アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


授業づくりJAPAN

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
【CGS ねずさん】第6話 植民地支配に反対した日本


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

八百万の神々1227


早いもので、もう今年もあと4日になりました。
さてそこで、新年から始まる新しい取り組みのお知らせです。

来年1月、「自由主義史観研究会」(藤岡信勝代表)から、新たに「授業づくりJAPAN」が誕生します。
「自由主義史観研究会」は、戦後失われた、というより意図的に歪められた日本の教育を正し、子供たちが日本人としての誇りを持てる真実の歴史を取り戻していこうとする教育者の集いです。

そしてここから南京問題や慰安婦問題についての詳細な研究や資料の発掘がなされ、また幕末から日清、日露、満州建国、支那事変、大東亜戦争などの真実が掘り起こされ、それがさらに「新しい歴史教科書」、「新しい公民教科書」をつくる運動にも広がりました。
自由主義史観研究会のオフィスにお伺いさせていただいたことがありますが、もうほとんど図書館状態です。
ここにありとあらゆる資料が持ち込まれ、研究され、そしてその成果が発表されていきました。

とかく私達は、表面に出てきたものしか見えないものですが、ここでは、教育を専門とする先生、教師、教諭、教授たちが、純粋に真実を見つけ出そうと、ひたすら地道な調査検証作業が積み重ねられ、議論され、なんどもやり直しを経て、その研究成果が「新しい歴史教科書」として世の中に出て行ったわけです。

そしてこのたび、ここからさらに一歩進めて、そうした成果をどのようにして具体的に授業に生かしていくかを教師間で学び合う場として新たに「授業づくりJAPAN」が発足することになりました。
以下は、誇りある日本人を育てる教育をすすめる「授業づくりJAPAN」からのお知らせです。



******

「授業づくりJAPAN」は全国の心ある教師の集まりです。
自虐史観を克服し、愛国心を持った、誇りある日本人を育てる教育を進めていきます。
全国の教室でしっかりと結果を残す教育を実現します。
これはあれこれのおしゃべりではなく、いまここにある誤った教育の事実を変える運動です。

先日、ブログ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」をつくりました。
http://jdjapan.blog.fc2.com/
ぜひ開いてみてください。

また、メルマガ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」の創刊号を配信しました。
みなさんさっそく、メルマ!(melma!)から購読登録してください。
購読は無料です。
http://melma.com/backnumber_00198666/

メルマガID:198666
メルマガ名:授業づくりJAPANの「日本人を育てる授業」
カテゴリは「学校・教育」です。

メルマガとブログを拠点にして「授業づくりJAPAN」を全国に発信していきます。
まだまだ未熟な内容ですが、日本教師塾などたくさんのがんばっている研究団体と連帯して、さらによりよいものにしていきたいと思います。
応援とご指導をよろしくお願いします。


******

ブログ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」を開いていただきますと、12月15日の記事に、服部剛先生のパラオ・ペリリュー島の戦いの授業が載っています。
http://jdjapan.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

ちょうど12月17日に、パラオの大統領が訪日し、陛下にお会いになりました。
来年には陛下がパラオにご訪問されます。
そうした報道があったタイミングで、ペリリュー島の戦いの授業が掲載されています。

服部先生の道徳は、こねくりまわして生徒を誘導し、よい子だけが先生が求めている答えを予想して発言する授業ではありません。
素晴らしい資料を生徒に読ませて、素直な感想を書かせるだけです。

まじめな子もそうでもない子(笑)も身を乗り出して資料にのめり込みます。
そして、今の日本では見たことも聞いたこともない、これまで教えられたことのない真実に自分で気づきます。
そこにいるのは、今は思い出すことを禁じられているが、昔はあたりまえだった日本人(われわれの親・祖父母・曾祖父母)だからです。

ここにいるのは、あなたがたのおじいちゃん、ひいおじいちゃんなんだよと言えばそれだけでわかり、感動があります。
そして、その感動が心を動かすのです。
教師が説明したり、押しつけたり、無理矢理納得させたり(ありえない!)する必要はありません。

そこがこれまでの授業との違いです。


******

日教組は有名ですが、現職の学校の先生方でも、こうした教師による本物の日本を教え、学ぶ団体があることをご存じない方が多いようです。
とりわけ自由主義史観研究会にしても、来春生まれ変わる「授業づくりJAPAN」にしても、単に教師が歴史を学ぶとか、何かを知るということだけではなくて、そこからどのように授業つくりをしていくか、を研究テーマにしています。

医師には医師会があり、常に集っては症例や処置例の発表を行い、日々の研鑽に余年がないといいますが、授業においても、やはりこうした授業例を通じた研鑽は、教師自身が、自分自身、生涯を通じて成長できるものであるとともに、その先生の感動が、さらに子どもたちに波及し、感動の連鎖を産むものと思います。

ある高校では、教師が特攻隊のことを授業で触れたのだそうです。
すると日頃、不良を気取り、授業をまともに受けようとさえしなかった子供たちの眼の色が変わり、こんどはその不良たちが中心になって、特攻隊の演劇が校内で企画され、全校生徒の前で実演されたといいます。

嘘は、何万回教えても、嘘は嘘です。
そこに「嘘と気づいた怒り」が生まれることがあっても、何の誇りも感動も生まれません。

けれど、真実には感動があります。
人は理屈では動きません。感じて動くのです。
だから感動という言葉はありますが、理動という言葉はありません。
まして、政治的に偏向したマイナス思考のカタマリとなった授業では、生徒たちの目は死んでいくだけです。

是非、心ある教職の方には、「授業づくりJAPAN」のメルマガをご購読いただき(無料です)、そしてこの運動に関心をもっていただきたいと思います。

戦後の高度成長期に全盛を極めたのが日教組です。
その日教組全盛時代、子供たちの未来を真剣に思い、よい大人をつくるための授業を志した多くの先輩たちは、学校内で、実はたいへんなイジメに逢いました。
子供のイジメではなく、教師が教師に対して行うイジメです。
会議などの場で吊るし上げる、家にまで嫌がらせをする。子供たちを動員して抗議の声をあげさせる等々、それは酷いものでした。
そうした中にあって、美しい日本の姿、日本の真実の姿を子供達に教え続けるということは、本当の教育者、本当の子供達への愛がなければ出来ることではありません。
それでも頑張ってきた。
それでも努力し続けてきた。
いまでは定年を迎えられた先生も多々おいでになりますが、どなたとお会いしても、まるで神様のような澄んだオーラを発しておいでになります。
本物の日本人だなあという感じがします。

日本を取り戻す。日本を変える。言葉は簡単ですが、それは最短でも20年30年かかる壮大な行動です。
なぜ2〜30年かといえば、しっかりとした教育を受けた子供たちが育ち、社会の中心となる時代を築かなければならないからです。

道は遠く険しかもしれません。
けれど、絶対に値打ちのあることだと思います。

ひとりでも多くの教師のみなさまのご参加をお待ちします。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

【CGS ねずさん】第6話 植民地支配に反対した日本
〜もし日本が戦争に勝っていたら?〜


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

関連記事

コメント
No title
若者に対して、もう少し、ねずさんの話を知らしめたいのです。
おじさんに出来る事は、青雲の志を示す事位なのです。
之ばかりは、人生を巻き戻す事が出来ない我々には、実行しようも無いのです。
学生相手の講演を増やして頂きたい!
費用は、此処で募れば良いのです。
少ないながらも協力させて頂く所存です。
恐らく、十年二十年結果の出ない活動でしょう。
それっぽっちで、諦めてしまう位なら、その程度の活動だったのでだろう
と成ります。
地道な活動でしょうしか、失地を回復する方法なぞ有りません。
70年かけて、洗脳されて来たのですから...
2014/12/27(土) 22:06 | URL | のんべ安 #-[ 編集]
教育の大切さ
GHQの占領政策は日本を殲滅させることであったので、その方針に基づき戦後教育もゆがめられました。
僕は昭和33年生まれで、詰め込み主義の時代で教科書なんかもゆとり世代の教科書に比べると倍以上の厚さもあって先生たちも文部省の教育指導要領みたいなものに沿ってひたすら生徒に一生懸命喋っているという感じの授業で、僕はただただ黒板の文字を必死にノートに写していたという思いでしかありません。
内心では詰まらないと思っていたのかもしれません。
特に歴史の授業では、よくいって明治維新、日清、日露戦争ぐらいまでの記憶がなく昭和に入っての現代史は教えられた記憶がありません。
先生が一方的に喋るだけでなく、生徒達が資料を見て、読んで、そして感じたことをお互い喋る という事が本当の学校の授業ではないでしょうか!
日本の未来を背負った子供たちにぜひ、そういう授業をしてもらいたいと思っております。
2014/12/27(土) 21:49 | URL | むーちゃん #-[ 編集]
No title
疑問をもったら真実を深く追求する心が必要だと思います。
    古の偉人はそれを、成し遂げたのです。
     今、私たちが生きている証しです。
        その偉人に感謝です。
2014/12/27(土) 19:47 | URL | #-[ 編集]
助成金が欲しいだけ。
自分の生活が第一の小沢は、まだ政界再編とか野党の一致体制とか言っているけど、ただ単に助成金欲しさに心にも想っていない事を言って演じているだけなのは筒抜けですね。師匠の金丸と同じ位に私腹を肥やしたいと想っている金の亡者にすぎませんよ。あの世にお金など持って逝けないないのに、年寄りが見苦しい。 皆、国民の血税じゃないか!
2014/12/27(土) 19:42 | URL | 庶民 #-[ 編集]
すばらしい取り組みだと喜んでおります。
幼い子供に童話を読んでおりますが『桃太郎』や『一寸法師』など、駄文のせいか意図的なのか、私が子供心に感じた「村を襲い、食べ物や娘を奪っていく」恐ろしい鬼の姿は見えてきません。なので、子供時代を思い起こしながら膨らませて読んでいます。子供は鬼の場面を怖がり、桃太郎の活躍に大喜びです。
女の子ですが、正しいことを信じ、例え強大であっても「悪」には堂々ともの申せる、強い人間になってもらいたいと願っています。
2014/12/27(土) 18:28 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
No title
戦後ゆがめられた日本の教育を是正するための教育者の集いが開催されることは、とても素晴らしいことだと思います。
日本の正しい歴史認識の元に、それら教育者の方々が研鑽を積まれて、日本の未来を担う子供達が、日本に誇りを持って生きていく姿を夢見る思いです。

これは西村文部科学大臣の、意図にも合うことだと思います。
教育に携わる方々がその目的を実行するために、是非とも検定基準を日本の誇りある正しい歴史認識のものに改正し、これで教育する必要があると思います。



ところで、
>その日教組全盛時代、子供たちの未来を真剣に思い、よい大人をつくるための授業を志した多くの先輩たちは、学校内で、実はたいへんなイジメに逢いました。
とのことですが、これは、今は無いのでしょうか? 気になるところです。

教育者は、仕事の中で学校内のイジメをなくさねばなりません。
しかし、学校の中で組合活動に反するとして、組合活動をしない教育者をイジメルのならば、同一人が片方でイジメをなくしながら、もう一方でイジメを行うことになります。人間は、そんな器用に出来ていないと思います。
イジメをする教育者は、職務を執行するに不適格ですから分限処分で退職していただいた方が良いと思います。
2014/12/27(土) 18:00 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
一つの表現が行き過ぎているか否かを、誰が何に拠って判断する、出来るのでしょうか。「イスラム指導者」を批判したり戯画化することを表現の自由を盾に許容されている欧州メディアでは、ホロコ-ストに疑義の提示すら禁止するという悪法でその表現の自由を奪っているという現実があります。その悪法の為フランスの国民戦線FNの指導者(日本贔屓で京大留学経験あり伴侶日本人)は何度となく起訴されています。

日本史の勉強は1853年ペリ-来航から1945年敗戦~主権回復までをガッツリと正確に教えてから縄文、弥生と授業を進めた方が良いのではないか、という意見を伺った記憶が有ります。あらゆる面での混乱の原因は日本の近代史をきちんと把握出来ていない事に由来しているのでは、とかなりの自戒を込めて思っています。
2014/12/27(土) 16:07 | URL | kiwa #-[ 編集]
表現の自由
民主主義国では表現の自由が許されています。しかし、無制限の自由はないはずです。「いじめ」や「ヘイトスピーチ」なども表現の自由でゆるされるのでしょうか。いくら「表現」であっても「許される自由」と「許されない自由」があります。

アメリカで「金」北朝鮮国防第1委員長を・・する映画が製作され、話題になっています。北朝鮮の反発に対してアメリカは「表現の自由」を理由に上映させるようです。

もし、そのような自由が許されるのであれば「いじめ」や「ヘイトスピーチ」も許されることになります。行き過ぎた「表現の自由」は軋轢を生むだけです。

映画だけではありません。小説やマスコミ報道でも同じです。人権や名誉を棄損するような「表現」は制限されるべきではないでしょうか。

今回制作した映画製作会社に聞いていみたい。「イスラム指導者」を・・する映画を製作する勇気があるのかと。
2014/12/27(土) 14:24 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
速攻で、登録しました。
2014/12/27(土) 13:14 | URL | 鬼 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/27(土) 10:35 | | #[ 編集]
No title
拉致、核、ミサイルを切り捨てる反日売国の「5.29日朝合意文書/尖閣諸島をはじめ日本を中共に売る「11.7日中合意文」-保守偽装の反日左翼の安倍首相とその仲間を打倒せよ!
http://1st.geocities.jp/anpo1945/rachikaku.html
2014/12/27(土) 08:00 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

集り名人

アポなしで押しかけて、金よこせ!会えなかったら「差別だ!」ですか?(´・ω・`) 沖縄マスコミの異常さは半端ないな。 今までの使い方もかなりめちゃくちゃっぽいから、そりゃチェックも入るわなぁ、、。 心の均衡を保つために反日はやめられませんか? やられるほうはたまったもんじゃない! 誠意を示さないやつが悪い!って、手口がやくざと一緒だよな。 気に入らない言葉を発する勢力を規制せよ!...
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク