アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


急速に目覚めている日本人

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
★みんなが泣いたこの一冊!★
中山なりあきの「強さとやさしさ、ぶれない心
←ネットで無料で読めます。オススメです。
◎選挙区も比例も次世代!◎
 国際試合に公正なジャッジを!
 Fair judging for All Athletes !! Tokyo Will Make All Athletes Smile.

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

和装秋


先日、修験道(しゅげんどう)のことを、「しゅうげん道」と読んでいる人がいてびっくりしました。
「祝言(しゅうげん)」といえば、結婚式のことですが、音だけを聞くと、まるで「修験道」が「結婚道」みたいになってしまいます。
素読などでは、ご高齢の80代、90代の方は結構スラスラと活字を読むのに、世代が若くなるに連れ、だんだん読めない漢字が増えてくる。
普通なら逆です。実におかしな現象です。

沖縄のある私立大学の調査に、小学校2年生の計算を小学校2年生と同じ速さと正確さでできる大学生が2〜3割しかいなかったという報告があるそうです。
早慶レベルでも5人に一人は分数の計算ができないのだそうで、新聞を読む生徒となると1割もいないのだそうです。

考えてみると、戦前戦中の教育では、まず初等教育では、「読み書きソロバン+修身」が教育の基本でした。
文字を読むこと、文字が書けること(これがなくては教育さえできない)に加えて、ソロバンでは劇的に暗算能力が高まりました。

日本では掛け算九九は、9×9までしか教えませんが、現代インドなどでは、掛け算は99×99までを暗記します。これはけっこうたいへんなことだと思うのですが、日本では、九九までしか習わなかったことには理由があって、代わりにソロバンを習ったのです。
ソロバンは実にとてつもない道具で、これをマスターすると億単位の掛け算割り算でもたちどころに暗算できてしまうし、帳簿などでもページの上の行から下の行まで、眺めただけで合計金額の計算が暗算でできてしまう。

こうした言語能力に計算能力を鍛え、さらに修身では、人間としての道徳心を教えてくれていました。
これが初等教育だったわけです。
そして中等教育では、それらの能力を用いての具体的な技術(いまでいう商業高校、工業高校のようなカタチ)が教えられ、さらに高等教育では、社会のリーダーとしての師範となれる人材の育成が図られていました。
つまり、初等、中等、高等教育に、それぞれ明確な目的性があったわけです。

ところが戦後、この日本の教育体制は破壊されました。


教育は「高潔な志を持った立派な社会人をつくる」という目的を失い、かろうじて初等教育としての読み書きや計算問題は残ったものの、戦後教育は、ただテストという名前の「クイズ」に早く答えるためだけの教育となり、「志」は「夢」と置き換えられ、「立派」は、「ただ楽をして高給を得る人」へと置き換えられました。

さらにおかしなことに、国語や社会などの文系科目は、小学校で習ったことを、また中学校でも高校でも繰り返しているだけのものになりました。
これでは生徒たちが飽きるのは当然で、理系は技術だけにそうでもないのだけれど、文系では、知能指数が高くて感受性の豊かな生徒ほど、早い段階で学校教育に飽きてしまう。

逆にいえば、それでも飽きずに高校、大学まで進む生徒というのは、ある意味、感受性に乏しい鈍感な生徒(ごめんなさい)でなければならず、結果として、大学まで出ていながら、字も読めず、掛け算九九さえもあやしい日本人が、若年労働力としてもっとも社会人として鍛えられるはずの年代を、意味もなく大学ですごし、社会人となる頃には、使い物にならない状態にまで成り下がっている。

なんだかとっても可愛そうで申し訳ない言い方をしてしまっていますが、すこし冷たい言い方をすれば、就職難は単に「景気だけの問題」ではなくて、企業として是非とも採用したいと思える人材が、残念ながら大卒であっても、なかなかみつからない、というのが採用する側の本音でもあるのです。

昔は、板前さんでも、大工さんでも、あるいは工場の職人さんでも、「使えるようになるには最低でも10年はかかる」といわれたものです。
日本刀の鍔(つば)は、彫金によって造られますけれど、その技術は12歳くらいから丁稚の修行をはじめて、親方の手伝いをしながら最低でも20年間、毎日修行を続けてようやく一人前の職人となれた。
あるいは最近でも、厚さ数ミクロンの正確さを競うような最先端技術を持っている職人さんは、大卒ではなくて、昔、中学を出てすぐに就職し、人生をまさに技術一筋に捧げてきて、いまなお、世界の最先端にある。そんな人たちは、いま、みんなご高齢です。

先日、ある先生からお手紙をいただいたのですが、そこに、
「扨(さて)、さてはそのときの気分に応じて偖(さて)と使い分けているのですが・・・」という一文がありました。
戦後教育を受けたわたしたちは、文章の書き出し、もしくは文をあらためるときの書き出しとして使う「さて」は、ひらがなの「さて、」だけしかもっていません。
けれど戦前の教育を受けられた方は、おなじ「さて」でも、「扨(さて)」と「偖(さて)」と使い分けます。

「扨(さて)」は、もともとの漢字は「扠(さて)」です。
「扨」は、真剣をもって言論の戦いを挑んでいる最中に、いったん手にした刀をおさめる様子を意味する漢字です。
つまり、抜刀して真剣勝負していたけれど、ここでいったん刀を鞘におさめ、姿勢をあらためて話し合いを続けよう、といった語感のときに、「扨(さて)」と書きます。

もうひとつの「偖」は、もともとは「扌」に豪奢の「奢」と書く「撦」が簡略化されたもので、「さてもさても豪奢なことに」といった語感があります。話がここからいよいよ発展して、ここから豪華な話になりますよ、といったときにつかうのが「偖(さて)」です。

同じ文章を書くのでも、ひらがなの「さて」しか知らない戦後の日本人と、「さて、扨、偖」を使い分けた戦前、戦中の日本人。
微妙な感性を豊かにもっていたかつての日本人と、いまの日本人では、なんだか知的レベルが違いそうです。

あるいは、5〜7桁の数字なら、足し算も引き算も掛け算も割り算も、頭のなかのソロバンで暗算できてしまっていた昔の日本人と、大卒でも九九がわからない現代の日本人。

厳しい道徳教育を受け、日本の国のなりたちや、日本人としてのアイデンティティをしっかりと身につけていたかつての日本人と、道徳教育を否定され、日本のなりたちも知らず、アイデンティティを持たないのみならず、集団行動で「前へならえ!」も知らない、教わっていないという現代日本人。

あらためて、「教育とは何か」と問いかけたく思います。

ただ、これは古くから続くものですが、日本人の漢字文化への傾斜、儒教漢学への傾斜は、日本文化におおいなる深みを与えた一方で、さまざまな日本文化への弊害をももたらしています。
ところが日本人には、もって生まれたDNAがあるわけです。

戦後教育が徹底し、大学を出ても分数や九九さえわからず、漢字も読めない、道徳教育もない、という授業を受けて育った若い世代の中に、逆に、大人になって、自ら積極的にアイデンティティを身につけようとし、現代教育にも真正面からNOを突きつける若者が増えてきました。

その意味で、逆に「日本を取り戻したい」と真剣に願いかつ考え、また行動するだけでなく、真実の歴史を知ろう、日本国民にとって最良の経済の選択とはなにか、あるいは取り戻すべき日本の文化とは何かなどについて、自分で調べて知識を得る、つまり「シラス」ことを始める人は、むしろいまの若い人たちに急激に増加しています。

これを世代間の対立と捉える人もいるようですけれど、そうではなくて、教育が左傾化し凋落することによって、逆に、若者たちが本来の日本人の姿に目覚めだしてきているのです。
日本人は、馬鹿ではない。
日本人は、与えられた教育とは別に、すでに勝手に目覚めだしているのです。
むしろ教育が、はるかに遅れている。

おそらくいまの若い世代の人たちが、20年経って社会の中核をなすようになったとき、日本はいまとはまったく別な、いまよりもさらに勁(つよ)い日本になっていようと思います。
なぜなら本来の日本の姿を、人から与えられたものではなく、自分の力で調べ、目覚めた人たちが社会の中核となっていくからです。

その意味では、左翼が戦後行った日本の教育崩壊のアプローチは、結果として真逆の結果をもたらしているといえます。
日本は、誕生して100年、200年の欧米型個人主義や共産主義のような薄っぺらな思想で壊せるようなヤワな国ではないのです。
日本人は、縄文以来2万年、神武天皇時代からなら2700年、有史時代からなら1300年という世界最古の歴史を刻む民族です。

昭和50年代というと、戦争が終わって30年経った頃だけれど、その頃には「わしゃあ尋常小学校しか出ていないよ」という社長さんがたくさんいました。
事業で大成功して社員もとても大切にしてくれているような会社がたくさんありました。

おやじの友人だった某製造工場の社長は、尋常小学校を出た後、丁稚奉公に出て、戦後は大八車を引きながら行商をして歩き、ホンダのスーパーカブが出た頃は、カブでリヤカーを引き、「冬のバイクは寒いので胸のところに古新聞を入れて走ったものだよ」と、昔、笑って話してくれました。

先日ご紹介した望月カズは、6歳で母親と死別し、以降まる11年間、支那で農奴として悲惨な待遇ですごしました。けれど彼女の生涯はまさに日本的精神そのものに生きたものです。

これらは、戦前の初等教育が素晴らしかったというばかりではなく、日本人に刻まれたDNAのなせる業といえるかもしれません。
ともあれ、日本はいま、急速に目覚めつつあります。
この流れは、どんなにメディアが総力をあげて情報操作をしようとしても、もはや止めることはできないものです。

日本は蘇る。
陽はまた昇ります。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

関連記事

コメント
もっと学びます
今年で20歳になりますが、まだまだ私は日本の事を知らないなぁと感じました。
今の日本を変えたいのですが、自分でできることが限られているからか無力感で苛立ってしまいます。
2016/03/06(日) 09:54 | URL | ハッカ #-[ 編集]
我が子も正しい教育を求めています
自虐史観に染められていたと気付き、日本の正しい歴史(特に近現代史)を調べていてねずさんのブログを拝読するようになりました。大切なこと沢山学ばせて頂いており、大変感謝しております。『ねずさんの 昔も今もすごいぞ 日本人!』第2巻読み始めたところです。

我が子がまさに「現代教育にも真正面からNOを突きつける若者」でございます。神道に関心が強く天皇を崇拝する息子です。私ども親の方がこの子によって多くのことを気付かされました。

この子が大学受験を控え、≪「日本を取り戻したい」と真剣に願≫って大学・学部選びをしてまいりましたが、本当に悩んでおります。日本の大学に左翼思想の教授がこんなに増えていたとは全く知りませんでした。

どこに行けば「真実の歴史」を知ることができ「日本国民にとって最良の経済の選択」や「取り戻すべき日本の文化」を学べるのか!?

息子は藤井聡京都大学大学院教授や中野剛志氏、三橋貴明氏、西部 邁氏…等々の先生方を私淑しているようですが、残念ながら大学学部生を指導されるお立場にはないご様子です。

息子は、経済学部で学ぶことに絞りまして、立教大学/経済/経済政策or経済学科、明治大学/政経/経済学科 を(現時点では)考えております。また、首都大東京の法学部(3教科受験)→都市政策コースも希望しております。

高校に通わなくなったものですから3教科での挑戦と致しました。従いまして今年は私大を中心に考えています。

僅かな情報でも嬉しいです。もし、何かしらご存知のことございましたらお教え下さいますようお願いいたします。twitterなどでも探します。必死に。
きっと、同じように「正しい教育」を求める若者達が居ることと思いますので、多くの人の目に触れる形が宜しいかと。

コメントの欄でご相談してしまいまして大変失礼いたしました。
これからもねずさんのブログ、楽しく読ませていただきます。



2014/11/29(土) 05:29 | URL | 目覚めた日本人の一人 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/26(水) 22:42 | | #[ 編集]
知識人も庶民も共に底上げして成長する日本を取り戻したいですね
2014/11/26(水) 14:07 | URL | 通りすがりの庶民 #-[ 編集]
No title
2014/11/26(水) 06:10 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
不正選挙を認識していながら無視して捜査せず
不正選挙を認識していながら無視して捜査せず
https://twitter.com/zagar0/status/536952670850801665

【関連情報】
第47回(2014年)衆議院選挙の入り口調査を実施します。
( http://www.aixin.jp/gktj/ski/ski.cgi#11月25日_21時21分43秒 )

不正選挙が問題になっています。 様々な事例から明らかに成ってき
た不正選挙の手口は不正当選させる候補者の偽造票を混入させて、
対立候補の票を抜き取る。 それから投票率を偽造して、不足する分
の白票を投入する。 この様な不正操作を行うと投票率が小さい方の
が混入させる白票が少なくて済むのです。
 この不正選挙の手口を封じ込める方法は入り口調査を実施して投
票率の捏造を許さない事です。 それでも不正選挙を行うには、大量
な偽造票の投入と大量な対立候補の票の抜き取りと大量な白票の投
入が必要になり不正操作が発覚する危険性が高くなります。
 入り口調査の実施は不正選挙を封じ込める為の有効な対策になり
ます。 詳細は関連情報をご覧下さい。

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2014/11/26(水) 01:01 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
こんす
こんばんは。りえといいます。
前に韓国のおじきについて書かれていましたが、日本は本当に韓国のおじきが知らぬ間に浸透してしまったなと日々残念でなりません。
今日のガイヤの夜明けでは、セブン&アイの新しいモールの特集をやっていましたが、従業員全員がみごとにコンスでした。
本当に残念です。
注意勧告のつもりでmail等していますが無くなる気配もなく。。。
またコンスについての記事も書いていただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。
2014/11/26(水) 00:07 | URL | りえ #-[ 編集]
若年者に期待したい
本日のブログ、本当ならばどんなにいいかと思います。
テレビ新聞が伝えない、ネットを通してみる大都市の出来事は、地方在住者には他の国での出来事のような感じがします。
唯一の共通点は反日勢力の動きでしょうか、活発になっていることが彼らの危機感を伝えてくれます。
こちらでは地元選出の元民主議員がまた民主に戻って選挙を戦うようです。
が、その議員が参加した催し物の時、周囲には誰も近寄らなかったと知り、年配者はともかく若年者には民主党政権の正体と活動内容がどのようなものであったか、皆知っているのだと感じました。
法律や規則を無視して、あらゆる方面から人材と資金を投入して活動する反日陣営の動きが羨ましいと思いつつ、事実に基づく真実が勝つことを祈る毎日です。
2014/11/25(火) 21:52 | URL | 愛知の憂国者 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/25(火) 21:37 | | #[ 編集]
No title
道徳の“教科”化を反対する者を“殺人教唆予備罪”で逮捕・加罰できる立法を!──道徳は、価値相対を超越する“絶対の法”
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2014/11/25/135156
2014/11/25(火) 21:00 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
日本の教育
先日の読売新聞に、「日本史教育」の見直しについての記事が載っていましたが、「中身」について、というよりは、「日本史必修は是か非か」という、嘆かわしいものでした。「生徒の負担が増える」等という、耳を疑いたくなる反論が、現場から出て来る有様で、案外こんなことを言う教師程、「平和教育」には熱心なのでしょう。選挙の度に、自民党は「教育」についても勇ましい公約を掲げますが、未だ実行が伴いません。それでもねずさんのブログ等を通じ、国民はいくらでも勉強できます。次期政権では、「教育の遅れ」に対処できる人材の登用を望みます。
2014/11/25(火) 20:55 | URL | NTRC特撮軍団長・ヤラセロウ大元帥 #-[ 編集]
No title
さて、の漢字の違い初めて知りました。
今日の先生のお話しを読んでいたら学ぶべき事って沢山有るんだと改めて思いました…。
勉強する方法を考えてみます!
先生ありがとうございます。
2014/11/25(火) 20:35 | URL | にこちゃん #-[ 編集]
No title
土井たか子さんのお別れ会で、親友だったという落合恵子さんがお別れの言葉を述べていました。
特定秘密保護法案etc.私達の国はどこへ向かっているのでしょうかと。
深夜放送で、若者の代弁士のような存在だった女史の思考は当時のまま止まったままなのでしょうか。ねずさんがおっしゃったある年代は確かに色眼鏡を掛けられ、はずすことができない年代なのではないでしょうか。
2014/11/25(火) 18:43 | URL | 菊 #J9KrKsHg[ 編集]
No title
 隣国に、反面教師ともいえる国が二カ国もあります。
中国は、それまで使っていた繁体字から簡体字に切り替えました。
韓国・朝鮮は、漢字を捨て去りハングルのみを使用しています。
これでは歴史を自ら学ぶことが難しくなります。
体制側はそれこそが目的かもしれませんが、長期的に国力の低下は免れないでしょう。同じ轍は踏まぬようにせねばなりません。
2014/11/25(火) 17:40 | URL | やまとどくだみ #-[ 編集]
世論調査
マスコミの世論調査によると今回の衆議院解散に70%の人が納得がいかないとのことです。その一方で消費税10%増税の先延ばしは理解しています。安倍首相は今回の解散は「アベノミクス解散」と言っています。が、本音は「消費税解散」だろうと思います。

解散に納得がいかない方々に質問したいことがあります。「10%増税と解散」の二者択一であればどちらを選びますかということです。多分「解散」を選択すると思います。

10%増税先送りを実行するためには「法律の改正」が必要になります。解散しなければ先送りを容認した「民主党」は先送りに必ず反対します。3党合意のもとに法律で決まっている増税を先送りすることは許されないと国会の中で激しく抗議するでしょう。

民主党だけではありません。自公与党の中には多数の増税派がいます。特に税調などはその筆頭です。一番手強いのが「財務省」です。財務省は日本の経済を全く考えていません。破壊することが目的のように思われます。

「先送りすれば世界の信用を失墜し、日本国債金利が暴騰する」などとありもしない言葉で先送りに反対し、経済評論家や学者まで味方にして安倍首相の「増税先送り」に反対していました。

解散しなければ、そうでなくても混乱している国会運営が難しくなります。安倍首相は解散することで「増税賛成派」を抑え込んだものと思います。

先送りで「日本国債金利の暴騰」が始まったでしょうか。財務省や贋経済学者に騙されてはいけません。増して、韓国出先政党の民主党や朝日新聞の論調に騙されてはいけません。彼らが反対する政策が正しい政策です。
2014/11/25(火) 15:31 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/25(火) 13:02 | | #[ 編集]
70年間の汚染
全体的な流れの説明など理解も出来ますし、大枠その通りと納得出来ますが。
ただ、
>左翼が戦後行った日本の教育崩壊のアプローチは、結果として真逆の結果をもたらしているといえます。
には多少異論があります。
まず現在でも左翼の影響力は重要なポイントに確固として残っています。
代表的な例は朝日新聞が存在しているという一言でも十分でしょう。
そしてこの70年、決して短い期間ではなく何しろ左翼が日本を支配していた時期にこそ今でも解決に難儀している様々な問題が発生した時期であるわけですし、何より今日本を支配下に置こうとする中国を越え太られた時期でもあるからです。

2014/11/25(火) 12:21 | URL | An #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/25(火) 12:03 | | #[ 編集]
日本人は最底辺に位置付けられグローバル化した元日本人の無国籍エリートから搾取され続けている
以下、コピペ文ですが紹介させて頂きます。

<今の学校教育が育成しようとしているのは「稼ぐ力」ですよ。金融について教育しろとか、グローバル人材育成だとか、「英語が使える日本人」とか、言っていることはみんな同じです。グローバル企業の収益が上がるような、低賃金・高能力の労働者を大量に作り出せということです。
文科省はもうずいぶん前から「金の話」しかしなくなりました。経済のグローバル化に最適化した人材育成が最優先の教育課題だと堂々と言い放っている。子どもたちの市民的成熟をどうやって支援するのかという学校教育の最大の課題については一言も語っていない。子どもたちの市民的成熟に教育行政の当局が何の関心も持っていない。ほんとうに末期的だと思います。

今の日本の制度劣化は危険水域にまで進行しています。いずれ崩壊するでしょう。ですから、目端の利いた連中はもうどんどん海外に逃げ出している。シンガポールや香港に租税回避して、子どもを中等教育から海外に留学させて、ビジネスネットワークも海外に形成して、日本列島が住めなくなっても困らないように手配している。彼らは自分たちが現にそこから受益している日本のシステムが「先がない」ということがわかっているんです。でも、「先がない」からどうやって再建するかじゃなくて、「火事場」から持ち出せるだけのものを持ち出して逃げる算段をしている。

僕は日本でしか暮らせない人間をデフォルトにして国民国家のシステムは制度設計されなければならないと思っています。でも、日本語しか話せない、日本食しか食えない、日本の伝統文化や生活習慣の中にいないと「生きた心地がしない」という人間はグローバル化した社会では社会の最下層に格付けされます。最高位には、英語ができて、海外に家があり、海外に知人友人がおり、海外にビジネスネットワークがあり、日本列島に住めなくなっても、日本語がなくなっても、日本文化が消えても「オレは別に困らない」人たちが格付けされている。こういう人たちが日本人全体の集団としてのパフォーマンスを高めるためにどうしたらいいのかというようなことを考えるはずがない。どうやって日本人から収奪しようかしか考えてないんですから。

この仕組みを何とかしないといけない。>
http://blogos.com/article/93884/?p=3
2014/11/25(火) 11:41 | URL | とおりがけ #-[ 編集]
No title
英語の事を書いておられる人がいたので、ちょっと書き込みです。

元英語教師です。日本人が英語を話せないと文句を言われる英語教育ですが、ドイツ人が英語を話すのと、日本人が英語を話せるようになるのとでは、ハードルが違いすぎます。全然、文法が違いますからね。私は,ある程度なら話せますけど、そもそも普通の生活してる日本人が英語を話す機会とかどれだけあることか?
街で英語で話しかけられたの,2度しかありません。道を聞かれたのと,マックでこのハンバーガービーフか?と尋ねられた時だけですよ。

英語は一部の人しか要らないんですよ,はっきり言えば。
話せるようにしたければ,大学生で優秀な人を無料で何度も留学させればいい。私は,一度目のホームステイではほぼダメで,二度目もなかなか話せなくて,3度目にようやくアメリカ人から,「うちに来た人の中であなたが一番話せるね」と言われました。その間,文化の違いとかも,肌で感じてきました。向こうに行かなければわからない事があるんです。

そして,自分に日本についての知識がなければ,向こうで困ることがわかりました。今の私なら,韓国人やシナ人を論破出来ますが,大学生の時の自分では,無理でした。
海外に夏休みでも春休みでも利用して,どんどん無料で,送り出せ!インターナショナルな語学学校に放り込め,ホームステイさせろ!優秀な大学生なら,多くを学んで帰ることでしょう。小学校で英語要らないですよ。無駄。日本の正しい歴史と文化,道徳を学んで下さい。

英語は一部の人しか要らないのですから,その一部を育てればいい,大学生になってからでも間に合います。ただしーお金は国で面倒見てあげてください。大学費用だけで,普通の親は,老後の資金さえなくなりかねないのですから。
2014/11/25(火) 11:13 | URL | #-[ 編集]
初等(小学)教育はシンプルに。
初等教育は、算盤、国語の読み書き、
神話を含めた日本の歴史、日本の歴史上の偉大な人物の話を修身で教えて、合気道や剣道、などの日本の武道を必修にした体育、これだけで充分だと想います。
14歳位から大学に行く者と専門的職業に行く者とに分けて教育を受けて、20歳位で社会人として自立できる様に教育体制を改めるべきですね。 6、3、3、大学4年など無駄に永いだけです。勿論医者になる人は専門的に永く学べば良いですが。 ドイツなどは、14歳位から自分の進む社会人になるためのコースに別れています。 日本も優秀な人材を育てる為には、そうあるべきだと想います。
2014/11/25(火) 10:59 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/25(火) 10:53 | | #[ 編集]
漢字制限
「扨は」「扠は」「偖は」は、国語辞典がすでに区別していません。「即ち」「則ち」「乃ち」や「又」「亦」「復」もそうです。漢和辞典は区別しているかもしれませんが、言葉(日本語)の説明は貧弱です。このあたりを調べるのはかなりインテリジェントが必要のように思えます。

「扨」「扠」「偖」は常用漢字外です。常用漢字という制限がある限り、学校教育や公務員試験はどうにもならないということになるでしょう。ただ、「喩える」「譬える」を「例える」で代用せよという漢字制限は嫌いです(せめて仮名にすべきです)。
2014/11/25(火) 10:39 | URL | さては南京玉簾 #-[ 編集]
更新ありがとうございます。
今の十代や二十代位の若い人は、確りしているなと想う若い人が結構います。 彼等は私達や団塊の世代の人達(勿論全部では無い)のような旺盛な物質欲が淡白なのと人や自然を含めた社会に奉仕するのに喜びや価値観を感じるようです。 私は輪廻転生を確信していますが、このような若い人達は、前の世で日本に尽くして来られた生粋の大和魂が多いのだと想います。 特攻隊で散華された方達も日本や世界各国の真の友好の為に尽くしたいと生まれ変わっておられると感じています。 この高い志を魂として持って生まれ変わっている若人の為に、日本の国体を正しく引き継いでいくのは、日本国に生かされている私達の務めだと想います。
2014/11/25(火) 10:28 | URL | ケイシ #-[ 編集]
No title
最近、近代デジタルライブラリーのコンテンツの素晴らしさを
知り、手当たり次第に濫読しています。しかし、私の今の知識
では読みこなすことが出来ないことに愕然としています。

漢字は旧字体を知らなければいけないし、平仮名は変体仮名を
知らないと百人一首すら解読不能です。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/872979

逆に漢字の旧字体を理解できれば、発音は無理ですが繁体字で
書かれた中国語の意味を理解することが可能となり、変体仮名
を判読することが出来れば、『安』の『あ』と『阿』の『あ』
の違い等を理解することが出来、昔の日本人のこころを更に深
く理解すことが可能となり、自らも表現することが可能となり
ます。

なぜ、このような応用の効く日本人の知恵を学校教育で教えな
くなったのか不思議でなりません。今はそろばんも小学校で3
時間程度しか教えないみたいですね。

子供の教育に関しては、当分の間、学校教育を見限るしかないよ
うです。
2014/11/25(火) 09:47 | URL | 見和同解 #-[ 編集]
No title
私どもの一派では年末に選手権大会を開催し、一年の区切りとしています。その大会にむけ選手、親御さんに事前に配布する資料に毎年一派の若手指導員達が一生懸命考え「大会におけるマナー」も入っているのですが、いかんせん大人向けに作成した漢字まじりの文章・・「親がこれを読んで子供の選手達に言い聞かせればよい」のスタンスであり、これを読むことで親御さんのマナー向上にも繫がると思っているのですが・・どうも半分以上の親御さんはやってくれてないような・・。で、昨年試みに小学五年生の子供にこの文章を読んでもらったら何と1/3の漢字が読めない!!この子は学校の成績優秀でなおかつ英会話も習っている!「これはいかん!まともに漢字が読めないのに英語とは何事か!!」以来、私は親御さんへの期待はほどほどに、武道を習っている子供たちに直接、さまざまな「常識」を繰り返し伝えています・・つくづく大変ですが・・これも宿命かな・・
2014/11/25(火) 09:36 | URL | 通りすがりの武人 #-[ 編集]
No title
2014/11/25(火) 09:21 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
今日も更新をありがとうございます。
ソロバンと暗算が苦手な私にとっては耳が痛い話でした。
今からソロバンをやりなおそうかな?(汗)

>世代が若くなるに連れ、だんだん読めない漢字が増えてくる。

「扨」と「偖」の違いを初めて知りましたが、耳の痛い話です。

「教育とは何か」という話で、私が住んでいる地域の宮崎謙介衆議員がブログで書いておられます。
現職の若い国会議員の話ですが、ねずさんが書いておられる話と見事に重なっているので紹介させてください。

>だからこそ私は『日本人』を育成する教育こそが我が国が最も大切にしなければならないものであると考えます。
>では、その日本人らしさとはどこで教えられるのかというと、勿論、学校の先生から教わることもあろうかと思いますが、親、兄弟姉妹、祖父母、友達、ご近所の方、地域の方からの人間関係の中から学ぶことが多いのではないでしょうか。
>我が国が育んできた家族・地域の絆の中で、ふれ合い、わかり合い、助け合いを通して醸成されるのです。

http://ameblo.jp/miyazaki-kensuke/entry-11955870407.html

2014/11/25(火) 09:06 | URL | 感謝超星 #ycHCwiJ.[ 編集]
いつも襟を正しながら拝見させて頂いております。一日も早く、日本が国体を取り戻し、日本国らしい国に戻ってくれることを毎日願っております。そのためには、ねずさんの仰る通り私も教育を正す事が最優先の課題であると思います。教育勅語も復活すべきと考えております。いずれにしても、私も含めまして、戦後日本は自分の国は自分で護るという至極当然の事を忘れてきましたので、本当に取り戻すためには、何かショック療法のような荒治療の様な事が必要なのかもしれません。。。
2014/11/25(火) 08:34 | URL | 義 #-[ 編集]
No title
いつも大切なお話を、ありがとうございます。
私はひょんなことから教育現場に身を置くことになりましたが、本当に教育の方が遅れているというかますます逆方向へ進んでいるかと感じます。あと2年後くらいには中・高で英語を英語で教えるとかなんとか・・・。また小学校でも日本語より英語に重きを置く・・・。何を考えているんだかよくわかりません。
英語はただのコミュニケーションツールであり、別に魔法の言葉でも何でもありません。そんなことよりきちんと母語を確立できるようにするのが、教育ではないかと思います。母語の弱い子供が、母語以上のに第二言語を習得できるとは思えません。日本にいながら母語が日本語以外になると、日本社会になじめなくなるようですし。(物のとらえ方、感じ方が違うため)日本語の方が大切なのに。
2014/11/25(火) 08:17 | URL | Ginger #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

急速に目覚めている日本人

心に描こう、未来への希望を・・光はそこにある。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク