アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


選挙

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

投票箱0708


昨日の記事で、戦後の日本のお話を例に出し、政治云々ではなくて庶民が目覚めることが大事ということを書かせていただいたのですが、同時に、いまの時代にあっては、政治に庶民が目覚めることも大事だということを、今日は書かせていただきます。

というのは、「政治不信」だとか、「政治家なんて」とか、アホな在日の政治家が泣き真似のパフォーマンスをしただとか、くだらない野次が飛んだだとか、そういうことから選挙に行かない人が増えるということが、実は、反日左翼や在日などの、まさに「思うつぼ」であり、「狙い通り」のことであるということでもあるからです。

政治は、庶民生活と「対立」するものではありません。国家や地方自治体は、わたしたちの共同体であり、わたしたちの暮らしの一部です。あくまでも庶民と政治は一体のものです。

ところが、なにやら「政治対庶民」というように、妙な対立があおられています。そして政治をバカにすることが、まるであたりまえの良いことのように報道され、拡散されています。
その結果、民衆の政治離れが起こり、民衆が選挙に行かなくなる。
すると投票率が下がります。

投票率が下がると、カルトや在日、あるいは日本解体を目論む不逞なグループや団体、つまり固定的組織票を持つ団体の得票数が相対的に強くなります。
国民の代表、県民の代表、市民の代表が、特定組織の利権や主張を代表する機関になってしまうのです。

彼らからすれば、それを「民意」だと主張できるわけですから、こんなにおいしいことはありません。
ですから彼らは、さかんに政治不信をあおり、選挙にもいろいろ規制を設けて、一般庶民に選挙があることさえもあまり知られないようにしようとします。
つまり、投票率を下げるために、さまざまなイタズラを仕掛けるわけです。

そして投票率が下がる。
特定団体の票を持つ者が政治家に当選する。
政治のレベルが下がる。
政治と多くの一般庶民の意向に乖離が生まれる。
庶民の政治離れが進む。
庶民が選挙にいかなくなる。
投票率が下がる・・・・


政治が庶民の代表である議員によって行われる以上、その代表であるべき議員は庶民の代表としての得票を得た人物でなければならないはずです。
ところが全体の投票率が下がると、多くの人々の、まさに「民意」といえるものが選挙に繁栄されず、相対的に固い結束を持った組織票を持つ者が当選します。

このことが特に問題になるのが地方自治体の選挙です。
地方によっては、投票率が10%にも満たないところがあるし、全国的にも10%台のところが多くなっています。そういう地域では、特定政党の候補者がダントツで上位得票数を得て議員に当選しています。

議員にとって、得票数の順位は、その議会や、その地方自治体における議員としての発言力の強さに影響します。つまりそういう地域では、売国左翼や対立ばかりをあおるろくでもない人物が、特定組織の後ろ押しを得て、地域内でとびきり大きな顔をして政治を壟断するようになるのです。

事態はそれだけにとどまりません。
実際にはごく少数の凝り固まった人たちによって組織票によって推薦された議員たちは、自分たちがより選挙で優勢になるように、自治体を動かし、なんと選挙管理委員の人選にまで介入をしはじめるのです。
そして選挙管理委員のポストを、自分たち組織の人間で固めると、こんどは平然と投票用紙のすり替えや、選挙の際の得票に対して「付け替え」と呼ばれるゴマカシをはじめます。

これがどういうものかというと、Aという候補者に投票された投票用紙を強引に無効票にしてしまったり、あるいは得票した投票用紙の束を、違う候補者の得票にすり替えてしまったりという、これは最早犯罪行為ですけれど、そういう犯罪を公然と行うようになるのです。

事態はそれだけにとどまりません。

選挙における投票率を下げるために、街頭演説を制限したり、あるいは選挙カーを走らせることに制限を加え、一般の多くの人たちに、その日選挙があることさえも、わからないようにしてしまう。
なぜなら、投票率が下がれば下がるほど、特定政党や特定組織が有利になるからです。

こうなると議会が民意を反映したものとは、とてもいえないものとなります。
公正な選挙さえ行われず、政治が壟断され、庶民生活はひとつも豊かにならないのに、特定の人たちだけが政治利権によって巨富を得るという、まさにウシハク体制がどんどん出来上がり、日本が民意に逆らって壊れて行くわけです。

あたりまえのことですが、日本という国家は、日本人のための共同体国家です。
地方自治体は、その地方に住む人々のための共同体です。
その共同体が、外国人や特定カルト、あるいはその共同体を破壊しようとするおかしな連中によって牛耳られる。
そうした事態を招いているのは、「お人好しでまんまと嵌められて投票にいかなくなった日本人自身」です。

日本人が目覚め、日本人が日本のために、あるいは自治のために地域のために、民衆が選挙にいかなければ、日本はますますおかしくなる。
そもそも、嘘泣きをすれば自分に有利になるなどと、人前で号泣してみせるようなろくでもない人物が選挙に受かるというのは、その選挙区にいる、日本を愛し、家族を愛し、地域を愛すべき普通の日本人が選挙にいかなかったことが、最大の理由です。

みんなで選挙に行こう。
選挙をみんなで大事にしよう。

そのことこそが、民主主義の社会において、主役となるべき民衆の民意を反映するための唯一の道なのです。





人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/11(金) 22:57 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/11(金) 20:32 | | #[ 編集]
No title
「誰がなっても同じだ!」と、いうのは90代の父の口癖でした! 
終戦当時、真面目な20代だった父(その世代)は、もろにGHQ
の「反日本、反伝統、反社会」の教化を受け、それ1色だった時代
ですから、それを信じざるを得ず、そのような考えに洗脳されてきた
のかもしれないと思っています。

「誰が選ばれても同じ」という考えは、個人の考えと言うより
最近の誘導された世論のように、これも当時の新聞などによって
誘導された当時の世論の一つだったのかもしれないと・・・

それが、代々、受け継がれ・・・
選挙を軽視する現代人が生れてきたのでしょうかね
でも、インターネットなどで知識や情報を得る人が
増えれば、じょじょに変ると思います

日本は、もっと、もっと、インターネットを活用する
人口を増やしていくべきでしょうね
田舎の方に帰ると、ネットを知的に有効活用する人が
若い人でも、少ないのでビックリします
ネットは危険と、今では教えられているようですね




日本人はあらゆることに施政者たちの都合の良いように
洗脳、扇動、




2014/07/11(金) 17:12 | URL | 在海外 #-[ 編集]
選挙もそうですが…
こんにちわ、いつも勉強させて頂いております。

選挙に関して、仰るとおりです。我が家でも投票にいくのは私だけですが、先の参院選では上の息子を連れて行きました。

政治家は我々の行動で落選させることもできますが、教師はどうすればいいのでしょう?売国反日教育を進める教師を教育界から一掃するために、どうすればいいのか。選挙なるものがないだけにやっかいです…。
2014/07/11(金) 16:13 | URL | ピア #-[ 編集]
No title
選挙、大切ですね。

よく「誰がなっても同じ」とか「あの候補者が当選するに決まっている」と言って投票に行かない人がいますがそれはそうでしょう。
いつも投票に行く人だけの意見が反映されているから、いつも同じ結果になるんです。

みんなで決める機会には何も言わず、決まった後に文句をいうのは自分勝手ではないでしょうか?
小学生の頃にみんなで話し合って何かを決める時に、後になってから文句を言う所謂ジコチューがクラスに必ず一人はいたかと思いますが、投票に行かずそのくせ後になってから文句を言うのはまさにそのジコチューと同じではないでしょうか?

そんな人にならないためにも、せっかくある権利を大切にしたいものですね。
2014/07/11(金) 02:40 | URL | #-[ 編集]
共感
昨年まで、絵に描いたような反日洗脳された国民だったこともあり、深く共感致しました。
また、先、都知事選を思い出しました。選挙当日、午前中のテレ朝の天気予報は、屋上からで温度計は36度ぐらいでした。当日は、その週では珍しく30度を下回る日でしたが、放送をみて驚きました。その後は、CMに切り替わりましたが、なんともおかしな放送でした。
2014/07/10(木) 23:13 | URL | かけだしの愛国者 #a2H6GHBU[ 編集]
東京近郊の県立高校に通う息子が怒り心頭で帰ってきました。
なんでも中国大使が高校にやって来て講演をしたそうです。
南京大虐殺や慰安婦問題などをあげ、「日本は中国人を沢山殺した。日本は中国に悪い事をした。
しかし、今、日本には大勢の中国人留学生がおり、日本の素晴らしい技術を学んでいる。皆さんの世代では友好が大切だ。」
という様な内容だったそうです。
捏造の歴史で日本の高校生に自虐史観を植え付ける目的でしょう。
日本中の高校でこの様な中国大使の講演が行われているのでしょうか。
全く許せません!
ちなみに、質疑応答で生徒からの反論に中国大使はシドロモドロだったそうですが。
日本の若者なめるな!

2014/07/10(木) 22:33 | URL | かほる #-[ 編集]
私はずーっと誰が議員になってもおんなじだ。誰が総理になっても変わらないと思っていて選挙に行った事が有りませんでした。
それでも夜の選挙報道を見るのは大好きでNHKの午前1時ぐらいからやってた、注目の候補者の選挙戦、当落の番組は何故か好きでした。
選挙の度に後ろめたさは有りました。
昔は女の人は選挙権なくて、色々努力した人達のお陰で選挙できるようになったんだよなあ、、とちょっと頭をかすめていましたが。
民主が政権をとって、 バカ鳩すっから菅野田の3バカが総理になって、私はやっと目覚めて選挙に行くようになりました。
今の安部総理は日本を代表するに本当に素晴らしい人です。
総理によって国の方向がこんなにも違うんだとしみじみ思います。
2014/07/10(木) 22:29 | URL | ニコニコちゃん #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/10(木) 21:45 | | #[ 編集]
その議会は何のため?
「有権者は選挙に行きましょう」は、まったくおっしゃるとおりですが、選挙と聞くとどうしても選挙制度が気になります。

基礎自治体(市町村)の選挙は大抵、市町村域をひとつの選挙区とする大選挙区制です。これだと「○○票集めれば当選」のような計算が立ちやすく、何らかの組織的後ろ盾が得られれば最初から“当確”となります。結果が分かっている選挙に興味が持てないというのは理解できます。

では小選挙区制にすればいいのかといえば、これも万能ではありません。小選挙区制の弱点としては、死票が多いこと、そのことによって少数意見の反映が難しくなることが挙げられます。これを補完するために国政レベルの選挙では、比例代表制が導入されています。

ただ、小選挙区制と比例代表制では制度が意図するところが正反対です。小選挙区制は二者択一で白黒決着をつけるのに向いているのに対して、比例代表制は民意の割合を反映した議会構成を目指す選挙制度。これらを折衷すれば議会の性格が曖昧になるのは当然でしょう。

そもそも論として日本では選挙制度が議論されるときに、その議会が何のために設置されているのか、どのような役割と性格が期待されているのかといった点が話し合われることがありません。「参議院は衆議院のカーボンコピーだ」という批判もこの辺りに淵源があります。

各地地裁で違憲判決が出ている「一票の格差」も同種の問題です。機械的に人口比で定数配分を決めると、人口が一定数を下回ると代表者が出せなくなります。これは左派の方々がよく言う数の横暴ではないでしょうか? これを避けるために広域の選挙区が設定されたりしますが、地域特性の異なる選挙区の代表者は何を代表するのでしょうか?

アメリカ連邦議会の上院は州の代表者による議会なので、議席数は選挙区(州)の人口に依存しません。国連総会の代表も一国ひとりです。国の代表だからです。ヨーロッパで近代的議会が始まったときには議会は階級の代表者の集いでした。他方、日本の衆参両院は、国民の代表以上の定義はありません。そのため、選挙制度に関する議論もふらふら、選挙区割りも単なる数合わせです。

現在の日本では若者の数が少ないために、彼らのための政策が採用されにくいとされます。これを是正する方法として、「年齢別選挙区」といったアイデアが提案されています。しかし、この手の抜本的な改革案は真面目に議論されているようには思われません。

一票の格差も人口比が等しくなることが正しいという前提でしか語られていません。本当にそうでしょうか? そもそも「この議会は○○の代表者が集まる場所」という定義がないのがいけないのですが、現在の定数是正議論は、過疎が進んでいる今、保守が比較的強い農村の定数を減らして、革新が比較的強い都市部の定数を増やす陰謀のようにしか思えません。

さて、国政では泡沫政党の延命に威力を発揮している比例代表制ですが、民意を反映した議会が要請されるのなら有用な制度です。ただ、政党政治が前提となるので個人として議員活動をしている方の多い現状の地方議会に沿った制度といえるかという点は問題になるでしょう。

民意の反映を最重要視するなら、裁判所の裁判員制のような無作為抽出で議員を選ぶのが最も優れているといえます。地方自治法では町村では住民総会を議会に替えてよいことになっています。もっと、自治体・地域に沿った議会のあり方が議論されてもいいように思うのです。

小選挙区制や首長選のように多数の候補者の中からひとりを選出する際には、「相対的に一番人気のある候補を選ぶ」のではなく、「有権者全体が受け入れ可能な=一番マシな候補を選ぶ」方がよいと思います。候補者が乱立した際に思わぬ人物が権力者になってしまう可能性が高いからです。

その方法としては、オリンピックの開催都市を選ぶ際のやり方があります。誰かが過半数を獲得するまで最下位を除いて再投票を行うアレです。一般有権者が行う選挙では、IOCの投票のように繰り返し投票を行うことが困難ですから、投票時に候補者の順位付けを行うことになります。優先順位付連記投票制(Preferential Voting)と言われるものです。これなら「一番いい」と支持してくれた人が多くなくても、少なくとも「いい」と言ってくれた支持者が過半数を得た候補者が当選となります。

論点整理と整理結果についての合意がない限り、選挙制度改革は改革の名に値しない妥協の産物以上の成果は得られないでしょう。
2014/07/10(木) 18:46 | URL | 仙居 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/10(木) 18:45 | | #[ 編集]
No title
DNA情報、および帰化歴を含む家系情報の開示を

 次代の日本防衛の要である防衛大学への志願者についても当然だが、公職、地方議会、および国会議員や当該の選挙に立候補する者については、当人のDNA情報、および帰化歴を含む家系情報の開示を義務付ける法整備が必要だ。
http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2849.html
2014/07/10(木) 17:27 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
国会議員は三代の出自を公開せよ





国会議員の資格


1.日本国民であること。
 日本国籍を有すこと。

2.他国の国籍を有す二重国籍者でないこと。

3.日本に忠誠を誓っている人間であること。

4.他国のスパイでないこと。
  他国のスパイ組織と全くかかわりがないこと。

5.自分、父母、祖父母三代の出自を公開していること。


6.国家観を公開していること。
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-10512541522.html
2014/07/10(木) 17:24 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
ご質問
戦前のように、地方の首長と議員は中央の任命でよいと思う。
一般国民は勤労に家族サービスに日々忙しいのです。ほとんどの人は国会議員のことは多少知っていても、地方議員の顔と名前なんかほとんど知らないはずです。多分知っているのは特定の利益団体の人たちだけなのでは?
それだったらそんな地方選挙はなくして、中央の議員をしっかり選ぶことに集中した方がいいのではないかと思います。
2014/07/10(木) 15:52 | URL | さとし #6o2kgvBQ[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/10(木) 15:35 | | #[ 編集]
No title
選挙は、大切です。
日本の行く末を左右するのが選挙ですし、以外に身近なことにも影響します。
そして、自分が持っている1票は、首相個人が投票する1票と、同じ重みを持っているのです。

それなのに、選挙前になると若い人が、「判らない」とか「自分だけでは変わらない」とか言っている姿が、必ず放送されます。
あの放送は、選挙に行かなくても良いとの目的でしょうか。

選挙は民主主義の根幹をなすものです。


そう言えば、次の総選挙は意外に近いとのニュースを見ました。
今の政権が真剣に考えている拉致問題に成果があれば、圧勝できると予想しているからと言うものですが、甘いと思います。

安倍政権が選挙に勝てたのは、ずいぶんと昔のような気がしますけれど野田前首相が解散の条件として掲げたことの一つに、(2)衆議院の定数是正と定数削減を中心とする選挙制度改革法案の成立がありました。
これが、実質的に動いていません。

前回の選挙に際しても、選挙後に1票の平等について提訴があり、裁判所は厳しい判断を行っています。これを、このままにしておいて、総選挙に臨むのでしょうか。
最近の裁判所の判断には、理解できないことが多いのですが、前回以上の厳しい判断が待っていますし、野党はこれを徹底的に追求するでしょう。
有権者は、前回の約束を覚えていますから、どのように判断するのか想像できません。分かっているのは、維新とみんなの議員は大変だろうと言うことだけです。

選挙制度を改正してからでないと、強固な安倍政権と言えども安心できないと思います。



中国で重要資料を保管する中央档案館は、中国の軍事裁判で有罪判決を下された45人の日本人戦犯の「供述書」を、3日よりウェブサイト上で公開し始めたそうで、7月3日から8月15日までの45日間、毎日1人分ずつが公開されるとのことです。

現在、中国にある日本人元戦犯の供述書は、大東亜戦争の終戦後にソ連に抑留された方達や、中国共産党軍の捕虜になった方達のものだと思います。

ソ連に抑留された方達は、ロクな食事も与えられなかったので健康状態は悪かったでしょう。そこに飯を提供され、彼等の主張することに賛同しなければ帰還させないとか、戦犯として処刑するとか言われたら、生きて帰るために嘘でも彼等の意図通りの供述書を書きます。
彼等の間に、噂として通化事件のことが流れていても不思議ないのです。
昨日の「終戦直後という時代と日本人の底力」にもあるとおり、日本人はタフですが、生きて帰らないと、この後が始まらないのです。

捕虜から帰ってくるとき、先に帰った人達は、後に残った仲間が帰れるようにと、努力されたと聞いています。みんなが日本に帰るためならば「共産党万歳」と言っても、仕方ないと思うのです。

実態として、捕虜の日本人にエサと脅迫を使って書かれた供述書に、どれだけの意味があるのかと思います。
2014/07/10(木) 14:27 | URL | ポッポ #-[ 編集]
補足
さきほど戦前における選挙時の標語書いた際書き忘れたんで補足しときますが、
当時の投票率は最低8割以上が当たり前だったそうですな。・・今とは選挙に対する心構えが全然違ってたようで(~ヘ~;)  
今の選挙は女性や学生も居るからなんてのは言い訳にならんし。
2014/07/10(木) 13:12 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
選挙当日に行けない人は、ぜひ期日前投票を利用して欲しいです。
ただ、候補者一覧が載った広報紙が各戸に配布されるのが毎回遅いので、誰に投票するか考える期間が少なくなり不自由を感じます。
2014/07/10(木) 12:40 | URL | 葉桜 #-[ 編集]
戦前の選挙標語いくつか書いときます↓ 

■国政は舟の如く、一票は櫂の如し 
■選ぶ人正しければ選ばれる人正し 
■投票すれば明るくなり、棄権すれば暗くなる
■政治の明暗この一票
■善政も悪政も一票から
■投票買いの良心売り 
■政治は国民の色に染まる  
■軽く選ぶと重い荷を背負う  
■国思う一票、国思う人に  
2014/07/10(木) 11:26 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
韓国軍慰安婦
122名の元韓国軍慰安婦が政府に対して賠償告訴を起こしました。何故か世界のマスコミは口を閉ざしています。隠蔽してしまうつもりです。2009年にも告訴がありました。

しかし、韓国の司法は「単なる売春婦」として却下しています。今回の告訴も同じように闇に葬られる可能性があります。韓国軍慰安婦は日本軍慰安婦と異なり客観的な政府公文書証拠が残っています。絶対闇に葬ってはいけません。

下記は韓国マスコミが報道した記事の一部です。アメリカ兵の暴虐記事を入れると27件になります。それを除いた一部が下記の報道記事です。なかったとは言わせません。

慰安婦の正体(4)

韓国では戦後も多くの慰安婦報道があります。
産経新聞の黒田勝弘氏の記事によれば、韓国政府への元慰安婦の登録総数は237名。その内、現在生存している登録者は55名(平成26年2月現在)とのことです。河野談話発表時の登録者は110名でした。いつ237名になったのでしょうか。

2009年に、元韓国軍慰安婦たちが韓国政府とアメリカ政府を相手に賠償の告訴をしました。が、韓国の裁判所は彼女たちは「たんなる売春婦だった」として却下しました。その後、上告されたと聞きません。韓国政府は「金と脅し」で彼女たちの口を封じたのではないでしょうか。

増加した元慰安婦の中には「朝鮮戦争」時の「韓国軍慰安婦」も含まれているのではないでしょうか。国連の人権委員会がこの55名の聞き取り調査をすれば慰安婦の正体が判明します。

フランスでの慰安婦証言で「本音」が出ています。
1.朝鮮戦争のときに慰安婦にされた。
2.ジープで拉致された。 等々

これを説明できるでしょうか。

下記は韓国における従軍慰安婦報道です。記事は27件ありますが、中には投稿禁止用語があるらしく、投稿できないため一部省略します。(これでも投稿禁止語があるため一部を***表記しています)

①1953年2月13日(京郷新聞)
警察、売春婦たちの教化を推進。売春婦たちの乱れたモラル改善、教育、健康維持、愛国心高揚のため警察の管理下に

②1957年7月21日(東亜日報)
「二人の米軍慰安婦身の上悲観して自殺」。遺書には「行っても行ってもうんざりする慰安婦生活。行くほど負債だけ増え死ぬ道しかない」

③1961年1月31日(東亜日報)
「慰安婦に対する教養講習会開催」。米韓関係者が多数出席

④1961年9月14日(東亜日報)
UN軍相手の慰安婦登録実施

⑤1962年8月23日(京郷新聞)
「女性としての名誉守ろう」慰安婦が決議。米韓警察関係者出席の開にて慰安婦たちが「女性の誇りを抱き、韓国民の名誉と対面を保つ」ことを誓約

⑥2009年1月7日(ニューヨークタイムズ)
・韓国政府は私たちを「外貨を稼ぐ愛国者」と呼び、米兵相手に出来る
限り稼ぐよう促したんだ
・「韓国政府と米軍が基地周辺での性売買を許可」と証言
・「アメリカ軍は**感染を恐れて基地周辺の通称キャンプ村の性売買を
管理するようになった。
・1960年~80年代、米軍憲兵と韓国の役人は定期的にクラブに乗りこん
で来ては、性病を蔓延させていると思われる売春宿から着用を強制され
た番号札の付いている女性たちを探し、それを頼りに自分の**クス
の相手を選んで連れて行っていた。
・「韓国政府がそのようなキャンプ村売春を支援することに積極的に関わ
ったのかと聞かれれば、答えはイエス。韓国政府もアメリカ軍も関与
していたのです」と、慰安婦に関する著書もある研究者キャサリン・
ムン女史は語る。
・韓国警察は性病が疑われた売春婦を鉄格子がはまった「モンキーハウ
ス」と呼ばれる監視施設に監禁し、回復するまで薬による治療を強制
しました。

⑦2013年11月6日(中央日報?)
基地村女性管理’朴正熙 親筆署名文書 公開

ユ・スンヒ議員 "国家が性売買を容認・管理した証拠"
6日、国会で開かれた女性家族委員会国政監査で、朴正熙前大統領の直筆サインがされた‘基地村女性浄化対策’文書が公開された。(写真参照)当時、淪落行為防止法によって厳格に禁止されていた性売買を国家が容認し管理したという証拠だが、女性部は実体把握もできていないことが明らかになった。 基地村被害女性は国家政策のために被害を被ったとし、国家を相手に損害賠償訴訟を準備していることが明らかになった。

元慰安婦たちは、1960年代から80年代にかけ性売買に直接関与した韓国政府と米軍を訴えています。しかし未だ、韓国政府女性部・米軍共に彼女たちの訴えに対し正式な対応をしていません。
2014/07/10(木) 10:50 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
>政治は、庶民生活と「対立」するものではありません。

 目が覚めるようなご指摘です。その通りです。マスゴミに騙されちゃいけませんね。
 マルクス主義歴史学のように、対立や革命のような「階級闘争史」の観点で、歴史や政治(の解釈)を決めていく方法は、日本にはふさわしくありませんし、通用しません。(一部の歴史学者がゴリ押ししましたが、「自己批判」に追い込まれ、大失敗しました。)
 このブログで何度も出てくる「シラス」と「ウシハク」の違いのように、みんなで問題を協議し、考え、物事を決めていく「シラス」ことが、公平・公正な政治の基本であり、日本のあるべき姿です。
 「シラス」と民主主義政治、同じことですね。
2014/07/10(木) 10:33 | URL | 大和守祥易 #n08XGfOg[ 編集]
選挙における投票率を下げないための対策は?
我が家では夫婦そろって必ず投票に行きますし、その際に老齢の母親たちも天候が良ければ手を引いて投票所に連れて行ってます。

ところが息子夫婦、娘夫婦たち、若者たちはどうかと言うと、平日は勤務で久々の休日に当たり、家族そろって何処かへ出掛ける計画などを立てており、選挙の投票よりも休日の遊びを優先させがちです。

もっともサービス業などは、日曜日の投票日が勤務に当たっている人もいるでしょう。そういう人たちは勤務優先で、投票を棄権する人も多いと思います。

政府としては国民の投票率を上げる為の対策は、どのようにしているのでしょうか?例えば企業においても、投票日の日曜日が出勤日に当たっている会社の従業員に対して投票のための遅刻、早退を許可して企業として投票率の低下を防ぐような対策をしているところは有るのでしょうか?

選挙の投票率を上げる為に政府や、企業経営者も含めて対策を真剣に考えて実行していくべきだと痛感しています。投票率が、20%~30%などという状況に、何時までも甘んじていては民主主義国家の名が廃ります。

都会の若者たちや、過疎地の農村などにおける選挙対策も勿論重要でしょう。


2014/07/10(木) 10:23 | URL | #KVPRtAI6[ 編集]
投票は国民の義務です。
おっしゃる通うりです。ヨーロッパ諸国は、選挙に行かない人間は社会人失格だと想われます。 若い人も無関心でいたらあなた方の将来は一部の特権を持った連中に国益を牛耳られ、格差は今よりももっと広がり生活は苦しい状況に追い込まれますよ。だから確り投票して貰いたいと想います。失礼ですが年寄りや特定団体の人達ばかりが投票しているから、政治家は若者は後回しにして年寄りや特定団体の組織が喜ぶ施策ばかり通うそうとします。そんな事ばかりしてたら若い人達は家庭も持てず、子供も作れない、そうなると国力も低下する事になるのです。 若者の意見がもっと国会でも議論され、女性も子供を作り、また預けられる託児所を多く作れる様になるためにも、もっと20、30代の若い世代は選挙に行って頂きたいです。 自分の為ですよ!
2014/07/10(木) 10:10 | URL | ひろし #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/10(木) 09:32 | | #[ 編集]
No title
まさにその通りです。日本は日本人のための国家です、我が国を破壊しようとする売国奴&野蛮国人らの陰謀に騙されないように粛々と行動していきたいものです。
2014/07/10(木) 09:23 | URL | 通りすがりの武人 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

選挙

ねずさんの ひとりごと 選挙
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク