アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


外務省の間違い

■オーディオブック■
ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
ねずさん百人一首本は平成27年3月発売予定です。
■【CGS ねずさん第7話 教育もどき教育を問い質す!
【チャンネルAJER】国連秩序と日本①
 


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

外務省


実は、日米の先の大戦は、回避できたのかもしれない。
また、仮に戦争に至ったとしても、あそこまで両国に多数の死者を招くような悲惨な戦争にまではならずに済んだかもしれない、というお話しです。
そこから、外交についての日本の明治以来の間違いを見直す必要があるのではないかというのが今日のテーマです。

大東亜戦争は、結果としてみれば、約500年続いた欧米列強による世界の殖民地支配の野望を打ち砕き、有色人種に民族の独立と、努力することで結果を変えることができる社会の実現をもたらしたという意味において、人類史上記録すべき偉大な戦いであったと思います。
ですから、あたりまえのことですが、戦いで散っていかれた英霊の皆様、そして戦禍に巻き込まれて尊い命を犠牲にされたみなさま、戦災によってたいへんなご苦労をされた先輩方に、心からの感謝を捧げます。

ただ、だからといっあれだけたくさんの命を失うような、大きな戦いにまで発展する必要が、そもそもあったのだろうか。
また、そもそも開戦前の米国が、日本に原爆まで落としてジェノサイトを図るまでの憎悪を、米国民が抱いていたのか、すくなくともあんなに激しい戦争をしなければならない対立が、日本とアメリカの間にもともとあったのか、という点になると、実は、そこに大きな疑問があります。

日本にしても、陛下の大御心がまったく開戦など望んでいなかったということは、すでに公知の事実です。
ということは、日本も、米国民も、まったく戦争など望んでいなかった。
では、どうして戦争に至ってしまったのでしょうか。

実はこのことについて、新しい歴史教科書をつくる会の杉原誠四郎会長が、たいへん貴重な本を書いておいでになります。
日米開戦以降の日本外交の研究』と、『外務省の罪を問う』です。
先日、この本の内容に関して、日本史検定講座で杉原会長が強烈なパンチのある講義を行われました。
以下は、その講義内容の要約と私の意見です。



 


実は外務省は、日米の戦争に関する関係史書について、データベースをもっていて、そこには国の内外で論考された、あらゆる日米戦争に関する書籍が収蔵されています。
収蔵された本の中には、かなり「どうでも良い本」もあります。
ところが、不思議なことに杉原会長の上の二つの著書だけは、そのリストにありません。
どれだけ外務省の痛いところを突いた本か、ということです。

まず、杉原会長の講義の要点からです。
ーーーーーーーーー
ルーズベルトが米国民主党の大統領選に立候補したのは、昭和15(1940)年のことですが、このときルーズベルトは、対立する共和党から、
「ルーズベルトは戦争を好んでいるから彼を大統領にすべきでない」と攻撃されています。

これを痛手としたルーズベルトはラジオに出演し、そこで、
「私は、あなたがたの子供を戦場に絶対に送りません。
このことを繰り返し、繰り返し、繰り返し誓います」と、
「繰り返し」という言葉を3回言って、米国民に「不戦の誓い」をしています。3度も繰り返して、です。
だから米国民は、安心してルーズベルトを大統領に認めたのです。

実はこのことは、ものすごく重大なことです。
つまりルーズベルトは、米国民への約束上「米国から戦争を仕掛けることが絶対にできない」情況にあったということだからです。
ということは、もし戦争をするならば、必ず戦争を「仕掛けられる」ようにもっていかなければならない。

そうであれば、日本は米国を参戦させないために、どこまでも「日本から米国に戦闘を仕掛けない」という選択をすることができたはずです。
米国の参戦を食い止め得るということは、緊迫した開戦前の日米関係において、ものすごく重要な「外交カード」です。ルーズベルトは大統領選のにおいて、それだけ大切なことを国民に約束しているのです。

始まった戦争で、全力をあげて戦うのは、軍隊の仕事です。
けれど開戦前の緊迫する情勢の中で、戦争を避けるために最大限の努力をするのは、本来、外務省の仕事です。
国民の生命と財産の安全を図ること、そのためにこそ、現地に高い費用を払って大使館を置いているのです。
ところが日本の外務省は、このことをまったく「外交カード」として用いていません。

それだけではありません。
日本は開戦の年である昭和16(1941)年4月に「日ソ中立条約」を結びました。
この条約が後年裏切られて、ソ連が一方的に参戦し、多くの一般市民の日本人が犠牲になり、日本の兵隊さん達がシベリアで抑留され、多くがお亡くなりになったことは、みなさまご存知のとおりです。

ところが昭和16年の6月の時点で、独ソ戦争が始まってしまうのです。
ここからが大事です。
当時日本は、日独伊三国同盟を結んでいました。
つまり、ドイツとは同盟関係がありました。

もし、日本がドイツ、イタリアとの三国同盟に基いてソ連と戦うと宣言すれば、これは米国にとって脅威です。
なぜなら、当時のドイツは、たいへんな勢いがあったし、ソ連がドイツとの戦いで追い詰められているときに、日本がシベリアに軍を進めたら、ソ連は東西からの挟み撃ちにあって沈没します。
もしかすると、その後の冷戦も、ソ連による大量虐殺も、中華人民共和国も成立しなかったかもしれないのです。

この時点で、米国は「日本がシベリアに出兵すること」を阻止することはできません。
そしてソ連が消滅し、広大なシベリアが日本領、もしくは日本の影響下になり、東欧からロシアにかけてがドイツ領になることは、そのまま米国の西進の野望を完膚なきまでに打ち砕くことになります。

実際にドイツと呼応してシベリアに派兵したほうが良かったと言っているのではありません。
そういうことを、どうして米国との外交交渉のカードに使わなかったのか、という問題提起です。
日本は、日米外交においてドイツとの同盟関係を守ってシベリアに派兵するかもしれないと匂わすだけで良いのです。
そうすると米国は、おいそれとは日本をいじめられなくなる。日本を日米開戦に追い込めれなくなる。
むしろ日本を懐柔し、日本と仲良くしなければならない情況に至るのです。
外交というのは、そういう状況を「つくりだす」ためのものです。

米国が日本をいじめられなくなるということは、米国は日本を挑発して日本に日米開戦に踏み切らせることができない、ということです。
米国にとって、この日本の対ソ戦参戦がどれだけ脅威だったかというと、昭和16年の7月に、ルーズベルトは「日本がソ連を攻めないことを文書で回答してもらいたい」と言ってきていることでもわかります。

ところが時の近衛内閣は、外務省の勧めに従って、この米国の要求に、易易と従っています。
外交のカードに使おうとした形跡さえありません。
日本がソ連を攻めないなら、米国は安心して日本を追い詰めることができます。
そして実際、歴史はその通りの展開となりました。

もし日本の外務省がが、ソ連戦参戦を匂わせながら、「自分からは戦争を仕掛けられないルーズベルト」を懐柔し、真珠湾攻撃計画をあと一週間遅らせていたらどうなったでしょうか。

真珠湾攻撃の当日というのは、ドイツ軍のモスクワでの敗退が決定的になった日です。
ということは、ドイツはソ連に勝てない、ということです。
そしてこの時点で日本はソ連と戦争をしていません。
それどころか不可侵条約があります。
つまり米国には、日本を責める理由がないのです。

加えて真珠湾攻撃の3日前の昭和16年12月4日には、「ルーズベルトは反戦の誓いをして大統領になりながら、1千万人を動員して半数は海外の戦場へ送るという戦争計画を作っていた」ということが、米国の新聞にすっぱ抜かれています。
ルーズベルトはこのときパニックになり、大慌てになり、記者会見さえ開けませんでした。

つまりルーズベルトはこの段階で、日本に一日でも早くアメリカを攻めてくれないか、日本が攻めてくれれば、この窮地から脱出できるのに、という切羽詰まった情況にあったわけです。
もし、日本が真珠湾攻撃を、あと1週間遅らせていたら、ルーズベルトはその陰謀を衆目に晒され、退陣もしくは戦争参戦を、さらに「しない」と米国民に向かって宣言させられた可能性のほうが高いのです。

ということは、日米の戦争を回避できた可能性が高いということです。
そうであれば、戦域は極東から東南アジア方面に限られます。
もしそうであったなら、どれだけ多くの命が救われたことでしょうか。

要するに、戦争回避のための日米交渉を外務省がしっかりとやっていれば、日米戦争は回避できた可能性が高いのです。

外務省の不実は、単に戦争回避だけの問題ではなくて、戦争そのものにも重大な影響をもたらしました。
その典型が、真珠湾攻撃の際に、宣戦布告文書の手交を、1時間半も送らせたという駐米大使たちの軽挙です。
彼らは事前に日本政府(東條英機内閣)から、「重大指令があるので、非常体制で待機するように」と指示されていたにも関わらず、非常体制を採らず、ようやく受電した電報も、英文タイプが打てる大使館職員が丸一日、外に遊びに行き、帰ってきてからノロノロと一本指打法で英文タイプを打ち、それからのんびりと布告文書を米当局に渡したのです。

このため宣戦布告分を米国に手渡すのが遅れ、日本は真珠湾で騙し討ちをしたということにされました。
その結果、リメンバー・パールハーバーが米国の合言葉になり、徹底した殺戮が日本人に対して行われました。

そもそも真珠湾前まで、米国民の多くは日本が好きだったし、英国のチャーチルからの参戦の要求を受けたうルーズベルト以外、誰も日米戦争など望んでいません。
真珠湾が、「リメンバー・パールハーバー」という米国世論を形作ったのです。

このことは、終戦の直前に亡くなったルーズベルトに変わり、次の大統領になったトルーマンが象徴しています。
トルーマンは、ルーズベルトの敷いた路線に従い、「リメンバー・パールハーバー」を合言葉に日本に二発の原爆を落としました。
それによって広島では12万人の尊い命が奪われ、長崎では7万4千人が亡くなりました。

ところがトルーマンは、真珠湾の前に、日米で戦争回避のための努力が行われていたことも、攻撃が「突然の騙し討ち」ではなくて、日本の大使館のミスであったことも知らされていなかったのです。
ーーーーーーーーーーー

杉原会長は言います。
「真珠湾攻撃の当日、米国にある日本大使館の前には、大勢の新聞記者が詰めかけていました。
もしこのとき、日本の大使が、大使館前に居並ぶ新聞記者達の前で、宣戦布告文書の手交が遅れたのは、大使館の事務処理によるミスであり、その全責任は自分にある。
よってこの場で腹を切ってお詫びしますと切腹のひとつでもしてくれていたら、全米の同情が日本に集まり、すくなくとも原爆を落とそうというまでの冷酷さが日本に対して与えられるようなことはなかったのではないか。」
たしかにその通りであったろうと思います。

他にも杉原会長のお話しはまだまだ続くのですが、考えるべき問題は、日米開戦外交にかぎらず、終戦時の不手際、あるいは目下進行しているISの問題にしても、拉致問題にしても、竹島問題、日本海呼称の問題、慰安婦問題、南京問題等々の諸問題が起こった時に、なぜ外務省は、国民の期待に応えうる活動ができないのかということです。

このことについて、杉原会長の本にも詳しく問題提起がされているのですが、さらに加えて思ったことは、戦前も戦後も外務省は「行政機関のひとつ」として政府内に設置されているということです。
そこに務省の最大の問題があるのではないでしょうか。

ご存知の通り、国家権力には、行政、司法、立法があります。
立法府が決めた法に基いて、行政府はそれを忠実に行います。
ですから行政府は、国内法の範囲内でしか活動できません。

ところが外交というのは、国内法が適用されない外国との折衝です。
相手国の国情を詳細に分析し、自国の立場を有利に運ぶことが仕事です。
そしてその最大の目的は、国内法が適用されない世界で、自国を戦禍にさらさないこと、戦争を回避すること、もし戦争が起きたならば、その戦争を早期に自国に有利に終わらせることです。あたりまえです。自国民の生命と財産の安全がかかっているのです。

そしてそれらは、常に国内法の適用されないところでの活動になります。
にも関わらず、戦前も戦中も今も、外務省は国内法の監理下に置かれているのです。
ということは、いわゆる役所と同じで、法で決められたことしかしない。失敗をしない。
これが何を意味するかというと、外務省も外交官も、国内法に書かれていること以上も以下も「することができない」ということです。
そして余計なことをしなければ、彼らは順調に出世して、定年後は豊かな年金暮らしが待っているのです。

要するに、行政府と外務省の違いは、警察と軍隊の違いと同じなのです。
警察は、国内法の及ばない外国での活動はできません。
軍隊は、国内法の適用されないところで活動します。軍が守るべきは軍法であって、他の国内法は適用外です。
軍は、軍隊自体がひとつの国家なのです。だから国内法が及ばない任地で戦うことができる。

外務省も同じです。
外務省は、国法の外で合法、非合法に関わらず機能できる権限が必要です。
ところが日本の外務省には、その権限がないのです。

平和時にはそれでも良いのです。
外国の賓客を招いて、ニコニコしながらパーティをする。
それだけなら、国内法に基いてでも、一向にかまいません。
けれど、紛争が起これば、その紛争を戦争を未然に防ぎながら紛争を有利に解決する機能と役割が必要になるのです。

そもそも目下進行しているISの問題、拉致問題、竹島問題、日本海呼称問題、慰安婦問題、南京問題等々の日本外交の諸問題について、これを起こさせない、起こったら解決する機能と権限と責任は、いったい日本のどこの省庁が担っているのでしょうか。

そして国際社会においては、、オフィシャルな話し合いでの解決ができなければ、あとは実力をもって、という解決方法しか解決の手段がないのです。
日本の政府は戦争をしたいのでしょうか。
日本政府の指揮下にある日本人は、戦争を求めているのでしょうか。

日本ほど戦争を嫌い、平和を愛して紛争を避けようとする民族は、世界中どこを探したってないくらいです。
ならば、と思うのです。
外務省が、いつまでもただの政府の内省であってはならない。
ただの行政機関であってはならない。
外務省は、国法の適用さえ超えて、武力行使以外の戦争や紛争を避けるためのあらゆる活動ができる機能を与えなければならない。
そのように思うのです。

国民に対する国家権力は、なるほど立法、行政、司法で間に合うことでしょう。
けれど、日本は鎖国している国ではないのですから、外国との折衝は常に発生します。
そしてその外国は、日本の立法府が定め、日本の司法機関が裁判できる国法の及ばない外国との間の折衝です。

ですから私は、外務省は行政府の一員ではなく、総理直轄の独立した政治機構でなければならないと思います。
そして外交官は、お役人でも名誉職でもなく、情報と交渉のエキスパートとしての役割を担うものでなければならないと思います。

そういう意味において、現下の外務省は、宮内省の管轄下の単なる外国の賓客の接待掛の役所に格下げしていまの建物から出て行ってもらい、新たにそこに外交省を設置して、外交交渉のみならず、情報収集のための諜報活動、潜入活動、工作活動もできる、強力な権能を持った省を、新たに発足すべきと思います。

だって、日本を守れない、戦争を避けれないただのお役所としての外務省なら、そんなものは国家として、不要だからです。
日本は、いまだ、先の大戦の総括ができていないと思います。
陛下の大御心さえも理解せず、ただお役所仕事をしていた、それさえも本国の命令を無視して開戦前に大使館内の非常体制さえとれなかったような大使館機能が、そのまま維持されているのです。
そのようなことは、おそらく日本人の誰ひとりとして望んでなどいないと思います。

戦争を絶対に起こさない。
そのために世界最強の軍隊を持ち、世界最強の諜報機関を持ち、世界最強の経済力を持つ。
日本にはそれができる力があります。
そして平和を愛するにほんだからこそ、それを成し遂げなければならないのだと私は思います。




人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ

関連記事

コメント
No title
有難うございました。
今も昔も外務省は害務省だと良くわかりました。
米国が日本と闘わないのであれば石油・鉄・燐鉱石の禁輸も撤回されたと、
なら、仏印派兵も無かったでしょう。
日本側にも開戦する理由が無くなります。
2015/02/10(火) 17:29 | URL | おかざき #SFo5/nok[ 編集]
以前、経産省のお役人を呼んだ講演会を二回ほど拝聴しました。
しかし、難しげな専門用語や数字を並べ立て、しかも結局なにを言いたいのか分からない、まとまりのない薄っぺらな話を長々と述べて、ドヤ顔でした。
難しそうな事を言って煙に巻いてるだけで、中身がないんだなぁと思いました。
確固たる信念を持ち、心の真ん中に一本筋が通っていれば、こちらに伝わるものがあったはずです。
つまり彼らには伝えたいような思いも志もないのでしょう。
こんなのが日本の行く末を決めるかもしれない官僚かと、絶望しました。
2015/02/07(土) 22:15 | URL | 桔梗 #-[ 編集]
No title
幣原喜重郎はワシントン会議の全権大使として日英同盟を破棄するという大きな過ちを犯しましたが,これも外務省的な思考法の発露と考えれば,外務省の責任は重く,一連の外務省の罪に連なるのではないでしょうか.
2015/02/07(土) 14:47 | URL | アカサンゴ #-[ 編集]
たられば
「自存自衛の開戦」に当たって、真珠湾もフィリピンも攻撃せずに、蘭印(インドネシア)だけを攻撃したら、ルーズベルトは対日宣戦布告をしたでしょうか?

この場合、「アジア解放」の大儀は掲げられませんから、オランダ政府(傀儡)から「蘭印政庁が言うことを聞かないので、日本に依頼があった」ということにして、さらに米国政府による禁輸措置とハル・ノートの不当性を米国民に訴えたら。
2015/02/07(土) 11:00 | URL | ジョヨボヨ王 #-[ 編集]
出向
外務省に人を置かず、宮内庁から儀典外交官、防衛省から防衛駐在官、情報機関(新設)から情報担当官や特務官を派遣する形にしてもいいですね。
2015/02/07(土) 10:29 | URL | 多摩市のルフラン #-[ 編集]
大東亜戦争開戦理由としては複数あげられており、どれもが破裂の為の材料だったのだと理解しております。
ただ、まだ勉強中ではありますが、政府・軍・新聞・世論の方向性を歪める場面に共産主義者(コミンテルン)の影がちらつくのは偶然とは思えません。また、戦後日本に入った占領軍(初期GHQ)には共産主義者が多く、共産党の野坂参三などは解放者として「歓迎」しました。
特に、「朝日新聞」の問題については『いわゆる慰安婦捏造問題』だけでなく、『開戦・戦意高揚の煽動』『南京事件などの中国の国益に沿う作為的記事』など戦前から今に続く一貫したスパイ工作疑惑として検証が必要ではないかと思ってしまいます。
外務省についても、飯倉公館に掲げられた平山郁夫作の「北海道のない日本画」が、苦情のたび掛け変わってもまた元通り戻っているという常軌を逸した話しもあります。
2015/02/07(土) 10:05 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/07(土) 07:33 | | #[ 編集]
No title
毎回素晴らしい記事をありがとうございます。
本文でおっしゃられているように、外務省の罪は重いです。 こういった戦中戦後の誤ちを一つ一つ国民が正して行く事が大切なのだと思います。 また、外交省にインテリジェンスを盛り込む案は素晴らしいと思います。

最寄りの日本総領事館から届いた、ISILの人質事件関連の邦人へのお知らせ(メール)は、「自分の身は自分で守る」だけ。 動物愛好家がイルカ漁反対デモを領事館前で行った時も、「巻き込まれないように」という注意だけで、公に対し日本の立場や伝統を分かりやすく説明するといったことはありませんでした。 こういった狡い対応をし続けてしまったために、慰安婦問題も諸外国でどうしようもないくらい拡散されてしまったのだと思います。 税金泥棒と叫びたい。
2015/02/07(土) 05:14 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]
No title
アメリカが日本を仮想敵国とするオレンジ計画は、日清戦争後に開始、
日露戦争後に書き換えられ訂正を加え、1941年に正式に発動。既に
都市部の空爆殲滅も盛込まれていたそうです。
つまり外交だけでは、問題は解決しません。欧米諸国相手には。
人種問題であり、新旧聖書の解釈の問題でしょうから。
いづれ仕掛けられた。わかって仕掛けた。ハルノートを理由にして?
当時、宣戦布告なんてしていましたか?シナでは既にフライングタイガ
ースにやられていました。(軍人恩給訴訟で、正式に軍と認められまし
た)明治からずっと戦争のし続けで、庶民も為政者も頭を冷やせなかっ
た・・・かもしれませんが、それだけでしょうか?
ちなみに日露戦争後、アメリカでは排日運動が起きたそうで、英国、ア
メリカがシナ利権で結託、排日へ駒を動かしたという説も。
カリフォルニアの排日土地法の後、新聞王ハーストによる排日キャンペ
ーン。じわじわアメリカ全土へ。関東大震災の翌1924年、排日移民
法施行。すでに黒人達の間で日米開戦が囁かれていたそうで。当時の意
識としては、人種問題は重かったのでしょう。
外交の延長が戦争だそうです。そして戦争は結局、交渉で終わる。
外務省に大きな権限を持たせても時代の要求にはかなわないと思います。
いくらでも例がある。三国干渉の時の陸奥宗光。伊藤博文の信を得て、
各国に働きかけた。この努力あって台湾を返さずにすんだが、見た目は
相手側の要求を呑んでいる。清の遠謀を退け、露独仏を牽制。国内の防
衛が空だったから、下手を打てば露にやられていた。民衆には伝わらな
かったかもしれないが。
外務省とかいう役所では無理でしょう。内閣と直結して漸くという。害
務省になっちまいますよ~。
2015/02/06(金) 23:40 | URL | クスノキ ノ コ #-[ 編集]
No title
また、また目から鱗でした。「戦前も戦中も今も、外務省は国内法の監理下に置かれているのです」
だから、外務省はお役所仕事しか出来ないから、日本の外交は弱腰なのです。
腑に落ちました。
外務省に任せている限り、拉致問題も領土問題も解決しません。
2015/02/06(金) 23:34 | URL | むーちゃん #-[ 編集]
No title
ねずさんの仰る通り、新しく政府直轄の超国内法規的な外務機関を
作った方がよさそうですね。

昔も今も、日本もアメリカも…ドイツ・オーストリアやロンドンにも
ロシアコミンテルンが入り込んでいるんでしょうね。
中国共産党だって、本家はロシアです…共産独裁主義の。

近衛家がロシアと共に創設したNHK交響楽団は、ロシアとの「交流」団体です。
また、原発停止で最も喜ぶのはロシアです。
日本が沖縄の様に、感情的に反米反ユダヤに走って孤立すれば、
最も喜ぶのもロシア。
ロシアの頭のよさには脱帽します。

中韓北露、日本は本当にやっかいな隣人に囲まれていますね。
2015/02/06(金) 23:21 | URL | かれわら #mQop/nM.[ 編集]
No title
【8月16日配信】じっくり学ぼう!日本の内閣:近衛内閣「歴史に学ぶ日本の滅ぼし方講座」 第1回 【チャンネルくらら】
https://www.youtube.com/watch?v=3yxgaKQIdbM

これもかなり参考になります。よかったらどうぞ。
2015/02/06(金) 21:48 | URL | #-[ 編集]
No title
アメリカ人のケビン・メア氏は、外交官になったとき誘拐された場合は救出を求めないことを、了承するサインをしたと言っていました。
アメリカの外交官は、それだけの責任を課せられていると言うことです。

翻って日本の外務省を見るとき、与えられる待遇に見合った責任を取る覚悟はあるのかと考えたくなります。
今の日本の経済力を背景とする外交は、日本で想像するより遙かに力を持っていると思います。しかし、その立場に安穏としているようでは、困るのです。その待遇は、いざというとき命を捨てる覚悟のために与えられれていると思います。



自民党の二階総務会長は、1,000人の業界関係者を引き連れて韓国へ行くそうです。

彼は自民党の重鎮だと思っていますから政治力を縦横に駆使して、産経新聞の加藤氏の解放や競泳の富田尚弥選手の無罪を、勝ち取って帰ってると確信しています。

この程度のことが出来ないのならば、今年の夏に安倍首相が発表される戦後70年談話のことで、他党の意見を聞け等と言わない方が良いと思います。
2015/02/06(金) 21:40 | URL | ポッポ #-[ 編集]
孫子は戦争を行う事は、下の下の策と言っていますね。 情報戦で戦を行わずして外交で治める事が上策であると。 本当の外交官は国益を背負う最前線の戦士であるとの自覚を確りもって頂きたいです。
2015/02/06(金) 19:15 | URL | #-[ 編集]
【大震災】イスラム教徒がカレーの炊き出し 2日で2700食分-岩手
【大震災】イスラム教徒がカレーの炊き出し 2日で2700食分-岩手

http://desktop2ch.tv/newsplus/1300776510/

【関連情報】
在日支那朝鮮人の住民登録
https://twitter.com/search?q=%E4%BD%8F%E6%B0%91%E7%99%BB%E9%8C%B2&src=savs
被災地の夜陰に水死体を物色し、金歯や指輪
を毟りと取った某国の不逞の輩とは天と地の差。
 こんな犯罪の為に機動隊が出動して夜回りの
警戒をせざるを得なかった事を支那朝鮮が支配
する反日売国テレビ局・マスコミは報道しない
自由を行使して来た。
最近の騒動で在日支那朝鮮人の住民登録から
発生してくる日本民族と在日支那朝鮮人の
抗争を日本と中東イスラム教徒との対立にすり
替える騙しの手口が反日売国テレビ局・マスコ
ミの世論操作である事に注意しよう。

詳細は
【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね
2015/02/06(金) 18:53 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
長期安定政権
初和初期の日本外交の問題点は、戦略がないことです。なぜ、戦略がないかと言えば、政権が長続きしないからです。同盟や条約があれば、それなりに安定しますが、フリーハンドになると首相が変わるたびに外交方針が変わってしまうのです。

昭和15年の米国大統領選はルーズベルトにとっては3選目でした。ヒトラーもスターリンも蒋介石も独裁者で長期政権でした。例外はチャーチルですが、外交でやったことは米国を戦争に引き込むことでした。

戦後の日本も政権の平均寿命は短いと思いますが、一応自民党という枠組みで連続性のある方針(対米追随)がありました。外務省に対する睨みはあんまり利いてないように思いますけど。長期安定政権が大切です。
2015/02/06(金) 16:22 | URL | やまちゃん #-[ 編集]
文科相補佐官に鈴木氏 元民主参院議員
文科相補佐官に鈴木氏 元民主参院議員
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H10_W5A200C1EAF000/

【関連情報】
【smartlife】鈴木寛と言う人は・
http://ameblo.jp/ninja227/entry-11574091239.html
東北地方太平洋沖大地震(通称東北震災)で
は大変多くの人々が被爆した、海底に仕掛
けられた核爆発で起こされた人工津波で広範な
地域が放射能で汚染された。
 この事を隠蔽する為に、後日、福島第一原発
を爆発させた、各市長村長が住民の生命の
安全を守る為に情報収集をしたが、この鈴木寛
が海底核爆発の事実を隠蔽する為にSPE
EDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワー
クシステム)情報の隠蔽を指示した、
この為に行政機関から情報伝達は無く飯館村
では住民を避難させた所は放射能汚染の最悪な
所だった。 安倍首相がオリンピック誘致の演
説で言った通り、東北震災に関する多くの事
柄が報道しない自由で完全にコントロールされ
ているのである。

詳細は
【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね
2015/02/06(金) 14:54 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
アメリカスクール、チャイナスクール・・・
派閥争いと保身にしか関心がない外務省の木端役人に
外交官は務まらないです。まずは外交官となる人材の養成学校を設立し欧米の一流の外交官を講師として招きいれるのはどうでしょう。
明治維新の頃とやることが同じですが温故知新という事です
2015/02/06(金) 13:14 | URL | #-[ 編集]
No title
駐在員や大使は2世3世がうようよ。貴族・お公家さん達には無理です。
海外に住めば如何に外務省が現実の邦人にとって役に立たないかがわかりますよ。
「今度新しく赴任された○○大使です。」・・・・・だからナニ?日本の市役所や町役場の職員の方のほうが100倍働いてくれます。
2015/02/06(金) 13:04 | URL | MAZDA #HNpYeJR.[ 編集]
コミンテルンの工作
ルーズベルト政権には多数の共産主義者が入り込んでいたとのことです。ハルノートを書いたハリーホワイトもソ連の工作員だったとの説があります。

また、大正デモクラシー以後、日本の政治家、軍人の中にも共産主義者が多数浸透しています。軍部の共産主義者が五・一・五事件、二・二・六事件を起こし更には終戦の詔勅を妨害する宮城事件を起こしています。近衛文麿も共産主義者と目されています。
大東亜戦争を敗戦に導いたのはコミンテルンの工作と見ることも可能です。外交官の中にも浸透していてもおかしくはありません。

現代日本の中にも工作員は多く潜入しています。
外務次官にまで上り詰め現在でも国際司法裁判所判事を務めておられる方は東京裁判史観を国会で堂々と受け入れる発言をし、娘を入内させ皇室破壊を工作しています。
2015/02/06(金) 13:03 | URL | ネコ太郎 #-[ 編集]
20年ほど前、ロシア大使館が改装(新築)されたとき、まるでお城か豪華ホテルのようだと報道されました。また、海外で小さなトラブルにあっても日本大使館はなにもしてくれない、ともよく聞きます。頼るなら現地の日本企業にいけとも。競泳選手や産経記者について、現地日本大使館が奔走したという記事も見かけません。
ただ、A新聞、テレビAから臭うことは、きっと、外務省はじめ財務省、国の骨幹をなす役所を受験したけど落ちた組が多く、負けねえ!と思って反抗しているのてはないかなと穿っても見てしまいます。ああも国家を貶める報道をみていますと。
また、テレビAのHステのFキャスターが何年も前の徹子の部屋で言っていたことですが、
キー局のアナウンサーに応募したところ、
「あなたの大学には弊社の受験資格がありません」と返ってきたとか。その後、当時の東京12チャンネルのプロレス中継をするにあたり、電車の中で目の前にある風景を声を上げてしゃべりつづける訓練を独自にしたとか。
それから、こんなキー局の看板番組まで大出世したのですからおめでたいことですが、郷にはいったら郷に従えということなのか、俺も反政府一員と染まってしまったのかは知りませんが、
外務省もそんな体たらくでは、なめられてしまいますよ。
マツコさんが言っていたことも強ち外れではないじゃないですか。強制力が無いのを知らなかっただけなら「ええ?そうなの~!」とのことでしょうが、もっと頭のいい人たちかと思っていたのが、ねずさんの今回の話でガッカリです。
2015/02/06(金) 11:40 | URL | 菊 #J9KrKsHg[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/06(金) 11:34 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/06(金) 11:30 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/06(金) 10:36 | | #[ 編集]
更新お疲れさまです。
今の外務省にそのような権限を与えるのは不適切かと思います。
孫崎のように、弱腰外交がDNAレベルで刷り込まれてしまうところですから。
2015/02/06(金) 09:14 | URL | パパ #JalddpaA[ 編集]
外務官僚の問題の原因
 初めまして。外務官僚やその他の役人が問題を起こす根源には、彼らが体を動かして働いた経験がなく、現場の感覚がないためだと思います。インテリは体と頭が分離していて、正しい判断ができないのです。昔の軍人さんは農民の出でしたし、軍務を経て将校になっているから現場の苦労や心が分かり、正しく判断ができたと思います。今のインテリは安倍首相を含めそのような欠陥のために判断を誤ることになっている。理想は徴兵制で、国民みんなが体を動かして働き心身を鍛えてから官僚や政治家になる制度を作ることだと思います。
2015/02/06(金) 08:50 | URL | 日本丸 #wlq9RAFY[ 編集]
戦前の外務官僚と幕末の武士達を比べると、幕末の武士達の方が柔軟に国益の為に外交を行っていたと思います。外務官僚の方が知識は豊富でしょう。しかし、武士は日本の国益の為に何が大義で何が小事か、よく弁えています。無事に昇進して高い年金を貰えたら、それで善しとする様な小役人には外交など無理です。
2015/02/06(金) 07:56 | URL | 庶民 #-[ 編集]
No title
「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに戦時中の徴用労務者について」という外務省資料
https://www.sanae.gr.jp/column_details415.html
2015/02/06(金) 07:28 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク