アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


昭和の巌流島決戦と察する文化

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』

【CGS ねずさん】第4話 紫式部が言いたかったこと


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

国井善弥


国井善弥師範といえば、鹿島神流の使い手で昭和の宮本武蔵とまで言われた人です。
他流試合は数知れず。
しかも生涯一度も負けなし、というのですからすごいです。
実はこの国井善弥師範が「日本武道を救った」人です。

戦後日本にはいってきたGHQは、日本人が強いのは、日本人が武道をしているからだとして、日本武道を全面的に禁止にしたのです。
終戦の年の昭和20(1945)年11月6日には、学校の剣道が全面禁止。
翌昭和21年には一般社会人向けの社会体育の剣道も禁止となり、さらに剣道関係者1300余名も公職追放されています。

当然、町道場も営業できない。
なにせ剣道を教えているとGHQにひっぱられるのです。
しかたがないから、再び道場が復活できる日のためにと、日課の素振りをしていると、それだけでもGHQに逮捕され、道具類も全部没収されました。

剣道協会は、なんとか生き残りを図ろうと、「剣道はマーシャル・アーツ(格闘技)ではない。ジャパニーズ・カルチャーだ」とGHQに訴えましたが、通じません。



そこで当時、剣道の防具をフェンシングのそっくりの頭からスッポリかぶるものに改良(?)し、ルールもフェンシングのルールに変えて、面、胴、小手を加えて、しない競技(撓競技)というスポーツを考案したりもしています。生き残りのために、まさに涙ぐましい努力をしたのです。

当時、竹刀も普通は竹を縦に4つに割ったものが使われるのですが、これも8つに割ったものを用いました。
そうすると、竹刀がすぐにバラバラになってしまいます。
そこで竹刀の剣の部分に柔らかい白い布を巻きました。
するとどうなるかというと、防具なしで当たってもぜんぜん痛くない。

試合も、いまのような「打ち込みの鋭さ」などはいっさい問題にされませんでした。
制限時間内に、小手や面に、竹刀が何回当たったかの回数で、勝負が決まるようにしたのです。
ほんとうに、苦肉の生き残り策でした。

そこまでして、ようやく撓競技として許可を得るのですが、それさえも、練習や試合で、打ちこみするときに声を出すのは禁止とされました。
声を出すのは日本兵の突撃をイメージするからダメ、なのだそうです。
だから稽古も試合も、無言でした。

「こんなことではいけない。なんとかして本来の剣道を復活させよう」
そう思って動いてくださったのが、当時国会議員だった笹森順造氏です。
笹森順造氏は、青森県弘前藩士の出身で、キリスト教徒で、青山学院大学の学長もつとめた人です。
戦後の片山内閣では、復員庁総裁、賠償庁長官などを歴任し、ソ連抑留者の早期返還に努力しています。
そしてご自身が、小野派一刀流の剣の使い手でした。

彼は、何度もGHQに掛け合いました。
なんとしても剣道を復活させようとしたのです。
笹森氏は、GHQの係官に言いました。
「剣道は相手に怪我をさせるとか殺すための武道ではない。一瞬にして相手に最小限のダメージを与え、しかも自分が悪かったと悟らせるものです。」
「そんなことはありえない。あらゆる格闘技は闘いに勝つためのものだ。 だから剣道は Martial Arts(軍隊格闘技)だ。危険なものだ。」とGHQはとりあいません。

笹森氏は、何度も繰り返し、「それは違う! 断じて違う」と彼らに食い下がりました。
そしてようやく「では、どこがどう違うのか実際に証明して見せろ!」というところまで漕ぎ着けるのです。
「ミスター笹森は、単に勝つだけではない。相手を懲らしめ、悔い改めさせるものだというが、そんな神の教えみたいなことが現実にできるのか、実際に戦って証明してみせろ」というわけです。

相手は米海兵隊の銃剣術の教官がしてくれることになりました。
かつてその教官に誰も勝てた人はいない。素手の勝負でも必ず勝つし、銃剣を持たせたらまさに向かうところ敵なしという、海兵隊一の猛者です。喧嘩でも試合でも、これまで一度も負け知らずです。
相手をしてあげるから、誰でも好きな日本人を連れて来なさい、というわけです。

ただし条件があります。
米海兵隊の教官は、本物の銃に本物の剣を装着した銃剣を使います。
もちろん対戦相手の日本人は、殺しても構わない。

日本側は、上にご紹介した撓競技用の柔らかな竹に、やさしく布を巻いた、当たっても痛くない竹刀を用います。
しかも防具は着けさせない。
「それでも良いか?」というGHQに、笹森氏は「もちろんOK」だと答えました。

常識で考えたら、無茶苦茶な話です。
しかも日本側が負けたら、もはや剣道復活の見込みはありません。
試合には日本武道の誇りと名誉がかかっています。
絶対に勝たなければならない。

このとき、笹森氏の頭のなかには、すでにひとりの武人が浮かんでいました。
國井善弥氏です。
國井善弥氏は、鹿島神流(かしましんりゅう)の使い手です。
鹿島神流とは、茨城県鹿嶋市にある鹿島神社に古くから伝わる「鹿島の太刀」を元とした古武術流派で、剣術と柔術を中心に、抜刀術、薙刀術、棒術、杖術、槍術、手裏剣術を扱います。
防御と攻撃は常に同時に行なわれ、剣は振りかぶらず一挙動に打つという特徴があります。
國井善弥氏は、その18代目の宗家です。
これまでに、たくさんの腕に覚えのある武道家から他流試合を求められ、一度も負けたことがない。
武器を持たない柔道家や空手家、鎖鎌、大薙刀、棒術等の達人から試合を求められると、相手が望む通りの条件で試合を受け、全部勝っています。
世間は、その圧倒的な実力から「今武蔵」(昭和の宮本武蔵という意味)と呼んでいました。

笹森は、すぐに國井善弥氏にGHQ海兵隊教官との試合を依頼しました。
負ければ日本武道は完全に前途を絶たれることでしょう。
そして同時に國井善弥氏は、その場で命を失うことになるでしょう。
けれど、國井善弥氏を知る笹森氏は、絶対に國井善弥氏がこの試合を受けてくれるし、また勝ってくれるという自信がありました。
そして依頼を受けた國井善弥氏は、これまた二つ返事でこの試合を請けてくれました。

いよいよ試合当日です。
國井善弥氏が試合場にやってきます。
いつも通りの、白の練習着で、片手に例のやわらか竹刀を持っています。
なんの緊張感もありません。
まるっきり普段通りです。

米国の教官も試合場に入ってきました。
その手には本物の銃剣が握られています。
二人は、中央に歩み出ました。

両者は約3mの間合いをとって、相対しました。
試合場に緊張が走ります。
そして國井善弥氏が礼をして、竹刀を中段に構えようとした、そのとき、米教官は、銃剣を國井善弥氏ののど元に向かって鋭く突きだしてきました。
剣道の試合なら「はじめ!」の号令の前、ボクシングならゴングが鳴る前のことです。

あわや銃剣が刺さると思ったその瞬間、國井善弥氏は半歩さがってこの攻撃をかわしました。
米教官は突進を続けながら、銃剣を回転させて、國井の即頭部めがけて銃底を打ちつけようとしました。
カタイ銃底による即頭部殴打です。当たれば即死です。

國井善弥氏は、米教官のこの動きをあらかじめ読んでいました。
銃剣での突きがきたすぐあとに、銃底を使った殴打がくる。
そして國井善弥氏は、逆に相手の前に半歩前進すると、その銃底をかわしながら、米教官の後頭部にやわらかく竹刀を当て、そのまま教官の突進する力を利用して、教官を床に引き倒しました。

教官が四つん這いになって床に手をつきます。
國井は、そのまま教官の後頭部を、竹刀でグィと押さえました。
人間の体は、頭がいちばん重たいものです。
ですからこの頭を後頭部から抑えられると、身動きができなくなります。
しかも四つん這いになった状態で、頭部をグィと胸の方に押し込まれると、呼吸も苦しくなります。
米教官は、おもわず「参った」をしました。

「勝負あった!」
すべてが一瞬の出来事でした。
米教官は、素直に負けを認め、國井善弥氏は、いっさい相手と剣先を合わすことなく、敵を見事に制したのです。
圧倒的な実力差でした。
そして剣道は、相手に怪我をさせたり殺害したりするものでなく、相手を制するものであるということも、立派に証明して見せた試合でした。

しかも國井善弥氏は、相手と一太刀も合わせていない。
怪我さえもさせていないのです。

國井善弥氏の戦いの再現


この事実はGHQに衝撃を与えました。
見事に笹森氏の主張が証明されたのです。
しかし、GHQの答えは、「日本人に武道を認めない」というものでした。
日本武道の圧倒的底力を見せつけられたGHQの担当官は、まさにその強さに恐怖したのです。

ところが事態は意外なところから変化しはじめました。
國井善弥氏の圧倒的な勝利を目の当たりにした海兵隊の敗れた米教官をはじめ、米軍の兵士たちが、こぞって日本武道を学びたいと言い出したのです。
ただでさえ、腕自慢の若者たちなのです。
誰しももっと強くなりたい。
そしてこのことは、GHQ内部にも、「日本の武道は失うにはあまりにももったいない」という機運をもたらします。

そしてこれが日本武道の復活となって、いまの剣道や柔道、空手、合気道、古武術などの武道の復活につながっています。
この國井善弥氏の戦いは、相手の動きをしっかりと読んで勝利したことから、「昭和の巌流島決戦」と呼ばれました。
それはちょうど、宮本武蔵が佐々木小次郎との果合いにおいて、小次郎の動きを先に読んで、長刀の木刀で真剣の小次郎を倒した、その戦いになぞらえれる戦いであったからです。

ルールが決まっているスポーツの試合では、ただやみくもに技をかけたり、相手に打ち込んだりということが行われたりします。
けれど、刃物を使った実戦では、斬られたり刺されたりしたら、それはそのまま重症に至るし、場合によっては死んでしまいます。
昔の剣術の稽古では、防具なしで、木刀を持って試合や練習が行われたりなどしましたが、木刀だって、当たれば痛いし、怪我をします。

ですから、私などには到底、真似できないことですが、昔の武道の達人は、相手の動きを先に読み、相手の動きを流して斬る、あるいは打つ、ということが行われました。
当たったら怪我をするのですから、怪我をしないために、当たらないように相手の動きを先に読んでしまうわけです。

國井善弥氏は、道場に入門したての頃、先生からよく
「ナニを持って来い、ナニもついでに」と指示されたそうです。
「ナニ」と言われても、それが何かはわかりません。
しかしこれは「相手の思っているところを察知する心眼獲得のための修業」だったのだそうです。

先生の指示は、次第に「ナニをナニして、ナニをナニナニ」と、まさに暗号のようなものになっていったそうですが、國井氏は、かなりの確率で師の意思をつかむことができるようになったといいます。
そしてこの修業が、立会いで相手の動きを事前に読みきる能力に活かされたのです。
この試合でも、國井は、相手の銃剣の先生の動きを事前に読んで、体の動きを捌き、相手を制しています。

國井善弥氏のこの試合は、宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の戦いになぞらえて、昭和の巌流島と呼ばれました。
これも、忘れてはならない日本の歴史のヒトコマだと思います。

同時にもうひとつ、日本文化は、和歌においても武道においても政治においても商売においても、普通の人間関係においても、常に「察する」ということがその根底に流れているということを、申し上げたいと思います。
現象が起きてから対処するのではなく、國井氏が相手が銃底で側頭部を打ちに来ると読んで、これを交わして倒したように、事前に読んでコトが大きくならないうちに、怪我ひとつさせずに、相手を抑えこんでいます。

政治も治安も同じです。
殺人や強盗強姦窃盗傷害などの事件が起きてからでは遅いのです。
足立区綾瀬の女子高生コンクリート詰殺人事件や、福岡一家惨殺事件など、そういう事件が起きてから捜査をするのでは、もうその時点で、政治が手遅れになっているのです。

スポーツも同じです。
フィギアをはじめ、さまざまなスポーツで、明らかに八百長と思しき審判が過日のどこぞの国のアジア大会では非常に目立ちました。
そういう八百長が起きてから対処するどころか、実際に目の前であきらかな不正が起きていてさえも、何の対処もできない。そんな政治を、そんなスポーツをいったいどこの誰がどのように望んでいるのでしょうか。

「明察功過」
これは聖徳太子の十七条憲法第11条にある言葉です。
明察功過というのは「いいことも悪いことも前もって察しなさい」という意味の言葉です。
わたしたちは、いまいちど、日本文化の根底にあるこの言葉を、あらゆる場面において、しっかりと見なおしていかなければならない時期にきていると私は思うのですが、みなさんはいかがでしょうか。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

國井善弥、鹿島神流


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/25(木) 00:58 | | #[ 編集]
神ワザまで昇華させる日本文化のすごさ
これは、ものすごい話だと思います。
私は中学・高校と剣道をやっていましたが、強くなれませんでした。いや、とても弱かったです。
自分なりに頑張ったつもりなのですが、もっと強い人がいくらでも居る。もっと頑張った人が、こんなに居るのかと、思い知ったものです。まぁ、私なりに頑張って、それはそれで良い肥やしになりました。
しかし、それにしても、頂点がここまで凄いとは知りませんでした。
まさに神ワザ。
そのような神ワザ、人間が本当にそんなことができるとは、にわかには信じ難い。まさに、GHQと同じ思いです。
そんな域まで鍛錬を積み重ねた達人を輩出できる文化を、私は心から誇りに思います。
「明察巧過」のポテンシャルはすごい。そして、そのポテンシャルを限りなく昇華させ、ここまで具現化せしめる人間を作り出せる日本文化を、ごく末端であっても、微力でも担えていることを、私は心底誇りに思います。
日本の文化は本当にすごい。この文化は、まさに人類の至宝と言えるのではないでしょうか。
日本に生まれ、日本に育てられた私たちは、この文化を絶やさず子々孫々に引き渡す使命があると思いました。
こういうことが産みだせる文化を守らずして、国を守る意味があるのかとすら思います。
そういう使命感こそが、神風特別攻撃隊の飛行兵たちの胸にあったのではないかと、思いました。
命を捨てる覚悟が、どういうときにできるものか。
無理やり行けと言われ、しぶしぶできるようなものではない。
それは、真剣に闘えば、すぐにわかること。
だからこそ、外国はそれを恐れたのではないか。
だからこそ、日本を貶め、日本人を骨抜きにし、日本文化を根絶やしにしようと躍起になるのではないか。
だからこそ、骨抜きにされようとしている日本人自身が、日本の文化を知る必要があると、改めて強く思いました。
今日も本当にいいお話を、どうもありがとうございました。
2014/12/25(木) 00:03 | URL | Alinamin2011 #-[ 編集]
この10-20年で極端に日本人の「想像力」の低下を感じています。ありえない犯罪や自殺の増加も、これに起因すると思っています。これに、「けじめ」という基準(常識の基礎)が共有できれば、日本本来の不心得者に厳しく弱者に暖かい秩序ある平和な社会が取り戻せるはずです。
今回の話はすばらしい話ですね。是非、4巻に載せて欲しい話です。日本人の誇りを取り戻す、「欧米に畏敬された、誇りある日本人」。まず一番は天皇陛下ですよね。私の個人的な願望です…。
※やはり、まずは子供に与える「教材」が必要です。先日『教育勅語 絵本』手塚容子著(善本社)という本を知り、子供と甥たちにプレゼントしました。同社社長ともお会いできお話も伺いましたが、本当に素敵な方でした。今の子供たちの幼児教育?(童話も変質しています)こそ、注視する必要を感じます。
2014/12/24(水) 21:24 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
偏向報道
テレ朝、特に古館氏のニュースステーションの偏向報道はひどいですね。会社の倒産件数は明らかに減っているのに、円安で倒産した事しか報道していない。 支那や韓国に都合の良い報道しかしていないのは明らかです。
まあ、韓国系の企業やイオンがスポンサーですからね。 良識ある日本人は鵜呑みしないで下さい。
2014/12/24(水) 18:09 | URL | 大阪市民 #-[ 編集]
百人一首の出版は…
ねずさんの百人一首解説本が出版されるのを、首を長くして待っております。ろくろ首のようになってしまいましたが、ご予定はいかがでしょうか。
2014/12/24(水) 18:08 | URL | ink #-[ 編集]
中国拳法vs日本武術
太気拳(中国拳法、意拳)の創始者である、澤井健一先生は國井先生に挑戦したかったそうです。
中国最強の拳法家、王向斉の日本に於ける唯一の継承者たる澤井先生と國井先生が戦っていたら?
どんな武侠小説よりも血沸き肉躍りますね。
ちなみに、若くて強い空手家、レスラー、柔道家、キックボクサの誰一人として70歳超の澤井先生に勝てなかった。
本物の中国拳法は凄味に溢れてますよ。
2014/12/24(水) 15:13 | URL | 太気拳拳士 #SApcxhOc[ 編集]
口を閉ざす朝日と毎日
新たに制定された「特定秘密保護法案」に民主党を始め野党や多くのマスコミが反対しています。理由は「国民の知る権利」を阻害するというものです。「国民の知る権利」を最も阻害しているのはマスコミではないでしょうか。

来年は戦勝70周年行事を行うと中国はロシア、韓国に呼び掛けています。歴史問題を騒げば困るのは「戦勝国」です。真実が明らかにされていきます。習近平主席は「南京問題」を大きく宣伝するそうです。

南京事件がなかったことを一番知っているのは「朝日新聞」と「毎日新聞」です。1937年12月13日に始まった南京事件当時100名を超える「朝日・毎日新聞記者」が南京で取材していました。新聞記者だけではありません。林芙美子など複数の作家も同行しています。

自分の目で見ていた彼らが「南京事件」を知ったのは戦後の東京裁判でした。東京裁判では「証言証拠」と「伝聞証拠」だけで客観的な証拠はありませんでした。証人として出廷した宣教師は「マギー牧師」のフィルムがあると言ったようですが提出されませんでした。

東京裁判でなかった客観的証拠が半世紀を過ぎて写真になって出てくるなど有り得ない話です。1937年12月17日が松井大将の南京入場日でした。その記録フィルムなど当時の南京城内の記録フィルムが残っています。

「真実」を知っているはずの「朝日」や「毎日」は何故口を閉ざしてるのでしょうか。「報道の自由」には「報道する自由」と「報道しない自由」があります。「国民の知る権利」を阻害している多くのマスコミに「国民の知る権利」などと言って欲しくないものです。
2014/12/24(水) 12:49 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
 いつも勉強させて頂いてます。
 前記の方と同じく、不遜ながら、かっこ良さを、胸の奥から感じます。
 が、その武道の深渕さを感じ、畏敬の念が同時に湧き上がるのは、
 日本人のDNA でしょうか?
 自然と、気も背筋もピシッと伸びるを覚えます。
 歴史好きの私としましては、かの戦国時代からの武者達や、さぞかし
 と、想いを馳せざるを得ません。
 外国の方が魅せられるのも、よく理解できますが、邪推ながら、
 彼らと我ら日本人とでは、その深渕さを瞬時に肌で感じるや否やが、
 多少違うのではないかな?と、誤解覚悟で付記させて頂きます。
                       拝。
2014/12/24(水) 12:37 | URL | 吉法師 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/24(水) 11:33 | | #[ 編集]
いつもありがとうございます。
鹿島流の国井善弥師範は、日本武道の大恩人だと初めて知りました。 しかし、言葉が軽くて申し訳ないですが、格好良いですね!アメリカの教官を竹刀だけで身動き出来なくする所など、胸がスカッとします。
柔道の三船十段や合気道の植芝盛平翁も、
同じような武勇伝があります。 この方達の共通の精神性の特徴は、皇室尊崇の念の篤い事と愛国心が強い事です。 だからこそ、日本の神々様から神気を授かり、神業とも言える武道を行えるのです。 その根本がなければ、単なる力技で腕力が強ければ良いだけの武術になるだけです。 この根本を教えられる師範が今の日本に居るのでしょうか?
日本の本当の武道は、相手の暴力を制し、相手を生かす道でもあります。
2014/12/24(水) 09:08 | URL | 庶民 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かつて日本の武道は強かった

中々知る機会がないことなので、ここにメモしておきます。

日本武道を救った先人達・・・

☆戦後日本にはいってきたGHQは、日本 人が強いのは、日本人が武道をしている からだとして、日本武道を全面的に禁止 にしたのです。 終戦の年の昭和20(1945)年11月6日に は、学校の剣道が全面禁止。 翌昭和21年には一般社会人向けの社会 体育の剣道も禁止となり、さらに剣道関係 者1300余名も公職追放されて・・・ http://nezu621.blog7.fc2.co...
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク