アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


隣組を見直そう

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 8月24日新発売!
ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
ねず本第三巻120ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU
新刊ラジオに、ねず本第三巻の紹介が掲載されました。耳で聴く新刊紹介です。私も出演しています。よろしければご試聴下さい。http://goo.gl/0s543r
第三巻の紹介文はコチラにあります。→http://goo.gl/6ng7KF
つくる会主催の日本史検定講座第五期生を募集中です。みなさまのご参加をお待ちします。

ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!三巻発売記念動画


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

隣組


隣組(となりぐみ)と聞くと、すぐに先の大戦下での思想統制や住民同士の国民相互監視や国民総動員ばかりをいまだに連想する人が多いことに驚かされます。

まるでパブロフの犬です。
ベルを鳴らす→犬がヨダレをたらす。
隣組と聞く→戦争だからいけないことと考える。
これを洗脳といいます。

戦時下の隣組というのは、なるほど法制度としては昭和15年9月に内務省が制定した隣組強化法に基づいて、全国津々浦々、全部が5〜10世帯単位で組織化されたものです。
戦時中に兵隊さんが出征するときは、この隣組単位で日の丸の小旗を振りながら、駅まで新兵さんを送ったりもしました。

そしてGHQが入ってきたとき、これが日本人の戦意発揚に大きく貢献していたものであるとして、解体されました。
つまり、隣組=怖いもの、恐ろしいもの、面倒なものといまだに思い込んでいる人は、昭和22年の占領軍の都合を、いまだに「正しい」ことと信じ込んでいる、おそろしく時代遅れの人である、ということになります。


先日も広島で土砂災害が起こりましたが、こうした大きな災害が起きたとき、結局頼りになるのは、隣近所です。
身近な例としても、たとえば大雪が降った日、あるいはいまの季節ならば、街路樹の銀杏の葉が大量に路上に落ちたとき、あるいは大雨で道路が冠水したとき、それら非常時への対策で、やはり一番たよりになるのは、隣近所です。

わが家は、お隣さんがご高齢の老人の一人暮らしで、お向いさんは旦那のいない婦女世帯ですが、大雪が降れば、その雪かきは、私の仕事です。
別段頼まれたわけではないけれど、お年寄りや婦女よりは、すくなくとも私の方が力持ちだからです。あたりまえのことです。

加えて戦時下においては、特に昭和19年以降となると、艦砲射撃や空襲が頻発したわけです。
そうした事態に備えて、防空壕を掘ったり、万一の際の互いの連絡網を確認しておいたり、そうした近隣での身近な防災体躯は、これは非常時であるだけに、絶対に必要不可欠なものでもあったわけですが、日本における災害というのは、そもそもが空襲ばかりではありません。

細長い火山列島である日本は、火山の爆発や、急斜面による土砂災害、平野部なら大水、大雨、大雪、地震、竜巻、台風、大風、落雷、あるいは大規模な自然災害があれば、それによってもたらされる停電、断水といった非常事態は、いつでも起きる可能性はあるわけです。

そんなとき、何かあったら「国の責任」とかいって、人のせいにするのは、どっかの頭のイカれたおバカなエリートさんの暇つぶしでしかありません。
現実に被害が起きれば、隣近所でたすけあっていくしかない。

平時は良いのです。
普段のときは、昼間は仕事にでかけるし、別段家にいるわけでもないという人も多いかと思います。
問題は非常時です。
その非常時に、日頃から、つまり普段から備えておく。
そのための地域コミュニティの最小単位を、制度化したものが隣組です。

東京中が、空襲で焼け野原になったとき、多くの方が亡くなりましたが、それでもあの空襲の中を、生残った人はもっとたくさんいました。
なぜ生残れたのかといえば、隣近所のおじさんたちが、そこかしこに防空壕を掘ってくれたからです。
近所のおばさんたちが、みんなで手分けして、防空頭巾を子供たちに作ってくれたからです。
そして、万一の場合に備えて、カメに容れて土に埋めたり、丈夫な釜に保存しておいてくれた非常用食料を、隣組みんなのために、互いに供出しあったからです。
そうやって、相互に助け合う習慣があったからこそ、亡くなった方の10倍以上の老若男女が生残ることができたのです。

そもそも隣組というのは法制度化されたのは昭和15年ではあるけれど、もともとをたどっていけば、記録で確認できるものとしては、1世紀の日本にはすでに確立されていたものです。自然災害の多い日本では、2千年以上の歴史があるのです。詳しくは→コチラ

そもそも縄文の昔には、隣近所の村落共同体しかありません。世界中どこもそうです。
それがクニになり、国家へと発展していくのですが、その過程で、西洋や大陸では、力の強い者が王となり、村落共同体を破壊して、それらを傘下におさめて私有化していったというのは、誰でも知っていることです。

ところが日本では、そうした村落共同体をまるごと活かして倭国が成立しています。
どういうことかというと、日本では、村落共同体を滅ぼして私有化して、豪族たちが贅沢するために国が出来たのではなく、村落共同体が、互いに力を合わせて、つまり村落共同体内の協力関係を、そのまま地域社会の共同体としての協力関係に拡大することによって、大規模な水田の開墾や、治水事業が行われ、そのためのリーダーが、古代における豪族となったし、王となりました。

そしてこれとまったく同じことが、中世の日本では、新田の開墾事業を推進したリーダーが、新興武士団となり、そこから武士が登場するという歴史が生まれています。
つまり国の成り立ちが、日本では、大陸にあったような、はじめから収奪や支配を目的とするものではなく、相互協力関係をスタートラインとして、発展し発達し、それが国家となっているのです。

ですから、世界中どこでも、国家の形成過程においては、必ず殺戮や戦争が行われているけれど、日本ではそれが起きていません。なぜなら日本は、縄文時代という、約1万5000年続いた長い時代に、武器そのものを所持しない、人が人を殺さない文化が、完全に定着していたからです。

古代大和朝廷の成立も、ですから大和朝廷は、全国にあった地域共同体を、そのまま活かして、単にその上にのっかるというカタチをとりました。
だからこそ、そこに「シラス」という概念が生まれています。
「ウシハク」なら、抵抗する者は滅ぼすのですから、地域共同体に対しては破壊しかありません。

けれど、そんなことをしたら、災害発生時の対応がまったくできなくなってしまうのです。
中には、大陸風の「ウシハク」統治によって、村落共同体を破壊して、すべてを支配しようとした豪族もいたかもしれませんが、結局そういう豪族は、災害発生時には、その富の源泉を失い、結果、滅ぶしかなかったというのが、日本の歴史です。
領主は、どこまでも民のため、村落共同体を守り育てるというカタチでしか、日本では成り立ち得なかったのです。

そしてこの村落共同体は、江戸時代には、完全に日本の民間生活の中に定着していました。
農村部では、庄屋さんが苗代を持っていて、近所の農家に苗を配っていたし、江戸や大坂のような大都市にあっては、五人組や、長屋制度によって、5〜10世帯単位の共同体が、井戸の共同利用などを通じて、完全に確立していました。
結婚式も葬式も、災害発生時の訓練や相互扶助も、こうした緻密なコミュニティが発達していてくれたおかげで、みんなで助け合い、みんなで支えあい、みんなで協力しあって生きていくということが、完全に完璧に定着していたわけです。

そしてこうしてすでに確立していた共同体を、戦時非常体制のために、法制度上も整備したというのが、昭和15年の隣組制度でした。
そして隣組は、なるほどGHQによって解散させられてしまったけれど、結果として、いまでも、町内会や自治会、マンションの管理組合、消防団などと名前を変えて、何の法的裏付けがなくても、全国にしっかりと残っています。
それらが「完全に」崩壊しているのは、在日外国人世帯が多くなって、そうしたことの大切さがまったく理解されなくなっているごく限られた一部エリアと、おかしな新興宗教団体に毒された人々の多い、それこそ特殊な地域だけです。

たた、問題は、そうした隣組のような小さな単位の地域コミュニティの、万一の場合の必要性が、まったく世間に知らされず、いわば、昔を知り、災害発生時の経験を持つお年寄りたちだけの誠意と問題意識だけに支えられているといういまの現実です。

昨今では、東京都でも「防災隣組」という制度が発足しはじめました。
まだまだ動きは、小さなものですし、今度の新しいぶっ飛び知事のもとでは、どうなってしまうのか風前の灯状態にあると聞きますが、古いもの、古代や中世から続いているものを、わたしたちは戦後の一時期のブームのように、ただ否定するのではなく、もういちど、国土と自然と、人々の福祉のために、みんなが安心して安全に暮らせる日本の将来のために、もう一度考え直してみるときにきているのではないでしょうか。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

とんとんとんからりんと隣組


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
日本人は言葉を大切にしてきた民族であって、これが日本文化の基礎になっているような気がします。
プロパガンダに、「言葉」に特定のイメージを与える(主にマイナスの)手法がある事を知り、文書を読む時・話す時これまで以上に注意を払うようになりました。また、『ヘイトスピーチ』(これはあまりにも工作目的があからさまですが)のような造語についても、乗せられない様気を付ける必要があると思います。
人間は「言葉」で考えると聞いたことがありますが、これが汚染・歪曲されることはとてつもなく恐ろしいことですね。
2014/09/12(金) 13:16 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/11(木) 21:36 | | #[ 編集]
とんとんとんからりん
今はメロディーだけ聞くと某国民的お笑いグループのコント番組を思い浮かべる人が大半と思います。
戦時中を知る母が、この曲の元の歌詞はネ、と言って歌ってくれたのが「とんとんとんからりん…」でした。
時代が移りすぎたのか教師がそこまで熱心に反日教育をしなかったのか、学校では隣組のことはさらりと流して教えられ、幸いに悪しき制度という印象はつきませんでした。
それでも戦後教育でそういった印象操作がされているというのはゆゆしき事だと思います。
とはいえ、広島の災害で数多くのボランティアが活躍しているのを聞けば、隣組を悪者にしても日本人の助け合う精神というものは染み付いており、消し去ることは出来ないのだなと感慨を覚えます。
2014/09/11(木) 17:28 | URL | #tnsv/9RI[ 編集]
No title
戦後70年近くなっているのに、隣組と聞くとすぐに先の大戦下のことを連想する人がいることを知り、驚きました。

町内会(自治会)において、隣組は組織の最小単位になりますけれど、これの運営だけでも大変で個人主義の方が多いため、みんなが役員になりたがらずに役員を決めるのは、毎年苦労されていると思います。

それから、最近は豪雨のために土砂崩れになったとき、避難勧告が遅かったため役所が非難されていましたけれど、避難勧告を出す場合に行政は、避難場所を予め、準備しなければならないと思います。
避難勧告を出すのは行政で決められていますから、これが必要だと考えた人は、先ずそこに連絡して避難勧告を出すことを決定します。
すると、避難場所は予め決められていても、そこの責任者には了解を得ることが必要になりますので、どうしても多少の時間は必要なのです。避難場所は学校のことが多いと思いますが、校長への連絡と、学校の近くには門扉の鍵を持っておられる方がいるはずですから、そこに連絡しなければなりません。そして、鍵を開けて貰います。
その一方で、避難していただく方々に対しては、連絡しなければなりませんが、おそらく担当者が町内会の会長に連絡して、町内会長は該当する方に連絡すると思います。もちろん、行政からも広報することになっているでしょう。これだけで、結構時間は掛かります。

災害のときに、早くしなければなりませんので、災害に慣れていれば勝手に自治会館などに避難すれば良いのです。これを、自主避難と言っています。
しかし、役所が正式に動くと、それなりに時間が必要なことを、説明しました。
昼間より、夜間の方が連絡は悪いでしょうし、台風のように来るのが分かっているなら、事前に泊まり込んでいますが、広島のように事前の予報で降雨が少ない場合には、言いようがありません。
次からは、早めに対応すると言うでしょうけれど、被害者の方は納得できるものではないと思います。

自助、共助、公助と言いますが、自然災害は個人や家族で何とかなるものではないと思いますから、ご近所や町内、隣組で助け合わなければならないと思います。
2014/09/11(木) 15:59 | URL | ポッポ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/11(木) 11:42 | | #[ 編集]
NHKの朝ドラでは、前回のごちそうさんも今回の花子とアンも、大正~戦中戦後を描いてますが、
両方とも、戦時中に銃後を支えた婦人会の皆さんは悪役扱いでした(怒) 
って事はNHKは、先の大震災で住民達が一致協力し合って困難を乗り越えようとした行為についても悪とせねばなりませんわな。
危急の際、身を粉にして助け合う人達の方が偉く、利己に走る奴は偉くないに決まってんだろ!!

防空壕について触れてらっしゃいますが、防空壕に避難したものの壕を直撃されてやられたとか、疎開している途上でやられたとか、
そういった一部の悲劇をもって、なんとなく「防空壕?疎開?なんだか危険な感じだわ!戦争反対!」みたいな本末転倒な条件反射がみられますが、 
←いやいやいや、その危険を避けるために、住民の命を少しでも多く救うためにやるんだよ! 
政府自治体にしたって、国民市民の命守るのが仕事だからやるんであって、何もせず、ただ見殺しにするだけだったらソッチの方が政治の怠慢であり無責任であり人命軽視であり人災だわ!!   
最近災害続きで避難勧告がよく出るが(ウチの近くでも最近出た)、←あれと一緒だっつの!! 
てか、爆弾落として殺した方を叩くんならまだ分かるが、なんで避難させた方を叩いてんだよ、倒錯し過ぎだバカ!!
そもそも平時の感覚で危急時語ってんじゃねーよカス!!  

・・ってブサヨどもに言いたいです(´ω`) 
   
※ちなみに、水間さんの【ひと目でわかる大正昭和初期の真実】という本に、花子とアンのモデルである村岡花子が、 
「プロレタリア童話もどうかと思うわ。隣の地主は憎い奴だと子供に教えるより組織の矛盾を教える方がいいでしょ。子供に聞かせるには余りに陰惨過ぎるのが左翼の童話のいけないところ。子供が可哀想だ」 
と発言してる昭和七年の記事が載ってました。  
本物の方が洞察力があって立派ですね(o^∀^o)
2014/09/11(木) 11:33 | URL | 魔除けに牛島辰熊 #-[ 編集]
No title
とどのつまり在日外国人は日本にはいらないということになりますね。日本は鎖国化が正常といつも思います。本当に外国人(幽界人)は日本にはいらない。

在日はどんな風に日本から排除できるのでしょうか。
まず在日朝鮮人は来年から外国人登録法の改正によって通名がなくなっていきます。廃止ではないが本名一本化にしないと免許から卒業書証、資格、口座まですべて使えなくなります。もし2015年7月8日以降に再登録しなければ不法滞在で一発強制送還。登録したらしたらですべての銀行口座が把握され不正生活保護の受給が発覚。もう詰んでいます。最悪暴れるのなら二度目の戒厳令が出されることになるかもしれません。

シナの留学生はものすごい優遇されてると今日知りました。田母神元幕僚長「いま中国、韓国からの留学生に毎月14万2500円の奨学金が支給されます」http://military38.com/archives/40122739.html
 シナ人の排除はどうなるかと思うと、やはり日中韓戦争の開戦が切り札になると思います。一気に一人残らず排除出来るのですから。安倍総理と米国もどこかそれを待ち望んでるふしがあるようです。 米国なんて日中戦争起きたら国を挙げてのパーティーでしょう。知っての通りシナの持ってる米国債すべてが帳消しとなる法律が発動します。安倍さんは韓国から米兵撤退を確認したら竹島を取り返そうとしてるとも聞きますから期待できそうです。消費税は撤廃してもらいたいんですがね。
2014/09/11(木) 11:15 | URL | 鬼っ子 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク