を縮めているようにしか見えなかったそうです。

昭和39(1964)年5月、広島の海軍兵学校で、戦没者の慰霊祭が行われました。
このとき日蓮宗の導師として、枢遵院日覚氏が、役僧二人をともなって着座しました。
戦友たちは、その導師が玉井浅一さんであることに気づきました。

玉井さんの前には、軍艦旗をバックに物故者一同の白木の位牌が並んでいました。
位牌に書かれたひとつひとつの戒名は、玉井さんが、沐浴(もくよく)をして、丹精込めて、何日もかけて書き込んだものでした。

読経がはじまると、豊かな声量と心底から湧きあがる玉井さんの経を読む声は、参会者の胸を打ちました。
来場していた遺族や戦友たち全員が、いつのまにか頭を垂れ、涙を流していました。
会場には、鳴咽がひびきました。
導師の読経と、遺族の心が、ひとつに溶け合ったのです。

その年の暮れ、玉井浅一さんは、62年の生涯を閉じました。

終戦後、責任を取って自害した人もたくさんいます。
亡くなるその日まで、ずっと重い十字架を背負って生きた人もいます。

生き残られた方々は、先に亡くなった戦友や部下たちのために、遺骨収集を続けられたり、慰霊碑を建てられたり、靖国への寄進をされたりしてこられました。

靖國神社や、全国の護国寺には、そうして戦争を生き残られた方々が寄進された慰霊碑が立ち並んでいます。
愛知の三ケ根山には、その慰霊碑が、まさに立ち並んでいます。

それら慰霊碑は、単にそこにあるのでありません。
戦後を、重たい十字架を背負って生きてこられた戦士の方々が、勇敢に戦い、散って行った今は亡き戦友のために、彼らの勇気を、思いを、情熱を、行きた証を、生き残ったみんなで力を合わせて石碑にして残したものです。

日本は縄文以来二万年の時を、死者とともに生きた国です。
死者を大切にするということは、過去と歴史を大切にし、いまを生きる人たちを大切にし、未来の子供たちを大切にするということです。

戦時中、ひたむきに国を愛し、祖国を愛し、故郷を愛し、人種や民族の垣根を越えて人々が平和に暮らせる日を夢に願い、真心で戦った人たちがいました。
そして一緒に戦い、亡くなった戦友たちを、部下を、どこまでも大切に生きた人たちがいました。

一方で、昨今、よくテレビにでるある大学教授は、「もし敵が攻めて来たら」という問いに対して、「抵抗しないでみんな死ねばいいんですよ。そして歴史の中で、あのあたりに戦わずに死滅した日本という国と民族があったのだという記憶が残ればいいんですよ」と、しらっと言ってのけました。

生きることを大切思うからこそ、どんなに苦しくても、辛くても戦ってくれた先人たちがいます。
故郷を愛するからこそ、戦い散って行った先人達がいます。
そして散華された同胞を、大切に、大切に思いながら、鬼籍にはいられた先輩たちがいます。

そういう先輩達の前で、「みんな死ねばいいんですよ」などと、よくも言えたものだと思います。
無責任です。それこそ非人道的というべきです。

昨今、都知事選の結果を受けて、同じ保守同士での争いが一部にあると聞きます。
けれど、わたしたちが戦うべきは、保守層ではありません。
戦うエネルギーがあるならば、戦うべきは、無責任な、日本を取り戻すことを拒む人たちです。

※この記事は2009年12月の記事をリニューアルしたものです。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!



関連記事

コメント
No title
「河野談話、(慰安婦聞き取り調査の)裏付けなし」石原元副長官が国会で証言

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140220/plc14022018180021-n1.htm
2014/02/20(木) 22:00 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
無責任極まりないですね。

なんで、非もないのに、無抵抗で死ななきゃならないんですか?
自分の家族に「攻めてきたね。諦めて、死のう。」
娘がいたとして、強姦されそうになったら、「抵抗するな、どうせ、殺される」とか、言えるんでしょうか?
それとも、某国から特別扱いされる自信あるんでしょうかね。
このような方が教職についてるんですね。


2014/02/20(木) 20:44 | URL | やまゆう #-[ 編集]
No title
特攻隊について、決して好ましい作戦ではないと思います。しかし、他にすべてのより良い手段がなくなったときには、辛いけれど実施することも、やむを得なかったとも思います。
出撃せよというのも、出撃しますというのも、本当に辛かったと思います。

>一方で、昨今、よくテレビにでるある大学教授は、「もし敵が攻めて来たら」という問いに対して、「抵抗しないでみんな死んだらいいんですよ。そして歴史の中で、あのあたりに戦わずに死滅した日本という国と民族があったのだという記憶が残ればいいんですよ」と、しらっと言ってのけました。
こんな考え方は、まっぴらです。
抵抗したくない方やみんなで死んだらいいという方は、死んだら良いんです。
ただし、こういうタイプは、国のために頑張ろうという人がいたら、その人の後ろにくっついて、自分では何もせずに助かる権利を主張するだろうと推定します。



今日の予算委員会で、維新の会の山田宏氏がいわゆる従軍慰安婦のことを知るために河野談話についてを、参考人の石原元官房副長官に質問しました。予想されたことですが、出てきた元従軍慰安婦と称する韓国人女性の会見は後で検証されていず、言ったことをそのまま鵜呑みにするというもので、凡そ信憑性のないもので、これの裏付けをするという雰囲気はなかったそうです。また、会見の内容は、開示しないという約束だったとか・・・・・
せっかく出席された方に言いたくないのですが、これを受け入れて談話を出す価値はなかったと思います。
また、この件について一度取り上げれば、それで終わりとの約束もあったそうです。日本だけが内容を漏らさないとの約束を守って、韓国が蒸し返すとの現状を見るとき、その約束を守る必要はないでしょう。

河野談話に関わる記録を公開するとともに、いわゆる従軍慰安婦に関わる文書について、各省庁の保存文書をすべて洗い出し、その結果を国民に報告すべきです。(例示としては、民主党が政権を取った際に行った岡田外務大臣による沖縄への核持ち込み文書を公開した事例があります。)

また、本日、石原元官房副長官が予算委員会に参考人として出席されましたが、このいわゆる従軍慰安婦問題には、他にも河野洋平元官房長官、福島瑞穂参議院議員、加藤紘一元官房長官、宮沢元首相、村山元首相、谷野作太郎元内閣官房内閣外政審議室長にも、証人喚問していただき、事実を述べていただきたいと思います。

そして、この結果を今後の日本の外交活動の際にいかしていただき、日本人が誇りある民族として世界に行動できるようになりたいものです。
国内にいる日本人は腹を立てているだけですが、海外に住んでいる日本人の子供が余りにも可哀想です。



民主党の岡田克也氏は、自衛隊の武力行使について日本が侵略された場合は自衛権として認められているが、集団的安全条約に伴う武器使用は認められていないとして、首相を追及しました。
しかし、自衛隊が武力行使をする場合、その場所が国内であれ、海外であれ、結果として自衛隊と敵軍に死傷者が発生することは、容易に推測できることです。その時のことを想定して、必要な立法処置を行うことは、国会としては当然のことではないでしょうか。
むしろ、これまでにこのことについて必要な立法処置を行わなかったことを、追求しなければならないと思います。
2014/02/20(木) 19:35 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
秘密の民団 え? 外国人って選挙運動していいの? 民団新聞に運動速報が

http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/63889309.html
2014/02/20(木) 16:54 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
デモを考える
デモについて考えます。

現状の日本の道徳観は皆様ご存知の通りです。手本に成る人よりも成らない人の方が多い様な気がします。

いわゆる保守層以外の人の中にも、凄く真面目な人、そこそこ真面目な人、不真面目な人、変な人、悪い人、サヨクや左翼、等々、多種多様な人が居ます。

そこでひとつ、いわゆる真面目な人の目を覚ますにはどうすれば良いのかを考えます。最善ではなく最良を考えます。

保守層の様に深く考えている様な皆様でなければ、真面目な人は不真面目な人の話には基本的に耳を傾けません。当然、変な人や悪い人の話にも基本的には耳を傾けません。傾けるのは真面目な人や凄く真面目な人で、自分と同じ立場、似通った立場の人が最適、つまりは最良なのだと言えるかと思います。

同じく、不真面目な人は、真面目な人の話には基本的に耳を傾けません。凄く真面目な人の話も同様です。ただ、同じ不真面目な人の話は耳を傾けやすいし、変な人にも興味を持ちやすいし、悪い人にも影響されやすい。

何か見えてきませんか。

つまりは、自分と似た境遇、共感を得やすい立場が在ると言う事が解ります。

勿論、相手と同じ様になって、法を悪用したり、誰も見ていないからといって悪い事をしたりと、悪意から成る行いをして良いという事では有りません。あくまでも国体を護る為に恥じない言動で在るべきは言うまでも在りません。

そしてそれを理解した上で、各々の立場で、つまりは、凄く真面目な人の目を覚ます保守団体、真面目な人の目を覚ます保守団体、不真面目な人の目を覚ます保守団体、変な人の目を覚ます保守団体、悪い人の目を覚ます保守団体、サヨクや左翼の目を覚ます保守団体、それぞれ立場が違えば手段も違ってきます。デモでの言葉遣いもそうです。

例えば、不真面目な人ならそれほど気にしない「クタ〇レ!」と言う言葉、ですが真面目な人は気にする「クタバ〇!」と言う言葉、不真面目な人を目覚めさせるなら別に構わない筈です。むしろ真面目な言葉遣いじゃ不真面目な人は目覚めない可能性の方が高いのではないでしょうか。

「〇タバレ!」などと言った言葉、これらは現状の日本では、それらの言葉自体が悪いと決め付けられてしまっていますが、どんな言葉も用いる者次第です。言葉に限らずどんな手段でも用いる者次第です。ですが、我々がこれらの言葉を用いれば、言葉狩りされたりする事も事実です。

目を覚ます為に用いる事と、言葉狩りされたりする事、前者は私達の目的です。後者はそれに対する障害です。障害在るから用いる事を諦めるか、乗り越えるか、それを考えるべきではないでしょうか。

まずはどうやって乗り越えるべきかを考え、その時点でどうしても無理なら諦め別の道を探すのが良いのではないでしょうか。真面目手法で漏れた人達は不真面目手法で拾い、それでも漏れた人は変な人層で拾えば良い。逆もまた然り。これが日本人らしさの様に思います。責めるのではなく欠点を補い合い、助け合う事が家族的です。勿論、本当に道を外れた場合には注意する事は言うまでも有りません。そして、それに気付くには、常に深く「考える」という事を続けておかねば成りません。

例えば「ク〇バレ!」を「悪さばっかりしてたら地獄に落ちるぞ~!」とか、同じニュアンスで悪いイメージが着いていない表現に置き換えたり、「氏〇~!」を「閻魔さんに舌抜かれてこいや~!」など、要は同じ意味で周りの人には悪く取られない言葉に置き換えれば、言う方は同じ意味だし、言われる方も同じ意味だし、聞いてる方は同じ意味でも悪い印象は無いので嫌悪感はそれ程無く、言葉狩りもされないと思います。

あくまで障害を乗り越える為の一つの例です。どういうやり方が良いのかは、現場の人達が一番解るはずですし、最良の手段を出せる筈です。

要は、不真面目な人の目を覚ます為に、不真面目っぽく振舞っても、道を外していなければ、それはいわゆる不真面目っぽい真面目な愛国者ですし、まず間違いなく言える事は、嘘偽り無い愛国者の皆様方におかれまして、悪い人など一切いないと私は断言しても良いと思います。皆が皆、家族を想い、国を想い、陛下を想い、正しい世にしたいと願っている筈です。ただそれら全てを深く考え理解しているかいないかで差は在るかと思います。勿論スパイみたいなのも居るでしょうが、常に深く考えていれば、それらは対応できる筈です。

多少の未熟さは、同じ立場の人と共に成長すれば良いのではないでしょうか。不真面目な人にいきなり真面目な話をしても分かりません。それを分からせるには厳しく「しつけ」をしなくては適いません。罵倒する、引っ叩く、もしくは戦争が始まったりして自分自身が危機感を覚える。考えない人は、そこで初めて考え始めます。

なので、相手の立場に立って、相手の耳に入る言葉でまず訴えかける事が肝要です。そこで理解しなくとも耳を傾け興味を持たせる事ができなければ、いくら真面目に訴えても記憶に残りません。馬の耳に念仏です。

デモの動画などを色々見れば分かりますが、話を聞いている人は立ち止まって聞いています。その話に共感を持てたり話し方に興味を引かれたからだと思います。ですが振り向きすらせず通り過ぎる人の方が圧倒的に多く感じます。話に共感が持てなかったり話し方に興味を引かれないので耳に入っても素通りしているからです。自身が学校に通っていた頃のつまらない授業と似た様な感じと言えば解り易いかと思います。逆に面白い先生の話は解らなくとも何となく聞いてしまいます。

各々の立場の差から、言葉遣いや用いる手段に差が在るのは仕方の無い事です。特に今の乱れた世で真面目一本!は現時点では最良ではないと思います。相手の立場に立って考えなければ、相手の意図は見えてきません。自分の立場から相手の言動を観ると、相手の言動が自分の価値観に反していれば、例え相手のやり方が間違っていなくとも、その人には相手が間違っている様に感じます。間違っていると理解するのではなく、自身の価値観から、そう「感じる」のです。

以上の事はデモに限らず、ネットもそうですし、それ以外にも当てはまるかと思います。穏便に目を覚ます事だけが最良でもなく、時には厳しく当たる事も最良になります。私達の目的は、家族を護る事、国を護る事、それは即ち国体を護る事が最たるものです。

大同団結とはそういう事ではないでしょうか。

以上は、神道と武士道は対で在る、武士道は武道で在り術ではなく道で在る、それらを深く考えれば見えてくるかと思います。
2014/02/20(木) 15:55 | URL | 愛国日本!反日撲滅! #-[ 編集]
抵抗しなければ、歴史からも忘れ去られる


大学教授といっても歴史を知らないのですね。
抵抗無く死滅したらその存在も全て消えてしまうのが一般的なのですが。

誰かが掘り起こして初めてその民族がどうであったかと話しに上るのです。

私は昨今の防衛議論に愚かしい国民になってしまったなと悲しくて堪りません。
集団的自衛権を取り上げ、反撃することを許さない、軍国化だというマスコミが沢山いるという事実。
そしてそれに変だと言わない周りの人達。

自らに降りかかってくれば、何故戦わないと文句を言うのに…

自己を守ることを知っていれば、自衛のための戦いは当然必要だと判るはず。

ところで、現憲法において大日本帝国憲法との関連性はどうなっているのでしょうか?
帝国憲法を廃止して現憲法に定めたと議会が決めたのでしょうか?
何も無く占領憲法に変わった気がするのですが。
2014/02/20(木) 14:45 | URL | shengxin #PikvLR5I[ 編集]
未来への礎
>初の特攻隊である敷島隊
>護国神社には生き残った方々が寄進した慰霊碑が

↑先日護国神社参りをした際、その敷島隊五人の一人である地元宮崎の軍神・永峯肇さんの碑があったので拝んできたんですが、
その碑には『初の公式人間爆弾となり、国家悠久の大義に殉じ恒久平和の礎となった』と書かれてました。 
ちなみに永峯さんの辞世の句は
『南海に たとへこの身は果つるとも 幾とせ後の春を想へば』 
←お陰様で確かに平和な春が後に来ましたな。ありがたい事です。 
記録によれば永峯さんは四番機で出撃し、敵の護衛空母を撃沈されたとの事。享年19の若さだったそうです(合掌)
玉井さんは何かと怨嗟の対象にされますが、その後お坊さんになって慰霊に余生を捧げていたとは知りませんでした・・そんな玉井さんにも合掌。


>同じ保守同士での争い

↑んなもん時間の無駄!労力の無駄!能力の無駄遣い! 
ただでさえコッチは少数派だっつの!(;´∩`) 
そりゃまあ所詮人間だから当事者間のケンカは起こり得るし、自分も中に居りゃそうなってんだろうが、
中の人でもない我々ネット保守層までもがそれらに惑わされる必要全く無し!!
せっかく勢力一割超え果たしたんだから、今後も塊となって粛々と味方を増やし、更なる理論武装を備えてゆくのみ!!o( ̄ ^  ̄ o)
我々もまた子孫の礎とならにゃいかん訳だから。
2014/02/20(木) 12:39 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
其らは何の為に在るのかを考える
昔の人は一人ひとりが武士の様で在り、皆刀を携えて国体を護っていた。
そして平和に成り刀狩が行われた。

大東亜戦争では国民一人ひとりが日ノ本の為に命を懸けた。一億総火の玉と成り国体を護った。
そして敗戦で軍隊は解体された。

TPP、憲法改正の障害、国内外問わずの反日の蔓延・・・。
問題山積みの我国で国体を護る術は何か。
政治家・自衛隊・警察・・・、何処も法治国家故に自らが法で雁字搦め、そんな中でどうやって国体を護るのか。
彼らが現状で制限が在るのであれば我々が補助すれば良い。
しかし昔は民でも使用可能だった刀、戦時中でもないので志願し戦う事も適わない現状。
それならば、戦える術を編み出せば良い。
何が使えるのか?法に反しない範囲であれば何でも使える。
デモ、ネット、等々、各々が現状の自分の立場でやれる事をやれば良い。

体術を極める事が武道ではなく、刀術を極める事が武士道ではなく、銃術や軍事技術を極める事でもない。その時点で国体を護る為に出来る限りの手段・術を、道を外れぬ様に用いる事が武道や武士道の本質で在ると思います。

言葉遣いも、やり方も、自分が置かれた状況で、戦う相手を見て、最適な手段を用い最適な術にすれば、それは一見、不真面目に見えても、最良なのではないでしょうか。それが最良と解らないだけで、それらはその場では最良なのではないでしょうか。どんな事でも、相手の立場に立てば見えてきます。

武士道・武道の心構え・心得とはそういうものではないかと、私は思います。これが在るから日本は強いのだと私は思います。
2014/02/20(木) 12:30 | URL | 愛国日本!反日撲滅! #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/20(木) 11:49 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/20(木) 11:36 | | #[ 編集]
No title
もうすぐ春が来るというときに、平成のハルノートの声が大きくなってきた。
理不尽な到底出来る筈のないことをやれと言われている。
そして、悪いことに、その理不尽な要求を呑めという、売国勢力が思いのほか多いことがわかってきた。
しかし、おかげで敵の居場所が大体わかってきて、皆が認識できるようになってきている。
黒船レジームはまだ終わっていない。
かって、植民地支配に苦しんだアジアの諸国と連携を深め、キリスト教白人の野心を撲滅しなければならない。
これからの戦いはながい。 もしかすると今後何代にもわたる戦いかもしれない。
アメリカは世界の秩序維持のためには働かないといっているのだから、警察が警察の役目を放棄したら、警察の言う事なんか聞いてられるかということである。
安倍さんは、そのことがわかっているから靖国参拝を敢行して意思表示をしたのではないでしょうか。
いずれにしても、万一に備えなければならない。
経験したことのない大雪だって降るのだから。
2014/02/20(木) 10:58 | URL | 古希のネトウヨ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

玉井浅一さん

ねずさんの ひとりごと 玉井浅一さん
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク