アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


変わる教育

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 8月24日新発売!
ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
ねず本第三巻120ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU
新刊ラジオに、ねず本第三巻の紹介が掲載されました。耳で聴く新刊紹介です。私も出演しています。よろしければご試聴下さい。http://goo.gl/0s543r
第三巻の紹介文はコチラにあります。→http://goo.gl/6ng7KF
つくる会主催の日本史検定講座第五期生を募集中です。みなさまのご参加をお待ちします。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

秋紅葉0929


織田信長といえば、近年ではものすごく恐ろしいお殿様であったように言われています。
けれど、武力や権力をひけらかして強がるだけのボスになど、人は誰もついていきません。
特に日本人にはその傾向が顕著です。

もちろん武門ですから「威」は大事です。
けれど、単に腕っ節だけを言うなら、当時の世に信長よりも腕の立つ者はたくさんいましたし、統率力という面においても、信長以上の存在は、他にもたくさんいます。

けれど信長が、誰よりも強い武将となったのは、彼に思いやりややさしさがあったからです。
そのことを証明する、一枚の書簡があります。
信長が、安土に城を築いて、そこに移り住んだ頃のことです。

秀吉の妻の「おね」が、お祝いの挨拶に信長のもとを訪れました。
そのあとのことです。
信長が、次のような手紙を、「おね」に書いて送っているのです。
まるごと引用します。



===========
仰せの通りに、今度はこの土地へはじめてお越しなされて、お目にかかることができたのは、まずもって、めでたいことです。
ことに結構なお土産をいろいろといただき、そのおみやげの美しさは、目にもあまり、筆にも尽くしがたいものでした。
祝儀のおしるしに、こちらからも何か差し上げようと思っていたところが、そちらから実に美事な品物をお届けなされたので、もはやこちらからはとくに差し上げたいと思う物もなくなったので、まず今度だけは思いとどまることにしました。またお伺いした時に何か差し上げることにします。

今度のお土産は実に結構なものでしたが、それにもまして、そなたのみめかたちは、いつぞやお見かけしたときを10としますと、今度は20ほどにもなっていました。
藤吉郎は妻としてそなたが不足であるとしばしば言っているとのことでしたが、実に言語道断、怪しからんことです。
どこを探し歩いても、お前様ほどの結構な妻は、かのハゲネズミ(秀吉のこと)としては、二度とまた探し出すことはできないのでしょうから、これからは、そなたも心持ちを快活にして、いかにも奥方らしく重々しく振舞い、悋気(リンキ)などに立ち入らないようにしてください。
しかし、女としての役目もあることだから、いいたいことも口に出さないようにして、やるだけのことはやるがよろしい。
なお、この手紙の文章の通りに、羽柴藤吉郎に意見をしてやってください。

============

日本といえば「和の国」です。
「和」というのは、ひとりひとりが理性をもって、全体の中に自分の分(ぶ)をわきまえて存在することから出発します。全体をひとつの大きな和としたものが大きな和、「大和」です。

「和」は、ひとりひとりが「分(ぶ)」をわきまえます。
だからこそ、互いに敬愛や随順が生まれるし、後輩を育成しようとか、子を愛し育もうという行動が自然に育まれるのです。
そして互いにその分(ぶ)のなかで、自分の特性や他者との違いを活かして、全体に調和しようとします。
さらにいえば、「和」は、人の和だけでなくて、万物融合の意味も含むところに、日本の「和」の底の深さがあります。

そして間違いなく、信長も日本人であり、「和」の武将だったのです。

ちなみに昨今の日本では「個人主義」ばかりがもてはやされますが、個人主義というのは、どこまでも自己中心の考え方です。
すこし考えたらわかることですが、誰もが自分を中心にして「私」を主張しだしたら、矛盾や対立ばかりがおこります。あたりまえのことです。

ところが現実の社会関係においては、必ず人と人との共同が必要になります。
「和」がないところで、人と共同しようとすれば、人を支配するしかありません。
そして支配するために、カネや暴力が利用されます。
あるいは下の者には、妥協や犠牲ばかりがつきまといます。
それが「ウシハク」領主と、部下や民衆との関係です。

ところが上にある信長の手紙でわかることは、信長は巷間言われるような支配的棟梁ではなかったということです。
信長がどこまでも、人の和をたいせつにする人であったからこそ、部下たちが命がけでついていったのです。

「個人主義」というのは、万人の万人に対する闘争の思想です。
これに染まり、日本の歴史を「階級闘争」の歴史だ、などと決めつける学者の先生や教科書などがありますが、大きな間違いです。
そういう横車を押す、あるいは個人主義という偏狭なドグマからだけで歴史をみようとすると、日本史は理解できません。そこここに矛盾が生じてくるからです。
そして矛盾を、権威で押し通そうとすれば、それはもはや学会でも教育でもありません。
親分教授を中心にした、ただの「狂信者集団」になってしまいます。
昨今、多くの日本人が、お隣の国の反日洗脳教育を批判しますが、となりの国どころか、日本国内の、しかも教育が、他国を笑えない状態になっているのです。

戦後、教育界は、旧帝大を中心に戦前の日本の教育を「狂信的」と決めつけました。
「すべてを疑うところから学問は始まる」
「古い衣を脱ぎ捨てて、新しい衣に着替えよう」などという標語もありました。
けれど、「狂信的」であり、「疑われるべき」であり、「使えない衣」であったのは、なんと、それを言っていた本人たちだったのです。

日本人は目覚め始めました。
もうとっくに多くの民衆は、現代教育のいかがわしさに気付き始めています。

文科省も大学も、歴史教育界も、いま、自ら浄化を迫られています。

今日のこの記事をFacebookで紹介したところ、國御問題研究会の安田倫子先生から、次のコメントをいただきましたので、これを最後にご紹介します。

==========
わたくしは長い間教育に携わり、恩師にあたる方々が「まず疑ってかかれ、そこから学問が始まる」と盛んに仰っていたので、心の中でずっと「おかしいな」と感じていました。

やはり先人が命を懸けて研究されたものをまず真っ新な心で跡を辿り、そうして彼らが求めた精神や得ることのできた糧を有難く戴くことがマナーではないか、それが間違っていると感じたならばどこがそう感じるところなのか、検証する、という順番を踏みたかったからです。

回り道をしましたが、それも時代の子であるので必要な時間だったのでしょう。
===========

日本は変わります!



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
No title
最近の大河ドラマでは、戦国大名は皆一部の主要なキャストだけ置いて、他の家臣がいないように見せ、信長も独断してるように見せていますが、どこの大名も自分だけで決めるのは難しかったのは下克上の時代ですから江戸時代以上だったかと思います。

だから、信長はどうその力を発揮したのだろう?と常々不思議でした。

そうしましたら、以前何かの本で信長の家臣への根回し力について読んで初めて納得したことがありました。その本の題名を覚えていないのが残念ですが、あの信長でも家臣への根回しがなければ動けなかった、ということは、いかに織田家の家臣団が凄かったかの証明でもあり、それを掌握した織田信長の凄さでもあると感心した覚えがあります。

だから化け物のような描き方をされる信長には閉口しております。

もちろんそれだけを見れば、当時の視点でさえも残虐に見えることも多いとおもいますが、歴史の彼方である現代の目線で見れば、例えばそのお蔭で日本の一般の宗教と争いが切り離されたりしているわけで、海外の宗教をみるとそれがいかに幸せなことかが分かります。

日本人なら今も宗教で平和な日本にしてくれた信長には感謝しないではいられません。

確か、宣教師達が危険だと最初に気付いたのも信長で、それを引き継ぎここまでだと止めたのが秀吉だったかと思います。その行動から秀吉が最初に気づいたということになっていますが…。利用できることは利用するそのしたたかさもtopに立つ者ならでは。お蔭で、宣教師達も日本は他の文明のように滅ぼせないとなりました。

信長様様です。


今回も素敵なお話をありがとうございました。
2014/10/02(木) 20:57 | URL | あらみたま #5GpCkh0o[ 編集]
個人主義について
ご本を三巻とも読み、心から感動しました。これをぜひ英語、その他の外国語に訳して世界に、そして子供向けにも出版していただきたいと熱望致します。さて、僭越ながら「個人主義」に関しての私見を申し上げます。歴史上の米国の対日犯罪、それ以前の先住民、メキシコ、ハワイ、フィリピン等に対する米国の非道を承知の上で、現代の米国民の良識を、かの地での暮らしが長かった実体験から申し上げますと、良き米国の、そして本来の「個人主義」は、「個人がそれぞれに異なり、それぞれに独自の長所・短所を持つ」ことを相互に認め合い、その上で共通の地盤を模索し、共通の目標に向かって力を尽くすことだと捉えております。韓国系、中国系移民が激増した現在の状況は、分かりませんが、私が在住した30年前は、雑多な考えを持つ米国民ながら、いざとなると、強烈な意志で国民が結束していたことを記憶しております。また、日常の暮らし・仕事の中でも、何度も同様の経験をしております。仕事で客先と大喧嘩をしたあと「お前がそれだけ自信を持ってるなら本物だろう」と言って契約してくれたのは、ほんの一例です」。相手に迎合していればバカにされるのが落ちです。先生のご本の中の「シラス」、あるいは「平等ではなく対等」という日本人の本来のありかたは、まさにこの、本来の「個人主義」に相当するものではないでしょうか? 現代日本人の考える「和」は「その場を収めるために自分を殺して相手の言い分に合わせる」ことと誤解されているのではないでしょうか? 中韓に対しても、米国に対しても言うべきことを毅然として言っていればこのようなことにはなっていなかったはずです。一方で、あたかも「個人主義」を「何をしても個人の自由」と、はき違えていることは「責任を伴う対等主義、すなわち和」をただの「迎合主義」と理解しているための反動なのではないでしょうか。それは「個人主義」ではなく「自分主義、利己主義」でしかありません。本来の「和」は「対等主義」であり、かつ「本来の個人主義」と考えるべきで、単純に横の繋がりを求めるだけのものではないことを、さらに詳しく発信していただけないものかと切に願う次第です。以上です。
2014/10/01(水) 00:41 | URL | 雨宮 健 #-[ 編集]
信長のイメージ
初めまして、記事を拝見して、TVドラマなどの影響で持っていた印象とは、別のイメージを感じました。ドラマは、ドラマチックに描かないと、視聴率を上げられないためか、脚色が多く加えられるものなのでしょうが、真実の姿に近い作品が今後作られるといいなと、思いました。
2014/09/30(火) 21:59 | URL | 幸せAAA #ulYx6Mu6[ 編集]
No title
分というのは、各自が生まれつき備わっている物。
それを、磨き上げ得意分野に秀でた人達でしょうか。
例えば、足が速い、算数が得意、絵がうまい、などその他日本人は、好きな分野で研鑽に励みます。そのことで、それが政治、経済となるとその分野で実績がある人が選ばれるのでしょうか。政治とは、さざれ石の国民が安心できる生活を保証することです。責任は重いと考えます。 
2014/09/30(火) 20:46 | URL | #-[ 編集]
No title
戦後教育においては、個人主義は人間社会の進んだ形だと教えましたが。その一方で、災害や事件が起こる度に、マスコミを始めとするメディアは近隣との連絡強化や協力体制の必要性を主張します。
彼等の崇める進取に飛んだ研究者は、個人主義を佳いものとしたのですが、危急の際に役に立たないものは、全て公共が賄うとの発想では、現実的ではないのです。


>戦後の教育界は、旧帝大を中心に戦前の日本の教育を「狂信的」と決めつけました。
「すべてを疑うところから学問は始まる」
戦後70年を経て日本の歴史教育については、「すべてを疑うところから学問は始まる」を始めなければならないと思います。
全て疑い、一つ一つを検証して、正しい日本の歴史教育を子供や孫世代に行い、誇りに満ちた日本の先人の姿を教えることで、この70年間にわたって行われた自虐史観による日本の歴史教育を一掃しなければなりません。



中国の王毅外相は、国連総会で「日本の軍国主義による侵略で、中国人に3,500万人以上の死傷者が出た」と指摘しました。
この数字は、中国による最終かつ最大の数値になっていますが、これまでに何回も訂正されてきたものです(正しい数字か、否かは別問題です。)。しかし、この3,500万人の場合、南京問題が30万人とされていたと思います。
そして、この30万人には、何の根拠もありません。

義務教育を受けたときには、ソ連や中国の政治を説明する場合、計画的とか科学的と言った言葉が羅列されていたと記憶しています。今、日本を貶める発言をする国がありますが、文字通り科学的に算出した数字を、提出して欲しいものです。


今、中国は第2次世界大戦の勝利者として国連の常任理事国になっていますが、正しくは大戦中は国民党軍の一部でしかなかったと記憶しています。
それが、勝利した国となっていることが、不思議でならないのです。
昭和24年に、中国は建国していますから大戦とは関係がなく、中華民国が常任理事国だったのが、ベトナム戦争で苦しくなったアメリカのニクソン大統領は中国と国交を結ぶことで、傷を浅くすることを試みたのだと思っています。(中国からベトナムへの武器の搬送の妨害を試みた?)
中華民国は、このため国連の常任理事国から国家扱いをされないことになったのです。アメリカの失策だと思います。

それに、ソ連(ロシア)にしましても、日本とはわずか一週間しか戦争していません。
それも、日本とソ連との国家間の条約である日ソ中立条約を一方的に破棄して、モスクワの日本大使館(電話線を切断して)に宣戦布告をしたのです。この方法は、凡そ国家の行う方法ではないし、これに較べたらパールハーバーなんて小さいものです。(ロシアはこのソ連の後継国ですから、信用など出来るものではありません。)

この2カ国が、国連の常任理事国ですから、国連なんてええ加減なものです。
アメリカもやっていることですが、日本も国連がええ寡言なことをする場合には、国連の加盟費の支払い拒否をしても構わないと思っています。
2014/09/30(火) 15:55 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
こんにちは。9月28日未明より、香港の民主化を目指す民衆デモが始まり、
いまだ継続しております。第2の天安門にならない事を祈っておりますが、これは台湾の人々にも影響するし、ひいては日本にも関わってくるでしょう。30日15:33分まで、youtube でライブ配信されていましたが・・突然切れました。ライブ以外の映像はありますが・・???不穏ですね。
2014/09/30(火) 15:45 | URL | 名無しさん@ニュース2ch #/QjCk4EU[ 編集]
はげねずみ(笑)
ねず先生、失礼致します^^!

今回の信長公の優しい優しい御手紙、一般的に言われているキャラとは大いに異なり、そのギャップから自分は益々信長公のファンにりました^^
…ねず先生はご存知かもしれませんが、信長公には他にも優しさを示すエピソードがあり、それは信長公の教育係であった平手政秀殿に関係するものです。
…信長公の父上の葬儀での彼のやんちゃ極まる行動に、教育係であった政秀殿は自身に大きな責任を感じて自決してしまわれたわけですが…、その政秀殿に対する深い罪悪感からか、信長公は終生、鷹狩りをする度、その獲物の肉を一部裂いてそれを天高く放り上げ…、
「…喰え、政秀…」
…と仰っていたらしいです。
そのエピソードからも、彼の内に秘めた優しさが分かりますよね^^

ねず先生、先日の松陰先生のお話も、誠にありがとうございます^^
各種イベントまであったとは知らなかったため、自分は益々松下村塾に入塾したくなってしまいました!(笑)

ねず先生、今日も誠に勉強になるお話、ありがとうございます^^

いつも応援しております^^

では!



2014/09/30(火) 15:19 | URL | 次郎左衛門 #-[ 編集]
捏造を許すな
中国は日中戦争で「日本軍は中国国民を3500万人殺害した」と国連総会で発言したそうです。東京裁判でもそのような数字はありません。中国の発言を否定しておかないと3500万人が史実になります。

仮に3500万人の数字が正しいとすれば、それは中国国内の内戦の犠牲者数です。日本政府は中国に対して公式に反論すべきです。

日本軍と主に闘っていたのは蒋介石軍の国民党軍です。共産党の毛沢東軍とは直接大きな戦闘はありませんでした。その国民党軍が逃げ込んだ台湾の中華民国が1955年に公表した、1937年から1945年の8年間の中国側の犠牲者は、戦死者:131万9958人、負傷者:176万1335人、行方不明者:13万126人の合計:321万1429人でした。

1桁の数字まで書かれているのは怪しいですが、侵略の被害国として犠牲者数を多くしていると思われます。それでも321万人です。直接交戦していない共産党政府が正しい数字を知るわけがありません。

3500万人の多くは内戦の犠牲者ではないでしょうか。
2014/09/30(火) 12:59 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
我が国の本当の形
ねず先生こんにちは! 信長のみならず、鶴を誤って逃がしてしまった家来を「日本国中、我が庭も同然なので逃がしたことにはならない」と許した秀吉、家臣の取るに足らない諫言を「ワシの為思って諫言してくれて嬉しい」と素直に喜 言 んだ家康。 三英傑と呼ばれるだけあって、人の和を大事にした素晴らしい武将だと思います。 西洋かぶれの思想で語れるほど我が国の歴史は薄っぺらな物ではありません!はありません!
2014/09/30(火) 12:48 | URL | 自衛隊に憧れる事務員 #-[ 編集]
北朝鮮の裸の大将が足を引きずる映像が流れていました。北朝鮮の国営放送は、不自由な体にも係わらず云々言ってましたが、単なる旨い食べ物を食い過ぎて、痛風じゃねえか!と笑ってしまった。 こんな人間が軍人を統率出来る訳がなく、侮蔑の対象ではなく、侮蔑の大将ですね。
2014/09/30(火) 11:37 | URL | 防人 #-[ 編集]
偏差値の高い人がリーダーになり亡国へと導く
日本では小さい頃から受験競争にさらされ、受験勉強と利己主義(個人主義)を叩きこまれます。その中で一番高い偏差値を取った人が社会のリーダーになってきました。しかし、有名大学出のリーダーがどれだけ日本を毀損してきたことか。今年に入り、今まで知識人の言論の府の中心と思われた朝日新聞や科学界の中心の理化学研究所の動きを見て日本人は大きな違和感を感じました。我々自身の偉い人の基準を考え直す必要があります。
2014/09/30(火) 11:08 | URL | 昆布 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/30(火) 10:50 | | #[ 編集]
No title
織田信長についての本で何か良い本があれば教えて下さい。通説とは違う面を学びたいですね…!
2014/09/30(火) 10:07 | URL | hatty #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク