アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


あさま山荘事件と正義

■ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」 先行予約受付中
  詳細は↓コチラ↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

あさま山荘事件0410


「あさま山荘事件」は、昭和47(1972)年2月、軽井沢で起こった事件です。
連合赤軍のメンバー5人(坂口弘、坂東國男、吉野雅邦、加藤倫教、加藤元久)が、浅間山荘の管理人の妻(当時31歳)を人質にとって、10日間、219時間にわたって山荘内に立てこもった事件です。

この犯人グループは、連合赤軍の前身である“京浜安保共闘”時代に、栃木県真岡市で銃砲店を襲い、猟銃10丁、空気銃1丁、銃弾約2300発を強奪して逃走していました。
そしてこのあと“京浜安保共闘”と“赤軍派”が合流して「連合赤軍」を名乗り、榛名山や妙義山の周辺に、廃屋などを利用したアジトを複数設営したのです。

当初、アジトに集まったメンバーは合計29人(内女性10人)でした。
ところが彼らは、アジトで軍事教練を行うかたわら、「総括」と称して内部でメンバーに対する批判や自己批判を強要し、さらに粛清と称して仲間を散々殴ったり、木に吊るしたり、挙句はアイスピックやナイフで刺し、最後には絞殺したり、裸にして氷点下の屋外に放置して凍死させたりしていました。
そして仲間たちの遺体を、全裸にしたうえで土中に埋め、アジトに放火して証拠隠滅を図っています。



アジトで死亡したメンバーは12人。うち女性は4人です。
なかには中には妊娠8ヶ月の女性メンバーもいました。

彼らに言わせると、「総括」は相手を「革命戦士として自ら更正させる」ことを目的とした正当な行為で、そのために周囲のものが仲間に対して暴力をふるうことは「総括援助」であり、正当な行為でした。
リンチは非常に凄惨で、激しい殴打を伴ない、女性は逃亡を防ぐためと称して髪を切り、また性的奉仕を教養していました。

主犯格の森恒夫と永田洋子の2人は「殴ることこそ指導である」と考えていたのだそうです。
殴って気絶させ、目覚めたときには別の人格に生まれ変わり、完全な共産主義を受け入れ真の革命戦士になれるという論理を展開し、絶対的上下と隷従の関係の中で、それが「お前のため」として、殴り倒し、内臓を破裂させて殺害もしていました。

結局、連合赤軍29名はアジトを下山するときには、発見・逮捕された一部のメンバーを除く、わずか5名になっていました。
そしてその5名が立て篭もったのが、あさま山荘だったのです。

連合赤軍の5人は、包囲する警官隊に発砲を続けました。
この発砲で、警視庁の高見繁光警部と内田尚孝警視の2人、そして不用意に山荘に近づいた民間人1人が死亡しています。
また、機動隊員と信越放送のカメラマン計16人が重軽傷を負いました。
重傷者の中には、失明など後遺症が残った者もいるし、いまだに頭骨に散弾が埋まったままの人もいます。

この事件の、全体の指揮を執ったのが、後藤田正晴警察庁長官(当時)でした。
銃で乱射し、警官を狙撃する犯人たちに対し、現場の警察官、機動隊からは、発砲、射殺の許可を求める悲痛な叫びが繰り返し報告されていました。

けれど後藤田長官は、警官隊からの発砲を禁じました。
「長官は、俺たちの命より犯人の命が大切なのか!」という現場の声もあったといいます。
その現場では、雪の中で寒さに凍え、犯人一味から絶えず銃弾を撃ち込まれ、仲間が目のまえで射殺されたり重傷を負っていても、ただ囲むだけで、一切の反撃は、長官命令によって許されなかったのです。

現場の思いとしては、機動部隊を一気に山荘に突入させ、犯人グループ全員を一網打尽にしたうえで、一刻も早く人質を助け出したい。
仲間が目の前で射殺されているのです。
銃を乱射して突撃したいとの思いにかられるのは、現場の思いとしてはむしろ当然です。
特に機動隊は、そのための訓練も十分に積んできています。

そういえば映画「踊る大捜査線」に、
「事件は会議室で起ってるんじゃないんだ!」と憤慨するシーンがありましたが、実際に銃弾の脅威を前にして、山荘を取り囲んでいた警察官の心情、ご家族の心情は、想像するにあまりがあります。

おそらくこの事件が起きたのが欧米ならば、警官隊どころか軍隊が出動して、山荘ごと爆破して一網打尽にしてしまったかもしれません。
あるいはSWATなどの特殊部隊が山荘内に突入し、全員射殺していることでしょう。

なぜ日本は、そうしなかったのでしょうか。
なぜ後藤田長官は、仲間である警察官が現場で射殺されているのに、警察側からの発砲を許可しなかったのでしょうか。

その答えが、警察行政と、現場の違いにあります。

現場は、犯人を逮捕するか、射殺すれば足ります。
またそれこそが、現場の希望でもあります。
けれど、警察行政は、「二度と同様な事件が起こらないようにしなければならない」のです。

犯人を射殺すれば、「あさま山荘事件」は終わります。
けれど、射殺された犯人は、左翼の「殉教者」として英雄扱いされる。どこかの国と同じです。
彼らが発砲するからと、警官隊が応戦して銃撃戦を行なえば、彼らはより一層、武装を強化します。
そして「山荘立てこもり」だけでなく、銃器店の襲撃や、「総括」と称する凶悪な殺人を今後も繰り返していくことになります。

実際、1960年の安保闘争における樺美智子死亡事件や、1970年の上赤塚交番襲撃事件で射殺された柴野春彦、1970年の瀬戸内シージャック犯人は、左翼活動「殉教者」とされ、以後の左翼活動の武装化を一層促進しているのです。
そしてその先に、「あさま山荘連合赤軍事件」の悲惨があります。

後藤田長官は、心を鬼にして警察側からの発砲を禁じたのです。
だから許可された応戦は、水鉄砲による放水と、鉄球だけでした。

鉄球というのは、ビルの取り壊しのときなどに使われる、巨大クレーンにぶら下げた鉄球で、これを山荘にぶつけて、山荘に穴を開けるというものでした。
ところがこの鉄球も、寒さのために氷ついてしまい、結局、ほとんど活躍しないで終わってしまっています。

こうした10日間の攻防の末、籠城していた犯人5人は逮捕され、人質は無事救出されました。
翌3月になって、逮捕された連合赤軍メンバーが供述で、事件の全貌が明らかになりました。
警官隊の山狩りによって、山岳のアジトから大量の証拠品が発見されるとともに、糞尿にまみれ、さらに切断された衣服なども発見されました。

人間は、窒息などの死亡時、糞尿を垂れ流します。
そして死後硬直した死体から衣服を脱がすにはナイフなどで切断するしかない。
つまり衣服がそこで「殺人」が起こった事実を裏付けたのです。

あさま山荘事件終結後、社会党系の議員やメディアは、犯人を擁護しました。
けれど、事件後に明らかとなった、アジトでの凶悪な殺人事件の詳報が出ることによって、赤軍を擁護した者の面目は丸つぶれになりました。
結果、左翼主義者たちは、まさに手の平を返して、赤軍を批判する側へと回ったのです。

また、それまで左翼運動を否定的に見ていた人はもちろん、左翼運動を好意的に見ていた人々も、この事件の異常性から左派を嫌悪するようになりました。
そして赤軍に武力闘争は、この事件後、一気に収束していくのです。

銃にモノをいわせ、仲間の命すらなんとも思わない左翼主義者。
殉教者を出してまで、犯人や人質の生命の安全を図った警察、という対比です。
事件以降、中核派や、赤軍、革マル派など、60年安保から一世を風靡した左翼活動、学生運動は、いっきに沈静化していきます。

もしこの事件のとき、警察が、銃撃戦に応じていたら、その後の日本はどうなっていたでしょうか。
連合赤軍の永田洋子や森恒夫は、後世に語り継がれる殉教者となり、左翼活動はいっそう過激になっていったのではないかと思います。

あさま山荘に立てこもった犯人グループと激しい銃撃戦を行うことは勇敢な行動です。
籠城している犯人グループに対し、圧倒的な人数と火力を持つ警官隊は、それを実現することもできたでしょう。
そのためのプロもいました。
けれど、それをすれば、後々、さらに赤軍事件は拡大する。

どこまでも「手ぬるい」としか思えない方法で対処することは、どうみても勇敢ではないし、取り囲んでいる警官隊に死傷者が出ることは、決して良いこととはいえません。
けれど、一見、ひ弱に見えるその態度こそが、結果として、より多くの人々の生活の安全を保障することになったのです。

正義だからといって、相手を悪と決めつける、相手を糾弾する、相手を叩きのめす、相手を殲滅する。
けれどそのことが結果として、相手の勢力を伸ばすことになるのなら、それは正義とはいえません。

我慢すること、耐えることは、とてもつらくて苦しいことです。
それでも、本当の意味での民の安寧を願うなら、我慢しなければならないときもあることを、後藤田長官は、身を持って教えてくれているように思います。

ひるがえって、ISのテロのようなものに屈して政府がカネを渡したらどうなるのでしょうか。
そもそも彼らは「貧しい」といいながら、どうして高価な武器を持っているのでしょうか。
その武器は、どの国のものなのでしょうか。
彼らはそれをどのようにして入手しているのでしょうか。

今回のISの事件は、多くのメディアが報道しましたが、そういう点について報道したものは、すくなくとも日本にはないようです。
これはおかしなことです。

思想が大事なのではありません。
国が大事なのでもありません。
民が大切にされ、民の安寧な生活、民の安全で安心な暮らしの保持こそが大事なのです。
冷たいことを申し上げるようですが、たったひとりのために、1億の民の安全と安心を犠牲にすることはできないのです。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

◆『ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」』
 先行予約受付開始
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html

ねずさんの百人一首予告CM動画(118秒)




毎週平日の月曜日は「ねずさんのメールマガジン」の発行日です。初月無料です。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
60年の日本には
連合赤軍という、
テロリストが、
居たのですね。
 ねずさんの解りやすい記述で納得
しました。
 共産主義者の行動は、何処に居ても、やはり「ウシハク国」の考え方
なのですね。
 上官は、部下に絶対服従を強要し
奴隷の扱いをする
ナナメ上の小国と
似ていて、失礼ながら、笑ってしまいました。
 
振替って、地球規模で考えますと、
階級社会でない、
「機会平等の国」が、どれだけあるでしょうか?
あまりの少なさに
がっかりします
2015/04/17(金) 22:52 | URL | リラックマ(平野) #-[ 編集]
今回の記事で、オウムの幹部麻原ら死刑囚の事を想起させられました。今でも教団名を変え信者を増やしているそうですが、公安調査庁が立ち入りを実施するなどしっかり監視はしているようです。
2015/04/15(水) 16:02 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/04/14(火) 14:36 | | #[ 編集]
No title
浅間山荘事件は大変な出来事でした。
前年に、全国の大学で大規模な紛争があり、これが終局に向かってきた頃に凄惨なさつじん事件として発生し、テレビ各局がこれを生中継していたことを覚えています。

もっとも左翼の知人は、これをテレビで放送しているときに政府は国会でとんでもないことを進めたと、怒っていました。(内容は記憶していません。)

私の場合、極左が一般国民の支持を失った理由としては、この事件より三菱村の爆発事件の方が印象が大きかったです。
浅間山荘事件は管理人の方には申し訳ないのですが、基本的に内部崩壊による自滅だと思います。三菱村の事件の場合には、一般市民を巻き込んだため、それまでは学生が何かしら頑張っていると眺めていた社会が、一気に危険集団として認識を変えたように思います。
2015/04/13(月) 21:48 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
仲間意識のつもりで参加をしたら、権力者により上下の関係を強要された。
逆らったから、あのようになったのではないのでしょうか。
共産主義革命では、それが当然です。
権力者に従わなければ粛清されるのです。

現在でもありましたよね。 斜め上の国で。

お隣では、現政権が前政権の歴史を書くのです。
政変が起きれば真実(それもどうかな?)が暴かれます。
2015/04/13(月) 19:58 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/04/13(月) 18:31 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/04/13(月) 12:52 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/04/13(月) 12:44 | | #[ 編集]
【テレビ局はどこも、人事部、番組編成局、主要番組プロデューサー等を帰化未帰化在日韓国人勢力によって掌握されており、日本国のテレビ局でない。日本テレビ(日テレ)は、韓国語が社内公用語であり、社内会議において韓国語が飛び交ってる。日本国の公共電波に純粋日本人以外が関わることは、日本国憲法違反である。】
【テレビ局はどこも、人事部、番組編成局、主要番組プロデューサー等を帰化未帰化在日韓国人勢力によって掌握されており、日本国のテレビ局でない。日本テレビ(日テレ)は、韓国語が社内公用語であり、社内会議において韓国語が飛び交ってる。日本国の公共電波に純粋日本人以外が関わることは、日本国憲法違反である。】

*****
ゼロタイムズ 君 Twitter H26/3/27 (加筆済版)
東京のキー・テレビ局であれ地方のローカル・テレビ局であれ、テレビ局はどこも、人事部、番組編成局、主要番組プロデューサー等を帰化未帰化在日韓国人勢力によって掌握されており、日本国のテレビ局でない。例えば、日本テレビ(日テレ)は、韓国語が社内公用語であり、社内会議において韓国語が飛び交ってる。日本人引いては日本国民の物の見方に少なからず影響のある公共電波に純粋日本人以外が関わることは、大問題であり、日本国憲法違反である。
*****

by長野県J
2015/04/13(月) 11:36 | URL | 敦子 #YbISL93o[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/04/13(月) 11:15 | | #[ 編集]
赤軍派の獣どもを殲滅するのは、いとも簡単だけど、それを行ったら獣どもが殉死した英雄扱いになり、その後の赤軍派の活動に拍車が、かかる事を後藤田長官は恐れたのですね。ねずさんの仰る通うり、その後の赤軍派の活動は急速に劣ろえていきました。
身内が殉職するのを見守りながらも心を鬼された後藤田長官は、信念のある立派な方ですね。心より殉職された警察官の御冥福をお祈り申し上げます。
2015/04/13(月) 09:32 | URL | #-[ 編集]
No title
■きょうの出来事
スターリン・ソ連邦との「日ソ中立条約」*に調印 
(1941年=昭和16年)


* 正式名称は「大日本帝國及「ソヴイエト」社會主義共和國聯邦間中立條約」。1941年4月25日発効。

--------------------------------------------------------------------------------
『ソ連(=ロシア)の微笑は侵略の前兆』


昭和二十年八月、日本がソ連からあれほど無防備のままに侵略されたのは、いうまでもなく、あの日ソ中立条約をソ連が遵守するだろう、というソ連の誠意を信じたためであり、スターリンの奸計にひっかかったからである。ソ連は、侵略をしようと狙いを定めた国に対しては油断をさせて、その間じっくり侵略の準備をして、より確実な侵略の成功をかちとろうとする。ソ連がかつてフィンランド、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)、ポーランドとの間に次々に結んだ不可侵条約はその典型であった。これらの国はことごとくソ連に侵略されることになった。ソ連が、蒋介石の中華民国政府と中ソ友好同盟条約(一九四五年八月)を結んだケースも、この結果として、米・華両国が、中国共産党に対して“大油断”することになった点において、全く同じやり口であった。四年後の一九四九年、蒋介石は共産党に油断し中国全土から追い出された。
http://blog.livedoor.jp/acablo-nakagawayatsuhiro/archives/32425031.html
2015/04/13(月) 07:54 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
原作を冒涜するNHK「坂の上の雲」  プロジェクトJAPANの担当 ●情報集約
http://ameblo.jp/umayado17/entry-10420751198.html
2015/04/13(月) 06:42 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク