アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


中国史は大きな勘違い

  
毎週平日の月曜日は「ねずさんのメールマガジン」の発行日です。初月無料です。

■ねずさんの、目からウロコが落ちまくる「百人一首」解説本は3月上旬より先行予約開始です。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

梅0312


支那の歴史というと、みなさん思い浮かべるのは紀元前221年の秦の始皇帝の時代から、同じく紀元前にあった項羽と劉邦で有名な漢王朝、その後の戦国時代から、軍事帝国としての隋の帝国、唐の国、宋の時代、モンゴルの元王朝、明、清と続く歴代王朝の歴史であろうかと思います。
そしてこれらが、いわゆる「中華王朝史」のようなものと、多くの方が漠然と思っておいでなのではないかと思います。

けれど、実は、その理解は、まったく間違っている、というのが今日のお話しです。

まずわかりやすいところで、元の王朝を例にあげます。
元が、モンゴルの大帝国であったことは、みなさまご存知の通りです。
そしてこのモンゴルの大帝国は、モンゴルを名乗る支那の北方の遊牧民のひとつの部族が、まさにユーラシア大陸を席捲して、巨大な帝国を築いたことも、みなさまご承知おきのとおりです。

つまり、元は支那本土に住む漢民族による民族王朝ではないのです。

モンゴルが統治している時代にも、漢族という人たちはいました。
漢族というのは、単に「漢字を使う人達」という意味で、民族ではありません。
どうみても白人系にしか見えない人、ポリネシア系やアフリカ系にしか見えない人でも、漢字を使う文化の中にあれば、それが漢族と認識されました。



ではこの人達がどういう人たちだったのかというと、華僑などの交易商人たちでもあったわけです。
支那の税制というのは、日本のように農家が「お米を年貢として収める」というものではありません。
交易商人が移動する際に、城塞都市ごとに関所を設けて税を取るという仕組みで、これが古代の王朝から近代支那までずっと続いています。

ひらたく言ったら、高速道路の通行料金のようなものを通行者から取っていたわけです。
ただし、日本の高速道路は車種ごとに金額に違いがあるだけですが(乗用車よりトラックの方が通行料が高い)、支那の場合は、積み荷の内容によって、値打ち物なら余計に税をふんだくる、といったシステムが採られていました。
元は、こうして都市を移動する商人たちに税をかけて収入を得ていた城塞都市を、一定のエリアごとにわけて、このあたり一帯の都市は、いくらの税を払いなさいとやって、支那本土に君臨したわけです。

要するに元は支那本土において、これは元の大帝国の支配地全部同じですけれど、人々の移動と物流に税をかけて、一帯全部を支配していたわけです。
ですから元の時代、支那大陸にいた漢人たちが「元人」や「モンゴル人」になったわけではなくて、漢人は漢人のまま、元によって支配されていたわけです。

このことを、もっとわかりやすく言うなら、元の時代の支那本土は「元によって植民地にされていた」ということになります。
同様に、歴代の支那の王朝は、紀元前に成立した前漢以外、すべて外来王朝です。

最初に支那を統一した隋は、鮮卑(せんぴ)系の遊牧騎馬民族の王朝です。
そもそも隋という国号の文字は「祭りの肉の余り」という意味の漢字ですから、いかにも肉食の遊牧民らしい国名です。
唐(とう)も「大きな口」という意味で、これまた鮮卑系です。
宋(そう)も皇帝は趙氏の一族で、これまた遊牧民族系です。
明(みん)は、漢族である安徽省の貧農の末子、朱元璋(しゅげんしょう、漢族)が建国した国ではありますが、この時代、国の北は北元(モンゴル族)と後金(ツングース)によって征圧され、度重なる遊牧民族の侵入で常に国が危機状態に置かれていたわけで、これは統一支那王朝とは言い難く、実際、国土のほとんどを遊牧民族に奪われています。
清(しん)も、女真族(満州族)が建てた王朝で、これまた漢族の王朝ではありません。

もっというなら、秦の始皇帝も、中原諸国からは蛮族とされていたウイグル王朝です。
つまり、国名となっているCHINA(チャイナ)も、もともとは「秦(CHINE)」からきていますが、その国名自体が、異民族支配の外来王朝であり、言い方を変えるならば、最初に中原諸国を統一したウイグル族の族名が、CHINAの語源です。

そして前漢(BC221〜AD8)を除く、その他の時代は、ずっと支那は異民族に支配され続けた植民地であったわけです。

私たちは、近世以降、欧米列強の植民地となった諸国の惨状を知っています。
それと同じ支配が、実は支那ではなんと紀元前からずっと続いていたわけです。

考えてみると、漢族というのは哀れなものです。
インドやアフリカの諸国などよりも、はるかに古い昔から、すでに二千年にわたって、外来王朝によって植民地にされ続けたのです。

だからといって、同情して彼らをやみくもに歓迎するということも、決して望ましいこととは思いません。
そうではなく、「彼我には、その歴史伝統文化に根本的な違いがあるのだ」ということを、我々自身が、しっかりと認識しなければならないのだと思います。

同じ日本人の、同じ地域どころか同じ町内の同じ班に住むお隣りさんでも、家風の違いはあります。
お隣さんがすべて正しくて、ウチが常に間違っているということもないし、ウチが常に正しくてお隣さんが間違っているということばかりでもありますまい。
お隣さんが、どんな車を買おうが、何を食べようが、ド派手な夫婦げんかをしようが、関係ないのです。
要するに、隣はとなり、ウチはウチです。

国家においても同じことです。
隣国には隣国の歴史があり、価値観があります。
それが我々と違っているのはあたりまえのことです。
日本は日本。その自覚をしっかりと持つ事、そして彼を知り、己を知ることが大事なのだと思います。

先日、入唐求法巡礼行記の記述のお話しをしましたが、唐の皇帝が、まるでウサギやイタチでも殺すかのように、部下の将軍たちを殺すことに、たいへんな違和感を覚えた方もおいでになろうかと思いますけれど、唐が外来王朝による植民地支配であったと気づけば、それは特段不思議なことでもなんでもないということがご理解いただけようかと思います。

では日本はどうかというと、縄文人、弥生人入替り説といって、長く続いた日本列島の縄文人たちを、半島からやってきた弥生人達が駆逐して、外来王朝国家を築いたという「トンデモ説」を唱えた学者もいましたが、いまは、それら一連の説は、一切合切、デタラメであることが判明し、否定されています。

もちろん学会の中には、いまだにそうした「トンデモ説」にしがみついている日本語を話し日本人のような顔をした日本人でない人々もいますけれど、客観的事実として、それら「トンデモ説」が論拠にしている証拠なるものが、捏造や偽造、変造したものばかりであることさえも、すでに明らかにされています。

つまり、日本人は、縄文時代も弥生時代もその後の時代も、ずっと日本人は日本人のままなのです。
そして天皇家の歴史は、いったいいつ始まったかがわからないほどの遠い太古の昔から綿々と続いています。
そして日本人は、縄文以来の伝統として、人が人を殺すこと、支配したり収奪したりすることを嫌うという文化を育んできました。

実はこのことについて、ある人から面白い話を聞きました。
地球は、約6千400年周期で、男の時代、女の時代が交互に繰り返しているというのです。

男性は「減らす性」です。
戦ってライバルを殺し蹴散らし、自分だけの富を求めます。
女性は「増やす性」です。
子を産み、仲間を増やし、戦いよりも平和で富を築くことを求めます。

そしてその6千年前からはじまった男の時代は1995年には終わり、いまは女性の時代に入ったのだといいます。
それを「ガイアの法則」というのだそうです。

本当のことがどうかは、私にはわかりません。
けれど、ウシハク独裁者の都合の嘘八百な情報だけが垂れ流されて、人々が意に染まない戦いに駆り出されたり、財産のみならず命まで奪われるという時代から、多くの人が情報を共有する「シラス」社会に変化することによって、本当の意味で人々が平和に安心して生きることができる時代は、確かに到来しつつあるように思えます。

過去は学ぶためにあります。
過ぎた時代に、高い理想を持ちながら、道半ばで倒れた人もたくさんいました。
そしてそういう歴史上の、辛い思いをした先人たちすべての願いは、「俺達は苦しい時代を生きたけれど、これからの時代を拓く君たちは、ほんとうにみんなが幸せになれる時代を築いていってくれ」というようなものではないかという気がします。

そしてそんな時代は、いま、まさにやってこようとしています。
わたしたち日本人には、新たな時代を切開く、おおいなる使命がいま、課せられているのかもしれません。




人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの百人一首予告CM動画(118秒)


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ

関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/04/01(水) 18:05 | | #[ 編集]
悲しいことですが「トンデモ学者」達が日本をおとしめ歴史を破壊する為に改竄を図っていると疑うべきですね。戦後(もしかして戦前から?)、謀略に無防備で来てしまった結果を、よくよく思い知りましたから。
とにかく、スパイ防止法と国家反逆罪を一刻も早く整備しなければなりません。
2015/03/18(水) 19:18 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/03/14(土) 16:24 | | #[ 編集]
日本史スタイル
支那大陸の「歴史」は正統(天命)がどのように移り変わって、現在に至るかを説明するものでした。儒教が天命を受けた者が統治者であるというイデオロギーを撃ち立て、それを学んだ儒者が史書を書いてきたからです。「昔(周代)は良かった」と考える儒教は昔の事を知るために文字を勉強する必要があり、文字の読み書きができたので官僚や史書編纂者に重宝されたのです。

史書編纂者にとっては自分が仕える現王朝に正統(天命)があることを証明できればいいので、過去の王朝が何人で、被支配者が誰かは重要ではありませんでした。ですから特に包み隠さず、正直に書いてあります。それを「昔から“中国”は1つだ!」「五千年の歴史!」とやるようになったのは近代になってからです。

それもこれも、すぐ隣にある日本という国が「万世一系の中央集権国家」になったからです。これを何とか真似ようとしているのです。そもそも「日本史」には、民族史・地域史・国家史の3つが千数百年に渡ってほぼ重なるという、世界的にも非常に稀な特徴があります。これは事実なので自然にこうなるのですが、そうでない国/地域が真似をしようとするとトリックを弄するしかありません。

そのトリックが「中国」「中華民族」です。例えば「満洲族も中華民族の一員なので、清朝も中華帝国であり、中国史の一部だ」とやるわけです。中華民族の定義は曖昧なまま、放置されます。言葉、習俗、宗教のどれほど違っても「中国」「中華民族」認定しさえすれば、継続性のある中国史の一部です。結構、お手軽なトリックです。支那の隣にある半島国家でも、単一のミンジョクが五千年も昔から同じ場所に存在し続け、連続性のある「国」を構成していたというフィクションを作り出しています。これも日本史の真似です。

一般に世界の諸族/諸国の歴史は、民族史・地域史・国家史がそれぞれ異なります。例えば、トルコ(共和国)史なら、民族史は「ユーラシア大陸の北中部にいたトルコ人たちは6世紀ごろに一部が南下して中央アジアに広がり、さらに西進してアナトリアに至り、オスマン帝国を建設した」、地域史なら「古くはヒッタイトが興亡し、次にペルシャ帝国が成立。アレクサンドロス大王の征服を経てセレウコス朝が生まれ、ここから諸国が独立。それらはローマ帝国に併合。ローマ分割後のビザンツ帝国はセルジュクトルコに浸食され、やがてオスマン帝国が興り、第1次大戦の敗北を受けてトルコ共和国が成立」といった書き方になるでしょう(記述例なので内容が違ったらごめんなさい)。

「日本史」に一番毒されているのは、日本人かもしれません。支配者(王朝)と被支配者(民族)が違う人々で、王朝も民族も栄枯盛衰を繰り返しているのが世界の歴史なのですが、「日本史」の枠組みで考えるとこれをしばしば見落とします。日本近代史も「軍部の独走」「軍国主義」が強調され、相手国の事情は無視されることが多いように思います。外国との交流が限定的だった時代は「日本史」で描けますが、対外戦争は相手があってやるもの。西洋歴史の原点、ヘロドトスの『ヒストリアイ』はオリエントのことを延々と書いています。
2015/03/14(土) 15:35 | URL | 上田次郎 #-[ 編集]
ガイアの法則
ガイアの法則についてここで何度かコメントしていましたが、人づてに聞いてようやく認識してもらえましたか。

出来ることならそのガイアの法則1・2(千賀氏著作)を買って読んでもらいたいのです。そこに書いてあることは単純明快で本当のことだとすぐにわかるはずです。

要点は「文明は約800年周期で、東西に”22・5度”ずつ交互に交替しつつ、衰退と進展を繰り返している。そして1995年から始まる日本が中心の文明は前後100年をかけて新文明へと転機していく。(1905~2095年ということ)。その間の社会リズムは144年周期の法則によって衰退を繰り返して変化していく。」

この144年リズムとは地球、水星、地球が太陽の中心と直線の角度を取る時期であり、陰陽の法則に基づいて、この半分の72年周期の時期、36年周期の時期を持って日本の社会情勢は変わって行きます。

陽のリズムになると外国を圧倒し発展し、陰のリズム周期では外国に翻弄され、もしその時期に対外的な攻防を繰り出すと、長い傷が残ることになるとあります。

くわしく書きます。まずその陽のリズム周期と言われる時期とは、1905年(04年)、1977年(76年)、2049年(48年)です。この時期は日本が世界文明となる展開期にあたり、外国を圧倒し輝きます。

文明転換の初めの1905年では、日露戦争という形で起こりました。
その72年後の1977年では高度経済成長です。
そしてこれからは陽の2049年に向けて日本は成長していきます。

逆に陰のリズムでは何が起こったのでしょうか?2012年(13年)、TPPによる危機、あるいは韓国の対馬進軍疑惑や全韓国大統領の日本支配完了宣言などがあげられます。

その72年前の陰リズム1941年は大東亜戦争を起こしてしまいました。結果は、まさに今でも傷を引きずっています。
そして、その72年前は明治維新・戌亥戦争が起こりました。これによって日本は日本文化の消失が起こったのです。つまり明治維新と先の大戦は、ガイアの法則において、もっとも起こしてはいけない時期に起こしたことだったのです。御国の苦しみは、法則どおりに訪れたものだったのです。

日本は女性性の国であり、そして男性性の国はイギリスにあたります。今後は女性性の国が発展します。これが「ガイアの法則」の一部です。

強く薦めますが、この本を買って読んでもらいたいと思います。嘘は書かれてないと思いますし、正しい歴史認識のためにも必要になるはずです。ガイアの法則は、天皇家の16菊紋の意味を持って書かれているからです。
2015/03/14(土) 13:38 | URL | 鬼子 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/03/14(土) 11:44 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク