アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


龍馬暗殺

■オーディオブック
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

京都近江屋復元_th


今日、11月15日は、坂本龍馬(33歳)と中岡慎太郎(30歳)が京都・近江屋で暗殺された日です。
旧暦ですと慶応3年11月15日、新暦ですと1867年12月10日の出来事です。
午後8時頃、龍馬と中岡慎太郎の二人のいる部屋に、十津川郷士を名乗る男二名が押し入り、まず額を割られたうえ、数か所を斬られて即死したとされています。

この暗殺について、明治3(1870)年になってから、元見廻組の今井信郎が、取り調べの最中に、佐々木只三郎とその部下6人(今井信郎・渡辺吉太郎・高橋安次郎・桂隼之助・土肥伴蔵・桜井大三郎)で坂本龍馬を殺害したと供述し、これがいまでは定説とされています。

ところが他にも、新撰組の伊東甲子太郎(かしたろう)が新撰組のものと証言していたり、中岡慎太郎が犯人が「こなくそ」と言ったから犯人は四国の土佐藩士だったという説があったり、薩摩藩の西郷隆盛にとって、当時龍馬が邪魔だったからという説があったり、実際のところ、いまだに「よくわからない」というのが実情です。


そもそも坂本龍馬は北辰一刀流免許皆伝の達人です。
しかも当時としては大柄で巨漢ともいえる堂々たる体躯であり、しかも拳銃を所持しています。
さらに名前も売れている。

もし犯人が、見廻組や新撰組ならば、龍馬を討ったとなれば、剣術の達人で拳銃を携帯し、しかも巨漢で有名人さえも討ち果たしているわけです。
それだけの人物を討ったとなれば、これは隊の名を売る格好の材料です。
そして宣伝は、それだけで京都市中の治安維持という彼らの活動に、大きなプラス材料にも働きます。
であるならば、犯人が見廻組や新撰組であったとした場合、これを彼らがその時点で大々的に宣伝していないというのは、あまりにも不自然すぎます。

ましてや佐々木只三郎は小太刀の名手です。
小太刀術というのは、要するに脇差しなどの短刀で大刀や槍を持った相手を倒すという技で、これが北辰一刀流を破り、さらに拳銃まで破ったというのなら、当時の情況からして、そもそもこの時点で龍馬は指名手配の「お尋ね者」だったわけですから、事件直後に彼らが討ったと公表しないのは、おかしすぎます。

今井信郎の供述にしても、この供述自体がきわめて信憑性に乏しいものです。
今井信郎供述は、戊辰戦争の最中に行われたものですが、当時は戦時中ですから、どこでも腕の立つ者はほしいわけです。
食うに困った今井信郎が、犯人不明の龍馬暗殺たと称しておのれの値打ちを高めて傭兵になろうとしたということは、十分に考えられるわけです。

それともうひとつ、たいせつな事柄があります。
それは、「京の建物は天井が低い」ということです。

龍馬は額を割られたことが致命傷となっているわけですが、そのとき、斬りつけた相手の刀を、自分の刀で、鞘のまま、受けています。
龍馬は大男で、腕力も強い。その龍馬が、片手であったにせよ、自分の刀で相手の打ち込みを受けたわけです。
相手の刀は、その龍馬の受け太刀をものともせずに、そのまま龍馬の額を割りました。

これは実は、ものすごいことです。
刀を大上段に振りかぶって打ち下ろせば、少々力のある相手が受け太刀をしても、その受け太刀の上から額を割ることもできたことでしょう。
けれど、事件発生場所は、近江屋の二階です。天井が低いのです。
ということは、打ち込んだ側は、大刀を上段から振り下ろすことができないのです。
つまり中段から、座っている龍馬めがけて刀を打ち込んでいるわけです。
この場合、刀は、振り上げた腕に全体重をかけて打ち下ろすということができません。
中段からの面は、ほとんど手首だけでの打ち込みになります。
討ち手は、それだけで、龍馬の頭の上での受け太刀を抑えこんで、龍馬の額を割っているのです。

日本における剣術というのは、盾で相手の剣を受けて、反対側の手に持った刀で相手を斬るということをしません。盾がないのです。
これが何を意味するかというと、相手の撃ちこみを受けるのではなくて、撃ち込もうとする相手の動きを読んで、その読んだ動きに併せて敵の剣を避け、相手を斬るという技術であるということです。
ですから剣術を学ぶ者は、徹底的に相手の動きを読む訓練を積みます。
つまり龍馬が北辰一刀流の達人であったということは、龍馬が相手の動きを読む達人であったということなのです。

その龍馬がいる部屋に、暗殺者の二人組は、襖の外で小者を斬り殺したあと、龍馬のいる室内に乱入しています。
おそらくは、問答などすることなく、襖を開けざまに、間髪をいれず龍馬に打ちかかったことでしょう。
ですから、龍馬は自分の剣を抜く間もなく、鞘のままで相手の剣を受けています。
そして部屋は天井が低いわけです。

ということは、暗殺者の打ち込みは、上段からの打ち込みではなく、中段からの撃ちこみです。
中段からの面撃ちは、威力が低くなりますから、普通なら龍馬が刀を横にして受け太刀していれば防ぐことができます。
ところが暗殺者の剣は、その受け太刀の上から龍馬の額を割っているわけです。

中段からの面打ちで、受け太刀の上から相手の額を割る。
これは相当な腕前の剣客でなければ、まずできないことです。
おそらく当時の日本にあっても、北辰一刀流免許皆伝の剣の達人を前に、それだけの腕前を発揮できる人というのは、何人もいなかったことでしょう。
しかも、龍馬と中岡慎太郎二名のいる部屋に侵入した暗殺者は二名だけです。
近江屋にきたのは、数名ですが、部屋に暗殺にはいったのは、二名だけです。
つまり、二名に対して、二名で暗殺をしたわけです。

新撰組は、常に相手ひとりに対して3人で斬り込むというのが常の戦法でした。
見廻組も同じです。
常時敵の3倍の頭数で斬り合いをしたのです。
刀での斬り合いというのは、それだけたいへんなものなのです。
しかも龍馬は拳銃まで持っているわけです。

ところが龍馬の暗殺者は、北辰一刀流免許皆伝で、拳銃さえも携帯している相手に対して、二名で二名を襲い、しかも天井の低い室内で竜馬たちを斬ることができるだけの腕前を持った猛者であったということです。
そしてこういう殺害方法は、新撰組や見廻組では他に例がないことです。

では、犯人は誰だったのでしょうか。
以下は私の想像です。

私は実は犯人について、紀州藩説をとっています。
どういうことかというと、龍馬は暗殺される8ヶ月前の慶応3年4月に伊予国大洲藩から「いろは丸」を海援隊で借り受けました。
ところがこの船が、借りてすぐの航海のときに、岡山県笠岡市沖で、紀州藩の大型船舶である「明光丸」と衝突し、宇治島付近で沈没させています。

このときの龍馬の「いろは丸」は45馬力、160トンです。
これに対し紀州藩の「明光丸」は、150馬力887トンの大型蒸気船です。
船の大きさの違いを考えたら、大型トラックと原チャリの事故のようなものです。

衝突の非は、国際法上は、紀州藩の明光丸にあります。
ところが日本の国内法に従えば、航路を譲らなければならないのは、龍馬の「いろは丸」の方であり、紀州藩が謝る筋合いのものではありません。
なにせ相手は、徳川御三家の紀州藩です。そして小さな船は大きな船に航路を譲るというのが、当時の国内法上のルールです。
つまり大型船である「明光丸」に衝突した、龍馬の小船が悪いのです。

ところがこれに対し龍馬は、あくまで国際法上のルールを盾にとり、紀州藩から賠償金を取ろうとします。
けれども事故が起こった場所は国内です。国内法が優先するのが当然です。
にもかかわらず龍馬は、紀州藩から賠償金を奪おうとしました。

竜馬は、紀州藩に賠償請求に出向くのですが、出発にあたり「紀州藩と一戦交える覚悟ゆえ、万が一の時は妻をよろしく」と手紙に書いています。それくらいこの交渉が難事であるという自覚は龍馬にもあったのです。
けれど紀州藩は相手にしません。
あたりまえです。たかが郷士の浪人者風情に、天下の紀州藩が膝を屈するわけにはいかないし、国内慣習法的な理屈は、むしろ紀州藩の側にあるのです。
この時点での紀州藩からみれば、龍馬は藩に難癖をつけて金品を脅し取ろうとしているチンピラにすぎません。
それにこの手の緻密な交渉事に、竜馬のような大風呂敷タイプは、そもそも不向きです。

結局、龍馬の交渉は暗誦に乗り上げてしまいます。
代わって土佐藩の看板を背負った岩崎弥太郎が交渉役を交代しました。

弥太郎は、この難しい交渉を、もちまえの剛腕で、またたく間に紀州藩に非を認めさせてしまいました。
このあたりは、さすがに後年、三菱財閥の創始者となる岩崎弥太郎です。学力が高いうえに、弥太郎には土佐藩という大藩のバックがあります。
そのうえ弥太郎は、当時の武士にしてはめずらしいほど、算盤勘定が巧みです。
そして岩崎弥太郎は、紀州藩と具体的賠償金の交渉にはいっています。

同じ頃、長崎に帰った竜馬は、もちまえの大風呂敷を発揮して、後藤象二郎に会って、政権を朝廷に返す案である「船中八策」を披露しています。
こういう政治的というか、大風呂敷は竜馬の得意な世界です。

この「船中八策」は、
1 幕府が政権を朝廷に返納することで、将軍家は一大名となっても新政府内での発言力を温存できる。
2 さらに薩長の討幕の理由もなくなる。国内の治安を復活させることができる。
3 欧米の軍事力(海軍力)に対抗するには、何より国内での戦費の流出を防ぎ、諸藩が一致して新政府を打ち立て、列強国に対抗することができようになる、
という、まさに一石が二鳥にも三鳥にもなる妙案だったのです。

ですから後藤象二郎は、すぐにこの案を土佐藩の前藩主である山内容堂に進言しましたし、容堂は10月3日には、この案を将軍に奏上し、15日には大政奉還が実現しています。
まさに龍馬の大ボラが、こういうところでは、活きています。

ところが、いろは丸衝突事件では、なるほど万国公法においては、龍馬の言う通り、紀州船舶に非があったとしても、いまで言ったら、ロシアの戦艦が、ロシアの小さな漁船に衝突したようなものです。
万国公法では、紀州藩船が悪いかもしれないが、時はまだ江戸時代です。
まして徳川御三家が、一介の浪人者に頭を下げさせられたとあっては、どうにも納まりがつかない。

加えて岩崎弥太郎が、その豪腕で紀州藩にのませた賠償金は、なんと7万両という大金です。
これはいまで言ったら、50億円くらいの巨額な賠償金です。
あえて「たかが」といいますが、たかが漁船に蒸気エンジンを取付けたくらいの小船で、50億円という途方もない賠償金を龍馬は奪いとったわけです。

そしていよいよ、その賠償金が支払われるという知らせが、土佐藩邸にもたらされた、ちょうどその日、龍馬は近江屋で暗殺されたのです。

江戸の三大名門道場である北辰一刀流免許皆伝の腕前の持ち主である龍馬を、中段からの面打で一刀のもとに斬り捨てるだけの腕前持ち主というのは、当時の世の中にあってさえ、決して多くありません。
おそらくは、全国でも、ほんの数名であろうと思います。
それだけの剣の達人で、しかも堂々と実戦が出来、受け太刀した龍馬の刀ごと、まっ二つに額を割ることができるだけの腕前の剣術の名人を雇い、養える藩は、ではどの藩なのでしょうか。

また、龍馬の暗殺遺体は、額の傷が致命傷になっているのですが、これが相当な使い手じゃないと無理なことに加えて、どういうわけか、まるで素人の斬り合いのような細かな切り傷が無数にあったといいます。
それだけの腕前の剣士が、一刀のもとに龍馬に致命傷を負わせた上で、わざわざ軽微な刀傷を全身に付けていっているのです。
このあたりも、どうにもあやしい。

紀州藩説に証拠はありません。情況証拠だけです。
けれど、証拠(証言)があるから天誅組というのも、逆に情況を考えれば無理があります。

さて、そういうわけで竜馬暗殺の真犯人はわかりません。
後世のわたしたちは、あれこれと想像するだけです。
けれど、歴史のもつおもしろさ、たのしさのひとつが、実はこの「あれこれ考える」ということです。

戦後、とくに言われるようになったことに「歴史にIFは禁物」という言葉がありますが、IFを考えなければ、歴史ではないのです。
日本の歴史は和歌と同じで、表面上の文字面をいくらたどっても、真実は見えてきません。
その裏にあることを、知ること、洞察すること。
それを昔の人は「読む」と呼びました。
そしてその姿勢こそが、歴史をものすごく面白くする鍵になるものです。

戦後の歴史教育は、書証しか認めないという姿勢姿勢ですが、もともとが「〜と公式には書いておこう」とする、やさしさを持った文化が日本の文化なのです。
「〜と公式には書いておこう」とは、昔流行った「〜と日記には書いておこう」と似たようなものです。
事実関係は全然別と当事者の誰もが知っているけれど、各人の名誉や思い(思いは”愛い”とも書きます)を大切にするために、記録には形式的なことを書いたり、意図的に曖昧にしておいたりするものです。
お化けがやったことにする、キツネが化けて出てきたことにするなど、手法は様々ですけれど、全体を大切にしたり、子供達の未来をたいせつにするために、そのようなことがよく行われていました。

このことを「真実を明らかにしないとは遅れていたのだ」と最近の学者さんは書きますが、それは違います。
現実にその左傾化した学者さんがこれまでに述べてきたことが、全部嘘でありデタラメとわかっても、おそらく大学当局は、その学者さんの教授であったという名誉は守るでしょう。
そのことは、お隣の国や、戦後に戦犯裁判をしかけた自称民主主義者たちが、相手を貶めるために平気で嘘を述べたり、真実をねじ曲げたりした心理とは、まるで意味が違います。

日本では、「〜と記録しておこう」は、人を貶めたりすることにつかわれることを悪と呼び、そうではなく相手の名誉を守り、みんなが活きる道に沿うことは正しいことと誰もが思っていたのです。
わたしたちの国の歴史を学ぶときには、そうした視点が実は不可欠なのです。


※この記事は、2010年9月の記事をリニューアルしたものです。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
No title
今のところ、私の中で一番しっくりと収まったのが「中岡慎太郎犯人説」です。
最初聞いた時には、まさか・・と思いましたが。興味があったら調べてみて下さい。
2014/11/16(日) 23:53 | URL | さと #-[ 編集]
No title
朝鮮産・洋公主のヤミ歴史…朴正煕が設計した国家売春
http://dogma.at.webry.info/201309/article_1.html
2014/11/16(日) 07:12 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
その前に、月形一派として土佐藩では既に、お尋ね者です。
いや、それは解かれたと申しますが、龍馬は信用していません。
佐幕の山内容堂は京都守護職と頻繁に会っています。
居場所は漏れています。
私は依頼者は山内容堂、実行者は京都守護職の依頼を受けた見回り組と
断定しております。
当日、藤吉はドアを開けたのです。それは、声掛けで不信を感じないほど自然で威厳に満ちた声ではなかったのか。そして、開けてみると人相、風体も申し分がないので龍馬に取り次いだのではないかと想像しています。
それが出来るのは、清川八郎を暗殺した見回り組だと思います。
紀州藩では、とのことですがありえません。であれば、用心棒に新撰組をあえて外注などいたしません。そんなことをしたら藩の権威に関わりませんか。当時は既に武門も貴族化して血を見るのが嫌なのです。

ところで、あの七万両のことですが。あれどうなりましたか。
  私はのちのある財閥の原資である。と思います。
2014/11/15(土) 22:25 | URL | 冷えたの阿礼 #-[ 編集]
No title
龍馬暗殺の謎はなかなか解けないものですが、ここでファクターを付けたしに成るのかならないのか付けてみますと。
龍馬が北辰一刀流免許皆伝の達人であっても飲み屋に刀を忘れて来るとかいう話もあります。
つまり気質、油断は腕前を殺してしまうという面はなかったのか。
また狭い部屋に大任数で入るというのは暗殺者側に逆に不利になるともいえるでしょう。
であれば2人ぐらいで入るのは理屈にあるように思います。
2014/11/15(土) 17:34 | URL | Pin #-[ 編集]
追記
再投稿で恐れ入ります。
日本国に尽くす為の学業を怠っている中核派の学生連中を批判しましたが、よく考えてみれば、その様な学生を温存させている京都大の教授達も左巻きの共産主義者、国家転覆論者が多くいると言う事です。むしろそんな教授が居るから、中核派の活動に参加する学生が増えていると言う方が当たっているかも知れません。 驚いたのは他の有名大学にも中核派の活動している学生が在籍している事実です。神道を教えている国学院にも在籍しているのは由々しき事だと想う。 それだけ支那や朝鮮の共産党思想に共感している教授や助教授が多いと言う事です。 そんな教授達もやはり一掃しなければ成りません。 右派の国粋主義で対抗するのではなく、シラス国である日本の素晴らしさを様々な角度から多くの人達に知って貰い、学生や若者達に感化し教えていく事が急務だし、良識ある大人の務めだと想います。
2014/11/15(土) 13:34 | URL | 朝日は読まない人。 #-[ 編集]
学生の身分で中核派?
ネットのニュースで知ったのですが、中核派のデモを銀座で行った時に規制に当たっていた警官に暴行を働いて公務執行妨害で逮捕された京都大の学生の件で京都大熊野寮に家宅捜査に入ろうとした警官、機動隊員に数十名の中核派の学生が阻止しようと働いた模様が流れていました。 京都大と言う国立大で国民の税金で勉強させて貰っている学生が国家転覆を目論む殺人集団の中核派の活動に参加している実体を知って呆れ返りました。 日本国に尽くす為に国立大に入れて貰っている立場も忘れて、左巻きの共産党思想に被れて学業を怠っているこんな馬鹿学生は、日本の為にならないので即刻退学にするべきです!
まあ、逆恨みしてさらに中核派の構成員になって活動をエスカレートするかも知れませんが、自分達が共産党や支持母体の支那や北朝鮮の道具として使われている捨て駒だと早く気付いて貰いたいものです。
2014/11/15(土) 12:14 | URL | 朝日は読まない人。 #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
龍馬は度量の大きい如何にも土佐人らしい
豪快な気風がありましたが、相手が誰であろうと自らの主張を通うとする姿勢に反感を感じた武士も多かったと想います。御三家の紀州藩士が一刀で龍馬を殺害したのも頷ける説ですね。もう少し相手を立てる謙譲の徳が龍馬にもう少しあれば、維新後まで生き続けられたのにと想いました。

2014/11/15(土) 11:49 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/15(土) 11:36 | | #[ 編集]
天満屋事件
紀伊の三浦休太郎が主犯だというのは、竜馬暗殺直後から出てる説ですね。その場合、黒幕が三浦、実行犯が新撰組になるのでは? 事件直後に駆けつけた谷干城(戊辰戦争、西南戦争で活躍)はこの説だったはず…。

伊達小次郎(陸奥宗光)ら海援隊・陸援隊の残党16名(異説あり)は、慶応3年12月7日(1867年1月1日)に報復として京都六条の旅籠・天満屋に三浦を襲撃。その身辺警護に付いていた(異説あり)、斉藤一らの新撰組と交戦しています。

斉藤は竜馬暗殺の直前、慶応3年11月10日(1867年12月5日)に伊東甲子太郎の一派・御陵衛士(高台寺党)から新撰組に復帰していました。
2014/11/15(土) 10:00 | URL | はじめちゃんが一番! #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク