アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


おくれても またおくれても 卿達に  誓いしことば われ忘れめや

■オーディオブック
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

回天碑に供えられた回天模型
回天碑に供えられた回天模型


11月8日は、昭和19年に、人間魚雷「回天」の第一陣の菊水隊の仁科関夫少佐以下が、山口県周南市、徳山港の沖合い10数kmのところにある大津島から、ウルシー、パラオ海域へ初の水中特攻に出撃した日です。
そこで今日は、その回天にまつわる、戦後のお話を書いてみたいと思います。

この大津島の基地指揮官の板倉光馬少佐は、みずからの出撃を再三要求していました。
けれど指揮官の勤めは回天の戦力化にあるとし、司令部は許可してくれません。
それでも出撃を強行しようとする板倉に、7月には多田武雄海軍次官がとんできて、
「おまえが出るときは、海軍が命令を出す」と、説得したそうです。

このとき板倉少佐は、大声で反論しました。
「指揮官先頭は帝国海軍の伝統です。部下を出して、なぜ私をのけものにするのですか」
多田次官も、
「軍司令部総長の命令だ」と、大声を張り上げました。
こうして板倉少佐は、志を果たせずに終戦をむかえたのです。

板倉少佐は、終戦の玉音放送のあと、身辺を整理し、割腹を図ろうとしました。


そこへ近くの平生基地で橋口寛大尉自決との報せがはいります。

終戦のとき、回天攻撃隊の橋口大尉は、出撃の直前に終戦の知らせを受けています。
大尉は8月18日のまだ夜が明けないうちに、純白の第二種軍装で威儀をただして回天の操縦席にすわり、拳銃を胸にあて、自決されました。
遺書には次のように書かれていました。

 吾人のつとめ足らざりしが故に、
 神州は国体を擁護しえなかった。
 その責任をとらざるべからず。
 さきがけし期友に申し訳なし。

 後れても後れても亦卿達に
 誓ひしことば忘れめや
      海軍大尉 橋口寛

大神基地では松尾秀輔大尉が、どこから持ち込んだか手榴弾に火をつけて、右胸の前で爆発させて自決されました。
自決の直前、松尾大尉は同僚に笑顔で、
「戦争に負けた以上、将校たる者は責任をとらなきゃなあ」と話したそうです。

それが8月25日の未明のことです。
この日、まだ夜明け前で寝ていた松尾大尉のお母さんは、枕元に、息子の松尾大尉が立って、
「お母さま」と、声をかけられて、目を覚ましました。
お母さんはびっくりして飛び起きたのだそうです。
そのとき息子の秀輔は、とても悲しそうな様子であった。
母は、このとき息子の死を悟ったそうです。

橋口大尉・松尾大尉の悲報を耳にした板倉少佐は、自決を心に決めました。
ところが呉鎮守府の参謀たちは、板倉に渾身の説得をしました。
「まだ戦争をつづけようという動きがある。お前がとめてくれ。それがお前の仕事だ。ポツダム宣言を受諾したのだ。部下たちを死なせてはならん」というのです。

現実に橋口大尉・松尾大尉の事件があった後です。
「指揮官として、部下を死なせてはいけない」
この言葉は、部下を死地に送り出した指揮官だけに、せめて生き残った部下たちは生かさねば、その勤めを責任を果たさねばという強い覚悟を板倉少佐に求めました。
けれどそのことは、板倉少佐にとっては、自決するよりも過酷なストレスでした。

板倉少佐は、妻子と離れて回天戦を指揮しているさなかの同年1月9日に、生後4ヶ月の男の子を失っています。息子の遺骨さえないのです。徳山の大空襲で、家ごとなくしたのです。

板倉少佐は過労と心労から、3月には訓練中に喀血までしています。
このうえ、生きてさらに、生き残った部下たちの面倒をしっかりとみなければならない。
文字通り血を吐きながら、勤めを果たした板倉少佐に、最後に届いた命令は「公職追放」でした。

『回天その青春群像~特殊潜航艇の男たち』(翔雲社)という本があります。
この本の著者のを上原光晴さんは、平成9年に板倉元少佐に会っています。
板倉元少佐は、このとき上原さんに、自分の死後、遺体を大阪の医大に献体すると申し出たと明かしたそうです。
「自分の体は当然、飛散して、なくなるべき運命にあったのだから」と彼は笑いました。
医大教授はいたわるように言ったそうです。
「わかりました。でも板倉さん、ゆっくりと、おいでくださいよ」

*****

終戦のとき、小灘利春中尉以下7名の回天搭乗員が、八丈島にいました。
島には米軍が昭和20年の10月に上陸し、その回天の解体を命じました。
火薬のつまった頭部は海に捨てられ、本体は収納してあった洞窟ごと爆破して埋められました。
ところがこの爆破で、洞窟の入り口がふさがっただけで、回天はそのまま残ったのです。

それから20年経った昭和40(1965)年8月、小灘大尉ら8名は再会して、炎天下の八丈島に向かいました。
残っているはずの回天を、掘り出して見に行こうとしたのです。

みんなで洞窟を掘り返しました。
ポッカリと穴が空き、そこから中に入りました。
けれど、回天はそこにありませんでした。

島の人に聞くと、昭和25年にはじまった朝鮮戦争のとき鉄が高く売れ、このときに古物商がやってきて回天を掘り出して持ち去り、売り払ってしまったのだそうです。
当時、占領統治下にあって日本人立入禁止となっていた旧日本軍の基地の跡に、朝鮮人たちが大量に入り込み、鉄くずを掘り返しては、これを売却してお金に変えていました。
おそらくは、そうした一派が八丈島にまでやってきたのでしょう。

話を聞いたとき、小灘大尉ら8名は、「男は泣くものではない」と知りながら、流れる涙をとめられなかったそうです。
泣いて、泣いて、
「回天はなくなってしまった。けれどそれでよかったのかもしれん・・」と語り合ったといいます。

ちょうど世の中は高度成長経済の真っただ中でした。
戦後の焼け野原からの復興で、街は活気にあふれ、人々の生活は、3c時代と呼ばれる豊かさの時代を迎えようとしていた時代です。
戦後の経済復興の中で、すでに鉄くずとして売られてしまった以上、いまさらどうなるものでもありません。
戦争は終わったんだ。だから「それでよかったかもしれん」。
当時の感覚としては、それもそうだったことでしょう。

けれど、たとえ戦争に敗れたとはいえ、回天は命をかけて戦った日本人の魂そのものです。
その魂を、なんの躊躇もなく、金儲けのために、売り払う。
日本人にできることではありません。

戦争が終わり、焼け野原となった日本は復興のなかにあって、なによりも生活や経済を再優先する気風が生まれました。
それは最近でも続いていて、財力のある人が「勝ち組」、ない人が「負け組」などと言われるようになりました。

けれど、お金があれば、あるいはお金儲けのためならば何をしても良い。人間社会というものは、果たしてそういうものなのでしょうか。
個人の欲望のためには、他人の心など踏みにじっても良い、そういうものなのでしょうか。日本人は、そういう民族なのでしょうか。

日本人の劣化が進んできているといわれて久しいです。
このことを、言葉は悪いけれど、日本人の朝鮮人化と呼ぶ人もいます。
十把一絡げに朝鮮の人を悪く言うことには抵抗がありますが、けれど個人の利得のために世の中を乱す不逞な者は国籍民族に関わらず社会の敵として、これを糾弾するのは当然のことでしょう。
けれど、それだけではいけないと思うのです。

そのような不逞な輩に国内を壟断されるのは、それは私達日本人にスキがあるからです。
日本人としての民族の自覚、日本人として堂々とした歴史伝統文化への自覚と誇りを持ち、わたしたち日本人がそれを国の内外に向けて堂々と情報発信できるようになるならば、連中の付け入るスキはありません。
わたしたち日本人自身が、自信も誇りも失い、ほんとうのことを学ばずに育っているから、おかしな連中につけこまれるのです。

回天を鉄くずとして売り払った人たちがいました。
そういう連中に国を壟断され続けてきたのが、戦後の日本です。
なるほど、そのような連中は、道義道徳に一切縛られることなく、おのれの金銭欲を満たすために、ありとあらゆる傍若無人を発揮したのですから、戦後、すさまじいばかりの富を手にしたかもしれません。
けれど悪銭身につかずなのです。

日本人が歴史伝統文化の深みを取り戻すということは、世の中の価値観が変わるということです。
そしてその価値観を変える戦いが、実は、日本を取り戻すということなのではないかと思います。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
No title
 「永遠の0」の宮部教官も、この列に並ぶ誇り高き日本人ですね。
未読ですが、チェコの作家ミラン・クンデラの著作『笑いと忘却の書』には「一国の人々を抹さつするための最初の段階は、その記憶を失わせることである。その国民の図書、その文化、その歴史を消し去った上で、誰かに新しい本を書かせ、新しい文化をつくらせて新しい歴史を発明させることだ。そうすれば間もなく、その国民は、国の現状についても、その過去についても忘れ始めることになるだろう」という記述があるそうです。日本の周辺には、自国内で政権自らこれを行い自己撞着に陥っている国々があります。歴史・言葉を記憶し次代に受け継がせることは、最低限の自衛であり抵抗です。この認識でいくと現在の日本は極めて危うい状態です。覚醒を促す主様保守論客の活動がいかに尊いことであるか、今更ながら敬服する次第です。
2014/11/26(水) 11:42 | URL | やまとどくだみ #-[ 編集]
戦中のお気持ちを察すると
回天に乗るということは、元々潜水艦でもなく、ハッチを閉じなければ、一切運転ができません。

だから、「回天に搭乗して、敵艦にぶつかる」ということ自体が、今の日本人には、想像もできないほどの大和魂を持つ日本人だったと思います。

しかし、私は、70年前にあった真の大和魂を現代に奮い立たせることは、かえって皇国に殉じたご先祖様には、失礼に当たると感じました。

だって、「死んでいきます。お国の為に!」なんて、言う日本人なんか一人もいないからです。

そういう遠い日本人の昔話に、少しお涙があるようなひと時に浸る日本人位甘い民族はいないからです。

硫黄島(いおうとう)での日本軍の抵抗策は、70度以上にもなる暑さと湿気の中、あの硬いサンゴを掘っていた。

掘る道具なんかない。あるのは、素手だ。当然指先がなくなるわけだ。

何のために?

人殺しを楽しみたいから?

違うでしょう。

この硫黄島(いとうとう)をとられたら、本土への爆撃が始まり、大事なご家族(ほとんど、日本人女性と子供らばかり)が死んでしまうからでしょう。

次世代を担う日本人がバタバタと殺されるからでしょう。

だから、バンザイ突撃もせず、ひらすら蒸し暑い中を、ほとんど食料もなく、弾薬もなく、ひたすら自分の指先が硬いサンゴに擦れてなくなるまで、必死に、必死にサンゴを削って、掘って、持久戦を戦い抜いた日本兵2万人。

そんな雄雄しい大和魂を持つ日本軍でも、40日間しか持ちこたえられなかった。

今の日本人なんか、攻められたら1日間ももたずに、全滅でしょう。

その当時は、欧米列強(シナも含)が世界中でしてきたことは、本当に残虐であり、その魔の手が日本に迫っていたこと。

世界は、ぜんぜん平和ではないこと。

そのケダモノ達の行う残虐さに対して、この皇国の陸海軍の将兵は、わが身も顧ず、手足がなくなっても、猛然と戦い抜いた。

本当に!

本当に!

本当に!

よく戦ってくれた。

だから、見返りに、何かすべきではないか?ということではいけないという意味で、その当時の大和魂をノスタルジーにみてはいけないと。

日本人そのものにしか存在しないのが、大和魂であること。

世界で唯一の魂の持ち主であることを自覚しなければならない。
2014/11/10(月) 08:36 | URL | いつも拝見しています #-[ 編集]
No title
伊藤博文暗殺の真相は?

http://blogs.yahoo.co.jp/jjtaro_maru/26814087.html
2014/11/09(日) 06:57 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
報道できない強姦事件

http://tokua33.ninja-web.net/
2014/11/08(土) 20:52 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
朝日新聞の卑怯な手口

http://kenjya.org/index.html
2014/11/08(土) 18:18 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
特別攻撃隊のことは、航空隊であれ、海上部隊(潜水隊を含む)であれ、陸上部隊であれ、悲しい話ばかりですが、日本の軍隊の勇敢さと無私の精神を表すものだと思います。

特別攻撃隊は、攻撃隊員だけでなく攻撃に生かせる指揮官も、勇敢さと人格が問われたものであったと思います。そして、ポツダム宣言を受け入れた日本は、攻撃隊員と指揮官ともに、その後の生き方を問われたと思います。

前日までは、明日の生死が判らない特別攻撃隊員として生きてきたものが、今後どうするかと混乱している彼等に、指揮官は荒廃した興国を託すべく行動指針を示さねばならなかったと思うのです。

特別攻撃隊に関係されたすべての方に、感謝と哀悼を捧げたいと思います。



11月8日読売テレビ午前8時からの「ウェークアップ!ぷらす」において、石破地方創世担当大臣は小笠原諸島における中国漁船の珊瑚密魚を取り締まる法律がないと言っていました。

しかし、「外国人漁業の規制に関する法律」は、外国人が漁業に関して行う当該水域の使用の規制について必要な措置を定めており、その法律中で外国人の行う漁業の範囲を水産動植物の採捕又は養殖の事業を規制するとともに採補準備行為も規制、また、寄港及び漁獲物等を当該外国漁船から他の船舶に転載し、又は他の外国漁船から当該外国漁船に積み込んではならないとしています。
そして、罰則は、三年以下の懲役若しくは四百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科するとあります。
この懲役及び罰金に加えて犯人が所有し、又は所持する漁獲物等、船舶又は漁具その他については没収することが出来るともあります(没収できないときは、その価額を追徴できる)。
さらに、この罰則については、法人の代表者だけでなく、代理人、使用人、その他とありますから、実質的に漁船の乗組員全員が対象になります。

密業漁船は、漁船の確保後に一隻毎に処理せず、現地でまとめて取り調べ後に日本に回航後処理すれば、事務処理が可能だと思います。

現在のように、新法を作ってから処理を始めるでは、その頃には小笠原諸島の珊瑚は全部が被害に遭いますから、その前に、現行法で出来ることをしなければ、小笠原諸島の住民の生活のすべを喪失してしまうことになります。
2014/11/08(土) 16:34 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
海外「こんな国他にはない!」 初めての日本を満喫する外国人の映像が大好評

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1187.html
2014/11/08(土) 16:32 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
お疲れ様です。
板倉少佐の自叙伝とも言うべき本「どん亀艦長青春記」を読ませて頂きました。
この様な言葉は不謹慎というのは承知していますが、あまりの面白さに一気に読んでしまいました。

波乱万丈というか、何と表現してよいか分りませんが、今でこそ笑えるエピソードを、数お持ちです。
どの本を読んでも、あの時代の先人の皆さんがお持ちになっておられた「日本を護る」この「志」をひしひしと感じます。

板倉少佐は出撃、そして、自刃まで考えておられました。
いっそ、死んでしまったほうが楽だったかもしれません。
しかし、板倉少佐は自分が生きて部下の命を救う、まさに、苦渋の選択をされました。

松蔭先生が、高杉晋作に送った言葉に、
「死して不朽の見込みあらばいつでも死すべし、生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし」とあります。
ふと、それを思い出しました。

助かった部下の命を無駄にしないよう、「生きて大業の見込みあらば」を選択をされたのです。
立場が立場だけに、どんなに辛かったことでしょう。
その激動の時代を生き抜いた方々が、日本人としての誇りをお持ちになり、日本再生に向け戦って来られました。
二度も戦って来られたのです。
そして今の日本があるのです。

感謝も持たず、日本を貶める発言、行動をしているその左巻きのお花畑さんを作ったのも戦後教育(日教組)です。
やはり行き着く所は、教育の改善ですね。

2014/11/08(土) 12:58 | URL | #PyZMa2bE[ 編集]
No title
ジェンダーフリー・ブッタギリ
http://ameblo.jp/jenderfree/entrylist.html
2014/11/08(土) 12:15 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/08(土) 10:28 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/09 09:00)

周南市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク