アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


明察功過

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 8月24日新発売!
ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
ねず本第三巻120ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU
新刊ラジオに、ねず本第三巻の紹介が掲載されました。耳で聴く新刊紹介です。私も出演しています。よろしければご試聴下さい。http://goo.gl/0s543r
第三巻の紹介文はコチラにあります。→http://goo.gl/6ng7KF
つくる会主催の日本史検定講座第五期生を募集中です。みなさまのご参加をお待ちします。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

松に秋草図屏風


古代、中世の貴族と聞くと、なにやら和歌ばかり詠んでいて、それが「みやび」な世界であったと、勘違いされている人たちが多いように思います。

実は全然違います。

当時の京の都のお公家さんたちというのは、いまでいう政治家であり官僚です。官僚なら、いまでいう国家公務員の上級職です。
いまでは、国家公務員は試験によって選ばれ、また議員は選挙によって選ばれますが、それが千年前には世襲制であったというだけの違いです。

世襲制であったことに抵抗感を持つ方がおいでになるかもしれませんが、良い大学を出て試験に合格した人が必ずしも民衆のためになる政治や行政を司ることができるかといえば、それが疑問なことは、いまでは誰でも知っていることです。



政治家も官僚も、人の上に立つ人です。
そして人の上に立つ人には、常時、人々の模範としての自覚と行動が必要です。
そして最も大切なことは、人の上に立つ人というのは、いざというとき、たいへんなストレスが加わったときにどのような行動をするかです。

良いときは、誰もがニコニコして良い人なのです。
けれどそこに何らかのストレスが加わったとき、家柄というか出自というか、そういう面は自然と出てしまうものです。遺伝の働きというのでしょうか。
ですから昔は、学校の成績だけでなく、どういう家で育った人なのか、先祖にはどういう人がいたのかなどが問題視されました。

試験によって人の上に立つことと、世襲であることと、どちらが優れているかは、実は、なんともいえないことです。
少なくとも試験や選挙によって政治家や議員を選ぶという制度は、できてまだ百年そこそこです。
そしてその間に日本は度重なる戦争の惨禍を招いています。
戦後の高度成長期において政治家や官僚たちは、むしろ不要といってもよいくらいの存在であったことは、ホンダの創業者の本田宗一郎氏がよく語っていました。昔の日本は世襲制ですが、奈良平安の世なら五百年、江戸時代なら二百七十年もの間、安定し、犯罪のない社会が築かれています。

ちなみに試験というならば、中国では高級官僚採択試験として、古くから超難関とされる科挙の試験がありました。
ではその中国が古来から平和で安定した社会を構築できかといえば、それは疑問です。
また、三番歌の柿本人麻呂のように、出自は必ずしも高級貴族の家とは縁遠くても、学問によって重用され、百人一首でも二柱の天皇の次に歌が配置されているような人もいます。
日本の中世社会は、世襲制ではありますけれど、広く庶民にもその門戸は開かれていたのです。

そういう中世の貴族たちが、昨今ではなにやら朝から晩まで和歌ばかりを詠んでいた暇人で、男女仲にふしだらでだらしない愛欲におぼれ、庶民からカネを巻き上げて贅沢ばかりをしていたとんでもない貴人(奇人)たちであるかのような情報操作がなされています。
実に怪しからん、とんでもない印象操作です。

まず和歌です。
なるほど彼らは和歌をとっても大切にし、度々、歌会なども催していましたが、これには理由があります。

百人一首で、一番古い歌人は天智天皇ですが、その天智天皇の御在位は六六八年から六七二年までです。
それに先立つ約七十年前に、聖徳太子が十七条憲法をあらわしています。
その十七条憲法の第十一条に「明察功過」という言葉があることを、先日解説させていただきました。

「明察功過」は、「功過(こうか)をあきらかに察しよ」と読みます。
「功過」とは、功績と過ちのことです。それを結果が出てからシノゴノ言うのではなくて、結果が出る前に「察しよ」というのです。

このことは現代社会の政治や行政や司法とは、真逆の姿勢です。
現代では、何事も結果主義で、成功も失敗も、結果が出てから評価するというのが「あたりまえ」の常識になっています。
あらかじめ「察する」のではなくて、起きた結果だけを「評価する」という現代の社会姿勢は、実はとっても無責任な姿勢です。
なぜなら既に結果が出ている以上、結果責任は施政者ではなく、当事者が負担することになるからです。
一方「察する」という社会姿勢は、自体を未然に把握しなければならないという意味で、その責任は人の上に立つ側がすべてを負担することになります。施政者に厳しいのです。

たとえば嫌がらせやイジメなどの被害を受けて警察に相談に行きます。
すると、実際に怪我をしたり死者が出てからでないと警察は動けないという。
けれど、実はこれでは遅いのです。

けが人や死者が出たら下手人を逮捕するのはあたりまえです。
そして下手人を処罰する。当然です。怪我をさせたり殺したりしたのです。なぜ下手人が処罰されるかといえば、暴力事件や殺人事件を犯したからです。つまり犯人です。ですから悪いのは犯人だという。

けれど社会の姿勢としては、これは実は犯人に対する責任転嫁でしかないのです。
火事になったら火を消すのがあたりまえですが、そもそも火災という不幸が出ないように予防することは、もっと大事です。
同様に、暴力事件や殺人事件が起こらないよう、日頃から注意を怠らず、そういう事件が起こりそうな気配を察知して、あらかじめ対処する。そして暴力事件や殺人事件事態が発生しない世の中を築く。そこのことほうが、よっぽど大事なことです。
同様に、良いことをしたから褒めるのではなく、良いことができる可能性があるという段階で褒める。

これらの場合、褒める側、あるいは逮捕・問責する側に逆に結果責任が生じます。
学校のイジメ問題なら、イジメが起きてから、「たいへんだ、たいへんだ」といって騒ぐのは愚の骨頂です。
挙げ句の果てが、「イジメた奴は誰だ」とばかり、学校内で犯人探しをはじめる。
そんなことをすれば生徒間にも、PTAと教師の間にも疑心暗鬼が起こり、生徒の絆もPTAと教師の関係も、ズタズタに引き裂かれてしまいます。
なぜそうなるかといえば、責任を「イジメた生徒に転嫁している」からです。

では本来はどうあるべきでしょう。
そもそもイジメが起こらない校風を作る、イジメが起きそうなら、その徴候を察して、先に生徒たちと話し合い、イジメの発生を未然に防ぐ。
親や生徒たちだけでなく、社会が一番望んでいるのは、そういうことなのではないでしょうか。
そして、こうした「先んじて手を打つこと」、「察する」ことを大切にしようとする社会姿勢の場合、その責任は、誰が負担するのでしょう。
学校であり、教師たちであり、親たちなのではないでしょうか。

「察する」という社会姿勢は、それだけ施政者に厳しいのです。
厳しいですが、国をあげてこうした取り組みがなされれば、当然のことですが、民の安寧は守られます。

実は、古代の日本において犯罪がほとんどなかったこと、あるいは江戸日本において、犯罪がほとんど発生しなかったのは、こうして事前に犯罪の発生そのものを抑止する、犯罪が発生しそうなその情況をあらかじめ察して、事前に手を打つということが、現実に行われ、それが定着していたからです。
これが十七条憲法十一条の「明察功過」です。

話が少し脱せんしますが、江戸の享保年間といえば、徳川将軍吉宗の時代です。
その享保の二十年間、江戸の小伝馬町の牢屋に収監された犯罪者の数は、二〇年で、ゼロ人です。誰ひとり逮捕される人がいなかったのです。
それは役人がさぼっていたとか、そういうことではなくて、犯罪の発生を未然に防ぐという体制が、完全に定着していたからこそ実現できたことだったし、犯罪が起これば、それは担当している同心の責任であり、その上司の与力の責任になるから、彼らは必死になって犯罪抑止につとめたのです。

最近ではどうでしょう。
警察は犯罪が発生してからしか動かず、その一方で、かつての日本社会では考えもつかなかった、殺人、暴力、強姦が多発していますし、学校では多くの学校でイジメ問題が、まるで解決されません。
あたりまえです。基本が間違っているのです。
起きてから評価しているだけだからです。

では昔の日本ではどうだったかというと、起きないように事前にあらゆる努力を払ってきていたのです。
そしてそれこそが、政治家や官僚たち、あるいは教師たちなど、人の上に立つ人たちの責任だったのです。
そしてその原因の糸をずっとたぐっていくと、聖徳太子の十七条憲法の「明察功過」に行き当たります。

このような様々な事象を事前に察知してあらかじめ手を打つという仕組みは、時代が荒れた平安末期の時代には完全に定着していたことです。
だからこそ、古代の日本では、平安末期まで約600年にわたる平安が保たれたのだし、江戸時代においても、犯罪の発生そのものがなかったのです。

平安末期になりますと、保元の乱以降、武力衝突が目立つようになり、源平合戦が起こり、鎌倉幕府が起こるという、血なまぐさい戦(いくさ)が頻発するようになりますが、いずれの場合も、実際に反乱が起きたから対処するというのではなくて、反乱が起きそうだ、あるいはその気配があるという時点で、兵を挙げて逮捕者を出しています。
要するに、あくまでも争いが起きないように、事前に手を打つということが、施政者におけるもっとも重要な役割という認識がそれらの根底にあるわけです。

そして事態が起こらないように、あるいは良い方向に向かうように事前に手を打つためには、あらかじめ、わずかな徴候から、事態を「察する」という社会姿勢、社会文化が、その大前提になります。
そして「察する」ためには、施政者の側、人の上に立つ側に、それだけの「察する能力」が必要になります。

ですからそのために貴族たちは、和歌を詠み、また読むことで「察する」能力を極限まで磨き上げ、また相互にそれを啓発するために、頻繁に歌会を催していたのです。
なぜなら和歌というのは、上の句と下の句がありますが、その上下の句の文字上に書いてあることは、詠み手の真実、詠み手が伝えたい心ではありません。
いわば上の句と下の句は、ベクトルのようなもので、本当に言いたいことは別にある。
それを、上の句と下の句から、「察する」という文化であり、技術であり、芸術だからです。

そういう「察する」技術を、彼らは歌会を頻繁に催して自分の「察する能力」を磨き、また部下たちの「察する」能力を判断し、人事を決めたりしていました。
それは、どこまでも「明察功過」がその根底にあるからです。
ですから彼らは、単にお楽しみとして和歌をやっていたわけではなく、どこまでも政治のため、民のため、国のために、忙しい政務の合間に時間をつくって、和歌をやっていたのです。

ところが昨今の教育現場では、その事の前後を逆転させて、「政治や行政を放ったらかしにして歌会ばかりを開いていたのだ」と生徒に教えるし、またドラマや映画、あるいは小説などにおいても、お公家さんといえば、「まろこそはぁ〜」と、仕事もしないで歌ばかり詠んでいたまるで遊び人のように描かれます。実にとんでもないことです。それは日本の文化に対する冒涜であり、日本文化への破壊行為です。

彼らは、もちろん楽しみのため、という側面もあったでしょうが、政治や行政を司る者として、その能力を生涯にわたって高めようとし、その能力を最大限に活用して、政治や行政を行っていたのです。
能書きばかりで仕事もせず、大物を装って気取るだけで民のために何もして来なかったというのは、斜め上にある国の貴族たちです。
わたしたちの国の統治者たちであった貴族たちとは、まるで異なる存在です。
混同しないでいてもらいたいと思います。

奈良、平安の昔には犯罪がほとんどなかったというのも、犯罪が起こらないように、民間の事情をよく察して、常に先手をとって犯罪を抑止してきたからこそ、何百年もの間、大事が起こらずにこれたということができます。
政務をほったらかして歌ばかり詠んでいたのでは決してなくて、あくまで政務を行うために、和歌を通じて、相互にその能力を磨いていたのです。

また同時に和歌は、歌会などを通じて、昨今のビジネスマンのゴルフの付き合いのような人間関係構築のための場にもなっていました。
そういう人間関係構築という意味では、体力と技術のゴルフよりも、察する心そのものを養う歌会の方が、もしかしたら、政治家や高級官僚のたしなみとしては、はるかに優れていたといえるかもしれません。

ところが戦後の日本の政治や行政は、和歌を失いました。
そしていまは、「結果しか見ない」という世の中になっています。

「察する文化」では、察した側、つまり人の上に立つ側に責任の全部が生じます。
「結果で評価する文化」では、下の者が全責任を負います。
果たして、民衆にとって、あるいは人類にとってと言っても良いのですが、果たしてどちらが幸せといえるのか、是非みなさんで議論してみていただきたいテーマであると思います。


次に平安貴族たちの男女の仲についてです。
これまた、平安貴族の女性たちといえば、なにやら「なよなよ」として十二単の袖を涙で濡らしながら「ヨヨ」とばかり泣き崩れ、毎日夜這してくる複数の男に体をまかせる、ただの性の道具のような存在として描かれることが多いようです。
これまで、斜め上の国の人にとっては、理想かもしれませんが、日本ではまったく違います。
なるほど通い婚社会であったことは事実ですけれど、貴族の男性が貴族の女性のもとに通うためには、前もって家人をつかって相手の女性に歌を送り、その女性だけでなく、場合によってはその親御さんたちまでも、その歌を見てもらい、「この人なら」となってはじめて、通うことができたのです。
だいたい、そもそもが大家族所帯なのです。しかも大勢の家人たちもいるのです。内緒で通うなんてことは、土台無理な話です。

そしてねず本の第二巻で小野小町や清少納言のことなどを紹介させていただきましたが、彼女たちは、ものすごくのびのびと、そして活き活きとして暮らしています。
だいたい、こうした中世において、女王でもない女性たちの名前がちゃんと残っているということ自体、西洋や東洋の自称大国や、事大主義の半島人の国には、ないことです。
それをいうと、「そうはいっても、小町とか清少納言とか、本名がわかりませんよ」などと聞いたようなことを言う人がたまにいますが、男でも女でも、貴人、つまり目上の人は、本名を名乗らない、というのがしきたりでした。

浅野内匠頭の本名は長矩(ながのり)ですが、内匠頭が生きていた時代に、彼のことを長矩君、などと呼んだ人は、おそらくいません。いても親くらいなものです。
大切なものは隠す。
それを晒すのは、下の者ということです。
ですから小町や少納言と呼ばれたのは、彼女たちが貴人だからであったのです。
そしてその彼女たちは、実に溌剌と生きています。
百人一首に出て来る赤染衛門なんて、女友達のために、高官の男性に対して、まるでタメ口で、「あんた、グレてやるわよ」と堂々と脅しています。
ぜんぜんナヨナヨなんてしていないのです。
千年前も千年後も、日本女性は日本女性です。いまも昔も変わりません。


もうひとつ、これが三つ目になりますが、学校の教科者によっては、貴族たちは毎日贅沢三昧な食事をし、民は粟ばかり食べていたかのような記述がなされているものがあります。
常識で考えろといいたくなります。
豪華絢爛に、テーブル一杯にごちそうを並べても、人間の胃袋の大きさは、貧乏人もお金持ちも変わりません。食べる量は同じなのです。
むしろ、上に立つ者から贅沢を禁じ、みんなが食べていけれる社会を築き上げてきたのが、日本社会です。

そもそも富とは何でしょうか。
いまでは、マネーゲームと称して、実体経済以上にマネーだけがネット上を飛び交う時代になっていますが、大昔は、ひらたくいえば、富というのは、食べ物のことです。もっといったらお米のことです。

最近の在日系企業では、社長の年収が数百億円で、一般社員一日16時間労働で、ようやく12〜3万円くらいの手取り給料という会社が多いようですが、もとからある日本企業では、一般社員と社長の給料は、上場会社でもせいぜい10倍止まりです。
胃袋の大きさなんてかわらないのです。
だから、みんなが飢えないようにするためには、みんなにお米(富)が行き渡るようにする。そのために貴族からまず贅沢をしないで生きる。
それが大昔からの日本の姿です。
それでいて、いちばんたいへんなことを、上に立つ人が率先して行う。
だからみんな付いて行ったのだし、上下の信頼も生まれたのです。
そして信頼があったから、貴族への反乱もおきなかったのです。

そしてこうしたことの背景にあったのが、聖徳太子の十七条憲法にいう「明察功過」なのです。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
平安時代は衛星観念がなくトイレは垂れ流し、死体はそこら辺りに放置されており、地方は相変わらず竪穴式住居だったと解釈するブログをたまに見かけます。
平安時代の庶民に関する資料は少ないのであまり断定できませんが、当時の絵を見ると庶民はこざっぱりとした服装で色は白一色に限定されておらず、町の風景も別に汚らしくありませんでした。
皇居にお堀がなかったのも、庶民を思う政治が実行され、また当時の日本人の民度が高かった事の表れであると思っております。
和歌は察する能力を養い大事にする大切な文化だったのですね。
伊藤園のお茶のラベルには俳句ですけど投稿する人達の素晴らしい歌がいつも乗っていますね。
歌で思いを表現し、思いやり察する心を育む日本の文化は素晴らしいです。
2014/11/01(土) 07:18 | URL | 清水 #-[ 編集]
祭の季節ですが、最近は女性も神輿を担げ(ぎ)ます。昔は「穢れ」として、女性の担ぎ手を禁忌としていたと思うのですが、その理由が単純な差別からくるものとは思えません。日本史の中で、女性も年寄りも虐げられてはいないからです。ねずさんがよくご指摘される、やたらに文化に直結する「行事」や「しきたり」を否定しようとする(特に「差別反対」や「弱者擁護」といった反論し難い『美辞麗句』で装った)風潮には危機感を抱いています。
少なくとも日本では「しきたり」には意味があるものだと思いますので、こうした実は本来意義のある事柄についても、これからもご教授下さい。
2014/09/19(金) 15:41 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
特亜化する日本人の民度
ねず先生こんにちは!

日本が平和な時代を謳歌できていたのも、こう言う政治方針に加えて日本人の民度が高かったのも一因かと思います。
「明察功過」、確かにねず先生のおっしゃる通り今の日本に必要な考え方だと思います。
日本名を名乗り日本人になりすます特亜人が増え、生粋の日本人の民度が下がってきていると感じる今日この頃。ここで歯止めをかける時期ですね!

十七条憲法は正式な廃止手続きを経ていない、今尚生きている憲法だと伺っております。
それだけ我が国の形に合った、完成度の高い憲法が飛鳥時代に発布されたという事実は驚愕に値します。
2014/09/18(木) 12:59 | URL | 自衛隊に憧れる事務員 #-[ 編集]
江戸時代の武士は人口比6.4%、神職僧侶が1.2%で、併せて7.6%という資料がありました。
壊滅的被害をもたらす自然災害が多発する日本で、公務従事者がこんな比率で済んでいたことは驚きです。
今の公務員は15%ですが、これは妥当なほうでしょう。なぜなら工業が一定以上に増えると、流通に伴い三次産業が爆発的に増え始めるからです。これを野放しにすると頭脳犯罪が増えてしまいますから。
それでも今の公務員数は先進国のなかで、かなり少ないようですね。
 
話は変わりまして、日本的な引責辞任です。国際的には日本の大企業トップが社員の起こした個人的不祥事で辞任すると、会社ぐるみの犯罪が隠されていると捉えます。ですから今は株価を気にして、社長以下あまり辞任をしなくなりました。
ではなぜ最近まで引責辞任をしていたかは、ねずさんが言外に解説なさった通りと思うのです。
つまり「私の不徳の至すところ」とは、過を察しきれず、事態を招いたことそれ自体を、自らに問うていたのです。
事態に関与した責任ではなく、予防できなかっただけです。しかしそれは辞任に直結する過失と認識されていた。
おっしゃるように、まさに明察功過は事後責任よりも厳しく、この重い責任がついこの間まで活きていたことの証しですね。
2014/09/18(木) 11:44 | URL | beany #-[ 編集]
No title
“明察功過”の発想は分かりますが、平安時代を美化する発想はどうかな?と思います。歴史の証拠とされる文書はその時代治世の実権を担った方々によって都合よく作成されるものです。老骨武骨者の自分からみればその時代から武家政権に代わり、さらに元寇に対抗できた我が国の有様が必然のように思います。
2014/09/18(木) 06:06 | URL | 通りすがりの武人 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/17(水) 22:45 | | #[ 編集]
No title
今の日本は裕福だと世界中の国々から思われていますが、お金だけの問題でしょうか?
大東亜戦争前の日本のほうが本当の幸せがあったように思われます。
2014/09/17(水) 20:30 | URL | 中谷直樹 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/17(水) 19:31 | | #[ 編集]
No title
伊藤博文が暗殺されても日韓合併が行われるなどは察することが出来てない典型的な例でしょうか。

「ガイアの法則」では日本文化を破壊した波は2回あったといい、一つ目は明治維新のとき、もう一つは敗戦によって西洋文化を受け入れたこと。これによって良好な異性関係文化も日本文化も破壊されたと言います。

いつしか食文化も豚肉やら4足を食いまくるようにもなってしまいました。もともと日本人の感覚では「他に食う者あるのにわざわざ生き物殺して食うなんて可哀そうだし嫌だよ」だったのに「肉食わないものはバカだ」と広めてしまった。(福沢諭吉が。)

余談ですが、タバコにしても昔はキセルはタバコ葉だけでしたが、今のタバコは「テクノロジータバコ」別名「アンモニアタバコ」にすり替えられてしまってます。多くの方が普通にコンビニでもスーパーでも見かけるそれが「ただのタバコ」だと思わされています。これはとんでもない話です。

今のタバコが臭くて有害なのは純粋なタバコ葉ではなく、「アンモニア(テクノロジー)」が使われているからです。有害物質(神経毒)のアンモニアです。さらに600種類以上の有機溶剤を薄めた毒物が使われてるといいます。こんなもの吸う文化なんて昔の日本では絶対ありえませんでした。
 
具体的に言うと、アンモニアは吸い込むと喉が狭まって吸い込めません。だから血管拡張材としてココア摘出物質が使われてます。なので無理やり喉をこじ開けて肺に送られます。
 アンモニアはずば抜けた浸透力を持ちます。よって隣の部屋にいても臭いがきます。このようなタバコを吸うと一服でニコチン中毒になります。もちろんアンモニアによって器官に炎症が起こります。だから親切に炎症止めの薬がタバコには入っているのです。すぐ消えないように点火促進剤も。

前に米国タバコ会社の幹部が俳優にCMをやらせ、その休憩中に俳優が幹部を見つけ挨拶すると、CMで使われたタバコを勧めました。幹部は嗚咽をしながらこう言いました。「だれがそんな胸糞悪いもん吸うかよ!そんなもんは黒人と奴隷と馬鹿にくれてやればいいんだよ!」
タバコに成分表を乗せたら主要成分はニコチン・タール・アンモニア・ココア・炎症止め・燃焼物質・有機溶剤各種となります。

吸うなら100%タバコ葉のみ売られてるものをキセルで吸うのが良いと思います。アンモニアを吸うのが日本文化?どこか異様に変質してる気がしてなりません。
2014/09/17(水) 15:33 | URL | 鬼っ子 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/17(水) 11:07 | | #[ 編集]
No title
先日の 聖徳太子の十七条憲法を読むと、
公務員は、朝から晩まで懸命の働け。賄は取ってはならぬ。民百姓の、繁忙期には使役してはならぬ。
と書いてありました。
福島に、身障者の比率が35%もの中小企業があり、重度の障害者も正社員なんだそうです。
ゴン太みたいに、経営者が10億円も報酬を得るなんて考えの奴には絶対に理解出来ない現象でしょう。
日本社会の中枢に入り込んだ成りすまし特亜系を何とか排除しなければ、再び鍵をかけずに寝られる世の中にはならない。
2014/09/17(水) 11:00 | URL | kenkan #-[ 編集]
No title
終身雇用、年功序列、談合取決、等々、悪いことのようにされていますが、良いことの意味合いを改めて考えてみるのも必要なのでは…。
2014/09/17(水) 10:14 | URL | #-[ 編集]
No title
貴族社会の時代、一揆が起きたという話は聞きませんね。
もし、庶民を思いやる政治が行われていたとすれば、素晴らしいことだと思います。

ちなみに望月の歌も、解釈によっては、庶民を思う、愛情の歌なのでしょうか?
この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

江戸時代には、鳥居耀蔵のような隠密が暗躍してたと聞きます。極端な方向に走らない範囲で、犯罪を未然に防ぐことは、大切なことだと思います。
2014/09/17(水) 08:16 | URL | one #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク