アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


尼港事件

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
第五回倭塾日心会合同公開講座が錦糸町で開催されます。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

尼港事件


 この写真はあるところの壁に書かれた文字です。そこには「大正九年五月二十四日午後十二時 忘ルナ」と書かれています。何があったのでしょうか。実は、日本人として絶対に忘れてならないひとつの歴史がここにあります。

 これが書かれたのは、いまではロシアの「ニコライエフスク」となっている街の、とある建物の中です。昔はそこは尼港(にこう)と呼ばれていました。場所は中国黒龍江(アムール川)の河口から二十キロの地点です。




 大正九(1920)年、尼港には日本人約七百名を含む一万七千人あまりが住んでいました。内訳は次の通りです。
 日本居留民  約   七〇〇名
 白系ロシア人 約一万五、〇〇〇名
 中国人    約  一、〇〇〇名
 朝鮮人    約    五〇〇名

 日本人七百名というのは、治安維持のためのいまでいうPKOとして派遣されていた日本陸軍の二個歩兵中隊約二百六十名と、その他の軍属(軍隊の世話をする人たち)およびそれら日本人の婦女子四百四十名です。

 さて、すこし背景を説明しておきます。大正六(1917)年にロシア革命が起こりました。最近の教科書などの記述では、これによってあたかもただちにレーニンのソ連政府が誕生したかのように書かれていますが、事実はだいぶ違います。
 なるほどレーニンは、ロシア皇帝を引きずり降ろし、政権を奪いましたが、ロシア革命が行われた当時、世界中どこの国の政府も、レーニンのこの新ソ連政府を国家として承認などしていません。むしろテロ集団という認識でした。ですから内乱による帝政ロシアの崩壊は、ロシアがいわゆる「無政府状態」になったという理解です。
 ですから英米日の三国は、ロシア国内の治安維持と自国の大使をはじめとした自国民の保護のために、翌年の大正七(1918)年八月には、国際共同でのロシア出兵を行っています。

 なかでも多数の囚人が送られていたシベリアは、ひどい状態でした。なぜなら多数の凶悪犯罪者が牢から脱獄して、共産パルチザンとなっていたからです。脱獄囚たちは、そのままでは食料も武器もありません。ですから一般の民家を襲い、食べ物や財物を奪いました。争いのあるところ、共産主義者ありです。ソ連の共産党は、社会破壊のために、むしろこうした混乱を利用しました。なんとシベリアの乱暴者たちに、共産党は積極的に武器、弾薬、食料、カネを与えたのです。まさに火に油を注いだのです。

 キチガイに刃物とはよく言ったものです。もともと粗暴で凶悪な犯罪者だった彼らは、集団で徒党を組み、武器を手にし、共産パルチザン(組織化されたゲリラ集団)となって、シベリア各地を荒し回りました。彼らはタテマエとしては、外国勢力追放を叫びました。けれど国内にいる外国人を襲うだけでなく、各地で同じロシア人たちをも、襲撃していたのです。

 それでもまだシベリア方面には保守派のロシア極東総督のロザノフ中将やコルチャック提督などという強者(つわもの)がいました。彼らは、国家崩壊後も、こうした共産パルチザン化した凶悪犯たちや、革命派勢力などと戦ってくれていたのです。その動きに、日本も協力をしていました。実際、シベリアや満州において、外国人が多数襲撃されていたのです。
 ところが翌大正八年に、シベリア・オムスクにあったロシアの穏健派のシベリア総督府が、武装共産パルチザンの攻撃を受けて倒れてしまう。ロシア総督府あればこその、シベリア出兵です。身の危険を感じた米英両国はシベリアから撤兵してしまいました。英米はロシアのヨーロッパに近い側の治安にあたる。日本は、シベリア等アジア側の治安にあたるという形になったのです。地理上シベリアは、北海道・樺太に直結しています。
 しかし、英米にロシア総督府を加えることで均衡を保っていたシベリアにいる日本の治安維持部隊は、極度の戦力不足となってしまいます。やむなく日本は、第十二師団(約一万五千名)を、シベリアに派遣しました。けれどシベリアは広いのです。要所に兵が分散されることを考えたら、これはあまりにも少ない派兵でした。こうして二個中隊二百六十名が駐屯したのが、当時のニコライエフス(尼港)だった、というわけです。

 尼港事件が起きたのは、大正九(1920)年一月二十九日のことです。前日までは、雪深い尼港は、共産パルチザンも鳴りをひそめ、比較的静かな状態だったのです。
 そこへ突然現れたのが、ロシアのトリビーチンを首領とする約四千人の共産パルチザンです。彼らは、いきなり尼港市街を包囲しました。
 守備していたのは、石川少佐率いる二個中隊(約二百六十名)と、無線電信隊の四十名、それと保守派のロシア兵(共産赤軍に対して白衛軍と呼ばれていたロシア兵)、合計約三百五十名たらずです。つまり、守備部隊の十倍以上の組織化された暴徒が、街を取り囲んだのです。

共産パルチザンたちは、街を包囲すると、「自分たちには敵意はない、食料の補給に強力をしてほしいだけだ」と称して、市内に入りこみました。そして市内に入るやいなや、ロシア白衛軍の将兵を捕らえて、これを全員虐殺してしまったのです。あわせて一般市民の中から「有産智識階級」と思しき市民を虐殺し、家内の家財、財宝を奪いました。さらにユダヤ人を選び出し、婦女子にいたるまで、その全員を虐殺しています。そして共産パルチザンたちは、次々と白衛兵と白系市民を銃剣で突き刺すと、黒龍江の結氷を破ってつくった穴から、凍る流れに人々を放り込んだのです。
 たった一晩のことでした。尼港では、ロシア人とユダヤ人約二千五百人が、あっという間に惨殺されてしまったのです。

 翌日、その事実を知った尼港の穏健な石田副領事は、この暴虐行為に対して「厳重抗議」を行ないました。けれど共産パルチザンたちは、もとよりそんな「抗議」など受け入れません。あたりまえです。受け入れるくらいなら、最初から虐殺などしていない。そしてパルチザンたちは、逆に日本側に武装解除を要求してきたのです。

 日本兵が武装解除したら、そのあと何をされるかは火を見るよりも明らかです。なにせその前日に、共産パルチザンたちは二千五百人もの人を殺戮しているのです。現地の日本軍部隊は、日本に急を知らせる電文を打ちました。
 けれど日本からの救援隊は、小樽から発進するのだけれど、真冬の寒い時期です。海面が凍結していてすぐには動きようがない。満州にいる他の部隊も、いちばん近い部隊で、陸路で到着するのに四十日かかります。
 尼港から日本人、ならびに日本軍駐屯隊が撤退しようにも、周囲は凍っているし、尼港の街自体が、共産パルチザンによって、蟻の這い出る隙もないほど包囲されているのです。彼らは撤退するにも撤退できなかったのです。つまり、尼港の駐留部隊は、極寒のシベリアで、完全に孤立していたのです。

 座して死を待つくらいなら、勇敢に戦って死のう。
 白人たちの惨殺を目の当たりにしていた日本人部隊は、義勇隊を募り、百十名で武装パルチザンの本拠を急襲しました。
 けれども敵は、武装した四千人の大部隊です。衆寡敵せず。駐留部隊指揮官石川少佐以下多数がまたたくまに戦死してしまう。
 義勇隊に参加しなかった軍人と軍属と女子供達六百名は、義勇隊の奮戦の最中に、日本領事館に退避しました。けれど領事館に集まることができたのは、わずか二百五十名だけでした。逃げ遅れた人達は、武装した共産パルチザンの手にかかってしまったのです。

 事後の調査記録によると、このとき共産パルチザンたちは、子供を見つけると二人で手足を持って石壁に叩きつけて殺し、女と見れば老若問わず強姦し、おもしろ半分に、両足を二頭の馬に結びつけて股を引き裂いて殺していました。 こうしてまたたく間に、義勇隊百十名、逃遅れた日本人約百名が犠牲となりました。

 日本領事館に逃げ込んだ人達も、けっして安穏としていれたわけではありません。領事館を襲おうとする共産パルチザンたちと、領事館に立てこもった日本軍との間で、戦闘はまる一昼夜続きました。

 これは実際に傭兵となって世界の戦場を点々とした人から聞いた話なのですが、一般に、銃を撃ち合う戦闘というものは、ほんの数分で決着がつくことがほとんどなのだそうです。銃撃戦が十分も続いたら、「今日の戦闘はむちゃくちゃ激しかったねえ」などと、後々まで話題になる。そのくらい銃撃戦というのは戦闘員たちにものすごい集中力と緊張を強いるものなのだそうです。
 それが、尼港の日本領事館では、まる一昼夜、銃撃戦が続いたというのです。立てこもる日本人兵士たちの緊張感、後方で震えていた日本人婦女子たちの恐怖は、想像するにあまりあります。

 一昼夜が経ち、朝日が射す頃には、領事館内の生存者は、わずか二十八名になっていました。弾薬も底をついてしまった。残った一同は、まず子供を殺し、石田副領事、三宅海軍少佐以下全員が自決してしまいます。
 こうして一夜が明けたとき、尼港に残る日本人は、河本中尉率いる別働隊と領事館に避難しなかった民間人百二十一名だけになりました。抵抗を続ける日本軍強しとみた共産パルチザンは、策を弄します。
「山田旅団長の停戦命令」を偽造したのです。

 河本中尉は、これは「怪しい」思いました。けれどもし、停戦命令に従わなかったことが、後日、国際法上の問題となったら、これは取り返しがつきません。それに軍というものは、あくまでも上官の命令によって動くものです。

 こうして河本中尉は、命令を受け入れました。
 このとき生き残っていた百二十一名の日本人は、全員、武装解除のうえ投獄されました。そして食事もろくに与えてもらえないまま、日本の救援軍に対する防御陣地構築のための土方仕事に駆り出されました。零下三十度の極寒の中で、凍てついた大地に土嚢を積み上げ、陣地の構築をしたのです。

 そして、陣地構築が終わると、手のひらに太い針金を突き通して、後ろ手に縛られ、凍ったアドミラル河の氷の穴から、生きたまま共産軍によって次々と川に放り込まれて殺されました。
 春になって、ようやく旭川第七師団の多門支隊が現地の救援にやってきました。そこで彼らは、地獄絵図を見ました。

 焼け野原と化した尼港には死臭が漂い、
「いったん撤退するが再び来て日本人を征服し尽くす。覚悟せよ」と記した共産パルチザンの声明書が残されていました。日本の救援部隊来着近しの報を受けた共産パルチザンは、五月十四日に、中国人の妻妾となっていた十四名の女性以外の生き残った日本人全員を殺害していたのです。

 中国人の妻妾となっていた女性たちの証言から、一月二十九日から五月十四日までの百六日間の尼港の模様が明らかになりました。
 何が起こっていたのか。

 日本人たちは、生きたまま両目を抉り取られ、五本の指をバラバラに切り落とされ、死ぬまで何度も刺されていました。
 そして金歯があるものは、生きたままあごから顔面を切り裂かれて、金歯を抜き取られました。女は裸にされ凌辱された上で、股を裂かれ、乳房や陰部を抉り取られて殺されました。
 そして獄舎の壁には、血痕だけでなく、毛のついた皮膚などがこびりついていました。その獄舎の中で発見されたのが、壁に書かれた冒頭の写真の文字だったのです。

 この尼港の事件は、「尼港事件」と呼ばれ、当時一部の報道はされたものの、あまりに残酷性が高いことから、報道規制が行われました。

 注意していただきたいのは、この事件が起こった当時、日本とロシアは戦争状態ではなかったという点です。もちろんソビエト共産主義政権とも、日本は敵対関係ではありません。

 そもそも帝政ロシアは、ロシア革命によって崩壊しており、レーニン指揮下のソ連も、この時点ではまだ国際的に国家としてさえ、承認されていなかったのです。つまり、この事件当時、ロシアという国家も、ソ連という国家も、国際的には存在しなかったのです。そうしたいわば無政府状態の中で、極寒のシベリアで共産パルチザンが起こした事件が、この尼港事件です。そして武装した共産パルチザンは共産主義者を標榜していたけれど、その実態は凶悪犯と夜盗の群れでした。

 いま、日本の歴史教科書には、日本のシベリア出兵について、次のように書いてあります。
「日本がシベリアでの勢力拡大を狙い、連合国間の協定に違反する大兵を派遣し、撤退したのも最後になった。」(中学社会 歴史 教育出版)
 これだけ読んだら、まるで日本が悪者です。でも右の文をお読みになった方にはわかるはずです。これは、死力を尽くして戦った同じ日本人の先人達に対する、後世の子や孫(つまり私たち)による冒涜行為以外のなにものでもないといえるのではないでしょうか。

 この尼港事件は、一定の報道規制はあったものの、一大国辱事件として日本の全国新聞で当時大々的に報道されたし、国際的にも、大きなニュースとなったものです。つまり、事件は間違いなく「あった」ことです。にもかかわらず、いまどきの歴史教科書は、この事件に全く触れないし、なぜか日本の立場だけを悪し様にののしるような記述をする。

 当時、シベリア派兵したのは日本だけではありません。英米も派兵しています。なぜ派兵したかといえば、各国が共産主義の拡大に脅威を感じていた、ということです。そしてどこの国の政府も、「共産主義革命」なんて歓迎していません。だからこそレーニンの革命政府は、列国のいずれからも承認されなかったのです。

 そして日本は、米英と比べてロシアに対する地理上の近さが違います。シベリアの赤化は日本本土に対する直接的脅威です。そして現実にこうして犠牲者を日本は出しているのです。亡くなられた日本人に、心から哀悼の意を捧げ、二度と同胞がこうした恥辱や殺戮被害に遭わないよう、しっかりと守ることこそ、本来の日本国政府の役割です。

 世界政府とか、民族や国境を越えて人類がひとつになって平和な世界を築くというのは、まさに理想でしょう。そうなったら、ほんとうにいいな、と思います。
 けれど、世界のGDPは、日本を含むわずか五カ国で、世界全体の五〇%を持っているのです。それが現実です。つまり日本人が世界市民となる、ということは、日本人は、いまの豊かな生活を全て捨て去って、世界の貧しい国々と同程度の生活環境に戻りなさい、という主張に等しいのです。
 そして国家が国境を失なったとき、その国の人々がどのような目に遭わされるのか。その現実は、戦前戦後を経由して、まさに枚挙にいとまがないのです。

 私たちは日本人です。秩序を守り、約束を守り、人を殺したり、奪ったりすることはいけないことと信じている国民です。それは、正義の国民である、ということでもあろうかと思います。そしてその正義は、常に力の裏付けがなければ、酷い眼に遭わされてしまうというのが、世界の現実であるということです。
 その現実を前に、二度と被害に遭わないよう、日本は常に強い国であり続けなければならないと思います。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/24(日) 03:01 | | #[ 編集]
東部戦線、異状ばっかり
シベリア出兵はしばしば、革命干渉戦争と説明されるが、英仏の目的はロシアのボリシェヴィキ政権が独墺側と単独講和したことで喪失された東部戦線の再建だった。

1918年3月、協商(英仏側)の一員だったロシア(ただし、ボリシェヴィキ政権)が中央同盟国(独墺側)と単独講和。これを受けて東部戦線でロシアと闘っていたドイツ軍部隊は西方に移動、西部戦線におけるドイツ軍は370万に達し、英仏軍の300万を上回った。

危機的状況に置かれた英仏は、ドイツ軍の分散を目的に新たな東部戦線の構築を画策、日本にはシベリア出兵を要請。しかし、米国が難色を示したため、これに配慮した日本は英仏の要請を断っている。

米国が欧州派兵(西部戦線)を本格化するのが1918年5月で、8月までに200万人を派遣する前代未聞の大動員だった(最終的には280万人)。東部戦線は不要だという意思表示だったのだろうか? まあ、それでも、やっぱりやるんですけどね。シベリア出兵。
2014/05/14(水) 00:39 | URL | #-[ 編集]
賭博施設はもういらない!換金合法化を許すなデモ!in大宮デモ
賭博施設はもういらない!換金合法化を許すなデモ!in大宮デモ
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5446.html

http://youtu.be/JFjF_v2l8hM
(動画)
http://youtu.be/3GWm29qflPQ
(動画)

【関連情報】
特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(カジノ法案)
( ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi#5月1日_22時20分47秒 )
【議員連盟の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj8.cgi

カジノ法案は日本人社会の破壊者による日本の国の根幹を腐らせるための法
案です。 麻薬取引や犯罪闇資金のマネーロンダリングを行うためのものであ
り、そのようなカジノ(賭博場)からの納付金で政治家や地域行政が牛耳られ
るのです。
 愛国系日本人で日本の安心・安全と自由な社会を守るためにカジノ法案に反
対する運動を起こしましょう。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2014/05/14(水) 00:31 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
利用されているアイヌ『問題』
日本が単一民族であっては気に入らない連中が、
今更ながらに『アイヌ民族』の人権云々と言いますが、
そういう者に限って『千島・樺太アイヌ』については全く問題視しません。
かつて樺太に医師として赴任した作家のチェーホフですら、
当地のアイヌ人の惨状について言及しているのに
そういう事にはまるで触れようともせず
日本人だけがアイヌ人を迫害したかのように宣伝しております。
日本におけるアイヌ人など今日においては同化が進んでおり、
差別だの格差だのといった事では全く何の問題も残ってはおりません。
それを新たな差別問題の利権としている活動家がいるのは
全く以て不可解な事であります。
2014/05/13(火) 23:45 | URL | アドレス #-[ 編集]
No title
50年前の学校のときシベリア出兵のあったことは習ったけれど、なぜ出兵したかの理由はすっきりしなかった記憶があります。
尼港事件のことは、ねずさんから教えていただくまで全く知らなかったことです。
シベリア出兵と尼港事件を、関連づけて教えられていれば判りやすかったと思うのですが、左翼全盛で日教組が強かったあの時代です。今から思うと反日教組の教師でしたが、本当のことを言えなかったのでしょう。


>この写真はあるところの壁に書かれた文字です。そこには「大正九年五月二十四日午後十二時 忘ルナ」と書かれています。
慚愧に堪えません。

この文字を見て思い出したのが、森村誠一氏の「悪魔の飽食」に記述されていた「ソ連軍が満州に侵入したため部隊の撤退に際して、施設建物を爆破する準備に隊員が特設監獄独房に足を踏み入れたところ、独房壁面いっぱいに書かれた巨大な文字を認めたとのことで、その文字は「打倒日本帝国主義」、「中国共産党万歳」とされています。」という部分です。

始めの「打倒日本帝国主義」についてですが、当時はまだ連合国の中心は欧米の帝国です。国の呼称に「帝国」とついていても違和感はないし、反感もないと思うのです。
だから、表現するなら「打倒日本帝国」が、自然だと思います。

次に、「中国共産党万歳」ですが、これはあり得ないと考えます。
日本が戦っていた相手は、蒋介石の率いる中国国民党の軍隊でした。
当然、日本軍の捕虜は国民党の兵であり、韓国の入所者もそうです。国民党の兵隊が「中国共産党万歳」と言うはずがありません。国民党は国共合作により中国共産党を編入し、日本と戦うことになりましたが、その前は、中国共産党とも戦っていたことを、忘れてはならないと思います。
それから、中国共産党の軍は国共合作により国民党軍に編入されていたのですが、日本軍に対しては兵力の温存を考えたのか、又は兵としての能力が乏しかったのでしょう。ゲリラは作戦上においてもすぐに退却していたため、日本兵は共産軍の兵は弱いと認識していました。

「悪魔の飽食」は結局、政党機関誌に掲載されていた読み物であり、信憑性には疑問が残りました。考えてみれば、○田勝一も聞いてきたことを調査せず、そのまま記述していたとのことですから、事実に合わせて検証していれば内容は変わっていたと思います。



韓国のセオゥル号の事件も、ようやくテレビで報道される頻度が減ってきました。
この1ヶ月の報道で、日本はさすがに民度が高いと思ったことがあります。
それは、日本に東日本大震災が発生したとき、韓国では「日本人が地震で死んで嬉しい」、「日本のみなさん地震で死んでください」、サッカーの競技場で「日本の大地震をお祝いします」等の日本を侮辱する発信が見られました。
しかし、このような発信を日本人は行わなかった。
もちろん、日本人の多くは、韓国人の日本に対する侮辱を知らないわけでも、忘れたわけでもないと思います。
ただ、韓国人のように人の悲劇を喜ぶ、又は囃し立てる低俗な文化を、日本人は持ち合わせていなかったのだと思います。
事件の発生原因と被害の大きさ、多くの高校生が事故の被害者になったことを知ると、人間として侮辱することや囃し立ててはいけないとして、これらを封印したのです。素晴らしい民族です。
2014/05/13(火) 22:17 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
この方はどこから情報を。
偏見も事前知識も捨てて見た場合これは本物とみなします。
私の意識が正当と見ます。ただ、もう政治家など含めて、税金収入のシステムは破綻しており、このままではいけないと思いますが個人ではどうすることもできません。復活の自民党には愕然とした。もう既存のシステムでは日本は良くならない世界も同じ。キムチの話、秀吉、戦艦大和等等こんな良い実話をテレビで見ることができないのは残念。ま、豚に何とかで確かに今の庶民は傲慢になってます。75歳まで死ぬまで働けが
それを表しています。情報に流されではなく情報に泣かされているのが現状。
2014/05/13(火) 21:04 | URL | 藤井 享 #-[ 編集]
No title
日本人は絶対に忘れてはならない酷い事件ですね

ところで『はいからさんが通る』にこの事件について記載があった気がします
昔は(といっても30年位前?)少女漫画にでも描かれる程、鮮烈な事件だったのですね
今は、知らなければならない事がタブーになっているのでしょうか?
拡散しなければなりませんね
2014/05/13(火) 20:23 | URL | おかざき #SFo5/nok[ 編集]
黄河決壊事件
恥ずかしながら今まで黄河決壊事件について知りませんでした。
蒋介石の自国民に対する大量殺人、国土荒廃化犯罪事件です。
しばやんさんのブログ「しばやんの日々」http://shibayan1954.blog101.fc2.com/
を最近発見してよく読ませていただいています。
2013年1月8日のエントリーで黄河決壊事件の事が書かれています。
日本軍が蒋介石軍を南京から追い落として追い詰めていく途上の昭和12年6月中旬のことです。日本軍の進軍を止めるため蒋介石軍は雨期で増水した黄河の堤防を爆破して11都市4000村、54,000平方キロを水没させました。このため100万人が水死し、広大な農地が乾燥地帯になり大飢饉をも起こし300万人が餓死したものです。
日本軍の犠牲者は3人だけで、当然住民の救助をおこなっています。そのため河南省の人々は日本軍を支持し協力したとのことです。
蒋介石の汚さがこれほどのものだったとは。おそるべき人命軽視、国家国土への愛着のなさはとても政治家と呼べるものではありません。
こんな一大事件が全然周知されず、なかった南京大虐殺の方が有名だとゆうのはなさけないことです。
2014/05/13(火) 16:01 | URL | ネコ太郎 #-[ 編集]
No title
やはり、そうでしたか。
お察し申し上げます。

どのような大義があっても、犠牲になるのは弱い立場ですね。
私の祖母は、脳疾患で倒れた後、子や孫の名前もなかなか思い出せない体調の中、決して忘れることのできない名前がありました。
たくさんいた兄弟のうち一番賢く優秀だった、幼い頃子守をした弟です。その大叔父はビルマで亡くなりました。
祖母の住んでいた家の近所に慰霊碑があります。
その地域で戦死された方の名前が大勢刻まれています。祖母は歩ける間はいつもそこにある名前を訪ねて、悲しい記憶を辿っていました。

大叔父は一体何に殺されたのでしょう。
在日の方々や被差別部落の人々を煽りお金でつり、国内に不穏な状況を創り出しているのは誰でしょう?
最終的に日本人を焚き付けて朝鮮半島のような奴隷制のある両班国家を完成させたいのはどのような人たちなのか。
物言わぬ日本人はわかっています。多くの人が気が付いている事です。

子供の頃、お正月にカルタに飽きてしまった私は、母に百人一首をしようよとねだりました。まさか買ってくれるとは思いませんでした。両親は教養はありませんでしたが、なぜか大喜びでした。
あのすがすがしさが日本に蘇ることがあるのか、別の世界が生まれてくるのか。正念場ですね。
2014/05/13(火) 15:23 | URL | 皐月 #rEgv4Z8U[ 編集]
【伊藤博文の旧千円札復活】
安重根を顕彰する韓国人により、
元勲たる伊藤博文は殺されて然るべき人物とされた。

名誉回復は国家の急務である。
【伊藤博文の旧千円札復活】せよ(´・ω・`)
pic.twitter.com/rO3VFXpauN

流通量の多い千円札である。
在日も観光客も手にせざるをえないのである。
2014/05/13(火) 08:05 | URL | 丹次郎 #pt67g6gE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク