アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


ねず本『第二巻』のご案内

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねず本・第二巻
ねず本2帯付き


ねず本の『第二巻』が発売になります。

おかげさまで、昨年11月に発売となった「ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!」の第一巻は、大手書店さんのランキング、総合ベスト5にはいるなど、みなさまのお引立てによりまして、たいへんなご好評をいただきました。
ありがとうございました。
おかげさまで、いよいよ第二巻が発売です。

ちなみに私は、ネットの中ではある程度知られるようになりましたが、出版業界ではまったく認知されていない無名の新人で、出版業界では、実績のない無名の新人の本というのは、なかなか売上がむつかしいとのことで、大手の書店さんでは、かなりねず本をお取り扱いいただけたのですが、中小の書店さんには、本をなかなか置いていただけなかったりしました。

そうした中で、第一巻があり得ない量の販売数となり、版を重ね、多くのみなさまにご愛読いただけたことは、ひとえに日々、ブログやFacebook、Twitterでお世話になっているみなさまのおかげです。
心から感謝申し上げます。
ほんとうにありがとうございます。

第二巻は、4月12日に発売になることになりました。

第二巻はタイトルは第一巻からの続きという意味で、「ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!」はそのままに、サブタイトルとして「『和』と『結い』の心と対等意識」と題させていただきました。

内容は、第一巻が目からウロコがはがれ落ちる、いわばインパクトのある内容だったのに対し、第二巻は、そうしたインパクトをそのままに、本来の日本の姿(日本人の美しい心や魂)、日本人が忘れかけた日本人としての誇りや思いやりの心を、ごく自然に思い起こし、あらためて日本の素晴らしさを感じとれる内容にしています。

校正をいただいた出版社のご担当者のお話ですと、おもしろさや感動もさりながら、影響力という面で、第二巻は相当な力を発揮できるのではないか、実に読みやすくて読み応えがある、とおっしゃられていました。

ひとつひとつのエピソードは、すでにねずブロでお読みになられた方もおいでかと思いますが、文を推敲していく過程で、細部にわたって内容を強化しています。
中には論旨そのものが変わっているものもありますので、おそらく以前にねずブロでお読みになられている方でも、本で読むと、また違った感動と味わいと学びがあろうかと思います。

第二巻を作成するにあたって特に留意したことは、第一巻同様に、とにもかくにも「読みやすさ」です。
どんなに内容のよい本でも、文章や装丁、各ページの仕様が読みにくいと、途中で読み手が疲れてしまいます。
ねず本ではそのようなことがないように、小見出しごとに小さなまとまりをつくりながら、自然に文章が頭に飛び込んでくる、そのような仕様にしています。

そして第二巻では、ある程度左に寄った方であっても、ごく自然にこの本に引き込まれ、読み終えた頃には、もうガチガチの愛国者になってしまう。そんな内容にしてあります。

実際問題として、現実にはまだまだ日本の保守は、少数派です。
それが日本人の常識となり、また日本人のあたりまえの感覚となって、保守が圧倒的多数を占めるようにする。
そのためには、理屈で理解するというだけでなく、感情面においても、納得し、同調するという訴求が必要だと思います。

ですから、頭でわかっても心がわからないのでは、たぶんダメで、頭と心の両方が、全知全霊で日本を取り戻そうという気持ちに駆り立てられるようにしていく必要があると思います。
そしてそのことが、ねず本の最大の企図になっています。

第二巻では、男女がひとつのテーマです。
そして第二巻を読むと、おそらくお隣の国の大統領などが騒ぎ立てるいわゆる「慰安婦問題」なるものが、いかに馬鹿げていて、底の浅いものにすぎないのか、そのことが自然にご理解できるようにもなっています。
ちょうどいま、河野談話問題が大きな話題となっていますので、まさに時期を得た内容でもあろうかと思います。

第二巻の発売日は、4月12日を予定しています。
今回は、発売前の出版社での注文受付はありません(出版社での注文受付時期は、書店さんの販売開始と同時期になります)。

できましたら、みなさまには、下にある注文書をダウンロードいただき、是非、書店さんでご注文を入れていただければと思います。(そうすることで、取り扱っていただける書店さんが多くなります)

↓注文書↓
画像をクリックすると注文書が開きます。
ねずさん2注文書
https://drive.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CTnZBdXpndVlHNjQ/edit?usp=sharing


尚、この注文書は、何も書かずに、ただ書店さんにお持ちいただくだけで結構です。
注文者のご氏名、お電話番号などは、書店さんの店頭でおっしゃっていただくことになります。

また、当ブログを携帯等でご覧いただいている方で、上の注文書のダウンロードできなくても、大丈夫です。
下のURLの近刊案内に、必要な情報ページができています。
このURLの画面を書店さんの店員さんに見せていただければ、すぐにご注文いただくことができます

↓近刊案内/クリック↓
http://www.hanmoto.com/jpokinkan/bd/9784434189951.html

なお、Amazonや、楽天ブックス、紀伊國屋書店ウェブストアなどでも、もう少ししたらご購入が可能になろうかと思います。
専用URLがわかり次第、また当ブログにおきまして、ご案内させていただきます。
Amazonからのご注文は↓になります。


ちなみに本の価格は、4月から消費税の値上げを見込んで、本体価格をすこし値下げさせていただきました。
かりに消費税が10%になったとしても、1500円未満で、お釣りがくるようにしてあります。
すこしでもみなさまのご負担が減ればと思い、そのようにさせていただきました。

冒頭にあります本の表紙デザインは、前回に引き続き、コムロ・デザイン・ルームさんにお願いしました。
なんといっても、すぐに目に入るのは、紅白の「水引き」ではないかと思います。
まさに「結い」を象徴したものですが、これを「本結び」にしています。

慶事の水引は、その結び方で、花結び、本結びの二通りがあります。
花結びは、いわゆる蝶々結びのことで、これは簡単に解いたり結んだりできることから、「何度あっても良い」結婚を除く祝事全般に用いられます。
一方、本結びは「何度もあってはならない慶事」に用いられます。
たとえば、快気祝いとか、結婚祝いとかです。
日本人の和と結いの心は、太古の昔からずっと続いて来ている日本人の原点です。
ですから、本結びの水引です。

そして背景には、日本の国花である桜色の空に桜の花びらが舞い、世界遺産にも登録された富士山が配されました。
日本、そして日本の心、そして古来から続くただひとつの日本の心の原点、そういうものを、やさしい図柄で、イメージで訴求したものとなっています。

そして帯には、前巻に引き続き、元文部科学大臣の中山成彬先生から推薦のお言葉をいただきました。
とてもありがたいことです。
また、冒頭の絵には写っていませんが、裏表紙の帯には、第一巻で出版社に寄せられたみなさまのご感想を入れさせていただきました。

手にした瞬間から、ちょっと読んでみようかという気になるような工夫が凝らされています。

第二巻のもくじは以下の通りです。
=========
序にかえて  日本アニメと対等意識
 1 和菓子 縄文クッキーと和菓子
 2 和菓子 桜餅物語
 3 女神  土偶にこめられた思い
 4 女神  愛する夫よ、愛する妻よ
 5 和歌  小野小町の美しさ
 6 和歌  額田王と白村江の戦い
 7 静御前 死を覚悟の舞
 8 清少納言 「枕草子」とセーラームーン
 9 矢頭右衛門七 紅葉に乗せた梅の花
10 松崎慊堂  身分を超えたプロポーズ
11 黒沢登幾  日本初の小学校女性教師
12 山本権兵衛 妻への愛情と敬意
13 鈴木貫太郎 終戦内閣を支えた妻
14 外山昭子  玉砕前の結婚式
15 中山夫妻  ウズベキスタンの桜
16 和と結い  女工さんと日本的経営
17 和と結い  協同の心
18 和と結い 「和」の精神と「和」の創造
おわりに     シラスとウシハク
========


この第二巻がなんとか売れてくれれば、以降、おおむね3〜4ヶ月ごとにシリーズでねず本を出し続けていくことができます。
昨年11月に第一巻、今年4月に第二巻、第三巻が今年8月(予定)、第四観が12月(予定)で、以下、続刊していく予定です。また、百人一首の解説本は、ねず本の「昔も今もシリーズ」の別冊として、時期を見て出版します。
今後とも、みなさまには今後とも、ねず本シリーズを是非可愛がっていただければと思います。

ありがとうござます。よろしくお願い申し上げます。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

関連記事

コメント
おめでとうございます。
 今から楽しみにしております。

 第一巻は8冊購入させていただきました。親戚や会社の同僚に配ったところ、「すごく読みやすくて、今まで知らなかった事柄が盛りだくさん。勇気をもらいました」と、みな口々に感謝の言葉を口にしていました。

 今回も、近くの書店で10冊を予約いたしました。ねずさんの素晴らしい本が拡散されていくことを願ってやみません。
それから、その書店では第一巻がいつの間にか平積みになっておりました。嬉しくなって、思わず写真まで撮ってきました。(笑)
2014/03/19(水) 17:08 | URL | 釘師 #-[ 編集]
おめでとうございます
ねず本第二巻おめでとうございます。今回も買わせていただきます。

18日は柿本人麻呂、和泉式部、小野小町の忌日だそうで、精霊の日というそうです。精霊たちにちなんでおいらも三首詠んでみましたm(__)m

・こしびきのやまと外交だらしなくにがにがし世をひとりかもねむ
・あらざらむうそをまことといいつのる今こそ断たむ国の交じわり
・花の色はうつりにけるもかの国らなんらかわらじながめせしまも
・・・・・・・・・・(ー_ー)!!
2014/03/19(水) 02:38 | URL | PPKKS #su7LfdQk[ 編集]
とても素敵な表紙ですね。早速三冊注文しました。一冊は自分用で、あとは図書館に寄付します。
2014/03/19(水) 00:44 | URL | 葉桜 #-[ 編集]
海賊と呼ばれた男
>1975年に「永遠の日本」という本を発刊しています。

おー、なつかしい。
私の人生に影響を与えた書籍ベスト10のひとつといってもよいくらいの本です。
出光佐三は戦後日本の生んだ巨人のひとりです。
そして日本の偉人となると、左翼に嫌われるのはお約束というもの。日本人に勇気を与えると左翼が革命などの「日本破壊」を起こせなくなりますからね(笑)
その名言の数々は永久に日本人がかみしめるべき。
机上のエセ学問に脳みそを侵されて日本人を見下すバカなインテリとは対極にある人間通の名人でないでしょうか。
2014/03/18(火) 23:28 | URL | 中年 #-[ 編集]
おめでとうございます!
1巻を近所の書店にて購入させていただきました。
大変面白く、続編を待ちわびていました。
読み終わった本を、置いていたら、身内のものが手にとって「読みたい」といったので貸してあげました。
こういった本だと、人に薦めやすいので周りの人にどんどん教えてあげようと思います!
2巻も必ず買います!
2014/03/18(火) 22:54 | URL | はらぺこあおむし #-[ 編集]
新刊の発売おめでとうございます
一巻も読ませていただきました。今回も楽しみにしています。

ブログも読ませていただいて、本当に教科書に載っているべきだなと思うお話が多く勉強させていただいています。
ねずさんにいつかぜひ、小学生くらいの子供向けに日本の歴史と、偉人伝も書いていただけたらなぁと思っています。

子供が反日教育の害を受ける前に家庭教育のなかで日本の素晴らしさを教えたくても、なかなかいい教材がないのが現状です。
反日左翼は歴史漫画などで巧妙に洗脳を仕掛けてきます。

もし検討していただけたら幸いです。

2014/03/18(火) 22:03 | URL | アイ #oIcy4w/c[ 編集]
祝!!
祝!ねず本第二段\(^O^)/ 

「ねずさん、何より健康第一ですぞ!」と叱咤しときながら、自分が体調壊して寝込む日々でしたが、ようやく回復しつつあるところにこの朗報♪(^Q^) 
丁度、岡野功のバイタル柔道が新しく出版されたと聞いて本屋で注文しようかと思ってたとこなんで、合わせて注文しますかな(^^)v   
願わくば十巻二十巻と続き、気が付けば学校にも置かれる様になり、ねずさんが召される頃には「今時ねず本読んだこと無い日本人なんか居ねぇべ?」状態になりますように(●´∀`●)/

イヤそれにしても今年の風邪は長引くわい・・( ̄~ ̄;) 
皆さん呉々もお気を付けて。
2014/03/18(火) 21:20 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
No title
前回は、AmazonのOneClickで購入しましたが、今回はわざと書店で購入させていただきます。
書店の棚に平積みされることが望みです。
日本の 面舵は予想以上に重い。
こう言う本が多くの人に読まれ、国民の意識が一寸変化すれば、一気にいけるとは思いますが。
ソチのパラリンピックで、ただ一人正しいコースを走った日本選手が、逆にハンディーを負わされることになって、本来の一位が六位になってしまった。
国際社会とは、このようなものです。
雪のないところでも、冬季オリンピックを招請できるなんて、真っ正直な日本人には理解出来ませんが、オリンピックなんて所詮そんなものだと思っています。しかし、その掲げる精神を真摯に受け止め、真の意味でのフェァープレーが出来るのは、世界中に日本人しかいません。
そう言う日本人が、この本により自信を持つことを切に願います。
2014/03/18(火) 19:57 | URL | 古希のネトウヨ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 18:13 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 18:00 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 17:58 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 17:53 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 17:47 | | #[ 編集]
「ねず本」第2巻発売おめでとうございます。ネットではない場所での拡散はまだまだ日本には必要と思われ大切なことと思います。
そして <<にっぼんじん様 貴重なお話ありがとうございました。
かつて Japan as Number One という言葉がもてはやされましたが これからはJapan as Standardにおそらくなっていくでしょう。それが先の大戦の意味であり私達子孫が果たす役割かと。
2014/03/18(火) 14:23 | URL | 白神 美里 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 12:52 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 11:05 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 10:49 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 10:42 | | #[ 編集]
国岡鐵造の言葉(1975年)
国岡鐵造は「海賊と呼ばれた男」の主人公です。彼は日本各地で公演をしています。私が直接聞いたのは1967年でした。その時の演題は「日本人の世界的使命」でした。1975年に「永遠の日本」という本を発刊しています。

発刊に際しての「日本の青年へ」の言葉です。

私はこの十数年来、公演する場合の演題は、いつも「日本人の世界的使命」ということに決めております。これはどういうことかと言えば、世界は対立闘争で行き詰っております。第二次世界大戦後、世界の永遠の平和と人類の福祉を目標につくられた国際連合は、組織としては、もうこれ以上大きいものはないというほど、完全なものが出来ておりますが、その実態は、平和と福祉を実現できないのみでなく、ますます微に入り、細にわたって混乱は激しくなるばかりです。

(中略)

それでは、今日の世界の混乱は何故起きているのでしょうか。ここで忘れてならないことは、交通、通信が非常に発達して、1日で世界中をまわるほど、世界が時間的に狭くなっているということです。

今の世界は、神奈川県とか埼玉県とかの広さのところに、百以上の異民族が雑居している形ですから、対立闘争の思想では、うまくゆくはずがありません。今や人類が従来の思想をまったく転換しなければならない時代に入っているということです。

そうしますと、今日では外国の権利思想、個人主義、対立闘争の思想は、もう時代遅れのものであり、そこに浮かびあがってくるものが、日本のお互い譲り合い、お互いに助け合うという「互譲互助」、「お互い」という道徳のあり方ではないでしょうか。「お互い」ということで解決できないものは何一つありません。

そしてこの「お互い」という道徳をもっているのは、日本民族だけでありますから、今、世界の人々が熱望してやまない平和、福祉を打ち立てるために日本人は特別の使命をもっているということであります。

含蓄のある言葉です。「お互い」の心で「クリミア紛争」は解決できないものでしょうか。

2014/03/18(火) 10:12 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
ねずさん、新刊の発売おめでとうございます。 楽しみにしております。 それと百人一首シリーズの解説本も出版されることを期待します。 いつもありがとうございます。
2014/03/18(火) 08:49 | URL | ひろし #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/18(火) 07:57 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク