アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


後白河法皇と院政

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 8月24日新発売!
ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
ねず本第三巻120ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU
新刊ラジオに、ねず本第三巻の紹介が掲載されました。耳で聴く新刊紹介です。私も出演しています。よろしければご試聴下さい。http://goo.gl/0s543r
第三巻の紹介文はコチラにあります。→http://goo.gl/6ng7KF
つくる会主催の日本史検定講座第五期生を募集中です。みなさまのご参加をお待ちします。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

後白河法皇
後白河法皇


9月5日といえば、保元3(1158)年に後白河法皇が院政を開始された日です。
後白河法皇といえば、平安時代の末期の第77代天皇であられた方です。
後白河天皇は、退位して天皇の地位を二条天皇に譲ると、上皇(じょうこう)となって、政治に直接介入、平清盛と激しく対立しました。
そして幾度も上皇の地位を追われながら、清盛の死後、またまた上皇に復活されています。

わたしたちの国における最高位の位は、昔もいまも天皇です。
ではなぜ後白河天皇は、天皇という地位をお捨てになり、「院政」という、おかしな政治形態をはじめられたのでしょうか。
実はそこに、わたしたちの国のカタチの、とても大切な本質があります。



ちなみに私は「この国」という言葉をあまり好みません。
「この国」という言葉には、わたしたちの国を意図的に客体化してみる、あるいは他国のよう見るという冷たさを感じます。
日本は、まぎれもなくわたしたちの祖国です。
ですから「この国」ではなく、「わたしたちの国」です。

さて、院政(いんせい)という言葉は、江戸時代に頼山陽が「日本外史」の中でそのように表現したことから、広く知られるようになった言葉です。
実際に、たとえば後白河上皇が政治に参画した時代には、特に「院政」という言葉があったわけではなくて、院政を行う上皇が「治天の君」と呼ばれていました。

問題は、院政であれ、治天の君であれ、天皇という存在がありながら、なぜ、わざわざ天皇が退位して、天皇の地位を皇太子殿下に譲るまでして、自分は「上皇」となって、政治に介入しようとしたのか。
世界にある普通の国なら、これはきわめて考えにくい、説明のつきにくい出来事です。

なぜなら、普通、君主や国王というのは、その国最高の政治権力者です。
政治権力を揮うために、その最高の政治権力者としての地位を、わざわざ他に譲るなど、矛盾しています。
会社の社長が、社長としての権限を揮うために社長の役を息子に譲って、みずからは会長にひく?
ありえないことです。
わざわざ地位を息子に譲らなくても、よその国なら、そのまま王や君主の地位にとどまって、政治権力者としての辣腕を振るえばよいはずだからです。

では、天皇がわざわざ上皇となった理由とは何なのでしょうか。
その答えは、実に簡単なことなのです。
古来、わたしたちの国の天皇は「政治権力者ではなかった」からです。
古来、わたしたちの国における天皇は、政治権力者ではなく、政治権力を揮う人に、その権力の裏付けとなる認証を与える「権威」であったのです。

たとえば、会社において、部長さんは、部の責任者です。
部下を持ち、部下にあれこれと命令する権限が与えられています。
部長さんがどうして部下に命令できるかというと、会社から部門の長(責任者)としての部長という肩書き(権威)を与えられているからです。
つまり、部長さんは、会社という権威によって、部長としての権力を与えられています。

同様にわたしたちの国では、政治を直接行うのは、太政大臣であったり、関白であったり、将軍であったりしました。そしてそれらの地位が持つ権力は、すべて天皇によって与えられていたのです。
そして天皇は、直接政治権力を揮う存在ではなくて、あくまで政治権力を揮う人を任命し、その権力者が政治権力を揮うための権限を与える「権威」としての存在とされてきたのです。

では、なぜ天皇に「権威」があるかといえば、それは天皇が我が国の最高神であらせられるアマテラスオオミカミから綿々と続く万世一系のお血筋にあたられる方だからです。
お血筋というのは、誰にも否定できません。
ですから、その血統によってもたらされる「権威」によって、施政者に「権力」を与える。
こうした「権威」と「権力」の明確な建て分けが、わたしたちの国の古代からある特徴です。

ではどうして、わざわざ「権威」と「権力」を建て分けたのでしょうか。
世界中どこの国でも、王権は、「権威」と「権力」の両方を兼ね備えたものです。
日本だけが違っています。

「権威」と「権力」の両方を兼ね備えた存在、仮にこれを「王」と呼ぶことにします。
この場合、「王」の権力は絶対です。
その国のすべては「王」の支配下に置かれます。
領土も領民も、すべて「王」の財産であり、「王」の私有物です。
これが「支配」です。
ですから「王」は、その国における唯一絶対の「支配者」です。

その国に「支配者」がいるということは、その国のすべては、その「支配者」に隷属しているということです。
領土は「支配地」であり、領民は「隷民」です。

西洋では、そうした「王」の権力は、神によって授けられるとされました。
これが王権神授説です。
神様によって王権を授けられたのですから、「王」は神様の代理人です。
神様は、人間の生殺与奪の権を持っていますから、その代理人も生殺与奪の権を持ちます。
ですから「王」の権力は絶対のものです。

これは支那でも同じです。
支那では皇帝が支配者ですが、その権力は天の神様である天帝によって授けられるとされました。
ですから支那皇帝が神様の代理人です。
ということは、支那の周辺国の「王」たちは、天帝の代理人である支那皇帝から「王」としての認証を授けられて、はじめてその国における王権の行使が可能とされることになります。
その王権の認証が「冊」という木簡に記述されたため、これを冊封体制と呼びます。
「冊」に記録され王に封じられるという体制、という意味です。

そして「王」には、支那の皇帝から王としての大きな印鑑が授けられました。
その印鑑を持つ者が「王」であったわけです。
そういう次第で、日本も古代倭国の時代には、支那皇帝から冊封を受け、印をもらっていました。

ちなみに、この印は、オリンピックと同じで、金銀銅の三種類がありました。
金印は、冊封された諸国の中でも最高位の国王を示す印です。
いまの日本でいったら、東京都知事くらいの規模と財力のある国だけに授けられたのが金印です。
それ以外の県知事さんなら、銀印です。

最後の銅印となると、権威的には町長さんか村長さんくらいのイメージになりますので、これは銅印とは呼ばずに、泥印と呼ばれました。
べつに泥でできているわけではなくて、ちゃんとした銅でできているのですが、そう呼ばれたということは、それだけ軽く見られていた、もしくは国家というよりも、それ以下の存在と支那の皇帝からみなされていたこということを示します。
ちなみに、泥印で冊封を受けていた国としては、日本に統治される前の李氏朝鮮や、琉球王朝がこれにあたります。

国王が、その支配権を正当化するために、支那の皇帝から冊封を受け、印をもらう。
これが東洋社会における一般的なカタチでした。これを「華夷秩序」といいます。
つまり支那皇帝からみたとき、周辺国の「王」は、支那皇帝の家来という関係にあったということです。
そして東洋諸国は、なんとつい近代まで、ずっとこの冊封体制下にありました。
もっというなら、19世紀まで、この体制下にあったのです。

ところが日本は、とみてみますと、日本もなるほど古代においては、魏志倭人伝に書かれていたり、親魏倭王の金印があったりと、支那皇帝から冊封を受けていたのは事実ですが、この冊封は、なんと西暦478年に、倭王武(雄略天皇)が宗に使いを送って冊封を受けたのが最後なのです。
5世紀の出来事です。
そしてそれ以降、日本は二度と支那の冊封を受けていません。
完全な独立国となったのです。

歴史に詳しい人なら、「だってそれ以降も足利義満が日本国王に任命されたり、懐良親王が日本国王に任命されたりしたことがあったじゃないか」とおっしゃる人がおいでかもしれませんが、日本の君主であり、国家統治上の最高権威である天皇ご自身が、支那皇帝から冊封を受けたということは、478年以降、一切ありません。
それどころか、西暦478年から600年まで、なんとその後122年間も、日本は支那との交渉を絶っています。一切交流がない。

西暦600年になると、第一回の遣隋使が派遣されていますが、これは支那に超大型軍事大国の隋ができたためで、なるほど使節は派遣していますけれど、冊封は受けていません。
このことは、実はとても大切なことで、支那の側からみますと、日本は「国交は持っていても支那に従属していない国」、つまり「支那皇帝の家来(臣下)になっていない国」であったということです。
支那皇帝の権威権力の前に服属するのではなく、あくまで独立自尊国として、支那と対等に付き合ったということです。
日本は、華夷秩序から脱出したのです。

このことについて、よく「日本は遣唐使、遣隋使を通じて支那の『進んだ文明』を取り入れようした」と記述しているものを見かけますが、こういう記述を論文詐欺といいます。
たいへんに誤解を与える印象操作の文章だからです。
進んでいようがいまいが、そこに学ぶべきものがあれば、それを積極的に吸収し、国のため、民のために役立てる。これが日本人の普通の考え方です。

実際、鎖国していたといわれる江戸時代にも、日本は遠くインドにまでライ病患者の治療薬を求めて学習していますし、その江戸時代に蘭学がたいへんに盛んであったことはよく知られた事実です。
オランダやインドが、進んだ文明であったかどうかではなく、わたしたちが知らないこと、そこに民衆のために、人々のために学ぶべきことがあれば、いまだって、アメリカでも、南米諸国でも、ロシアでも太平洋の島々にでも、日本人は出かけて行って、そこから何らかの学びを得ようとしています。それだけのことです。

実はこの「民衆のために、人々のために」というところが、わたしたちの国においてもっとも大切な根幹です。

わたしたちの国の最高の統治者は天皇です。
ところがその天皇は、統治者でありながら、直接政治権力の行使をしません。
しないけれど、民衆を「おおみたから」としています。

統治者が政治権力者である場合と、統治者が政治権力を持たずに、それを他に委ねる場合と、何がどのように違って来るかは、コップにたとえるとよくわかります。
いま、みなさまがコーヒーのはいったコップを手にしているとしてください。
そのコップが、あなたのものであれば、あなたはそのコップを、捨てようが(追放する)、割ってしまおうが(殺す)、誰かにあげてしまおうが(人身売買)、それはあなたの勝手です。
なぜなら、そのコップは、あなたのもの(私有民)だからです。

けれどのそのコップが、誰か他の人のもの、たとえば会社のものであればどうでしょう。
あなたは、そのコップを、割ることも、捨てることも、誰かにあげることもできません。
あたりまえです。自分のものではないからです。

同じコップです。
手にしているのも、同じ「あなた」です。
けれど、そのコップが、自分のモノなのか、他人のモノなのかによって、そのコップの処遇はまるで違ったものになります。

これと同じです。
世界中、どこの国でも、豪族や国王たちにとって、民は私物です。
私物ですから、好き放題、捨てることも、奪うことも、殺すことも、奴隷として誰かに売ってしまうことも、それは豪族や国王たちの自由です。

ところが日本では、太古の昔から、民は天皇の民とされてきたのです。
こうなると、国王(太政大臣や将軍)などにとって、民は私有民(自分のもの)ではありません。
自分を政治権力者にしてくれた天皇の民です。

先ほどのコップが、単に会社の備品というだけでなく、天皇からの恩賜の国宝であればどうでしょう。
もったいなくて、気楽にお茶やコーヒーを入れて飲むことさえできません。
それこそ神棚に祀って、毎日拝まなきゃならない。

ところがまさに日本では、民は「天皇の民」とされたのです。
ですから「民」は、天皇の「おおみたから」です。
「おおみたから」というのは、大和言葉です。天皇の宝物ということです。民が、天皇の宝物なのです。
諸外国と日本では、民の立場も、政治権力者の立場も、まったく違うのです。

こうした我が国のカタチは、現代でもなお続いています。
内閣総理大臣は、与党第一党の党首ですが、与党第一党の党首だからといって、即、内閣総理大臣として政治権限を揮えるわけではありません。
天皇の親任式を経て、天皇に親任されて、はじめて内閣総理大臣としての権力を行使できるようになっています。
つまり、日本のカタチは、いまもむかしも同じです。

だからこそ、日本では誰もが、内閣総理大臣をはじめとした政治権力者は、民のための政治を行うことが当然のことだと思っています。
自分のフトコロをだけを肥やし、民を省みない大臣など、近年三年半ほどそういう人が三代にわたって総理を勤めた時代がありましたが、これはわたしたちの国の歴史上、およそ考えもつかないくらいの異常事だったのです。

我が国のすぐ近くに3つの国がありますが、そこでは大臣や閣僚、大統領や国家最高指導者や総書記、主席という肩書きを持つ人は、民のための存在ではありません。
民は、先ほどの私物としてのコップと同じです。
彼らは自分のために生き、自分のために政治権力を利用します。
そしてその権力者の権力や財力に群がるごく一部の人たちだけが、贅沢三昧な暮らしをします。

先般、そのなかでいちばん大きな国の閣僚が亡命しましたが、個人の現金資産が120兆円だったそうです。
なぜそのようなことができるのか。
民の年収を6万円くらいにしておいて、国のありとあらゆる富を私的に独占すれば、誰だってそういう大金持ちになれます。
そのかわり民は著しく貧しい状態に置かれ、地震や火災、竜巻などの大規模被害が起こっても、鉄道事故が起こっても、被災地復興や、民の生命や財産は守られず、もっぱら復興資金は、復興資金という名目だけの権力者のフトコロを肥やすことだけに費消されことになります。
これが「ウシハク」国の姿です。

さて、今日は「院政」のお話です。
ここまで読まれた方なら、もう「院政」がなぜ行われたかが、もうお判りのことと思います。
天皇は、直接政治権限を揮う存在ではありません。

けれど、たとえば後白河天皇の時代ならば、平家一門がその財力にものをいわせ、平時忠などが調子づいて「平氏にあらずんば人にあらず」などと暴言を吐いたりしていたわけです。天皇の民のことを、「人にあらず」などと、とんでもないことを言い出したのです。
これを見過ごす事はできない。
だから後白河法皇は、みずから天皇を退位し、権威としての統治者の地位を息子に譲った上で、ご自身で政治を司ろうとされました。
天皇の地位のままでそれを行ったら、天皇の存在を他国と同じ私的支配者にしてしまうからです。
日本が「シラス」国であったからこそ、後白河法皇は、あえて上皇として院政を行われたのです。

政治は、あくまでも民のために行うもの。
先祖伝来の、アマテラスオオミカミの代からずっと続く「公民(おおみたから)」を護りぬくために、あえて上皇となる。
それはたいへんに尋常ならざる政治のカタチだけれど、民を私有民と考える横暴を抑えるためには、他に選択の余地がなかったといえようかと思います。

「院政」が、なぜ行われたのか。
それはまさしく「民のための政治」が行われるようにするためです。
けれどいま、教科書でそれを明確に説明しているものは、つくる会の教科書をのぞいては、他にありません。

それどころか、冒頭の絵は後白河法皇ですが、とかく昨今の小説やドラマなどでは、後白河上皇を権力志向の強い権力への執着心の強かった人物として描かれることが多いようです。
けれど、後白河天皇は、政治権力を揮うためにあえて、天皇の地位を捨てて上皇となられています。
それは後白河上皇が、天皇の権威という役割と、政治の権力が何のためのものであるか、完全にご理解されていたからです。
そしてその根底に「シラス」と民こそが「おおみたから」という概念を、完全に完璧に把握しておいでだったからです。

政治は、平家一門の贅沢のためにあるのではありません。
あくまで民のためにあるものです。
その思いがあったればこそ、後白河天皇は、あえて天皇という地位を捨てて、後白河上皇となって、政治に介入されたのです。
逆に言えば、後白河天皇という存在が、いかにありがたい存在であったのかということです。
そういう視点で日本の歴史を振り返れば、また違った歴史が見えて来るだけでなく、これからの日本のあるべき姿も見えて来るのではないでしょうか。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
No title
梁塵秘抄を編纂した後白河院,今様に流れる民の哀歓,和歌にはない不思議な世界,単なる権力亡者ならこういうことはしないだろうと不思議に思っていました.
2014/09/06(土) 01:29 | URL | 公園の黒猫 #.eKw4uEQ[ 編集]
宮脇淳子先生の話
宮脇淳子先生の講座は本当に面白いです。この講座を聞いていると「日本の政治家しっかりしろ!」と言いたくなります。
2014/09/05(金) 22:58 | URL | teru #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/05(金) 21:41 | | #[ 編集]
後白河院
私にとっての「後白河院」は、大河ドラマ「草燃える」に於ける、尾上松緑の演技がすべてでした。重厚で威厳に溢れた策謀家、悪辣だけど只の悪党じゃない凄い人と、強烈に印象付けられたものです。源頼朝が、後白河院を「日本一の大天狗」と評しましたが、これは頼朝が、「権力者」だから発した言葉なのでしょうか?
2014/09/05(金) 20:20 | URL | NTRC特撮軍団長・ヤラセロウ大元帥 #s/KoZi6Y[ 編集]
No title
院政は分かりにくいです。
天皇制度が確立するまでは、天皇が最高位で直接政治を行っていたと思うのですが、時が流れて天皇が臣下に治世を委任(?)する体制に移った後は、臣下がその治世を誤った場合にこれを正すに場合、天皇が直接の政治を行うことが出来ないため天皇の位を皇太子に譲って、本人は上皇として直接政治を行うことだと理解しました。

天皇という立場を守り、なおかつ誤った方向に向かった政治を正す、いわば危機管理の手法です。

ただこれは、義務教育で教えられる日本歴史の内容と、異なることに若干困っています。
今回の内閣改造において、文部科学大臣は下村博文氏が留任されています。下村氏は、日本歴史を正しく認識されていますから、日本の歴史を児童、中学生、高校生、大学生にこれを教育されることを切望します。
東京都知事は、日本の学校以外にも教育費の支援を考えておられますが、日本の歴史を教えていない教育施設に、日本の税金をつぎ込むようでは困ります。(教室に外国の独裁者の写真を飾っているようでは、支援できません。)
それから、進学試験などでは、日本の学校には、日本の歴史を必須としていただきたいと思います。



危機管理で考えましたが、今回の朝日新聞の8月5,6日の慰安婦に関する記事の訂正は、危機管理の実施方法として最低のものだったと思います。

先ず、記事の「誤報」だとしています。
吉田清治氏のことを、初めて記事にしたときには調査不足から「誤報」と言うことは、許されるかも知れません。しかし、その後に韓国へ調査に行っていたとのことですから、2回目に記事にしたときは「虚報」です。

私は、慰安婦の記事について、32年間もミスをしているなど、余程ええ加減な取材で記事を書いているアホが記者をしていると思ったのです。
しかし、朝日新聞の記者は、東大卒の方を採用していることが多いとのことです。そんなに学力優秀な人が、こんな初期的な記事の誤りをするはずがないと思うのです。

そう考えると、これは編集者(こんなに長期間の場合には、1記者は考えられません。)、又は、会社の意図的なものです。

目的は、この記事が掲載されてから、朝日新聞はひたすら日本が女性の人権を無視して扱ったと喧伝していますので、日本を貶めることしかありません。


日本には様々な会社がありますが、ときに危機管理は十分と言えないことがあります。
近年、食品会社において、正しい衛生基準を守らなかったために大規模な食中毒事件と食肉の産地偽装事件を起こしました。
この会社は事件の発覚後、謝罪したにも関わらず、最終的に経営が破綻し、法人名は消滅しました。
そう言えば、料理の食材偽装問題(メニュー偽装問題)もありました。
これは、記憶にあると思いますが、料理のメニューの材料が一部異なっていたものでしたが、数多くのホテル・レストランが公表しました。対応は謝罪後、飲食品の一部返金をした店舗もありますが、これもそれぞれの店舗の危機管理が問われた問題だと思います。
それから、焼き肉の生レバーの問題もありました。会社は倒産しました。
最近でも、米穀で日本産と言いながら、外国産米を混入していた会社が検挙されていますが、これは危機管理と言うよりも、犯罪です。


ところで、新聞は、その報道が商品です。
報道は、その正確さと、早さ、そして国民全体を対象とするならば客観性が必要です。
朝日新聞は、この商品において、国民を欺き、誤った方向に導こうとしました。
商品価値以前の問題で、これが食品ならば毒薬の混入に等しいです。その場合、国はどのような処置を取るかと思います。しかも、国民はおろか読者にも謝罪していません。
むしろ、週刊誌がこれを批判した広告文に対して、表現の自由を弾圧を意味する黒丸塗りという手法を使ったのです。

朝日新聞は、解体するしかありません。
次に、責任者(虚報の機関が長期間に渡るため、編集者では責任をとれません。歴代の社長及び社主です。)は謝罪し、国会から招致された場合には、これに応じて正しいことを説明しなければならないと思います。
2014/09/05(金) 15:58 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
深く日本の事を理解できていない子供に歴史教科書は西洋的考え方で院政を行った教えています。
教える教師が日本の天皇と政治を司る者が別であることの意味を知っていません。
知っていたならば、おそらく権力志向のため院政を行ったと教えることに疑問を持つはずなんですよね。
でも、実際は闘争史観で組上げられた歴史認識で子供達に教えている。

天皇が何故天皇であるのか。
実際にお会いしたら感じる物凄い不思議な感覚は表現できないでしょうが、民=天皇(日本国)の子供と思います。
親と子の関係みたいですね。

だからこそ、陛下は毎日日本国の事を祈り、国民の事に心を割かれる。

昔の人はそういったことを子供の時から話してたのだと思うのです。
江戸時代においても天皇という存在を民は知っていたのですから。
歴史家の中には民衆は天皇の事など知らずなどと言っている人も居るらしいですけど…

そういえば、江戸時代の打ちこわしという行為はちゃんとルールがあり、非暴力的な今でいうデモのようなものだったそうです。
盗み(略奪)などとんでもなく、したものは参加したものから処分されたとか。
どれだけ平和なことを求めていたのか。

これも領民が天皇のおおみたからと理解されていたからでしょうね。
統治者に対して抗議のデモ。
最後の最後まで暴力に出ない日本人ですね。

打って出たら恐ろしい存在。
理解するのが難しいでしょうね、他国の人は。
2014/09/05(金) 14:55 | URL | shengxin #PikvLR5I[ 編集]
No title
毎日拝見させていただいております。今回初めてコメントさせていただきます。昔、歴史を習う時に「上皇」と「天皇」の違いが全く分からず、「権力欲にまみれた後白河」みたいなイメージを持っていました。やはり、天皇を悪いイメージにする教育がされていたのですね。毎日読むことによって本当の歴史がたくさん見えてきました。ありがとうございます!
2014/09/05(金) 14:50 | URL | #-[ 編集]
No title
そうですね。絶対服従の他国と、天皇が民を”おおみたから”と大切にする日本。ずいぶん違いますね。今日は、ちょっと反駁させてください。

先日、元陸軍大将今村均氏の講演テープを聞いたのですが、その中でこのような下りがありました。

”国民精神の中心が皇室であって、政治の中心に皇室が立つということは、むしろ間違いだ”

平治の頼朝、成親。鹿ケ谷の後白河院、一門の頼盛・・・。偉かったのは、寛大に許し続けた清盛その人だと思います。後白河院に関して言えば、治承のクーデターに至るまで、どれだけ堪忍袋の緒を締めてきたか。

私は、後白河院最大の過ちは、人のいい清盛と対立し、平家を追い、源氏を入れたことだと思います。平家と仲良くしていれば、院も摂関家も、もっと勢力を保てていたと思います。

平家一門は、権門の一族として、非常に仲のいい部類であった。私は、鎌倉幕府の成立が92年であれ、85年であれ、そこに価値を見出すことはできません。
2014/09/05(金) 14:49 | URL | one #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/05(金) 10:57 | | #[ 編集]
No title
うーん、マイッタ、知らなかった、今初めて解りました「上皇」という真意が、ありがとうございました。
2014/09/05(金) 09:33 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク