アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


集団的自衛権というフェイク

  
毎週平日の月曜日はねずさんのメールマガジン」の発行日です。初月無料です。

ねずさんの、目からウロコが落ちまくる「百人一首」解説本は3月上旬より先行予約開始です。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

イージス艦447ae5cf


昨日は、憲法9条はフェイクだということを書きましたが、今日は集団的自衛権のことを書きたいと思います。
集団的自衛権に賛成、反対と、国会でもメディアでも議論がかしましいですが、私からみれば「いまさら何を言っているの?」です。

なぜなら、日本はとっくの昔に集団的自衛権を行使していますし、参加もしています。
戦後ずっとです。
終戦から今日に至るまで、日本が集団的自衛権の行使をしてこなかった日は、一日もないのです。
それどころか日本は、朝鮮戦争(1950-1953)にも参加しているし、ベトナム戦争(1960-1975)にも参加しています。イラク戦争(2003-2011)にだって参加しています。

どういうことかというと、日本には米軍基地があり、その米軍基地からそれぞれの戦争に米軍の出撃がなされ、兵站の補給が行われ、傷病兵の手当が行われているのです。
そして戦争当事者国の一方に基地提供しているということは、日本は中立国などでは決してなく、それどころか日本はとっくに戦争参加国の一員なのです。


アイスランド共和国は、北大西洋軍事同盟のNATOの参加国です。
つまり集団的自衛権参加国です。
そのアイスランド共和国には、アイスランド人の兵隊はひとりもいません。軍もありません。
けれどアイスランド共和国は、立派に軍事同盟国の一員です。
なぜそうなのかといえば、アイスアランドはNATOに基地提供しているからです。

日本も同じです。
米軍基地があり、その米軍基地から戦争への出撃が行われている以上、日本は立派な交戦国です。
集団的自衛権の行使を容認するかしないかではなくて、とっくに集団的自衛権の行使をしているのです。
つまり、集団的自衛権の行使容認か非容認かという議論は、まとはずれもいいところだということです。

にも関わらず、真面目くさった顔をして(百人一首では、このような顔のことを「かこち顔」と言います)、集団的自衛権行使は認められないとか、いや、認めるべきだとか、もっともらしい議論をしています。
要するにこの議論は、ただの子供だまし、いかにも平和主義者のような仮面を装った、人気取りのためだけの、ただのパフォーマンスでしかないということです。
そんなものに踊らされている国民こそ、哀れなものです。

ですから本当の議論は、集団的自衛権の行使容認か非容認かではなくて、単に自衛隊を戦地に派遣するかどうかだけの問題なのです。
そしてこれについては、戦地に日本の国防専門機構である自衛隊を「ただ派遣する」ことには、私は反対です。
派遣するなら派遣するで、その見返りをしっかりと要求するというのが、外交の要諦だからです。

早い話が、米国が自衛隊の派遣を求めるというのなら、「だったらTPPは、なしね」とか、あるいは国連の意思決定として戦地派遣が決まったというのなら、日本は堂々と国連の常任理事国入りを要求すれば良いのです。
あるいは、竹島を軍事占領し、海洋へ汚物の不法投棄を繰り返し、慰安婦問題などの反日運動を繰り返す国に対しての制裁を条件に出すという手もあろうかと思います。
それが、国家の外交というものです。

主権国家というのは、不可侵であるというのが、現代の世界の常識であり秩序です。
そうであるならば、日本には日本の都合があるのだし、日本は人命を何よりも大切にする国であるのだから、自衛隊員といえども、親の子であるし、日本人なのです。
万一、死傷することがあるのなら、それに対する国家賠償の責任も発生します。
その責任を誰がどう取るのか。
そう考えれば、他所の国の問題に、軍を派遣するならするで、それに対して条件をつけるのは当然のことです。

その意味では、むしろ日本に、日本が国際社会において有利になる条件をつけさせないようにしているのが、集団的自衛権行使反対論者たちという非国民たちであると、申し上げたいと思います。
彼らの反対運動によって、日本が結果として派兵することになったとしても、それは後方支援任務のみとかの条件が付けられるわけです。
そんな中途半端なことでは、諸外国からバカにされて、派兵という国家の大事を外交カードに利用するどころではなくなってしまいます。

逆なのです。
日本が仮に派兵するとなれば、一気に敵を殲滅し、問題の根を根こそぎ絶ってしまう。
それくらいの覚悟と、戦闘能力を行使できるだけの実力を日本がしっかりと持つ。
その上で、日本は派兵しないで、これを外交カードに使う。
つまり「戦わずして勝つ」ことこそが、大事なことなのです。

そういう意味では、集団的自衛権行使反対派というのは、実はすでに日本が集団的自衛権の行使をしていて、交戦国の一員となっているということを知りながら、日本が外交上、有利に国益を図ることを拒否し、邪魔立てしている不埒な悪代官たち、ということになります。

こんなものに、日本人はいつまでも惑わされていてはいけません。
軍事は、常に世界最強であること。
そして最強だからこそ、絶対に用いられることがないという国家を築いていくことこそ、これからの日本に課せられた使命であると、私は思います。




人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
いつもありがとうございます
 こんにちは。CGSを見て小名木様を知り、毎朝通勤途中でブログを見て勉強さえて頂いております。いつもありがとうございます。
 集団的自衛権については、私も興味があります。これまでのよう、そしてこれからもアメリカに守ってもらうというなんとも情けない状況が継続するという国家の体制では、自国を守り続けることが出来ません。また、これだけ国境が低くなり国際社会に貢献しようとすれば、集団的自衛権の行使は当然のことです。自国を自国1国で守ることは出来ません。日本と友好関係にある国が目の前で、テロ集団に襲われている時、逃げているようでは信頼関係も維持することは出来ません。このあたり前の権利の行使を認めるように日本もならなくてはなりません。
2015/03/01(日) 14:43 | URL | hibimanabu2675 #dMQUwnQ2[ 編集]
自衛隊の皆さんは日々の厳しい訓練に励んでいるのは 国の為、国民の命を護る為、しいては今の平和を保つ為なんでしょうね

自衛隊の皆さんご苦労様です!
そしてありがとうございます。
2015/02/28(土) 23:31 | URL | #-[ 編集]
こんにちは
誤解なきよう、説明しますが、私は実戦経験のない自衛隊を「役立たず」とは申していません。

実戦経験がなければ「世界最強にはなれない」と、申し上げています。

例えばボクシングで、練習を人十倍やり、スパーリングでも完璧なまでの無敵を誇り、もはやどこにも彼に優る選手もいないほど非の打ち所のない選手がいたとして、デビュー戦でいきなりチャンピオンに挑んで勝てるでしょうか?

世の中そんなに甘くありません。最後は「経験」が物を言う。

緊張して御自慢の必殺パンチも出せなければ、相手を倒すことはできないのです。

そのことを申し上げています。

韓国や北朝鮮のような「赤子」を相手に自衛隊が負けるとは思っていません。

世界最強になるのならば、最終的には「米軍」を凌駕しなければなりませんが、実戦経験皆無で経験豊富な米軍に勝てるのか? ということです。

勝てるのなら、私は是非とも「日米再戦」したいと思います。もちろん、私も戦います。

歴史を日本人の手に取り戻すことは、最終的には「戦勝国」にならなければ実現できないのです。キレイゴトなど通用しません。

なぜに欧米が「戦勝国史観」にこだわるのか、それは歴史コンプレックスに根本があるからで、中世までペルシャ(イスラム)から「未開の野蛮国家」だと見下され、相手にもされなかった。そのペルシャを倒すためにモンゴル(元)に土下座した。そのような屈辱の歴史から目を背けるために、欧米は戦勝国史観にすがっています。

歴史コンプレックスは韓国だけではないのです。

日本の歴史を取り戻すためなら、私は戦争も辞さない覚悟を決めています。

ならばラスボスは必然的に「米国」です。

軍自費10倍で核兵器や、地球の裏側に40分で飛んでいくミサイルまで持っている今の米国に、日本が勝てるのか?

現実を見ましょう。現実の日本は、武装ヘリの武装を解除して平和主義をアピールするような「間抜け国家」です。その間抜け政府に従順に付き従う自衛隊は世界最強でも何でもありません。

三島由紀夫は自衛隊を侮辱し、無力化している日本政府を『倒せ!』と、命を犠牲にしてまで自衛官に呼び掛けました。その三島の魂の叫びに対して、自衛官の答えが『帰れキチガイ』なのです。

これが「平和ボケ」した自衛隊の現実です。
2015/02/28(土) 23:00 | URL | 硫黄島 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/28(土) 22:47 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/28(土) 21:25 | | #[ 編集]
No title
集団自衛権のことは以前からねずさんには説明をいただいていましたが、今日の指摘は本質を突いたもので、大事なことですね。眼から鱗です。

それにしても、今日の読者のみなさんのコメント。 みなさん、火が点きましたね、「実戦経験のない自衛隊は役に立たない」の言葉に。

私も以前はそんな風に(で、大して関心もなく)思っていました。
実戦を想定して訓練してる自衛隊は実は凄く強い、それは外国の軍人がそう言ってるのだと。政治家やスパイは嘘を吐くが、軍人は嘘は吐かない。 
ふざけるな、と。
みなさん、具体的な話を挙げて、説得力を持って迫ってきます。
私心のない天皇陛下こそが、命を賭けた作戦行動の指示が出せる唯一の存在だと、と読者を熱くさせてくれます。 そう思っているから言葉に説得力があるのでしょう。

そうそう、そうなんだと、頷いているねずさんの姿が目に浮かびます。
2015/02/28(土) 21:25 | URL | 寺島 孝 #-[ 編集]
こんにちは
自衛隊の実戦経験の有無について、ご意見頂きありがとうございます。

件のベトナム戦争ですが、指揮官クラスは大東亜戦争や朝鮮戦争などで実戦経験を持っている者が多々おりました。新兵は基本的にみな初の実戦となりますが、つまり、上官の実戦経験頼みでもあります。

しかし、現在の自衛隊で実戦経験のある者は「皆無」です。自衛隊が極秘の非合法作戦をやっていれば話は別ですが。

この実戦経験皆無が問題です。人をあやめた経験が誰もない。命令を出す上官さえもです。

もし、部下が作戦命令を事実上拒否した場合、上官はどうやって部下を説得できましょうか。自分も人をあやめた経験などないのに。

これが「前線」で起きた場合、防御線を突破されるリスクが発生しますが、突破されたら陣形を立て直すための「撤退戦」を余儀なくされます。撤退戦ほど過酷な戦いはありません。まさに修羅と化さねばならず、人をあやめた経験もない者がどうやって悪鬼羅刹に化けましょうか?

三島由紀夫事件のとき、自衛隊には日本軍出身者もおりました。つまり、実戦経験はあります。そのときでさえ、若き自衛官たちは三島の決死の覚悟を感じ取ることさえできず、口々に『帰れキチガイ!』などと三島を侮辱する言葉を投げつけ、目の前で三島と森田が割腹自決しても、その日の夕方には何事もなかったかのようにバレーボールで楽しんでいたというのだから、このいかんともしがたい「温度差」を何と説明すればよいか。人の死など考えたこともないから、三島の決死の覚悟を真面目に受け取ることもできない。軍人なのに人の死を真剣に考えることもないのは如何なものか。

これは「能力(技術)」の有無とは関係ありません。自衛隊にどれだけ能力があろうと、それを発揮するのは覚悟があってこそです。

米軍のように無差別爆撃で「更地(安全地帯)」にしてから上陸するなら話は別でしょうが、日本人はそんなことしません。であれば、なおさら人をあやめることを常日頃から覚悟し、そして人の死を真剣に考えるべきでありましょう。

実戦経験皆無の自衛隊にその覚悟があるか、三島事件から察するに「ない」と判断するのは妥当ではないでしょうか。

であるならば、自衛隊は実戦を経験すべきでありましょう。それが世界最強への第一歩目だと思います。

差し詰め、治安出動と題して、国内の極左テロリストや外国人マフィアといった暴力組織と戦わせるのも一つの手であると思います。
2015/02/28(土) 20:10 | URL | 硫黄島 #-[ 編集]
No title
日本は国家として、既に集団的自衛権の行使によって参加しているのでしょう。それが、前線か後方の差であることは別として・・・・・
しかし、その敵国となる国にとっては、前線と後方とでは大きな違いがあると思います。
もっとも、朝鮮戦争のときに掃海艇隊は、現地で掃海任務に携わり不幸にも戦死者も出ていたとのことです。
これは、長い間国民に隠されていたことです。昔、読んだものには、当時の船乗りが「自分は戦場に行くのを拒否したが、もし、行くことで日本の独立を早められるのならば行っていた。」との証言が書かれていたので、日本は行かなかったと思っていたのですが、戦場に行って戦死者までいたことには、大きなショックを受けました。


自衛隊が国連軍となって、派遣されることなどないと思っています。
日本は、今も国連憲章において敵国とされている国家です。
国連が敵国となっている国に、前線へ派遣することなど考えられません。
もし、日本が前線で裏切ったら、その後方の国連部隊は全滅することもあり得るのです。そうなることを防ぐためには、国連憲章にある敵国から日本を除いておかなければならないと思います。

もっとも、最近のアメリカが編成する有志連合とというものは、国連とは無関係の組織だと思いますが、第2次世界大戦で全く貢献していない国家が常任理事国になっているのですから、敵国条項の廃止程度は当然要求できると思いますし、アメリカには国連の常任理事国を要求しても良いと思います。
2015/02/28(土) 19:53 | URL | ポッポ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/28(土) 18:49 | | #[ 編集]
No title
川崎の事件

土手に呼び出しシメる
よくあるパターンなんだけど
不思議なのはなんで殺したのだ?

普通は誰か止める
後輩をシメるのは下っ端である
上の人間は下っ端にシメさせるだけ

後輩を直接シメることはない
役割としてはイイ人を演じられます

「おい!その辺でやめとけ」

そう言って後輩に慕われる
怖い役と懐の深い役を演じるのです
自然にそうなる

そうしないと地域を束ねられない
これは重要なんだよね

恐怖だけで支配する
そうすると殺し合いに必ずなる
殺さなければ逆に殺されるからね

元々恐怖で支配しようとするやり方
これは朝鮮半島や中国の文化だ
日本の文化ではない
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/2015/02/blog-post_390.html
2015/02/28(土) 18:33 | URL | とおりがけ #-[ 編集]
No title
身内に自衛隊員がいる身としては、大義の無い自衛隊派兵は反対です。

然し乍ら、命あらば、自衛隊員はその身も顧みず作戦を遂行します。彼らの作戦遂行意識は並大抵のものではありません。その意識に報いる為には、大義が欠かせません。大義の無い戦での戦死は犬死にです。

日本国の戦力が、天皇陛下直轄ではない「自衛隊」という組織に位置付けられていることには疑問があります。

究極に私心の無い陛下のみが、命を賭する作戦遂行を命じることができる御存在と思料します。陛下の御命は揺るぎない大義です。腹も切る覚悟の無い政治家ごときの決定が自衛隊を戦地に派遣することがあってはならないと思います。

2015/02/28(土) 15:08 | URL | PAG #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/28(土) 14:22 | | #[ 編集]
【保存版】韓国出産ビジネス と 韓国で出生した者は諸外国の入出国カードの「出生国」欄へ「南朝鮮[ドイツ語(dt): Suedkorea、英語(engl.): South Korea]と記入しなければならないこと
保存版】
韓国出産ビジネス と 韓国で出生した者は諸外国の入出国カードの「出生国」欄へ「南朝鮮[ドイツ語(dt): Suedkorea、英語(engl.): South Korea]と記入しなければならないこと

諸外国の入出国カードには「出生国」欄があるから、純粋日本人は、日本国籍であっても下朝鮮(南朝鮮、韓国)で出生していたら、諸外国へ行く度に「出生国」欄へ「南朝鮮[ドイツ語(dt): Suedkorea、英語(engl.): South Korea]」と記入しなければならないため、下朝鮮(南朝鮮、韓国)で生まれた自らの出自を再認識しなくちゃならないんだよね。
自らは、純粋日本人であり日本国籍であっても、「出生国」欄へ「南朝鮮[ドイツ語(dt): Suedkorea、英語(engl.): South Korea]」と記入したら、英国、米国、ドイツ、オーストリア(欧州)、スイス、北欧諸国、オーストラリア(豪州)、ニュージーランドなどの先進国の入管からドン引きされるよ。
しかも、純粋日本人の女の子は、日本国籍であっても、大人になって旦那、友人、知人などからドン引きされるよ。
2015/02/28(土) 13:04 | URL | 敦子 #BzG5MF5k[ 編集]
No title
最強の軍を持つのはむしろ世界の常識なので、わざわざ取り上げなければならないほどっていうは、逆に日本の現状のマズさが表れてると思います。

自衛隊は現在技術の上でも精神面でも世界一です。コメントにもありましたが「実戦してないから弱い」っていう理論はすでに通用しません。
 世界戦の際にアメリカ兵は初めて人を撃つことに躊躇し、そのため多くの犠牲者が出ました。そこでベトナム戦争では練習のときに人型の的を撃たせることで慣れさせたことで、初陣において犠牲者が格段に減りました。これだけでも実戦になれてないから弱いという話は馬鹿げてると分かるのではないでしょうか。

それと自衛隊の訓練は実戦を想定しています。ミスで大怪我しても訓練は続行されます。米軍の幹部も「自衛隊はすぐに実践で通用する力を持っている。」と絶賛しています。自衛隊は「強い」のです。それも「とんでもなく強い」のです。

だからこそシナや朝鮮は最大の警戒をして、なんとしても貶めよう、何としてでも動かせまいと躍起になってるわけです。
 ロシアでさえその強さを認めていて、「一機の自衛隊戦闘機に対してロシア戦闘機三機で当たれ。一対一では絶対に勝てない。」という話は有名です。空自と米軍訓練では旧型の戦闘機で米最新戦闘機に撃墜判定を出してしまって米軍側は大騒ぎになりました。

海軍は魚雷封鎖するだけでシナ朝鮮の戦艦関係すべてを破壊できます。潜水艦はまさに無敵で、世界一の実力です。

一方陸では、第一空挺団の降下訓練でパラシュートがうまく開かずに340メートル上空から地面に激突した事案がありました。そのとき観客は「いつも見てるが、あれは普通のスピードじゃなかった。」と言っています。この隊員と訓練はどうなったか?殉職した?いえいえ、「無傷」でした。そしてそのまま訓練続行。
 これに対してネットでは「屈強すぎるだろ」「ボディーアーマーはまだ開発中のはず…」「第一狂ってる団は本当に狂ってる」「人間じゃない」と驚きが相次ぎました。

戦車にしても、10式戦車が登場したために世界から羨望の目で見られています。最初は10式のスペックを米に説明したときに「嘘をつくな!そんなのあるわけないだろう!」と激怒したそうです。では実際にご覧くださいと見せたときは言葉を失ったことでしょう。シナなんかは嫉妬で「10式は大したことない」とわめいてますけど。

戦車世界大会みたいのが開かれたとき、優勝は自衛隊だったんですが表彰のときに暗い顔している。なんで喜ばないんだ?と聞いたら、「ミスをしたあの1発の砲弾は、本当は当てられたのです。」とガチで泣いた。それを見ていた米軍戦車乗りは「命中率100%の戦車となんて絶対に戦闘したくない」とマスコミに言ったそうな。

つまり自衛隊は戦闘経験がないから弱いというのは大間違いです。
2015/02/28(土) 13:01 | URL | 鬼 #-[ 編集]
No title
最後の言葉が胸に残りました。
最強の軍隊を持ち、でも戦争はしない。
何十年も実践は無いけれど私は自衛隊の方々を信頼しています。
2015/02/28(土) 11:33 | URL | にこちゃん #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/28(土) 09:52 | | #[ 編集]
No title
民主党の夫婦別姓 について
http://tokiy.jugem.jp/?eid=623
2015/02/28(土) 08:09 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
朝から、勉強になりました。集団的自衛権、基地提供、外交カード、戦わずして勝つ、世界最強がキーワードですね。あと、かこち顔が心に残ってしまいました。講義を聴いて、ノートして、うふふなあんて、ノートの隅に顔を想像して描いているみたい。
 あとで記憶しているのが、かこち顔だけだったりして・・・。
いえ、しっかり理解できました。
ありがとうございました。
2015/02/28(土) 07:42 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク