アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


日本的儒教思想と支那朝鮮的儒教思想

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

孔子


日本における儒教思想と、支那朝鮮の儒教思想は、似て異なるものです。
支那朝鮮の儒教思想は、もっぱら「上に立つ人の都合に下が隷従することが良いこと」ということを思想にしたものです。これが儒教思想のもともとのカタチです。

ところが日本は、儒教思想を取り入れる際に、もとからある日本的思想の上に、この儒教思想を取り入れました。
このため、日本人が学んだ儒教系列の思想は、「上に立つ人」ではなく、「上に立つ人を通じて、いかにその人が天皇から親任され、委ねられている民衆を大切にするか」という思想になっています。
つまり、日本人が学んだ儒教思想は、日本的変形を加えた日本型儒教思想になっています。


たとえば「忠」は、支那朝鮮儒教においてはとても大切な概念で、とにもかくにも上に立つ人の意向を自己の中心に置くことと解されています。
ですから上に立つ人が、たとえ間違ったこと、たとえば冤罪(えんざい)で、まったく関係ない人を殺害したとしても、部下はその上司を守るために、嘘の証言をしなければならない。なぜならそれが家臣たるものの忠の心得であるから、当然のことである、と解されます。

ところが日本には、もともと大和言葉で「まめなるこころ」という語があります。
そして「ただしい」という大和言葉があるわけです。
そこで、この「忠(chu)」という漢字を導入した際、この漢字に訓読みとして、「まめなるこころ」と「ただし」という語を宛てました。

そして「ただしく、また、まめにつくす」のは何のためかといえば、日本における民衆は、天皇の「おおみたから」であり、その「おおみたから」を天皇から親任を受けて預かっているのが領主なのだから、領主にまめにつくすことは、領主個人やその人につくすことではなくて、民衆のためにつくすことになると考えられてきました。

ですから、たとえば武士は藩の忠勤に励みますし、ときに命をかけて藩のために戦いますけれど、それはあくまで領主個人に対しての忠義ではなくて、日頃から藩民、領民たちの幸せを願って働くし、戦うに際しても、やむにやまれぬときに藩主と一体となって命がけで戦うものと理解されてきたのです。
つまり、あくまでも、民(たみ)が主役なのです。そのために「忠」がある。

「誠」も、支那朝鮮儒教では、上の人の言った通りに成すことが誠ですが、日本的儒教では、民のために「まこと」を尽くすことが誠になります。

「義」も同様に、支那朝鮮儒教では、我を羊のような捧げものにする意ですから、上の人がわが家に来てくれたなら、妻や子を殺して食肉に差し出すのが、彼らにとっての「義」。
これに対し日本型儒教思想では、「義」は「よし」で、良いことのため、つまり民のために身を捧げることが「義」と解釈されます。

ですからたとえば、先の対戦中に日本軍の将校が、たとえば島嶼における玉砕戦で、最後は本部との通信機まで破壊したあとに、切腹をする。このことが欧米には日本人のハラキリとしてまったく理解不能な行動で、かれらは「これはきっと天皇教という宗教的カルト思想によるものに違いない」としか解釈できなかったわけですが、実は、これまた全然違います。

日本型思想では、軍は民を守るためにあり、将校はその責任を負うものです。
彼らは民(みんな)を守るために最後の一兵まで必死で戦い、それで責任を果たせず守備していた島を明け渡さなければならなくなったとき、祖国にいる民(みんな)のために、そして一緒に戦ってくれた部下のために、その責任をとって腹をきったのです。
要するに、そこに「上の者に対して」という意識も思想もまったくない。
ただただ、民(たみ)のため、部下のためという誠(まこと)のために、忠(まめなるこころ)を尽くして戦い、それが果たせなかったとき、民(たみ)への責任をとったのです。
そして民(たみ)というのは、タんぼで働くミんなのことです。

こうした思想の違いは、シラス国日本と、ウシハク国である支那朝鮮の違いそのものを意味します。
どこまでも日本はシラス国であり、
どこまでも支那朝鮮は、ウシハク国であるのです。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/28(土) 21:23 | | #[ 編集]
No title
儒教については、分かっているようで、分からなかったのですが、大陸と日本の考え方の差が、分かったような気がします。

どこの民族も、先人の知恵を引き継いで生きていると思いますが、土壇場になったときの責任感は、DNAがそのまま出てくるのでしょう。
日本人の責任感は、今なら東日本大震災における福島原子力発電所での活動に現れていると思います。
隣国ならば、フェリーボートの転覆事故の対応に出ているのでしょう。



韓国人の若い女性の日本へのワーキングホリデービザの発給の審査が、急激に厳しくなっているそうです。

願わくば、女性だけでなく、男性にも来ていただきたいと思いませんし、他国へ行ったとき悪事を働いた場合には、日本人だと詐称しないようにして欲しいものです。
2014/06/28(土) 16:22 | URL | ポッポ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/28(土) 16:14 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/28(土) 16:02 | | #[ 編集]
集団的自衛権、1日閣議決定=公明、30日に意見集約

皇后陛下の御言葉は何かしら意味があるのでは?

天皇・皇后両陛下は27日、70年前に沈没した学童疎開船「対馬丸」の記念館を訪問された。 両陛下は対馬丸記念館で、亡くなった子供たちのランドセルなど遺品の展示や子供たちの遺影を丁寧にご覧になった。天皇陛下は、対馬丸に当時2隻の護衛艦がついていたとの説明を受けると、「この護衛船は救助はできなかったのですか?」と質問し、また、皇后さまは「対馬丸は疎開児童の船だということはアメリカは知っていたんでしょうか?」質問するなど熱心に説明を聞き、「本当に痛ましい」という感想を述べられていた。 その後、両陛下は15人の遺族や生存者らと懇談し、それぞれの遺族や生存者に当時の年齢や家族を失ったり生き延びたりした状況を聞かれた。 懇談は当初15分ほどの予定が30分に延び、天皇陛下は遺族に対し「残念なことで心を痛めております」などと話された。また、生存者がいかだで何日も漂流し苦しかった体験や親しい人たちが死んでいったことなどを伝えると、皇后さまが「生き延びてくださった方が、こうして皆さんの中に生きている方のことを伝えてくださって私どもも知ることができました。本当にお話ししてくださってありがとう」と生存者の苦労をねぎらわれる場面もあった。
2014/06/28(土) 13:20 | URL | 息吹ちゃん #1rLwA7r.[ 編集]
DNAにある
説明できるように、ボクの頭の中はできていませんが、
支那朝鮮儒教の解釈を読んでいると「違うな」と思うし、
あとから、日本的儒教を読むと、「そうだよな」と思う。
まぁ、言ってみれば、あたりまえのことで、
先生のブログは、いつも、そこのところで安心させてもらっています。
ありがとうございます。
2014/06/28(土) 13:13 | URL | 眞次 #-[ 編集]
No title
いつも拝読させて頂いております。私は無知でした。恥じねばなりません。ですが、これからは日本人としての誇りを持って生きていきたいと思っております。
2014/06/28(土) 12:49 | URL | 日本人 #-[ 編集]
こんにちは
そういえば、マッカーサー元帥はフィリピンの総司令だったとき、日本軍の進攻によって、部下を置き去りにして逃げましたね。

そのような者がGHQのトップにまで出世できるとは、当時の日本人の感覚ではありえないことだったと思います。

また、マッカーサーの祖父は英国の良家の出身だと“自称”していたらしいですが、メイフラワー号伝説を「由緒あるアメリカ人」の根拠とする米国のこと、「選民」であるマッカーサー家の人間は最初から出世が約束されていたのかもしれません。

豪州では、未だに「出自」をアピールしなければ選挙で当選できないことがあると聞きます。その出自が、祖国の英国から新大陸の豪州に追放された「囚人」の末裔ではなく、自主的に豪州にやってきた「貴族」の末裔でなければならないというのです。

有権者がどうやってそれを確認できるのか、私には分かりませんが、ともあれ、囚人の末裔は選挙で当選もできないというのですから、「当人」を見て判断する日本人の感覚だと考えにくいですね。

農民が「太政大臣」にまで出世できる日本とは根本的に違うような気がします。

ある意味、欧米社会も「儒教的」なのかもしれません。

米国にせよ豪州にせよ、元は英国の植民地ですから、そういう意味では、この両国の「選民意識」は英国コンプレックスの裏返しなのかもしれません。

つまり、祖国で犯罪に手を染め植民地に追放され、まるで反抗期の学生のように祖国を逆恨みし、そして、武器を手に取り「独立戦争」を戦ったとする建国由来では、いつまで経っても英国に「勝てない」ということなんでしょうか。

だから、「自主的」に植民地に移住し、開拓し、そして、独立戦争を戦い、自由を勝ち取ったことにしなければならない。

しかし、実際にはその両方であるにも関わらず、前者はまるで「いない」かの如くうそぶいている。

従って、「出自」がアイデンティティになるんだろうと思います。

日本は歴史認識について、戦勝国やその取り巻きのいいようにされていますが、欧米は歴史に自ら呪縛を設けているように見えます。

従って、日本を取り巻く「歴史問題」は、非常に根が深いのだと思います。日本が歴史を取り戻すことは、同時に戦勝国がアイデンティティを失うことにもなりかねないからです。

戦勝国を「安心」させるにはどうしたらよいか、答えを出せるのは日本人だけかもしれません。
2014/06/28(土) 12:22 | URL | 硫黄島 #-[ 編集]
更新ありがとうございます。
吉田松陰、西郷隆盛など幕末の志士達が愛読したのは論語ではなく、日本の大儒佐藤一斎の言志四録です。 佐藤一斎は支那儒教では異端である王陽明の信奉者でもあります。 私も言志四録は何回も再読していますが、現代に通うじる哲学が示されています。 朱子に始まる封建制に基づく支配体制を絶対視する支那儒教とその真似事である朝鮮儒教とは、日本で説かれている儒教は遥かに次元が違います。 支那儒教はいかに民衆を支配するかに重きを置いていますが、日本の儒教は最初から民衆をいかに救うのか、愛護育成するかを本義としています。本当の仁に基づく生き方を最初から日本の儒教の先達は身を持って体現しています。 支那儒教は学ぶ価値は全くありませんが、日本の儒教は現代でも学ぶべきところは多いと想います。
2014/06/28(土) 12:07 | URL | ひろし #-[ 編集]
No title
このようなシナ朝鮮人に惑わされ、交友を望む日本人がいるのが嘆かわしいです。昨日も自宅の郵便受けに、新日本婦人の会〇〇支部のチラシが入っており、地元の人の連絡先が書かれていました。戦争の足音が聞こえる、反日親中教師に洗脳されたままの人(日本人が中国人に残虐な事をしたと信じ込んでいる)、集団的自衛権で戦争に参加できる国になるのは反対!の声。自分たちの父、祖父が、ひいては自分や先祖、日本人全体を残虐で恐ろしい民族だと、疑いもせず丸呑みして受け入れているわけです。
お前が悪いと言われて素直に信じて反省してしまう日本人と、嘘や犯罪が多くマナーも悪く、悪事をしても謝らない現実のシナ人朝鮮人を比べて何とも思わないのか。なぜ目の前の現実のシナ人朝鮮人の言動から、何も察することが出来ないのか、疑念を抱かないのか。「戦争の足音」には過敏なのに、シナの日本への干渉は全く見えず聞こえずです。
またこの会ではありませんが、左翼の方々は中国のチベットやウイグル侵略のことも、反中共テロを取り上げて「蛮族に悩まされている中国人は被害者」の扱いで、報道もそのように伝えていると思います。
2014/06/28(土) 11:07 | URL | 葉桜 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/28(土) 11:03 | | #[ 編集]
これぞ日本人の正論です
シナ、朝鮮の儒教については、仏教国であり八百万の神々を信ずる日本も、この儒教を受け入れたが、彼の国とはその解釈が全く異なっていることに疑問を感じていました。

そしてこのたびの大東亜戦争で日本の将兵たちが、命を惜しまず勇敢に戦い、そして敗れた際には部隊もろとも玉砕する。そして最後は特別攻撃隊として敵国の将兵たちを震え上がらせました。

それを、一方的な勝者による極東軍事裁判(東京裁判)で、日本だけが悪者にされA,B,C級戦犯として処刑されとことを、日本が悪かったのだから当然だと信じ込んだ自虐史観に染まりきった日本人もいると言う現状・・・・

彼らには、ねずさんが仰る>そこに「上の者に対して」という意識も思想もまったくない。ただただ、民(たみ)のため、部下のためという誠(まこと)のために、忠(まめなるこころ)を尽くして戦い、それが果たせなかったとき、民(たみ)への責任をとったのです・・・・

日本軍将兵たちは「天皇陛下万歳」と叫ぶが、それは天皇陛下のために命を捧げると言うのではなく、我らの祖父母、家族のためにという意味なのです。>どこまでも日本はシラス国であり、どこまでも支那朝鮮は、ウシハク国であるのです・・・・と、ねずさんが仰っていますが、まさに正論だと思います。

自虐史観に嵌り込んでいる、いわゆる進歩的文化人と言われる知識人たち、反戦平和主義者たちは、このたびのねずさんの「日本的儒教思想と支那朝鮮的儒教思想」をじっくりと読んで勉強し直して頂きたいものだと思っています。





2014/06/28(土) 10:35 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
しかと
我々は,このように同じ儒教と言ってもその解釈は中韓とこんなに違うのだということを、冷静に分析することができる。それでこんなに違うのでは、最早言葉は通じないので、話し合っても物事は絶対に解決しないということを悟ってしまった。
しかるに、中韓では自分たちが上にいるのだから、日本が無条件に自分たちの要求の通りにするべきだと信じて疑っていない。
こんなのとは、喧嘩をしないという関係で良い。必要であれば、商売のやり取りはあっても金銭の決済をもって終わりにするような。
2014/06/28(土) 10:28 | URL | #-[ 編集]
No title
ねず先生おはようございます。

儒教
以前お話にあった「セイタカアワダチソウ」の件と似ています。
カレーライスやラーメンなどもそうなのかもしれません。
自動車やエレクトロニクスなどは顕著です。

こういった現象を『ジャパライズ=日本化』と言ってもいいかなと思います。

もし世界に国家統治のジャパライズが広まれば世界はもっと、、、
いや既に世界はジャパライズしつつあるのではないかと思えます。

だからこそ日本人は本来の精神性をしっかり取り戻したいですね。
2014/06/28(土) 10:09 | URL | コージ #-[ 編集]
いつも貴重なお話をありがとうございます。
恥ずかしながら、今朝、ようやく『凛として愛』を観ました。
涙が止まりませんでした。
私にできることは、VTRにあったように伝えることだと思います。
まだ1歳4ヶ月の息子・大和がもう少し大きくなったら、一緒に靖国神社へ参拝に行きたいと思います。
そして、彼にも正しい、真実の歴史と日本の心を伝えたいと思います。
2014/06/28(土) 09:57 | URL | ようやくママ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク