アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


言論の自由

耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 8月24日新発売!
ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
ねず本第三巻120ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU
新刊ラジオに、ねず本第三巻の紹介が掲載されました。耳で聴く新刊紹介です。私も出演しています。よろしければご試聴下さい。http://goo.gl/0s543r
第三巻の紹介文はコチラにあります。→http://goo.gl/6ng7KF
つくる会主催の日本史検定講座第五期生を募集中です。みなさまのご参加をお待ちします。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

昭和天皇1015


左巻きの反日活動家の人たちは、天皇制反対などと言いたい放題を言っていますが、彼らがそうして好き放題を言える言論の自由を与えられているのは、「日本国憲法のおかげ」ではありません。
それは結果としてそのようになったのであって、その憲法ができあがる前に、そうした自由な言論を維持するために、昭和天皇とその側近の方々が、本当の意味での努力を重ねてくださったおかげであるということを、彼らは忘れています。

ドイツは、日本と同様、第二次世界大戦を戦いましたが、そのドイツにはいまでも言論の自由はありません。
たとえばドイツのアーヘンにある、アーヘン大聖堂。
そこは「ドイツ皇帝の大聖堂」といわれる華麗な建造物なのですけれど、その大聖堂にやってきたナポレオンが、アーヘン大聖堂から大理石の床を根こそぎはがして持って行ってしまった。
これに怒った人々が、勇敢なドイツ帝国を築き上げ、ナポレオンと戦い、第一次世界大戦を戦い、破れて再び立ち上がり、第二次世界大戦を戦ったというのが、ひとつの流れになるのですけれど、そもそものアーヘン大聖堂事件など、ドイツでは書いただけで、刑務所に入れられてしまいます。



また、第一次世界大戦のあと、それまでの為替レートは1ドル=1マルクだったのですけれど、戦後、なんと1ドル=2兆4000マルクにされてしまいました。
これはいってみれば、1ドル=140円ではなくて、1ドル=336兆円にされたようなものです。
どれだけドイツ経済が打撃を受けたか計り知れません。
しかも、その後に戦勝国側にブラックマンデーが起こり、世界同時恐慌、世界的デフレスパイラルに突入したのです。
ただでさえ経済に大打撃を被っていたドイツでは、このために完全失業率が48%に達してしまいました。
二人にひとりが仕事がないのです。

実はそんな中にあって、(1)失業率0%の完全雇用、(2)デフレからの脱却、(3)かつての強いドイツの再興を主張したのがナチス党でした。
そしてヒットラーは、政権獲得とともに、この3つの公約をすべて実現してしまったのです。
有名なアウトバーンも、このときに造られましたし、ドイツの産業技術の発展も、まさにこの時期に大躍進を遂げています。
宇宙ロケットの打上技術の開発も、このときのドイツの研究成果が、その後の米ソの成果になっています。

「ドレミの歌」で有名な映画「サウンド・オブ・ミュージック」では、迫るドイツに、オースリア将校としての誇りを賭けたお父さんが、家族を連れて国外亡命を図る姿が描かれていますが、誇りより何より、衰退する経済のなかにあって、どうしても経済を立て直したいというのが、実は当時の欧州の民意であったわけです。

目覚ましい経済発展を遂げるドイツのニュースが日夜飛び込んで来る。
その一方で自国を見れば、旧態然とした政治家たちが、不毛な議論をくり返すばかりで、経済は少しでも良くなるどころか、デフレでどんどんと衰退していくわけです。
ですから、多くのドイツの周辺国が、当時、ナチスを「歓迎」し、むしろ積極的にドイツの支配化、ドイツ経済圏への参加と、旧態然とした体制の打破を希望したのです。

フランスなどは、いちはやくドイツを招き入れて、ドイツの支配下に入るわけですが、もちろん短兵急な改革を嫌う人もいて、内乱状態になります。
そして反ドイツ派の人たちは、米軍を招き入れてドイツをたたき出すという選択をするのですが、その結果、政治犯には厳しくても、街中で女性を強姦したり、意味のない、欲望のための乱暴を働いたりすることのなかったドイツ軍に対し、連合国軍は、ノルマンディに上陸するとともに、町中のフランス人女性たちを強姦し、抵抗するフランス人男性を殺害していきました。

公正に歴史を見たとき、経済の活性化と秩序の保持を目的にフランスを軍事占領したドイツと、「助けにやってきた」といいながら、数々の無法行為をはたらいた連合軍と、果たしてどちらが正義の味方であったのかは、なんとも言いがたい側面があるというのが、実情であったわけです。

ところがそのフランスでは、いまでもナポレオンの時代から第一次世界大戦、そして第二次世界大戦のときにあった事実を、戦勝国側からでない、公平な視点で本を書いたり、ネットで情報発信したりすると、警察に逮捕されます。あくまでも戦勝国側の歴史認識以外は、一切触れてはならないし、書いてもいけないという法律があるからです。

ドイツも同じです。
ナチスの正当性やプロイセンの正当性、つまり第一次、第二次の世界大戦について、当時のドイツ国民の側に立って歴史を記述すると、やはり逮捕されます。そういう法律があるからです。

つまり、短く詰めて言うならば、言論の自由が、実は「ない」のです。

一方、第二次世界大戦を戦った日本は、なるほど占領下においては、言論の統制が行われたものの、それも最初の三年程度のことで、4年目以降には、それもずいぶんと曖昧になり、終戦から7年後のサンフランシスコ講和条約以降においては、すくなくとも、暴力を用いない限り、何を書いても、何を主張しても、言論の自由は守られました。
おかげで、極左から極右まで、さまざまな出版物が市場に出回ることになったのですが、なぜ日本ではこれが可能になったかといえば、シラス国、つまり情報共有化社会というのが、日本の古来からの国是であったからです。

日本は、すべての民衆が「おおみたから」として権力者からの自由を与えられた国柄です。
天皇という存在のありがたさがあってこそ、民衆の自由が確保されてきた、そういう国柄を2千年以上の永きにわたって、続けたきた国柄です。
その天皇と民衆が一体であることが「君民一体」であり、天皇の存在によって民衆に権力からの自由が与えられるということが、昔の言葉でいう「国体」の意味です。
そして日清日露も大東亜戦争も、日本の「国体」を護り抜くための戦いでもありました。

日本は昭和20年8月15日に戦闘行為を終わらせましたが、GHQによる占領後も、この国体を守るための努力が重ねられました。
昭和天皇は、我が身が犠牲になってもかまわないから、国民を守ってほしいとマッカーサーに申し出ていますが、それも、その意図するところは、単に国民の命を守ってほしいということではなくて、国民の命ともいえる学ぶことと言論の自由を保持してもらいたいという意味であったのです。

ですから結果として、占領憲法でさえも、なんと言論の自由がうたわれることになりました。
そしてその代わり、皇室典範が改訂され、天皇は単なる国民統合の象徴とされてしまいました。
皇室典範の改訂は、この改訂によって皇位継承者は三親等までの皇族に限られてしまったわけですが、わが国の天皇は男系に限るとされているわけです。
つまり男の子が生まれてくれなければ、皇位の継承ができません。
けれど三親等以内となると、女の子しか生まれないケースも当然に生じるわけで、そうなると皇統が絶えてしまう危機さえも招くことになるのです。

昭和天皇は、そうした皇室の不利益になることさえも、みずから受け入れられ、その代わりに国民にはシラス国の本義ともいえる言論の自由を与えてくださったのです。

おかげで、左翼の人たちも、好き放題に過去の日本を悪く誹(そし)りました。
しかし、同時に、心ある人たちは、明治以降日本がやってきたことの正当性をきちんと記録し、世の中に遺して来ることができました。
そのおかげで、いま、わたしたちは政治的に歪められていない、本当の日本の歴史や、かつて勇敢に戦い散って行かれた英霊たちの栄誉を知ることができます。

嘘は百万遍唱えても、嘘は嘘です。
たったひとつの真実によって、嘘は白日の下に晒されます。
「ウシハク」国では、政治権力者が、みずからの政治権力の保持や自分の欲望のために、歴史や真実を公然と歪めようとしますけれど、いくら嘘で塗り固めても、嘘は嘘なのです。

「シラス」国は、ひとりの権力者にすべてが独占され独裁されることがない分、右から左まで議論百出してなかなかまとまらないという問題はありますが、長い眼で見れば、最終的には民衆にとってもっとも良い選択がなされていきます。つまり、最後には真実が勝利するのです。

私たちは、いま、売国左翼から、保守まで、さまざまな議論や意見、歴史認識を国内に抱えています。
しかし、そうした自由な言論が、かつての戦勝国である米英仏や、敗戦後、すべてを解体させられただけでなく、言論の自由まで破棄させられているドイツなどと比べれば、はるかに日本は確保されています。
そしてそれこそが、天皇の存在のありがたさですし、終戦後の昭和天皇や、その側近の皆様の国民を思う心の賜物であるのです。

そのことを、わたしたちは、再度自覚したいと思います。
そしてそういう真実の自覚に立てば、売国左翼の妄言など、人としてまさに「恥ずかしい」振る舞いであることが、再認識できようかと思います。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/10/17(金) 16:17 | | #[ 編集]
水野説を越えて
水野祐氏の「日本古代史の謎」(通信講座)によれば、我が国で天文暦法が利用され始めたのは推古天皇の時。その推古天皇の在位中に辛酉(しんゆう)の年があった。それが推古9年。水野氏のテキストを引用します。
「推古天皇の時代というのは、日本の歴史の上で、聖徳太子の執政による政治改革が行われ、日本の国が大きく中国的な律令国家への転進を始めた重要な転換期です。そこでそのときが一大革命の時期に当たると考えられました。
このことから、それよりももっと基本になる大革命が起こったのは、1260年さかのぼった辛酉の年に違いない。その当時の学者が知恵をしぼりだし検討して得たのが、神武天皇の即位元年に指定される紀元前660年の辛酉の年だということになったわけです。
こうして、推古天皇の九年の辛酉の年から1260年さかのぼった大革命が起こった年、それこそ日本の建国の年に相応しいという合意の上でつくられたのが、辛酉革命説を基にした神武天皇が即位した、建国の紀元の年なのです。
そのように考えますと、この神武天皇即位の年はまったく後から中国の讖緯暦運説によって定められたものであって、決してそれが古くから確定されていた、あるいは記録されていた事実ではないということが明確になります。」
ということは、推古9年こそ、我が国における一大革命の年だった、と逆に言えるのではないでしょうか?
実際には、それほど記念すべき出来事は無かったと学者は考えているわけですか?
情けないですね!
『隋書』には、開皇20年(西暦600年)、倭王・阿毎多利思比孤(天垂彦)が「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。つつがなきや云々」と、華夷秩序を根底から覆す快挙を演じたことが記されているのに。これこそ一大革命と言えるのではないですか?
西暦600年は当然、辛酉の年ではなかった(その前年)。第一、こんな記念すべき出来事を、我が国の史書は無視している。天垂彦の存在すら記録にとどめていないのです。おかしいとは思いませんか?
「天垂彦(出自を天に持つ男・即ち天皇=皇帝)」とか「日出ずる処(日本)の天子」とか、日本の黎明を告げた人物。偉大な人物だったはずなのに。
天武天皇にしても、「壬申の乱を起こし、皇位を簒奪した、王者ではなく覇者」ととらえている人もおられるのでは?
事実は逆だったのですよ!
伊勢神宮の式年遷宮を定められたのも天武天皇でした。出雲大社の造営にも並々ならぬ意思を御注ぎになられたそうです。
壬申の乱後の世情を慰撫・鎮静するために、仏教の力にも注目されました。「八隅知し我が大君」とたたえられる偉大な方でした。そのお墓(墳墓)も八角五段で、神武天皇の「八紘一宇」も、天武天皇の大御心を表されたものだったと愚考します。日本の形を全て整えられた方でした。
天武天皇が即位されたのは西暦673年。こちらも辛酉の年ではないです。
我が国にはシナ式の讖緯説は不要なのかも。
ちなみに、西暦601年から1260年後の1861年、アメリカの南北戦争が始まり、西暦673年(天武天皇即位の年)から1260年後の1933年、ナチス政権の誕生という世界史上の大事件が起きています。讖緯暦運説は、シナには当てはまらず、世界史的には当てはまるのかも知れません。それも、日本を中心にして。
証明出来ない人物を崇めるより、実際に存在した偉大な人物をたたえようではありませんか!
記紀を読み解くヒントは名前にあります。神名・人名に秘密が隠されていると思います。
6世紀から8世紀の人物と出来事を押し広げて、我が国の歴史は描かれています。神も人もこの数世紀の間に生きた方々でした。
我が国の歴史は卑小ではありません。そこには「生ける神々」とたたえられた方々が、我が国の始祖として、神聖な家族として、そして現在の我々一般庶民の共通の先祖として、生き生きと活動されていたのです!
古けりゃいいってもんじゃない!大事なのは中身だ!と言いたいです。
2014/10/17(金) 09:45 | URL | 越智富夫 #5fY02qfU[ 編集]
生きる励みが分かったことだけでも幸せと思える
ねずさんのお話ありがとうございました。

以前、イギリス国歌、アメリカ国歌、フランス国歌などの訳を印刷して、8歳の息子に読み聞かせた。

最後に、君が代を聞かせた。

言葉では、その国歌の歌詞の量が分からないので、印刷したものを見せると、「なんで日本の国歌は、こんなに短いの?」と感想を述べた。

それに対して、フランス国歌は、A4で3枚にもなった。笑

今、小学校では、国際教育なる左翼活動全開で、フィリピン人やロシア人を講師として、日本の孤立化を植え付けるべく、自虐史観戦略をトコトンさせていると実感するものです。

これに立ち向かうべく、今、そのロシア人が行った蛮行をあえて、息子に聞かせるようにしている。

妻には、「それじゃ、憎しみしか生まれないよ。感心しない」と言われた。

平和教育=何も考えない、外国が言っていることは正しい という図式をまざまざ見せられています。

最近もロッキー4という映画がWOWOWでやっていたので、見せたところ、「ロシア人って怖いよ!」といっていたから、「いやいや、そのロシア人が一番恐れていたのが、日本人だよ。北海道の旭川に、昔大日本帝国陸軍の第七師団がいたんだ。この軍隊がとても強かったから、お父さんの故郷の北海道までは、占領されなかったんだよ。世界は知って、日本人が知らないことは、いざという時に、世界で一番強かったのが、日本の軍隊であり、日本人なんだと覚えておきなさい。ついでに、そのロシア人が、授業で、北方領土の話を言ってきたら、「早く返せよ!、ロスケ」って言いなさいと(笑)」っていうと、「へぇ~、そうなんだ。じゃ、学校に来ているロシア人よりも、日本人が強いだね。」と言っていた。

体が大きく、英語を話す有様は、正に、まだまだ日本人としての資質を身につけさせなければならない時期に、こういう視覚的に威圧感を与え、欧米には敵わないという意識を刷り込むのだと思います。(考えすぎかもしれません)

だから、日本人の若者が大学を出ても教壇に立たせず、逆に、税金の無駄遣いなる外国人教師への予算があるのなら、ねずさんを呼んで、例え1時間でも、本当の日本人が持つべき忠義を伝えられればと思うところです。

そうしたら、日本の子供たちは、目を丸くして、今より格段に、日本人である誇りと自信を取り戻すことでしょう。

欧米白人達の猛攻撃の中でも、「天皇陛下、同胞がきっと助けてくれる!」と信じ、最後まで、「負けてたまるか!」と、植民地開放と人種差別に抵抗し続けた祖先の子孫である以上、今の自分にも何か出来るし、また、自信がなくなりそうで、気が滅入ることもあるが、そういうことでめそめそしてはいけない。

そういうときこそ、戦い続けた日本人の「負けてたまるか!」と思えることが、正に今の生きがいであります。

強い精神力がほしい!
2014/10/17(金) 07:13 | URL | #-[ 編集]
言論の自由
民主主義国家であれば当たり前の権利のように思ってしまいますが、
日本という国がいかにその自由が守られているかがよく分かります。

マスコミを見ていると戦前は言論の自由がまるで無く、
今でも欧米に比べればまだまだ遅れている印象を受けてしまいます。

生まれながらにして誰しもが持っている当然の権利。
そう思いがちですが、そんなことはありません。

戦後に多くの方々がGHQ側と交渉してこの権利を保障させたことは言うまでもありませんが、
戦時中も米国との戦争をどう終わらせるか交渉は続いていました。

米国側が要求するのはあくまでも無条件降伏でした。
そんなものは当然呑めません。

米国側が想像を絶するほど日本軍が強かったため、
最後に譲歩してきたのがポツダム宣言でした。

ポツダム宣言の中には
・日本人を民族として奴隷化することはしない
・言論、宗教、思想の自由および基本的人権の尊重は確立される
・日本は経済復興し(課された賠償の義務を履行するための)生産手段を保有できる
・将来的には国際貿易に復帰が許可される

こんな当たり前のことを明記させ、日本国民の権利を約束させました。
そして見せしめのため、そして核実験のため、そして脅しのため、
子供女性老人を含む多くの民間人に向けて
人類が決して使用してはならない悪魔の兵器を落してきました。

無条件降伏を認めていれば今の日本の繁栄は無かったでしょうし、
ひとつの国家として現存できていたかすら疑問です。

今、日本人が奴隷化されずに、言論や宗教や思想の自由があり、
基本的人権が保障され、自由な経済活動が許され、
日本人が生産手段を保有し、自由な国際貿易ができる。

こんな当たり前の権利が
戦時中に正々堂々勇敢に戦った先人達の命の上に
成り立っていると言えるのではないでしょうか?
2014/10/16(木) 23:58 | URL | 皇紀2674年 #-[ 編集]
No title
讖緯説に関しては
長浜浩明氏が
「なにごともなかった推古九年から数え、自ら否定した歴代天皇の実在を信じ、日本書紀の年季を西暦と誤認し、
歴代天皇の異常な長寿を肯定した上で成り立つ」
と矛盾を指摘しています。
皇紀は皇紀であって西暦ではないですね。
後年勝手に西暦に置き換えようとしただけですから。
古代日本は春秋年で年を数えていました。
だから皇紀2674年というのは間違いではありません。


2014/10/16(木) 18:23 | URL | #-[ 編集]
正しい皇国史観を
倭国と日本国は厳密に言えば、国家観が異なります。
倭国はシナによる蔑称、日本国は我が国独自の呼称です。
我が国の王が「倭王」と称していた時には、「天皇」は存在しなかったわけです。
厳密に、「天皇」を称号として用いたのは、天武天皇もしくは天智天皇だとされます。
それ以前に、大和言葉(日本語)で「天皇」を意味したであろう「天垂彦(あめたりしひこ)」を自称した人物がいました。「天を出自にもつ男」という意味です。6世紀の人物です。これ以前に我が国に「天皇」を名乗る方はいらっしゃらなかった、と私は考えます。
皇室の歴史が2674年だという方に言いたい。
それが1414年では駄目ですか?1342年では話になりませんか?
2674年とは、1414年に1260年を足したものです。
つまり、西暦601年を基準に、さかのぼること1260年が、神武紀元の正体です。
シナの革命説(讖緯説・しんいせつ)が元になっています。我が国に暦が初めてもたらされたのは推古朝で、それまでは日本人の誰も暦を知らなかった。西暦601年(推古9年)から1260年前にいた日本人が、1月1日という日付をどうやって知ったのでしょう?暦も知らないのに。素朴な疑問です。
もう背伸びするのはやめましょう。爪先立ったって、長くは立っていられません。それどころか、一階部分を抜かして二階を建てようとしています。建つわけがありません!
1414年だろうが、1342年だろうが、我が国の皇室は偉大です!
あとひとつ。「賢者の説得力」というブログで、「国歌・国旗」というタイトルを拝見しました。日の丸を国旗と定められたのは天武天皇だったそうで、『太平記』によれば後醍醐天皇は日の丸を錦の御旗とされたそうです。さすがです。天武天皇が、日本という国を造ってくださったのです。後醍醐天皇が、皇統を正そうとされたのです。
しかし、私は、「今」のままで良いと思っています。
日本人は宥和(ゆうわ)の民だから。
正しい皇国史観を持ちましょう!
2014/10/16(木) 15:30 | URL | 越智富夫 #5fY02qfU[ 編集]
No title
言論の自由があることは有難いことです・・が明らかに日本国民にとって害毒のあるウソを意図的に発信することは“国家騒乱罪”に該当します。多くのマスゴミはそれに該当していますイヌHKも含めて!!
2014/10/15(水) 23:04 | URL | 通りすがりの武人 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/10/15(水) 23:02 | | #[ 編集]
言論の自由で思い出すジョークを。

アメリカ人「我が国は民主国家だ。ホワイトハウスの前で「アメリカ大統領は馬鹿だ」と叫んでも罪にならない」
ソ連人「我が国も民主的だ。クレムリンの前で「アメリカ大統領は馬鹿だ」と叫んでも罪にならない」

失礼しました(^ ^)
2014/10/15(水) 22:26 | URL | #-[ 編集]
No title
すごい映像を見つけました。皆さん絶対見てください。目から鱗です。
日独枢軸・松岡洋右外相の訪独を大歓迎するベルリン市民(Japan-Deutschland)https://www.youtube.com/watch?v=cVw5I-6j-zI&list=UUw9-tOMhAzoqjwVSx9oytgA
日独枢軸・来日したドイツ海軍
https://www.youtube.com/watch?v=kM4MroDn8ps&index=97&list=UUw9-tOMhAzoqjwVSx9oytgA
ヒトラーとズデーテンラント解放・ドイツ系住民の喜び
https://www.youtube.com/watch?v=XluNaUFhcy8&list=UUw9-tOMhAzoqjwVSx9oytgA&index=39
2014/10/15(水) 21:30 | URL | 目から鱗 #-[ 編集]
No title
ドイツにおける”プレスコード”。日本より凄まじいと思いました。
しかし、戦勝国であるフランスにおいて、なぜそのような法律があるのでしょうか?
言論の自由のない独仏間に平和があるところに、歴史の皮肉を感じます。


2014/10/15(水) 19:22 | URL | one #-[ 編集]
中韓政府は靖国参拝すべき
中韓政府は日本の政治家が靖国参拝する度に抗議します。理由はA級戦犯合祀です。私には理由がわかりません。安倍首相は摺主席と朴大統領に「一緒に靖国参拝しないか」と呼びかけて欲しいと思っています。

中国との国交正常化時に田中首相が「毛沢東主席」に、先の大戦の謝罪をした際に毛主席が何と言ったでしょうか。「謝罪する必要はない。中国共産党が勝てたのは日本軍のお陰であった」と日本軍に感謝しています。

韓国が独立できたのは「先の大戦」のお陰です。大東亜戦争がなければ韓国は独立出来ていません。中国も韓国も「A級戦犯」に感謝しなければいけないのです。

中韓の国民はその事実を知っているでしょうか。
2014/10/15(水) 16:34 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
日本では戦後の70年間、自虐史観で自国の悪口を言っても規制されることはありません。こんなことが許される国は、少ないと思います。
日本では、現首相の人形の首をトラクターで轢いても規制されることはありません。自由をはき違えていると思います。
隣国では、国の重大事の際に大統領が不在であったことを指摘した外国の新聞記者に対して、送検するのです。これを報じた隣国の新聞に対しては、簡単な聴取だけです。

日本では歴史観について語るとき真実の歴史を求めますが、近隣の国家では政権の都合良さが基準になります。


戦後70年、もうそろそろ敗戦のくびきから解き放たれて、日本の正しい歴史を子供達に教育しなければ、生きている世代のすべてが誤った歴史観の元で、教育されてきたことになります。
政府において、日本の歴史を正確に教育することを求めます。

それから、政府は、いわゆる従軍慰安婦問題において河野談話の破棄について否定しています。
日本国内においては、朝日新聞や赤旗が吉田誠治氏の発言等を否定したことから、今後は日本国内でいわゆる従軍慰安婦問題はなかったとされていくと思います。しかし、日本国外の米国では、子供達が韓国人を中心とする輩がこの問題で虐められています。
日本の中で虐め防止を図っても、これでは国外において無力です。
そして、このときには政府の官房長官談話がいわゆる従軍慰安婦問題を認めているとされるのです。
結局は、河野談話を破棄し、その上で新たな官房長官(?)談話を発表しない限り、外国にいる日本の子供達を救うことはできないと思います。
政府は、日本人を守る責任があると思います。
そして、これを実行することが、次世代の日本人を形作ると思います。


ところで、近隣国人は日本で好きなことを言い、日本人が言うとヘイトスピーチと捉えられている気がしますけれど、自由と平等そして公正さが日本では保証されなければならないと思います。
日本人によるデモで過激な発言があったとのことですが、近隣国人によるものもそれ以上ではないでしょうか? 中国においても、日本人への暴行と日本企業への破壊があったことを、まだ覚えています。
2014/10/15(水) 16:06 | URL | ポッポ #-[ 編集]
反日を国是にしている韓国が好きだの、美容整形が良いだとか平然とTVで言っている芸能人や自称知識人は、私は教養の無い馬鹿ですよ、と表明しているのと同じです。
日本の事を本当に知れば知るほど、日本は偉大で素晴らしい国だと身に染みて分かります。 少しは勉強しなさい!
2014/10/15(水) 14:00 | URL | 防人 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/10/15(水) 13:06 | | #[ 編集]
三流国、韓国にきちんと抗議して下さい!
朝日新聞、毎日新聞は同類の反日新聞。
読売新聞も薄っぺらいですが、少しまし。
う~ん。産経新聞しか読む新聞がない。
それにしても韓国の言論弾圧は酷いですね。今だに韓国は三流国なんだなと改めて想います。 産経の出国禁止を受けても自説を曲げない編集長はじめ編集員の方々の気骨は素晴らしい。 日本政府も内政干渉なんて言わずに三流国の韓国にちゃんと抗議して下さい!
2014/10/15(水) 12:44 | URL | #-[ 編集]
正に権力を用いて「言論の自由」を脅かしているのが、日本のマスメディアではないでしょうか。振り返れば日清・日露の当時から、開戦に向け世論を煽ったのは「朝日新聞」はじめマスメディアです。現在、「朝日新聞」は過去の反日行為が明らかとなり批判の渦中にありますが、他のメディアにとっても共通の問題が表面化したということではないでしょうか。
「朝日新聞」を断罪(もちろん行為に対する責任は取らなければなりませんが)して終わりではなく、日本のマスメディアそのものについて考え直す契機にしなければいけないと考えます。その為には、やはり国会招致は必要だと思っています。
巨大な権力をもつマスメディアが、大きすぎる裁量権(自由)に対して責任が不明瞭かつなままの不安定な現状は、将来的に再度日本社会に致命傷をもたらす危険をはらんでいると危惧しています。
2014/10/15(水) 11:26 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
No title
興味深いお話をありがとうございます。
日本ってホント素晴らしい国ですね。

私も最近あるニュースから日本という国の懐の深さを再認識
させられ感動しました。

先日、NHKが「外国人の扶養控除制度の見直し要求へ」という
ニュースを報道しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141010/k10015285051000.html

このニュースをお金の視点から見ると怒りの感情が止めどな
く湧いてくることと思います。日本人には出来ない方法で外
国人が税金の支払いから逃れているのだから、これは当然の
感情でしょう。

しかし、お金に着目しないと怒りの感情は湧くこともなく、
逆に日本という国の懐の深さに感動すら覚えることとなりま
す。この日本は、日本に住む外国人の親族にまで心を配った
法律が運用されている国なのだと。そして、この制度のお陰
で日本人は意識せずに外国人に対してお布施(寄附)をしてい
るのです。これは誇れることだと思います。

祖国の発展の為に日本で頑張って働いて仕送りをしている外
国人にとっては、この制度は仏のような制度だと思います。
そして彼等は声に出さずともきちんと感謝してくれていると
思います。また、因果応報がこの世の原則なので、国際社会
で日本が報われる日がきっとやって来るとも思います。

当然、ダニみたいな外国人も群がって来るでしょう。でもコ
イツ等はダニに過ぎないので、いつまでたっても日本人社会
から受け入れられることもなく、長い目で見れば必ず駆逐さ
れていくこととなるでしょう。

日本人として生まれてきたことに感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございます。
2014/10/15(水) 10:59 | URL | 利和同均 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/10/15(水) 10:21 | | #[ 編集]
No title
日本について、皇室について、つまり日本の歴史について左巻きの皆さんがどうも大東亜戦争を基準に言いたい放題いっておられるように感じられます。

日本の歴史は大東亜戦争から始まった訳ではないのです、2千700年余に及ぶ歴史があるのです。
その過去の歴史を知り、なぜあの大東亜戦争い到ったかという事、そして世界情勢がどうであったかも知らなければ物事が見えてきませんし、現代の日本、また世界の情勢も見えてきません。

今日のねずさんの記事を見られたら、そして真の歴史認識を知ったら、左巻きの言いたい放題の皆さんは、日本人として果たして言いたい放題言えるでしょうか?
恥を知る人間であれば言えません、当たり前の事です。

日本の歴史は一つです。
そのたった一つの本当の歴史さえ認識もせず、平気で日本国バッジを付け、自国日本を貶める発言、行動する議員が国の中枢にいるというこの現実、何とも情けなすぎます。
イコール、それを選ぶという人達も悲しいかな多くいるという事です。

思うのですが、それこそ国を預かる官職全てにですが、職に就く前に日本国の歴史勉強をして頂き、そのうえで官職に就いて頂く、そうでもしないと日本はこのままでは外圧よりも内側からの崩壊を招きかねない、危惧しています。
勿論、歴史を勉強され、そのうえでご自分がどう思われようが、それはそれで本当に自由です。
当たり前の事だと思います。

要は日本の歴史認識の甘さが今の世の中の混乱を招いている、そのように思います。
突き詰めると、戦後教育の特に、歴史教育のいい加減さが元凶です。
そういう意味においてまず教育の改革が優先されるべきだと思います。

私達がこうして自由に書いたり、言ったり出来るのは当たり前と思っていましたが、そうでないという事をまた一つ勉強させて頂き、日本の素晴らしさを改めて感じています。
有難うございます。

吉田松陰先生名言に「学問とは、人間はいかに生きていくべきかを、学ぶものだ。」とあります。
好きな名言です。

2014/10/15(水) 09:53 | URL | #PyZMa2bE[ 編集]
祈念
八百万の神々様、日本国に生かして頂いて
ありがとうございます。
支那共産党を滅ぼし祓いたまえ。
ウイグル、チベットの方達を守りたまえ。

日本にまします八百万の神々様、国津神様
ありがとうございます。
2014/10/15(水) 08:48 | URL | #-[ 編集]
No title
ほんとに驚きました。
ドイツのナチスの件はよく知られていますが、プロイセンの時代からですか。
日本はプロイセンのビスマルクにはお世話になりましたが、その時代からだとすると、ドイツ人が知らないのも無理ありませんね。西ドイツ時代はまだ覚えている人がいて、割に親日的だったようですが・・・・。
そして、フランスもナポレオンの時代からですか。
独仏とも逮捕されるとは驚きです。
自分の無知を恥じ入ります。
2014/10/15(水) 08:24 | URL | 秋雨 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本の「言論の自由」

どうやら日本は、欧米などよりも「言論の自由」がある国のようである。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク