アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


赤旗強制購読問題・続々続報

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

しんぶん赤旗(赤旗HPより)
しんぶん赤旗


これまでにこのブログで「赤旗強制購読問題」について何度かとりあげてきましたが、行橋市の小坪慎也市議の発議によるこの問題、ついに自民党本部が動き出しました。

日本は古来、思想信条は自由という国柄ですから、誰がどのような思想を持とうが、それはいっこうに構いません。
ただし、あたりまえのことですが、これには大昔から3つの条件があります。
「人に迷惑をかけない」、「社会を脅かさない」、「犯罪行為をしない」の3つです。

ところが、日頃、「議員が歳費をもらったり、高額の給料をもらうことは怪しからん。政党助成金は思想良心の自由に反するから憲法違反(東京地裁は合憲の判決を出している)であり税金の無駄遣いだ。企業団体献金禁止のために政党助成制度を作ったにもかかわらず、現在も企業団体献金を受けているのは有権者への裏切りである」などと主張し、「日本共産党は政党助成金をもらわない、唯一のクリーン政党です」などと言っている日本共産党が、裏では、機関誌の『赤旗』を、全国の自治体の議員さんたちが、自治体の職員たちに半ば強制的に購読させているのです。



おかげで全国どこの自治体も、職員の机の上は『赤旗』だらけです。
人によっては、ひとりで何部も『赤旗』を無理矢理購読させられているというのが実態です。
これが実は、全国で積もりに積もって赤旗の売り上げの半数以上になっているともいわれています。

かわいそうなのは、役職を持った市町村の職員さんたちで、『赤旗」の購読料は、後払いで年一括払いです。
複数部数を取らされている職員は、ボーナスシーズンになると、けっして多くない賞与から、赤旗購読料を十数万円、まとめてごっそり持って行かれる。
おかげで奥さんはカンカンに怒るのだけれど、さりとて購読を断れば、共産党の市議から、嫌がらせとしか思えない質問を議会で、それも本人でなく直属上司にしつこくされるので、結局は断れない。

昨今、セクハラ、パワハラなんて言葉が流行っていますが、議員というバッチにモノを言わせて、無理矢理『赤旗』の購読を迫るという共産党の行動は、あまりに目に余るものがあります。
そこでこの問題について行橋市の小坪慎也議員が、議会で質問をすると同時に、全国の自治体の議会にも、調査請求の陳情を行ったわけです。

ここで小坪議員が、全国1,741自治体に送った陳情書は、極めて穏当なものです。
どういうものかというと、その内容は、「これこれの実態があるので、おたくの自治体でも、独自に実態調査をしていただけませんか?」というものです。

ところが、これに対する共産党の反応がふるっています。
日本共○党は、中央執行部名で、全国の共産党に以下の指令を今年5月20日に出したのですが、そこではまず、
「本件問題は、各地の右翼的首長が行っている赤旗攻撃である」と決めつけ、「赤旗購読を議員が強制することを問題視するのは、これを問題視すること自体が憲法が保証する言論の自由に反するものであり、これは憲法問題であるから地方議会で審査の対象とするに相応しくない」から、「集団で対応して議会で問題にさせるな」というのです。
そしてこのことが問題視されると、「党のイメージダウンと統一地方選挙への影響がある」と述べているのです。

これは、すごい話です。
共産党議員が行政の役人に『赤旗』の購読を強制していないのなら、憲法問題云々などという大げさな話ではなく、やましいところがないのなら、放置すれば良いだけのことです。
ところが、全国の自治体の共産党系議員から、党中央執行部に「どう対処すれば良いのか」という問い合わせが殺到し、やむなく当中央執行部が、上述の通達を出しているわけです。

強制があるかないかという問題は、右翼も左翼も関係ありません。
力関係にものをいわせたり、購読しなければ嫌がらせまがいの議会質問などをするという、まるで暴力団のような所業があるのかないのか、という問題です。
左右に関係なく、犯罪は犯罪だし、暴力は暴力だし、言論の名を借りたパワハラはパワハラです。
してはいけないことです。

要するに、「あったのかなかったのか、実態を調べませんか」という九州の小さな都市からの陳情に対し、なんと共産党の中央執行部が、「これは右翼による攻撃である」と頭ごなしに決めつけ、「憲法問題だから地方で議論するな」と大上段から強弁し、「集団で強訴してでも問題視させないようにせよ」と、地方に通達しているわけです。

ということは、これまで何十年も、こうした赤旗強制購読があったということを、党本部が認めているということだし、それが実は、よくないことだということを、彼ら自身が自覚してやっている、ということです。
そしてその購読部数拡大によって得られたお金が、共産党の主たる軍資金になっているわけです。

ちなみにこの問題について、ある方から、「話はわかった。そうだな。いろいろ案件があるので、来年度からこの問題についてボチボチ取りかかるようにします」とご連絡をいただきました。
いやいや、それでは遅いのです。

来年(2015年)には、統一地方選挙が行われます。
その前に、この問題についてしっかりとした実態調査をしていただき、一定の規制をひいていただきたいのです。
なぜ早く議会の俎上に乗せていただきたいのかというと、その理由は共産党の中央執行部が明確に述べています。「党のイメージダウンと統一地方選挙への影響がある」のです。

議員という地位を利用したパワハラによる『赤旗』の強制購読に、一定の規制がひかれれば、全国の自治体での『赤旗』の購読部数が激減します。
それだけでなく、県や市町村の図書館や市立病院などの公共施設内における強制購読の部数が激減するのです。
そうなると、日本共産党は、地方から総崩れになっていきます。

そしてそのことは、現在の国政における集団的自衛権の問題や、あるいは憲法改正議論、あるいは景気回復のための予算編成にも、大きな影響が出てくるのです。

私は、共産主義であろうが、中華思想であろうが、マルクス主義であろうが、学ぶべきものは学べば良いという考え方です。
良いところはどんどん取り入れる。
けれど、それが日本社会の美風を損ね、歴史伝統文化を持つ世界でもっとも古い国である日本を解体するような反社会的な動きについては、徹底してこれを退治していかなければならないと思っています。あたりまえのことです。

そのあたりまえのことが、あたりまえになる。これはその第一歩ではないかと思います。


【関連する過去記事】
■ 赤旗強制購読問題続報
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2275.html
■ 市町村役場等における赤旗強制購読問題に思う
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2261.html
■ 【拡散希望】赤旗の根を絶て!
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2259.html

(ご参考)
==========
自治体職員への「赤旗」勧誘 自民党が実態把握の通達
2014.7.15 22:58 [自民党]
http://goo.gl/Lhm6hO

自民党が、地方自治体で共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の強引な購読勧誘が行われている事例があるとして、各都道府県連に対し、注意喚起と実態把握を求める通達を出していたことが15日、分かった。

通達は竹下亘組織運動本部長名で先月18日付で出した。
通達は、福岡県行橋市で共産党市議らが市職員に対し、庁舎内で赤旗の購読勧誘や集金を行ってきた事例を紹介し、
「議員の立場を利用して半ば強制的に地方公務員に購読させているなら看過できない事態だ」と指摘。
議員の地位を利用したり、庁舎管理規則に反した強引な勧誘が行われたりしている可能性があるとして、「必要な対応」をとるよう呼びかけている。

共産党の地方議員が自治体職員に赤旗購読を勧誘するケースは、行橋市のほか兵庫県伊丹市、神奈川県川崎市などで表面化。
同県鎌倉市では「職務の中立性」を理由に、今年度から庁舎内での政党機関紙などの販売を禁止している。
==========



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!



関連記事

コメント
ついに表面化したか。
>行橋市の小坪慎也市議の発議によるこの問題、ついに自民党本部が動き出しました。

この記事を読み、「とうとう出たか!」、との思いとともに小坪慎也市議、の勇気に驚き(感心し)ました。

実態は、やま様のコメント通りと思って間違いありません。

この件で私がすぐに思い出したのは、昭和42年、東京都知事選挙に社会党・共産党推薦で立候補、当選した、マルクス経済学者・美濃部亮吉のことです。この時の憎日・朝日、の美濃部にたいする肩入れは大変なものでした。(私は2年ほど前、あるブログに、「《朝日》、が過去、異常に肩入れし、持ち上げた人間に、美濃部亮吉、吉田清治、菅直人がいます、と書いた覚えがあります。)

都の組合幹部が管理職のところをまわり、「赤旗」、の購読を勧誘しました。管理職は断れません。断ったら、出世は終わり、共産党議員からいじめを受け、窓際行き、何一ついいことはありません。
内心、いくら嫌でも自分だけ断るには大変な勇気がいります。

>これまで何十年も、こうした赤旗強制購読があったということを、党本部が認めているということだし、

美濃部は3期、都知事をやりましたが、その間、バラマキと組合の要求に、言いなりの都職員の増員、で東京都の財政を惨憺たる破産状態にしてしまいました。
東京都立大学も赤化しました。

大小を問わず、民間企業では考えられませんが、地方自治体の職員のみならず、学校の校長、教頭、教員、NHKはじめ、新聞、テレビ等、マスコミ、出版界等で働く管理職、一般の社員は左翼組合に恐れをなしてかなり多数の人たちが、心ならず取らされていると考えます。

しかし、共産党にとっては、まさに死活問題、死に物狂いで反対するのは間違いなく、盟友、「朝日」、「日教組」、も徹底して反撃します。
今後どうなるのか。


2014/07/24(木) 07:58 | URL | 町工場の親方 #-[ 編集]
No title
共産主義の象徴“ソ連”が崩壊し、その理想が虚構だったことがやっと証明されたのに、いまだに「日本共産党こそが理想の共産主義を目指している!」と言ってはばからない愚かな売国奴達・・選挙の投票率を上げて合法的にこうした連中を我が国の政界から消滅させなくてはなりませんね!!
2014/07/24(木) 05:28 | URL | 通りすがりの武人 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/23(水) 17:03 | | #[ 編集]
無知は罪
本件、産経/MSN産経が報じていたので某掲示板にもスレが立っていましたが、記事では議会ハラスメントに触れられていないので、「勧誘があったって断ればいいじゃないか! 自民は何を騒いでいるんだ?」という反応でした。若い人は総会屋を知らないんですね。
2014/07/23(水) 16:39 | URL | スペードのエース #-[ 編集]
No title
赤旗の脅迫的押売りは、50年以上の伝統なんでしょう。私も仕事の関係で日曜版というの買わされた経験があります。
脅迫 押売りで得たお金。それを一番クリーンなんて嘘を平気で言うのだから、少なくとも純粋日本人の感覚ではないです。
私は、共産主義というのはユダヤ教から派生した神のいない宗教だと思っています。
最近どなたっかが言っていましたが、民主主義のこの日本に、共産主義を標榜する政党が存在し あまつさえ国会活動までしているのは異常だと言っていましたが同感です。
共産党が堂々と政治活動(国家破壊活動)している国を、外国ではどう見ているのでしょう。 スパイ防止法もなく。
日本は、余りにも差別が少なく他国の文化が容易に浸透してくる国です。
その危険性にやっと最近日本人が気付き始めて、慌てているのが現状なのだと私は理解しています。
この日本にあってはならないもの、それは天皇を否定するという憲法違反を平然と口にする共産党です。
2014/07/23(水) 16:12 | URL | #-[ 編集]
No title
一般の公務員にとって、新聞を購入するのは自由です。
しかし、これを職場で勧誘され、購入しない場合に議会で何かの問題を捉まえて追及されるということになりますと、議員は問題を追及することで購入しない職員に、パワーハラスメントを加えていると考えても良いと思います。
また、購入しないからと、関係のない事柄で議会で問題を追及するのは、○クザと変わらないレベルの行動です。

一般の新聞ならば、勧誘する際にサービスの質と量で勝負するのですが、購入しないと議会で質疑をかけるなど、議員と言うよりも人として、恥ずかしくないのでしょうか。


政党は政党助成金を交付された場合、これの収支報告をしなければなりません。(国民の税金をいただくのですから、報告するのは当然です。)
しかし、政党が経営する新聞による収入ですと、これの収支を国に報告する義務がありません。
共産党が政党助成金の交付を受けないのは、党の収支報告をしたくないからだと思っています。



大分県教職員組合(県教組、大分市)が旅行業法に基づく登録を受けず、新聞広告で「慰安婦」問題の関連施設を見学する韓国旅行を募集していたことが21日、分かりました。

この韓国平和の旅の内容は、韓国の慰安婦歴史館、反日運動家の刑務所跡を見学するというもので、慰安婦のことなどは、先日の政府の検証結果を考えた場合、日本の考え方とは相容れないものです。
教職員組合は、教職員が行う教育に影響される児童、学生、高校生にどのような影響を与えるのかと思いますが、この旅行はそれを知っていて実行するのでしょう。


しかし、この旅行企画については2年前から実施されていたとのことですが、このような旅行業務は登録を受けた旅行業者にしか行えないそうです。
言い換えるならば、観光庁長官又は知事の登録が必要な旅行業及び旅行業者代理業者です(第1種~第3種があります。)。
この場合は、第1種旅行業務で営業所に総合旅行業務取扱管理者、国内旅行業務取扱管理者」の資格を持つ者の選任と、営業時間中の常駐が必要となりますし、財産的基礎と供託金が必要になります。
大分県教職員組合はこれを全て無視して、新聞誌上に広告をしていたのです。

そして、官公庁から指導を受けても、まだこの旅行企画を続けるとのことですが、この旅行企画、登録を受けていない場合は100万円以下の罰金となります。
観光庁は、この違法性を認識しながら、継続する大分県教職員組合に対して、どのように対処するのか興味があります。

また、教職員組合の規則についてですが、組合は一般人の旅行に対してどのような規則を持っているのでしょう。韓国では、昨日も鉄道事故が発生しました。このようなことに遭遇した場合、万全の保障をする体制を取っているのでしょうか? 
メディアで見る限り、この事件に対する責任者も出てこない、無責任体質です。このような教職員に教育される児童、学生、高校生は、社会的常識を持って育つことが出来るのかと、心配になりました。

2014/07/23(水) 14:36 | URL | ポッポ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/23(水) 14:28 | | #[ 編集]
大阪府豊中市でも
赤旗の件を豊中市役所の職員の友達にきいたところ、「役付きは、みんなそうやでー!めっちゃかわいそうや。だから、出世したくないねん!」と、言ってましたよ。(^^)
おぞましいですね〜、、、
2014/07/23(水) 13:01 | URL | やま #SFo5/nok[ 編集]
更新ありがとうございます。
赤旗新聞の強制購買の様な悪習が各地の地方公共団体で許されていたとは、とんでも無い事です。 以前の自民党や保守議員も今になって問題視始めて看過してきたのは、民主主義にたいする怠慢と言われても仕方ないと想う。安倍政権になってようやく様々な膿がでて来た感があります。 赤旗新聞の強制購買をなくす為にも心ある日本人はよくよく注視しなければいけません。
2014/07/23(水) 11:28 | URL | 日本を守る #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/23(水) 10:40 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤旗強制購読問題・続々続報

ねずさんの ひとりごと 赤旗強制購読問題・続々続報
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク