アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


愛のかたち・・・快心隊隊長藤井一少佐

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)


※本日、日刊ゲンダイにねず本2の広告が掲載されます。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

愛のかたち・・・快心隊隊長藤井一少佐


上にある動画は、このブログを読んで感動した高校生がおつくりになられた動画です。
快心隊隊長藤井一少佐のお話です。

この記事を配信したのは、2010年04月04日のことです。
それがまわりまわって、こうして世の中に広がってくれる。
とても良いことだと思います。

是非、上の動画をご覧いただければと思います。

通勤途中などで、動画の再生ができない方のために、下に過去記事のコピペを貼ります。

===========
愛のかたち・・・快心隊隊長藤井一少佐

熊谷・荒川土手の桜
熊谷・荒川土手の桜


埼玉県熊谷市を流れる荒川に、若い母親と晴れ着を着た二人の女の子の遺体が上がりました。
ご遺体は、藤井ふく子さん(24歳)と長女一子さん(3歳)、次女千恵子さん(1歳)の、親子三人でした。

なにがあったのでしょうか。
事件のあらましを追ってみたいと思います。




夫の藤井一(ふじいはじめ)さんは、茨城県のご出身で、農家の7人兄弟の長男でした。
親は家業を継いでほしかったようですが、本人は陸軍に入隊を希望しています。

歩兵として特別に優秀だった藤井一さんは、推薦を受けて転科して、陸軍航空士官学校に入校しました。
よほど優秀だったのでしょう。
卒業後には、熊谷陸軍飛行学校の中隊長(教官)に任官しています。

熊谷陸軍飛行学校というのは、航空学校です。
ですが、藤井中隊長はパイロットではありません。
歩兵科機関銃隊だった頃、支那の戦線で迫撃砲の破片を左手に受け、操縦桿が握れない手になっていたのです。

ですから彼が担当した授業は「精神訓話」でした。
当時、精神訓話の学習といえば、軍人精神を叩き込む大切な教科です。
軍人勅諭にそった厳しい鍛錬の時間です。
忠誠心が強く熱血漢の藤井中隊長は、厳しい教官であるとともに、心根が優しく、とても生徒たちから慕われたそうです。

彼の口癖は、「事あらば敵陣に、敵艦に自爆せよ。俺もかならず行く」というものでした。
もちろん、まだ特攻作戦や玉砕戦が行われる前の頃です。

しかし戦局は厳しさを増し、まもなく「特攻作戦」が開始されました。
特攻兵となった生徒たちにより、藤井の口癖は、その通りに実践されてしまうのです。
ただの精神訓話が、本当の事実となったのです。
そしてあの純粋な教え子たちが、次々と特攻出撃して行きました。

「このままでは自分は教え子との約束を果たすことはできない」

他の教官たちは、なんの疑問も矛盾も抱かずにやっていることです。
しかし責任感が強く、熱血漢だった藤井さんは、自分が安全な内地で教官をしていることが堪えられませんでした。
内地にいて安閑としている自分が許せなかったのです。

将来あるはずの純粋な教え子たちが、自分の教えを守って、つぎつぎと毎日、敵艦に突っ込んで行きました。
あいつも、あいつも、あいつも、あいつも・・・
俺はここで、いつまでもこんなことをしていていいのか。

生徒に言った言葉は、教師である俺と、生徒たちとの誓いです。命をかけた誓いです。男の誓いです。
俺は生徒たちとの誓いを破るわけにはいかない。

彼は、「特攻」を志願しました。
しかし、それは受け入れられないことです。
藤井さんはパイロットではないのです。
左手の怪我で操縦かんさえ握れない。
しかも妻と幼子二人をかかえているのです。
学校でも重要な職務を担当しています。
許可などできるはずもありません。

けれど彼は、生徒達との約束を守るため、断られても、断られても特攻に志願しました。

ある日、妻のふく子さん(当時24歳)が、夫がそんな交渉をしていることを知りました。

仰天しました。
「どうして・・・!」

夫を愛する妻として、二人の幼子を持つ母親して、そんなこと絶対に認められません。
どこの世界に、愛する夫の死を臨む妻がいるのでしょうか。
幼い子供たちだっているんです。
天命ならいざ知らず、本来与えられた責務を放棄してまで逝くなんて、許せない。

ふく子さんは、毎日、夫を説得しました。

当時、藤井夫妻は、荒物問屋を営む中島家の離れを借りて暮らしていました。
陸軍飛行学校まで、藤井さんは自転車で通っていまた。
夫・一(はじめ)、妻・ふく子、長女一子(三歳)、千恵子(生後四ヵ月)の四人家族です。
ふく子さんは、毎晩、勤務から帰って来る夫に、特攻志願を思い止まるよう説得しました。
説得だけじゃない。哀願しました。
泣いて言い争いもしました。

ふく子さんの実家は、高崎市の商家です。
三女として生まれた彼女は、ピアノや歌もたしなむお嬢さんでした。
けれど戦争がはじまると、彼女は率先して野戦看護婦として勤務しています。気丈な娘さんでもあったのです。

そんなふく子さんが、夫となる藤井さんと知り合ったのは、藤井が支那で負傷したときのことでした。
戦地での出会いです。
ふく子さんは、「軍人」としての藤井中尉と交際し、恋愛結婚しました。
だから藤井が「軍に忠、親に孝」をモットーとする愛国心に満ちた熱血漢であることは充分に承知していました。誇りにも思っていました。

けれど、結婚して、二人の娘をもうけて、飛行学校の中隊長にまでなって、順当に暮らしているのに、どうしてわざわざ本来の任務を離れてまで、特攻を志願しなければならないのか。
ふく子さんにも夫の考えが解らないわけではありません。
教え子との約束を守りたい、教え子たちが可哀相という気持ちもわかる。申し訳ないという気持ちもわかる。
気持ちだけでは気がすまないという思いもわかる。

しかしそれは、戦時下の教官なら、誰もが背負う十字架です。
司令官だって、参謀だって、みんな背負っている。
なのにどうしてあなただけが、逝かなければならないの?
子供のことはどうするの?

それでも夫の視線は、妻子ではなく、頑固に遠くを見ています。
生徒たちと交わした約束のために、です。

ふく子さんは軍人の妻です。
ですから夫が戦場に行けば戦死することがあることは覚悟ができています。
けれど、その許可さえ出ていないのに、どうして自分からわざわざ何度も特攻志願するのか。
ただ死にたいだけなのか。私と一緒に生活するのが嫌なのか。

特攻兵として死ぬ覚悟をしている夫と過ごしながら、ふく子さんは誠心誠意、夫の心を取り戻そうと努力しました。
それは、妻として、女として、母として、あらん限りの愛と知恵で戦いでした。
二人の子供も盾にして戦いました。
命をかけて戦ったのです。

でも、夫の決意は変わりませんでした。
ふく子さんは、敗北を悟りました。
そして彼女は決断したのです。


夫が週番司令として一週間宿泊勤務し、家を留守にした日、夕暮れを待って、ふく子さんは机の上に夫宛の遺書を置きました。
そして、二人の子供に晴れ着を着せ、自分も身仕度をすませました。

12月の寒い日です。
荒川の冷たい川辺に着いたふく子さんは、次女千恵子ちゃんを背中におんぶし、長女一子ちゃんの手と自分の手をひもで結びました。


昭和19年12月15日の早朝、母子三人の痛ましい溺死体が、近所の住民によって発見されました。
すぐに遺体が藤井中尉の妻と子供であることが判明し、熊谷飛行学校に連絡されました。
知らせを受けた藤井中尉は、同僚の鳴田准尉といっしょに警察の車で現場に駆けつけました。

妻ふく子と長女
藤井ふく子


車の中で、藤井中尉は、
「俺は、今日は涙を流すかも知れない。今日だけはかんべんしてくれ、解ってくれ」 と、呻(うめ)くような声で言ったそうです。
鳴田准尉には、慰めの言葉もありませんでした。


師走の荒川べりに着きました。
そこは凍てついた風が容赦なく吹きつけるところです。
歯が噛み合わないほどに寒い。

流れの中を一昼夜も漂っていた母子三人の遺体は、ふく子の最後の願いを物語るように、三人いっしょに 紐で結ばれたまま蟻人形のように並んでいました。

藤井中尉が三人の前にうずくまりました。
やさしく、擦るように白い肌についていた砂を手で払いました。

藤井さんは背が高く、がっしりした体格で、柔道も剣道も射撃も堪能な男です。
その豪快な藤井さんの背中が、呻くようにふるえていたそうです。

嶋田准尉は茫然と立ちつくすだけで、声も出ませんでした。
藤井さんの深い悲しみだけ が、じかに伝わってきて息苦しいほどだったのです。


嶋田准尉の妻が、事件のことを知って、藤井の家に駆けつけてきました。
けれど藤井さんの家は、あの明るいふく子さんがいたときとは、打って変わって、まるで人を寄せつけないようなものものしい空気が漂っていました。

すでに日が落ちて暗くなっていたけれど、窓という窓には 軍隊用の毛布が張りめぐらされ、軍の幹部の人たちが何人も詰めかけていて、緊張したただならぬ 気配がたちこめていたそうです。
それは、藤井さんが、自殺しないようにとの配慮でした。

そのものものしい警備の中で、ふく子さんと一子ちゃんと千恵子ちゃんの三人は、ただ眠っているように枕を並べてふとんの中にいました。

遺書は二枚の便箋に書かれていました。

「私たちがいたのでは後顧の憂いになり、存分の活躍ができないことでしょう。お先に行って待ってます」

はたから見れば 軍人の妻らしい気丈な立派な遺書かもしれない。
しかし愛する夫が死ぬとわかって、自らの愛で、夫をひきとめることができなかったふく子さんの悲しみは、想像するに余りあります。

葬式は、軍の幹部と、家族と隣り組だけで済まされました。
教え子たちの姿はありません。生徒たちの参列は禁じられました。

涙を誘うこの悲惨な事件に、各社の新聞記者も飛びつきました。
しかし記事はいっさい新聞にもラジオにも出ませんでした。
軍と政府の通告によって報道が差し止められたのです。


藤井さんは、葬式が終わった夜、母に連れられて死んでいった一子に宛てて、一通の手紙を書いています。
それは、けっして読まれることのない、死んだ娘への手紙でした。

~~~~~~~~~~~~
【藤井一中尉が長女一子にしたためた手紙】

冷え十二月の風の吹き飛ぶ日
荒川の河原の露と消し命。母とともに殉国の血に燃ゆる父の意志に添って、一足先に父に殉じた哀れにも悲しい、然も笑っている如く喜んで、母とともに消え去った命がいとほしい。

 父も近くお前たちの後を追って行けることだろう。
 嫌がらずに今度は父の暖かい懐で、だっこしてねんねしようね。
 それまで泣かずに待っていてください。

 千恵子ちゃんが泣いたら、よくお守りしなさい。

 ではしばらく左様なら。
 父ちゃんは戦地で立派な手柄を立ててお土産にして参ります。

 では、
 一子ちゃんも、千恵子ちゃんも、それまで待ってて頂戴。

藤井一中尉



藤井さんが、あてもないのに 天国の娘に手紙を書いたのは、そうしないではいられないほど、心のよりどころを失っていであろうと想像できます。
それは、もしかしたら自分自身への手紙であったかもしれません。


藤井は、事件の直後、あらためて特攻志願を行いました。
今度は自らの小指を切って、血書嘆願しました。


今度ばかりは、軍も諸般の事情から志願を受理してくれました。
パイロットではない者を特攻兵として受理したのは、前代未聞の「異例」のことです。

事件から一週間もたっていない12月20日、藤井は特攻隊長としての訓練を受けるため、熊谷飛行学校から、茨城県の鉾田(ほこた)飛行場へ転属となりました。

藤井さんは熊谷飛行学校教官として、生徒達に大変な人気がありました。
厳しいけれど、熱血漢で情に厚く、愛情がある。だから生徒達は藤井を信頼し、尊敬し、あこがれてもいたのです。
その藤井教官が、転勤と決まった日、藤井さんは中隊長室に教え子を一人一人呼んで、生徒ひとりひとりから、家族のことや思い出話などを聞いています。
そして、ひとりひとりに「これからの日本を頼むぞ」と励ましました。

いよいよ出発するとき、教え子たちが自習室に集まってお別れ会をやってくれました。
生徒や幹部たちは、みんなで記念に軍刀を買って贈ってくれました。

藤井はニコニコして、その軍刀を抜くと、
「これで奴らを一人残らず叩き切ってやるっ!」と刀を高くかざしました。


この間、藤井は、妻子の不幸な事件のことは、生徒たちに一言も話していません。
生徒たちも、誰もそこことを語りません。
でも、事実は、全員が知っていました。

知っていて誰も口にしない。
口にしないで、藤井さんの笑顔に、みんなも笑顔で答えました。
笑いながら、みんな泣きました。
別れを惜しみ、藤井を惜しみ、藤井さんの心をわかって、泣きました。
ひとしお深く辛い涙でした。


昭和20年2月8日、藤井さんは、二式双発襲撃機十機で編成された第六航空軍第三飛行集団付の特別攻撃隊隊長となりました。

そして5月27日、第四五振武隊 (快心隊)と名づけられて、藤井は、知覧飛行場に進出しました。

特攻出撃も終わりに近い5月28日早朝、午前3時起床という慌ただしいスケジュールで、藤井さんは第九次総攻撃に加わり、部下を率いて沖縄へ出撃しました。

藤井さんは、小川彰少尉が操縦する機に通信員として搭乗しました。
そして250キロ爆弾を二発懸吊し、隊員10名と共に沖縄に向けて飛び立ちました。

そして、
「われ突入する」
の電信を最後に、妻子の待つ黄泉の国に旅立たれました。
終戦の僅か2ヵ月半前のことでした。


藤井さんはこうして、ようやく、やっと学生たちと交わした約束と、娘の一子ちゃんに 書いた手紙の約束を果たすことができました。
それは、妻子三人が荒川で命を絶った師走の15日から、5ヵ月経ったときでした。

知覧の富屋食堂を訪れたであろう藤井中尉について、トメさんは年長の物静かな人がいたという以外にとくに印象がなかったそうです。

戦後、藤井中尉にまつわる話を聞いたトメさんは、涙が止まらなかったそうです。

陸軍特別攻撃隊第四十五振武隊快心隊 隊長藤井一中尉(後に二階級特進・少佐)
昭和20年5月28日 沖縄県にて戦死 享年29歳
藤井一中尉遺影



(引用、参考:「特攻の町知覧」昭和史の証言、靖国神社遊就館)



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/13(水) 23:28 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/03/17(火) 22:40 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/01(日) 06:54 | | #[ 編集]
いつもありがとうございます
佐官で特攻したのは、
中野さんくらいだと思っていたので、
ハテ?と思い、こちらの記事を読みました。
中尉さんでしたか。
動画
高校生の方がつくられたのですか。
泣いてしまいました。
やはり、本当のことは感性の豊かなうちに知るべきですね。
多くの若い方が、このブログにたどり着くことを願います。
2014/05/19(月) 09:47 | URL | 異能志士村眞次 #-[ 編集]
尊崇の念。
ねずさん、今回もいろいろと思いをはせる話を教えてくださり、ありがとうございます。
私利私欲のための戦いであった欧州帝国主義国や時の情勢で都合よく立ち回ろうとした中国国民党や共産党と人口総出で国の国体を守ろうとした日本。
先人の皆様方の強い強い意志のおかげで、今の私達が生かされているんだと改めて感じさせられました。
2014/04/25(金) 13:46 | URL | ゆうじです #GD8FmCnc[ 編集]
何のために戦うのか世界史をかえた戦い
旧日本軍はかつてアジアを侵略し、
武器を持たない現地住人に対して極悪非道の限りをつくした。
だから日本は世界中から嫌われているのも当然だし、
日本人として生まれてきて恥しく申し訳ないと思う。

でもそれは事実なのか。。。

一握りの白人権力者達の贅沢三昧のために、
多くのアジア人が奴隷のような生活を強いられている。
人種平等というかけがえのない理想を実現するために、
祖国、家族、友人、恋人、そして、
これから生まれてくる未来の子供たちの為に、
我々のご先祖様は欧米列強を相手に全身を傷だらけにしながら
我が身を国家に捧げたのではなかっただろうか。

かつて日本軍はアジアで極悪非道の限りを尽くした、違う。
何百年も続く欧米列強の植民地支配を終わらせたのが大東亜戦争だった。
2014/04/24(木) 22:14 | URL | 侵略国家とよばれて #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/04/24(木) 20:58 | | #[ 編集]
一見の価値あり
昨年知覧の特攻会館へ行ってきたんですが、館内まわりながら隊士達の遺書読んでたら「今から視聴覚室で特別映像流します」というアナウンスがあったので、行ってみたら藤井夫妻の話をやってました。 
右隣に座ってた幼子抱えた若い主婦が泣いてましたな。 

なお彼ら隊士達の遺書も内容様々で、「千鶴ちゃん、お兄ちゃんは今日からお星様の仲間に入ります」という切ないものから、
勇ましく「決死」の一言残して散華した朝鮮出身の隊士、「俺が死んだら何人泣くべ?」と書き残して散った北海道出身の隊士などなど色々でした。
実寸大の戦闘機やら特攻直前の隊士達が過ごした三角屋根の詰め所やら何やら見所満載でした。 
あらかた見終わった頃に寄せ書きノートみたいなのが目に入ったので、「修学旅行は(韓国とかじゃなく)ココへ来させるべし」と書いて館を出ました。 
お土産に買った知覧茶が美味しかったです。
2014/04/24(木) 20:39 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
日本の都市が空襲された理由――東京の森(6)
お勧め

以下一部

アントニン・レーモンドという建築家がいます。
戦前戦後を通じ、大型のモダニズム建築もそうですが、特に木造建築の小品で非常に良い仕事をしています。

戦前、戦後の日本の近代建築界に大きな足跡を残した人ですが、もともとはチェコスロバキアの人でアメリカに移住し、名前をアントニーン・ライマン(Antonín Reimann)からアントニン・レーモンド(Raymond)に変えています。当時アメリカでも有名な建築家フランク・ロイド・ライトの元で働いていたため、大正7年(1919年)に帝国ホテルの設計スタッフとして来日しました。
来日3年後にライトの元を離れ帰国しないで日本で設計事務所を始めます。

(中略)

今と違って、簡単に海外に建築を見に行ったり体験できなかった当時の事情を考えてみれば、世界の最先端の建築デザインを輸入供給して体験させてくれたという意味では日本の近代建築の発展過程に果たした役割は評価できるとは思います。同時にスタッフとして採用した多くの日本人を建築家として育てました。
その後日本でいくつかの実績をモノにして、1937年に米国に戻りました。

で、なんでレイモンドの話かというと、空襲の話でした。

空襲というのは上空の航空機から爆弾を落とし敵軍地上部隊を攻撃するという局地戦術のひとつです。なので軍対軍の爆撃のことは戦術爆撃といいます。

しかし、1930年頃より「制空」という概念が提唱されるようになり、爆撃は植民地への懲罰としておこなわれたり、敵軍のみならず、敵の銃後、軍人ではない一般人の住宅地や商業地を破壊して、敵国民の志気を喪失させる殲滅作戦を提唱するものがイタリアやイギリスの軍人から出てきました。
これを戦略爆撃といいます。

戦略爆撃は本来禁止です。

(中略)

ハーグ陸戦条約。
日米ともに1900年代初頭に加盟しています。

東京は「無防守都市」であり、東京大空襲のように軍事目標以外を無差別絨毯爆撃をすることが、国際法違反であることは明らかでした。

それを遂行したのが米軍のカーチス・ルメイ少将です。

レーモンドことライマンは、かつて日本に滞在していた経験を活かし日本の都市には密集木造家屋が多く、その素材も木や竹や紙で作られており燃えやすい点。それには爆風で目的を破壊する爆弾ではなく焼夷弾による爆撃が有効であることをご注進したといわれております。

そして、率先してユタ州の砂漠に日本の都市、下町の忠実な実験爆撃用の家屋を設計し日本の木造家屋を建て、焼夷弾の燃焼実験をくりかえしていた、といわれております。

で、実際やってました。
「ダグウェイ試爆場のテスト用家屋」(スタンダード石油)

この件について、戦後のレーモンド事務所にお勤めになった建築家の三沢浩先生が詳細な調査記録を作成されています。
また、日建設計の林昌二さんは著作「建築毒本」の中で批判されていました。

この件は、レーモンドに学んだ日本の著名な建築家が多かったため、レーモンドは苦渋の選択だったのでは?とか、戦争終結のためやむを得なかったのでは?とか建築界では勝手に想像した擁護の弁もあったのですが、この件は2011年に決着がつきました。
初来日した1919年の時点ですでに、レーモンドはアメリカ陸軍から情報活動の使命を帯びていたという米国公文書がアメリカの公文書館で見つかったそうです
http://www.huffingtonpost.jp/takashi-moriyama/air-attack_b_5184104.html?utm_hp_ref=japan
2014/04/24(木) 14:18 | URL | テル #nlInLFEA[ 編集]
ぜひ取り上げて欲しい!
いつもお世話に成ってます。
共産中国からの独立運動ですが、日本ではチベットや新彊ばっかりが取り上げられてます。
以下の独立運動が存在しているのを、保守系の皆様に広く知って欲しい限りであります。


Republic of Cantonia(大粤民国)
(雲南省・広東省・広西チワン族自治区・海南省)


Republic of Hookkien(福建共和國)
(福建省・江西省)



↑この2つの運動ですが日本では黙殺されてます。きちんと臨時政府もあり、台湾独立派も公認しております。

福建や大粤は決して中国の一部では有りません!
2014/04/24(木) 14:11 | URL | 長谷川淳 #22EGc9UE[ 編集]
No title
不謹慎ながら職場で読んでしまい、泣いています・・・
2014/04/24(木) 10:49 | URL | 龍兵団 #-[ 編集]
今回の記事について考えます。
今回の記事について考えます。

戦地での特攻を決意した夫。
夫を説得する事ができずに愛からくる死を選んだ妻。
その道連れになった子達。

どうすれば防げたのか。

その当時では防げなかったのだと思います。
その場のその時の状況では防げなかったのだと思います。
ワイはそう思います。

ですが、そうした事を知った今ならば、どうすれば防げるのかは解ります。

皆が中を良くし、皆が仲良くし、皆が中を抑止し、皆が一人の為に、一人が皆の為に、そういう考えの元、死なないでも何とかなるんだと、死なないでも深く考えるだけで、面と向かって今までの経験から学んだ事を活かし話をするだけで、良くなる筈です。いや、なるんです。

その努力は簡単じゃないですか。
欲を、それの下に置くだけです。
楽したいという考えを、それの下に置くだけです。

それだけで、欲も楽したいという考えも捨てる必要は無い。

ワイはそう思います。
2014/04/24(木) 10:24 | URL | Phyxius #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク