アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


8月22日は対馬丸事件の日

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
オーディオブック版のダウンロードはこちらから
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」が8月24日に発売になります。
ねず本第三巻120ご予約注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU
「ねず本第三巻応援クリック」
↑ここ↑をクリックいただくと書店さんの注意を引きます。
クリックご協力をよろしくお願いします。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

疎開船「対馬丸」
疎開船「対馬丸」


昭和19(1944)年8月22日、ちょうど70年前の今日、沖縄からの疎開船「対馬丸」が、悪石島付近で米潜水艦の魚雷攻撃を受けて学童700名を含む1500名が海没しました。「対馬丸事件」です。
対馬丸事件が起こったのは、沖縄戦がはじまる7ヶ月前のことです。
その1ヶ月前の昭和19年7月には、サイパンが陥落しています。

左翼は、この対馬丸事件ばかりをとり沙汰しますが、この8ヶ月前の昭和18(1943)年12月21日に、沖縄那覇から本土に向けた定期航海の輸送船団が米国潜水艦によって、撃沈させられるという事件が起きています。「湖南丸事件」です。

湖南丸に海軍飛行予科練習生予定者や女子挺身隊などを含む民間人が683名、船員72名、海軍警戒隊4名の合計759名が乗っていました。そして魚雷を受けた湘南マルは沈没し、乗員は海になげだされました。
この海上に逃れた人たちを救助したのが護衛艦柏丸です。柏丸はエンジンを停止させ、人命救助にあたりました。そして湖南丸の乗員約400名を救助しました。

それを見届けた米潜水艦は、エンジンを停止して逃げられない柏丸を魚雷攻撃しました。
柏丸はほとんど瞬時に沈んでいます。


サイパン島には、戦いが始まった当初、島に約2万人の在留邦人(民間人)がいました。
けれど戦闘終了後、最終的に米軍が収容した日本人民間人は1万424人です。約半数の邦人民間人が戦いの渦中に命を落とされたのです。

東条内閣は、サイパン陥落の報に接すると、即座に緊急閣議を開きました。
そして閣僚たちは全員で、サイパンの悲劇をくり返さないようにと誓い、さらに米軍の動向から、次には「沖縄に戦火が及ぶ公算大」と判断しました。
そしてその日のうちに、沖縄本島、宮古、石垣、奄美、徳之島の五島からの、本土及び台湾への大規模疎開の実施を決定しています。

決定は、その日のうちに、沖縄県に通達されました。
内容は、「60歳以上と15歳未満の老幼婦女子と学童を優先させ、本土へ8万、台湾へ2万、合計10万を即時疎開させること」というものです。

当時の沖縄県民は、周辺の島々を加えて約59万人でした。
そのうち即時疎開者10万、そして開戦までに、さらにできるだけ多くの県民を疎開させよと示達したのです。

実は、このことは、軍としてもたいへんにありがたい措置です。
なぜなら、戦う軍にとって、民間人の残留は、まことに負担が大きいからです。

民間人は、規律と統制のとれた軍人ではありません。
軍人は、命令一下整然と行動をとりますが、民間人は行動が散漫で遅滞しがちです。
加えて逃げ遅れた者がいれば、軍はそのための捜索隊を危険を冒して出さなければならない。
戦傷者が出れば、そのぶん、余分な人手をとられます。
つまり、軍の機動力と戦力の両方が損なわれてしまうのです。

こう書くと、「何のために戦っているのだ。民間人の保護のためじゃないのか」とお叱りの声が聞こえて来そうです。
けれど、そこが「戦場」になれば、現実に敵の砲弾が飛んで来るのです。

それだけじゃありません。
沖縄は、数々の離島で構成された島です。
周辺の島々に住民がいれば、日本側の守備隊は、それぞれの島の防衛のために、ただでさえ少ない兵力を、余計に割かなければならなくなります。
戦いは、戦力が集中した方が有利なのは、古来、戦場の常識です。
離島に戦力が分散し、また本島の民間人保護に戦力を取られたら、それだけでも、戦いは非常に不利なものになってしまう。まして、高齢者や婦女子は、戦いの場にいたら危険なだけです。

まだあります。
食料です。
当時の沖縄は、年間に消費される米の3分の2を、県外からの移入に頼っていました。
沖縄で戦闘が始まり、海上輸送が途絶したら、県民への食糧補給が困難になります。
ですから一日もはやく沖縄県民を集団疎開させることは、日本にとっても、軍にとっても、ましてや沖縄県民にとっても、まさに喫緊の課題だったのです。

だからこそ、東条内閣は、とにもかくにも、一刻も早く、沖縄県民を、本土や台湾に疎開させようとしました。
けれど、疎開をする側の民間人からしてみれば、その時点では、まだ敵弾が飛んできているわけではありません。いつもと変わらぬ青空が広がっている、いつもと変わらぬ日常がそこにあるだけです。郷土への執着もあります。見知らぬ土地への疎開に対する不安もある。手荷物のこともある。

女房がウチからいなくなったら、明日からの飯はいったい誰が炊くのか。
疎開先で、子供たちの学校はどうなるのか?
疎開先での食事の面倒は誰がみるのか?
体の具合の悪い年寄りの面倒は誰がみるのか?
かかりつけの医者があるけれど、疎開先に医者はいるのか?
飼っている牛や犬や猫をどうするのかも、民間人にしてみればたいへん大きな問題です。

現実に疎開ということになれば、それぞれの家庭ごとにいろいろな問題があるのです。
集団疎開なんてしないで済めば、それにこしたことはないし、沖縄が戦場にならないなら、それがいちばんいい。誰だってそう思います。

見上げる空は、今日も青い。見渡す海は今日も青く広く輝いているのです。
その海原を埋め尽くすほどの米軍艦船が、巨大な主砲から嵐のように艦砲射撃を加えてくるなんてことを、その時点で、どうして想像できましょう。沖縄戦が起こるのは、それからまだ8カ月も先のことなのです。

この瞬間は、あくまで、「もし、敵軍が来たら、こうなる」という仮定の話でしかありません。
来ないかもしれない。
昨日と変わらぬ日常を送る一般の人たちにとって、昨日と変わらぬ今日があり、今日と変わらない明日があるだけです。

ですからひとくちに疎開といっても、そうそう簡単なことではないのです。
国が事前に疎開をさせようと思う時は、だから住民にきちんと事情を説明し、理解を得ながら、疎開誘導を円滑に進めなければならないし、そのためには沖縄県の行政の協力と働きが不可欠です。

ところが、当時の沖縄県知事であった泉守紀(いずみしゅき)が、疎開に真っ向から反対しました。
「沖縄県が戦場とならないために努力するのが軍の仕事である」などと、わかったようなことまで言い出しています。そして県が疎開行動に協力するのを拒んだのです。

風雲急を告げているときです。
すぐそこまで敵が迫っている。
愚図愚図しているヒマはない。

「沖縄県が戦場とならないために」もちろん最大限の努力はする。
けれど、戦闘はこちらが望んで起こすものではないのです。
こちらの事情に関わりなく、相手が相手の都合で、攻めて来る。

沖縄に日本軍がいなければ、攻めて来ないなどということもありません。
当時の航空機は、日米とも、まだ燃費が悪いのです。
米軍が日本本土を攻略するためには、そのための攻撃拠点となる基地が必要です。
だからこそ、サイパンに次いで沖縄の占領は不可避なのです。

ならばサッサと降参したらいい、という人もいるかもしれません。
これも違います。
降参すれば、米軍は悠々と沖縄を占領し、そこから日本本土を攻撃する。
もっと多くの命が失われてしまうのです。
ですから、理屈はともかく、兎にも角にも、疎開は実施しなければならない。

ところが沖縄県の泉守紀県知事は、昭和18(1943)年の赴任当初から、いわく付きの人物でした。
着任早々から、やれ「沖縄は遅れている」だの「だから沖縄はダメだ」などと、県の職員たちを見下し、こき下ろし、県庁職員たちの反感を買っていたほどです。

さらに昭和19(1944)年3月に、沖縄防衛のために陸軍第三十二軍が着任すると、そこでも軍の幹部と揉めています。
なにを揉めたかというと、軍が駐屯すると、そこに民間施設の「慰安所」ができます。
その民間の慰安所(売春施設)の設置を、拒んだのです。

理由は、「皇土の中にそのような施設は望ましくない」というものです。
けれど、当時、赤線が世の中の常識だった時代です。
沖縄にも遊郭はありました。つまり現実に施設はあったのです。
それを、泉守紀県知事は拒みました。

ひとついえることは、この手の、いっけんもっともらしい理屈をいう人間に、ろくな奴はいない、ということです。
なぜなら、人間には本能があり、その本能の欲求を否定する者というのは、必ず「自分だけは別」と、特別扱いされることを当然と思っているからです。

たしかに「売春宿はよくない」といえばそれまでです。
言っていることは、ご説、ごもっともです。
けれど、明日をも知れない命である兵隊さんたちにとって、性の捌け口は必要なものです。

このことは、女性の方にはちょっとわかりにくいかもしれません。
けれど男というものは、私くらいの年齢になるともはや現役引退になるけれど、若い適齢期の男性にとっては、ほっておいても精子が溜まるのです。
毎朝、起き抜けには、倅が相手を求めて大騒ぎする。
それが適齢期の男性というものです。
人類普遍の男の生理です。

溜まれば、下痢して漏れそうになったのと同じです。
切羽詰まり、放出しなければ、頭に血が昇る。

とりわけ戦地においては、明日をも知れない命です。
そうなると、これまた人類普遍の真理で、なんとかして自分の遺伝子を後世に残そうとする本能が働きます。
若い男性なら、女性に対して渇望的になる。

一方、女性の場合は、明日をも知れない命となると、逆に平和と安全を強く求めるようになるといわれています。
なぜなら胎内に子を宿した状態で、戦火を迎えたら、安心して子を産めないからです。
これまた女性の本能です。

戦いの前に、子を残すために女性の胎内に放出して子孫を残そうとする本能がはたらく男性と、これを受け止めて安全なところで子を産みたいという本能が働く女性。
そして男性は、そんな女性たちを守るために、死地に赴く。
女性たちの安全と安心を確保するためです。
そういう意味では、人もホ乳動物のうちです。

下痢で漏れそうなときに、トイレを使うことを禁じれば、そこらへんに漏れてたいへんなことになります。
たとえは悪いかもしれませんが、どんな綺麗な家でもトイレは必要です。

ちなみに、いまでも自衛隊の駐屯地がありながら左翼系の県知事がいる都道府県では、いわゆるピンク産業について、非常に厳しく規制的です。
自衛官のみなさんは、それでもじっと我慢して日々の厳しい訓練にいそしんでいますが、これは男性に一方的に無理を強いるものであり、生物学的には、決して正しい選択ではない、ということを、ひとこと申上げたいと思います。

対馬丸事件の後のことになりますが、慰安所設置をめぐって、これに反発した泉守紀県知事は、昭和19(1944)年10月10日の那覇大空襲のとき、逃げまどう市民や県庁職員をほったらかして、自分だけさっさと防空壕に隠れてしまっています。
職員すらほったらかしにしました。
自分だけ逃げたのです。

さらに空爆が終わると、民間の被害現場さえもほったらかして、こっそり那覇市を脱け出し、沖縄本島中部の普天間に公用車を使って、いちはやく逃げています。
そして普天間で、自分ひとりだけの「県庁本部」を名乗りました。
もちろん県の職員達は、那覇の県庁にほったらかしです。

さらに昭和20(1945)年1月、沖縄戦の2ヶ月前の、敵上陸がもはや眼の前に迫ってきているときには、泉知事は、自ら上京して沖縄からさっさと去ってしまっています。
大蔵省幹部であった実兄に頼み、自分だけが沖縄から転任できるよう、工作を依頼していたのです。

泉知事が着任してからの在任帰還は、約一年半(約500日)ですが、そのうちの三分の一近い175日間もの間、彼は沖縄県を留守にしました。
どこに行っていたのかと言うと、東京との調整と称して、風雲急を告げる沖縄をほったらかしに、ずっと中央で転勤のための根回しをしていたのです。
それも沖縄県の歳費を使って、です。

要するに泉知事は、沖縄が危ないということを沖縄の民衆の誰よりも早い段階で知っていたからこそ、軍に圧力をかけ、軍が嫌がっていちはやく自分だけ沖縄から逃げ出そうとしていたわけです。
そのために、県知事という立場を利用して、内閣や軍の指示にさえ「きれいごと」を言って竿をさし、反発し、邪魔だてしたのです。
もっと簡単にいえば、「沖縄県民の安全を人質にすることで」自分だけが戦地からうまく逃げ出す算段をしていたわけです。最低です。

こんな体たらくの県知事であっても、県の職員のなかには、ちゃんと危機意識を持つ人もいてくれました。
たとえば沖縄県の警察部長であった荒井退造氏なども、そのひとりです。

荒井退造県警部長も、本土からの赴任組です。
彼は、昭和18年7月、42歳で沖縄県警察部長として沖縄に赴任しました。
そして赴任からちょうど一年後に、東条内閣からの疎開指令を受けたのです。

形ばかりのつもりだったのかもしれないけれど、泉知事は、荒井退造を、県民疎開の責任者に任じました。
荒井退造は、すぐに県下の全警察署に指示して、説明会や家庭訪問を実施させました。
県民一人ひとりに疎開の必要性を説いてまわらせたのです。

それはたいへんな作業でした。
沖縄県の全警察官が、一件、一件のお宅に訪問して、事情を説明し、疎開へと誘導するのです。

「おやじさん、7月7日には、サイパンが陥落したんですよ。
3万1000名の守備隊は玉砕、1万2000名の在留邦人も運命を共にしたんです。
沖縄で同じことがおこったらどうするか。
ここは、つらくても一時的に疎開するのが一番良い。
みなさんが疎開することで、沖縄守備隊も精いっぱいのご奉公ができるんです」

けれど、県民の反応はイマイチでした。
警察官の言う理屈はわかるのです。
けれど、先祖伝来の土地からはそうそう簡単には離れられるものではありません。

やむをえず退造は、県の職員や警官の家族を先に疎開船に乗せることを企図しました。
本来は、順序が逆です。民が先、官が後です。それはわかっている。
けれど、まず、役人や警官の家族が動き出したとなれば、県民たちだって安閑としてはいられなくなるのではないか。
それに、老人や妻子を本土に疎開させた暁には、残った職員たちだって後顧の憂いなく奉公ができる。

昭和19(1944)年7月21日、疎開船第1号が那覇の港を出発しました。
船は輸送船「天草丸」です。
県庁職員や警官らの家族752人を乗せて那覇港を出発しました。

このとき、沖縄県警察部輸送課長だった隈崎俊武警視(当時42歳)の妻と5男2女もその中にいました。
当時6歳だった四男の勝也さんは、当時の状況を鮮明に覚えていて、それを手記に書きのこしています。

~~~~~~
追い立てられるような、慌ただしい旅立ちだったと子供心に記憶しています。
その日、一張羅を着せられ、まだ新しい帽子をかぶり、ランドセルを背負い、新品の革靴姿でした。
母は乳飲み子と3歳の妹をつれ、兄や姉は持てるだけの荷物を持って、那覇港に行きました。
埠頭(ふとう)は乗船する家族連れ見送りの人たちで一杯でした。
父も見送りに来ていました。
~~~~~~
見送る夫、見送られる妻。
これが永遠の別れになるかもしれない。
去来した思いはいかばかりだったでしょう。

輸送船第一号として那覇港を出港した「天草丸」は、すこし走っては停まっては耳を澄ます、また少し走っては、停まってあたりを警戒するという動作を繰り返しながら、すこしずつ航海をすすめました。
敵潜水艦による攻撃を警戒したのです。
通常ならわずかな道のりの航海も、だからこのとき、鹿児島に着くまでに2週間もかかっています。

航海の途中、勝也少年は、ある日、黒く長い物が水面すれすれに、ジャブジャブと泡を立てながら、船体をかすめていったのを目撃しています。
大きな魚かと喜ぶ勝也少年を、大人たちは「じっとしなさいっ」と叱りつけて、ぎゅっと体をつかまえたそうです。
それは敵潜水艦の魚雷だったのです。
天草丸は間一髪で助かったのです。

ひとつ、たいせつなことを付け加えます。
非戦闘員を運ぶ船舶への魚雷攻撃は、国際条約に従い明らかな「戦争犯罪」だ、ということです。

戦後日本は、東京裁判で、戦後の事後法である平和に対する罪などで裁かれました。
しかし、法律不遡及の原則といって、法というものは遡って罪をなすりつけてはいけない。
法には不遡及の原則があるのです。
けれど、東京裁判は、事後法で裁かれました。
一方、輸送船を意図的に攻撃してはならないという、国際法は、米国を中心とする連合軍によって、公然と破られました。
そして勝った連合軍は、そうした不法行為について、一切裁かれることはありませんでした。

日本の輸送船は、当然のことながら非武装輸送船(疎開船)であることを示す標識を掲げて航海していたのです。
しかも、走ったり停止したりを繰り返しています。
さらに、進路は戦地に兵員や軍備を運ぶ「行き」のコースではなく、沖縄から本土に向かう「帰り」のコースです。

誰がどうみても、素人判断でさえも、あるいはよほど頭の足りない戦闘員であったとしても、それが「非戦闘船」であることは、明白でした。
それでも、こういう船を一方的に攻撃されたのだということを、私たちは事実として忘れてはならないと思います。

また、非戦闘船でありながら、ジグザク走法をして敵潜水艦による魚雷攻撃を警戒したことにも理由があります。
実は、沖縄疎開開始決定に先立つ8ヶ月前の昭和18(1943)年12月21日に、沖縄那覇から本土に向けた定期航海の輸送船団が米国潜水艦によって、撃沈させられるという事件があったのです。
「湖南丸事件」です。

場所は、対馬丸が沈没した海域と同じ海域です。
攻撃を受けたのは、日本の「沖903船団」でした。
船団は、輸送船が湖南丸、大信丸、延寿丸、慶山丸の四隻、護衛は佐世保防備戦隊所属の特設捕獲網艇の第二新東丸と柏丸の二隻でした。

12月19日に那覇を出た船団は、20日には奄美の名瀬港に着きました。
ここまでは何事もなく航海を続けることができたのです。

同日午後5時、船団は名瀬港を出発し、鹿児島に向かいました。
そして21日午前1時38分、沖永良部島西方18km付近で、湖南丸が、米国潜水艦からの魚雷攻撃を受けたのです。

魚雷は、2本が湖南丸の右舷に命中しました。
湖南丸は、わずか2分で沈没してしまったそうです。

けれど、そのわずか2分の間に、湖南丸の船員達は、湖南丸に付属している救命艇を海に降ろし、また筏になりそうなもの、浮き輪などを、海に放り投げました。

湖南丸に乗っていたのは、海軍飛行予科練習生予定者や女子挺身隊などを含む民間人が683名、船員72名、海軍警戒隊4名の合計759名です。

沈没した湖南丸から海に投げ出された乗客たちは、船員達が必死で投げてくれた救命艇や浮き輪などによって、その多くが一命をとりとめました。
一方、沈没のその瞬間まで、乗客達のために救命艇や浮き輪を用意した船員達は、湖南丸と命をともにして、海中に沈みました。

海上にただよう乗客達は、救命艇や筏につかまり、海に漂いました。
人命第一は、今も昔も変わりません。
護衛艦の柏丸は、海に漂う乗客達を助けるために、エンジンを停止させ、人命救助にあたったのです。
柏丸は、こうして湖南丸の乗員約400名を救助しました。

ところが、です。
明らかに停船して、海上に漂う人々を救助し、その救助活動によって海上のほとんどの人が柏丸に乗り込んだのをみとどけた米潜水艦は、その護衛艦の柏丸に向けて、魚雷を放ったのです。

いくら護衛艦とはいっても、停船している状態では戦闘能力はありません。
動くことも、避けることもできないまま、護衛艦柏丸は、魚雷をまともに受けてしまうのです。

魚雷は、海から救助され、暖を取るために遭難者の多くが集まっていた、柏丸の機関室を直撃しました。
柏丸は大爆発を起こし、救助された人々と、命がけで救助にあたってくれた柏丸の乗組員たち全員を連れて、ほとんど瞬時に沈んでしまっています。

当時、米潜水艦は、ウルフバックといって、3隻くらいの複数艦で行動することが多いという情報が寄せられていました。
そして、被災者の救助活動を終えたところを、目の前で撃沈されたのです。

護衛艦の第二新東丸は、柏丸と湖南丸の生存者の救出をいったんあきらめ、他の輸送船(大信丸、延寿丸、慶山丸)の乗客たちを守るため、輸送船団を指揮して、いったん全艦で、その場を離脱しました。
なぜなら、それぞれの輸送船には、他の大量の乗客がいたのです。

他方、知らせを受けた日本海軍は、即時、対潜艦4隻を現場に急行させるとともに、夜明けとともに航空機を現場に急派しました。
そして、海軍の増援艦隊を確認した護衛艦の第二新東丸はは、再び現場に戻り、生存者の救命活動を行ったのです。

けれど、発見できた生存者はわずかでした。
湖南丸だけでも、死亡者は、船客576名、船員69名・海軍警戒兵3名の合計648名です。
助かったのは、わずか111名だけでした。

沈められた湖南丸、柏丸に乗船していて亡くなられた方々のおひとりおひとりには、それぞれ家族があり、友人があり、それぞれに人生がありました。
それだけでなく、湖南丸には、沖縄や奄美から本土にいる家族らに宛てたたくさんの手紙が乗っていました。
その手紙の一枚一枚には、遠く離れた家族への思いが綴られていたことでしょう。

非武装の輸送船を攻撃することも国際法上違法なら、救命活動中の船舶への攻撃も、明らかな違法行為です。
それでも攻撃されてしまう。

すでに沖縄〜本土間の制海権は、半ば敵の手に落ちています。
けれど、それでも沖縄決戦となれば、そこに残る人々は、まず生きて帰れない。
だからこそ、危険を承知で、精一杯の注意を払いながら、疎開船を出さなければならなかった。
それが、昭和19年夏の、沖縄の情況だったのです。

対馬丸事件は、こうした状況の中で起こりました。

対馬丸が那覇の港を出港したのは、昭和19(1944)年8月20日午後6時35分のことです。
目的地は、長崎でした。

一緒に船団を組んでいたのは、
 輸送艦 対馬丸、暁空丸、和浦丸
 護衛艦 蓮、宇治 
の5隻です。

対馬丸には、一般人及び那覇国民学校の児童、その介添者合わせて1,788名と、86名の乗組員が乗船していました。

他の2隻は、和浦丸に、学童疎開者だけで1,514名、暁空丸には一般疎開者だけで約1,400名が乗っていました。

子供達の対馬丸での様子は、「まるで修学旅行でも行くかのよう」だったそうです。
「先生、ヤマトに行くと雪が見られるのでしょう?」
「雪って、どんなかなぁ」
「先生、長崎ってどんなとこなんですか?」
「あ、向こうに船が見える!、先生、あの船、なんて名前?」

子供達で沸きかえる船内では、手が空いた対馬丸の乗務員が、子供達に付き合って、「戦争の話や、前に遭難して助かった話など」をしたりしていたそうです。

一方、米海軍は、暗号解読などによって、対馬丸ら一行の予定航路をおおよそ把握していたそうです。
そしてその航路に網を張った米潜水艦のボーフィンは、8月22日午前4時10分に、レーダーによって対馬丸を含む船団の位置を探査し、特定しています。

米潜水艦のボーフィンは、潜航状態で観測を行いました。
船団には、哨戒機が2機が張り付いていました。
しかも船団は、レーダーを妨害するために、強烈なジャミングを発していました。
これにより、ボーフィンは、「当該輸送船団は、重大任務を負っている」と判断。
航空機の援護ができない夜間に攻撃をしかけることを決め、船団から約40キロの距離を置いて、ひそかに追尾しました。

夜になり、対馬丸では、引率教師たちが児童に、救命胴衣の着用を指示しています。

午後10時9分、米潜水艦ボーフィンは、船団との距離を2.5kmにまで詰め、艦首発射管から魚雷6本を発射しました。

対馬丸は、見張員がその魚雷を視認します。
ブリッジでは、艦長がただちに「取舵一杯、両舷全速前進」を命令しました。
けれど、近距離での発射です。
魚雷はみるみる接近する。

艦長の指揮で、1本目の魚雷は船首前方をかすめ去りました。
しかし、続く3本が、左舷の第一、第二、第七船倉に命中したします。
そしてすこし間を置いて、別の魚雷1本が第五船倉右舷に命中する。

魚雷の命中によって、船内にはおびただしい海水が流入します。
船体の保持困難とみた艦長は、即座に「総員退船」を命令しました。

子供達を引率していた先生たちは、寝付いたばかりでなかなか起きない子供達を、蹴っ飛ばしてまで起こしたそうです。
そして海水の浸入するなか、船内から乗組員たちと一緒に、子供達をいちはやく梯子を登らせて甲板に出そうとしました。
けれど、梯子を踏みはずして下に転落する子供、おびえて体が動かなくなる子供。そして、みるみるうちにせまってくる海水。

一方で、甲板にいる乗組員達は、やはり大急ぎで、救命艇や浮き輪、筏になりそうな器材等を海に放ります。
そうこうしているうちに、乗客の児童や教師たちが甲板に上がって来る。

乗組員達は、急いで海に飛び込むように指示するのだけれど、舷側が高くて、これを乗り越えられない者、夜の暗闇の海への恐怖にふるえて海中に飛び降りれない児童もいます。
船はどんどん傾いて来る。
乗組員達は、子供達を舷側から海に放り投げもしていたそうです。

そして魚雷命中からわずか11分後の午後10時23分、対馬丸は、大爆発を起こして沈没します。
爆風で、舷側にいた救命ボートが転覆し、何人かは吹き飛ばされて海に消えました。

その日、海は近づいている台風の影響で、大しけに荒れていました。
その荒れた海の上で、大声をあげて生存者を捜す者、せっかく来ていた救命胴衣が大きすぎて、そのまま海で溺れて沈む者。

護衛艦の「蓮」は、敵潜水艦による次の攻撃を避けるために、持っている機雷を全て海に放出しました。
そして護衛艦蓮と、宇治は、残った輸送船の暁空丸と和浦丸を連れて、全速力で現場を離れました。

これは正しい判断です。
すぐ前に、同じ海域で、湖南丸事件があったのです。
しかも、米潜水艦は、常に複数で行動している。
その場にいたら、他の輸送船の乗客達まで、犠牲になる危険がある。

一方、対馬丸の生存者は台風で荒れる海の上で、漂流しながら救出を待つことになりました。
漂流は、暴風雨、三角波、眠気、真水への渇望、飢え、錯乱等との戦いでもあったそうです。

漂流中、対馬丸の小関保一等運転士は、当初、10名ほどの児童が乗った筏につかまりながら、漂流している児童を見つけてはいかだに乗せました。
そうしてまる17時間、小関さんは救助した乗客達を筏に乗せ、自分は海に浸かったままで一昼夜を耐え、8月23日午後3時ごろ、付近を航行していた漁船2隻に救助されています。
このとき漁船に救助されたのは児童、一般人83名、兵7名、乗組員21名でした。

わずか10名の乗る小さな筏で、それだけ多くの人数の人命を保ったのは、海水が腰の高さまで浸水している筏にあって、小関さんが、とにかく「座れ、座ってろ!」という強い指示があったからでした。
彼は、嵐と高波に翻弄される筏にあって、重心を下げることで筏の転覆をついに防ぎきったのです。

同じく乗組員の吉田薫夫さんは、児童3名と筏で漂流しました。
子供達を励まし、軍歌を歌ったりして気を紛らしたりしたそうです。
けれど、体力の衰微とともに、2名の子供が相次いで死んでしまいます。
悲しみにくれながらも、吉田さんは、万一助かったときのためにと、亡くなった子供の遺体とともに、漂流を続け、翌々日の8月24日に捜索隊によって救助されています。

こうして、312名が救助されました。
生存者の多くは、トカラ列島の無人島に漂着したり、嵐がやんでから軍の救助隊や、軍から連絡を受けた奄美などの漁師たちの船によって救出されました。
いちばん長い人で、10日間もの漂流をしています。

けれど対馬丸の乗員1788名のうち、児童804名を含む、1,418名が、犠牲となられました。
犠牲者の遺体の多くは、奄美の宇検村などに流れ着いたそうです。
現地には慰霊碑が建立されています。

沖縄からの疎開船は、昭和19(1944)年7月21日の第1号の天草丸からはじまり、翌昭和20(1945)年3月まで、延べ187隻が繰り出され、合計で8万名以上が日本本土と台湾へ疎開しています。

そして、同年3月23日、洋上を埋め尽くした米国の大艦隊の艦砲射撃とともに、延べ二千機におよぶ米航空機による空爆が始まりました。
沖縄戦のはじまりです。

激戦は6月下旬まで続きました。
そして、日米両軍合わせて約18万人が死傷しました。
結果として、沖縄の民間人9万4千名が犠牲となっています。
 
開戦前に、沖縄から逃げ出した泉知事に代わって、1月から県知事に赴任した島田叡(しまだあきら、当時43歳)氏は、県警部長の荒井退造氏とともに、最後の最後まで県民の疎開に尽力し、もはや海上輸送による疎開では間に合わないとなるや、沖縄県本島北部に、避難施設を作って、3月までに約9万人を疎開させ、さらに医者と半年分の食料を避難民のために確保しました。

こうした努力によって、当時の沖縄本島の住民49万のうち、約20万人が、何らかの形で疎開することができたのです。

けれど、牛島軍司令官が6月23日に自決し、その数日後、荒井県警部長はアメーバ赤痢で亡くなり、島田県知事は、近くの海岸の自然壕でピストル自決してお亡くなりになりました。

沖縄戦のときの、泉知事、後任の島田知事、そして荒井退造県警部長のことについては、当ブログの
「命をかけて守る、荒井退造」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1069.html
に詳しく書かせていただいていますので、ご参照下さい。

戦前の日本にも、ろくでもない人物はいました。
いい人もいました。

けれど、いつの時代にあっても、大切なことは、「思いやりの心」です。

対馬丸事件で、護衛官の蓮と治は、輸送船の暁空丸と和浦丸を連れて現場を離れました。
けれど、その判断によって、すくなくとも輸送船和浦丸の学童1,514名、暁空丸の一般疎開者約1,400名は、無傷で助かっています。

そして、沖縄からの疎開船による約8万名の輸送のうち、犠牲となったのは、あの制海権を奪われた環境のなかで、対馬丸の1,418名だけです。
これは、むしろ驚異というべきです。

さらに、最後の最後まで乗員達を助けるために、命を賭けて必死の活動をした対馬丸の船員達の最後まで思いやりの心を失わずに、乗客たちを助けるためにした努力の数々と死を、犠牲者への哀悼とともに、私達は心に刻んでおかなければならないと思うのです。

歴史は、ジグソーパズルのピースのいくつかを拾っただけでは、全体像は見えて来ません。
そして全体像をみなければ、昨日の記事の対馬記念館のガイドさんのように、間違った判断をしてしまうということも、あわせて学ばせていただきたいと思います。

対馬丸の犠牲者のみなさまに、心からのご冥福をお祈り申し上げます。
そしてもうひとつ。
冨山先生から以下の文をいただきました。
=======
輸送船などに乗務し、大戦中に亡くなられた船員は約6万人、死亡率は軍人を上回る43%。戦没した船の数は7,240隻です。武器も持たず制空・制海権を失った海域で任務を全うした船員の皆さんに敬意を払いたいと思います。
=======
心からの敬意を払い、ご冥福をお祈りしたいと思います。

※この記事は2013年8月の記事をリニューアルしたものです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

対馬丸の悲劇忘れない 慰霊祭、冥福祈る





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!
関連記事

コメント
鬼畜米英
よく、『鬼畜米英』という言葉を取り上げて、欧米への敵愾心を煽り当時の日本世論を戦争に向かわせる為のものだった、とマスメディアなどは言います。
多くを知れば、事実を評した適切な表現としか思えません(前記の意味合いもゼロとは思いませんが、一側面にすぎません)。
2014/08/24(日) 11:29 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
阿波丸事件も忘れないで
阿波丸事件(あわまるじけん)は、太平洋戦争中の1945年(昭和20年)4月1日にシンガポールから日本へ向けて航行中であった貨客船「阿波丸」が、アメリカ海軍の潜水艦「クイーンフィッシュ (USS Queenfish, SS-393)」の雷撃により撃沈され、2000人以上の乗船者のほとんどが死亡した事件。「阿波丸」は日米間の協定で安全航行を保障されていたはずであった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E6%B3%A2%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6
2014/08/24(日) 04:27 | URL | 読者 #HfMzn2gY[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/23(土) 12:15 | | #[ 編集]
反日工作を断とう
反日負け犬史観洗脳装置たる嘲日新聞や犬HKなど反日マスゴミの流布する「歴史認識」なるものが、
如何に恣意的な御都合主義で作られているかの一端をご紹介いたします。
実は沖縄第三十二軍全体の中で憲兵は、僅か20人しかいませんでした。
それにも関わらず、彼らによって住民の自決命令が出されただの、住民が虐殺されただのと言うのは、全く正気の沙汰ではありません。
こんな事も知らずに、日本軍憲兵を批判しているのは、呆れた話です。
実際の第三十二軍の憲兵は、少ない人数にも関わらず、住民の避難、救助に超人的な努力をしています。
こうした努力を無視して、捏造された虚像を真に受ける愚は、いい加減止めてもらいたいと思います。
2014/08/22(金) 16:45 | URL | ありがとう #jpAXHcXk[ 編集]
No title
哀しくそして腹立たしい話ですね。
しかし、これが戦争なんです。如何に卑怯かつ悪辣な事であっても、『勝てば官軍 負ければ賊軍』です。だから戦争を始めた以上は、どんな手を使ってでも勝たなければならないのです。
正しいから勝つのではなく、勝ったから正しいという姿勢は、今もって正される気配すらありません。

日本が悪かった事をひとつだけ挙げるとするならば、日本軍が『戦争に負けた』ということに尽きます。
2014/08/22(金) 13:21 | URL | h #cJ8rOc6M[ 編集]
応援クリックお願いいたしますm(_ _)m
ねずさん、おはようございます(^-^)/

対馬丸事件、本当に悲しいことです。
ねずさんのブログで学びましたが、日本の避難する民間人を攻撃したのは、アメリカだけではありません。
ロシアも、でした。
世界中で、同じような悲劇が、現在でも繰り広げられています。

情報戦争も、仕掛けられています。

その最前線で戦ってくださってる小坪議員へ、本日も応援クリックお願いいたしますm(_ _)m


http://samurai20.jp/2014/08/arigatou/


皆様のお陰で、本日62位です。
政治家部門では、なんと1位。
着実に、援軍効果あらわれております!!

小坪議員を守ることは、ねずさんを守ることにもなります。

ねずさんの安全を確保するためにも、応援クリックよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2014/08/22(金) 08:29 | URL | ラベンダー #MMIYU.WA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク