アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


お玉が池

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 8月24日新発売!
ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
ねず本第三巻120
ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU

新刊ラジオに、ねず本第三巻の紹介が掲載されました。耳で聴く新刊紹介です。私も出演しています。よろしければご試聴下さい。http://goo.gl/0s543r

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

お玉が池


幕末頃で有名な剣術道場といえば、千葉周作の北辰一刀流です。
この道場は、江戸のお玉ヶ池(おたまがいけ)のあたりにあったのですが、そこはいまでいうと東京都千代田区岩本町2丁目5番地の辺りです。

江戸の初め頃には、ここに上野の不忍池がすっぽり入るくらいの大きな池がありました。
その池は、幕末頃には小さな池になり、いまでは池自体があとかたもなくなって、そこには小さな「お玉稲荷」の祠(ほこら)があるだけになっています。

そのお玉が池が、まだ大きな池だった頃、実はその池は「桜ヶ池」と呼ばれていました。
きっと、池の周囲に桜の木があったのでしょう。池のわきに小さな茶店がありました。
桜の花見の名所に、小さな茶店・・・なんだかとっても絵になる光景です。

その茶店に「お玉」ちゃんという、とってもかわいらしくて気だての良い娘さんがいました。



お玉ちゃんには、二人の男の子の友達がいました。
『江戸名所図会』によると、この二人の男性は、「人がらも品形(しなかたち)もおなじ」であったと書かれています。

ある日、この二人の友達が、お玉ちゃんに同時に結婚を申し込みました。
けれどお玉ちゃんは、二人とも大好きなのです。
だから選べない。
それにとつぜん結婚を申し込まれても、それはとってもうれしいけれど、とつぜんどちらかを選べと言われても、お玉ちゃんにとっては、それはとっても困ることでした。

「お玉」ちゃんはとっても悩みました。
いく日も悩みました。
そして悩んだ末に、桜ヶ池に身を投げてしまったのです。

遺体を池から引き揚げた近所のみなさんは、このお玉ちゃんの心をあわれに思い、そこに小さな祠(ほこら)を建てました。
それがいまも残る「お玉稲荷」です。

そして、いつしか「桜ヶ池」は、人々から「お玉ヶ池」と呼ばれるようになりました。

お玉ヶ池は、そのすぐ近くが、本郷、湯島の高台です。
そこからは遠く富士山も見渡せます。そんなところから、このあたりには武家屋敷が建ち並びました。
そしてお玉が池のある神田界隈には、それら藩邸への御用を勤める商人たちのお店や、その住まいが建ち並び、桜ヶ池の界隈は、とっても街が発展しました。

このため、江戸時代の後期には、神田山を削ってお玉が池を埋め立てて、池の宅地造成がすすみました。
その結果、いまでは、池は跡形もなく消えてしまっています。

池は消えましたが、地元の人たちは、お玉ちゃんの伝説と、お玉稲荷をずっと大切にしてきました。
東京のど真ん中で、お稲荷さんにいるお玉ちゃんには、いまでも、千羽鶴や花が絶えません。
そしてお稲荷さんは、商売繁盛の神様です。
そのおかげか、神田、岩本町界隈は、明神様やお玉稲荷のご利益で、いまでも地域の商店や問屋街がとっても元気です。

歴史や神様を大切にする心。
それって、日本の原点ですよね?

<参考>
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2339.html




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!
関連記事

コメント
地元の神社や祭を大切にしよう!
ねずさんのおっしゃる通り、地元の神社や小さな祠を粗末にしている地域は、さびれていく一方です。そういった姿は私の地域でもそこかしこに見受けられます。かつては大きな地域で鎮守の杜(ちんじゅのもり)であった神社が開発のため、見るも無惨に神域を削られてしまい、祭も小規模化し、最後には行われなくなり、その近所ではどんな商売をしても振るわなくなってしまう。
私の中学時代の恩師の家のすぐ近くがその鎮守の杜でしたが、国道や高速道路のバイパスの開発などで、神域は随分と縮小され、その近くにあった墓地などもかなり削られ隅っこに追いやられました。中学生の時、恩師のお宅に招かれ、先生のご家族はもちろん、その地域に住んでいる人々のなんとも言えない優しさや温かみに触れました。ところが、30年ほど経って、様子のすっかり変わったその場所の近くのコンビニで働いていた時、私の「良かれと思って」したこと、言ったことが全て反発を受け、私はすっかり孤立してしまい、結局、辞めざるを得なくなりました。その直前、その町の住宅地図で偶然恩師の家を発見し、訪れて見ると、確かに先生の家なのですが、家の周りも家の中も荒れ放題。表札の名前も違っていました。隣家の方に尋ねると、偶然にも恩師の親戚の方。「残念じゃねや、幹弘さんは11年前に亡くなってしもたんよ。」と言われ、私は思わず号泣してしまいました。「そんなに幹弘さんのことを思てくれるんじゃったら、墓に参ってやってくれや。」と言われ、「ここからどれだけ離れているんだろうか?」と思いましたが、結構近そうにおっしゃいました。言われたとおり道をたどると、国道から入ってすぐ横の奥まった隅っこの方にそのお墓はありました。本当に隅っこに「追いやられた」という感じ。墓碑によると、先生は定年の直前、59歳の時、授業中に倒れて、そのまま亡くなったそうです。先生のお墓は神式でした。先生の生い立ちが分かるように略歴が書かれていました。先生は厳格な国語の先生で、そのせいか生徒には余り人気がありませんでしたが、生徒会の顧問でした。私は生徒会の書記長でした。1年間生徒会を勤め上げたので、その慰労に先生のお宅に招待してくださったのです、我々生徒会役員全員を。生徒会長、男女の副会長、男女の書記長の5人です。ご家族総出で歓待してくださり、私たちには、理想のご家族と映りました。先生ご自身が優しいから、ご家族がこんなに素敵なんだな、と思いました。先生のお宅から海が近いので、先生のお嬢さん3人と我々5人(8人はほぼ同年代)とで遊びに行きました。先生の家に戻る時、道に迷って(先生の娘さん達は先に帰っていた)畑仕事をしている人に先生の家への道を尋ねると、とても丁寧に教えてくれたことを覚えています。
数年後、20歳の時、初の衆参ダブル選挙の時、先生に再会しました。創価学会の選挙戦に駆り出されたのです。選挙の話はすぐに終わり、懐かしい生徒会時代に話の花が咲きました。「お前達は○○中学校生徒会の黄金時代を作ったんだ。越智、おまえが実質的には生徒会長だったな。」と褒めてくださいました。過分な言葉に、私は返事も出来ませんでした。そう言えば、生徒会修了の賞状を卒業式に合わせて作ってくださいました。その賞状に貼り付ける写真(我々5人の集合写真)は、なぜか私が最前列で中心に収まるよう、顧問である先生に命じられました。私の横には女子の副会長と書記長、後ろの列に男子である生徒会長、副会長です。知らない人が見れば、まるで私が生徒会長をやっていたのかと、勘違いされるでしょうね。あの写真一枚にも、先生の私に対する思いが込められていたのです。先生に再開した時は大学浪人でしたので、ご心配をおかけしてしまいました。申し訳ありません!
その恩師が、11年も前に亡くなっていた!奥様はショックの余り、すぐに転居されたそうです。それなのに地元の青年商工会議所作成の住宅地図に引き続き先生のお名前が残っていたのは、私には偶然とは思えません。先生の墓所で手を合わせた時、目に見えない存在が、確かに私を優しく包んでくれたように感じました。「先生、お世話になりました!どうぞ霊界から私を見守ってください。先生に恥ずかしくない人生を送ります!」と誓いました。
それにしても、最後にお会いしてから、25年、国道を通るたびに先生のお宅への入り口を探していたのですが、ついに見つけられなかったのは、あまりにも開発が進んだからだったのです。かつての面影がまるでない。神社と墓地が大いに犠牲になっている。
実は、私が働いていたコンビニは国道沿いにあり、その店の前の国道を渡ったところが、先生のお宅への(その手前に、墓地への)入り口だったのです。「灯台下暗し」とはこのことです。コンビニの敷地とその墓所は、十数メートルしか離れていない。先生はご存知だったんですか?きっと、先生のお導きでお墓参りが出来たのだと思います。先生、ありがとうございました!
コンビニのオーナーは先生の家の近所で、先生をよく知っているとのこと。オーナーの奥さんと私は同い年でしたが、とことん私を嫌っていました。私のやることなすこと、全てが気に入らない。こうなっては万事休す。辞めざるを得なくなりました。残念です。
このコンビニには、同じ系列の同じ町のコンビニ(私が働いていた)がつぶれたので、ご厄介になっていたのですが、このコンビニ自身も、私が辞めた後、すぐに店を閉めました。どうもこの地域の店は商売が立ち行かない。やはり、神社を粗末にしている罰が当たったんだとしか考えられない!
あの、人徳のある私の恩師が若くして亡くなられたのも、それが原因だったのではないか?先生のお宅は、神社のすぐ近くです。悔やまれます。悔やんでも悔やみきれない。
創価学会は、神社、他宗の仏閣は大事にしません!日本人の精神性ではありません!
元はと言えば、宗祖の日蓮は法華経を中心に据えた国家を目指したため、「神去り法門」を唱えました。全国の神社仏閣に参っても、神仏は去り、功徳は無いと。
しかし、日蓮の書いた曼荼羅には天照太神と八幡大菩薩が勧請(かんじょう)され、日本の産土神(うぶすながみ)も残らず含まれているという意義が込められています。
それどころか、法華経の行者の一身に全ての神仏・精霊が宿り、その功徳にあずかることが出来る、という思想なのです。
あまりにも深い宗教的思想なのですが、創価学会は、それを悪用したのです。その意義、精神を生かすことが出来ず、いたずらに他宗と垣根を作ってしまった。もはや、現在に生きる宗教とはなり得ていない。逆に、邪教と成り果ててしまった。
その創価学会を支持母体とする公明党は、政権与党ですが、あまりにも日本人的感性に欠ける党です。シナ・コリアと関係が深すぎる。早晩、安倍政権、自民党に大きな荷物になる気がする。なんとかしなくては!

それよりも何よりも、地域の神社や小さな祠に至るまで大切にする、本来の日本人の感性を取り戻したい!我々日本人は、神様の子孫なのですから!
2014/08/28(木) 14:00 | URL | 越智富夫 #5fY02qfU[ 編集]
No title
老無骨者の心を浄化させてくれるようなお話、誠に有難うございました。澄み切った心がなくては正しい武道を続けることは出来ません、日々自問自答する毎日です。いつまで出来ますことやら・・・
2014/08/28(木) 09:13 | URL | 通りすがりの武人 #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
お玉さんみたいな心の綺麗な女性は、今の日本に居るのだろうか? お玉さんが生きておられた時代は、そんな心の綺麗な女性や心の優しい男性がたくさんおられたのでしょう。お玉稲荷や神田明神を大切にしておられるこの地域の方達もきっと心の綺麗な優しい人達が多くおられるにちがいありません。
2014/08/28(木) 07:33 | URL | ケイシ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク