アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


仮庁舎だった国会議事堂

■ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」 先行予約受付中
  詳細は↓コチラ↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html
■「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
【CGS ねずさん】第11話 日本人とキムチのルーツ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

国会議事堂1016014


二二六事件(昭和11(1936)年2月26日)が起きたとき、青年将校たちによって国会議事堂が占拠されたことは、皆様御存知のことと思います。
ところがこのときの国会議事堂は、建物はいまの国会議事堂ですけれども、まだ未完成の建物でした。
ですから当時は、国会議事堂ではなくて、「国会仮議事堂」と呼ばれていました。

いまの国会議事堂の建設が始まったのが大正9(1920)年1月30日のことです。
完成したのが、冒頭の二二六事件の後の昭和11(1936)年11月7日のことです。
なんと着工から16年11ヶ月という、ありえないほどの長期間を経て、ようやくいまの国会議事堂が完成しています。

国権の最高府である国会議事堂が、完成までにどうしてそのように長い年月がかかったのでしょうか。
また日本では、明治時代から国会が開催されていたはずですが、その国会は、いったいどこでやっていたのでしょうか。

歴史をたどってみますと、まずはじめに明治天皇から国会開設の詔(みことのり)が発せられたのが、明治14(1881)年10月のことです。
そして最初の議会(第一回帝国議会)は、明治23(1890)年11月29日に開催されました。

つまり、いまの国会議事堂ができあがるよりも46年も前から国会は開催されていたわけです。
その第一回の帝国議会は、いま経済産業省がある千代田区霞が関一丁目で行われました。
木造の「第一次仮議事堂」が建てられ、そこで開催されたのです。



どうして「仮議事堂」という名前になっているかというと、もともと明治20(1887)年4月の閣議で、いまの国会議事堂がある千代田区永田町一丁目に、正式な国会議事堂が建てられることが決まっていたからです。

第一次国会(仮)議事堂(明治23年)
第一次国会(仮)議事堂(明治23年)


ところが、そこに本格的な、諸外国に恥ずかしくない立派な国会議事堂を建てようとすると、たいへんなお金がかかります。
なにせまだ西南戦争が終わって、たった3年しか経っていなかった頃のことです。
資金繰りに苦しい明治政府は、やむなく霞ヶ関に「仮」の議事堂を建設することにしたのです。

それでもこの「仮議事堂」建設には、わざわざドイツから建築家アドルフ・ステヒミューラーを招いて、それなりに立派な建物にしたのですが、第一回帝国議会の会期中の明治24(1891)年1月20日に、漏電によって出火し、あえなく全焼してしまいました。

それでどうしたのかというと、貴族院(現・参議院)をいまの帝国ホテル(当時は鹿鳴館)で、衆議院は永田町にあった御用邸の雲州屋敷で開催を継続しています。

第一回帝国議会は、3月に閉会するのですが、次の第二回帝国議会が、同じ歳の11月に招集されます。
そこで昼夜兼行の突貫工事で、わずか7ヶ月で焼け跡に二度目の木造国会「仮」議事堂が再建されました。
この二度目の「仮議事堂」で、明治24年の第二回から、明治27年春の第六回特別国会までが開催されたのですが、この年の7月には日清戦争が勃発しています。

この戦争の遂行にあたり、天皇の御在所となる大本営が(より戦場に近い)広島に移されました。
これは当時、第5師団と軍港である宇品港が広島にあったこと、当時の山陽本線の西の端が広島駅であったことによります。
陛下の御在所が広島に移ったのです。ですから国会も広島に移ってきました。
国会議事堂は、いまの広島市中区基町の「リーガロイヤルホテル」のあたりに建てられました。
当時は、いまの広島球場から中央図書館、ひろしま美術館、平和記念公園、そごう、リーガロイヤルホテルのあたり一帯が練兵場として、広大な広場だったのです。

広島に置かれた国会「仮」議事堂
広島臨時仮議事堂


広島での帝国議会は、第7回臨時国会だけで、次の第八回通常国会(明治27年12月〜翌年3月)は、もとの東京にある国会「仮」議事堂での開催となりました。

国会議事堂が、「仮」庁舎ではなく、ちゃんとした議事堂にしようという話は、その間もずっと続くのですが、これがようやく実現が決まったのが大正8(1919)年の9月、つまり国会の開催が決まってから38年も経ってからのことでした。
翌大正9(1920)年1月30日に、現永田町の国会議事堂建設予定地にて、ようやく地鎮祭が開催されています。

この大正9年というのは、国際連盟が結成された年です。
日本は世界の強国として、国際連盟発足時の安全保障理事国でした。
いいかえれば、それだけの世界の大国でありながら、国会議事堂がいつまでも「仮庁舎」のままでは、あまりにもみっともない、ということになったのです。

ところが建設は始まったものの、なかなか完成に至らない。
このことは、それまでの仮議事堂が、わずか数ヶ月で建設されていることと比べたら、完成までに17年というのは、あまりにも異常です。

なぜこのように建設工事が遅れたかというと、当時の日本は、台湾や朝鮮や満州や樺太に立派な建物の総督府を作ったり、学校を建設したり、道路や橋を架けたり、日本が統治をすることになった周辺の外地のインフラの整備に、毎年莫大な予算を計上していたのです。

たとえば朝鮮総督府の建物は、昭和元(1926)年に完成しています。
大理石で作られた立派で堅牢な建物でした。
ハルピンや大連や奉天や、ソウルなど、大陸の様々なターミナル駅は、いまでもそのまま使われているくらい、立派な駅庁舎です。
日本は、新しく日本となった地域や、日本の同盟国となった地域の都市インフラを優先し、自国のことは最後の最後の後回しにしていたのです。

その結果、日本の国権の最高機関である国会議事堂は、完成までに17年もかかってしまったのです。
自分のことよりも、周囲のことに気を使う。日本ならではことではないかと思います。

どこぞの国は、「ウリたちは日本に植民地支配された」と言い張りますが、もし日本がウシハク植民地支配者であったなら、朝鮮や満州のインフラ整備などは後回しです。
なにより自国の権威の発露として、自国の総理府や国会議事堂の建設完成を優先します。
世界中うどこの国でも、そうです。それが世界の常識です。
でも日本は違いました。
友を優先し、自分のことは後回しにしたのです。

そういえば、徳川幕府も、幕府の権威の象徴である江戸城天守閣が焼け落ちたあと、天守閣を再建しませんでした。
幕府の権威よりも、民衆の繁栄を第一にしたからです。

個人的なことを申せば、私の親父は建設業自営でしたが、自宅を新築した際、木造の建物だったのですが、完成までにまる4年もかかりました。
立派な建物だからではありません。
請け負った工事への人夫さんたちの手配を優先したためです。

ですから骨組みのままの状態で長く野ざらしにされていた家屋は、完成したとき柱などが風雨にさらされて真っ黒になっていました。
当時中学生だった私は、住む前に、まる三日がかりで柱や廊下磨きをさせられました。
昔の人は、外の仕事をなにより優先し、常に自分のことは後回しだったのです。
いまとはだいぶ価値観が違うように思います。

ここから先は雑談になります。
読まなくても結構です。

どこかの国はそんな日本からの恩義も忘れ、反日を国是にしています。
日本に迷惑をかけられからなのだそうです。

常々思うのですが、どんなに恩をかけてあげても、どんなに良くしてあげたとしても、まったく感謝の心を持たない、そういう心をどこかに置き忘れてきてしまっている人たちというのは、世の中に存在します。
私達は、そういう人や民族は、相手にすること自体が間違いなのだと思います。
仮に付き合うとしても、そういう人や国と、割りきって付き合わないと、結果、嫌な思いをすることになります。

保守系の人たちは、日本は朝鮮半島に、たいへん「良くしてあげたのだ」と言います。
私もそのように思います。
けれど、当時の日本が、彼らにたいへんな迷惑をかけたのも事実です。
それが何かといえば、彼らは日本が統治するようになるまで、家屋内にはトイレがなく、脱糞は路上で行うのが常識であり習慣でした。
ですから老若男女を問わず、朝になれば誰もが家から出てきて、公開の路上で悠々と黄金を垂れていたわけです。

日本が統治するようになってから、朝鮮総督府は、何度となく彼らに「路上脱糞禁止令」を発しました。
脱糞は家屋内で行うように、という趣旨です。
けれど、彼らは困ったのです。
家の中にトイレはない。外では禁止。けれど出物腫れ物ところ嫌わずです。

やむなく彼らは家の中に穴を掘り、そこでするようになりました。
ところが、日本と違って、下肥を回収する制度がないのです。
穴は、一定期間経過したらいっぱいになります。
ですから、彼らは、いっぱいになると、上から土をかぶせ、家屋内の別な場所にまた穴を掘り、そこでしました。
こうして何年か経つと、床下は有機物の塊になります。
すると、良い具合に地熱が出るようになり、これがオンドル(温床)となりました。

彼らはそのオンドルに壺を埋め、そこで漬物をつくりました。
地熱があるから、ちょうど良い具合に漬物ができるのです。
けれど、雨が降ると、雨水が壺にはいります。
気がつけば壺の中には、立派な回虫が泳いでいる。
彼らはそれを殺すために、唐辛子を大量に漬物の中に入れるようになりました。
こうして生まれたのが、キムチです。
ですからキムチはいまでも、塩辛などの有機物が入っているほうが美味しいとされています。

彼らはキムチを古くからある伝統料理といいますが、そもそも白菜が畑で栽培されるようになったのが、日本でいう大正年間、つまり日本が統治していた頃のことです。

そういう意味では、彼らの誇るキムチが生まれたことも、彼らの習慣から路上脱糞がなくなったのも、日本が関連しています。
しかし、それが彼らにとって幸せなことであったのかどうかは、また別な問題だと思うのです。

路上での脱糞を、不衛生でみっともないことと思うのは、日本人の文化が清潔を尊ぶからです。
また古い昔から、資源再生のために糞を肥溜めで発酵させて肥料にする技術や、その回収業を発達させてきたからです。

けれど彼には、そんな回収制度はないし、もともとが濊族です。清潔な暮らしにも興味がない。
それよりも路上青空脱糞が、きっと爽快だったのでしょう。
日本は彼らの路上脱糞を禁止などもせず、彼らの好きにやらせておいてあげればよかったのです。
なぜならそれが彼らの国の歴史伝統に基づく文化だからです。

余計なことをしたから、彼らの文化を破壊したと言われるのです。
ほっとけばいいのです。
また、入国や日本人のような名前を名乗ること(通名)も、させて上げる必要など、そもそもどこにもないのです。
関わらない。関わらせない。関わる隙を与えない。
それしかないのだと思います。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

◆『ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」』
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html



毎週平日の月曜日は「ねずさんのメールマガジン」の発行日です。初月無料です。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
 日本が日韓併合で韓国を助けた事は、日本が世界史の中で起こした歴史的大罪です。
 日本は列強に圧力を掛けられても我慢して、韓国の滅亡を傍観すべきだったんです。
 そうしておけば、世界の迷惑、韓国と北朝鮮の二カ国はこの世に存在しなかった。
 これは世界の国々に対して謝罪しなければなりません。
 何から何まで自分達で何もせずに日本の世話になり、感謝するどころか「虐待された」と嘘を言い、何かにつけて嫌がらせや悪態をつく。
 更に自分達は何の文化も産み出せなかったのに、「俺達が日本に色々教えてやった」とか「天皇は元々韓国人」だとか言い出し、国家ぐるみで国民に日本を見下す事を奨励する始末です。
 優しい日本人の一部には、「反日教育によって日本嫌いにさせられたのだから、韓国国民も被害者だ。」と言う意見が有りますが、現在の韓国が世界中でやってる言われ無き戦争犯罪の告げ口攻勢、総連や民団の悪逆非道。
 国内で起こされている犯罪をみると、そんな甘い考えで終わらせるのは不可能です。
 反日教育のせいではなく、だだの「民族性」です。
2015/05/20(水) 23:30 | URL | パン #mQop/nM.[ 編集]
No title
「国会議事堂 畑」で検索すると戦争当時の画像が出てきます。
都心のあんな所まで畑にしなければいけなかったのか・・・と
ビックリしますが、
今現在、そういう危機感が全く無いことが怖いです。
友人に「彼岸花って救荒食なんだよ」て言ったら「?」きょとんとされました。
2015/05/05(火) 06:02 | URL | #-[ 編集]
自分が日本人であること
ねず様、記事を拝見させて頂きました。
深く確信しました。
その確信の意味を述べさせていただくと、自分のコンプレックスと直結していた事柄だったからです。
コンプレックスとは何か、と言うと、他人が困っている時に無意識に助けなくてと、する自分に悪癖していたからです。
悪癖の理由を述べますと、余所から見れば、かっこつけ、でしゃばり、お節介焼きです。
そう呼ばれても仕方ありませんます。見ぬ振りをすると、自分が気持ち悪くなってしまいます。
自分は何様なのだと、自問自答を繰り返してきました。
ですが、記事を拝見させていただき、確信しました。その確信とは、日本人なのだからしょうがない、という事です。
困っている人を、見ぬ振りが出来ない人種なのでしょう。
であるならば、困っている人が視界に入り次第、これまで通り、しょうがないなぁ、を続けていこうと思います。
迷いが晴れた気がします、ありがとうございました。
2015/05/05(火) 05:31 | URL | m.e #-[ 編集]
No title
さる非韓三原則を御存知ですか?
教えない。助けない。関わらない。 です。ww
かの国は、無意識に元宗主国のチャイナの為に動いてしまうようですし。
最後の王朝が長かった弊害でありましょうか?
2015/05/04(月) 23:33 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
文明を伝えることが迷惑だったという考え、目から鱗です。
平均25歳前後でツラい現世から解放されていたのに日本が倍に寿命を延ばしてしまってさぞかし恨まれているでしょうね(笑
2015/05/04(月) 17:40 | URL | パパ #JalddpaA[ 編集]
雑談についてですが、当時の総督府は朝鮮人との接し方について様々注意や指導を行っていた様です。戦後はタブーのせいか『日本人との根本的な差異』が隠されてきました。挙げ句公務員・教員採用など日本社会に入り込まれ、全国で混乱の源となっている様に思えます。この為に、犯罪行為もエスカレートしているのではないでしょうか。

今年は、韓国による拉致漁民奪還50周年です。韓国の国家犯罪を再確認し、北朝鮮の拉致被害者奪還を強く望んでいます。
日本こそ朝鮮の被害者だと自覚し、はっきりと表明すべきです。子供たちに『同じ過ちを繰り返させない』為にも。
2015/05/04(月) 16:21 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/04(月) 11:05 | | #[ 編集]
改憲、安倍政権 支持
・「憲法9条で平和が守られた。何国人が作ったものであろうと、よいものはよい」という錯誤、思考停止 http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/48ccb36f4856e1cd4cf1933b211b8913
2015/05/04(月) 10:33 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
更新ありがとうございます。
ちょうど今、法案寺と言う聖天さまを祭っているお寺に参詣に伺いました。大阪の日本橋駅の近くにあると聞いてたので、スマホの地図を見ながら歩きましたが、住んでおられる日本人の方達には失礼ですが、ハングルの看板があちこちに見られ、朝から韓国語を大声で話す女性が歩いているは、茶髪の何処に視点を合わせているか分からん怪しげな若者が歩いているは、ゴミはあちこちに散乱しているし、ここは、日本か?と思うほど汚い町並でした。こんな所に聖徳太子の縁のお寺が本当にあるのかと住所目当てに探して、小さなお寺をやっと見つけて、聖天さまに祈りを捧げてさっさと帰路に付きましたが、あまりにも街中が汚いので、気分が悪くなりました。
ねずさんが言われるように、韓国人は街中を清潔に保とうとする意識が皆無です。公共心の気持ちが全くありません。 こんなに街を汚すなら、日本には住むな!と言いたい。
2015/05/04(月) 10:08 | URL | 大阪市民 #-[ 編集]
震災
大正9(1920)年に地鎮祭を開催した現・国会議事堂の完成が昭和11(1936)年になってからなのは、外地建設を優先した面もあるでしょうが、やはり関東大震災=大正12(1923)年の影響が大きいのではないでしょうか?

このとき、霞が関にあった司法省(現・法務省)、大審院、海軍省(ともに東京大空襲で焼失)は残りましたが、中央官庁の庁舎の多くは焼け落ち、霞が関・大手町には仮設のバラック庁舎が立ち並びました(当時、大手町も官庁街だった)。建設中だった現・国会議事堂は震災の被害は少なかったようですが(そもそもほとんど建っていない?)、この時期に議場としてが使われていた第2仮議院が大正14(1925)年に火災で焼失。即座に第3仮議院が再建されます。これは80日の突貫工事でした。

仮庁舎を突貫で作った後、各省庁は順次再建されていきます。これによって多くが霞が関に移ったようです。総理大臣官邸(昭和4年)、警視庁(昭和6年)、文部省(昭和8年)、内務省(昭和9年)、大蔵省(昭和18年)。ただし、大蔵省は仮庁舎と呼ばれていた大手町の建物が昭和15年に落雷で焼失して焼け出されたための移転でした。

カンケーないかもしれませんが、現在の荒川(荒川放水路)も掘削開始が大正2(1913)年、工事完了が昭和5(1930)年です。建築物と土木工事を並べちゃいけないんでしょうが、コレも長かったはずだと思い出したので。
2015/05/04(月) 10:07 | URL | コンドル #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/04(月) 09:02 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク