アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


君が代を否定する恥ずかしい人たち

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
★みんなが泣いたこの一冊!★
中山なりあきの「強さとやさしさ、ぶれない心

↑ネットで無料で読めます↑オススメです。新婚時代のご夫婦の写真もありますよ♪

◎選挙区も比例も次世代!◎
 国際試合に公正なジャッジを!
 Fair judging for All Athletes !! Tokyo Will Make All Athletes Smile.

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

北斗の拳イメージ


国歌である「君が代」を否定する人たちがいます。
私はこのことを、とても「恥ずかしいこと」だと思います。
日本人として情けないのです。
なぜなら彼らは「君」の意味を履き違えているからです。

「君」という漢字は、「尹」に「口」で成り立ちます。
「尹」は、横棒の部分が人間の手で、その手に「|(棒)」のようなものを持っている象形文字です。
その棒が、縦に真っ直ぐな棒なら、それは「杖」です。けれど君の縦棒は斜めにシナっています。
ですからこれは、実は「鞭(ムチ)」です。
つまり「尹」は、手にムチを持っている姿です。

そして「君」は下に「口」があります。
つまり「ムチを手にした人が口を空けて何かを言っている姿」が、「君」という漢字の字源です。
要するに「君」という漢字の字源は、手にムチを持った支配者たちが、隷民となった民衆にムチをバシバシ当てながら、「ゴラァ!お前たち、働け働け〜!」と大声をあげている。そういう姿が字源のです。



では、その「ムチをあてられている側」の民衆はどうかというと、これがまた実に悲惨です。
ちなみに、もともと支那漢字というのは、一字でひとつのことを表すのが習慣ですから、熟語がありません。
ですから「民衆」というのは日本人の造語で、もともとあるのは「民」です。

で、その「民」がどういう意味かというと、字の上にある長四角のところが、実は人間の目を意味します。
ところが目なのに、長四角の中に目玉がありません。
なぜ目玉がないのかという理由が、下にある「十」の部分で、これは古代の支那にあった、人の黒目を突いて目を見えなくするための道具です。
その道具で眼球を突いて、民衆を盲目にして、いうことを聞かせる。
だから四角の中に目玉がないのです。

もっといえば「民」の字の左側にある「|」は、城塞都市の塀です。
つまり城塞都市の塀の内側で、針で目を潰された人たちが「民」です。

こうなると「君・民」といえば、彼らの言語感覚からすれば、支配層の人たちが民衆の目をつぶして、人々にムチをあてながら「働け、働け〜!」と怒鳴りつけている。そういう姿が想起されます。
また「君が代」といわれれば、「民衆の目を潰し、民衆をムチでしばき上げる支配層の人たちの代(時代)が、いつまでも続くことを願った歌、もしくは民衆をムチでしばきあげる時代を讃えた歌、にしか、すくなくともそのタイトルからは見れないし、感じられないのです。

だから同じ日本語を話しているようでいても、もともと代々「アチラの国」の人で、もともと「アチラの国」で生まれ育ち、アチラの教育を受けて、あとから日本に帰化したような人たちにとっては、「君」の代なんて「とんでもない」し、せっかくそういう支配者たちのいる国を離れて「平和な日本にやってきたのに、君の代なんて、もってのほか」となるのです。
私達日本人と、漢字に対する言語感覚が違うのです。

では日本人ではどうかというと、日本にとって「君」は「きみ」です。
「きみ」は、「きみとボク」の「きみ」です。
では「きみ」とは何かといえば、古代の大和言葉で、「き」は男、「み」は女です。

もともと漢字には「音読み」と「訓読み」があるわけです。
音読みは「クン」、訓読みは「きみ」です。

音読は、もともと支那から漢字が渡来した際の、向こうの読み方です。
訓読みは、その漢字に「大和言葉」を宛てたもの、と解説されます。
けれどそこには、すこし言葉の補足が必要で、実際にはもともと日本語(大和言葉)があって、あとから漢字が輸入されて日本語に同化させたから、「訓読み」が存在するのです。
もっといえば、もともと日本に大和言葉があって、その文化に、あとから漢字を採り入れたから、日本には漢字に「音読み、訓読み」があります。

このことは、お隣の朝鮮半島と比較するとわかりやすいです。
古代の朝鮮半島は、もともと南部一帯は日本の領土(加羅)と、日本の属国(百済、新羅)となっていました。
ですからその影響がいまでも朝鮮半島には残っていて、ですから朝鮮語(韓国語)の語順は、日本語と同じ膠着語(こうちゃくご)です。

ところが日本には鎌倉時代に元寇がありましたが、モンゴル(元)は、日本にやってくる前に、朝鮮半島を侵略しています。
当時の朝鮮半島は高麗ですが、高麗の王朝はモンゴルがやってきたときには、王族から高官たちまで全員島に逃げてしまいました。
このため半島内には三別抄という盗賊団(まさに暴力団そのもの)がはびこり、民衆から略奪をほしいままにします。
おもしろいことに、このためモンゴルの軍勢は、半島内でむしろ民衆の味方をして、民衆を苦しめた三別抄を蹴散らすという結果になりました。

それで何が起きたかというと、モンゴルの軍勢が引き上げた時、当時朝鮮半島にいた60万人が、モンゴルの軍勢に付いて行ってしまったのです。
当時の朝鮮半島全域の人口は600万人程度ですから、なんと国民の10人にひとりが、母国を捨ててモンゴルについていってしまったのです。
「強制連行」されたのではありません。任意です。
母国にいて両班や三別抄などに略奪されたり強姦されるよりも、強いモンゴルについていくことで、新天地を求めようとしたのです。

この連中が入植したのが、いまの北朝鮮の北部あたりです。
実は、日本に攻めてきた元寇でのモンゴル軍の主力は、この60万人の「元・高麗人」たちでした。
先に元になった「元・高麗人」たちが、あとから元に服した「高麗人」たちを見下し、彼らの上に立って「高麗人」たちを指揮してやってきたのが、元寇でもあったのです。

さてこうして高麗は元に服属し、さらに李氏朝鮮になると完全に支那の属国となります。
そして朝鮮半島では、征服者たちによって、完全に言語が支那漢字に入れ替えとなりました。
ですからいまでも朝鮮半島には、古代朝鮮語による漢字の「訓読み」はありません。

日本は征服されてないから「訓読み」があるのです。
朝鮮半島は、征服されて文化が断絶しているから「音読み」しかないのです。

話を戻しますが、では「君」の訓読みは何でしょうか。
いうまでもなく、それは「きみ」です。
「きみ」は、古代の大和言葉で、「き」が男、「み」が女を意味します。

そして日本最初の男性がイザナ「キ」、最初の女性がイザナ「ミ」です。
竹取物語で、山に芝刈りに行くお爺さんが「おきな(翁)」、川で洗濯をするお婆さんが「嫗(おみな)」です。
つまり「きみ」は、もともとは「男と女」です。

そのイザナキ、イザナミの二神から、天照大御神がお生まれになり、その天照大御神からの直系の御子孫が天皇が誕生しています。これが昔の言葉で「万世一系」です。
そしてその天皇と血を分けた家族であり、おおみたからとされてきたのが「民(たみ)」です。
「たみ」というのは、これまた古代の大和言葉で、ひとことで言ったら田(た)んぼで働くみんな(み)です。だから「たみ」です。
ですから日本語の「たみ」には、共同体の仲間たちという語感があります。
そしてその「たみ」は、天皇と血を分けた人々であり、わが国最高権威である天皇の「おおみたから」です。
だから「君民一体」とされてきたのが日本です。

ですから日本人は「君民」と聞けば、「たみのことを思ってくれる偉い人たちと、田んぼで働くオラたちの仲間たちが、みんな一体なんだよ、という、すっごくありがたい言葉」という意味と普通に感じます。それが日本人の言語感覚です。

ところがいわゆる支那、朝鮮のいわゆる「漢字文化圏」の人たちには、日本人のこの感覚がむしろ理解できません。
彼らは日本人は漢字を使うから、勝手に「日本人は漢字文化圏の人々だ」と思い込んでいます。
だから「君民」と聞けば、「ムチでしばき上げる支配層と目を潰された奴隷が一体?、意味不明じゃん」としか感じられないのです。

全然違います。
日本人は、独自の日本語文化を形成していて、あとから漢字を採り入れたのです。
現代日本でも、たとえばアイデンティティとか、イメージとか、英語をカタカナにした語をたくさん取り入れています。
そしてその多くは、本来の英語の意味と語彙が異なって、実に日本的カタカナ英語に変化させて使っています。
日本人は、外来語を、日本的なものに置き換えて使っているのです。

このことは、日本人があらためて理解していかなければならない、とても大事なことです。
日本人は漢字を使いますが、その漢字には必ずといって良いほど、「訓読み」があります。
どうして「訓読み」があるかといえば、もともと日本に大和言葉を使う文化があり、その大和言葉を表記するのに際して、漢字を「あとから取り入れて、それを日本文化の一部にした」ということだからです。
つまり同じ漢字を使っているようでいて、実は、その漢字にイメージしている語彙が、漢字文化圏といわれる支那朝鮮の人々と、日本人はまったく違っているのです。

同じことは、たとえば「愛」という漢字にもいえます。
「愛って何でしょうか?」

いまの、特に若い人たちなどは、そのように質問されても、すぐに答えられない人が多いようです。
これこそまさに日教組教育の弊害そのものです。
すこしお歳を召した方、戦前戦中の教育を受けた方なら、まよわず「いとしく思うこと」と答えます。
なぜなら、「愛」の訓読みが「いとし、おもひ」だからです。

「いとし」は、相手と自分と糸を結ぶことです。
結ぶために自分から出ている糸は、全体の半分なので「絆」です。
その互いの絆を結ぶことが「結(むす)び、」です。
「むすび」は「産霊、産巣日」とも書きますが、「き」と「み」が「む」されて子が産まれます。
ですから「むすひ」はとても神聖なこととされてきました。

男女は対立するものでなく、互いの絆を固く結ぶ(産霊)ものだし、恋人を思うこと、親が子を思うこと、子が親兄弟を思うこと、故郷を思うこと、祖国を思うこと、そういうことに、わたしたちの祖先は「愛」という漢字を、あとからあてたのです。

ところが漢字圏に住む人々にとっての「愛」は、意味がぜんぜん違います。
「愛」という漢字は、久みたいな部分が「足を引きずる」で、家の中にある何かに、字のまんなかにある「心」が惹かれて、「後ろ髪をひかれる思いで心が寄せられること」です。
そして足を引きずられ、後ろ髪をひかれるほど強く思ったなら、それを奪う。これが「愛」という漢字の持つ意味です。

ですから昔「愛は惜しみなく奪う」というタイトルの映画がありましたが、実は「愛=奪う」という発想は、まるごと漢字圏の人たちの発想で、そもそもの日本人にはないイメージ(語感)だから、多くの日本人はびっくり仰天して、「ええっ!?、愛って奪うことなの?」と、まさに「認知不協和」を起こしたのです。
この映画を観た方も、観なかった方も、おそらくその映画の内容なんて、すっかり忘れてしまっておいでかと思います。
けれど、映画のタイトルだけは、いまだに強く印象づけられ、日本人の中に残っています。
なぜなら、それだけ日本人にとって、そのタイトルが、日本人が常識と思ってきた(認知してきた)イメージとはかけ離れた、心理的不協和を起こすものであったからです。

実は、文字や漢字、つまり言語感覚に関する、こうした事例は枚挙に暇がありません。
ですからテレビ番組などの企画会議で、「日本人のような顔をした日本人でない人」は、日本人にはない、びっくりしたようなことを言い出します。
「愛って奪うことなんだぜ!」
愛は、人をいとしくおもうことだと、何の疑いもなく思い込んでいる日本人のスタッフたちは、みんなびっくりします。それで、「この人はすごい発想をするクリエーターだ」となる。
そうではないのです。
不道徳で異文化の「コリエータ−」でしかないし、それは彼らにとっての常識でしかないのです。

国会にも「民主党」なる政党があります。
多くの日本人は、「民主党といういうくらだから、たみ(民)が主役となる政治を実現しようとしてくれるありがたい政党なのだ」と勝手に思い込み、一時は政権を委ねました。
するとどうでしょう。
彼らは彼らの都合だけの政治を行いました。
なぜでしょう。
「日本人のような顔をした日本人でない人」にとっての「民主」は、民衆の目を潰し、自分では何もしないで人々を命令通りに使役する主義です。
まさにそういう政治が行われたのです。

国会や全国の各自治体で、左前の議員と普通の日本人の議員の議論がかみ合わないわけです。
同じ言葉をしゃべっているようでいて、まるで語彙の違う言語で論争しているのです。
議論になるはずがない。

「君が代」も、結局そういうことなのです。
「君が代」のことを戦争賛美の歌である。曰く、天皇礼賛の歌である。曰く、子供達を二度と悲惨な戦争に行かせないために拒否する云々、です。
けれど、ではどこが戦争賛美の歌だとか、天皇礼賛だとか、徴兵の歌だとか、彼らは頭ごなしに、それも必死になって反対します。
けれど、では具体的に歌詞のどこがどう戦争賛美なのか、徴兵なのかと問われると答えになりません。
答えれるはずないのです。
彼らは彼らの国の語彙で「君は、自分たちにムチをあてる恐怖の支配者たち」を勝手にイメージし、その恐怖の反動として、あたまごなしに「君が代」に反対しているのです。

そんな言語感覚の違う人達が、日本に在住したり、あるいは帰化したりして、ある意味「名前だけ書いてあれば合格できる」とされる外国人枠で日本の良い大学に入り、ろくに勉強もしないで学歴だけをもって、特定団体の支援を得て国会議員になったり、大手企業の労働組合の幹部になったり、あるいは教育団体の幹部になる。

そういう人たちにとっては、日本の和歌の伝統や文化なんてわかりませんから、「君が代は、千代に八千代に」と聞けば、「ムチを持って奴隷(民)をしばきあげる人たちだけが良い思いのできる時代が千年も八千年も続くなんて、とんでもない!。ウリたちは日本が平和だと思うからやってきたニダから、絶対、そんな歌には反対するニダ」となるわけです。

彼らは、本当に支配者達が民衆の命などなんとも思わず、民衆から収奪し、民衆の目を潰し、民衆をムチでしばきあげ続けてきた国の出身者ですから、彼らにとっては、それは実体験に基づく恐怖そのものです。
だから、もう、日本人には考えられないほどの熱心さで、これに反対します。

「君」の意味を、わたしたち日本人とはまったく違う意味にしか捉えることができない人たちが、ようやく民衆が針で盲目にされるような奴隷支配の国を逃れて、やっとのことで日本に在住し、ある程度の暮らしができるようになったと思ったら、「君が代」なんて、またムチでしばきあげる連中に支配されるのではないか。
そんな恐怖が、まさに動機となって、「君が代」への猛反対運動となっているのです。

君が代の歌詞は、もともとは10世紀初めの『古今和歌集』に掲載された和歌です。
大東亜戦争という70年前の戦時歌謡や軍歌ではありません。

ただしい日本語を学ばず、そのようなきわめて低次元の言説に翻弄されて、日本人であるという自覚も誇りも失い、一緒になって「君が代はけしからん」と騒いでいる日本人は、あわれなものです。
そういう人は、たとえ教職の身にあったとしても、みずから自分が無教養で恥ずかしい人間であると宣伝してまわっているようなものだからです。

考えてみれば、そういう語句の曖昧さの中に翻弄され続けてきたのが、戦後の日本であったのかもしれません。
でも、もう次世代の時代がはじまっています。
わたしたちは、より良い未来のために、ちゃんとした真実が、子や孫達に伝わるよう、しっかりと目を覚ましていきたいと思います。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
君が代
私はこの歌が大好きです。千代に八千代に苔がむすまで、この国の繁栄と子々孫々にまでこの世が続くことを願って創られたこの歌が。オリンピックやワールドカップ等で各国の国歌を聞くとどれも勇ましく、気持ちを鼓舞するような旋律に彩られて素晴らしいと思います。翻って君が代を耳にすると、派手さは無く、暗い曲調に感じます。が、それがいいんです。荘厳で内に秘めた芯の強さと、維新を成し、世界に出でんとした明治の偉人の方々のこの国を思う気持ちが、この歌を聞くと感じられるのです。この歌を口ずさむ時、この国と、我が子、家族そしてご先祖と靖国で眠る方々を思い起こし、自然と涙します。声が震えて最後まで歌う事ができないくらい泣いてしまいます。不思議ですが、そんな力がこの君が代にはあると思います。私だけでしょうか?
2014/12/03(水) 13:23 | URL | 憂国のトラッカー #-[ 編集]
私は学校で「道徳」を習わなかった
 五十歳のおっさんになりましたが、学校で"道徳"の授業はありませんでした。 当時の学校の先生は、反戦主義の人が多くて、天皇制反対の姿勢だったように思います。
 しかし両親は、国家斉唱の時には起立し、日本の国旗に頭を下げている姿を見て、私も素直に愛国心が芽生えました。
 「戦争は嫌だ」と言っても、いざ敵が攻めてきたら、私は闘います。
自分の為ではありません。 「日本」を愛しているからです。
そうゆう人がいるとゆう事も知ってほしいです。
2014/12/01(月) 09:57 | URL | ムーミン親父 #-[ 編集]
No title
※韓国や在日朝鮮人に嫌悪感を抱くのは「自分達だけが有利になるために」反日行動を起こしているからだ。これに共感する日本人は頭がおかしい。「売国」とかの問題ではなく、人間としておかしい。

これは或ブログの引用だが、世界で日本だけで起こってる異常さを、知識人達は無視して頓珍漢な理屈を立てるから、日本の知識人を信用出来ない。
2014/11/30(日) 18:46 | URL | 団塊 #-[ 編集]
ついこないだの、なりすまし小学4年生による反自民キャンペーンサイト騒動の裏もまさに背筋震撼。犯人男の素性学歴がさらされましたが、今の日本のヤバい教育の闇がジュワッと露呈。民主党とのズブズブもアレですが、一体なんなのAO入試って。気味悪すぎ。
2014/11/30(日) 02:47 | URL | けて #-[ 編集]
No title
たまに読ませていただいています。
もしかすると、もうどこかに書かれているかもしれませんが、シナ的血族主義の正体も分かった気がします。
一族の中で誰かが偉くなれば、家畜同然の立場から救い出してくれる・・という事ですね。
そして、流血を伴う革命が多い理由も。
あの土人のDNAは、そうそう簡単には人間並みにならんでしょうね・・。
2014/11/30(日) 01:14 | URL | はなび #9YF42GeU[ 編集]
恥を知らない文化を持っている国の人たちでしょうか?
反戦平和主義者として軍国主義を徹底して嫌うのは理解できますが、日の丸、君が代も、その象徴であると言って、我が国の式典における国歌斉唱にも主催者側の立場にありながら、私は反対だと言って起立もしないで、そっぽを向くなどという行為は常識ある日本人の大人として許される行為でしょうか?

何処ぞの国では、いわゆる従軍慰安婦像を米国の各地に建立して、先日、米国の詳細なる調査結果から、いわゆる従軍慰安婦=性的奴隷だったという事実は一切発見されなかったと判明したのに、未だに撤去もしないで、国家の恥を曝したままで平然としているのは、恥というものを知らない文化を持っている国だからなのでしょうか?

それとも、嘘をつくのが正義であると言う、孔子の教えを忠実に守る事を徹底しようとしているからなのでしょうか?

日本の学校の先生でありながら、君が代は天皇陛下を賛美する歌だから反対だと言っている人は、勉強不足も甚だしい限りと言わねばなりません。このたびのねずさんのひとりごとブログに、非常に分かりやすく解説されていますので、良く読んで認識を是非、改めて貰いたいものだと切に思います。貴方がたも私たちと同じ日本人なのでしょう??

2014/11/29(土) 17:18 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
漢字は、「やまとことば」への宛字です。
日本には、「やまとことば」が先にありました。
神代文字で書かれた、記紀以前の古記録が伝えております。
神代文字は表音文字で、漢字は表意文字ですから、語彙が豊富な日本語を表現するには便利でした。
日本語が、音を借りた万葉仮名から発展したことが、それを物語っています。ですから訓読みこそが日本語で、「やまとことば」なのです。

日本国は天照大神の神勅により正統性が担保されていますから、天照大神以前の歴史を記す神代文字で書かれた古記録を抹殺しております。

しかし、神代文字で書かれた古記録を正しく読むと、日本の歴史は天地開闢以来ずっとつづいていることが解ります。
そのうえ天地開闢の話は、旧約聖書や『カバラ』と云うユダヤ教の思想に勝るとも劣らない記録です。
日本の国は、天地開闢以来の国柄です。

そこで是非、『○○という漢字をこう読ませる』などという表現は辞めて頂きたいと思うのです。
漢字は日本のやまとことばへの宛字ですから・・・。

追、
神代文字の「阿比留草文字」は、甲骨文字ないしは甲骨文字の元となったもじであるとの高橋良典氏の説に、現時点で異論反論がありません。
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/binnrann/binran1-aiueo.html
2014/11/29(土) 07:11 | URL | 史郎 #DHiWGXHI[ 編集]
「愛」
いつも楽しく読ませていただいています。

最近の日本のドラマ、映画、小説ではやたらと「愛している」が使われますが、違和感を感じます。普通日本人は使わないですね。少なくとも私は使いません。
ドラマや映画のセリフで親が子供に「あなたを愛している」、あるいは第三者が「君は(ご両親、父親、母親に)こんなにも愛されている」と言うのを聞くと、「違う~」と思ってしまいます。そこは全部「大切に思っている」「大切にされている」だろうと。
告白だって「愛しています」と言うより「好きです」と言う方が日本人にはしっくり来るでしょう。
2014/11/29(土) 00:23 | URL | MsSaveJapan #q9WyAfB.[ 編集]
漢字ですか…
君が代に拒否感を示す理由…興味深かったです。
半島の歴史、ざっくりとした説明で実に分かり易かったです。
宮脇淳子氏のお話はやや専門的で付いていけなくて…。
君が代は船説を聞いたことがあります。
大阪から済州島まで、君が代丸という定期便があったそうで、それに乗って大量の朝鮮人が来たことから、強制連行説が完璧に嘘だと分かってしまうから、聞きたくないから拒否を示すのだ…と。
大阪には朝鮮人が多いのはそのせいですよ、と聞いて納得しました。
民主党の帰化人達を見ていると、言語明瞭意味不明瞭で、安易な帰化はとても迷惑だと、しみじみ思います。
彼らと日本人を明確に区別できるようにする為にも、日本人としての教養や立居振舞を見に付けねばと思います。
2014/11/28(金) 22:58 | URL | 愛知の憂国者 #-[ 編集]
No title
【田母神俊雄】東京12区次世代の党で参戦!太田撃墜【会見速報】
2014/11/28(金) 21:33 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/28(金) 18:23 | | #[ 編集]
No title
 仁徳天皇陛下の御製とも伝えられる「高き屋に登りて見れば煙立つ 民のかまどは賑わひにけり」。また信玄公の言葉「人は石垣、人は城」。
日本は、お互いの信頼のうえに成り立つ国なのだと改めて思います。
願わくば、この美風がこれ以上廃れぬよう努めて参りたく思います。
2014/11/28(金) 15:58 | URL | やまとどくだみ #-[ 編集]
No title
>古代の朝鮮半島は、もともと南部一帯は日本の領土(加羅)と、日本の属国(百済、新羅)となっていました。

サラッと流されていますが、最近の歴史ではどのように教えられているのか不明です。
私などは、団塊の世代ですから任那のことだと思いますけれども、1970年代頃から韓国の学者が、任那は実態としてなかったことのような学説を流布させました。その影響かも知れませんが、任那のことを日本の学者は軽視するような気がしてなりません。
最近、日本の学者さんが任那はあったとすることを主張されているようですが、自虐史観の強い中でどのような活躍をされているのだろうと思います。
それから、任那のことを学校ではどのように教えているのでしょうか?



今回の選挙では、民主党と維新の党がヘイトスピーチの規制で協力するとのことです。
ヘイトスピーチのことですが、WIKIでは『人種、宗教、性的指向、性別などの要素に対する差別・偏見に基づく憎悪(ヘイト)を表す表現行為のことで、日本語では「憎悪表現」「憎悪宣伝」「差別的表現」「差別表現」などと訳され、訳語は統一されていない。』とあって良く分かりません。もっとも、『マジョリティがマイノリティを憎悪(ヘイト)を表す表現行為で排斥すること』と考えれば良いのかも知れません。

東京や大阪ではヘイトスピーチのデモがあって規制を叫ばれているようですけど、出不精で現場を知らず余り実態を知らないのですが、ネットでYoutubeを見ていたら、どう考えてもしばき隊の方が憎悪表現に見えます。それに、背中一面に入れ墨を入れた人が仲良くしようぜと言っても、普通の人なら逃げ出します。

もっとも、デモで余り汚い日本語はスピーカーで流すのは、品がありませんからやめた方が良いと思います。ただし、これをあおるようなしばき隊のスピーカー等は聞いていられません。そうでなくても、おそらくはしばき隊のスピーカーはデモとして届けられていないと思いますから、警備をしている警察官が取り締まるべきで、そのような行為は良くあると思いますから、警察官は音量の測定装置を準備しておく必要があると思います。

在特会の言っている韓国人の特例ですが、戦後70年も経っているのに何故特例が必要なのでしょう。まさか、1000年もの長期にわたる特例などあり得ません。もう特例などと言うことは、すべて打ち切っても良いと思います。

在特会によるヘイトスピーチは、元々は在日韓国人に特例を与えたことが原因ですから、その原因をなくせば在特会によるヘイトスピーチもなくなると思います。

橋下大阪市長は、在日韓国人には参政権がないから保護が必要と言うようなことを話しておられましたが、だからと言って特例による保護を何時までもするものではなく、特例などは短期のものでそれ以上は大阪市長ではなく、政治家の責任です。ですから、政治家が彼等を本国に安全に帰還させるべきだと思います。
在日韓国人は、日本の終戦を以て日本人ではなくなったのですし、その後は朝鮮半島に帰還しなければならなかったのです。それが、不法に残留したり、難民で日本に来たままなのは、政治の責任だと思います。

それから、私は「飛田へ帰れ」に対しては、極めて憤慨しています。それは、大阪のことは余り知らないのですが、差別的表現を感じるからです。


ところで、民主党の有田芳生参議院議員は、なぜ、しばき隊と仲が良いのでしょうか?
一緒にいるところを、何度も写真に収まっているのですが、理由が分かりません。
2014/11/28(金) 15:09 | URL | ポッポ #-[ 編集]
「君」と「民」
「君が代」反対派は、「君」と聞いて「専制君主」「独裁君主」「絶対君主」しか思い付かず、そういう人程、「日本史を学ぶ暇があれば世界史を学べ」「世界史の学習こそが、グローバル人材・地球市民育成の近道」と言い出しそうです。EU加盟国の住民は、自分達を「EU人」と呼ばず、「フランス人」「ドイツ人」等と呼び、「地球市民」とは呼びません。自国で使う言葉の意味も、自国の歴史も知らない者は、「根無し草」でしかありません。また、「君が代」反対派は、民主党政権発足にも、多大な貢献をしましたが、彼等は「大日本帝国臣民」を否定したい余り、日本国民を「共産主義国家の人民」に貶めようとしました。
民主党は、今回の総選挙では、候補者擁立もままならず、只一人「史上最悪の総理大臣」菅直人が、自分の立場も弁えず元気いっぱいのようですが、棄権することなく、期日前投票でも何でもして、正義の鉄槌を下さねばなりません。
2014/11/28(金) 14:45 | URL | NTRC特撮軍団長・ヤラセロウ大元帥 #-[ 編集]
長女は関西の大学に進学しました。入学式では校歌は合唱しても国歌斉唱はなかったです。次女も関西の大学、厳粛で国歌斉唱はもちろんありました。親子共々感激しました。偏差値は、‥でも素晴らしい学校に進学できたと感激しました。長女の学校の父母会で、アンケートに「どうして国歌斉唱しなかったのか?」と書けなかった私の不甲斐なさが‥ちょっと情けない
2014/11/28(金) 14:37 | URL | #-[ 編集]
No title
嘗て民主党政権時、「民主党議員と普通の日本人議員の議論が成り立たない」事に対し、違和感を覚えたものでした。
確かに連中の謂うところの『出身成分』が異なれば、話など成立するわけがありませんw
インベーダーならぬハンベーダーやチョスンベーダーが、日本人のふりをして世界中で悪事を働いているのも紛れもない事実ですね。
2014/11/28(金) 14:37 | URL | h #cJ8rOc6M[ 編集]
連投すみません
> 是非この説の立証をお願いしたいです。歴史を見ると自然な流れですけどね。

立証も何もありません。魯迅をご存じなら、ちょっと調べればいくらでも知ることができます。

われわれが普通に中国語と呼ぶ言葉は、大陸では「普通話」といいますが、これは当の中華人民共和国では「北京語音を標準音、北方語を基礎語彙として典型的な白話文を語法の規範とする」と定義されています。

この白話文というのは、1917年ごろに胡適や陳独秀、魯迅らが雑誌『新青年』を中心に行われた文芸運動の中から生まれてきた言文一致体の書き言葉です。胡適や陳独秀は理論家なので、具体的な実践(作品づくり)を牽引したのは魯迅でした。

魯迅(周樹人)は日本留学組で、作品を書くときには日本語で考えて中国語(白話文)に訳した(作った?)とも言われる人です。魯迅は、明治期の日本において言文一致運動や欧米文献の翻訳によって、日本語が新たな概念や表現を取り入れていることを知り、中国においても同様の活動が必要だと考え、まずは日本語の作品の翻訳に取りかかりました。

もちろん、当時の日本語にあって中国語(漢文や文語文)にはない語彙や表現ばかりですから、日本語の語彙をそのまま使ったり、新しい単語を生み出したり、文法や表現を元の作品である日本語的な考えで盛り込んでいったりという形で作品を作り上げていきました。

中国では、1930年代になってもどういう共通語であるべきかという論争が繰り広げられていましたが、新聞や教科書などを通じて「白話文」が事実上の共通文章語として定着。人民共和国が成立するころには話し言葉にも影響を与えるようになり、それが「普通話」と呼ばれるようになったのです。ちなみに毛沢東は湖南語しか喋れなかったという話があります。本当かな?
2014/11/28(金) 13:40 | URL | 耶楊子 #-[ 編集]
日本語のウルトラC
> ですから朝鮮語(韓国語)の語順は、日本語と同じ撞着語(どうちゃくご)です。

それはたぶん、膠着語(こうちゃくご)です。「膠着状態」の膠着ですね。膠とは「にかわ」のことで、「て・に・を・は」などの助詞(定義としては接頭辞や接尾辞も含まれるらしい)で語句をペタペタとくっつけて文を作る言語のことです。

「ウラル語族」や「アルタイ諸語」と呼ばれる語群の特徴の1つとされ、モンゴル語、トルコ語、フィンランド語、ハンガリー語、エストニア語なども膠着語に分類されます(かつては日本語を含むこれらの言語が共通の祖を持つとするウラル・アルタイ語族仮説が唱えられていましたが、現在は否定されています)。言語学的には日本語はどれにも属さないるとされますが、これらの諸語と文法的に似ていることは似ています。

撞着語というのは、オクシモロン(oxymoron)の訳語として「対義結合」「撞着語法」がありますが、このときに使います。「自家撞着」の撞着ですね。こっちは「公然の秘密」「嬉しい悲鳴」「生ける屍」のように本来なら相容れない意味を持つ2つの語句を結び付けることによって一見矛盾した観念を表すレトリック上の技法を指します。

しかし、「訓読み」の登場と成立は、ウルトラC(古いね)でした。ほとんどの人は気付いていませんが、まさに歴史的跳躍だったと言えると思います。「犬」を「いぬ」と読むのは、「dog」を「ドッグ」じゃなくて「いぬ」と読むようなものです。「だって、犬の意味なんだからイヌって発音すればいいじゃない」というのは、文字や文が誰のためのものかという根源に関わっているんじゃないかと思います。おかげで東アジアの共通語である漢文が誰でも読めるようになりました(支那では読書人だけ)。

この流れは、現代の歌の歌詞やマンガのセリフなどに見られる、運命(さだめ)・時代(とき)・本気(マジ)・秋桜(コスモス)・禁書目録(インデックス)・四重奏(カルテット)といった言葉遊びにも繋がるのでしょう。でも、子供の名前に月(ルナ)とか、苺(ベリー)と名付けるはやり過ぎだと思いますけど。
2014/11/28(金) 12:53 | URL | 耶楊子 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/28(金) 12:36 | | #[ 編集]
No title
東京外語大学名誉教授、岡田英弘氏によると、支那語は実は文体もボキャブラリーも日本語からの借用であると言われています(日清戦争後数万人の清国留学生がやってきたが出身地方が違えば言葉が通じない。そこで日本語で意思疎通を計った。この留学生の中に魯迅がおり、彼が日本語の文章を漢字に置き換えて、北京語をもとに普通話を支那語として統一)。

そして韓国語も統治当初識字率が殆どないと言っても過言ではない朝鮮人に日本語を元にして教えたのが始まりだという情報を、何処かのサイトか何かの本で読みました。

是非この説の立証をお願いしたいです。歴史を見ると自然な流れですけどね。
2014/11/28(金) 11:43 | URL | catnet #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/28(金) 11:15 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

君が代を否定する恥ずかしい人達の精神・・・

☆日本人は「君民」と聞けば、「たみのことを 思ってくれる偉い人たちと、田んぼで働くオラ たちの仲間が、みんな一体といった意味」と、 普通に感じます。 けれど、いわゆる漢字文化圏の人たちには、 日本人のこの感覚がむしろ理解できません。 「ムチでしばき上げる支配層と目を潰された 奴隷が一体?、意味不明じゃん」としか感じ られないのです。。。^^;;???!! http://ne...
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク