アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


大きな力

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

マガジンとサンデー


昔、少年マガジンや、少年サンデー、ぼくら、冒険王などのマンガ雑誌があって、いまでは名作とされている数々のマンガが、そこから誕生していきました。少年ジャンプは、時期的にはずっと後発だったように記憶しています。

そのマンガの雑誌は、発行日の翌日になると、クラスメイトの誰かが学校に持って来てくれて、休み時間などに、みんなで回し読みをしました。
回し読みといっても、読むのはひとりではなくて、ひとりが読んでいるまわりに、同級生たちが6〜7人集まって、みんなで読む。
それが2〜3回繰り返されると、クラスメイトの男の子全員が、一冊のマンガ誌を読み終えるのです。

マンガを買うのは、クラスメイトで持ち回りでした。
順番が決まっているとかではありません。
そのとき、お小遣いのある子が買ってくる。
当時、少年マガジンもサンデーも、一冊60円くらいだったように思いますが、子供たちにとっては、その60円が大金で、ひとりでは毎週買うなんてことはできません。
ですから、そのときお金がある子が、なんとなく買って来て、なんとなく教室で休み時間にみんなで回し読みして、また続きを楽しみにしていました。

これが女の子たちですと、少女フレンドとか、マーガレットとかのマンガ誌が、同じような動きをしていたように思います。



昭和30年代のことです。
そんな「回し読み」をしている小学生の少年少女たちには、共通する、おもしろい自覚がありました。
親や教師からは、「マンガばっかり読んでいて、ちっとも勉強しない」と叱られるのですが、子供たちからすると、「俺たちがこうしてマンガ雑誌を買うことで、マンガ家たちがマンガを書けるんだ」という自覚です。
もっといえば、マンガは「俺たちが支えているんだ」という自覚がありました。

この頃の漫画家たちは、永島慎二の『漫画家残酷物語』なんてのもありますが、たいへんな貧乏暮らしの中で、それでもマンガを書くことが好きで好きでたまらないという、ごく一握りの人たちが、まさに手弁当状態でマンガを描いていました。
そんな中で生まれた作品が、おそまつ君であったり、伊賀の影丸であったり、サイボーグ009であったり、8マンであったり、墓場の鬼太郎であったりしました。
明日のジョーなども、連載が開始された頃のちばてつや氏は、ほとんど食うや食わずの状態だったようにも聞いています。

けれど、そういうマンガを、子供たちが、ただ自分が楽しむというだけでなくて、描いてくれる人に感謝して、子供たちがそれを支えようとしていたというところに、すごく日本人らしさというか、おもしろいものを感じます。

自分が、少年マガジンを買えるのは、せいぜい年に2〜3冊です。
たった60円でも、買うのはたいへんなことだったのです。
だから、なんとなくみんなで、それを買っていた。
自分にできることは、せいぜい年に2〜3冊のサンデーやマガジンを買うことしかできないけれど、「俺たちがマガジンを支えてるんだ」、「あたしたちが少女フレンドを支えているのよ」といった自覚を、なんとなく子供たちが共有していたのです。

それでもまだ、こうしたマンガ雑誌を「買える」ようになっただけ、昭和30年代の子供たちは恵まれていたといえるかもしれません。
それ以前の、「冒険ダン吉」や、「タンクタンクロー」、「まぼろし探偵」、「赤同鈴之助」、「イガクリ君」などの時代は、貸本屋さんの時代で、漫画を買うのではなくて、借りる時代でした。
それを借りて来る。
自分では買えないけれど、貸本屋さんに買ってもらって、みんなでそれを借りて読む。
そうすることで、これまた、「俺たちが支えているんだぜ」と、ドヤ顔をして弟たちに自慢したりしていた、そんな時代でした。

この時代、小学生の、まだほんの子供たちが、こうして「俺たちがささえているんだ」という気持ちを共有していたということは、注目に値します。
つまりそれが日本社会の、ごく普通の、あたりまえの姿であったということだからです。
そしてそういう支えを受けた漫画家たちも、商業主義ではなく、子供たちに夢や冒険やロマンや正義感を提供しようとして、経済的には貧乏のどん底暮らしをしながらも、それぞれが孤軍奮闘していました。
そしてそうした中から、次の時代の漫画家たちが登場して行ったわけです。

実は、明治の中頃の和歌にも、同じような流れがありました。

もともと和歌は、万葉集に詠われているように、日本に古くからあった和風文化です。
ところが、遣唐使や遣隋使が始まるとともに、支那から漢詩文化がはいってきました。
漢詩的叙情は、男性的なものとして、もてはやされるようになっていったわけです。

ところが日本は、遣唐使を廃止しました。9世紀のことです。
遣唐使が廃止され、日本が鎖国することによって、ここから国風文化が花開くことになるのですが、この遣唐使廃止からちょうど10年後に、天皇の命令による勅撰で、古今和歌集が編纂されました。
漢字文化ではなくて、我が国の独自の歌という、ひとことでいえば和風文化を再現していこうというのが、この歌集が編纂された目的です。

そしてこの古今和歌集に、初出したのが「君が代」の歌であり、また続く勅撰和歌集に納められた数々の歌から、古今の名歌を集めて一人一首で編纂されたのが、小倉百人一首です。
こうした歌集に所蔵された数々の歌は、その後の日本の国風文化の柱となりました。

どういうことかというと、いま、自分が得ている感傷は、実は、何百年、何千年前の歌人が抱いた感傷と同じものである。つまり、情の面から、歴史の縦軸が自然とつながる、人と人の心が、時代を超えてつながっている。そしてその歌人たちの世界は、天皇や朝廷という存在と、これまた一体であるということが、情の面から、広く民衆に受け入れられるようになっていったわけです。
ですから、古典的和歌は、その歌のひとつひとつが、日本の朝廷、もしくは天皇という存在と結びついていました。

これを大きく変えたのが、明治の正岡子規で、正岡子規は、明治の新時代という息吹の中にあって、歴史という縦糸から独立して、ただ、いまこの瞬間の叙情を詠むのが和歌であるという、まったく新しい運動を開始したわけです。

そしてその運動の流れは、当時の多くの民衆の支持するところとなって、与謝野晶子など、新しい歌人たちを育成しました。
そしてその歌人たちを、多くの人々が支持し、同人誌のような歌集をみんなで支えることで、歌壇に、新しい、動きが芽生えました。
つまり和歌が、古典的な歴史という縦軸から解放されて、ある意味自由になり、瞬間瞬間の歌人の思いとだけ、読み手が共感する。そういう流れが生まれたわけです。

この流れは、戦後になって拡大し、いまでは、すっかり和歌は、歴史とは切り離されたものとして解釈されるようになってしまいましたが、逆にそこまでいくと、今度は、昔の古い万葉や古今集時代の歌意が、みえなくなってしまうわけです。
だから、おかしな解釈がまかり通るようになるし、そういうことを研究する役割のはずの学者さんたち自体が、正岡子規以来の思考の金縛りにあってしまって、まるで歌が見えなくなってしまう。

すると不思議なことに、市井の貧乏長屋から、ねずさんのような人が現れて、ふたたび真実の歌意を取り戻そうとする動きが現れ、そこにまた賛同してくださる方々が、これを支えてくれる。

どこまでも、人と人とが支え合い、共同し、いろいろな試行錯誤を重ねながら、民衆の手で新しいものが生み出され、育てられ、発展する。
それが、シラス国である日本です。

なぜ日本がそうなるかといえば、日本は、権力者が一切の民意を押さえ込んで、権力者の都合のためだけに、いろいろなものが動員されるというウシハク社会ではないからです。
どこまでも民衆が主役という、日本がシラス国だからこそです。
そしてそのことを担保してくれているのが、天皇という存在のありがたさです。

そして日本がシラス国であったからこそ、漫画家たちを子供たちまでが、自分にできることはほんのちょっとだけれども、自分にできる範囲で、それを護ろうとしたし、与謝野晶子や啄木などといった新しい歌人たちを育てようとしたし、そうやって日本の歴史が紡がれてきたのです。

日本は、いわゆる上意下達の国柄ではありません。
あくまでも民が主役であり、民が国を支え、国を変える、そういう国です。

だからこそ、いま、日本を取り戻すためには、社会の上位にいる政治家がどうのこうのとか、内閣がどうのとか、もちろんそれはとっても大切なことですけれど、日本人が変わらなきゃ、何も変わらないということなのです。

その日本人を変えるのは、他の誰でもない。
目覚めたおひとり、おひとりが、自分にできるほんのちょっとのことでいいから、日本の素晴らしさを、拡散する。
ひとりにできることなんて、たかが知れているかもしれないけれど、そのほんのちょっとが積み重なれば、力になる。

そして、新たらしい時代を築く、その足がかりになるものを、みんなで応援していく。
かつて、ちびっこたちが、なけなしのお小遣いで、「俺たちが支えるんだ」と意気込みながら、みんなで回し読みしていた少年マガジンや少年サンデーは、漫画家と多くの作品を育て、それがまた、残酷物語とまで形容されるアニメーターたちの食うや食わずの努力によって、アニメ化され、テレビ番組や映画となり、そしてきがつけば、それが世界に対等と協和、和と結い、そしてシラスとウシハクを、物語として伝え、広め、世界を変えるエネルギーにまで大きく育っています。

小さな積み重ねこそ、日本を変え、世界を変える。
私は、小さな積み重ねこそが、世界最大最強の偉大な、そして大きな力なのだと思うのです。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

関連記事

コメント
漫画家残酷物語
『漫画家残酷物語』の永島慎二は若くして世の理不尽に曝されて中学校も満足に通えず
後に左翼活動にオルグされて『赤旗』や民青紙にも描いていた人物です。
40代で隠居のような型になり67歳で死去しました。
『柔道一直線』は彼の代表作ですが、
原作者の梶原一騎と対立して途中で投げ出した所は
『空手バカ一代』のつのだじろうとよく似ています。
2014/06/15(日) 11:33 | URL | かま #rpw6RJIQ[ 編集]
RE:【禁聞】真相の力中国で広がる臓器狩り反対署名
PS:
河野洋平宅前で手首切る
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-3756.html
2014/06/15(日) 02:20 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
【動画】◆さようなら韓国、さようなら戦後体制
【動画】◆さようなら韓国、さようなら戦後体制

1/3【討論!】◆さようなら韓国、さようなら戦後体制[桜H26/6/14]
https://www.youtube.com/watch?v=E91IjAALWjc

放送時間 6/14 (土) 土曜日 20:00-23:00

パネリスト:
 大高未貴(ジャーナリスト)
 菅沼光弘(アジア社会経済開発協力会会長・元公安調査庁第二部長)
 松木国俊(朝鮮問題研究家)
 三浦小太郎(評論家)
 水間政憲(ジャーナリスト)
 室谷克実(評論家)『呆韓論』著者 30万部突破!
 渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1587
2014/06/14(土) 23:40 | URL | 嫌韓=日本人の総意 #amXlFcx2[ 編集]
日本的経営
ウシハクとシラスの違いは、経営学でいう「アメリカ型経営」と「日本的経営」の違いを見ているようです。

アメリカ型経営を説明するMBA系統の経営教科書では「会社は誰のものか」という問いを立てて、会社は株主のもの(所有権という意味ではそうです)なので「株主利益の最大化」こそが会社の目的だと断じます(その会社は何のためにあるのか、何を目的に設立されたのかと問えば、違う答えが出てくるはずですが、そうは書きません)。

株主は有能と思われる経営者を選任して経営を行わせ、結果を出せなければ解任します。株主の権限は絶対的なものなので、その代理人である経営者の権限も強大で、経営に関する決断についてもトップダウンで行われます(経営者が株主を裏切る「エージェンシー問題」が特に問題とされるのも権限者同士の対立なわけです)。

アメリカ式経営は少数者による、少数者のための経営なので、果断で素早い意思決定ができる半面、短期成果主義、強引な企業買収、人員削減、所得格差、環境破壊などの問題を抱えやすく、これらの問題を補正するために規制当局や労働組合などの別のメカニズムが不可欠となります。

つまりアメリカ式資本主義は、企業は企業の都合、取引先は取引先の都合、労働者は労働者の都合を主張してぶつかり合い、押し合いへしあいすることで社会のバランスを取ろうという社会設計になっているわけです。1人の絶対的なウシハク王者を許さないかわりに、小さなウシハク権限者が相互に牽制し合う社会です。

日本的経営は、終身雇用、年功序列賃金、企業別組合の三要素からなると定式化されますが、簡単にいえば社員や協力会社が一体となって顧客のために仕事をするものです。日本的経営の株主は一般に経営にあれこれ口出すことのない、長期安定株主であるとされます。社員が顧客のため(他人のため)に一生懸命仕事することが株主のためになるという構造です。

実際にはアメリカにも日本式に分類される経営を行っている会社はたくさんありますし、日本にもアメリカ的な経営を行っている会社があります。日本式経営の理想像と現実も違うでしょう。それを割り引いても、日本人が創業し、日本で成長した企業の多くは日本式経営の特徴を持つ組織となるので、ねずさんが指摘するように日本がシラス国だということがよくわかります。
2014/06/14(土) 22:39 | URL | 啓輔 #-[ 編集]
No title
懐かしいですね。マガジン、サンデー観てました。その前、月刊誌は付録つきでした。
西洋では、絵画、クラシック音楽などは貴族の為の物でした。
漫画は、俺達の楽しみです。まさか、その漫画が、その西洋の人達に
受け入れられるとは思いもよりませんでした。
浮世絵の国からのものという下地があるとは言えです。
ところが、全国区ならぬ世界区の食べ物を俺達、私達は育ててしまいました。
寿司、ラーメンです。これは、庶民の食べ物です。
以前、ねずさんのお話しで日本の貴族、武家の食事は質素である。
とありました。ゆえに迎賓館での饗応はフランス料理であると。
それをうらずけるお話しが庶民文化の落語にあります。
    「さんまは、目黒に限る。」

2014/06/14(土) 22:26 | URL | #-[ 編集]
植物工場で目指せ食料自給率アップ
植物工場で目指せ食料自給率アップ
http://economic.jp/?p=36139

【関連情報】
【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi

 何時でも何処でも野菜や果物や牧草栽培が可能になる植物工場が稼動する
と地産地消のために世界中の生鮮野菜等の輸送量が激減して輸送の為に消費
されているエネルギーが節約できる。
 植物工場で必要になるエネルギーは水素(H2)革命で出現する燃料電池
の電力である。 燃料電池の最先端技術で国際規格を先導する日本が世界の
食料自給率を引き上げる担い手となる。

詳細は
【植物工場の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/sgr/sgr0.cgi
【植物工場のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2014/06/14(土) 21:50 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
漫画家残酷物語は永島慎二で松本零士は男おいどんなどてす。
2014/06/14(土) 19:12 | URL | #-[ 編集]
No title
昔の少年誌の表紙はお相撲さん、野球選手、黒澤明監督などがあったようですね。
表紙に水着の女性にしたら売り上げが上がり多くの少年誌も追随したようです。
(「オタクはすでに死んでいる」岡田斗司夫著に履歴あります)
2014/06/14(土) 17:52 | URL | teru #4DOcPobI[ 編集]
No title
少年マガジンと少年サンデーが出るまでは月刊誌が多く、月刊誌には付録が沢山付いていたことを思い出しました。
鉄腕アトム、鉄人28号は月刊誌でした。ジャングル大帝は、単行本で読んだ記憶があります。
友達に見せて貰ったり、貸本屋から借りたり、懐かしい思い出です。

漫画家を支えるなどと、口幅ったいことはなかったです。
ただ、夢のある漫画が好きでした。
紫電改のタカも好きでしたけれど、考えてみれば団塊の世代です。生まれたのは終戦後、間もない頃です。
戦艦大和が沈んでから、未だ10年も経っていないなかった頃に生まれているのです。
考えてみると、今の子供がヤマトというと宇宙戦艦ヤマトになるのも、無理のないことかも知れません。

それはさておき、漫画が写実的な劇画になってから、現実的な描写が増えた代わりに、子供に必要な夢を追いかけるものが減ったような気がしたことを覚えています。



6月8日のことですが、自民党の元幹事長の古賀誠氏は、靖国神社に対してA級戦犯の合祀を止めて、宮司預かりにすることを提案しました。

古賀氏は2002年2月から2012年2月まで、日本遺族会会長をしていましたが、(今の日本には法的には、A級戦犯は存在しません。)A級戦犯を含めて日本の戦没者です。また、A級戦犯を合祀したのも靖国神社の宮司ではなかったでしょうか。この提案は理解不能です。

日本のために尽力しながらも戦い破れて戦犯とされた方々ですけれども、サンフランシスコ条約の締結後は、法律的に戦犯は存在しません。また、死刑になった方の命を元に戻すことが、物理的に出来ないために戦犯を受け入れたものではなかったでしょうか。

ちなみに、敗戦国であるドイツの戦犯であるアドルフ・アイヒマンは、1960年にイスラエルに裁判に掛けられ、死刑にされています。また、カール・デーニッツが釈放されたのは1956年です。
日本で1956年まで釈放されなかったのは、不当にソ連に抑留された方だけではないでしょうか。

大東亜戦争に敗れたとは言え、そのために亡くなった方は靖国神社に合祀していただきたいと思います。
古賀氏は元日本遺族会会長をしていたとのことですが、このような方が遺族会会長をしていたことを理解できません。自民党は、もし今でも古賀氏の影響が残っているようなら、その影響力を排除しませんと、愛国者から疎まれることになると思います。
2014/06/14(土) 16:55 | URL | ポッポ #-[ 編集]
◆さようなら韓国、さようなら戦後体制
◆さようなら韓国、さようなら戦後体制

日本よ、今...闘論!倒論!討論!2014【さようなら韓国、さようなら戦後体制】[3h]

放送時間 6/14 (土) 土曜日 20:00-23:00

パネリスト:
 大高未貴(ジャーナリスト)
 菅沼光弘(アジア社会経済開発協力会会長・元公安調査庁第二部長)
 松木国俊(朝鮮問題研究家)
 三浦小太郎(評論家)
 水間政憲(ジャーナリスト)
 室谷克実(評論家)
 渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1587
2014/06/14(土) 16:38 | URL | 拡散させて下さい。 #amXlFcx2[ 編集]
韓国に侵食されつつある、日本のマンガ業界
最近は日本のマンガ業界も韓国に侵食されつつあるようですね。
編集スタッフに在日がいると、日本人漫画家はなかなか
デビューさせてもらえないそうです、運よくデビューしても
短期間で連載などは終了させ、そのくせ同じ在日漫画家には
だらだらと連載をさせるそうです。
ほとんどの場合ペンネームだろうと思いますが、在日漫画家の場合
本名は少なく、通名みたいなものやSAYAKAの様なアルファベット
が多いみたいですね。
また、韓国からわざわざ日本人漫画家のところにアシスタントをやりに
来るものも急増しているようです。
日本人漫画家が断っても、断ってもしつこく押しかけてきて
しぶしぶ雇っているようですが、ほとんどはパクリが目的でしょう。
日本のマンガ業界も、芸能界やTVのように在日の既得権益に
なるかもしれません。
2014/06/14(土) 15:39 | URL | まー #-[ 編集]
No title
> 正岡子規は、明治の新時代という息吹の中にあって、歴史という縦糸から独立して、

俳句というのは、もともと俳諧の句なのでオフザケ、諧謔・滑稽歌のジャンルなんですね。古典教養を身に付けた文人たちのお遊びを、庶民の文芸にしてみせたってことなんでしょうか? 奈良仏教から念仏仏教への展開を思わせます。

2014/06/14(土) 13:47 | URL | #-[ 編集]
No title
私は53歳です。
今の週刊少年雑誌の表紙は、掲載している作品やアイドルが前面に出ていますが、私の子供のころ(昭和40年代)には、子供モデルと自衛隊、警察官、消防士、野球選手などの組み合わせが多くありました。巻頭特集は戦闘機、戦車、消防車、パトカーなどで、水着の女の子なんて絶対にありえませんでした。
最近の災害救援などでの自衛隊の活躍を思うと、昔のように少年雑誌でも自衛隊特集をやってもらいたいものです。
2014/06/14(土) 08:52 | URL | 服部 充良 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク