アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


国産ウナギ

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

うな重


だいぶ蒸し暑くなってきました。
私の書斎は西日があたるため、夏の午後は何もしないと室内温度が軽く50度前後になります。
部屋にいるだけで熱中症になりそうで、これからの季節は悩みの種です(笑)

猛暑を跳ね返す食事と言えば、ウナギの蒲焼きです。
不思議なもので、ウナギを食べると、食べ終わった直後から、なにやら目がシャキっとして、視界も明るくなるし、それまで暑さでうだっていた身体が元気になります。

そんなことから我が国では古来、7月の土用の丑の日にウナギを食べる習慣があります。
もともとの由来は江戸の発明家の平賀源内で、商売がうまく行かない鰻屋(うなぎや)が、夏に売れないウナギを何とか売るにはどうしたらよいかと源内に相談に行ったところ、源内が、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。するとその鰻屋は大繁盛して、他の鰻屋も真似るようになったのだそうです。



ちなみに平賀源内、竹とんぼを発明したり、エレキテル装置で静電気を放出したり、発明から浄瑠璃の原作まで幅広くこなした人で、
  京都三条 糸屋の娘 姉は十八 妹は十五
  諸国大名 弓矢で殺す 糸屋の娘は 目で殺す
なんていう戯れ歌も、平賀源内の作品なのだそうです。

もっともあまりお金には縁がなかったようで、平賀源内という名前も、もとをたどせば冗談混じりに「貧家銭内」をもじったものなのだそうです。

我が国でウナギを蒲焼きにして食べるようになったのがいつ頃からなのかは、よくわかりません。
万葉集では、大伴家持が戯れ歌に、「夏痩せに、よしといふものぞ、鰻(うなぎ)とり食(め)せ」と詠んでいますから、相当古くから食べる習慣はあったものと思います。
どのような食べ方だったのかまではわかりません。
大伴家持の時代は、まだ醤油がありませんので、おそらくは白焼きであったものと思われます。
歌には、ウナギが「夏痩せによい」とありますから、当時から精のつく食べ物とされていたのでしょう。

ウナギを串焼きにして食べることが普及したのが、実は、家康の江戸城普請です。
当時の江戸は、広大な湿地帯で、たくさんの野生のウナギがいたのだそうです。
お城の普請は、とてもスタミナを使う仕事ですが、そこで白普請の人足さんたちが、貴重なタンパク源として、精のつくウナギを食べたのですが、このとき、ウナギをぶつ切りにして串に刺して焼いて食べたのだそうです。

そしてこのぶつ切りが、まるで蒲(かば)を割いたような姿だということで、ウナギの串焼きが、「蒲焼き」と呼ばれるようになりました。

ちなみに蒲焼きにつかうお醤油(しょうゆ)は、日本で最初の醤油屋さんが誕生したのが、織田信長が生きた時代の1580年頃で、場所は紀州(和歌山県)の湯浅です。
これがまたたく間に普及して、天正16年には、紀州から100石(約18000L)のお醤油が大阪に送られたという記録が残っています。

そしてこのころには大阪の町人衆の間では、お醤油はすでに日用品となっていたそうなのですが、ところが関東には、醤油は伝わっていたものの製造には至らず、上方(関西)から運ばれてきたものを使っていたのだそうです。
都から運ばれることから「下りしょうゆ」と呼ばれ、珍重されていましたそうです(しょうゆ情報センターより)。

関東で醤油が造られるようになったのは、元禄から享保年間で、上方からの「下りしょうゆ」が薄口なのに対し、関東風は「濃い口」での醤油が発展しました。

ということで、江戸城普請の頃は、まだウナギは蒲焼きにしていたけれど、醤油の味付けはなかったわけで、これに醤油を塗って焼くことで、醤油の焦げたえもいわれぬ良い香りのするウナギの蒲焼きになったのは、享保年間(1716~1736年)のことなのだそうです。

そのウナギは、出前のときに冷めないようにと、どんぶりにフタがかぶせられるようになって、ここから「重箱」で食べる習慣がはじまっています。

こうして食べられていたウナギは、ずっと野生のウナギだったのですが、これが養殖されるようになったのが、明治24年、浜名湖が最初です。

国産の養殖ウナギは、県別の生産量は、鹿児島、愛知、宮崎、静岡、高知の順で、年間の国内生産高は約2万トンです。
ところが、国内で消費されるウナギは、年間15万トンです。
つまり、12万トン足りない。

その足りない分が、輸入で補われてるのですが、輸入先となっているのが、支那、台湾、ベトナム、タイ、マレーシアなどです。

問題は、その中の支那産のウナギで、支那産のウナギは、実に肉厚で厚さが15mmくらいあったりします。
何も知らなければ、値段も安いし、肉厚だし、いかにもお買い得という感じです。
けれど問題は、支那産のウナギが「なぜ肉厚なのか」です。

なんとウナギの養殖沼に、10cmくらい成長ホルモン剤を敷き詰めてウナギを成長させているのだそうで、おかげで、育てたウナギは、まるまると肥える。
さらに養殖沼には、孔雀石緑(マラカイトグリーン)と避孕剤(ピル)を大量に水中に投薬します。前者は稚魚の病死予防薬で、後者は成長促進剤です。いずれも発がん性物質として、日本ではいまでは食用に禁止されているものです。
あまりに危険なウナギとなることから、現地の支那人たちは、自分たちが養殖したウナギを決して食べません。それでも現地では、6歳の子供にヒゲが生え、乳が膨らみ、続々と奇形児が生まれています。

そんな危険な支那産ウナギが、続々と日本に輸入され、超肉厚の格安ウナギとして売られているわけです。

通関では、抜き打ち検査をするのですが、検査をすると支那産ウナギは、毒物混入とのことで、たいていひっかかってしまいます。
支那人たちは、ひっかかった荷物を、素直に下げるのですが、翌日の荷物で日本に陸揚げしてしまいます。
要するに検査が抜き打ちで単発なので、その場だけひっこめれば、あとでいくらでも日本に陸揚げできるのです。

ちなみに支那の2010年の統計資料によりますと、同年に中共から輸出されたウナギは、3万6485トンで、このうちの64%にあたる2万3370トンが、日本向けの輸出です。
さらに生きたウナギの輸出量は8672トンで、うち70%に相当する6116トンが日本向けです。

もうひとつ余計なことを書くと、支那で育てられているウナギのエサのことです。
ウナギは雑食なので何でも食べますが、肉などの栄養価が高いエサを与えれば、ウナギは大きく太ります。
ところが、牛や豚や鳥などの肉は、人も食べますから、値が高い。
そこで何を食べされるかというと、人の屍体なのだそうです。
日本と違い、支那では遺体の尊厳という概念がありませんから、死ねば、人もただの肉のかたまりです。
そして、人が食用に買わない分、値も安い。
そこで人間の屍体を買ってきて、養殖池に、いちにのさんで、放り込むわけです。
すると水面が盛り上がるようにウナギが束になって遺体に襲いかかり、あっという間に骨までたべてしまうのだそうです。

たとえどんなに安くても、私は、そんなものを食べようとは思いません。
食べるなら、国産ウナギを!!
そして支那産ウナギには、厳格な検疫体制を!!
というか、支那産ウナギは、輸入禁止にしてもらいたい、ということを、実は昨年のちょうどこの時期に、このブログに書いたのですが、それなりの影響があったらしくて、支那産のウナギは、昨年はスーパーでもずいぶんと売れ残りが目立つようになりました。

ところが、今月12日に、とんでもないニュースが飛び込みました。
世界の野生生物の専門家などで作るIUCN(国際自然保護連合)が、12日に日本ウナギを近い将来絶滅する危険性が高いとして「絶滅危惧種」に指定し、レッドリストに掲載したというのです。

レッドリストに法的な拘束力はないものの、絶滅危惧種のリストとしては世界で最も権威のあるものとされるため、ニホンウナギが掲載されたことで、今後、国際的な取り引きの規制など保護を求める世論が高まる可能性もあるといいます。

こうなると、国産ウナギは、おいそれとは食べれなくなる。
すると日本人は、支那産のウナギを食べるようになる。あるいは支那産ウナギを食べろということなのでしょうか。

このIUCNのレッドリスト登録が、あまりにもタイミングが良すぎると思うのは、実は今年の4月に、農林水産省の外郭法人である「水産総合研究センター」が、「ウナギの稚魚の完全養殖に成功した」と発表したばかりの出来事なのです。

そもそも国産ウナギが高騰し、需要に対して供給がまったく追いつかなくなった原因は、養殖するためのウナギの稚魚について、完全に天然資源に頼っていたことが原因です。
つまり、ウナギを卵から稚魚に育てることができなかったのです。
卵の孵化実験に成功したのは、2002年のことですが、まったく量産ができない状態が続き、ずっと試行錯誤していたものが、ここにきて、ようやく量産化の目処がたとうとしはじめたのです。

もともと、ウナギの稚魚は、お酒を飲むときに使うおちょこ一杯が、2千円くらいでした。
ところが近年では、天然稚魚の捕獲がむつかしくなっていて、おちょこ一杯が20万円とかするようになっていたのです。
だからウナギは値段が高騰したし、国産ウナギの数が少ないから、支那産のウナギが輸入されたりしていたのです。

ところがその支那産ウナギが、どうやら非常に危険なものらしいということがわかると、なぜかタイミングよく、IUCNが、日本産ウナギを絶滅危惧種に指定したわけです。

支那との関係で、何かあったのかと、嫌味のひとつも言いたくなりますが、日本人にも問題があります。
乱獲し、数が減って需要が間に合わないからと、易々と支那産ウナギに手を出した。
儲かると思えば、なんだってする連中なのです。
そういう民族性をちゃんと考えずに、やみくもに輸入をし、検疫体制さえも、簡素化したままにしている。

日本人を守るのも、日本ウナギを守るのも、等しく日本人の責任です。
美味しい国産ウナギを、社会全体としてちゃんと保護し、育てて行く。
国も、国民のために、国産ウナギの卵からの孵化や、稚魚の育成に予算を投じてこれを育てて行く。
そういう国民と国家両方の運命共同体の共通意思として、国民の健康と食を守るという感覚を、わたしたち日本人はいまいちど、しっかりと考え、根付かせていかなければならないと思います。

ちなみに、台湾でも、日本ウナギが養殖されています。
こちらは、安全なウナギなのだそうです。
支那と台湾の国民性の違いでしょうね。

それにしても、うな重、食べたいなぁ。。。
もうまる二年、食べてないです(涙)。

(参考)
農林水産省HP「世界初 「ウナギの完全養殖」に成功」
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1007/mf_news_03.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

中国食品汚染問題 櫻井よしこ女史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

関連記事

コメント
今に安全な国産鰻・和牛・寿司を口に出来ない日が来る
日本人の頑強な抵抗で、なかなか在日参政権を手に出来ず、半島流押し付け洗脳TV局も吊しあげられてしまった在日・草加学会ですが、
今度は一計を案じて、移民法で参政権を手にし日本を乗っ取ってやりたい放題に日本と日本人の文化の破壊に乗り出す動きに出ました。

今度は日本人に気付かれて抵抗を受けないように、違和感を抱く事なく日本人が自然に受け入れるように、
白人・黒人の非半島系外国人をTVに出演させて馴れさせるという舐め切った小細工を始めました。

今でも既に高額所得者は在日達ですが、安い雇用賃金で使える移民の増加で、日本人子弟はこれから一層就職難になり、生活に喘ぎ、
日本人が先祖代々愛して来た、美味しくて安全な食品は値段が高くて手が出ず、日本人にまで供給する量も不足する事になるのではないでしょうか。

国産鰻・和牛・鮪(魚、寿司)・安全で美味しい牛乳、粉乳、農作物、(水源を買い占められて)水...
2014/06/19(木) 19:09 | URL | 金剛石 #ncVW9ZjY[ 編集]
韓国の国家情報院がメールアプリ「LINE」を傍受…日本人ユーザー5千万人が被害か
韓国の国家情報院がメールアプリ「LINE」を傍受…日本人ユーザー5千万人が被害か
http://aresoku.blog42.fc2.com/blog-entry-3682.html

 支那朝鮮の嘘は実態が無い虚言である。 「通信の秘密」を守る法律がな
い韓国側で登録ユーザー4億人余も集める無責任さは呆れるばかり。
 「LINE」 は秘密を守る事が出来ないので通信内容が世界中に漏洩してい
る。 日本では創価学会公明党のマイナンバー法案で国民の個人情報や財産
情報を「LINE」を使ってシステムを立ち上げる計画を即刻中止するべき。
 こんな所にも創価学会公明党が日本人社会の破壊者である証拠が出てくる。

詳細は
【情報・通信の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/jht/jht.cgi
2014/06/19(木) 02:11 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
介護保険負担2割に、年金収入280万円以上対象 医療・介護法が成立
介護保険負担2割に、年金収入280万円以上対象 医療・介護法が成立
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140618/plc14061813240015-n1.htm

【関連情報】
2014年6月18日の審議中継案件 
地域自然資産区域における自然環境の保全及び持続可能な利用の推進に関
する法律案(衆第31号)
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律
の一部を改正する法律案(衆第28号)
マンションの建替えの円滑化等に関する法律の一部を改正する法律案(閣
法第45号)
宅地建物取引業法の一部を改正する法律案(衆第26号)
特定農林水産物等の名称の保護に関する法律案(閣法第81号)
地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整
備等に関する法律案(閣法第23号)
山崎正昭(参議院議長)
ttp://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=17115&mode=LIBRARY&pars=0.5275574599640616
佐藤信秋(環境委員長)
荒木清寛(法務委員長)
藤本祐司(国土交通委員長)
野村哲郎(農林水産委員長)
石井みどり(厚生労働委員長)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=17120&mode=LIBRARY&pars=0.013455112984823491
津田弥太郎(民主党・新緑風会)
高階恵美子(自由民主党)
東徹(日本維新の会・結いの党)
薬師寺みちよ(みんなの党)
小池晃(日本共産党)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=17125&mode=LIBRARY&pars=0.8445073744152007
第一八六回閣第二三号地域における医療及び介護の総合的な確保を推進す
るための関係法律の整備等に関する法律案
ttp://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/186/pdf/t031860231860.pdf
詳細は
【年金問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj1.cgi
【年金問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2014/06/19(木) 00:00 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
牛乳も同じ
牛肉も同じ。日本では、脂の多い肉が好まれるから、雄牛を女性ホルモンで女性化させる。
牛乳に含まれる女性ホルモンの影響もある。牛乳がご飯には合わないと、学校給食から無くなるかもしれない。
だから、園児で初潮がくる。男児の女性化。

また、養殖魚は病気すると全滅するから、抗生物質入りの餌を与えて、奇形で背骨が曲がる。加工してしまえば分からない。
日本も人ごとではない。

野生を食べる日本文化と、家畜を食べる外国の文化。どっちが野蛮かってな話ではないが、日本の食文化が野蛮扱いされて標的にされてるのかな。
これって、食料自給を外国に牛耳られて、21世紀の資源の封鎖に思える。
2014/06/18(水) 23:44 | URL | @ねるとなぁじゅ #yVD2DuLo[ 編集]
No title
台湾産はやはり安心なようで、ほっとしました。

支那産はひどいですね。あれらは人肉を平気で食べるけどウナギにも平気で食べさせるとは。飼い主に似るとはこの事ですね。
2014/06/18(水) 23:14 | URL | #-[ 編集]
No title
台湾産ウナギから合成抗菌剤スルファジミジンが検出されたことがあります。
外国産が産地偽装により日本産として高値で売られている事もあります。
ニホンウナギの産卵場所がグアム島やマリアナ諸島の西側沖のマリアナ海嶺のスルガ海山付近で、東アジアで取れればニホンウナギです。
コメントにある様に、中国が日本向けの輸出用にこれを乱獲しているのが減った理由と思われます。
中国で育ったものを1~2週間日本の養殖場で育てると、あら不思議、日本産となります。
2014/06/18(水) 22:34 | URL | #-[ 編集]
私もここのブログに以前書かれてたウナギの記事をきっかけに中国産ウナギを食べるのをやめました。
台湾ウナギが安全らしいですがなかなか売ってませんね。
2014/06/18(水) 21:29 | URL | キョウリュウジャー #-[ 編集]
台湾のは安心なんですね。良かった!
高くても一年に一回は食べたいですね。
とにかく中韓には気をつけなければ。
2014/06/18(水) 20:30 | URL | うなぎ #-[ 編集]
ただウナギのためだけでなく
ウナギの減少・価格高騰は、養殖に使うシラスウナギの減少によるものなのは間違いありませんが、シラスウナギ減少の原因は、その生態が明らかでないので諸説あります。しかしながら、マスコミは「河川などの護岸工事原因説」をさかんに取り上げますが、「中国漁船による乱獲説」はあまり取り上げません。

数年前から中国漁船は、網目は細かい大型の網で稚魚や小魚を含めた魚群を追い込み、バキュームで吸い取る虎網漁法を使うようになっています。最近は、巨大アームで一辺数十メートルの網を魚群に落としてで丸ごと引き上げる、かぶせ網漁も登場しているといいます。中国漁船団は、日本漁船がいるところに魚群がいることを知っていて、日本漁船が漁を始めたところに割り込んで魚を横取りすることも日常茶飯事だそうです。

こうした中国漁船による無思慮な乱獲がシラスウナギの不漁に直接影響しているかどうかは明確ではありませんが、東シナ海において水産資源が急速に枯渇しつつあるのは事実のようです。相手は中国人、しかも当局じゃなくて文字通り無法な漁民なので、交渉や法的規制だけなく、嫌がらせレベルの実力行使で対抗する時期に来ていると思います。
2014/06/18(水) 15:44 | URL | まーしゃる #-[ 編集]
不買
ウナギはともかく、シナ由来の食品は、これは生物兵器であると認識しています。何しろあの国は、古来日本を敵視しどんどん侵略兵士を送り込んできています。留学生であろうが、研修生であろうが国民が国内でさえ自由に移動できないといわれる国の人間が自由意思で外国に来れるとは思わないほうがよいと思います。
スーパーで売っているでっかいウナギは食べたことがありません。
最近は、衣類もCHINA製は避けていますので下着一枚買うのも大変ですが、敵に塩を送るほど私はお人よしではありません。
今後、国産品マークのようなものをつけてくれると、買い物が少し楽になります。多少高くても大事に使えばよいし、日本の仲間の助けになればまた循環して私にも帰ってくる。
原発が保障まで考慮に入れると、経済的とは言えないというバカがいるが、どんなにコストがかかっても、それは大部分国内で循環するお金です。火力の原油やガスのコストは全部外国に持ち出して日本が貧乏になるということだと私は理解しています。温暖化のリスクまで考慮するとコストは無限大です。
前は、1800円くらいだった牛久の蒲焼が去年の秋には2700円でした。この前潮来の天然ウナギは、最低が3600円だと知り、ウナギなんかもう食ってやらないと決めました。絶滅危惧種だといわれては、良心的に食えないでしょう。
日本人がウナギを食べるのをやめれば、シナのウナギ屋も立ちいかなくなるでしょう。念のため、今日行ったスーパーのウナギは東南アジア産なんてごまかしてました。
ついでに言えば、最近朝鮮文字を見なくなったなーと思っていましたが、ありましたよ、ひらがなで「まっこり」だなんて 笑っちゃいました。これって、スコッチのビンに「ういすきー」と書いて有るようなものでしょう。
でも、ウナギ食べたい。
2014/06/18(水) 15:43 | URL | #-[ 編集]
No title
水産総合研究センターがウナギの稚魚の完全養殖に整合しましたけれど、WHOの代表は今も中国人だったと思いますから、そちらから手を回して日本ウナギを絶滅危惧種に指定したのかと邪推したくなりました。


5月30日頃、オーストラリア西部ウエスタンオーストラリア州沿岸でザトウクジラの座礁が急増しているのは、鯨が栄養失調に陥っていると考えられるとの調査報告が発表されています。
鯨の栄養不良を招いた原因としては、オキアミの商業的漁業の増加と、オキアミの個体数に対する気候温暖化の影響が考えられるということで、ザトウクジラは南極でほぼオキアミのみを食べているそうです。

要は、鯨の食べ物のオキアミが不足しており、その原因はオキアミの商業的漁業の増加だそうですが、本当でしょうか? ザトウクジラの増加により食物のオキアミが不足し、結果として鯨が栄養失調になったと考えるのが理解しやすいのですが・・・・・・

調査捕鯨を通じてザトウクジラの個体数を調整しないと、オキアミの不足によりザトウクジラが絶滅に瀕する場合が考えられます。
もっとも、オキアミは南氷洋にほぼ無尽蔵にあると思っていたのですけれど、鯨の食べる量は、体が大きいから凄まじいのでしょう。その内、鰯も鯨のために減少して、魚を食べるには陸上で養殖するしかなくなるのでしょうか。


50年程前のことですけど、貨物列車で貨物駅に運ばれてきた肉用牛が、肉処理場へ連れて行かれるのを予感したのか道路で座り込んだため、牛を引っ張っていた人が苦労していたのを、何度か見たことがありました。
アメリカ人は牛は肉でしかなく、鯨は愛玩物かも知れませんが、どちらも同じ動物です。牛の目も顔も、見る人が見れば可愛いと思います。

それをいただいて生きているのが人間ですから、無駄にせず、成仏していただこうと思います。

しかし、人間を食べるというのは、勘弁して欲しいです。
中国産のウナギを見る度に、今日の話を思い出しそうです。
2014/06/18(水) 15:35 | URL | ポッポ #-[ 編集]
こんにちは
ウナギの生体は未だ謎が多く、特に「繁殖活動」については、どこでどのように行っているのか、全く分かっていません。

稚魚が海で取れることから、繁殖活動を海に出てから行っていることは間違いないようですが、『海のどっかでよろしくやってんだろ』くらいのものです。

だから、ウナギの完全養殖に成功したというのは、実はとんでもない「偉業」です。

下品を承知で書きますが、ウナギの完全養殖というのは、例えば、生理的に絶対に受け付けないような男女の仲を取り持ち、互いに「好きになる」ように仕向け、結婚させ、子供を作ってもらうようなものです。

言ってしまえば、元米大統領のブッシュと福嶋瑞穂を「両想い」にするようなものです。

そのような不可能を可能にする日本人の凄さと言いますか、シラスウナギだけに「シラス国」ならではの「仲人」の大役を見事に果たしてしまう、その超人的なパワーというのは、技術者がどこまで「ウナギ」になれるか、つまり、ウナギになってみなきゃ分からないはずの「ウナギの気持ち」を理解してしまう日本人の底知れぬ包容力の賜物なんだと思います。

言い換えれば、それだけ日本人はウナギが大好きだということで、ウナギを「ただの食べ物」ではなく、まるで家族のように大事に思い、感謝している証拠なんだろうと私は思います。
2014/06/18(水) 12:34 | URL | 硫黄島 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/18(水) 12:11 | | #[ 編集]
サヨクと在日と韓国のマッチポンプ!
これは必見!

サヨクと在日と韓国のマッチポンプ!
慰安婦の貴重写真を従軍慰安婦写真として歪曲無断使用する反日朝鮮サヨク。

◆天児都氏インタビュー 「真実の歴史を知って欲しい~軍医の父を誰が慰安婦強制連行責任者に仕立て上げたのか?」
【天児都】軍医の父を誰が慰安婦強制連行責任者に仕立て上げたのか?
桜プロジェクト -平成26年6月16日号
https://www.youtube.com/watch?v=ahIU5D8Vtlk
2014/06/18(水) 09:46 | URL | 反日極左 #amXlFcx2[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク