アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


マンガでわかる赤旗購読強制問題

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
★みんなが泣いたこの一冊!★
中山なりあきの「強さとやさしさ、ぶれない心

↑ネットで無料で読めます↑オススメです。新婚時代のご夫婦の写真もありますよ♪

◎選挙区も比例も次世代!◎
 国際試合に公正なジャッジを!
 Fair judging for All Athletes !! Tokyo Will Make All Athletes Smile.

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

昨日の「行橋市議会議員小坪しんやのブログ」でも紹介されているので、すでにご覧になられた方もおいでかもしれませんが、赤旗購読強制問題について、有志の方がこれをマンガにしてくださいました。

テレビでも「政党助成金を得ていない」というCMが流れていますが、それはそれで立派な心がけだと思います。
けれどもそうした美名のもと、その裏側では、機関紙の購読を自治体の職員に強制しているというのでは、本末転倒です。パワハラはいけません。

この問題は九州の小坪慎也行橋市議が問題提起をして全国の自治体の議会に呼びかけを行い、私のいる埼玉県春日部市において井上えいじ市議が、全国に先駆けて春日部市においてこのような強制購読禁止を実現しています。

しかしこうした運動は、全国規模の問題であり、自治体だけでなく国政においても、この問題への取組が必要です。
そこで今般、次世代の党両院議員総会長代議士会会長の中山成彬先生が、この問題に立ち上がってくださいました。

たいへんわかりやすいマンガなので、是非みなさまのお力で拡散していただければと思います。
またマンガの末尾には政策協定の文書、そして奥付には小坪議員に加えて私の名前も出ています。


また、ランダムYokoさんが「【衆院選ソング】小選挙区は自民に、比例は次世代に」という歌を作ってくださいました。
相変わらずノリの良い素敵な歌唱です。
こちらも併せて動画でご紹介したいと思います。

赤旗購読強制02



赤旗購読強制04
赤旗購読強制03
赤旗購読強制01
赤旗購読強制05
赤旗強制06
赤旗強制07
赤旗強制08
赤旗強制09

【衆院選ソング】小選挙区は自民に、比例は次世代に

ranndam001




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
No title
昨日私の選挙区になる西田ゆづる氏の選挙事務所に電話して応援すると話しました。若い方に頑張って欲しいですね。
2014/12/07(日) 12:40 | URL | eri #-[ 編集]
No title
 YouTnbeにランダムヨーコ女士と小坪慎也行橋市議の対談動画が有ります。
「赤旗撲滅大作戦」
皆様、御高覧くださいませ。
2014/12/06(土) 11:19 | URL | やまとどくだみ #-[ 編集]
No title
次世代のみ応援しています。
何かが起きる予感がします。
年末には世の中が変わるかもしれません。
次世代の党 頑張れ~頑張れ~頑張れ~。

2014/12/05(金) 01:42 | URL | #-[ 編集]
極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派 殲滅切望
 私は,役所庁舎内におけるセクト機関紙「赤旗」の販売及び勧誘行為等の被害者であります。
 標記については,下記の小坪議員のブログに,告発状本文その他関連文書諸々をアップしております。
 埼玉県上尾市及び共産党系上尾市議会議員の腐敗振りを窺い知れます。
 非常に長くはなりますが,是非,ご覧下さい。
 そして,既得権益に牛耳られた,セクトのオルグ・シンパを殲滅しましょう。
 http://samurai20.jp/2014/12/akahata-18/
2014/12/05(金) 00:21 | URL | 高橋 エマニエル=努 #yykKv7qQ[ 編集]
そういえば、昔、大学生協でバイトしていた時…
私も生協の上司から、「赤旗を購読してくれ」と頼まれましたね。
「私は政治的な偏向はありませんので、ちょっと…」と答えたのですが、「テレビ欄とかも載ってるし、バイトしている間だけでいいから」と言われて、まあ、あまり深く考えずに購読してました。特に購読へのプレッシャーなどはなかったんですけど、アパートの管理人から、「お前、部屋で爆弾とか製造してないよな?」とか、冗談半分に言われて、苦笑いした記憶があります。

「購読しないと、バイトとして立場が悪くなるかな? まあ、いいや、せいぜい3000円ほどだし…」と考えて、購読を承知しました。まあ、それだけですし、生協でのバイト時代にも特段、不快な記憶などはないのですが、やっぱり、偏った思想を吹き込まれてしまいそうで、なんとなく嫌~な気分がしたことは事実ですね。

今回の解散総選挙でも、知人から「比例区は、公明党と書いてくれ」という要望の電話があったし、あまり、目くじらを立てるものではないのかもしれませんが…
2014/12/04(木) 20:26 | URL | farfarello #EBUSheBA[ 編集]
■フォロワー数38万人の林雄介が在日生活保護を批判
■フォロワー数38万人の林雄介が在日生活保護を批判

林雄介@yukehaya  8:38 - 2014年12月3日
私たちは地球市民。地球レベルで共生すべきです。日本に強制連行されたと言い張る在日コリアンの皆さんが朝鮮半島で、暮らせるように、
生活保護を受給しているコリアンの皆さんが自称平均年収580万円の自称経済大国韓国に帰国できるように。速やかに法務省は、帰国支援を行うべきです。
https://twitter.com/yukehaya/status/540183339353661441

林雄介@yukehaya 9:03 - 2014年12月3日
在日コリアンの生活保護支給額推計270万円(1世帯あたり)。厚労省資料が正しければ、無税、医療費無料で270万円支給されていることになる。
270万円の手取りは平均年収380万円程度必要。在日コリアンに支払われる270万円の生活保護=日本人の平均年収380万円になる。
https://twitter.com/yukehaya/status/540189516535844864

林雄介@yukehaya 9:10 - 2014年12月3日
在日コリアンの生活保護受給率は14%。10人に1人以上が生活保護を受給し、外国人生活保護支給総額から推計すると世帯あたり最低270万円が支給されている。
これは無税だから、税金が天引きされる日本人の平均年収換算だと380万円になる。在日コリアンへの逆差別じゃないですか?
https://twitter.com/yukehaya/status/540191325618855938

林雄介@yukehaya 9:22 - 2014年12月3日
在日コリアンに対する生活保護支給額は1世帯最低270万円(推計)。年収にすると380万円程度。日本人の世帯年収350万円以下約39%、
400万円以下、45%。日本人の半数弱の世帯が生活保護受給者である在日コリアンより下の手取りで生活している。お花畑左翼のいう人道って何?
https://twitter.com/yukehaya/status/540194476782678016

林雄介@yukehaya 9:29 - 2014年12月3日
在日コリアンの14%が生活保護を支給され、支給額は世帯270万円(推計)、年収換算で380万円。一方、真面目に生活保護を受給せず働いている
日本人の45%が年収400万円以下。コリアンが在日特権を否定し、命懸けで守るはずですよ。働かずに日本人の平均以上の生活ができる。
https://twitter.com/yukehaya/status/540196113395875840

林雄介@yukehaya 9:38 - 2014年12月3日
在日コリアンの生活保護支給額平均270万円はざっくり計算です。ただし、私は経済職採用のキャリア官僚です。ついでに専攻は生活保護(貧困研究)です。
厚労省が正確な資料を出さないから、大まかな推計値しか出せませんが税金から法的根拠なく支払われている在日コリアン生活保護は高額。
https://twitter.com/yukehaya/status/540198508188299264
2014/12/04(木) 15:48 | URL | 嫌在日=日本人の総意 #amXlFcx2[ 編集]
No title
福岡市でも係長に昇進すればすぐに,共産党の市議会議員から
職場の席に,個人宛に電話がかかってきて,勧誘されます。
とらないと返事をすると,後日,上司から「議会の時の質問が難しくなるから」と「日曜版だけでも」と,言われます。
係長以上の職員は,ほとんど全員とらされています。
2014/12/04(木) 14:50 | URL | 今村裕ゆたか #-[ 編集]
No title
役所における赤旗の勧誘を、私は知らなかったのですが、噂で聞いた話では大企業が赤旗を大量に購読していると言うのがあります。
大企業は、赤旗の本体である共産党の敵だと思うのですが、何故このよう噂さが流れるのか、不思議でなりません。



先日、久しぶりに神社さんへ行ってきたのです。
大きい神社ですから参拝客は引きも切らず、本殿には列を作って順番に参拝されていました。

最近は、コンビニやスーパーへ行っても礼をされるときはコンスが多いです。
それで、参拝客の拝礼の方法はどうなのだろうかと思いまして、しばらく眺めていました。
すると、全員が二礼二拍手一礼で、手の位置は日本式でした。

当たり前のことかも知れませんが、誰がコンスの拡大を図っているのか知れませんけれど、神社は日本人の礼しか通用しない場所でした。
2014/12/04(木) 14:16 | URL | ポッポ #-[ 編集]
苦渋の決断
北朝鮮による日本人拉致事件から30年が経ちました。その間、日本政府は何も出来ませんでした。北朝鮮は拉致被害者の再調査を行うと言っていますが、誠実な行動を取るとは思われません。

経済的な制裁を課しても北朝鮮を支援する国がある限り限界があります。国連による制裁決議も北朝鮮にとって実害がなければ効果はありません。

拉致被害者の方々が北朝鮮でどのような生活をしているかわかりませんが、多くの被害者は家族がいると思います。すでに家族を持ち、北朝鮮の地で生活している拉致被害者が一人で帰ってこれるでしょうか。30年という月日は長すぎました。

再調査を行って、北朝鮮が簡単に拉致被害者を日本に返すとは思われません。仮に、安倍首相が今回拉致被害者を取り返せなければ、その後も救出は難しいと思います。

拉致被害者の家族が一刻も早い解決を望むことは良くわかります。が、30年過ぎた今は最後の「制裁」を決断する時かも知れません。今回解決しなければ救出を諦める代わりに北朝鮮との国交は永久に結ばないように日本政府に要求することです。

日本国民は必ず支持すると思います。北朝鮮と国交を結んでも日本にとって何の利益もありません。北朝鮮に対して、永久に経済制裁を課し続けることを宣言するように日本政府に要求することが北朝鮮に対する最大の制裁になるのではないかと思っています。

被害者家族にとっては苦渋の決断ですが他に道はないような気がします。

2014/12/04(木) 13:20 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
今朝高三の息子が言いました。親が教師の友達と選挙の話になった、両親は昔から共産党だって。サラッと言える息子達に問題意識はあるのかわからない。受験でかりかりしてるから聞けない。
うちの息子は保育園に五年間通った、自然の中で体を使って食器や弁当箱にまでホンモノに囲まれる環境は良いと思った。しかし、保育士が赤旗を こっそり売っていて三ヶ月とって断った、子育てに役立つ情報がたくさんあると。選挙近くになると、共産党関係者の講演会があり、司会を同じクラスの親がやっていた。
疑問を感じながら卒園させたが、高飛車で議論好き、子供の為と親のプライベートに踏み込む、またそれを園児仲間に晒す、職場仲間を無条件にかばう体質などを思い出しては、?と感じております。
2014/12/04(木) 13:16 | URL | とも #-[ 編集]
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.11 平成26年11月30日
大阪府高槻市のお兄ちゃんレターNr.11 平成26年11月30日
【松浪健太(維新の会)、辻元清美(民主党)、西村康稔(自民党)、平将明(自民党)、塩崎恭久(自民党)へ永久政界引退の引導を渡すで。】

今日も、「平成26年12月14日投票開票の衆議院議員選挙」(平成26年12月2日公示)についてや

1 )))))
投票所入場券がはよーに送られてきてもやな、熱狂的保守日本人たちの中にやな、「期日前投票しないで、投票日当日まで熟慮に熟慮を重ねて、投票日当日に投票所へ行って投票するつもりや」というアホーが日本全国のあちこちに見られるけどな。
こういうアホーに限ってやな、「投票日当日に投票しようと思っとったんやけど、投票日当日に雨が降ったりして(または、電車事故があったりして、はたまた、近所で自動車交通事故があったりして)、投票所へ行けんかった。ほんまに残念やった。許してやー。おまえは、俺の気持ちも投票してくれたんやろ」というアホーなことを言いよる。
これは、絶対あかんで。
投票所入場券が送られてきたら、「おりこうさん保守日本人たち」は、即座に一日でも早く期日前投票することや。これが、日本国益に最も適っとる。

2))))
投票所入場券が送られてきたら即座に一日でも早く期日前投票した「おりこうさん保守日本人たち」は、その後、一人でも多くの日本人B層たちへ投票へ行くよう公職選挙法に違反しない方法で促し格段に投票率を上げて各比例区ブロックで各政党が取り合う票の母集団のバイを格段に大きくすることが重要や。
つまりやな、
ほんの僅かな少数の小選挙区を除いてやな、自民党立候補者がほぼ全部に近い小選挙区で当選する可能性が強いからな。だからな、公明党や野党全部は現在、小選挙区の票を捨て各比例ブロックの票を取り合っとる。
日本人B層たちが投票へ行って投票率が格段に上がれば各比例区ブロックで各政党が取り合う票の母集団のバイが格段に大きくなり、日本国民は、比例復活当選者たちも含めて、自民党と次世代の党から一人でも多くの当選者を各比例区ブロックから引き上げることができる可能性が大きくなるということや。
2014/12/04(木) 12:03 | URL | さつき #YbISL93o[ 編集]
自民圧勝
更新ありがとうございます。
産経新聞によれば自民圧勝との予測。まだ油断禁物ですが、この流れで行くと想います。
総理も頑張っておられますが、谷垣さんも誠実に良い仕事をされています。ともかく、速やかに自衛権行使の為の法案を来期国会で可決して下さい。支那、朝鮮、今は韓国も、我が国に侵攻して来たら速やかに反撃出来るように。 お願い致します。
2014/12/04(木) 11:27 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/04(木) 10:36 | | #[ 編集]
No title
ハシゲ市長も、「たまに」は良いこと言いますね
赤旗購読強制排除です
2014/12/04(木) 10:35 | URL | おかざき #SFo5/nok[ 編集]
赤旗購読問題
橋下徹が噛み付いたんですが、どうもピントがズレているようですね。逆に揚げ足を取られそうです。聞いた話では、党の財政の一助になればと、一人で複数の「しんぶん赤旗」を購読している、決して裕福とは言えない共産党員もいるんだとか。そんな人達の「功徳」を、志位和夫や不破哲三は、何とも思っていないのでしょうね。不破哲三や古参幹部連中が、党丸抱えの「赤い貴族」を止めれば、財政も楽になるでしょうに、一度手にした「既得権益」を手放すつもりは、毛頭無いようです。そんなことだがら、「身を切る改革」に及び腰で、「議員特権」にドップリ漬かっていられるのでしょう。
2014/12/04(木) 10:17 | URL | NTRC特撮軍団長・ヤラセロウ大元帥 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/04(木) 09:59 | | #[ 編集]
支那共産党日本支部の志位がニュースステーションで橋下氏に市役所で赤旗の強制購買止めて下さいよ。と言われて、喉がつかえていました。
2014/12/04(木) 08:12 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まさに戦い

明日まで自民大優勢 明後日にスキャンダルが流され 一気に野党に浮動票が流れる ある野党とマスコミ(産経史観なんだとさ)はそんなストーリーを描いているそうな さもありなん
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク