アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


七夕のお話

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

七夕0707


今日は七夕(たなばた)です。

七夕といえば、ご存知の通り、織姫と牽牛が一年に一度、天の川を渡って逢うことが許された日です。
これは、梁の時代の殷芸(いんうん)の書いた物語で、概略以下のものです。

 天の河の東に織女有り。天帝の子なり。
 年々に機を動かす労役につき、雲錦の天衣を織り、容貌を整える暇なし。
 天帝その独居を憐れみて、河西の牽牛郎に嫁すことを許す。
 嫁してのち機織りを廃すれば、
 天帝怒りて、河東に帰る命をくだし、
 一年一度会うことを許す。

なぜこのような物語が生まれたかというと、旧暦の7月はじめ、これはちょうど、いまでいったら8月半ばのお盆の頃にあたるのですが、この時期、琴座のベガ(織り姫星)と、鷲座のアルタイル(彦星・牽牛星)が、天の川を挟んでよく光ることから、このような物語になったとされています。

この物語が、奈良時代に日本に伝わり、実はここからがとても面白いのですが、これが日本の古くからある「棚機(たなばた)」と呼ばれる神事と重なることで、いまの「七夕(たなばた)」となりました。


棚機(たなばた)というのは、古代から伝わる日本独自の禊ぎ(みそぎ)のための神事です。
秋の収穫を前に、選ばれた乙女が「棚機女(たなばたつめ)」となって、禊(みそぎ)をして穢れを祓ったあと、水辺に設置された機屋(はたや)にこもり、そこで機織り(はたおり)をします。

乙女が機屋の中にこもって縦糸と横糸で「布」をつくるわけですが、このとき使われる道具が「棚機(たなばた)」です。
できあがった反物(布)や着物(地域によって異なる)を神様に奉納し、そこに神様をお迎えし、村のみんなで秋の豊作を祈るわけです。

布は、もともとは野原に生えている麻などを伐(き)って乾かし、そこから繊維をとって糸にし、その糸を織ったり編んだりして布にしていきます。
日本では、福井県の鳥浜貝塚などから約8000年前の布が出土していますが、要するに縄文時代から布が使われていたわけで、当時は自給自足ですから、布も村の中で、それこそ草から繊維をとり、糸にして布にするところまで、村落内で行われていました。

ですから一枚の布でも、それは母たちが心をこめて作ってくれたとても貴重で大切なものです。だからこそ神様に、いの一番に捧げて感謝をする。そういう風習が古い時代から定着したのです。

実は、このように一枚の布に対してでも感謝の心を持つという文化は、征服し征服されるという文化のもとでは、絶対に育ちません。
なぜなら、権力者(支配者)は、他所から布でも衣類でも、武力をもって収奪してくれば足りるからです。収奪するところに、感謝の文化は育ちません。
つまり、布は、あるのがあたりまえで、不足すれば奪えば良い。布は感謝の対象ではなく、収奪による戦利品としての富の証へと変化するわけです。

ところが日本というのは、旧石器、縄文、弥生、大和、奈良、平安、鎌倉、室町、江戸、明治、大正、昭和、平成と、ずっと時代が連続し、太古の昔からの文化が、そのまま持続している国です。
ですから、古代からの気風がそのまま残る。
つまり、糸でも布でも、それを苦労して作っていた時代からの気風が連続しているから、そこに時代を超えて、変わらぬ感謝の心を持つわけです。

ただの一枚の布でも、あるいは道具としての茶碗やお皿、あるいは大工道具や刀剣類までも、そうした道具のひとつひとつに神様が宿ると考え、ものを大切にする文化を日本が持つということは、それがはじめて作られた原初の時代から、日本が他所の国や民族に征服されることなく、何千年も前からの古くからの文化をずっと大切に保持してきているからです。
つまり、日本は「歴史が連続している国」であるということなのです。

その日本に、織り姫と牽牛の故事が伝わったのは、6世紀の仏教伝来の頃であったとされています。
男女が一年に一度出会うという物語は、とてもロマンがありますし、牽牛は農業の神様でもあります。
そこで渡来仏教側では、民間に古くから定着していた棚機の行事を、「お盆にご先祖の御霊を迎える準備」に変換して、神事の棚機と同じときに、これを行うようにしていきました。

ちなみに昔は旧暦ですが、7月7日というのは新暦ですとだいたい8月15日のお盆の頃にあたります。
それで7月7日の夕方に、ご先祖の御霊をお迎えするから、これを漢字で「七夕(しちせき)」と書きました。
ところが、日本古来の神事では、この日は「棚機(たなばた)」の日です。
それでいつしか「七夕」が「たなばた(棚機)」と呼ばれるようになりました。

つまり、「七夕」と書いて「たなばた」と、あり得ない読み方になってるのは、実は、もともと「棚機(たなばた)」という神事が古くからの日本にあって、これが渡来仏教と入り交じった、つまりもとからある行事に、後から別な漢字が当てられたからだ、ということです。

このように、まったく異なるものが、渾然一体となって、最後にはみんなが楽しむ「七夕祭りのお祝い」に昇華してしまうというのは、まったくもって実に日本的な話といえます。
なぜならこうした展開は、こだわりが強くて排他的な一神教的文化、つまり、ひとつの価値観しか認めない文化のもとでは、否定され、起こりえない出来事だからです。

この七夕に関連した、有名な和歌があります。
大伴家持の歌で、

 鵲(かささき)の渡せる橋に置く霜の
 白きを見れば夜ぞ更けにける

という歌です。
この歌は百人一首にも選ばれているのでご存知の方も多いかと思いますが、ここでいう「かささぎ(鵲)の渡せる橋」というのが、七夕のことです。

鵲(かささぎ)というのは、カラスに似た鳥で、カラスは全身が真っ黒ですが、カササギは、白黒の柄がはいっています。
このカササギが、織り姫と牽牛が年に一度天の川を渡って出会うというときに、どこからともなく集まってきて、隊列を組んで天の川に架かる橋になります。
織り姫と牽牛は、このカササギがつくってくれた橋を渡って、年に一度出会うわけです。

この歌の解釈は、偉い大学教授さんの書いた解説書などをみると、「かささぎが連なって渡したという橋のように白く霜が降りている。もう夜もふけてしまったのだなあ」のような意味の歌だとされているようです。
けれど、その解釈は、どうみてもおかしいです。

というのは、カササギが橋をつくるのは、旧暦の7月7日、いまの暦でいったら8月15日頃の真夏の出来事です。
そんな真夏には、たとえ夜といえども、霜は降りません。霜が降るのは冬です。

ところが、この歌は、七夕にカササギが作る橋に霜が降りている、というのです。こんなことはあり得ません。ということは、解釈自体が間違っている、ということです。

実は、この歌の季節は、冬なのです。
冬だから、霜が降る。
けれど、冬でも、真夜中すぎになれば、天空には夏の星座が浮かびます。
つまり、織り姫星も、彦星も出てきます。

この歌を詠んだ大伴家持は、いまで行ったら自衛隊の幕僚長か防衛大臣、旧軍なら大本営の参謀長のような立場の人でした。
その大伴家持は、白村江の戦いの後、いつ唐や新羅の連合軍が日本に攻め込んでくるかわからないという危機感の中で、本土防衛のための兵役から兵站、防衛ラインの制定から、武器の調達、訓練内容の選定などなど、ありとあらゆる可能性に対処するために、まさに毎夜、夜中過ぎまで仕事をこなしていたわけです。

そして帰ろうとして庁舎を出ると、あたりには、もう真っ白に霜が降っている。ほとんど冬景色です。
ところが空を見上げると、そこには満天の星、しかもその星座は、夏の星座です。
その夏の星座に浮かぶ、織り姫星と彦星の出会いのために架かるカササギたちが連なる橋は、まるで隊列を組んだ軍隊の行軍のようでもあります。

祖国防衛のために、軍の総責任者として夜半過ぎまで働く大伴家持にとって、そのカササギたちの隊列を組んだ姿は、祖国を守るために出征する兵士たちの姿に重なったことでしょう。

織り姫に代表されるのは、機を織る女たち、彦星に代表されるのは、農業を営む男たちです。
その男と女、つまり民衆を守る。
そのために命がけで軍の組成や兵站や武器の手配や教練にあたる。その企画をする。
そんな大伴家持の姿を詠んだのが、実は、この歌に込められた意味となります。

わたしたちの国日本は、そうやって大昔から、持続し、連続している、世界でも希有な国です。
その日本を守る。
自衛権は、憲法以前に、世界中どこの国にも、そしてどんな人にも備わった自然権です。
日本が憲法で戦争を放棄しても、戦争は日本を放棄してくれるわけではありません。
そうである以上、日本単独でも自衛権は発動するし、日本単独ではなく、他の諸国と力を合わせて非道と戦い、身を守る。それが集団的自衛権です。
これを否定するということは、むしろ戦争を誘発することになる。
なぜなら、戦争は軍事バランスに強弱がついたときに、起こるからです。

世界の歴史は、強い者が弱い者を攻め滅ぼして財産を横取りしてきた歴史です。
日本は真逆で、強い者が弱い者を守ってきた歴史を持ちます。
日本こそ、強い武力を持たなければならない国なのです。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/08(火) 03:08 | | #[ 編集]
No title
>日本が憲法で戦争を放棄しても、戦争は日本を放棄してくれるわけではありません。
そのとおりです。
日本が憲法で戦争を放棄しても、他国が日本に戦争を仕掛けることはないと言う保障はありません。また、戦争を仕掛けないと言いながら、侵略する国がないとも言えません。
日本が軍隊を持っていないときに、竹島は韓国が一方的に宣言した李承晩ラインを元に軍事占領されました。
北朝鮮と拉致被害者の返還交渉が始まりますけれど、拉致は北朝鮮の正規軍が日本国内に侵略して、日本人を拉致したものです。


集団安全保障について、戦争できる国とか、徴兵されるとか、言っている団体があります。

日本が戦争しなくても、他国が日本を侵略してきたらどうするのでしょうか。
今は、軍隊も専門化が進んでいて、急造の兵隊では間に合わないそうですが、不幸にして自衛隊が戦えなくなったら、降伏するのでしょうか。
降伏したら、日本人の人権はなくなると思います。



兵庫県会議員の野々村竜太郎議員の号泣会見を見ました。
政務活動費の支出について、領収証の添付が義務づけられていないからと、金額記載で済ましており、金額記載の不審なものはJR尼崎と城之崎であり、列車が不通のときまで旅費の請求があったとのこと・・・・・不正請求と言うよりも詐欺です。

記者会見で質問され、説明に詰まると号泣すると、その後は意味不明で説明は止まってしまいました。翌日のニュースでは、説明はしたから今後説明することはないとのことでしたから、呆れるというか、県会議員はこれで務まるのかと思いました。

西宮維新の会で選挙に立候補したそうですが、橋下大阪市長は日本維新の会と大阪維新の会とは無関係と説明しています。
選挙にとおるためなら何でもありとの姿勢には、一言しかありません。
議員を辞めてください。二度と立候補しないでください。
税金泥棒。・・・・・・・一言で足りませんでした。

詐欺は親告罪でないと記憶していたのですが、兵庫県警はどうするのでしょう。
2014/07/07(月) 23:38 | URL | ポッポ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/07(月) 22:44 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/07(月) 22:11 | | #[ 編集]
特攻で死んでいった若者達がいたことを覚えておいてほしい─特攻 最後のインタビュー3
特攻で死んでいった若者達がいたことを覚えておいてほしい─特攻 最後のインタビュー3
http://youtu.be/ZeyqazoGL78
(動画)

【関連情報】
KAMIKAZE 桜花 BAKA BOMB
( http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/kkg.cgi%3CBR%3E#5月6日_14時59分04秒 )

 桜花の登場により日本の青年一人の命と米艦一隻が消えていく苦境に追
い込まれた国連軍主力部隊のアメリカ海軍は特攻を受けても眼を覚まさず、
講和の代わりに原爆投下という常軌を逸した民間殺戮で戦争を終結させた。 嘘の勝利に酔いしれた支那朝鮮だけが、70年を経った未だに狂った幻覚
を見続けているのである。

注)アメリカ海軍は桜花の事をバカ爆弾と言って恐れた。

詳細は
神 風 軍 団
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/kkg.cgi
2014/07/07(月) 21:13 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/07(月) 20:38 | | #[ 編集]
更新ありがとうございます。
ねずさんのプログを拝見しようと思っても
なかなかアクセス出来ない時があります。
読まれている方が多いのだと思うのですが、もしかして妨害されているのか?と思う時があります。 真実を書かれては困る国や連中が妨害しているのかなも知れないと。考え過ぎなら良いですが。 大阪市内なのでスマホの電波状態が悪い訳がありませんので、つい考えてしまいました。 どちらにせよ、スマホの分割払いが終わったら白い犬の会社は契約解除にするつもりです。
2014/07/07(月) 17:57 | URL | 大阪市内 #-[ 編集]
7月7日 七夕の話
7月7日 七夕の話
台湾高砂族古写真 Takasagos - Taiwan Aborigines (Part 1)
http://youtu.be/seClSNjnLdU
(動画)

この動画で、昔は機織と子供を育てる役割は女性のものだと判ります。
男は狩で獲物(いのしし等)を捕まえています。

詳細は
【書籍街の掲示板】をカッチとね
http://www.aixin.jp/gktj/sss/sss.cgi
2014/07/07(月) 14:35 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
はじめまして
女性としては男性が危険な遠征に出てどこぞで収奪した織物で女性の身を飾らせるより、女性が安心して機を織れる環境を男性に作ってほしいと思いました
男女=全ての民衆が安全に幸せに生きれる環境を作りたいですね
2014/07/07(月) 14:05 | URL | 天の川 #-[ 編集]
習氏、貴方は嘘つきです! 日本が侵略戦争を美化している。それは貴方の国の事じゃないですか。チベット侵攻しかり、ウイグルの人権侵害しかり。 じぶんの国の事を棚にあげて日本が侵略戦争を美化しているなどとは、筋が通りません。習氏、しっかりしてください。貴方はいやしくも国家主席でしょ。自国を省みる事ができないのは、最低ですよ。

2014/07/07(月) 13:35 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/07(月) 13:33 | | #[ 編集]
いつもありがとうございます。自衛権を国が持つ事は当たり前の事です。日本だけが自衛権行使を認めていなかった事じたい異常です。 弱い立場の人を守る為にも、障害を持った方を略奪から守る為にも日本が自衛権を持つ事は当然の理です。 私は41歳の
厄年ですが、厄年は役に立つ年齢と言うのが
本当の意味らしい。日本を守る、本当に
心の底から想う日々です。
2014/07/07(月) 13:12 | URL | 日本を守る #-[ 編集]
歴史小説家カミングス氏
歴史を題材に書く小説家は沢山います。司馬遼太郎氏もその一人です。やっかいなのは、史実を調査した小説は読者から見れば「史実」と錯覚します。が、小説は史実ではありません。小説の中の会話など聞いた人はいないはずです。

歴史学者は小説家ではありません。史実を研究するのが歴史家です。日本の歴史学者は史実を求めます。しかし、中韓の歴史学者は違います。中国の歴史は「プロパガンダ歴史」。朝鮮の歴史は「ファンタジー歴史」と言われています。

ファンタジー歴史は朝鮮だけかと思っていたらアメリカにも存在しました。ブルース・カミングス氏と言えばアメリカの著名な歴史学者です。彼は1943年生まれの大学教授です。1987年からシカゴ大学で歴史の教鞭をとっています。専門は「朝鮮の歴史」です。

その彼が、2014年4月1日初版で「朝鮮戦争論」という本を出版しました。朝鮮戦争は1950年に起きた朝鮮半島の内戦です。日本は直接関係はありません。が、彼の著書を読むと、明らかに日本を批判する本です。

朝鮮戦争に全く関係ない安倍首相まで登場し、日本の半島統治を否定しています。明らかに朝鮮民族史観の歴史本です。彼ばその本を、「金大中」大統領に捧ぐと書き、朝鮮戦争は1932年の満洲国立国から始まるなどという妄言歴史を書いています。

また、文章は、朝鮮半島の歴史学者が得意の「抽象的な文章」で一次資料が不明です。一応、参考文献を書いていますが一次資料とは思えないものもあります。

このような歴史学者が「歴史の嘘」を書けば何も知らない一般市民は信じてしまいます。彼の論文を論破するような歴史学者はいないのでしょうか。2014年になっても間違った歴史を平気で出版するカミングス氏は韓国から多額の研究費を得ているはずです。

2014/07/07(月) 13:03 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
天の川まで2万6千光年
天の川は、我々が属する銀河系の中心部分です。我々の太陽系からざっと2万6千光年離れています。我々が見ている天の川は、2万6千年前の過去の姿と言うことになります。
古事記・日本書紀も、星の物語として読み解くこともできるそうです。
ロマンをかきたてられますね!
機をおるのは女性の仕事。皇室の女性がたも機をおられます。日本の大切な伝統です。
私事で恐縮ですが、9月にカラオケ発表会で中島みゆきさんの『糸』を歌います。「縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布はいつか誰かを温めうるかもしれない」と歌詞にあり、「遠い空の下 ふたつの物語」は、いつか誰かの寒さや傷を、暖かく優しく包む布となるのですね。「逢うべき糸に出逢えることを 人は仕合わせと呼びます」と結ばれます。
残念ながら私は、このような相手とは未だにめぐり逢っておりませんが、いい歌なので心を込めて歌うつもりです。
スサノオはアマテラスの即位を邪魔し、機織女(はたおりめ・皇室の女性を指すか?)をショック死させ、土地の境界を乱したそうです。
七夕の日に、我々日本人が未来永劫に守り抜くべきものを、再確認したいと思います。
国家皇室のご安泰を祈念いたします!
2014/07/07(月) 11:44 | URL | 越智富夫 #5fY02qfU[ 編集]
中国人も馬鹿ではない。日本と争うよりも、
支那共産党を打倒する方が自分達の為になると気付きはじめている。
2014/07/07(月) 11:31 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/07(月) 10:43 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク