アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


独立自尊

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
【CGS ねずさん】第5話 学校で教えてくれない百人一首


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

遣隋使1228


607年といえば、第二回の遣隋使が派遣された年です。

支那に「隋」が誕生する前の時代は、3世紀の初め頃の、あの『三国志』で有名な三国時代、五胡十六国時代、南北朝時代と続く、支那大陸の戦乱の時代です。
このことは日本外交という面からいうと、日本が支那を無視できた時代といえます。
向こうさんが勝手に内乱を繰り返しているのです。

ですから日本は、第21代の雄略天皇の時代に、宋に使いを送った(478年)のを最後にして、支那の冊封体制から離脱しています。
そして600年に、日本が、新しく支那にできた「隋」の大帝国に第一回の遣隋使を送るまで、122年間の間、日本は支那と国レベルでの国交を絶っています。

ちなみに支那の皇帝が、東アジアの周辺国に朝貢を要請するようになったのは、魏蜀呉の三国志の時代からといわれています。
それ以前の支那の王朝は、支那エリアだけでの覇権を争っていただけです。


その魏に、魏志があり、その中の倭人伝は有名です。
このことと華夷秩序、冊封体制を結びつけて、支那の歴代王朝が周辺諸国を冊封体制の下に制圧していたような印象をあたえる記述をよく見かけますが、これは実は、半分正解、半分不正解な記述です。
というのは、支那の歴代王朝は、なるほど「柵をもって王に封ずる」という政治体制を敷きましたけれど、これは支那の歴代王朝にとっては、彼ら自身の権威付けのためのものでもあったのです。

ご存知の通り、支那人というのは、たいへんわがままな人たちです。
そういう人たちを従わせるに際して、「ほら、この通り皇帝のもとには、君たちよりもはるかに遠くの諸国の王たちが、皇帝の徳を慕って朝貢してきている。だから皇帝は権威があるのだ。君たちも見習いなさい」という、一種のデモンストレーションを、年中行う必要があったのです。
つまり柵封は、歴代王朝の権威付けのためという彼らの都合のために行われていたという側面があるわけです。

このことは同時に、周辺国にとっても、強大な支那の皇帝をバックにつけているということが、周辺国の豪族たちにとっても、自分の権威付けになりました。
現実問題として、戦って血を流して領土を切り取るよりも、強大なバックについてもらって、その権威で自身にとっての周辺豪族を従わせたほうが、はるかに楽だし安全です。

実際、こういうことは、今も昔も変わりません。
どういうバックがついているかということでしか人を見ることができない人というのは、いまの世の中にもいます。残念なことですが、それが世の常です。

このことは、いわゆる「権力」というものが内包する大切な側面をも見事にあらわしています。
つまり「権力」は、何らかの「権威」がなければ、発揮することも行使することもできない、ということです。
その「権威」は、強大な軍事力であったりするし、身近なところでは、会社から与えられた部長とか課長とかいう「身分」であったりします。
そして「身分」が「権威」によって裏付けられると、そこに「権力」が生まれるわけです。

「力」も同じです。
「力」は「正義」という名の権威の裏付けがあって、はじめて正当化されます。

最近では、大義名分を兵を利用するためとか、非常に低次元なものにしたがる作家さんや教授さんがいますが、いくさをするということは、「力」を用いるのです。
そして「力」を用いるためには、大義という名の「正義」の裏付けがなければ、それはただの暴力になってしまいます。
支那では、正規軍とヤクザと暴徒は同じものですが、わが国では太古の昔から、軍と警察は、ヤクザや暴徒とまったく別な存在です。
だからこそ大義名分を大切にしたのです。

話が前後しますが、古代に話を戻します。
有名な「漢倭奴国王印」と記された金印は西暦57年のものですけれど、当時の倭国は村落国家の時代です。
つまり村がひとつの「クニ」であった時代で、その村々を組織化し集合体化していくためには、力のある者が、なにかもっと力のある者にその権力の認証を与えてもらう必要があったのです。
支那は広大だし、そこにある軍事独裁国家が後ろ盾となり、金印までもらっているわけです。

周辺の村々からすれば、すくなくとも奴国は、漢の国に使節を派遣できるだけの財力と政治力を持っているということになるわけで、しかも与えられた印は、金銀銅の中で、いちばん位の高い金印です。(ちなみに朝鮮半島の歴代王朝も支那の皇帝から印を授けられていますが、彼らは銅印以外はもらったことがありません)。
それだけの御仁ならば、じゃあ、村々協同の大将にしようじゃないかという気運が自然と生まれるわけで、それで奴国は力を得ていくわけです。

ところがそれから100年位経った2世紀後半になると、支那の漢の大帝国自体が内紛状態になるし、そうなると漢の権威が弱化しますから、当然のことながら漢を後ろ盾にした奴国の権威も弱化します。
それで起こったのが、「倭国乱」です。

そして最終的に、卑弥呼(姫巫女)が、魏に使いを送ったのが西暦239年のことです。
その西暦200年代に古代大和朝廷が国内を統一し、統一した倭の五王(讃、珍、済、興、武)が宋に使いを送って柵封を受け、そして最後に倭王武(雄略天皇)が宋に使いを送ったのが478年で、これ以降122年間日本は支那との国交を断つ・・・と話がつながるわけです。

要するに、古代の一時期、日本は支那の柵封を受けました。
それは散乱する国内の村落国家を大和朝廷としてい統一していく過程において、その必要があったからです。
そしてその必要がなくなったとき、つまり倭王武のときには、柵封を受けること自体、日本は取りやめにしてしまっています。

そして支那に強大な軍事帝国「隋」が誕生したときには、日本は堂々と隋と対等な国家として、外交を展開しています。
それが7世紀のことです。
それ以降、日本は独立した国家として、独自の日本文明をしっかりと築いてきました。
つまりすくなくとも1400年間、日本は独立自尊をしっかりと保ってきたのです。

いま、支那や米に媚びる人たちがいます。
7世紀の日本人の爪の垢でも煎じて飲んでもらいたいものです。




人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
No title
古代史を読んでいますと、誰もが興味を持つのは魏志倭人伝で女王卑弥呼がいた邪馬台国はどこだったのかと言うことだと思うのですが、大きく分けると近畿と九州ですけれど、細かく見ると本の数だけ説があるようです。
また、これに付随してと言うと失礼ですが、倭の五王にもいろいろな説があるようで、日本の歴史は古くて長いだけに、古代のロマンを感じます。

古代から日本人は、大陸と半島に悩まされながらも、どこにも支配されない国を維持してきたのだろうと思います。
ご先祖様は、凄いと思います。



大韓航空のナッツリターン事件は、今や副社長の逮捕の可能性までに広がっています。
考えてみればこの事件、副社長が大韓航空に搭乗した際に客室乗務員のナッツの提供方法が悪いとして、失跡したことがことの始まりですが、韓国人がいかに癇癪持ちだとしてもこれまでならこんなに大事にはならなかったと思うのです。

この問題がこれほどまでになる一つの原因として、珍説を考えました。
いわゆる従軍慰安婦問題について朴槿恵氏は、大統領に就任以来、日本に謝罪と賠償を大声で訴え、日本がこれに応じないと諸外国に叫び続けました。
しかし、日本はこれに対して、韓国の要求に応じることはありませんでした。
これに対して、朴槿恵大統領はこんな筈はないと、ますます叫び続けました。

ところで、韓国は大統領を含めて国民全体も、日本を糾弾すれば必ず謝罪する筈だと信じてきたのですが、これが相手(誰であっても)を糾弾すれば必ず謝罪すると変化していたと思うのです。

そこへ、たまたまナッツリターン事件が勃発したことから、これが大韓航空の財閥に対しての糾弾になったのではないでしょうか?

もっとも、その前にはセウォル号事件があって、国民はこれに怒った部分もあったのですが、この事件は大惨事ではありましたが、社長が自殺したため国民に糾弾の不満は残ったと思います
2014/12/28(日) 17:06 | URL | ポッポ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/28(日) 16:22 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/28(日) 14:43 | | #[ 編集]
医療費とGDP
高齢化が進む日本は毎年1兆円の医療費が増加すると言われています。医療費は製薬会社や医療機関に支払われるお金です。製薬会社や医療機関は何の努力をしなくても収入が増えていきます。日本最大の会社であるトヨタでも毎年1兆円の収入増加は難しいと思います。

1兆円もの収入が増加する製薬会社や医療機関はその金を何に使うのでしょうか。貯金をするか何かに消費するかです。貯金はGDPに貢献しないが消費はGDPに貢献します。

視点を変えてみると「医療費の増加」はGDPの増加に寄与していることになります。日本政府が政府支出として支払う「医療費」は無駄にはなっていません。アベノミクスで経済が好転し、税収が増えればそれで医療費の増加分は賄えます。

少子化で高齢者が減れば自然と医療費が少なくなります。その分、当然GDPも下がります。財源さえ確保できれば医療費の増加はGDPを増やすことになります。

この考えは可笑しいでしょうか。医療費とGDPの関係が良く分かる方に教えていただきたいと思います。

それにしても毎年1兆円の収入が増加する製薬会社と医療機関は羨ましい限りです。
2014/12/28(日) 11:41 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
駄々っ子習氏と李克強(コキントウ派)首相は表向きは協調している様子ですが牽制しているとの事。 どちらにせよ、ウイグル人やチベット人に対して幼子も容赦なく殺害するような支那共産党は、人類の為に無くなった方が良いです。 日本と尖閣を巡って戦争へと発展する可能性もありますが、日本に負ければ間違いなく、支那共産党政府は国民の内乱により瓦解するでしょう。 支那人や香港人にしてみれば、その方が幸せかも知れません。
2014/12/28(日) 11:02 | URL | 日の本の人 #-[ 編集]
中華思想と米華思想
冊封体制はシナにとっては、主人と家来の関係としてしか考えていないと思います。
古代日本ではアジア(当時の世界全体)を纏める為には、最も権威(権力)の有る人(王朝)の下に纏まるのが一番良いと思っていたのではないでしょうか。

しかし、シナでは中華思想。日本では八紘一宇。
どちらも外見上は同じ様に見えるこの概念の違いに気がついた倭国は、シナとの縁を切ったと思います。なので、倭国がシナの冊封を受けたのではなく、ただ勘違いをしただけだと思います。

現在も、日本はアメリカの冊封(保護同盟)を受けていますが、これも勘違いをしているだけだと思います。
昔は中華思想、今はアメリカ中心の米華思想に世界が結集すれば、世界が平和になると云う幻想です。

倭国が中華思想を勘違いしたのが数百年間、日本が米華思想を勘違いいているのが70年間。
日本が八紘一宇の精神を取り戻すには、あと何年かかるのでしょうか?
2014/12/28(日) 10:07 | URL | スイカツリー #mQop/nM.[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/28(日) 09:59 | | #[ 編集]
No title
中国は頼ってきた日本人をとても大切にします。
持ってきてくれたODAからキャッシュバックを
くれるのです。

とはいえ、もとは日本人の血税ですから
日本は公共事業で国内に金を落としてもらうほうが
助かります。

公共事業が叩かれたので職人が減ってしましました。

景気が悪化してしまったので、中国の観光客を呼び込みます。
国防動員法が発動されたら日本国内は長野聖火事件のように
なるでしょう。

恐ろしいですね。
2014/12/28(日) 07:45 | URL | bou #C/K3BcCM[ 編集]
No title
2014/12/28(日) 07:38 | URL | junn #2AJ..f72[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク