アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


日本史検定講座受講生募集のご案内

日本史検定講座第四期生募集中
ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
書泉ブックタワーで出版記念会が開催されます。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日本史検定講座藤岡先生


本題に入ります前に、ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
http://homepage2.nifty.com/sai/mart/n57.html
↑こちらをクリックし、本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。
次にフラッシュ版かアプリ版をクリックすると、本の立ち読みができます。


さて、本題の第四期日本史検定講座・受講生募集のご案内です。
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

この講座は、いつでもどこでもご自分のご都合に合わせて、講義を受けていただくことができる画期的あ歴史講座です。

はじめに神楽坂の教室で講義が行われます。
その講義をご受講いただけるのは、教室講義の抽選に当たった方のみです。
これは教室の机に制限があるためで、MAX40名までしか教室に入れません。

この教室での講義に参加できなくても安心です。
教室講義の模様は、ビデオに収録され、二週間後の金曜日までに、文字にした講義録とともに、受講生全員にメールで配信されます。
つまり、ご自宅にいながら、あるいは通勤途中の電車の中でも、喫茶店にいても、いつでもどこででも、講義を学ぶことができます。



配信される講義録は、実は、私が文字起こしから責任編集までを担当させていただいています。
もちろん講義をしていただいた講師の先生とも、内容をすりあわせし、この擦り合わせによって、教室での講義をさらにわかりやすく理解できるように構成しています。

ビデオ録画した教室の講義の動画は、Youtubeにアップされ、受講生だけが視聴できるようになっています。
講師の先生方は、いろいろな集会等でもおなじみの先生方ですが、ひとり5分程度の集会でのお話と異なり、90分の本格的な講義ですので、その先生のお考えや、史実の奥深いところを、より一層、ご納得いただけます。

特に今回の第四期では、先般東京都知事選挙にご出馬された元航空自衛隊幕僚長の田母神俊雄先生をお迎えして、「国防から見た戦後日本史」をご講義いただきます。
本物の軍事のプロが語る戦後の日本です。きっと多くの学びがあろうと思います。

また、縄文弥生時代について、古代史研究家の長浜浩明先生から、細心の知識に基づく成果をご講義いただきます。まさに目からウロコの講義です。

高森先生からは、先生のもっともお得意とされる律令制度の建設についてご講義いただきます。
高森先生の講義は、おそらく日本がまともな国の常態であれば、東大にでも入らなければ受けられないくらい毎度、凄味のある講義です。

宮脇淳子先生からは、元寇について、日本から見た元寇論ではなくて、逆にモンゴル、朝鮮から見た、元寇をご講義いただきます。
おそらく、こうした視点の講義は、宮脇先生にしかできない、本邦初の講義ではないかと思います。

山本茂先生からは、江戸時代の町人文化についての講義を伺います。
山本先生は、元九州女子大学の教授だった方で、現役当時から、その講義が面白くて深みがあると、たいへんな評判だった名物教授です。
今回も、江戸時代について、びっくりするようなお話が聞けようかと思います。

藤岡信勝先生からは、明治国家建設の50年のお話を伺います。
日本がどうして、世界で唯一、欧米列強と対等となれる国つくりに成功したのか。その知恵を、探っていただきます。

服部剛先生は、つくる会の「新しい公民教科書」の執筆者で、現役の教諭をしておいでの先生です。先生からは、「大東亜戦争とアジアの独立」についてご講義いただきます。
この視点は、戦後という時代を考えるうえでも、とても重要なものです。乞うご期待です。

そして今回の第四期日本史検定講座のラストを飾るのが、田母神俊雄先生です。

このあとに、検定試験が行われます。
ただしこの日本史検定講座は、試験そのものに目的があるわけではなく、講義を学ぶことにその意義があります。

ちなみにこの検定試験、試験時間中に、あらゆる資料を自由に閲覧して構わないことになっています。
どういうことかというと、どんな資料を見るよりも、はるかに詳しく、そして正しい講義が、日本史検定講座で行われているということなのです。

この日本史検定講座は、新しい歴史教科書をつくる会が新たな取組みとしてスタートして、はや2年になります。
延べ受講者数は、すでに1,000名に迫り、今後ますます拡大していこうとしています。

是非、みなさまには、この講義をご受講いただきたく思います。

日本史検定講座の詳細と、第四期の募集要項は↓にあります。
 ↓
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html


日本史検定講座のご紹介




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

関連記事

コメント
未来志向の日韓関係を目指して
未来志向の日韓関係を目指して
http://youtu.be/A0rQztPmGPU
(動画)

外務省が「未来志向の日韓関係を目指して」という動画を作成[03/14]

日本語版
英語版
韓国語版
動画はこちらから(現在、外務省の竹島コーナーからリンクされている)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/index.html

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
 

2014/04/11(金) 23:22 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
政府は11日、エネルギー政策の中期的な指針となる「エネルギー基本計画」を閣議決定しました。その中で、原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、再稼働の推進など原発の活用方針を明記、民主党政権が掲げた「原発ゼロ」政策からの転換を明確化させました。
これについて、原子力発電に反対する政党は、例によって動きが大きくなるでしょう。

しかしながら、日本は石油や天然ガスに恵まれていません。(実は、尖閣周辺にたっぷりとあるのですが、現状は中国の掘削井戸があるだけで、日本は何にも手をつけていないからです。)
次に原子力発電がないから、産油国は日本の足下を見て石油と天然ガスの価格を日本価格にします。
そして、再生可能エネルギーは水力と太陽光発電に代表されていますが、太陽光は天候や季節に大きく左右されます。これの占める割合が大きくなりますと、天候や季節による発電の不足に備えてバックアップ電源が必要になります。これの担当は、電力会社になると思いますが、電力会社はそのための負担を強いられることになり、これは顧客の負担となります。
これらの他に、安定した燃料の確保のため、ロシアから天然ガスを輸入することも考えられます。しかし、ロシアは現在ウクライナでの騒動でも分かりますが、政治的なもめ事があった場合、天然ガスを止めることもあります。
今回はまだ止めていませんが、数年前に止めたことがありました。

このような状況下においては、日本は原子力発電をまだ利用する必要があると思います。
それから、再生可能エネルギーの利用を進めるために、メタンハイドレートやオーランチキトリウムの開発に注力すべきだと思います。

ところで、今回のウクライナの騒動のためにIMFは援助を決定したそうです。必要資金は2,200億円で、日本は麻生財務大臣が1,500億円を拠出するとのことですが、これは多すぎる気がします。日本は、世界のATMではありません。
2014/04/11(金) 22:49 | URL | ポッポ #-[ 編集]
慰安婦の正体(5)
慰安婦の正体(5)
元日本軍の慰安婦たちは日本兵と友達でした。彼女達が「日本軍に拉致された」というはずがありません。元慰安婦たちの当初の証言は「日本軍に好意的」であったと言います。

そのうち、韓国政府や団体が「軍による強制連行」を既成事実化するために彼女たちに虚偽の証言を教えたものと思います。韓国では「強制はなかった」は売国奴です。元慰安婦の「おばあさんたち」も口を合わさなければ生きていけません。

下記の文章は「元軍医」の証言です。元慰安婦の証言は信じるが軍医の証言は信じない人達は公正ではありません。

元日本軍軍医が死の間際に明かした真実「朝鮮女性を性奴隷にしていたのは朝鮮人。日本軍は彼女達を悪徳業者から解放した」[4/9]

2014年04月10日
韓国

◆元日本軍軍医が死の間際に明かした“慰安婦問題”の核心(2)
  日本軍と慰安婦との関係は?

元軍医は、慰安婦たちに対する日本軍の扱いをこう語った。
「自分は軍医なので、兵隊たちの健康管理や、衛生状態をチェックするのが仕事でした。
同時に、慰安婦たちが性病にかかっていないかなどの衛生管理もしていました」

韓国人たちは、慰安所の運営に日本軍が関わっていたことを問題にしている。
しかし、それは慰安婦たちにとって決して“性奴隷”的な形で行われていたものではなかった。
慰安婦と兵士たちは個人的にも交流をしていたという。

「慰安婦はその時に兵隊さんたちとも仲よくなって、休みの日には連れ立って
ピクニックに行ったり、演芸会までも一緒にやっていたんです」(前出・元軍医)

こうした話は、この元軍医がいた黒河だけの話ではない。
中国の漢口には、中国大陸で最大規模の300人の慰安婦がいたのだが、その軍医大尉の手記「漢口慰安所」には、こんなエピソードが紹介されている。 歴史学者が語る。

「朝鮮人慰安婦たちを慰安所に斡旋していたのは朝鮮人の業者です。
証文なしで買い集めて、奴隷のように使い捨てていたのです。
日本軍は借用書を業者に作らせ、働きさえすれば金を返せるようにしたのです」

朝鮮人慰安婦たちを性奴隷にしていたのは、他ならぬ朝鮮人だった。
日本軍はむしろ、彼女たちを悪徳業者から解放していたのだ。

「漢口慰安所に、慶子という源氏名の慰安婦がいました。
美人で人気があり、すぐに借金を返し、朝鮮銀行に3万円もの貯金をしたそうです。 当時の3万円は現在で言うと約4000万円です。
売春婦がこれだけの金を蓄えていたのです。

彼女の夢は貯金を5万円(現在の価値で約6500万円)貯めて、
韓国に帰り小料理屋を経営することだと書かれています」(前出・歴史学者)
漢口の司令官は、彼女を立派な人間だと言い、表彰さえもしたという。

「行為の主導権は女性側にあり、兵士たちはズボンだけ下ろすことを慰安婦から 命じられて済ますのです。30分1円の規定があるにもかかわらず、時間を短くして 追い出します。しかも、2円50銭以上の金を支払わせていました」(前出・歴史学者)

慰安婦たちは師団が移動してくると、稼ぎ時とばかりに、せっせと商売に励んでいたという。
2014/04/11(金) 13:55 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
泣きました
いつ読んでもこの話は泣きますね。
息子(小2)がもう少し大きくなったら読ませたい、感動の話です。
2014/04/11(金) 12:39 | URL | パパ #JalddpaA[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/04/11(金) 07:42 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク